2016年07月10日

頑張んべ〜!

 昨日よりマシちゃ〜マシやけど、蒸し暑いなぁ。吹き出すような汗はかかんけど体中ベトベトで気持ち悪いのなんのって。サッと廻ってシャワー浴びよっと。

 観察途中で元山さんから「コサメビタキ、桜広場で観察情報ありと聞く」のメール。初認時はもみじ園トイレ付近の樹冠部、今日は桜広場、比較的探しやすいんでじっくり探したつもりやけど・・・

 で、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。
 沖縄復帰の森で久々にエナガの群れ、て言うても4羽を確認しただけでっけど。すぐ側にはコゲラ、シジュウカラ、メジロの姿も。見たところ幼鳥が目立ったんでカラの混群ヤンガーズってところでっか。

 青屋門では「キリキリコロコロ」カワラヒワの声。
 西外堀京橋口側ではカワセミの♂。 ってところでんな。

 さて、蝶やけども・・・
 その前に観察開始早々、昨日より条件悪いけど一応確認しようっか、とクスノキをチェックしながらキセルガイを探していると、何これ!
 クマゼミが羽化直後の状態で固まってるやおまへんか!
IMG_3144.jpg
 一瞬ピクッと動いたような。時間は8時前、体内時計がズレて失敗したんか、それとも羽が乾けば飛んで行くんやろうか?
 写真を撮って裏に回れば、えっ、まだ居るん? 羽も伸びきらない状態で苦しそうなクマゼミがもう1匹。
IMG_3149.jpg
 こちらももぞもぞ動いてはいるが殻から抜け出せそうでない。頑張れ、頑張るんだぞ! っとっとっと、忘れた〜!

 帰りにどうなってるんか確認して帰ろうと思ったけど、ひと周りしてへとへと、観光客の往来も激しくなってたし、シャワー浴びたい一心で確認するの、忘れた〜! 仕方おまへん、元気に飛び立ったことを祈るだけですわ。

 昨日家の修理をしてた教育通裏のコガネグモ。修理状況を確認すれば・・・
IMG_3152.jpg
 お見事! 立派にリフォームしてまんがな、ワシなんかよりよっぽど起用でんな、実際。

 さて、蝶の話といきまっか!
 まずはアオスジアゲハでんな。昨日は全域歩いてないんで参考的な記録やったけど、今日はひと周りして32頭。これって微妙な数でんなぁ。

 この時期としては例年通りの個体数やけど、6月個体数が多かっただけにどう理解したらええんだか。
@6月の個体数が多かったのはたまたまで、これから本格的に第2化を迎えるか。
A初夏の気温が高く第2化のピークが早く訪れ今後減少、または個体数に大きな変化なく第3化を迎えるか。

 いずれにせよ来週の個体数が気になるところでんな。
 でもって、10年観察して始めて見ましたわ、アオスジアゲハの交尾。
IMG_3205.jpg
 何かなぁって思いましたで、実際。求愛行動で♂が♀の周りをクルクル廻りながら飛翔するのは良く見るけど、交尾は初めてですわ。第3化に向けていっぱい卵産んでや!

 ツマグロヒョウモンは4頭と安定して観察、でもってやっぱり♂ばっかり。
 そのうちの1頭は青屋門前ボケの植栽場で。2日にも確認してまんねんけど写真は撮れず、今日はバッチリ撮れたんで・・・
IMG_3184.jpg
 この個体、翅の欠損も全く見られず新鮮な個体やったんで羽化からあまり時間が経ってないと思いまんねん。

 でもって今季この場所で確認出来た本種は全て♂で、
 4月30日〜5月15日に断続的に観察出来た翅の欠損が激しい個体。 
 5月21日右後翅にコの字型欠損のある個体。
 2日は確認出来なんだけど、今日は欠損が見受けられない新鮮な個体。
 って事で、現時点では第3化の個体と思いまんねんけど、どんなもんやろうか。
 同じ場所で観察出来るって色んな事が観察出来て面白いね。

 他には、最近年間通して個体数が減少してるゴマダラチョウを西外堀と元射撃場で飛翔を確認。複数頭は貴重な記録?

 比較的風が通り抜け涼しかった飛騨の森天端で、ふむっ、見慣れん花。取りあえず撮って帰ってから・・・
IMG_3196.jpg
 これが中々強敵で調べること約1時間、やっとこさヒットしましたわ。メハジキ。

 はぁ〜、久々に花の名前の調べがついて気持よろしいな、ほんま。
 足を運べば運ぶだけ何かがおまんねんなぁ、ほんま。
 これから暑なるけど、頑張んべ〜!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ゴマダラチョウ・ツマグロヒョウモン・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月09日

もうひとつの顔

 久し振りの雨、気温がグッと下がって涼しいんはええけど、えらい湿気でんな、ほんま。昼から上がるって事なんで、朝のうちに期日前投票に行って時間待ち。
 雨の上がった12時にレッツ・ゴー!

 しかし観察半ばで小雨がぱらぱら、適当なところで切り上げたんでひと周りとはいきまへんが取りあえず。

 7月6日にもみじ園で撮影されたと言うコサメビタキの幼鳥。じっくり粘ったわけやおまへが確認出来ず。天候も変わったしな、居れば明日出会う可能性もあまっしゃろ。

今日の野鳥
ツバメ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

 で、蝶は・・・
 観察開始早々、大手門西の芝生エリアでツバメシジミがシロツメグサ、
IMG_3072.jpg
 そのお隣では
IMG_3083.jpg
 モンシロチョウが飛び回りナズナに産卵。

 雨上がりってのに頑張ってるなぁ、君たち。ワシも頑張ってひと周りしてくるわ! と声を掛け帰りにその場を通ると・・・ガ〜ン!!!ショック!!!
 芝生エリア端から「ブィ〜ン」と草刈り作業。 明日まで卵残ってないやろうな。これやもんなぁ、実際、やり切れまへんわ。

 教育塔裏で漆黒のアガサキアゲハが大きな弧を描き同所を飛び回る。ひょっとしてどっかに留まるかなと思いきや・・・

 昨日の雨で壊れてしもたんかな、大事な家が。
IMG_3100.jpg
 2週間前から大きな巣を張ってるコガネグモ、破れた巣の修理に追われてましたわ。しかし後ろ足を器用に使って上手に修理してましたで、ほんま。

 アオスジアゲハは計14頭、っていうても全域でなないんで参考記録ってところでんな。明日の観察数が楽しみでんな。

 人工池でツマグロヒョウモン♂、アゲハ。
 先週書いたもみじ園の草刈り状況、やっぱりガッツリ。背の高い植物は一本もなし、でもって先週居てたツマグロヒョウモンの姿もなし。

ほなっ、今日の蝶でんな。
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・ツマグロヒョウモン・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・

 とまぁ、いつもならこれで終わりやけど、今日はちょっと違ゃいまんねんなぁ、これが。
 いつもとは違う大阪城公園のもうひとつの顔を紹介しまっせ。

 湿気の多い蒸し暑い日、これがポイントでんねん。
 ひとつは以前にも紹介したカタツムリの仲間キセルガイ、やっぱり今日は確認出来ましたで。
IMG_3089.jpg
 メッチャ多いってわけではおまへんが、木によっては20匹程確認出来たし。でもってこれまたクスノキで確認出来るのが多かったでんな。樹皮の皺が深いのと成分になんか関係あるんと違ゃいまっか、ほんま。

 さてそれともうひとつ、2009年7月20日市民の森で、同年8月2日現在閉鎖中の山里丸階段で、その数年後梅林で出会ったきりこれまでたった3回の出会い。

 梅林の時は大雨で写真は撮ってまへん、日時の記録はおまへんがメッチャ久し振り。今日はこのために雨上がりに足を運んだって言うても過言やおまへんで、マジで。

 その生き物とは・・・オオミスジコウガイビル! しかも2匹同時に!
IMG_3121.jpg
 久し振りの出会いに蚊に刺されるのも忘れるくらい見入ってましたわ。
 
 ゆっくりゆっくり、じわ〜っと体を伸ばし扇状の頭部をくねらせ進んでいくやおまへんか。1匹は樹皮の間に入り込み、もう1匹は下へ下へ。長さはザッと30センチ程、こんな細長い生き物なかなか居てまへんでぇ、大阪城公園には。
IMG_3127.jpg

 今日で4度目の出会い。厳密には二度目に出会った2009年8月2日山里丸階段の個体はコウガイビル。それ以外はオオミスジコウガイビル。
 
 違いはオオミスジコウガイビルは見ての通り体に3本の筋があるのが特徴で外来種。 コウガイビルは筋がなく全く無地で在来種。

 いやぁ〜堪能したなぁ、あの細長い体が見えた瞬間「おっ、居った!」って大きな声出ましたわ、ほんま。自転車の人振り返ってたもんなぁ、あ〜恥ずかし。

 でもこれで疑問が解けたかも。
 晴れて樹皮が乾燥してるときはキセルガイやナメクジってあんまり見まへんねん、って事は樹皮の中や湿った土に隠れてるんと違ゃいまっか。とすれば樹皮が平らな木より深い皺のある木の方が隠れやすいって事でんな。なので、クスノキで見掛けることが多いんと違ゃいまっか。

 でもってオオミスジコウガイビルが樹皮の中に潜り込んで行く理由が分かりますやん、スクノキで見つかった理由も。餌探してまんねん。

 いやぁ〜ほんま色んな顔もってまんなぁ、大阪城公園は。
 様々な生き物がそれぞれ知恵を絞って懸命に生きてまんねんなぁ、実際。
 こんな出会いがあるから大阪城公園の観察は辞められまへんねん。
posted by ひでキング! at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月03日

キツいなぁ。

 今日も暑かったなぁ、ほんま。まだ風があった分、昨日よりマシッちゃ〜マシやけど連日の猛暑日はキツいなぁ。

 野鳥に大きな変化なし。大手門上を飛翔のコサギ、桜広場でヒヨドリの巣立ち雛を確認出来たぐらいかな、昨日と違った点は。

まずは今日の野鳥たち
カワウ・アオサギ・コサギ・キンクロハジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ツバメ・

 さて、気になる事一杯の蝶でんな。
 まずは一番の関心事アオスジアゲハの個体数。
IMG_3037.jpg
 昨日は36頭で今季最多、今日は10頭少なく26頭の観察でしたわ。

 ちなみに過去のベスト3は、
 2010年7月18日の58頭。
 2012年9月19日の55頭。
 2011年7月28日と同年8月28日は52頭。
 今季これまでは多い年の傾向、最多更新なるか!

