2018年06月03日

表裏一体?

 ハァハァハァ。暑いなぁ〜、こんなに暑いんか世の中ってのは。
IMG_9216.jpg
 北外堀でスズメの巣立ちビナがハァハァして体温下げてましたで、ほんま暑かったなぁ、今日は。しかし、そないに暑かったら、影に入ったらええのに???

 観察終盤、豊国神社裏で大阪城公園野鳥酒の会会長をはじめ、常連さん10名程が寄り合い中。到着すると、そこに救急車駐まってたやろと。そう言われれば豊国神社入り口に駐まってたなぁ。あれにYさんが乗ってるねんと。ゲッ、何で。

 話によれば、出会った時から顔色が悪くしんどそうやったと、水分を補給しちょっとだけ元気になるも、歩いて帰れる状態ではなく救急車を呼んだと。乗り込む前に「行ってくるわ」とハイタッチしてたっていうから大丈夫とは思いまっけど。熱中症やろうか?

 ほんま皆さん気ぃ付けなはれや、外出慣れしてるからって気ぃ緩めたらアキマヘンで、ほんま。

 そんでもって、何でやねん、何でなんで、何でやねん、昨日。
 朝の6時半。携帯が鳴る、ふむっ、仕事の電話か?と着信名を見ると大将やおまへんか。何か出現したか?アカショウビンとか、蝶やったらアカシジミやミズイロオナガシジミとか?と思いを巡らせつつ電話を取る。
 「愛の森でマミジロキビタキ♂居てまっせ」と。ゲ〜何それ〜、ワシャ〜今から仕事やし!!!

 何でやねん。月に一度の土曜出勤、何でそんな時にマミジロキビタキやねん〜!!!ガックリしますわ、実際。

 でも、気持ちを切り替えて仕事、仕事。失敗せんように気ぃ付けんとアキマヘンもんな。
 でもって、夕方早めに仕事が終わったんで大将にその後の状況を電話で確認。愛の森〜飛騨の森〜西の丸庭園〜飛騨の森〜愛の森と移動しその後は確認出来ずと。最終確認時刻は11時頃とのこと。

 はぁ、そうなんや。まだ居てたらちょいと覗こうと思ったけど居てなかったら仕方おまへん。頭モサモサやし散髪に行こ。と行ったら3人待ち、一旦帰って用事を済まし、1時間半程後に行けば子供含む5人待ち、げっ、増えてるじゃん。ってな事で、散髪は諦める。やっぱ昨日は負の連鎖日ですわ。

 でもって、今日サッとひと周りし観察の帰りに行って来ましてん。やっとスッキリしましたわ。しかし何で散髪って、行きたいと思ったら意地でも行きたくなるんかなぁ、確かにめっちゃスッキリするけど。

 スッキリしたところで今日の話といきまっか!って言うても出会い頭はおまへん。それが普通でっけど。
●オオムシクイ:教育塔裏で大将が囀りを聞く。
●チョウゲンボウ:京橋口観察中、西の丸庭園から飛騨の森上を青屋門方向へ飛翔。
●アオバト:梅林観察中、西側から声。探せば中央口のアキニレに影、見つけた瞬間配水池方向へ飛翔。
●ウグイス:飛騨の森西の丸庭園側、元射撃場から音楽堂西通路沿いで囀り。 
●エナガ:飛騨の森、音楽堂付近、一番櫓前で計8羽。

 でもって、随分前にも話した記憶おまんねんけど覚えてる?メジロがフェイジョアの花びら食べるって話。
 においの森で2本あるフェイジョアの木、そろそろ見頃でんねんけど、そこでメジロのチィ〜の甘え声。ひょっするとと待ってみると案の定姿を現す。
IMG_9142.jpg
 でもっていきなり花に食らいつき、ビョ〜ンと引きちぎる。
IMG_9153.jpg
 あ〜、うんまぁ。
IMG_9154.jpg
 お代わりしま〜す。
IMG_9158.jpg
 ってな感じでようさん食べてましたで、ほんま。この花の花びらって栄養あるんやろうか、それより虫の方がカロリー高いような気ぃしまんねんけどなぁ、ほんま。
 
そんじゃ、その他の鳥たちを。
カワラヒワ・シジュウカラ・コゲラ・ツバメ・カワウ・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・

 ほなっ、今度は蝶でんな。
 何かと楽しい人工川で向かう途中、足下から飛び立つモンシロチョウ。飛び立ったあとには、なに、白いアカバナユウゲショウ?
IMG_9113.jpg
 こりゃ〜、初めて見るなぁ、珍しい?と調べてみると、そう珍しくもないらしい。でも白い花でもアカバナユウゲショウって言うんですっと。ややこしい。

 でもって、モンシロチョウはひと周りして26頭とこの時期としては少ない観察。桃園、北外堀沿いで11頭をカウントするも他所では数頭前後。この時期多く見られる人工川ではたったの2頭。例年よりクレソンがえらく少ないんでそれが影響してるか?

