2017年12月09日

ひと筋

 ♪罪な〜 ヤツさ〜♪ 大阪城ホール前には器材を積んだトラックの行列。
IMG_5159.jpg
 開演にはまだまだ早い10時半、白いスーツや革ジャン、胸に星マークのTシャツを着、矢沢の永ちゃんに扮したファンがトラックをバックに記念撮影。

 1949年生まれ、御年68才のロックンローラーが今夜大阪城ホールの舞台狭しと駆け回り、シャウト!

 ギター1本で上京?横浜って上京って言うんかな????
 1968年アマチュアバンドを経て1972年にご存じキャロルとしてプロデビュー。アマチュア時代を入れ、ロックンロールひと筋49年、日本のロック界を牽引する存在に。

 いやぁ〜、語り出したら留まりまへんわ、ホンマ。過去には信頼する側近に2度も騙され借金の山、それ見た事かとマスコミにさげすまされる。

 世間の反発を受けそれをバネに奮起。2度目の詐欺では30億の借金、それを約10年で返済。反骨心というか一本気というか、凡人のワシには想像出来ん人生でんなぁ、実際。彼の生き様に敬礼ですわ!

 で、予備知識やけど、皆よく「ブレない」って使いまっしゃろ、あれ矢沢の永ちゃんが言い出したんでっせ。

 さんまのまんまに出演したとき、さんまが若かりし頃の矢沢のインタビュー映像を見せ、当時の矢沢にコメントを求めるシーンがあって、その時当時の矢沢が「この人、ブレてないね」って若い矢沢を客観的に分析。これが始まりですねん。
 間違いなく、永年流行語大賞ですやん。

 って、なんで矢沢の話かって言うと、文頭の“ 罪”がカギ。
 元山さんと食事(呑み)のあと、帰宅途中内堀のカモをのカウントを終え空を仰げば1羽の猛禽。
IMG_5166.jpg
 ふむっ、ハイタカ?小さいなぁ〜。と思ったら案の定、カラスに追われてるのをパシャパシャパシャ・・・
IMG_5179.jpg
 やっぱかなり小さい。間違いなくツミでっせ。
 って事で、罪とツミを掛けてツミの報告をしたかったんですわ。ちょっとベタやったかな?
 
 他の鳥情報は、大阪城公園の野鳥の野鳥ひと筋27年目の「元山裕康のこんなん出てます」をご覧くだされ。
 実はワシこの後、職場の忘年会。 ほなっ、そろそろ準備しますわ。

posted by ひでキング! at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月03日

明暗

 結果から言って、居てまへん。ウタツグミ、早朝から誰も見てまへん。
 11月27日に撮影され昨日まで6日間、楽しませてくれておおきに!ですわ。

 個人的には昨日なんとかひと目見れたんで良かったけど、仕事で来れなくって今日を待ちわびてた鳥見人も居りまっしゃろ“お気の毒”としか言いようおまへん。こればっかりは自然が相手、鳥には鳥の都合もあるやろうから仕方おまへん。

 さて、気を取り直して今日の様子といきまっか!
 今秋、何度かオオタカを観察した西の丸庭園申羊櫓跡に真っ赤に染まったハゼノキ、
 IMG_5063.jpg
 ここに真っ白な体をしたオオタカが留まってないかなぁ〜って期待したけど、居らんかった。

 今日は市民の森、ウタツグミが居た近くで観察されてますわ。

●ハイタカ:今朝もいつも通り2羽が塒立ちと聞く。6:30頃と6:45頃。その後、もみじ園で城南地区上空をトビが如くクルクル旋回飛翔をする1羽観察。9:30。
●モズ:人工川で♀。
●ジョウビタキ:やはり少なく元射撃場♂若鳥1羽、北外堀ローソン裏♂1羽。
●ルリビタキ:市民の森♀型1羽。
●ツグミ:大手門前で飛翔の3羽と他所で2羽。
●シロハラ:市民の森、太陽広場東の森、沖縄復帰の森など計7羽。
●アカハラ:市民の森1羽。

●アトリ:昨日群れを確認出来た修道館裏では確認出来ず、人工川2羽、市民の森12羽。
●イカル:沖縄復帰の森、樹冠部で1羽。
●アオジ:人工川、南外堀沿い、音楽堂西通路、元射撃場、梅林、豊国神社裏で計9羽と多い出会い。
 南外堀沿いで向こうから近付いてきた愛想のええ♂。
IMG_5075.jpg
 実はワシ、アオジがめっちゃ好きですねん。超ウレピー!

●キクイタダキ:豊国神社裏で1羽観察と聞く。
●エナガ:太陽広場東の森で群れの観察情報。
●ウグイス:今日も多く豊国神社裏、音楽堂西通路、大手門前などで計9羽。
 残念ながらムシクイ(メボソムシクイはオオムシクイ)は確認出来ず。

 でもって、詳細は不明でっけど、ツミが観察されたと聞いてますわ。

 そんじゃ、堀の様子を。
●ヨシガモ:西外堀♀、内堀蓮如上人前♂2羽♀1羽。
●オカヨシガモ:内堀蓮如上人前の30羽をはじめ、西側2羽、東外堀4羽、西外堀2羽。
●マガモ:西外堀♂♀、珍しく南外堀でも♂。
●カルガモ;人工池7羽、西外堀6羽、南外堀2羽北外堀2羽。
●コガモ:南外堀のみで昨日の半数で21羽。
●ハシビロガモ:南外堀、東外堀、北外堀、内堀で計45羽。
●ヒドリガモ:各堀で計73羽。なんだかちょっとずつ減ってまんな。
●ホシハジロ:北外堀で138羽と多く各堀計171羽。昨日より3羽多い。
●キンクロハジロ:各堀計57羽。昨日より1羽少ない。

●カイツブリ:東外堀3羽、北外堀1羽。
●ユリカモメ:東外堀、第二寝屋川で計61羽。
●オオバン:西外堀35羽、南外堀11羽、東外堀17羽、北外堀7羽、内堀西側2羽、内堀東側41羽、第二寝屋川7羽で計120羽。昨日より1羽少ない。