 モンシロチョウはこの時期にしてはに多く23頭。
 ヤマトシジミは昨日より少なく8頭のみ。

 ツマグロヒョウモンはもみじ園と豊国神社東で各1頭。やっぱ♂だけ。
 安定して観察出来たもみじ園は6割方草刈り、縄張りを見張る背の高い植物が激減、この一週間でぜ〜んぶ刈られまっしゃろ。

 この添え木を見張り台にして居続けてくれるかな。やっぱキツいなぁ。
IMG_3066.jpg

 これまで少なく心配してたツバメシジミ。人工川、梅林、豊国神社裏、大手門前で確認。沖縄復帰の森では交尾のアベックも。
IMG_3050.jpg
 シロツメグサはまだ各所に残ってるんで次世代が羽化するまでなんとか草刈りを免れたらええんやけど。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ツマグロヒョウモン・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 で、今日一嬉しかったんは。
 観察開始早々、西外堀を覗けば真下にお休み中のチョウトンボ2匹。
IMG_3014.jpg
 真上からこの光景はなかなか見れまへんで。そのチョウトンボは西外堀と東外堀計9頭。

 もみじ園では昨日東外堀で確認出来た個体かな?タイワンウチワヤンマがワシの前を悠然と飛翔、別にもう1匹の計2匹。

 真っ赤なショウジョウトンボは東外堀で♂2匹。
 ギンヤンマは、東外堀、内堀梅林側で各1頭。
 
 でもって、失敗したか・・・
 昨日各所で計52匹観察のウスバキトンボ。やっぱ西の丸庭園を覗いておくべきやった。

 今日西の丸庭園を観察するまでは22匹と昨日より少ない数、拓けた場所が好きな本種、覗くだけ覗いてみるかと入口から芝生上を見渡せば・・・

 うぉ〜、いっぱい居てるやんけ〜! 迎賓館前から多聞櫓前までザッとカウントしただけで64匹、中に入ってじっくり数えたらもっと居てるやろうなぁ・・・と思いつつ、炎天下で公園内ひと周りしてふらふら、最後の最後に西の丸庭園ひと周りはキツいなぁ。ウスバキトンボのカウントに200円、これもキツいなぁ。

 しかしこれだけの群れが一気に飛来したんやろうか? いつ、どっから???
 その瞬間を見てみなたいなぁ、ほんま。

そんじゃ、その他のトンボを。
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・コシアキトンボ・

 それからなんでっせ、昨日今日とトンボの紹介してまっけど毎回出来るかどうかは分かりまへんで、お盆頃から渡りが始まるし、野鳥、蝶、トンボ全てを紹介するのは、ちょいとキツいなぁ。
 
posted by ひでキング! at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月02日

ワシの名は

 夏が来た〜! ってまだ梅雨明けてへんし。

 しかし急にこんなに暑なりまっか、普通。一昨日までは雨降りで時間帯によっては肌寒くさえ感じたのに、いきなりでんな。各所でクマゼミが鳴き始めるし、盛夏の花サルスベリも咲き始めましたわ。
IMG_2991.jpg
 でもなんでんな、ワシの中では海の日の頃に初咲ってのがこの花のイメージ、大阪城公園ではでっせ。それが年々早くなってるような気がしてたまりまへんねん、実際。

 先週あたりからちらほら飛び始めたウスバキトンボ、今日は各所で確認52匹。
 なんでこのトンボの話しかって言うと・・・

 このトンボは南方で羽化し夏の間海を渡り本州に上陸。北上しつつ産卵を繰り返す、ある意味渡りをするトンボ。大阪城公園では7月中旬頃に飛来しまんねんけど、今年はやっぱり早い。
 気温の上昇が年々早くなってるんとちゃいまっか。と言う事と、もうひとつ。

 産卵した卵は水温4℃で死滅するって言われてますねん。通常冬期中の本州周辺の水温は4℃を下回るので基本的には本州で羽化することはおまへんねん。しかし近年温暖化の影響で本州南部の温暖な地域で冬期中でも4℃以上の水温が保たれているならばウスバキトンボは本州で羽化してる可能性があるって事でっしゃろ。ひょっとして大阪城公園でも。

 トンボの詳しいことは分かりまへんが、このトンボの北限が北上してるとすればこれまた温暖化の指標になるんとちゃいまっか。

 ひとつの生き物を観察してるだけで色んな事が分かる、生き物を知れば地球の環境が分かる、環境が分かれば温暖化対策に参考になる。 ええこと言うなぁ、今日のワシ。 暑さで頭がおかしなったんかな? ほなっ、また明日!

 って違ゃいまんな。今日の様子を。
 各所で目立ったのはシジュウカラの二番子達、あちらこちらでお強請り声。あと2週間もすればセミの声にかき消されまっしゃろうな。

 各所上空ではツバメが舞い、18羽。南外堀では空中で給餌の姿も。
 イソヒヨドリとの出会いはなし。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
カワウ・アオサギ・ツバメ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カルガモ・キンクロハジロ・

 では蝶の話をば。
 ひでキング!号で馬場町口に入った途端、おっ、いきなりかっ!ヒメアカタテハが地上ででパタパタ。
IMG_2927.jpg
 先週今季初認の本種がいきなり今日の初蝶。こりゃ〜ええことあるかも。

 人工川でこのクサガメと遊んでいると、
IMG_2943.jpg
 目の前にジャン、ゴマダラチョウが水を飲みにワシの目の前に。
IMG_2935.jpg
 こんな時ってアキマヘンな。慌ててもうて全然ピント合わんし。

 アオスジアゲハは各所で観察計36頭。やっぱり増えてきましたなぁ、7月中に40頭越えが実現するかも。
 モンシロチョウは16頭と大きな変化なし。
 ヤマトシジミも13頭でほぼ横ばい。
 ツマグロヒョウモン、3頭と出会うもやっぱり♂ばっかり。街中では♀をよく見掛けるんやけどなぁ、なんでやろ。

ほなっ。今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ツマグロヒョウモン・ヒメアカタテハ・ゴマダラチョウ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 でもって、今日は野鳥や蝶より忙しかったんがトンボ。前述のウスバキトンボに加え、東外堀ではここひと月程毎回観察のショウジョウトンボ♂。
IMG_2969.jpg
 例年より多く先週までは♂だけで5匹、今日は3匹やったけど同所でこの数は多い方ですわ。

 東外堀ではその他、ギンヤンマ、タイワンウチワヤンマ、チョウトンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボかムスジイトトンボか?  人工川ではシオカラトンボにオオシオカラトンボ。各所でコシアキトンボ。

 さぁ〜、気温も暑し、気持ちも熱し、ワシの名はアツシやおまへん「ヒデキ」でっせ!
  
posted by ひでキング! at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月26日

お好み

 早朝は半袖で寒いくらい、日中でも木陰は吹く風爽やかメッチャ涼しい、梅雨とは思えん気持ちのええ天気でしたなぁ、ほんま。

 って事は、昨日紹介したキセルガイは確認出来ず。やっぱ湿ったところがお好みなんやろうなぁ。

 ところで皆さん、無性に「今日は○○が食べたい」ってな事おまへんか。昨日は無性にお好み焼きが食べたくって晩飯は冷えたビールにお好み焼き。サイコー!
「って、タイトルの『お好み』って、お好み焼きのことか!」ってでっか? いやいや、そういうつもりではおまへんが久し振りのお好み焼きが旨くって・・・

 さて、野鳥でっけど。
 24日に観察されたイソヒヨドリの幼鳥、今日ひょこっと姿を見せてくれましたがな、これが。

 観察終盤昼を過ぎて13時頃。豊国神社東で出会った大将と南側の石段で雑談中ひょこっと現れ頭上の枝に。
 暫くして豊国神社東の草むらに飛び込み何やら黒い身を咥えて通路に出て来る。で、また暫くして二番櫓跡の石段に移動し、降りたり、
IMG_2911.jpg
 登ったり。
IMG_2917.jpg
 何をしてるんだか??? その後は天端に昇りハルジオンの花を引っ張ってるやおまへんか!
IMG_2925.jpg
 えっ? イソヒヨドリって花食べるん? そういやぁ〜さっきは実を咥えてたし、ツグミの仲間やから植物も食べるか、と妙に納得。
 てっきり虫がお好みやと思ってたけど花まで食べるかぁ、実際。

 イソヒヨドリと出会う前、市民の森で野鳥の会大阪支部定例探鳥会の一団と出会いリーダーさんに「イソヒヨドリの幼鳥は居ましたか」と聞かれ、今日は出会ってませんわって答えたけど、申し訳おまへん、やっぱり出会いましたわ。

まずは今日の野鳥でんな。
イソヒヨドリ・ツバメ・シジュウカラ・エナガ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・キンクロハジロ・アオサギ・

 んじゃ、蝶の話を。
 昨日は曇天で観察種の少なかった蝶、今日は気温も上がりお好みの天気とあって活発でしたな。

 例年7月に入ってから第2化を迎えるアオスジアゲハ。今季は6月18日既に20頭、昨日は曇天にも拘わらず18頭、今日は27頭と多い年の傾向におますな。この調子やと7月に入ったら40頭越えの勢いでんな。

 モンシロチョウは11頭と大きな変化なし。
 ヤマトシジミも広範囲で疎らに11頭。ただ各所でカタバミが目立ち始めたんで暫くすれば増えまっしゃろ。

 東外堀沿いでトンボを観察中、ピタッと葉に張り付いたイチモンジセセリ。
IMG_2803.jpg
 近付いても余り動かんかったなぁ。涼しかったから体温上がってないんかな?