 その人工川では、新鮮なアカタテハ。
IMG_9119.jpg
 水遊びの子供さんが見つけ、追っかけ回してたんで心配したけど、難なく逃げてましたわ。

 城南駐車場で、モンシロチョウ?と近付けばウラギンシジミやおまへんか。
IMG_9133.jpg
 朝から気温が上がり結構暑かったけど、まだ気温足らん?確かに暑い時期によく見る蝶やけど。

 ツバメシジミは4頭。ヤマトシジミも4頭。
 モンキチョウがピークを迎え各所計11頭が飛び回る。
 アゲハは3頭。

 トンボの観察種に変化なく、シオカラトンボ、ムスジイトトンボ、コシアキトンボ。
 ただコシアキトンボがピークを迎えひと周りして76匹。ワシの目に留まった数でさえこの数字。ツバメに咥えられてるのよく見掛けるし、実数は何匹居てるんやろうか。

 なんや、昨日は朝から一日中スッキリせんかったけど、阪神は打線が奮起しパ・リーグ首位の西武に10−5で快勝、ちょいとはスッキリしましたな。

 でもって、今日は多くの鳥とは出会えなんだけど、時期相応の観察。散髪もしたしめっちゃスッキリ、と思ったら西武に昨日の仕返しとばかりに5−10で大敗。

 人生ってそんなもんでっしゃろうか。ええ事ばかり続くわけではなく、悪い事ばかり続くわけでもなく。ええ事と悪い事は表裏一体?

posted by ひでキング! at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月27日

何が見える?

 緊急告知。
 大阪城公園鳥だよりでリンクさせて頂きました、蝶の観察40有余年の大ベテランさんのホームページ「大阪市とその周辺の蝶」でゴマダラチョウを捕らえるサンコウチョウの写真が紹介されましたで。

 大阪城公園鳥だより開設時にリンクをお願いした超ベテラン蝶の観察者。それ以来何かと蝶のことでお世話になっておりますねん。その方が連休中のワシの記事、ゴマダラチョウを捕らえるサンコウチョウに偉く感動され、画像があれば是非ホームページでとのご要望。

 ワシは撮影してないんで、撮影された方に連絡を取り画像提供を快諾して頂き掲載されたという次第ですわ。
 バーダーうちではサンコウチョウがチョウを捕らえるのは差程珍しい事ではおまへんが、蝶観察者には稀な出来事、それを是非紹介したいという事でしたんで。

 で、改めて見るとなんやえらい考えされられまんなぁ、実際。立場が変われば考え変わる?
 何でもそうやと思いまっけど、見る視点、角度、捉え方が変われば色んな物の見方が変わって面白いでんなぁ、ほんま。
 
 とにかく画像を見ておくんなはれ、この写真の奥に貴方は何が見えまっか???
 Yさん、写真を提供して頂きほんまおおきに!でっせ。今後もよろしゅうに、お願い致しまっせ〜!

 
posted by ひでキング! at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

不思議なタイミング

 はぁ〜、とうとう静かになってもうたなぁ、寂しいけど仕方おまへん。時が来れば渡りも終わりますもんな。

 市民の森で出会った常連さんたちもベンチで雑談、キビタキの囀りだけが響き渡る。
 飛騨の森京橋口の西の丸庭園側でもキビタキの囀り。結構近くで鳴いてるんで真面目に探すと、
IMG_9102.jpg
 おっ、居てた!たまには真面目に探してみるもんでんな。で、この♂金曜日から囀りが確認されてる個体?
 でもって、今日しっかり見とかんと今度出会えるんは秋になるかも知れまへんもんな。また寄ってってや!

 教育塔裏で大将と出会う。この時期にしては珍しく半袖、何でと聞くと頭を指さす。観察時着用のハットではなく、仕事時のキャップを被って観察。これから仕事と。

●アオバト:大将と別れたあと人工川でトンボの識別中1羽が教育塔裏方向へ飛翔。
●オオムシクイ:音楽堂付近、豊国神社裏、配水池東で囀り。
●チョウゲンボウ:7:08大手門西から六番櫓西の詰め所辺りへ飛翔。
●ウグイス:西の丸庭園、桜広場付近で「ホ〜ホケキョ・・・・・」
●ツバメ:南外堀観察中、頭上でお強請り声、探してみると、
IMG_9068.jpg
 お〜、一番子じゃん、2羽確認!
 毎年5月下旬から6月上旬に一番子が確認出来るんで、そろそろかなと思ってましてん。でもたったの2羽?ツバメの巣立ちビナが?