 以前に書いた大阪城公園ではオオカナダモを主に餌としてるオオバン、ヒドリガモ、オカヨシガモの3種、最も多いのが内堀蓮如上人前。

 オオバンは120羽中41羽、ヒドリガモ73羽中31羽、オカヨシガモ38羽中30羽。東外堀の水鳥を増やすのはオオカナダモがカギやね。

●ハクセキレイ:意外と少なく6羽。
●キセキレイ:セグロセキレイ:共に南外堀で1羽。

 では、今日も元気でご出演して頂きましょ〜。
IMG_5107.jpg
 って、寝てるし・・・ゴイサギ。

 昨日今日はホンマええ天気でしたなぁ、って締めに入ったらいきまへんねん今日は。

 朝の冷え込みがキツくなってきたんで、もう諦めてた蝶、青屋門前で1頭のヤマトシジミ。先週まで確認出来た個体やろうか。
IMG_5089.jpg

 でもって、もうひとつ。
 ここ数年城南地区で毎冬確認出来てる蝶がもう1種、それがこれ!
IMG_5084.jpg
 ゴマダラチョウの越冬幼虫ですわ。分かりまっか?上と下に2個体居てるの。
 今年も確認出来てほんま良かった良かった。

 残念ながらウタツグミは確認出来ず、そのうえグレート・サンタ・ランで真っ赤な衣装のサンタが列をなして歩くし、その取材で報道機関のヘリコプター3機が上空をバタバタ廻るし、うるさいのなんのって、落ち着いて歩けまへんがな、実際。

 昨日はなんとかウタツグミを確認出来、観光客も少なくゆっくり観察出来たのに。この土日は明暗を分ける週末になりましたわ。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
オオタカ・ハイタカ・モズ・ジョウビタキ・ルリビタキ・ウグイス・キクイタダキ・イカル・アトリ・アオジ・ツグミ・シロハラ・アカハラ・エナガ・カワラヒワ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・マガモ・カルガモ・ヨシガモ・オカヨシガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・ユリカモメ・ハクセキレイ・キセキレイ・セグロセキレイ・ゴイサギ・
 
posted by ひでキング! at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月02日

ワシもお勧め!

 さぁ〜いらっしゃい、いらっしゃい!おすすめのブログでっせ〜!
 って、元山さんがお勧めしてくれはったけど、いつもと変わらん顔ぶれでっせ。

 まぁ〜、しかしえらい人でしたなぁ、ほんま。40〜50分粘って1回見ただけ、ウタツグミ。
 シロハラ、ヒヨドリ、アオバト、時折アカハラが姿を見せ気を取られてるうちにサッと現れ木の実を食べてすっと暗い木の中へ。30分に一回程度そんな事が繰り返されてる様子。

 さて、ほなっ、他の鳥たちの話を。
 まずはウタツグミの陰に隠れ、ほんまに隠れたまんま姿が見えんようになったというニシオジロビタキ、飛騨の森で何人か散策してたけど居る様子はおまへんでしたな。

 でもって、ワシが気になるもうひとつの鳥、ムシクイ。
 何気に、ムシクイやって皆さん話してまっけど、メボソムシクイにせよオオムシクイにせよ夏鳥でっせ、気にならんわけにはいきまへんでぇ、実際。

 って事で、継続的に観察されてる豊国神社裏を入念にチェック。水飲み場付近でキクイタダキ1羽、メジロ2羽と共にまずは1羽。西へ歩き天端でもう1羽、それがこれ。
IMG_4998.jpg
 やっぱ2羽は居てまんなぁ。

 ややこしいのが、この個体と絡むようにウグイスも樹上へ。ささ鳴きせんかったら勘違いしそうでしたわ、実際。
 そのウグイス、市民の森、東外堀沿い、豊国神社裏など計10羽を観察。本種としてはめっちゃ多い。

●ジョウビタキ:今季は少なく北外堀ローソン裏で♂♀。修道館西ではこの個体。
IMG_5048.jpg
 一瞬、何かな?って思いましたで、実際。
 最初見えたのが後ろ姿の背中から上。♀と思いきや、振り返ると顔が黒いやおまへんか!わっ、何や、なんやなんや・・・。

 行動も、地面を跳び回り枯葉を除けて餌を探してるって感じ。逃げても精々腰の高さの枝。これを繰り返す。普通のジョウビタキみたいに、見晴らしのええところに留まるってな事なかったもん。

 暫く追って何枚か写真を撮り、
IMG_5057.jpg
 帰って調べて見るも、やっぱ♂若鳥?良く見る♂若鳥の頭部はもっと白いでっしゃろ、個体差でこれだけ頭部が茶色い?

●ツグミ:大手門前、城南地区で複数羽、計9羽。
●シロハラ:市民の森、音楽堂西通路で計4羽。
●アカハラ:市民の森1羽。
●アオバト:市民の森1羽。
●モズ:人工川♀、音楽堂西通路♂。
●アオジ:音楽堂西通路♂♀、人工川1羽。
●アトリ:市民の森2羽、修道館裏41羽。
●カワラヒワ:においの森タイワンフウに8羽。
●キクイタダキ:上記1羽。

●ハイタカ:ウタツグミ観察中、上空を東へ通過。
 ところで、飛騨の森の2羽は変わらず塒入りしてるんやろうか。

 北外堀観察中、上空でクルリクルリと・・・
IMG_4955.jpg
 トビが輪を描く。

 ほなっ、水辺の様子といきまっか! 
 最近人工川でちょいちょい見られるカワセミ、今日も人工川で確認。なんとなく近付いても逃げへんで、ってな感じやったんで・・・
IMG_4912.jpg
 今イチやね〜。顔にお陽さんが当たったらもうちょっとええ感じやったのに。