 早朝のもみじ園でツマグロヒョウモン♂3頭を大将が観察。豊国神社東でも♂1頭、でもって市民の森大ツツジでは縄張り警戒中の♂1頭。
IMG_2820.jpg
 本種やたら♂が目立つけど、♀が居らなんだら繁殖出来んし。

 この撮影後足下に2本のネジバナが寄り添うように咲いてましてん。正面からやと面白くないんで斜め上から撮ってみたんやけど、
IMG_2826.jpg
 皆さん、どっちがお好み?

 人工川でムラサキシジミ。
 豊国神社東と梅林ではベニシジミ。
 この時期もっと居ててもおかしくないツバメシジミは2頭のみ。お好みのシロツメグサも少なくはおまへんのに、なんで?

 モンキチョウはもみじ園と豊国神社東。
 キチョウも豊国神社東で1頭。
 梅林、空池でナガサキアゲハの飛翔を確認するも・・・見ただけ。

 でもって、その豊国神社東で今期初のこれ! 
IMG_2868.jpg
 分かりまっか?何か居てまっしゃろ、写真の中央に。
 正体はヒメアカタテハ。
IMG_2900.jpg
 しかしタテハ科の蝶は考えてますなぁ。石段に留まったらどこに居てるか分かりまへんで、実際。この模様の意味がやっと分かったような気がしますわ。
 でもってシロツメグサで吸蜜の写真載せてまっけど、これまた不思議。

 この周辺はシロツメグサよりハルジオンの方が格段に多く咲いてまんねん、ハルジオンに訪花はするけど吸蜜はシロツメグサ。シロツメグサの蜜を無性に吸いたかったんかな?

 今日確認出来た蝶は13種、それぞれがお好みの場所や花がおまんねんなぁ。ほんま面白いでんな、生き物って。

*追加情報:上空をチョウゲンボウ飛翔との事ですわ。この時期のチョウゲンボウは初めてかも。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
ナガサキアゲハ・アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ツマグロヒョウモン・ヒメアカタテハ・ムラサキシジミ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・
posted by ひでキング! at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月25日

その後

 梅雨らしい天気が続きまんなぁ、これも日本の気候の特徴、良くもあり悪くもあり。しかし最近は雨量が半端やおまへんもんなぁ、皆さんも注意しておくんなはれや。

 チラホラ咲き始めたツユクサの写真でも見て頂き梅雨の一時を楽しんでおくんなはれ。
IMG_2731.jpg

 さて、野鳥に大きな変化はおまへん。イソヒヨドリの幼鳥とも出会えなんだし。     
 久々に人工川でハクセキレイと出会い、大手門上を南へ飛翔のコサギを見たぐらいでんな。

んじゃ、今日の野鳥
ハクセキレイ・スズメ・シジュウカラ・エナガ・メジロ・カワラヒワ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・キンクロハジロ・コサギ・アオサギ・コゲラ・ツバメ・

 で蝶は・・・
 まずは気になるスジグロシロチョウのその後でっけど。

 11日に初認、12日は未確認。18日は確認、20日は大将が緑のリズムで観察と連絡あり。ってな事で11日から20日までの10日間は大阪城公園内に留まったと思いまんねん。でもって更に一週間後の今日は・・・

 そりゃ〜そうでんな、成虫の寿命から考えて2週間ってのはなかなかねぇ。そのうえ梅雨のとくれば大雨も降るし。ってな事で今日は確認出来ずですわ。

その他の蝶にも大きな変化なく出会った蝶は
モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ヤマトシジミ・アオスジアゲハ・アゲハ・

 さて、何の話しまっか。とその前に。
 忘れもしまへん2年前、いや3年前、そのもう一年前やったかな。「って、忘れてるやないか!」。 あっ、いや〜、その〜・・・

 数年前、元博物館裏の合歓の木数本がバッサリ。それ以後開花は楽しめんかったけど、今日開花の兆しが。
 伐られた幹の周りに小枝を伸ばし今年辺りはと楽しみにしてましてん。まだしょぼしょぼで何の花か分からん咲き方でっけど取りあえず開花ですわ。
IMG_2737.jpg
 なんや漫画に出て来るラーメンの小池さんの頭みたいでんな。

 ってな事を書きながら今日の話のネタを考え・・・よっしゃ、以前中途半端な書き方をした、その後の話でもしまっか!
  スジグロシロチョウのその後は前述の通り。

 お次は6月5日に書いたアオサギの話し覚えてる? 幼鳥の嘴が殻を覆ったみたいになってるって話し。その後人工川で毎週出会うんで一応写真を撮ってまんねん。

 先週撮った写真がこれ。
IMG_2675.jpg
 でもって、今日の写真がこれ。
IMG_2696.jpg
 良〜く見ておくんなはれや。
 上の写真ではまだ殻のようなものが嘴の基部を覆ってまっしゃろ、特に下嘴は殻の欠片がぶら下がってるように見えるし。

 下の写真ではその殻のようなものが撮れてスッキリぽん! 下嘴はほぼ完全に成鳥色、上嘴の基部は若干くすんでるけど殻のようなものはとれてるもんな。

 不思議な嘴を見てから3週間、アオサギの嘴は何かに覆われそれが剥がれ落ち中には成鳥の嘴が形成されてるって事なんやろうな。ひとつ勉強になりまたわ。

 でもって、お次も6月5日に書いた生き物のその後。
 貝殻のようなものがワルナスビの葉に突き刺さってる写真載せたの覚えてまっか? 忘れはったんなら見ておくんなはれ。

 その貝殻のようなものの正体はキセルガイっていうカタツムリの仲間。
 今日観察開始早々っていうか、ひでキング!号専用駐輪場に自転車を止めた瞬間目に飛び込んで来ましたがな。いきなりでっせ、実際。ホレ!
IMG_2677.jpg
 クスノキに十数匹。
IMG_2684.jpg
 白く見える細長いのがキセルガイでっせ。
 
 カタツムリの仲間なんでこの時期に活発になるんやろぅ、この調子やったらメッチャたくさん居てるで! 

 気合いを入れて湿った木の多い市民の森、通路沿いの木を何十本となくチェック。ところが意外と少ない。なんでやろ??? アラカシ、シラカシ、アキニレ、エノキ、イチョウ、クスノキなど意識ながら見て歩くと・・・ふむっ???

 個体数は少ないもののスクノキで確認する事が多いことに気付く。朝イチもクスノキで多く確認したし、キセルガイとクスノキ、何か因果関係があるかも???

 ってな事をブログに書こっと頭で整理しながら観察終了。ひでキング!号専用駐輪場でもう一度スクノキを観察すれば。おっ、これって交尾?
IMG_2755.jpg
 2匹のキセルガイが頭をくっ付けもぞもぞ、数分後左右に分かれる。

 ちなみに長さは約1センチ。幼貝(子供)か成貝(大人)かは分かりまへん。 
 キセルガイにも幾つか種があるようでっけど、正式な種名も分かりまへん。
 それは今後も観察して書こうと思いますわ。続・その後として。
posted by ひでキング! at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月18日

それやったら

 いやぁ〜、暑なりましたなぁ、ほんま。これまだ湿気が少ないんで木陰は気持ちええけど・・・湿度の高い真夏が心配。

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはもちろん蝶の話を。

 市民の森で、おっ、ええ感じで咲いてるやんノチドメ、と撮影してると視界に飛び込んで来たのが大阪城公園初記録のスジグロシロチョウ。ってのが先週の話し。

 ってな事で、今日は満開のノチドメを一番にご覧頂き、
IMG_2595.jpg
 ひょっとして、体を起こせば再び・・・ってな訳ないわな。と諦めて緑のリズムへ。

 そこで目についたのが地表近くでひらひら舞う白い蝶。ゲッ、ゲッ、ゲゲゲッのゲ〜。 居てるやんけ〜、スジグロシロチョウ!!!
 先週撮影出来た場所とほぼ同所、先週より動きが鈍く結構まったりモードでこんな開翅状態が撮影出来ましたわ。
IMG_2608.jpg
 その後ひらひら移動し太陽広場東の森を半周して緑のリズム側の道路沿いに咲くアベリア・フォレスティでブランチ。
IMG_2622.jpg
 よっぽど腹減ってたんやろうなぁ、顔突っ込んで花抱えてメッチャ蜜吸ってましたで。近付けばチューチュー音が聞こえたもんなぁ、ってそんな事はおまへんが。

 いやぁ〜まだ居てたんや、環境的には大阪城公園をお気に召してくれたんかなぁ???
 それにしても、ノチドメを撮影したらスジグロシロチョウに会える。それやったら明日もノチドメの写真撮ろうっと。

 その他蝶は。
●アオスジアゲハ:各所観察計20頭。
●アゲハ:城南地区、沖縄復帰の森、北外堀沿い、豊国神社東で計4頭。
●モンシロチョウ:各所計13頭。
●モンキチョウ:においの森、豊国神社裏4頭。
●キチョウ:沖縄復帰の森、東外堀沿い、豊国神社裏計4頭。
●ツマグロヒョウモン:もみじ園で2頭がテリトリー争い。人工池でも♂1頭。
●ツバメシジミ:においの森、沖縄復帰の森、梅林で計3頭。
●ベニシジミ:青屋門前花壇で1頭。先週観察出来た葛の繁った空堀、ガッツリ刈られてましたわ。
 この時期葛が刈られると晩夏のウラナミシジミに影響が。
●ヤマトシジミ:広範囲で疎らな観察計11頭。

 とまぁ、こんな感じ。
 第2化を迎える前に既に20頭は多いアオスジアゲハ。
 モンシロチョウはピークを過ぎ減少中。
 ヤマトシジミは、まっ、こんなモンでっしゃろ。

 でもって、蝶ではおまへんが、東外堀で今期初のチョウトンボにクロイトトンボ。でもって大将がもみじ園でウスバキトンボを観察。

 野鳥は少なくとも他の生き物は元気いっぱい、ワシの胸はオッパイ、あっ違ゃうわ、胸一杯でんがな!