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
アオバト・チョウゲンボウ・キビタキ・オオムシクイ・ウグイス・ツバメ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・コサギ・アオサギ・

 さて、アオバトの飛翔を確認した時、なんのトンボを識別しようとしてたかというとでんな。ギンヤンマかクロスジギンヤンマか?って。

 暫し目で追うも見失う、歩を進めると再び姿を現す。その時もう1匹現れがっちり捕まえ強引に交尾に持って行こうとするも成立せず。一瞬水面に降りる、写真は間に合わんかったけど、クロスジギンヤンマでしたわ。

 その他トンボの種は少なく、アオモンイトトンボを東外堀で。
 コシアキトンボは何処を歩いても確認出来計38匹。

 では蝶の話を。
 まずは、モンキチョウの白色型を撮り損ねた梅林の空堀で満開のドクダミを
IMG_9105.jpg
 ご覧頂き。な〜んか早いよなぁ、やっぱ。梅雨に咲くってイメージやけど。

 人工池を観察中、ユキヤナギに纏わり付くように飛翔と静止を繰り返すルリシジミ。
IMG_9049.jpg
 今季初。梅林でもドクダミ撮影のあと1頭確認。

 城南駐車場ではツバメシジミの♂、
IMG_9057.jpg
 すぐ側に♀、
IMG_9062.jpg
 今なら間に合う、早よ結婚してようさん卵産んどきや、草刈りされる前に。

 キビタキ撮影後、飛騨の森で。う”〜、ぐやじい〜。
 すーっと風に乗り、ひらはらっと羽ばたき、そんでもってまたスーッと風に乗るモノクロの蝶。その蝶がツツジの植え込みにゆっくり降下。駆け寄るも見失う。 

 細部まで確認出来んかったけど、翅の模様はアディダスの3本ライン。過去観察のある種としては、コミスジかホシミスジ。どっちか分からんかった、う”〜、ぐやじい〜。
 落ち込んでうつむいて歩いてると、アオスジアゲハが足下をかすめる。
 
 モンシロチョウは各所で観察計24頭。間もなくピーク、一年で最も多く観察出来る時期。
 キタキチョウは豊国神社で1頭。

 ツマグロヒョウモン♂、梅林で飛翔を確認。昨日確認出来たもみじ園では見られず。
 まさかあのあと・・・めっちゃ上手い子やったし・・・。

 テングチョウは東外堀沿い、もみじ園、市民の森で。順調に羽化してる?

 今日歩いててふと思ったんやけど、そろそろ春の渡りが終わりまっしゃろ、その時期に夏鳥一番乗りのツバメが一番子を連れてきまんねんな。キビタキはまだ繁殖地に着いてないのに・・・
 不思議なタイミングでんなぁ、実際。

そんじゃ、今日の蝶たちといきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・モンキチョウ・テングチョウ・ツマグロヒョウモン・ルリシジミ・ツバメシジミ・
 
posted by ひでキング! at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月26日

ターゲット

 先週同様、朝イチちょいと用事で観察開始は10:40分。3時間程ふらっと歩き・・・
 観察開始早々、教育塔裏でおきらくさんと出会う。日の出から観察する彼やったらそろそろ観察終了でっしゃろ、ザッと様子を伺えば。

●オオムシクイ:各所で囀りとの事やったけど、ワシが聞いたんは教育塔裏2羽、市民の森4羽。やっぱ朝の方がよう囀るんやろうな。
●キビタキ:飛騨の森で♂1羽。昨日も見られたヤツやろうか?
●アオバト:飛騨の森で1羽観察された後、配水池東では16羽の群れが飛翔、その写真を見事撮影したはりましたで。アオバトの群飛、なかなかええ感じでしたわ。
●チョウゲンボウ:空堀で観察とのこと。
●カワラヒワ:飛騨の森1羽。
●ウグイス:西の丸庭園で囀り。
●エナガ:豊国神社東口で7羽発見。その後ワシと同じ速度で、南へ向かい南外堀沿い天端を西へ移動。

 飛騨の森で杜鵑の影、配水池東で猛禽の飛影、共に識別には至らずと。
 でもって、昨日2羽飛来したって言うエゾセンニュウ、今日のターゲットやったけど話にも出てきまへんでしたで。

ほなっ、今日の鳥たち!
オオムシクイ・チョウゲンボウ・アオバト・キビタキ・ウグイス・ツバメ・エナガ・コゲラ・メジロ・カワラヒワ・シジュウカラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・カワウ・アオサギ・

 さてさて、賑やかになってるはずの蝶でっけど、いささか停滞気味。
 まずは紫陽花が咲き乱れる前に、人工川を彩ってくれるシモツケをご覧頂き、
IMG_8988.jpg
 その人工川付近では6頭のモンシロチョウ。他所でも観察計20頭と徐々に増加傾向。