●ヨシガモ:内堀蓮如上人前♂1羽のみ。
●オカヨシガモ:全ての堀で計28羽。何か少ない。
●マガモ:西外堀♂1羽。
●カルガモ;人工池9羽、西外堀2羽、北外堀2羽。
●ハシビロガモ:各堀で観察計34羽。
●コガモ:南外堀のみで40羽。本種としては多いし、今季最多。
●ヒドリガモ:各堀で観察計88羽。
●ホシハジロ:北外堀の137羽をはじめ西外堀以外の堀で計168羽。
●キンクロハジロ:各堀で計58羽。

●オオバン:西外堀41羽、南外堀10羽、東外堀11羽、北外堀7羽、内堀西側2羽、東側38羽、第二寝屋川桃園裏2羽で計121羽。今季最多。
●ユリカモメ:東外堀、北外堀、第二寝屋川でそれぞれ着水計43羽。

●セグロセキレイ:南外堀1羽。
●キセキレイ:北外堀1羽。
 もちろんハクセキレイも観察し、今日も3セキレイ揃い踏み。

 でもって、暫くはレギュラーを交代する様子おまへんな。
IMG_4968.jpg
 ゴイサギ。いつもの塒で1羽。
 とまぁ〜、こんな感じ。

 しかし、今日はほんまええ天気でしたなぁ。陽気に誘われ?梅林ではロウバイが咲き始めましたで。
IMG_4982.jpg

 明日も晴れの予報。全国各地から鳥見人が集結?
 ウタツグミの撮影後、サラッとひと周りしてみるのも楽しいかも。
 数時間歩けば30種以上の野鳥と出会えまっせ。お勧めしますわ!
posted by ひでキング! at 18:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月25日

おやすみ

 ちょいと冷え込んだ朝やったけど快晴快晴、気持よろしいな、ほんま。
 さて、野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシから幾つか追加を。

 豊国神社裏で大将と出会い22日までは確認出来たムシクイ、その後は見られないと。今季最後の夏鳥、11月22日が終認か。別れたすぐその後、キクイタダキ待ちのカメラマンの前に姿を現したのがムシクイ。おっ、まだ居てるじゃん!

 でもって、良く見るとなんか違和感!?帰って写真を見れば。
IMG_4883.jpg
 目の前後に黒いライン??? 
 他の写真を見れば、やっぱ普通にメボソムシクイかオオムシクイ。
IMG_4869.jpg
 光線の具合で色んな感じに見えるもんでんなぁ、実際。

 西外堀京橋口側でマガモ♂2羽♀2羽。
 北外堀では青屋門側でカワセミ♂。
 飛騨の森でルリビタキ♀型1羽。

 市民の森で前回モニターを見せてもらったアカハラになんとなく雰囲気が似てるアカハラ。
IMG_4825.jpg
 ってなところが追加ですわ。

 で、蝶は。
 前回同様青屋門前ボケの植栽場で2頭のヤマトシジミ。
IMG_4830.jpg
 結構奇麗な個体やったけど、まだ羽化してるん?

 さて、今日は何書きまひょ。
 おっ、そうそう、元山さんと出会ったとき、ちょいと話題になった東外堀。互いにカモの少なさにトライアスロン開催にあたり藻を除去したのが大きく影響してるのではと見解は一致。

 以前書いたと思いまっけど、夏に東外堀のトンボの観察数が激減って話覚えてる?
 藻の除去が原因で藻にくっ付いて、ヤゴをはじめ水棲生物も一緒に除去したんと違ゃうか、ってな内容。その後も東外堀に足を運んでまんねんけど、一向に姿を確認することはおまへんでしてん。
 それより気になるのが元射撃場側に設置された灰色のシートに覆われた物体。

 その物体からはカポッとか、ポックンとか音がしまんねん。シートには環流ビオトロン方式TBー100型の印字。なんのこっちゃと調べてみると。

 何やら有害物質を分解し水質を改善、微生物や水棲生物などを回復することによって食物連鎖の浄化作用を促進するってな装置らしいですわ。要するに水を奇麗にする装置でんな。

 あれだけ大きな堀の水、どれくらい時間掛けたら奇麗になる?
 以前も南外堀で円盤形の浄化装置や、内堀でも小屋型の浄化装置が試験的に設置された事もおましたわ。その結果や効果はどこで確認したらええんやろ?

 いずれにしても餌を求めてやって来るカモが少ないって事は単純に餌なる水草が少ないって事。水草が少ないって事はそれを利用する水棲生物が居らんようになってしまうんと違ゃいますん。

 水質を改善して水性植物が増えりゃ〜ええけど、単に水が奇麗になるだけやったら、あんまり意味ないんと違ゃうんかなぁ〜。って思うんやけど、どう思う?

 えっ、なんでっか。「何かわけの分からん話を長いことするから、ゴイサギがうたた寝しるがな」ってでっか?
IMG_4856.jpg
 しかも2羽とも。
IMG_4858.jpg

 やっぱ、そうか。書いてるワシもあんまり意味が分からんで、眠とうなってきましたわ。
 ほな皆さん、おやすみ・・・ですわ。

 
posted by ひでキング! at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月23日

おやじの涙

 今日は一日曇の予報やったけど、ええ天気になって良かった良かった。
 早朝はモヤがかかり教育塔裏はこんな感じ。
IMG_4714.jpg
 暫くするればモヤもスッキリ!南外堀から望む紅葉もええ感じですわ、ホレ!
IMG_4722.jpg
 ほんまはパノラマ風に写真3枚並べて載せようと思ったんやけど、上手くいかんのでこの一枚で我慢しておくんなはれ。

 城南地区から望む紅葉は最高でっせ、邪魔な建物がないんで青空バックにめっちゃ開放感。落葉が進まんうちに一度覗いておくんなはれ、お勧めしますわ。

 さて、そんなモヤがかかった中、飛騨の森では今日も2羽のハイタカが6:30頃元気に塒立ちとのこと。うち1羽は7時半頃まで飛騨の森で。

 で、その後の飛騨の森は・・・
 今年もやってきてくれました、オジロビタキ!