 で、今日は簡単な補習しまっか。
 先週初観察出来たスジグロシロチョウ。これはシロチョウ科でモンシロチョウなどの仲間。見慣れん人は一見モンシロチョウと見分けがつかんと思いまっけど、スジグロシロチョウの特徴は翅を広げた時の黒い筋(上の写真)、それがそのまんま名前に。
 
 んじゃ、翅を広げてないときはどうして見分けるねん?ってでっか。
 それやったら、今日は3種の写真を載せまっせ。たまたまハルジオン、ヒメジョオンで吸蜜のモンシロチョウ、モンキチョウ、スジグロシロチョウの写真が撮れたんで。

 まずはモンシロチョウ、
IMG_2634.jpg
 でもってモンキチョウ、
IMG_2638.jpg
 お次がスジグロシロチョウ。
IMG_2613.jpg
 全ての特徴を説明するんはちょいと時間が掛かるんで、よ〜く見て違いを観察しておくんなはれ。
 
 で、楽しみにしてた市民の森のアガパンサス。ええ感じに咲いてたんで、ご覧頂き
 IMG_2587.jpg
 今日はこの辺で。
 
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月12日

無限大

 はぁ〜、昨日はビックリしたなぁ、ほんま。まさか大阪城公園初蝶と出会えるとは思わんかったもんなぁ、実際。
 何か起こるか分からん大阪城公園、健在ってところでんな。

 野鳥に変化なし、って言うか昨日より少ないし。
 ただ、市民の森でアオバトの声を大将が確認。
 それと、昨日市民の森で確認したエナガのチビさん、昨日午後からと今朝、5羽が団子にと大将からモニターを見せてもらう。メッチャ強敵、樹冠部の高い場所、見ることすら・・・
 人工池ではアオサギ(例の幼鳥)、ゴイサギ。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
メジロ・シジュウカラ・エナガ・スズメ・コゲラ・カワラヒワ・アオバト・キジバト・アオサギ・ゴイサギ・カワウ・キンクロハジロ・カルガモ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて、期待が膨らむ蝶でっけど・・・
 始めに言うときますわ、今日は確認出来んかったでスジグロシロチョウ。人も少ないし、お気に入ってくれたら暫く居てくれると思ったけどそんな甘いことはおまへんな。

 人工川とその周辺ガッツリ草刈りで、な〜んにも居てまへん、城南バス駐車場北側通路でコクチナシが見頃を迎え満開。
IMG_2403.jpg
 ほんのり甘い香りが。

 南外堀一番櫓対岸では昨日同様3頭のアオスジアゲハ、
IMG_2408.jpg
 これぞ大阪城公園じゃ、ってなこんな写真撮りたかったんですわ。バックは天守閣の方がええけど。アオスジアゲハはひと周りし12頭。

 モンシロチョウは各所疎らで観察計23頭と減少気味。やっぱ余り盛り上がらんままピークが過ぎたみたいでんな。

 ヤマトシジミは少なく計4頭。
 ツバメシジミも思いの外少なく♂3頭のみ。
 ルリシジミは梅林と、青屋門前で。
 昨日4頭であったムラサキシジミは音楽堂西通路南階段詰めで1頭のみ。昨日出会ったにおいの森から直線にして数十メートル、多分その個体でっしゃろ。

 昨日は梅林で出会ったベニシジミ、今日は空堀沿いで1頭のみ。
IMG_2482.jpg

 でもって、今楽しい蝶の観察場所はもみじ園。これっと言って変わった蝶がいてるわけやおまへんが、モンシロチョウ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモンが場所取りで追っかけ合いですわ。

 特にモンキチョウはここだけで5頭、大阪城公園で同所で5頭は稀でっせ。一時休戦、腹ごしらえ中のこの個体、お腹一杯になったら元気に出陣していきましたわ。
IMG_2432.jpg

 それと目についた一輪の花、遠目に見ればキキョウソウの仲間かなと近付けば、
IMG_2452.jpg
 えっ、全然違ゃうし。何やろうと調べてみるも???

 京橋口ではそろそろやろうと目を凝らせば案の定ネジバナが数輪。
IMG_2471.jpg
 立ち上がって足下を見れば、これまた、ふむっ、何なろ?
IMG_2472.jpg
 ザクロソウの仲間っぽいけどなんか違うし、花びらの数と葉の形は違うけど顎と花びらの比率はハコベっぽいし???

 昨日のスジグロシロチョウといい、今日の分からん花といい、大阪城公園の生き物との出会いは無限大でんな。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ムラサキシジミ・ベニシジミ・ルリシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月11日

変なオッサン

 昨日までと違って湿気の多い蒸し暑さ、梅雨が明けたらまた蒸し暑い夏が来まんなぁ、そう思わせる嫌ぁ〜な暑さ。公園内は静寂に包まれ時折シジュウカラ、エナガの声が聞こえる程度。

 市民の森4羽、沖縄復帰の森で5羽、エナガのチビさんグループに囲まれる。ちょいと幸せな気分。
 巣立ちからひと月以上、しっかりした顔つきでシッポと同じくらいの大きなイモムシを咥え大奮闘、成長具合にひと安心。

 早朝、アオサギ3羽とダイサギ1羽が城南地区上空を北東へ飛翔、大将が観察。
 といったところでんな、野鳥は。静かなもんですわ。

取りあえず、今日の野鳥といきまっか!
アオサギ・ダイサギ・カワウ・シジュウカラ・エナガ・メジロ・カワラヒワ・ツバメ・コゲラ・カルガモ・キンクロハジロ・ムクドリ・ヒヨドリ・キジバト・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて、静かな大阪城公園でひとり大騒ぎしましたで、マジで。

 まずはにおいの森。
 目の前をサッと横切るムラサキシジミ、その瞬間別のムラサキシジミが顔をかすめ飛ぶやおまへんか!
 げっ、同所に2頭のムラサキシジミ。越冬期中しか記憶におまへんな、珍しい。

 市民の森枝垂れ桜で足下にこれまたムラサキシジミ。奇麗な瑠璃色を見せてくれたんで当然パシャリ!
IMG_2112.jpg
 でもって裏面もキッチリ撮れたんで。
IMG_2119.jpg
 この撮影後、封鎖されたトイレ前でも開翅の1頭確認。なんと4頭のムラサキシジミ。これまた記憶におまへんなぁ。

 クルッと折り返すように東側道路沿いを歩いていると、ムムッ、ムムムッ、ムムムムッ、っと久々に川平慈英なみに、いやっ川平慈英を凌ぐ唸り声を上げたワシ。

 その視線の先にはモンシロチョウより大きな白い蝶、暗い市民の森、飛翔形が明らかにモンシロチョウではない、時折見える白い翅に黒い線。まさか!!!

 市民の森中を飛び回る白い蝶を追いかけ、とにかく写真をと強引にと撮った写真がこれ!
IMG_2196.jpg
 やっぱり、やっぱりスジグロシロチョウやんけ〜!!!

 市民の森広範囲を飛び回り、ムラサキシジミと出会った枝垂れ桜ベンチをクルクル廻る。腰をかけてた男性が、「はぁ〜何してんねん、このオッサン」と言わんばかりにワシを見る。視線を感じたワシは「おはようございます」と愛想笑いをし蝶を追いかかる。

 体操や太極拳をしている人の間を縫うように追いかけ緑のリズムへ。
 やっと留まったタンポポ、蝶も腹を空かせてたんやろ、懸命に吸蜜ですわ。切れる息をこらえて・・・パシャリ、パシャリ!
IMG_2299.jpg
 やっとまともな写真撮れましたわ。 その後は緑にリズム内でアブラナ科に留まっては、
IMG_2341.jpg
 飛翔し。
IMG_2351.jpg
 おっ、こっちに向かってきた!
IMG_2344.jpg
 ってな具合で小一時間遊んでもらいましたわ。

 えっ、なんでっか。「なんでそんなに長い説明してるねん、よっぽど何も居らんかったんか」ってでっか。 いやいや、このスジグロシロチョウ、大阪城公園初記録ですねん。

 数十年前までは大阪市内でも確認されてまんねんけど、今はではメッチャ稀少な種、大阪平野を取り巻く低山地帯では普通に居てるって事でっけど。
 7月が来れば蝶の記録をはじめ早10年、新たな出会いはまだまだありまっせ!