 シロチョウ科が羽化期に入り、豊国神社裏ではキタキチョウ。
 もみじ園、大手門前ではモンキチョウが飛び回る、のはええけど・・・

 もみじ園で、保育園児くらいの子供が網を振り回し、オレンジの蝶や!と追いかけ回す。ターゲットになってるのはツマグロヒョウモン♂。さすがに素早しっこくって諦める。

 次のターゲットはモンシロチョウ。「お前、上手いなぁ」とお父さん。
 その次のターゲットはモンキチョウ。蝶に振り回されてるように見えて結構追い詰め・・・「おぅ、お前マジで上手いな」とこれまたお父さん。
 ゲッ、多分ほぼ新生蝶でっせ、それはご勘弁を・・・
 ほんの5分程の間に2頭の蝶が・・・

 アゲハは居てないなぁ、と探すお父さんやけど、ワシは教えんど!って今日はアオスジアゲハも出会わんかったし。

 城南駐車場ではイケメンのツバメシジミが2頭。
IMG_9007.jpg
 現時点では各所シロツメグサが繁茂してるんで今のうちに嫁さん探して早よ繁殖しいや、でないといつ草刈りされるか分からんで。

 そんでもって青屋門前でヤマトシジミ1頭のみ。とこんな所ですわ。
 何だか今イチ盛り上がらんなぁ。タテハ系の蝶が羽化期に入ってるはずでっけど・・・

 先週から姿を見せ始めたコシアキトンボ、14匹と一気に増加。これからまだまだ増えまっせ。
 人工池ではシオカラトンボ♂。ふむっ、ずーっと同じ個体?初認からひと月経つけど???

  ササッとひと周りしてこんな感じですわ。でもって帰り際大手門の石段で地上にひれ伏すアオモンイトトンボ。地面に留まることは少ないんでちょいとパシャリ!
IMG_9025.jpg
 この石段の下ではニホントカゲのチビさん。素早く動いたなと思ったら、獲物をパクリ!
IMG_9019.jpg
 何をターゲットにしたんか分かりまへん、美味しかったんやろう、舌なめずり。

 明日は朝から晴れマーク、日中はかなり暑なってきたし涼しいうちにササッと廻ろっ。
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月20日

昨日より良かったで

「明日は明日の風が吹く」。昨日このタイトルにしたらほんま朝から結構な風吹きましたな、実際。朝イチは曇ってたしちょいと寒かったがな。

 そんな風に押され、進もうとするコシアキトンボがホバリング状態。気温が低いのもあって力なく通路に着地。
IMG_8914.jpg
 このままやったら人に踏まれそうなんで、指に乗せ堀沿いの草へ。
 トンボはこれ以外に、人工池でシオカラトンボ♂。
 北外堀でムスジイトトンボ♂。

 コシアキトンボを移動させたあと、いつも教育塔裏で出会うカメラマン。「これ昨日豊国神社裏で撮ったサンコウチョウですけど、なんか変では?」と画像を見せて頂く。昨日の時点では♀と聞いてたけど、確かに変。

 パッと見の色合いは♀の色合いでっけど、アイリングの青はなし、嘴も幼鳥期に見られる薄い黄色、どう見ても幼鳥っぽい。今年生まれって事はないし、っていうかまだ繁殖してないやろ。何なんやろあの個体は???

 今日は配水池東で♀の情報。今日の個体はアイリング、嘴共に青、尾も短く背は茶色。成鳥♀とのこと。

 市民の森ではアオバトの声が確認され、オオムシクイも鳴いていたと。オオムシクイはワシも飛騨の森で囀りを確認。

 10時頃、空堀にはチョウゲンボウの姿なし、その変わりにイソヒヨドリの♂が石垣の角に留まったり地上に降りたり。

 でもって、ひと周りしてガパオライス目当てに足を運んだ太陽広場のタイ・フェスタ、上空でカラスが騒ぎその前にはチョウゲンボウ。
IMG_8974.jpg
 まさかこんな所で!

 これで今日はいうことなし。心置きなく、お疲れさ〜ん!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
チョウゲンボウ・サンコウチョウ・イソヒヨドリ・アオバト・オオムシクイ・ツバメ・コサギ・ウグイス・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・カワウ・

 お次は蝶でんな。
 観察前半は晴れたり曇ったり期待はずれやったけど10時過ぎには風も収まり気温も上昇。途端に姿を現し・・・

 青屋門前花壇では今季初のイチモンジセセリが大人しくこんな感じ。
IMG_8963.jpg

●アオスジアゲハ:飛騨の森、太陽広場東の森、音楽堂通路。
●モンシロチョウ:各所で観察計13頭と昨日より多く観察。
●キタキチョウ:城南駐車場を飛び回る。
●ヒメアカタテハ:緑のリズムで。