 9:22、オジロビタキ飛騨の森に来ましたで、既に複数人が撮影と電話が入る。よほど驚かさん限り暫く居てるやろと、いつものコースを歩き飛騨の森へ。

 思いの外カメラマンは少ない。早速複数人のモニターを見せて頂く。
 昨季の個体は春の渡り前まで胸のオレンジ色が確認出来なんだけど、今日の個体は光の具合でうっすらオレンジ色に見える。
 ひょっとして成長した昨季の個体が帰った来たか!?

 モニターを見せて頂いた中には「おっさん二人、泣く」のお二人も。
 「ジロちゃん」との再開し既に泣いてるかと思ったけど、まだ同一個体か判断出来んのでと撮影に励んでましたわ。

 暫く滞在して欲しいが・・・場所が場所。ハイタカの塒近くって事が心配ってのと、既に餌付けがされているってな話。

 今月3日のコマドリ事件はまだ記憶に新しいでっしゃろ、また警戒心を失い猫やカラスに襲われるってな事にでもなったら大事でっせ、実際。
 一体全体、何を考えてるんだか!!!

 全体的には個体数は少なしって感じ、ただハイタカ観察のTさんの話では、飛騨の森で51羽のアトリ、その後51羽を含め60〜70羽前後のアトリが西の丸庭園へ飛翔と。

 そう言や〜、ワシも大きさや色合いがシロハラっぽい10数羽の群れが修道館裏に飛び込んだの見たなぁ、寒さが増し更に平地や南へ群れが移動してるか。

●アトリ:上記群れと音楽堂西通路でアキニレに10羽、市民の森でタイワンフウに5羽。
●アオジ:音楽堂西通路♂♀各1羽、梅林うめみ坂♂♀各1羽。
●キクイタダキ:豊国神社裏3羽。
●アカハラ:市民の森で1羽撮影されてますわ。
●シロハラ:上記未確定なんで記録にあげず。音楽堂西通路で1羽。
●ツグミ:大手門前1羽。
●ジョウビタキ:元射撃場♂1羽がこれ、
IMG_4731.jpg
他に大手門前♀、梅林♂、修道館西♂。

●ルリビタキ:♀型飛騨の森オジロビタキと結構激しい追っかけ合い。
●モズ:元射撃場で♂。本種ジョウビタキ同様ちょいと少ない感じ。
●オオタカ:豊国神社裏から二番櫓跡で1羽、その後カラスの追われ市民の森方向へ飛翔の1羽。猛禽に詳しい大阪城公園野鳥酒の会副会長によれば、1羽枝止まりの個体は♀、カラスに追われてたのは♂とのこと。

 でもって、豊国神社裏でヤマシギがカラスに追われるのを5名が目撃との事。

 そんじゃ、いつも通り北外堀のゴイサギを見て頂き、
IMG_4774.jpg
 堀の様子といきまっか!

●オカヨシガモ:内堀蓮如上人前の40羽をはじめ、南外堀、東外堀で計58羽。
●ヨシガモ:南外堀5羽、内堀蓮如上人前6羽で計11羽。
●マガモ:西外堀♂1羽♀2羽。
●カルガモ:最近は堀で見掛けず人工池で8羽。
●コガモ:南外堀28羽、西外堀1羽。
●ハシビロガモ:南外堀19羽、東外堀7羽、北外堀6羽で計32羽。
●ヒドリガモ:内堀34羽、北外堀22羽他の堀では10羽前後と少なく計82羽。
●ホシハジロ:112羽、その殆どが北外堀で101羽。
●キンクロハジロ:各堀疎らで計69羽。

●オオバン:各堀で観察計68羽とやや減少。今後の個体数に注視したもんですわ。
●ユリカモメ:第二寝屋川から北外堀へ大きく旋回の群れ。これが鷹やったらなぁ〜と思いつつカウントし32羽、その後東外堀方向へ流れていく。

●カワセミ:北外堀1羽。
●コサギ:天守閣方向から北外堀方向へ飛翔の1羽。
●ゴイサギ:上記写真の個体と、もうお一方。
IMG_4777.jpg
 同じ塒の木新たな1羽。

●セグロセキレイ:今季初。南外堀を所狭しと飛び回る。
●キセキレイ:南外堀1羽。
●ハクセキレイ:各所で観察計10羽。
 これで3セキレイが揃いましたな、冬の楽しみが増えましたわ。

 で、蝶はヤマトシジミを2頭観察しただけ。

 しかしちゃんと居てくれるかなぁ、オジロビタキ。前述のように飛騨の森はハイタカの塒、今度の日曜日は大阪マラソンでっしゃろ、飛騨の森で朝早くからランナーがウォーミングアップするんで落ち着かんやろうし。

 なんとか越冬してもらって昨年の同一個体と判明し、おやじの涙が見たいなぁ〜。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
オジロビタキ・オオタカ・ハイタカ・モズ・アカハラ・シロハラ・ツグミ・ウグイス・ジョウビタキ・ルリビタキ・キクイタダキ・アトリ・アオジ・カワラヒワ・メジロ・コゲラ・スズメ・シジュウカラ・ヤマシギ・ヒヨドリ・キジバト・ハシブトガラス・
カワウ・カイツブリ・オカヨシガモ・ヨシガモ・マガモ・カルガモ・コガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・ユリカモメ・コサギ・ゴイサギ・カワセミ・セグロセキレイ・キセキレイ・ハクセキレイ・

 
posted by ひでキング! at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月19日

感謝、感謝!