 はぁ〜、疲れた。緑のリズムから太陽広場東の森を抜け大阪城ホール前のローソンへ。冷えたビールが五臓六腑に染み渡る。
 ビールを飲み終え腰を上げれば、おっ、お前さんも居てくれたんか。
IMG_2362.jpg
 今期初のキマダラセセリ。余りにも奇麗やったんで、もう一枚。
IMG_2366.jpg

 静かな静かな大阪城公園であっちこっち走り回り、時折しゃがんでは突然走り出す、モニターを眺めながらひとりでニヤニヤ。傍から見たら「変なオッサン」

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・モンキチョウ・スジグロシロチョウ・ゴマダラチョウ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月05日

お散歩

 午前中は雨、昼には何とか止んだんでお散歩がてらちょいと様子見。ってな事で詳しい観察情報やおまへんで。

 午前中に九州、中国、四国、午後からは近畿、東海が梅雨入りしたようでんな、西日本一気に梅雨入り。いよいよ雨続きの時期が来ましたなぁ、ほんま。でもって梅雨によく似合うといえば、色とりどりの紫陽花。
IMG_1983.jpg
 種々の花が咲き始めたけど、何ですわ、いつも言うけど冬に刈りすぎ、迫力が今イチですわ、実際。

 もうひとつ梅雨に似合うといえば、カタツムリ。
 桜広場でワルナスビが咲き始めたなぁと、しゃがんで見てると葉の上に何やら貝のようなもの・・・取りあえず写真
IMG_2001.jpg
 角度を変えて。
IMG_1999.jpg
 調べてみれば、多分キセルガイって言うカタツムリやナメクジの仲間やと思いまんねん。この写真を見れば突き刺さってるみたいでっけど、その時は気付かず葉の裏を見るのを忘れましたわ、失敗。

 カタツムリの詳しいことは全く分かりまへんが、これがもしキセルガイの仲間やったら絶滅危惧種も少なくないってことですわ。梅雨の時期は野鳥も少ないんで真剣に探してみるのも面白いかも。

 でもって、カタツムリに詳しい方、これがキセルガイか、もしそうやったら正式な名前教えておくんなはれ、です。

 この撮影後体を起こせばルリシジミがシロツメグサで吸蜜。
IMG_2003.jpg
 昨日の観察場所から20メートル程、同一個体の可能性あり。

 とまぁ、こんな感じで目に留まった面白いもので楽しませてもらったんやけど、昨日から悩んでることがおまんねん。

 昨日人工川で出会ったアオサギの幼鳥、その嘴が・・・
 説明するのは難しいんでとにかく写真を見ておくんなはれ。
IMG_1861.jpg
 これどう思いまっか?

 なんか、嘴に分厚い殻がついてて、その先が欠けて中に成鳥色した嘴がおまっしゃろ。
 幼鳥の段階では嘴の上下とも濁ったグレー、徐々に下嘴が成鳥色になりその後、上嘴が成鳥色に。ってのが普通やと思いまんねんけど、この写真見たら殻に覆われた嘴が剥がれ落ち、中には新しい嘴が形成されてるって感じでっしゃろ。

 ずーっと前にカラスの骨化した死骸を見た事がありましてな、気になる嘴の色を観察しましてん。もちろん他の部位同様白色、ってことは嘴の骨の上に薄い皮膚のようなものか黒い膜状のものが嘴を覆ってるんやなって推測したことがおまんへんけど、このアオサギの場合上嘴がかなり分厚い殻のようなもで覆われてるように見えますもんな。どうなってるんやろ???

 珍しい事や楽しいこと、何かとおますなぁ、自然界は。
 
posted by ひでキング! at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月04日

虫の日でっせ

 今週は寒暖の差が激しかったなぁ、朝イチは寒い日が続き日中は痛い程の陽射し、紫外線対策はしっかりせんといけまへんでぇ。

 さて、今朝は寒くなくお陽さんもひと休み、でもって渡りもそろそろって感じでんな、って言うか、やっぱり平日かアカショウビン。しかしなぁ、こればっかりは仕方おまへんなぁ、実際。

 公園内のイベントも今日はなし、久々に静かな静かな大阪城公園。市民の森で響き渡るオオムシクイの囀りが名残惜しいわ、実際。

 城南地区ではこの時期貴重なハクセキレイ、チビさんの姿はなく成鳥1羽のみ。
 飛騨の森ではエナガとアオバト♂を大将が観察、アオバトは西へ西へ移動しそのまま西の丸庭園へ。

 北外堀では“キンちゃん”こと越夏キンクロハジロ。
 内堀東では“ホシゴイ”ことゴイサギ若鳥。
 南外堀ではササゴイのひと鳴き。
 人工池ではアオサギ幼鳥。

まずは今日の野鳥といきまっか!
アオサギ・ゴイサギ・ササゴイ・カワウ・キンクロハジロ・オオムシクイ・ツバメ・アオバト・キジバト・コゲラ・ハクセキレイ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 でもって蝶の話を。
 その前に、間に合ったぞ〜! カシワバアジサイ。
IMG_1856.jpg
 これよ、この状態を見たかったんですわ、ほんま。それだけのことでっけど。

 ほなっ、蝶の話をば・・・
 先週、思いの外少なかったモンシロチョウ、
IMG_1931.jpg
 ひと周りして46頭と増えたには違いおまへんが、どう考えたらええんか?

 この一週間の間にもっと多く居てて徐々に減っている段階なんか、ピークの始まりでこれからまだ増えるのか、それとも今季は少なく今がピークなんか???
 いずれにしても第2化真っ最中であることには違いおまへんが。

 ヤマトシジミも各所で観察出来計14頭と徐々に個体数が増えてきましたな。
 アオスジアゲハは第2化まであとひと月以上、出会ったのは4頭のみ。
 街中何処でも多く見られるアゲハ、大阪城公園では少なくもみじ園と豊国神社裏で2頭、共に夏型。

 市民の森ではツバメシジミ♀、
IMG_1944.jpg
 久し振りに開翅状態をしっかり見たけど、こんなに黒かったっけ、ってくらい真っ黒でんな、もみじ園では♂。

 東外堀沿いでイトトンボを散策中、目に飛び込んで来た鮮やかな瑠璃色、
IMG_1884.jpg
 よっ、待ってました、ムラサキシジミが翅を広げてるやまへんか!
 数回シャッターを切ってすぐに飛び去る、と思いきや今度は堀内の浮き草に留まるやおまへんか。
IMG_1898.jpg
 こんな拓けた場所で、ましてや水面でムラサキシジミを見るのは初めて。色んな事がおまんなぁ、実際。

 この後もみじ園でも瑠璃色の蝶がパッと飛び立ちもみじの枝へ。距離があって写真ボケボケ。2日にはこの個体が確認出来たすぐ上の音楽堂西通路で大将がムラサキシジミを観察、多分同一個体でっしゃろ。

 桜広場で目線の高さから上でヤマトシジミより大きなシジミチョウ、そろそろやなと思ってたルリシジミがシロツメグサに。シャッター1回押した瞬間に・・・。 一応それと分かるけど、かなりボケてるんで・・・

 ハルジオンが咲き乱れる桃園では久々のモンキチョウ。
 
 でもって楽しみにしてた京橋口近くのヒルザキツキミソウ。
IMG_1955.jpg
 一応咲いてはいまんねんけどメチャ少ない、とても群生と言える状況でなし。この横には新設された自動販売機。メッチャ違和感。

 とまぁ、こんな感じで野鳥が淋しくなった分、蝶はちょいと様変わりしてきたって感じでんな。

 で、今日意識しながら歩いて・・・やっぱり。
 人工川で16頭のモンシロチョウを観察後すぐ横の城南駐車場へ。周囲はガッツリ草刈り、そこには蝶はおろか蛾もハチもアブも甲虫類の姿もなし。
 今日意識したのは、草刈りが行われたエリアと植物が繁茂してるエリアでの蝶の個体数の違い。

 今日最も多い観察個体数やったモンシロチョウを例にあげれば。
 先週既に草刈りされてた空堀と大手門西、この一週間で草刈りされた梅林、城南駐車場周囲、教育塔裏、東外堀沿いでは全く確認出来ず。

 クレソンが繁茂する人工川で16頭、ハルジオンが繁茂してた桃園6頭、桜広場4頭。
 下の写真、桜広場南側道路を挟んで南にある石垣沿い6頭とハルジオンが繁茂してる場所で計16頭、
IMG_1957.jpg
 これだけで今日の観察個体数の約3分の2でっせ。

 もし、草刈り作業がはかどって全域一気にガッツリ刈られてたらモンシロチョウの個体数にも変化があったかも知れまへんな。

 とまぁ、こんな結果ですわ。
 今日は6月4日虫の日、蝶の話を中心にお送りしました。ってこの時期はいつもでっけど。

  
posted by ひでキング! at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月28日

諦めまへん

 ついに、ついにやって来ましたな、この日が。 今年の渡りは例年より早かったんで終わりも早いんかな、と思いきやでんがな、これが。

 朝イチ「太陽広場東の森でホトトギス鳴く」と元山さんからメール。その後も間髪入れずにオオムシクイ、アオバト、オオヨシキリ、サンコウチョウ。でもってまたオオムシクイ、サンコウチョウ、ホトトギス。ってな具合でひっきりなしにメールが届くやおまへんか! ついに、って感じでっせ、実際。

 ゴールデンウィークが明け三週間が過ぎ諦めてたけど、やって来ましたなぁ、この日が。

 ってな事で、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは蝶の話など。

 蝶も、ついに、ついにこの日が、ってな期待を胸に大阪城公園で唯一の栗の木をチェック。満開で状況はよし、
IMG_1815.jpg
 周辺では姿が確認されてるしと撮影しながら暫し粘るも・・・そんな簡単に見つかりまへんわな、アカシジミ。

 先週咲き始めた人工川のカシワバアジサイ、何とか八分咲き状態を楽しむことが出来ましたわ。
IMG_1777.jpg
 欲を言えば、満開でもうちょっと房が垂れ下がってるのを見たかったんやけど。