 ダンダンキキョウことキキョウソウが咲いてたもみじ園では
IMG_8926.jpg
 昨日と同所でテングチョウ。
 音楽堂西通路でも確認し、太陽広場ではタイ・フェスタで買い物のお姉ちゃんのバッグに。気が付いてなかったけど、見慣れてなかったらビックリするやろうな、蛾と間違えて。

 そんでもって、飛騨の森では蜂と違ゃいまっせ、オオスカシバ。こっちは正真正銘の蛾でっせ。
IMG_8938.jpg
 透けた翅がしっかり撮れたんでちょいと載せといて・・・


 ままっ、渡りの終わりが近付いたとはいえ、サンコウチョウにチョウゲンボウがよう楽しませてくれますわ、ほんま。おおきに!でっせ。
 5月もあと10日、もうひと賑わいあるやろうか?
 
posted by ひでキング! at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月19日

明日は明日の風が吹く

 朝イチはちょいと用事で11時からの観察。サラッとひと周りって言わんでもサラッとな観察をせざるをえん状況。

 観察終盤、豊国神社裏でサンコウチョウ♀との事。境内に入り姿を現さなくなったと。
 この時期は繁殖のため大阪城公園から姿を消すハクセキレイ、南外堀で1羽確認。近くで繁殖してて餌探しに来たんやろうか?

 ツバメは良く目に付き、各所で計12羽。まだチビさんの姿は確認出来ず。
 空堀ではカメラマン10名程がチョウゲンボウ待ち。定期的に現れてるんやろううか?

今日の鳥たち。
カワウ・アオサギ・ツバメ・サンコウチョウ・シジュウカラ・コゲラ・ハクセキレイ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて、蝶でんな。
 先週は半分も歩かんうちに雨に降られたんでまともな観察は出来ず、なんか2週間ぶりって感覚。

 その間、暑かったり寒かったりドカッと雨降ったり不安定な天気でしたな、ほんま。北から乾いた冷たい空気、南から湿った暖かい空気、それがぶつかって不安定な天気になりまんねんな。なんでもそうでっけど北と南がぶつかったら不安定になりますわ。

 今日の初蝶は教育塔裏の小径でシロツメグサで吸蜜のモンシロチョウ。
IMG_8870.jpg
 これが3頭ですわ。他の場所でも観察し計10頭と徐々に増加。何よりも人工川近くで観察出来たのがよろしいがな、期待が持てて。でもなんでっせ、今年は例年よりクレソンが少ないんでそれが気がかりですわ。

 アオスジアゲハは7頭。
 アゲハは東外堀沿いでゆったり大きく飛翔。ツツジの葉の上に留まり開翅状態でまったり。やっぱ夏型は優雅ですわ。

 もみじ園では素早しっこいテングチョウ。この時期やったら今年生まれでっしゃろ、写真撮れんかったんが残念。

 人工池裏ではツマグロヒョウモン♂。
 ヤマトシジミは人工川と沖縄復帰の森で。

 トウバナを撮影した梅林で、
IMG_8896.jpg
 一瞬サッと地表を移動する蝶?蛾?そーっと近付き、
IMG_8894.jpg
 チャバネセセリ、今季初。
 今日はちょいと空気が冷たかったんで動きが鈍くゆっくりパシャリ!

 とまぁ、蝶はここへ来てぼちぼちって感じでんな。ただ一昨日元山さんが観察しはったアサギマダラ、注意したけど確認出来ず、残念。

 野鳥の姿が薄くなり始め、入れ替わり目立ち始めるんがトンボ。今日は人工池でシオカラトンボ♂。この♂、4月28日に初観察した未熟やった個体?
  コシアキトンボも2匹観察。そろそろ頭上で多く飛び始めまっしゃろ。

 蝶とトンボは忙しくなってくるけど、野鳥はそろそろかな、寂しいけど仕方おまへん。あんまり暇やったんで目に留まったヨコヅナサシガメ撮って遊んでましてん。
IMG_8881.jpg

 明日は五月晴れの予報、何かしら楽しませてくれまっしゃろ。太陽広場では恒例のタイ・フェスタやってるんで、ガパオライスでも食って帰ろかな。まっ、明日は明日の風が吹きますな。
 
 
posted by ひでキング! at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月13日

一層、気合い入れて

 何とか午前中持ってくれと思ったけどアキマヘンでしたなぁ。降り出したら結構な雨、大阪府の一部で大雨警報が出てますもんな。
 
 降雨コールドゲームみたいな、中途半端な観察になったけど取りあえず。
 城南地区、音楽堂エリアと歩き鳥見人と人っ子ひとり出会わず。市民の森で大将、酒の会会長ご夫妻など常連さん数名と出会う。暫し談笑し雨が降り出す、9:20頃。皆が散り散り去り行く際に、オオタカ?杜鵑?の飛影。

 なになに杜鵑となれば・・・それはほっトケン。暫く探すも結局探しきれず、雨足が強くなってきたので急ぎ退散ですわ。ってな事で今日は殆ど鳥と出会わず。

●サンコウチョウ:梅林南端、緑のリズムで♀と聞く。
●アオバト:7時頃には西外堀沿いで、7:50には一番櫓付近で自身声を聞き、その間市民の森数カ所でも声が聞かれる。
●キンクロハジロ:南外堀で♂3羽。未だ毎回個体数が変化、なんで?