 昨日とは打って変わってスカッと晴れ渡るも
IMG_4511.jpg
 えらい風が冷たいなぁ、ほんま。冬対策でネックウォーマーに手袋、パッチ・・・と違ゃうわタイツ履いていって大正解。それでも寒いくらいでしたもんなぁ。

 観察をほぼ終え豊国神社東で大将とTさんと出会う。観察報告などを頂き別れる。数分も経たぬうちに大将から電話「二番櫓跡下にアメリカヒドリかも?の個体」と。

 とって返し二番櫓跡天端へ。真上から観るも波が煌めきよく分からぬ、取りあえず写真。モニターを見る限りやはりヒドリガモとの交雑?
 上からは分からんので城南バス駐車場側から見てきまっさ、と大将と別れる。

 バス駐車場側に到着後、北外堀で出会い配水池東のルリビタキ♂の観察に行った、さかなやさんに電話し事情を説明。
 すぐに行きますとやってきたさかなやさんに、石垣沿いにいる遠いカモはワシの腕ではしっかり撮れんのでと撮影をお願いする。早速撮影してもらいモニターを確認。やっぱヒドリガモとの交雑個体。

 でもって、なんでさかなやさんに電話したかっていうと。
 飲み会などで話をしていても、かなり勉強熱心。撮影、識別はもちろん分布域に渡り広範囲で勉強してはりますねん。モニターを確認した途端、交雑ですねと。アメリカヒドリで幾つかある特徴のひとつ嘴基部にある黒い縁取りが見受けられないと。
 これでスッキリ! その後ビールを少々飲んで別れる。

 でもって、大将に教えてもらったハイタカの塒立ち。
 2号は6:18。3号は6:15。との事。その後の観察者の話では9:30頃一旦戻りまた姿を眩ます。

 さかなやさんとビール中の1:30頃、カラスに追われるオオタカが西から東へ。人工川方向から豊国神社裏へハイタカ、数十分後豊国神社裏から西へ飛翔のハイタカ。

 聞くところによると、3号は一旦塒を離れると夕方まで帰ることは無し、2号は時折飛騨の森に戻ると。って事は2号は飛騨の森を塒とし、公園内で狩りをしている可能性ありってなとこでっか。

 ひと周り観察を終えヒドリガモ×アメリカヒドリの交雑に悩まされるもスッキリ。その後はビール片手にオオタカにハイタカ。いやいやええ締め括りですわ。

 って事で、市民の森でアカハラの特徴の赤い腹をなんとか捕らえた写真を観て頂き
IMG_4610.jpg
 きょうの報告といきまっか!

●アカハラ:市民の森3羽、西の丸庭園2羽、愛の森1羽。
●シロハラ:音楽堂西通路1羽、市民の森6羽、愛の森1羽。
●ツグミ:大手門前1羽、市民の森1羽、梅林2羽、愛の森1羽。
●ウグイス:教育塔裏、音楽堂西通路、飛騨の森。
●ルリビタキ:沖縄復帰の森藤棚♂若鳥、飛騨の森♀、配水池東♂。
●ジョウビタキ:もみじ園♂、飛騨の森♂、豊国神社東♂、大手門前、東外堀では「ヒィ・ヒィ・ヒィ」
●モズ:もみじ園で高鳴き。
●エナガ:緑のリズム6羽、飛騨の森4羽。
●ムシクイ:教育塔裏1羽、豊国神社裏2羽。オオムシクイかメボソムシクイ。
●キクイタダキ:配水池東3羽、飛騨の森2羽、豊国神社裏5羽。
●アトリ:飛騨の森10羽、修道館西7羽。

 でもって最近個体数の多いアオジ。音楽堂西通路南側で3羽、うち1羽がこれ。
IMG_4562.jpg
 音楽堂西通路中央から北では4羽が通路に出て地上で採餌、スズメみたいやけどやっぱスズメより身が軽いな。他所では豊国神社裏で2羽の計9羽。

 ほなっ、寒そうなスズメを見て頂き
IMG_4526.jpg
 堀の様子といきまっか! しかし首をすくめてマジ寒そうやな。

●ヨシガモ:南外堀、内堀蓮如上人前で計8羽。
●オカヨシガモ:南外堀、北外堀、内堀蓮如上人前で計31羽。
●マガモ:西外堀♂2羽♀3羽。
●カルガモ:人工池6羽。
●コガモ:南外堀28羽、西外堀2羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で計78羽。
●ハシビロガモ:各外堀で計46羽。
●ホシハジロ:各堀計94羽。北外堀では87羽が浮き寝。
●キンクロハジロ:全ての堀で計50羽。

でもって、100羽に届きそうで届かんオオバン。
西外堀41羽、南外堀6羽、東外堀13羽、北外堀12羽、内堀12羽、今日は第二寝屋川でも3羽確認出来、計87羽。ありゃ〜まだ100羽いかんか。

●カイツブリ:東外堀1羽。
●ユリカモメ:砲兵工廠門上を9羽が西へ、第二寝屋川3羽。その後北外堀にパンおじさんが現れどこからともなく10数羽が群がる。

●カワセミ:内堀西側で2羽。
●コサギ:本丸池。
●アオサギ:本丸池、人工川。

 最近レギュラーの北外堀のゴイサギ、もちろん今日もご出演して頂きましょう!
IMG_4615.jpg

●キセキレイ:南外堀2羽、西外堀1羽。
●ハクセキレイ:今日は出会い少なく4羽のみ。

 いやいや、皆さんの献身的な観察には頭が下がりますなぁ。
 昨日は冷たい雨の中、大将がハイタカの塒立ち、入りを観察。さかなやさんはルリビタキ観察中?それともビール中?駆け付けてくれるし、その他大勢の方に観察情報頂き、ほんま感謝ですわ。

 皆さんに感謝の気持ちを込めて・・・何したらええ?

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
オオタカ・ハイタカ・アカハラ・シロハラ・ツグミ・ルリビタキ・ジョウビタキ・ウグイス・ムシクイ・キクイタダキ・エナガ・コゲラ・シジュウカラ・メジロ・モズ・アトリ・アオジ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・
カワウ・カイツブリ・ゴイサギ・アオサギ・コサギ・オカヨシガモ・ヨシガモ・カルガモ・マガモ・コガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・ユリカモメ・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・

posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月12日

30年

 昨日とは違い安定した好天、風もなく日中はポカポカ陽気、まさに小春日和。
 そんな中、修道館裏でミソサザイが観察される。

 観察開始と同時に大手門前で厳つい体をした笑顔のさかなやさんと出会う。
 今日は紅葉狩りですよ、とバッグからバランタイン30年ものを取り出す。そんじゃ、後程と別れる。
 そういやぁ、先週大阪城公園酒の会会長が紅葉狩りしまっせと声が掛かったなぁ。