 その人工川では数頭のモンシロチョウ。今日出会ったモンシロチョウは14頭と先週の約半数、その殆どはこんな状態でお休み中。
IMG_1802.jpg
 活動個体は僅か数頭。

 城南駐車場で今が旬のマツバゼリを撮りながら、
IMG_1807.jpg
 マグロヒョウモンでも飛んでないかなぁ、と期待するも飛騨の森で1頭の情報のみ。

 元博物館裏でシロツメグサでお休み中のキチョウが1頭。 
IMG_1832.jpg

 野鳥も蝶も確認出来なんだ梅林では、アカバナユウゲショウだけが楽しませてくれましたわ。
IMG_1825.jpg

 来週はもう6月、野鳥の渡りは終焉を迎えるやろうけど、蝶はまだまだ期待出来まっせ。
 ピークを迎えるモンシロチョウ、タテハ科の蝶も第一化の時期、アサギマダラはちょいとキツいかな、でもって前述のアカシジミ、何が起こってもおかしくない大阪城公園、諦めまへんで〜!
posted by ひでキング! at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月22日

ええ仕事

 昨日に続いて快晴快晴、日向は暑いんで日陰を選んでサラッとひと周り。
 野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、追加はおまへん。

 という事で、まずは気になるモンシロチョウ。
 昨日から一気に増加したら同じタイミングで多数羽化し、変わりなければ順次羽化し徐々に個体数が増えるって話し。結果はいかに。

 各所で観察するも偏った観察場所はなく疎らで計27頭、昨日の21頭より6頭多い観察数。って事は20も30も一気に羽化するってことは無さそうでんな、ただ同じ場所で同じ♀がいっぱい産卵した場所があるのなら結果は違ったかも知れまへんが。

 その可能性のある場所は人工川でんな。クレソンがちらほら花を咲かせ今年も多く育ちそうな予感。
 その人工川では自身今季初認のゴマダラチョウ。記録としては3度目でっけどね。

 でもって、紫陽花遊歩道では待ちに待ったあの花が3年越しに咲きましたわ。
IMG_1632.jpg
 カシワバアジサイ。
 数年前、冬にガッツリ枝を伐られ昨年一昨年と花は咲かず、やっとこさ咲きましたわ。満開にはまだ早いけど来週まで待って終わってしもうたらいかんので後悔せんように、パシャリ!
IMG_1637.jpg

 それともうひとつの課題。ボケ植栽場のツマグロヒョウモン、残念ながら今日はここで確認出来ず。
 その代わりっちゃ〜怒られるけどショウジョウトンボ♀が暑さを避けるためお尻上げて休憩中。
 IMG_1758.jpg

 ツマグロヒョウモンの観察は継続してまた書きますわ。

 その他蝶は・・・
 アオスジアゲハ・ツマグロヒョウモン・テングチョウ・
 おっ、それとタイフェスタで買ったシンハービールとタイ風揚げ春巻きを太陽広場東の森で食事中、目の前をナガサキアゲハがスーッと飛翔。これまた自身今期初。ってなとこでっか。

 でもって、昨日から頭上でよく見掛けるコシアキトンボ。東外堀では羽化して間もない♂かな。 飛び回ったら撮れんので今のうちに・・・パシャリ!
IMG_1711.jpg

 野鳥は少なくとも色々楽しませてくれるなぁ、と音楽堂西通路を歩行中、なにやら宙に浮いた物体。近付けば奇麗なクモ。
IMG_1693.jpg
 調べれば、ギンメッキゴミグモという1p程の小さなクモ。これがあんた、宙を滑るように自宅建築中でんがな。右へ左へ、
IMG_1688.jpg
 また右へ。
IMG_1695.jpg
 下へ行ってはよじ登り、
IMG_1682.jpg
 なんとまぁ、見事な糸裁き、スパイダーマン顔負けでっせ、って当たり前か。
 巣を張って餌を待つクモって考えたら、自宅兼職場でんな。やっぱり職人はええ仕事しまんな、ほんま。

 そんじゃ、ワシもこの夏は色んな生き物を観察してええ仕事するとしまっか! 
posted by ひでキング! at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月21日

そろそろ夏モード

 カラッとええ天気はええけど、暑すぎでんなぁ、実際。スッポンポンで歩きたい気分でんな、実際。

 とうとう落ち着いてしまいましたなぁ、野鳥。まだ完全に渡りが終わったわけやおまへんが、今日はムシクイの声も聞こえず、もちろん「特許許可局」の声も。
 ただ、早朝太陽広場東の森でサンコウチョウの声情報。姿を見た人は居らんかったようでっけど。

 もうここまで来たら出会い頭待ちでんな。ホトトギスにカッコウ、アカショウビン。いずれが飛来しても平日やったらトホホのホですな、来るんやったら土日に来てね。

 南外堀観察中「チィー」、周囲を探せば石垣沿いを飛翔のカワセミが真下で留まったような。回り込んで探すも姿なし、通り過ぎたかなと思ったその瞬間、亀が水中に飛び込む「おっ、もしや・・・」やっぱりそうや〜!スッポン、スッポンポンでんがな〜!!!

 以前から存在は確認してましてんけどこんなに近くで見ることはない、この機を逃せば二度と訪れんかも。
 水中を泳ぐスッポンにピントを合わせ、パシャパシャパシャ、パシャパシャパシャ。
IMG_1515.jpg
 なんとか特徴の尖った口をと、頭を出した瞬間、パシャパシャパシャ、パシャパシャパシャ。
IMG_1520.jpg
 それともうひとつの特徴、甲羅の尾部が大きく広がってるのを、パシャパシャパシャ、パシャパシャパシャ。
IMG_1524.jpg
 ヨッシャ、何とか分かりまっしゃろ。って朝イチから何を連写してるんや、ワシは。

 同じく南外堀ではササゴイが水面を見つめる。
 人工池ではコサギがダンスをするように小魚探し。
 空堀上をアオサギが。
 でもって、ゴイサギを確認出来れば大阪城公園のサギ4兄弟やったんやけど・・・

 人工川紫陽花遊歩道では数輪開花の紫陽花、でもって今見頃の花は真っ白なサラサウツギ。
IMG_1528.jpg
 間もなく赤や青、紫の花に彩られまっしゃろ。

 桜広場ではアオバトが観察されてますわ。ところで大阪城公園で冬を過ごしたアオバトはどこまで行くんやろ。夏に周辺の山で見たってな話し余り聞かんけど?

んじゃ、今日の野鳥といきまっか!
サンコウチョウ・アオバト・ツバメ・イソヒヨドリ・コゲラ・カワラヒワ・メジロ・シジュウカラ・エナガ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・ササゴイ・コサギ・アオサギ・カワセミ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・

 さて、蝶でんな。
 サラッとひと周りして観察種に大きな変化はおまへん。
 
 アオスジアゲハ5頭、テングチョウ1頭、キチョウ1頭、でもって先週話題にした青屋門前ボケ植栽場のボロボロツマグロヒョウモン、今日は確認出来ず、入れ替わって元気な♂が睨みを利かせてましたわ。
IMG_1618.jpg
 あっ、そうや。この場所で一年通して何個体のツマグロヒョウモンが入れ替わるかってのを観察するのも面白いかも。
 年に何回世代交代するかってのが分かるし、一年通してツマグロヒョウモンが好む場所かってのも確認出来るし。

 でもって、今日のこの個体の特徴は。右の後翅の中央やや下の部分がコの字型に欠損してるってのが特徴やな。明日も確認しよっと。

 観察種には大きな変化はおまへんが個体数に大きな変化が。
 先週までは一桁観察やったモンシロチョウ、今日は各所で数頭ずつ観察し計21頭と一気に増加。これが一週間かけて徐々に増えたんか今日一気に羽化したんか分かりまへん、もし明日今日より格段多く確認出来たら羽化のタイミングに大きな誤差がないって事が分かりまんな。これまた面白いでんな。

 梅林空池ではドクダミがチラチホラリ、
IMG_1621.jpg
 天守閣裏スロープで、ふむっ、見掛けん花やな。
IMG_1627.jpg
 帰宅後調べ多分、ユリ科のアリウム。ただ品種が多いんで正確な名前は分かりまへん。

 ユリ科の花が咲き始め、ドクダミも開花、モンシロチョウはピークの兆し。
 野鳥も少なくなったしそろそろ夏モードに切り替えまっか。
posted by ひでキング! at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月15日

何も飛んでまへん

 朝から結構暑かったなぁ、今日は。5月は紫外線が一番強い時期、しっかりUV対策しなはれや。

 さて、昨日ガックリきたホトトギスでっけど、ハッキリ言うてあきまへん。
 今日も飛来の確認出来ず。って言うか、昨日同様西外堀で居てたツバメのチビさん、楽しみにしてましてんけど1羽も居らず。トホホ・・・

 ササッとひと周りするも聞こえるのはメジロとシジュウカラの囀りだけ。キジバトなんか飛ばんと地面で日乾ししてますがな、これが。
IMG_1509.jpg

 楽しませてくれたのは、
●トラツグミ:太陽広場東の森で。
●マミジロ:同じく太陽広場東の森で♂若鳥1羽。
●オオルリ:豊国神社東♀1羽。
●キビタキ:桜広場、豊国神社東で共に♂各1羽。
●ムシクイ:数羽の観察を聞くも囀りことなく識別不明とのこと。
 
 ってな面々でっかな。
 なんとかもう一踏ん張り、盛り上がって欲しいもんですな、実際。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
オオルリ・キビタキ・トラツグミ・マミジロ・ツバメ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・メジロ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・ゴイサギ・カルガモ・キンクロハジロ・