 昨日は太陽広場東の森、市民の森でジュウイチの声がきかれ、太陽広場東の森でホトトギスも撮影されてますわ。
 市民の森水飲み場にはオオタカが降りていたと。おいおい、オオタカがあの水飲み場に、冬の小鳥並みでんがな、実際。

 この一週間は個体数はともかく連日ジュウイチが観察されるなどかなり期待したけど、この雨じゃね〜。

 でもって、気になるマルガモの雛。ここ暫く観察されてないようなんで気合い入れて探したけど、アキマヘン。かなり時間掛けて探したけど見当たりまへんでしたわ。その変わりちゃ〜何でっけど、イソシギと思われる個体が水面を西から東へ飛翔、しっかり確認出来なんだんで記録には挙げてまへん。

 それとまたまたマルガモの不思議?
 今朝イチ、西外堀の石垣の上に♂のカモ。
IMG_8843.jpg
 あの雛のお父ちゃん?

 でもって、この♂の他に♀が2羽。ホレ!
IMG_8840.jpg
 時折元山さんが観察されてる♂♀は多分1羽ずつでっしゃろ、♀が2羽とはビックリですわ。

 でもって、その後に行った人工川でもホレ!
IMG_8856.jpg
 ♀が1羽。これどう思いまっか?

 西外堀で観察した2羽の♀とはどう見ても違いまんねん。そんで4月22日に雛ガモと同行してた親鳥の特徴とほぼ同じ。
 どの個体が雛の親ってな事は今となっては分かりまへんわなぁ、実際。

 現時点で分かってることは、マルガモ(交雑ガモ)♂1羽に♀3羽が大阪城公園を出入りしてるって事。でもって、4月18日に人工池で11羽の雛鳥が確認され、その後は南外堀に移動、日を追う毎に数を減らし先週の日曜日を最後に見られんようになったって事でんな。

 大阪城公園内で産まれたと思われるカモの雛、稀な出来事なんで何とか無事育って欲しかったけど、アキマヘンか、ガックリ。

 ガックリと言えば。
 過日バラエティー番組でやってたけど、大阪弁が消えるかも・・・ってな話。
 大阪弁を使う若い子がどんどん減ってまんねんて。学生さんなんかほぼ標準語。 

 東西の違いが顕著に分かるマクドナルドの表現。関東はマック、関西はマクド。
 それが最近の大阪の学生さんはマックって言うらしいですわ、これが。えらいこっちゃでんがなぁ、実際。

 慣れ親しんだ「毎度!おおきに!」とか「えらいスンマヘンなぁ。」とか「アキマヘンがな」とか、そんな言葉なくなってしまいまっせ、ほんま。

 直ぐには無くならんやろうけど、今の学生さんが結婚して親になり標準語しか使わんようになったら当然その子供も標準語でっしゃろ、それが何世代か続いたら、100年200年後には大阪弁がこの世から消えるかも???

 大変なこっちゃでっせ〜実際。難波宮が都やった時代から脈々と受け継がれてきた大阪弁、そう簡単に消滅させまへんでぇ、ほんま。
 今後は一層気合い入れて、ブログ書きまっせ、ひでキング!弁で!

 えっ、何でっか「そんな事より、一層気合い入れて鳥探せよ!」ってでっか?
 やっぱそうでんな、堪忍しておくんなはれ!

ほなっ、今日の鳥たち
サンコウチョウ・アオバト・ツバメ・ウグイス・シジュウカラ・カワウ・カルガモ・アオサギ・キンクロハジロ・コゲラ・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
posted by ひでキング! at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月06日

早く来い来い!

 はぁ〜、今日で終わりでんなGW、明日から仕事やと思たら一気に脱力。気が思た〜なって来ますな、ほんま。

 まっ、連休中は大きな天気の崩れもなく気持ち良かったけど、皆さんは楽しめましたでっか、鳥見。大阪城公園は連休に入って何だか今イチ盛り上がらんかったけど、今日はなかなかの盛り上がりでしたで。借金返せたかな?

 その様子は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。ワシからの追加は・・・
 
 昼前の愛の森、サンコウチョウ並みに人気のムギマキ。声は聞こえど姿は???って事で、なかなか手強いとのこと。

 南外堀では6羽のキンクロハジロ。昨日5羽やったけど?