 観察中盤の北外堀で会長から電話。今どこ、梅林で始めてまっせ、と。
 北外堀の観察を終え豊国神社裏観察エリアを諦め、飛騨の森と内堀のカモだけカウントし会場へ。

 12時頃、酒宴場の梅林に到着。理事長、会長、副会長、平会員が既に集結。
 さかなやさんが持参したバランタインは既にスッカラカン、なればと理事長も持参したこれまたバランタイン30年ものを取り出し酒宴は続く。

 人も疎らな梅林、秋晴れの下、会長の豪快な笑い声が響き渡る。しかしまぁ、銘酒バランタインの30年ものが2本も揃ったもんでんなぁ、実際。そのうえあっと言う間に2本目もスッカラカン。

 酒の味が分かってるのか分かてないのか?いずれにしても楽しく旨い酒であったことは間違いおまへん。

 酒宴終盤、修道館裏にミソサザイの電話が入る。
 ミソサザイは大阪城公園では珍鳥、元山さんの記録では直近で2015年1月、その前は2003年の4月にまで遡る。

 ミソサザイの観察を終えたバーダーが梅林を通り掛かり状況を教えて頂く。しかし時既に遅し、誰も動く気配なし。恐るべしバランタインの魔力?

●ミヤマホオジロ:梅林で♂若鳥と思われる1羽。
●ルリビタキ:梅林南端、西の丸庭園で♀各1羽。
●キクイタダキ:豊国神社裏。
●ジョウビタキ:人工川、もみじ園など計5羽。
●シロハラ:教育塔裏、音楽堂西通路で計3羽。
●ツグミ:大手門前、元ヘリポート、梅林。
●アトリ:教育塔横、市民の森で計34羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、市民の森。
●エナガ:緑のリズム6羽。
●モズ:元ヘリポート。
●ムシクイ:豊国神社裏で2羽。メボソムシクイかオオムシクイ。

 カモなど堀の様子は昨日より少なく・・・
●ヨシガモ:内堀蓮如上人前♂2羽♀2羽
●オカヨシガモ:内堀蓮如上人前が殆どで西外堀、南外堀計25羽。
●マガモ:西外堀♂2羽♀2羽。
●コガモ:南外堀14羽、内堀蓮如上人前1羽。
●ヒドリガモ:各堀で観察計80羽。
●ハシビロガモ:内堀を覗く各外堀で計35羽。うち北外堀26羽。
●ホシハジロ:北外堀の46羽が殆どで、東外堀3羽、南外堀2羽の計51羽。
●キンクロハジロ:各堀で観察計53羽。

●オオバン:西外堀37羽、南外堀3羽、東外堀11羽、北外堀20羽、内堀12羽の計83羽。
●カイツブリ:南外堀2羽、東外堀1羽。
●カワセミ:最近では珍しく人工川で1羽。

 でもって蝶はヤマトシジミ、キタキチョウを確認しただけ。

 はぁ〜、よう飲みましたわ、ほんま。
 5人+αでウイスキー2本にビールのお代わり。芳醇な香りで甘く柔らかな味、琥珀色の聖なる水。ネット検索すれば最低2万円超え、2本で優に4万超えるウイスキーがたった数時間で思い出の酒に。

 30年間樽の中でゆっくり呼吸し奏でられた酷と甘み、やっぱ重さが違いまんな、実際。

 しかし、30年ってワシの鳥見人生より遥かに長いでっせ。ワシも30年鳥見続けたら酷と甘みが出るやろうか???

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
ミソサザイ・キクイタダキ・ルリビタキ・シロハラ・ツグミ・アトリ・アオジ・ジョウビタキ・ミヤマホオジロ・モズ・エナガ・コゲラ・シジュウカラ・ウグイス・カワラヒワ・メジロ・スズメ・ムシクイ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・マガモ・カルガモ・ヨシガモ・オカヨシガモ・ヒドリガモ・コガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・


 
posted by ひでキング! at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月11日

静かな秋

 6時起床、雲が厚くまだ暗い。雨雲レーダーでは9時には晴れ間が広がりそう。ちょいと時間をずらして8時20分に観察開始。

 観察開始から暫くして晴れ間が広がる、作戦大成功!は、ええけど風が強いなぁ、こりゃ〜。行く先々で枯葉が横切る。昨夜未明の雨のせいか音楽堂西通路は桜の落ち葉色に染まってましたわ。
IMG_4439.jpg
 この強風で更に落葉が進みまっしゃろ。冬の足音がもうそこまで。

 この一週間で何だか様子がゴロッと変わった印象。先週まではどこを歩いても何かしら賑やかやったけど、今日は風に揺られた木々がざわめき、鳥の声は殆ど聞こえず。

 観察終盤、豊国神社裏でキクイタダキ2羽、エナガ6羽、シジュウカラ2羽、コゲラ1羽の群れが西から東へ疾風の如く通過。写真撮るどころやおまへん、数えるのが精一杯。

 群れの通過後、そこでムシクイ居ましたでと高齢の男性。自宅は近所、堺の病院に行ってその足でここに来たと。
 話を聞けば10年程前鳥見をしようと双眼鏡とカメラと図鑑を購入したが暫くは手を付けず。散歩がてら大阪城公園に足を運び最近野鳥に目を向けるようになったと。

 しまってあった双眼鏡を取り出し本格的に鳥見を始めるとの事。なんと御年80才のおじいさん、60の手習いとは良く言いまっけど、80才になって尚新たな挑戦。

 今日みたジョウビタキや
IMG_4436.jpg
 ムシクイを
IMG_4470.jpg
 メモに書き込み帰宅後図鑑やネットで確認してみると。いやぁ〜、尊敬ですわ、実際。
 ワシの大阪城公園歩き、80まで続くやろうか、その前にまず80まで元気に生きてるかが問題。