 さて、こちらも個体数は少なかったですわ、蝶。
 教育塔裏の小道で松葉に串刺しになった、と違ゃいまっせ、葉先に留まった奇麗なテングチョウ。
IMG_1464.jpg
 昨日生まれか、今日生まれか。

 においの森のイボタノキでは、クマンバチにハナアブ、アオスジアゲハにアゲハが吸蜜。
IMG_1485.jpg
 花自体はピークを過ぎたけどその方が蜜が甘いんやろうな。近付いても気にすることなく懸命に朝ご飯してましたで。

 梅林ではクロアゲハの飛翔を確認するも・・・

 ツマグロヒョウモンは昨日も居てたもみじ園で今日も♂1頭が飛び回る。先週は同所で♀も居てタンポポに吸蜜してたけど・・・草刈りされて咲いてる花は余りおまへんでしたわ。

 もみじ園以外でも豊国神社前のソテツ花壇、青屋門前のボケの植栽場でも♂。でもってボケの植栽場で居てた♂ってのがこれですわ。
IMG_1504.jpg
 この翅の欠損具合なんか見覚えおまへんか? 4月30日にボロボロの♂の写真載せましたやろ、この写真でっけど。
IMG_0754.jpg
 この♂、頑張って頑張ってまだ頑張ってるんと違ゃいまっか。「おいっ、♀は余り見掛けんけどちゃんと嫁さん見つけたんか?」

 しかし部分的には翅の鱗粉が殆ど落ちて向こうが透けて見えてまんがな。元気にスズメ追っかけてたけど、何だか痛々しかったなぁ、ほんま。

 青空はええけど、飛ぶ鳥の姿がないっていうのは淋しいもんでんなぁ。
 人工川ではシモツケが咲き始め陽射しは夏。あとはあの鳥が・・・
IMG_1466.jpg

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・クロアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・テングチョウ・ツマグロヒョウモン・
posted by ひでキング! at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月14日

何でも飛んでる

 いやぁ〜、残念。仕方おまへんな、こればっかりは。 自然相手の観察、誰にもどうすることおまへんもんなぁ、また明日に期待しまっか!
「ってなにと言うてるねん」ってでっか。 それは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き・・・ねぇ〜残念でっしゃろ。

 今日はちょいとコースを変えて音楽堂西通路は後回しにしたのが失策。いつもならワシが通る時間帯でオオヨシキリの囀りって話しでんがな、これが。

 でもね、昼に足を運んだとき元射撃場で「ギョシギョシ」が聞こえまたんや、梢にいたら全身見えるかと思いきや・・・哀しいかな、賑やかな囀りだけが響き渡りその姿を見ることは出来まへんでしたわ。っとこの時、玉造口方向でエナガの声、目をやると、わっ、危ない!
 15羽前後の群れが一直線に飛んできまんがな! 思わず身を屈めましたで実際。頭上の枝に一斉に留まり大騒ぎしながら移動していきましたわ。
 しかし偉い勢いでしたで、ほんま。ってのがワシからの追加。
 
 でもって、西外堀のツバメの一番子と思われる4羽がこれですわ!
IMG_1296.jpg
 親鳥が餌を運んできたら大賑やか、
IMG_1311.jpg
 お腹が一杯になったら、それぞれ距離をとり羽繕い、
IMG_1325.jpg
 でもってその辺りをクルッと廻って飛翔の練習。

 そりゃ〜夏鳥の姿も少ないはずですわ、同じ夏鳥のツバメの一番子が元気に飛び回ってますもんな。

 南外堀沿いでは既に一番子が観察されてシジュウカラのチビさん。
IMG_1348.jpg
 かなり大きくなったスズメのチビさん。
IMG_1359.jpg

 西の丸庭園入口ではカワラヒワのチビさんの話も。
 桜広場では雛が孵ったんかな、カラスのチビさんの声も聞こえてましたで。
 ほんまこの時期は色んなチビさんと出会えて楽しい季節でんな、みんな無事育ってくれることを祈りますわ。

 さて、蝶でっけど。
 今は端境期って感じでっかな。越冬から目覚めた成虫越冬種や第一化を迎えた蝶は次世代へ命を繋ぎ天寿を全うしたんやろうな、成虫の個体数自体は多くおまへんわ。

 モンシロチョウ、アオスジアゲハ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、全てを合わせても15頭が飛んでた程度。まっ、5月下旬から6月上旬には個体数も増えまっしゃろ。

 野鳥や蝶が少なくなった反面、増えてきたのがトンボですわ。
 個体数そのものはまだ多いとは言えまへんが、今季既に確認されてるアオモンイトトンボにシオカラトンボ、それに加えショウジョウトンボ♂を確認、梅林ではコシアキトンボも姿を見せましたで。
IMG_1395.jpg
 これから数週間は鳥見中頭上を飛び回ることが多いコシアキトンボ、必ずって言ってええ程目にすると思いますわ。意識してたらね。

 そうそう。今朝、音楽堂付近から桜広場方向へアカショウビンが飛んだとか、ツツドリの声がしたって聞いてまっけど視認、撮影者は一人もおらず、ガックリ。

 ツバメのチビさんにエナガ軍団、種々の蝶にコシアキトンボ、何でも飛びまっせ大阪城公園は! うわさ話も。 

posted by ひでキング! at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月08日

休む間がなかった連休

 いやぁ〜、人によっては10連休の長〜いゴールデンウィークも今日で終わりでんな。
 皆さんは長期遠征?それとも近場巡り?それともこだわりの一カ所観察?それぞれ楽しい思い出を作りはったと思いまっけど、今年の大阪城公園は大当たりでしたな、ほんま。数日は谷の日があったけど総体的には毎日に大賑わいって感じでしたもんな。前倒しの渡りで心配したけど、最終日の今日まで楽しませてくれましたわ。

 さて、まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはビッグな追加を。

《超人気組》
●サンコウチョウ:元山さんが書かれてる豊国神社付近の♂は後に桜広場へ、とは別に西の丸庭園迎賓館裏で♀。
●ヨタカ:西の丸庭園サンコウチョウ♀近くで飛び回り落ち着かん様子。

《手強い組》
なかなか姿を見せず少人数の観察に留まった
●マミジロ:天守閣裏♂1羽。
●マミチャジナイ:配水池東1羽。

《まだ頑張ってるか組》
●シメ:飛騨の森で観察情報。
●アオジ:梅林と豊国神社裏で。
●ツグミ:梅林で1羽。

《近くで繁殖?組》
●イソヒヨドリ:西外堀で♂が観察される。
 自宅(谷町3)近くで頻繁に囀りが聞こえるとカミさん談、近くで繁殖してる可能性あり。
●エナガ:近くで繁殖って言うか公園内で繁殖を終えチビさん連れて動き回ってるんやろうな。飛騨の森で10羽前後の群れが観察されてますわ。

《かも知れない組》
●オオムシクイ:飛騨の森で囀り情報、ただお一人さんの観察、複数人確認していれば。

《ウッソ〜、マジで!組》
●ハチクマ:10:10頃、修道館上を悠然と舞う1羽、渡りの時のように上昇し滑空するのではなく、オオタカやハイタカのようにクルクル旋回。1羽のカラスに追われ西へ飛翔。

 これってどうよっ! ゴールデンウィーク初日のマミジロ♂♀から始まりその後はヨタカ、サンコウチョウ、ジュウイチ。最終日にはムギマキにこれまたヨタカにサンコウチョウ。でもってサプライズゲストにハチクマでっせ!

 休む間もなく次々飛来、今年のゴールデンウィークはほんまゴールデンでしたな。

 さて、蝶でっけど・・・
 昨日は曇天と微熱で・・・って書いたけど、どうも様子が違いまんな。
 今日は熱もすっかり下がって朝から晴天、何かと出会えるかと思ったけど、
●アオスジアゲハ:元射撃場、もみじ園、豊国神社裏、飛騨の森で計4頭。
●モンシロチョウ:西の丸庭園と空堀で計2頭。
●キチョウ:飛騨の森で1頭。
●ヤマトシジミ:もみじ園で1頭。
●ツマグロヒョウモン:もみじ園で♂♀各1頭。
 このツマグロヒョウモン、♂はもみじ園中広範囲に飛び回り、♀はタンポポで吸蜜、一瞬♂が♀に近付き交尾かと思ったけど♂は直ぐさま飛翔、残念。
 この2頭が交尾したらすぐ上の音楽堂西通路斜面にスミレの群生があるのに・・・。

 さぁ〜、明日からは仕事でんな、なんか気が入りまへんがこのオオハナアブを見習って頑張らんといけまへんな。
IMG_1181.jpg
 こっち向いて「へっ、おおきに。またよろしゅうお願いしまっさ。」って手もみしてましゃろ。ええ仕事しまっせ!
posted by ひでキング! at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月07日

嬉しい記録

 数日前から喉はカサカサ、なんとなく熱っぽい、今朝体温を測れば平熱。朝は曇天なんでゆっくりして昼からにしようと思ったけど熱がないならサラッとひと周りするか。

 帰宅後、やっぱり調子が悪い。朝とは別の体温計で熱を測ったら37度、朝より楽やのになんで??? 良く見れば朝使った体温計、バッテリーにバツ印ついてるやんけ〜。 通りで熱っぽいはずですわ。 なもんで保冷剤頭に当てながらブログ中。

 先に書きまっけど曇天に微熱とあって気合いが入らず、蝶との出会いはアオスジアゲハ、モンシロチョウのみ。

 野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加はおまへん。

 今日は囀りも余り聞こえんし体調も今イチ、適当なところで帰るか。と思いきや、行ったら行ったらでええ事おまんな、ほんま。

 以前30年程前に大阪城公園の野鳥を観察してたという女性バーダーさんの話し覚えてる?実家は大阪、現在横浜在住で学生時代定点観察してたって人の話。
 3月6日の記事(合い言葉は・・・)に書いてまんねん。

 実はその時の記録が残ってるっていうことやったんで、良ければコピーを頂けまへんか、ってお願いてましてん。それが市民の森で出会った大将を通じて今日手元に届きましたがな、これが。女性バーダーさん、おおきに!手元におまっせ〜!