 はなっ蝶の話といきまっか!
 沖縄復帰の森でアキニレ周辺を飛び回るモノクロの蝶、アゲハの飛び方ではないし・・・あいつか?樹冠で見え隠れする姿を暫し凝視、おっ、ゴマダラチョウじゃん。今季初。

 太陽広場東の森でサンコウチョウのカメラマンが40名程、その中に常連さん。「さっき撮ったんですが、この蝶なんですかね?」と、お〜、ゴマダラチョウがサンコウチョウに・・・!!!

 よくある光景でっけど、貴重な今季初認の内の1頭が〜〜〜。まっ、自然のことは仕方おまへん。

 しかしサンコウチョウって蝶が好物? ワシが知る限り大阪城公園でアオスジアゲハ、アサギマダラ、ゴマダラチョウが補食されてるのが撮影されてますわ。

 でもって、5月6日にゴマダラチョウの初認ってのは、2008年4月20日に次いで2番目の早さ。

 今季よく観察されるナガサキアゲハ。今日は愛の森でムギマキ待ちの間2頭の♂が行ったり来たり。5月4日には水上バス乗り場で♀も目撃されまんねん。

 今季観察頻度の高い本種、初認が4月21日、その後は観察毎に目撃されてるか自身観察ですわ。今年のナガサキアゲハは全国的に多く発生してるんやろうか?

 もみじ園では今季少ないモンシロチョウ。
IMG_8809.jpg
 まだまだピークは先でっけど、今季は人工川で見掛けんし、個体数も少ない様子。例年通りなら、あとひと月もすりゃ〜人工川で多く舞うはずでっけど。

 青屋門前ボケの植栽場では例年通りツマグロヒョモン♂。
IMG_8826.jpg
 スズメを追っ払い、撮影後ワシも追っ払う程気の強い奴でしたな。

 アオスジアゲハは8頭とやや少なめの出会い。アゲハは青屋門前と豊国神社裏。ヤマトシジミは相応に3頭。
 
 それと今日ではおまへんが、5月3日〜5日まで連日アサギマダラが目撃されてますねん!!!
 この時期に3連チャンでっせ!ビックリ!!!。で、こちらも過去の記録を見れば、

 一番早いのは2016年4月28日、次いで2015年5月2日〜5日まで4日連続で観察されてますねん。って事で今年は3番目に早い記録ですわ。
 
 GW前半、小さな蕾やったイボタノキ、今年は何でも咲くのが早いんで連休中に咲くやろなぁと思ってたら最終日にキッチリほぼ満開。
IMG_8805.jpg
 甘い香りを漂わせ、クマ(ン)バチを10匹程集めてましたわ。

 街中でも見掛ける、マルバシャリンバイや
IMG_8814.jpg
 トベラ。
IMG_8829.jpg
 これも本来、春の渡りが落ち着く頃に咲く花。

 野鳥だけが前倒しじゃなく、開花のタイミング、蝶の出現まで早く、アサギマダラがもう大阪まで来てまんねんで、例年5月下旬やのに。

 早く今度の休み来〜へんかなぁ、ほんま。

 
posted by ひでキング! at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月05日

借金返済?!

 確かに、調べてみたら確かに、そんな説が幾つかのブログで紹介されてますわ、チョウゲンボウの名前の由来。

 ブログを書く前に「元山裕康のこんなん出てます」を拝見し、他の情報や追加情報を書きまんねんけど、ビックリ! 一瞬にして情報が世界中に拡散する時代、滅多なこと書けまへんなぁ、実際。
 
 でもって、ワシも気になり調べてみると。
 北関東でトンボ(ヤンマ)のことをゲンザンボウって言うらしく、チョウゲンボウがホバリングする姿とトンボのホバリングを重ね合わせたんでっしゃろ。

 鳥のゲンザンボウ→鳥ゲンザンボウ→チョウゲンザンボウ→チョウゲンボウ、ってのが一番多く紹介されてますわ。まさかこれも誰かが・・・

 そのチョウゲンボウ、ワシが行った11:40、空堀太鼓櫓向かいの石垣の角で
IMG_8789.jpg
 こんな感じ。直ぐに手前の角に移動し一旦堀内に降りて西の丸庭園側へ。

 でもって、そのゲンザンボウ。
 ヒナキキョウソウが咲いてた
IMG_8775.jpg
 もみじ園でギンヤンマが1匹飛翔。色合いからして♀?