●ムシクイ:上記豊国神社天端で1羽。メボソムシクイかオオムシクイかは?
 今日見た夏鳥はこの1羽だけ。
●チョウゲンボウ:観察開始間もなく、NHK上で10羽程のカラスにもみくちゃされた1羽。府警本部、府庁上空を北へ逃げ延びやっと落ち着いた感じ、8:31。 
 8:40、再びNHK上空をチョウゲンボウ。もみくちゃにされるのに戻ってきたん?今度はゆっくり東へ飛翔。
●ハイタカ:飛騨の森で大将と出会う。
 昨日の塒入時刻   今朝の塒立時刻
 2号 17:13   6:22
 3号 17:08   6:21 若干3号の方が早寝早起き?
 ★2号はお目覚めのあと、天端に居たアオバトに向かって一直線、捕獲は出来なかったとのこと。その後も飛騨の森で11:09まで居り、スズメを補食したとのこと。
 ★3号はいつも通り直ぐさま飛騨の森を離れ天守閣方向へ飛翔との事。

●アオバト:飛騨の森2羽。
●ルリビタキ:昨日の♂は早朝から見られず、入れ替わって♀型1羽。
●キクイタダキ:豊国神社裏2羽。
●アトリ:太陽広場東の森5羽。
●シロハラ:一番櫓2羽、修道館裏1羽。
●ジョウビタキ:声を含め各所計7羽。♀の姿は見てまへん。
●アオジ:音楽堂西通路♂2羽。
●モズ:もみじ園で高鳴き。
●エナガ:豊国神社裏6羽、多聞櫓入ったところで6羽。
●ウグイス:飛騨の森、修道館裏。

●ハクセキレイ:各所計12羽。
●キセキレイ:北外堀1羽。

 では水鳥の様子を。
●オカヨシガモ:南外堀以外の堀で計33羽。
●ヨシガモ:西外堀2羽、北外堀1羽、内堀蓮如上人前10羽。
●コガモ:南外堀だけで27羽。
●ヒドリガモ:各堀で観察計100羽。
●ハシビロガモ:内堀以外の各堀で計29羽。
●ホシハジロ:内堀以外の各堀で計54羽。
●キンクロハジロ:各堀計57羽。
●マガモ:西外堀で♂2羽、♀1羽。

●ゴイサギ:いつもの北外堀塒で・・・
IMG_4465.jpg
 今日も失礼しま〜す。って完全シカトされたし。
●アオサギ:人工池で若鳥1羽。
●カイツブリ:北外堀、東外堀で各1羽。
●オオバン:各堀で観察計84羽。

 とまぁ、こんな感じ。で、やっぱ気になるのが東外堀でんな。
 再三トライアストンの影響って書いてまっけど、そう思わざるをえん状況でっせ、マジで。

 で、昨年11月12日、東外堀で観察出来たオカヨシガモ、ヒドリガモ、オオバンを今日と比較すれば。
            
オカヨシガモ 昨年は90羽。  今日は10羽。
ヒドリガモ  昨年は286羽。 今日は17羽。
オオバン   昨年は64羽。  今日は6羽。

 他の水鳥をプラスして東外堀全体でみて、昨年は461羽。 今日は58羽。
 例にあげた3種の水鳥、共に大阪城公園ではオオカナダモを主な餌としてまんねん。

 昨年は餌の取り合いで大賑やかやった東外堀、今日は風に吹かれ細波が立ってましたわ。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
チョウゲンボウ・ハイタカ・モズ・ジョウビタキ・ムシクイ・アトリ・アオジ・キクイタダキ・エナガ・ルリビタキ・シロハラ・アオバト・ウグイス・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・シジュウカラ・スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ハシブトガラス・
アオサギ・ゴイサギ・カワウ・カイツブリ・ヨシガモ・カルガモ・マガモ・コガモ・オカヨシガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・キセキレイ・オオバン・

 さて、蝶はアキマヘン。ヤマトシジミ9頭を確認しただけ。
 黄色い蝶の飛翔を2頭見たけど、キタキチョウかツマグロキチョウか???多分キタキチョウやろうけど、留まったところ確認来てないんで・・・

 でもって、豊国神社裏天端歩行中、柵にアキアカネ♂。肉眼でハッキリ識別出来る目と鼻の距離、嬉しいけど哀しいなぁ。写真を撮ろうとゆっくり下がっても下がっても・・・近すぎるし! 結局、南外堀へ。

 夏鳥も去り蝶は次々と姿を消し枯葉舞う季節、晩秋を迎え心なしか寂しげな今日この頃、秋の名残キツネノマゴを見て頂き、
IMG_4447.jpg
 今日のひでキング!は、閉店ガラガラ。
posted by ひでキング! at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月05日

コマドリ死す

 連休を締め括るにふさわしい天気でんなぁ、ほんま。一昨日とは違い空気はきりりと冷たく冬を思わせる天気。気持ちええけど、悪い知らせが・・・

 3日飛騨の森で人気集めたコマドリ、昨日猫に咥えられているのを数人目撃。亡骸を大将が見つけ埋めたとのこと。

 皮肉にも今日は別の♂が飛騨の森に飛来、カメラマンが取り囲む。
 餌付けが原因なのかは判断出来まへんが、過去にも餌付けされ人慣れしたコマドリやトラツグミが猫に襲われ命を落とすってな事が。今日の個体に対し、餌付けはやめよう、という声も上がったそうでっけど・・・

 さて、ササッと報告するとしまっか。
●コマドリ:上記飛騨の森で♂。
●ノゴマ:10月31日から継続的に♂、6日目。
●キビタキ:音楽堂西通路♀型1羽。
●ムシクイ:南外堀沿い、桜広場、豊国神社裏、沖縄復帰の森で計9羽。メボソムシクイかオオムシクイかは分かりまへん。

●シロハラ:市民の森3羽、一番櫓2羽、桜広場1羽の計6羽。
●アカハラ:桜広場1羽。
●ツグミ:一番櫓1羽、元ヘリポート2羽。
 昨日は飛騨の森で観察されたと聞くマミチャジナイ、今日同じく飛騨の森でらしき個体の情報。