 枝垂れ桜のベンチに腰掛け「焼酎一杯グィ〜」を聞きながら(言うときまっけど呑んでまへんで)早速拝見。

 記録は1983年11月〜1984年12月の1年余り、詳細な記録にびくりぽん! 人様の記録なんで詳しい話は控えまっけど、年中カイツブリ、噂に聞いてた「ちょっと来い」のコジュケイ、「ピーチクパーチク」ヒバリの記録、等々。観察個体数から越冬種の飛来時期、渡りの時期など書き記されてますねん。大阪城公園定点観察者としてはこの上ない幸せな記録ですわ。
 大学生って言うたら二十歳前後、若い頃から野鳥に興味を持たれ記録にするなんて凄いでんな。

 1983年〜1984年って言うたら、1985年に我らが阪神タイガースが日本一になる前でっしゃろ、その頃はワシ日本一を願い懸命に甲子園で叫んでましたがな。真弓〜、バース、掛布〜、岡田〜ってな具合に。
 当時は今みたいに超満員になることは余りなく、仕事終えて車走らせ19時に到着してもライトスタンドのど真ん中で観戦出来た時代ですわ。

 時を同じくして、学生さんが当時は誰もしたことのなかった大阪城公園での野鳥の定点観察、昭和の大阪城公園の野鳥を知る人が少なくなる中、定点観察でっせ、最敬礼ですわ、実際。甲子園で大騒ぎしてたワシとは大違いでんな。

 で、前回出会ったとき連絡先のやり取りをしてなかったんで差し支えおまへんのやったら、こちらにメール頂けまっか(ワシのアドレスですねん)
→yamazaki@yahiro-net.com 
 貴重な記録を提供して頂き、ちゃんとお礼を申し上げたいと思いますんで、宜しくお願いします、です。

 さぁ〜、そうこうしてる間に何だか熱が下がってきた感じでんな、後はゆっくりしながら、じっくり読み直すとしまっか!
 晩酌の肴は「大阪城公園における鳥類個体群の周年変動」 
 
posted by ひでキング! at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月05日

比較

 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。
 
 観察開始早々、大手門西芝生エリアでハクセキレイ。
IMG_1029.jpg
 久し振りにじっくり見ると、何だかメッチャ凛々しい感じでんな。

 配水池東ではここ数日見掛けんかったんで、もう居らんやろと思ってたシロハラ。越冬中毎回当たり前のように居てたシロハラでっけど、たった1羽になると寂しいもんでんな。 っと、こんなところですわ。

 んじゃ、蝶の話を。
 例年より野鳥の飛来が早いのはこれまでの状況で皆さんお分かりやと思いまっけど、蝶はどんな具合かってのを過去の記録と簡単に比較してみまひょか。

 4月16日に初認、以後24日からは毎回10頭を超える観察が続くアオスジアゲハ、今日も各所で計16頭。
IMG_1078.jpg
 でも毎年10頭を超える時期ってこんなに長期的に続いたかなぁ、と過去の記録を調べれば・・・

 初認は例年通り4月中旬でゴールデンウィーク前までは一桁の観察、しかし今年は初認日の4月16日、17日を覗けば毎回10頭を超えてるもんな。やっぱ今年いつもと何かが違いまんなぁ。
 ちなみに例年はゴールデンウィーク明けに一気に個体数が減ってますねん、来週以降の個体数が気になるところでんなぁ、実際。

 モンシロチョウは5頭とほぼ例年並み、でもって5月20日過ぎには一気に個体数が増えるってのが過去のデータ。でも何でやろうか、4月17日に29頭ってのはどう考えてもわかりまへんな。

 ヤマトシジミもほぼ例年通り、でも1頭は寂しいな。
 キチョウはもみじ園と豊国神社裏で。
 モンキチョウは京橋口で1頭飛翔。ままっ本種は元より観察個体の多い種ではおまへんので。
 
 でもって最近観察頻度の高いクロアゲハ。昨日、一昨日と確認された配水池東をゆっくり注視して歩いていると・・・
 おっ〜、おっ〜、おっ〜出た〜!アサギマダラや!!!

 ワシの前をすり抜け今通ってきた元博物館裏へ。見失わんように目で追っかけ行方を確かめるもスクノキ周りをクルクル廻り・・・サ・ヨ・ウ・ナ・ラ・〜
 飛翔時の模様は♀でしたわ。

 まっ、アサギマダラはまだ期待出来まっしゃろ。

 各所で背を伸ばしはじめ、開花状態が分からんけど懸命に探してやっと見つけたウラジロチチコグサ?
IMG_1100.jpg
 この時期どこでも出会うクマンバチことクマバチ、
IMG_1085.jpg
 この名前って大きいからって事もあるんやろうけど、この姿勢も何だかクマに似てるような・・・

 こんな当たり前のように出会う野草や昆虫も丁寧に観察し毎年比較したら何か違いがあるんやろうなぁ。
 面白そうでんな、んじゃ、来年から。 ってのは冗談でっせ、これ以上観察対象を増やしたら頭がついていけませぇ〜ん。
posted by ひでキング! at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月04日

溢れる命

 新緑に包まれた天守閣、
IMG_0929.jpg
 そよ風というには幾分強い風が吹く教育塔裏、木々がざわめきはじめ長い尾の鳥影がもみじに。

 朝7時半、今日初めて出会った夏鳥がサンコウチョウでんがな!
 一旦目線の高さのもみじに留まるも直ぐさま長い尾をなびかせ樹冠部へ。一瞬やったけど双眼鏡でしっかり観れたんでそれで良し。

 ひと周り観察を終え1時前に様子を見に現場に足を向ければ、優に100人を超すカメラマン、朝の静けさは何処へ。

 昨日は鳥影どころか囀りさえも殆ど聞こえなかったと、日替わり定食もネタが尽きたかと思いきや、行く先々で夏鳥と出会いましたで。

●キビタキ:配水池東、音楽堂西通路、太陽広場東の森、飛騨の森、西の丸庭園で計9羽。うち♀は配水池東と西の丸庭園で。 
●オオルリ:サンコウチョウと同所で♂1羽のみ。
●センダイムシクイ:音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森、梅林、桜広場、飛騨の森で計8羽。
●エゾムシクイ:配水池東、音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森で計6羽。
●クロツグミ:市民の森で♀1羽。
●マミジロ:市民の森♀、西の丸庭園♂各1羽。
●ツバメ:沖縄復帰の森、飛騨の森、山里丸、空堀、人工川で計7羽。
 とまぁ、こんな感じ。

●アカハラ:天守閣裏4羽、西の丸庭園♂5羽。
●ツグミ:梅林1羽。
 シロハラは確認出来ず。とうとう全ての個体が旅立ったんやろうか。

●アオバト:天守閣裏で♀1羽。
●エナガ:豊国神社東で5〜6羽の団子が観察されますわ。
●オオタカ:市民の森で飛翔の観察情報。

●キンクロハジロ:南外堀♂♀各1羽、北外堀♀1羽。北外堀の個体は例年の越夏個体と思いまんねんけど、南外堀のペアはここで夏を越すつもり?
●カルガモ:南外堀で2羽。昼過ぎには人工川で水遊びをする子供の輪の中に2羽が飛来。

 アオジ、クロジ、イカル、シメとは出会いなく繁殖地へ向かったかも。

 でもって、サンコウチョウ現場近くで今期初のシジュウカラの一番子、
IMG_0893.jpg
 チビさん4羽が親鳥の給餌待ち、そこへ次から次へと餌を運ぶ親鳥2羽。大変な食欲やろうし、もう暫くは忙しいぞ。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
サンコウチョウ・キビタキ・オオルリ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・クロツグミ・マミジロ・オオタカ・ツグミ・ツバメ・アオバト・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・アオバト・キジバト・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・

 では、蝶の話でも。
 第一化のピークは過ぎたものの各所で出会い12頭のアオスジアゲハ。
 市民の森ではモンシロチョウが愛を育む。
IMG_0938.jpg
 後ひと月もすれば本種のピーク、今季はどれだけ観察出来るか楽しみですわ。

 モンシロチョウと同所でハルジオンに吸蜜のイチモンジセセリ。
IMG_0962.jpg
 今日で今季3度目の観察。例年よりペースが速いんでこれまた今後の観察が楽しみでんな。

 知人の女性バーダーさんに「昨日配水池東でツツジに留まった黒いアゲハが居てました」とモニターを見せて頂く、確認すればクロアゲハ。今日も同所で飛翔を確認するも留まることなく・・・撮影の機会はツツジが萎れるまで、チャンスは訪れるやろうか?

 同所では飛翔のアゲハ、梅林ではテングチョウ。
 西の丸庭園入口では左の後翅の大半が欠損したベニシジミ、通りで飛び方がおかしいはず。

 修道館西でシロツメグサに留まるツバメシジミ♀、
IMG_1002.jpg
 このシチュエーションなら産卵か、と思いきや、この体勢のまま動かず。暫くして飛んで行きましたわ。心身共に疲れた様子やったけど大丈夫かな?

 既に確認されてるスズメの一番子たちはいたるところで。
IMG_0924.jpg
 梅林では地面に降りて羽根をプルプルさせてるチビさんも居てたな。

 シジュウカラのチビさんも姿を現し、久々にエナガ団子も観察され、モンシロチョウは世代交代の準備。
 5月の大阪城公園は命が溢れかえってますわ!

posted by ひでキング! at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記