 でもって野鳥の追加としては。
 めっちゃ早く咲いてたドクダミ
IMG_8782.jpg
 を撮影した梅林で、センダイムシクイ、ってとこですわ。

 蝶はアオスジアゲハが各所で17頭。もみじ園でツマグロヒョウモン♂。
 豊国神社東でアゲハ、もみじ園でヤマトシジミ。
 
 しかし何でんな、今年の春はマジで前倒しの前倒し?
 4月3日、オオルリの飛来に始まり4月中はめっちゃ順調、5月に入り谷の日が続く。でもって今日なんかシジュウカラとウグイスの囀りしか聞こえん状況でんがな、実際。

 例年GW中数日間は谷の日があっても直ぐに賑わいを取り戻すけど、今年はどうも様子が違いまんなぁ。3日に7羽飛来したサンコウチョウ、翌日には1羽も居らんようになったって聞くし、昨日は市民の森で観察されたミゾゴイもやっぱ一日の滞在って事やし。前倒しはええけどGWにこの様子ではかなり寂しいでんなぁ、ほんま。

 5月に入り白星を重ね勝率を5割に戻した阪神、7回終わって6−2で優勢、今日明日勝ってGWに貯金して締め括ってや。
 でもって、5月に入り借金気分の鳥見、GW最終日の明日は大賑わいで借金返済といきまっか!
  
posted by ひでキング! at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月03日

色んなチビさん

 昨夜からの雨、結構降りましたなほんま。夜中雨の音で目が覚めたもん。
 そんな雨を堪え忍んで成長していきまんねんねぁ、南外堀のマルガモのチビさん。

 四〜五番櫓跡下で発見、時間を忘れ彼と?同じスピード東へ進む。首を右へ左へ、嘴で石垣を突く、石に着いた植物や藻を食べてまんねやろ。カメが鼻先を出して向かってくる、石垣に登って一時避難、通り過ぎると水面に浮かび、体を左右に揺らし餌を探す。

 人工池で発見されてから15日目、その間色んな事を経験したとは言えまだ2週間でっせ。兄弟?が1羽づつ姿を消し、おか〜ちゃんまで居らんようにって一人彷徨うように南外堀を放浪してまんねんで。

 外敵が少ない堀の中とはいえ、誰に何を教えてもらうことなくたった一人で生きてまんねんで、健気な姿に胸が熱ぅなってきましたで、実際。
 何でここに居るのか疑問はあるけど、そんな事より無事成鳥する事を心から願うしかおまへん。

 さて、野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからちょいと追加を。
●チョウゲンボウ:12:30頃いつものように西空堀で観察される。
●ゴイサギ:城南地区から南へ飛翔の1羽。
●オカヨシガモ:内堀西側で♂♀各1羽と聞く。
●コサメビタキ:豊国神社裏で1羽。

 市民の森で元山さんと出会い、そんな事ですねん。
 その後はテキトーに散歩って感じ。行く先々でサンコウチョウ、なんと贅沢な話ですわ、実際。
 早朝は豊国神社裏で♂2羽と聞いてたんでえらい人やろうなぁ、と思ったら思いの外少ない。そりゃ〜各所で観察されてたらカメラマンも分散しますわな。

 豊国神社裏角を曲がって天端へ登る石段では大阪城公園野鳥酒の会会長の面々、石をテーブル代わりにほぼ酒宴状態。ワシが到着したんは12時頃、何時から飲んでんね〜ん!!!
 と思いつつ、差し出されたビールについつい手が伸びる、そして談笑。その間、ナガサキアゲハが行ったり来たり。

 そんなええ加減なワシなんで、今日はこれといって書くことおまへんで、ほんま。今日撮影した写真を見てネタを考えようと思い見てみると・・・!!!
 ゲッ、そうやった、こんな写真とったな。レジ袋を被ってニタッと笑うさかなやさん。さすがにこの写真を載せるわけには・・・

 元山さんと別れたあと、市民の森で湿った木々がやたら目に入いる。ひょっとすればあの生き物のチビさんが居るのではと思い入念に幹をチェック。
 クスノキ、ケヤキ、エノキ、マキノキ、色んな木の幹を順番に見ていくと、ワォ〜!

 あの生き物の好物、ナメクジがよ〜さん居てまんがなぁ、ほんま。しかも大きな個体から数oのチビさんまで。
 かと思えば、しっとり濡れたクスノキの樹皮の下から爪楊枝の先のようなものが2本、ふむっ、ひょっとしてこれはワシの苦手な・・・と思いつつ棒っ切れで樹皮を剥がす。げっ、やっぱワシの苦手なムカデや!

 クルッと体丸めてたけど伸ばしたら15pくらいはありそうな大物、写真撮ったけど見る???
 やっぱ辞めときますわな、アップの写真見ただけで背筋ゾクッてしますもん。
 その変わりあの可愛い生き物のチビさん載せますわ。
IMG_8769.jpg
 キセルガイのチビさん。ほんの数ミリでっせ、梅雨時にしか見てないんでこんな小さいの初めてですわ。
 でもって、結局目的のあの生き物のチビさんは見つけられず。ガックリ・・・
 おっ、そうそう思い出した。教育塔裏でシジュウカラのチビさん4羽確認しましたわ、今季の一番子。

 連休後半のスタートは7羽のサンコウチョウで大盛り上がり。この調子やったら後半も期待できそうでんな!
posted by ひでキング! at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記