●ジョウビタキ:西の丸庭園、豊国神社裏、梅林など各所で計9羽。♂6羽♀2羽、鳴き声1羽。
●キクイタダキ:愛の森から飛騨の森に掛けて5羽、豊国神社裏3羽。
●イカル:愛の森5羽。
●アトリ:市民の森水飲み場に30羽が集まるなど多い観察で計47羽。
●アオジ:音楽堂西通路♂、元ヘリポート♀。
●ウグイス:音楽堂西通路、修道館裏。
●モズ:教育塔裏高鳴き、城南駐車場高鳴き、元射撃場高鳴き、西空堀♂。

●ヨシガモ:内堀東中央付近♂3羽。
●オカヨシガモ:西外堀3羽、南外堀4羽、東外堀9羽、北外堀20羽。内堀5羽。天守閣方向から北外堀上を北へ飛翔の6羽。
●コガモ:南外堀23羽、内堀1羽。
●ハシビロガモ:南外堀6羽、東外堀1羽、北外堀28羽。
●ヒドリガモ:西外堀84羽、南外堀1羽、東外堀34羽、北外堀5羽、内堀8羽。
●ホシハジロ:東外堀10羽、北外堀41羽、南外堀1羽。
●キンクロハジロ:西外堀1羽、南外堀10羽、東外堀1羽、北外堀58羽。
●マガモ:西外堀♂2羽♀2羽。
●カルガモ:西外堀8羽、北外堀4羽。

●オオバン:西外堀37羽、東外堀16羽、北外堀18羽、内堀西側2羽。
●カイツブリ:東外堀、北外堀各1羽。

●カワセミ:北外堀1羽。
●キセキレイ:元射撃場と市民の森で各1羽。
●ハクセキレイ:各所計8羽。
●ゴイサギ:北外堀沿い塒で1羽。

●セグロカモメ:寝屋川と第二寝屋川分岐点で1羽飛翔。寝屋川を東へ飛翔。

ほなっ、上記以外の今日の野鳥たち。
メジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・エナガ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 お次は蝶でんな。
 天気は良くても気温が上がらず。一昨日より観察個体は少なめ。
●ヤマトシジミ:梅林の12頭をはじめ計25頭。
●モンシロチョウ:桜広場、空堀。
●キタキチョウ:梅林1頭。
●ウラナミシジミ:空堀3頭。
●ウラギンシジミ:西外堀を♂1頭が飛翔。
●ツマグロヒョウモン:空堀1頭。
●ベニシジミ:梅林1頭。

●アキアカネ。梅林で♂1匹が撮影されてますわ。

 
posted by ひでキング! at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月03日

プラス2

 いやいや、久々に傘に頼らずゆっくりひと周り。ええ天気でしたなぁ、ほんま。10月は雨で飛んだ印象、晴天下での観察はひと月ぶりかぁ、実際。

 気が付きやぁ〜、辺りはすっかり秋色でんがなぁ。
IMG_4284.jpg
 北外堀でも大きな桜がホレ。
IMG_4332.jpg
 今は桜がええ感じで色付いてますわ。銀杏もそろそろ黄金色に輝きはじめ、10月の雨天観察を取り返すには充分でんな。

 さて、そろそろ夏鳥ともお別れの時期がやってきましたな。有終の美を飾るべくノゴマ、コマドリ、ムギマキの揃い踏み。詳しくは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。

 ワシからの追加は・・・
 カワセミが東外堀1羽、北外堀2羽。
 そんでもって、北外堀沿いで、今日もまたお邪魔しま〜す。
IMG_4337.jpg
 なんや、またお前か。とゴイサギが大あくび。

 ってな事で元山さんの47種に加えプラス2を追加し49種。大阪城公園で一年通じて観察出来る野鳥が毎年100種強、その約半分が一日で観察出来るって、やっぱ大阪城公園は凄い!

 では台風続きで気になってた蝶。
 台風一過殆ど観察出来んやろうなぁ、撮れるうちに撮っとかんと、と慌てて撮ったヤマトシジミ。
IMG_4301.jpg
 なんのなんの、この1頭を皮切りに沖縄復帰の森、青屋門前、梅林など広範囲で計44頭を観察。11月はじめとしてはほぼ例年通りの観察数。

 市民の森、豊国神社裏ではモンシロチョウ。
IMG_4313.jpg
 ところで、このモンシロチョウ翅が若干青っぽく見えまへんか?実際はもっと青かったように感じましたんやけど。ってな事でモンシロチョウの色の話を。

 ワシらには♂♀とも白く見えるモンシロチョウ、実は昆虫には紫外線が見えるらしく紫外線を照射した実験では、♂はやや暗めに青く発光し♀はそれより明るく発光する。色の違いは鱗粉の構造に違いがある、との事。

 モンシロチョウは青い色(紫外線照射時)を好むという事なので、♀はより青く発光して♂を誘うってな事でっしゃろうか。しかしこのモンシロチョウ、青く見えるって事は、今日はかなり紫外線が強いって事?

 でもって、越冬間近?のキタキチョウは広範囲で6頭。
IMG_4306.jpg

 ツマグロヒョウモン♂とアオスジアゲハは北外堀を舞い。飛騨の森ではナガサキアゲハの観察報告。
 豊国神社裏ではムラサキツバメが撮影されましたわ!

 思いの外多く観察出来た蝶、いつまで楽しませてくれるやろうか、でもって今年はムラサキシジミの越冬が観察出来るやろうか?

ほなっ、今日の蝶たちといきまっか!
アオスジアゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ヤマトシジミ・ムラサキツバメ・

 と、もうひとつ気になる生物。年々減少してるっていわれてるアキアカネ。10月の台風以後トンボの観察はなかったんで諦めかけてましたんやけど・・・じゃ〜ん!
IMG_4296.jpg
 城南地区でトンボの姿、留まるのを待って連写連写。ってのも識別のポイントが小さいから近くで観察出来まへんねん、逃げてしまいまっしゃろ。

 で、この写真を拡大し確認したら、アキアカネ! はぁ〜良かったぁ。今年はもう見れんと思ってたけど・・・。

 真っ青な空の下、紅葉に包まれ色とりどりの鳥、蝶、トンボ。心が洗われますなぁ、実際。
posted by ひでキング! at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記