2016年06月11日

変なオッサン

 昨日までと違って湿気の多い蒸し暑さ、梅雨が明けたらまた蒸し暑い夏が来まんなぁ、そう思わせる嫌ぁ〜な暑さ。公園内は静寂に包まれ時折シジュウカラ、エナガの声が聞こえる程度。

 市民の森4羽、沖縄復帰の森で5羽、エナガのチビさんグループに囲まれる。ちょいと幸せな気分。
 巣立ちからひと月以上、しっかりした顔つきでシッポと同じくらいの大きなイモムシを咥え大奮闘、成長具合にひと安心。

 早朝、アオサギ3羽とダイサギ1羽が城南地区上空を北東へ飛翔、大将が観察。
 といったところでんな、野鳥は。静かなもんですわ。

取りあえず、今日の野鳥といきまっか!
アオサギ・ダイサギ・カワウ・シジュウカラ・エナガ・メジロ・カワラヒワ・ツバメ・コゲラ・カルガモ・キンクロハジロ・ムクドリ・ヒヨドリ・キジバト・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて、静かな大阪城公園でひとり大騒ぎしましたで、マジで。

 まずはにおいの森。
 目の前をサッと横切るムラサキシジミ、その瞬間別のムラサキシジミが顔をかすめ飛ぶやおまへんか!
 げっ、同所に2頭のムラサキシジミ。越冬期中しか記憶におまへんな、珍しい。

 市民の森枝垂れ桜で足下にこれまたムラサキシジミ。奇麗な瑠璃色を見せてくれたんで当然パシャリ!
IMG_2112.jpg
 でもって裏面もキッチリ撮れたんで。
IMG_2119.jpg
 この撮影後、封鎖されたトイレ前でも開翅の1頭確認。なんと4頭のムラサキシジミ。これまた記憶におまへんなぁ。

 クルッと折り返すように東側道路沿いを歩いていると、ムムッ、ムムムッ、ムムムムッ、っと久々に川平慈英なみに、いやっ川平慈英を凌ぐ唸り声を上げたワシ。

 その視線の先にはモンシロチョウより大きな白い蝶、暗い市民の森、飛翔形が明らかにモンシロチョウではない、時折見える白い翅に黒い線。まさか!!!

 市民の森中を飛び回る白い蝶を追いかけ、とにかく写真をと強引にと撮った写真がこれ!
IMG_2196.jpg
 やっぱり、やっぱりスジグロシロチョウやんけ〜!!!

 市民の森広範囲を飛び回り、ムラサキシジミと出会った枝垂れ桜ベンチをクルクル廻る。腰をかけてた男性が、「はぁ〜何してんねん、このオッサン」と言わんばかりにワシを見る。視線を感じたワシは「おはようございます」と愛想笑いをし蝶を追いかかる。

 体操や太極拳をしている人の間を縫うように追いかけ緑のリズムへ。
 やっと留まったタンポポ、蝶も腹を空かせてたんやろ、懸命に吸蜜ですわ。切れる息をこらえて・・・パシャリ、パシャリ!
IMG_2299.jpg
 やっとまともな写真撮れましたわ。 その後は緑にリズム内でアブラナ科に留まっては、
IMG_2341.jpg
 飛翔し。
IMG_2351.jpg
 おっ、こっちに向かってきた!
IMG_2344.jpg
 ってな具合で小一時間遊んでもらいましたわ。

 えっ、なんでっか。「なんでそんなに長い説明してるねん、よっぽど何も居らんかったんか」ってでっか。 いやいや、このスジグロシロチョウ、大阪城公園初記録ですねん。

 数十年前までは大阪市内でも確認されてまんねんけど、今はではメッチャ稀少な種、大阪平野を取り巻く低山地帯では普通に居てるって事でっけど。
 7月が来れば蝶の記録をはじめ早10年、新たな出会いはまだまだありまっせ!

 はぁ〜、疲れた。緑のリズムから太陽広場東の森を抜け大阪城ホール前のローソンへ。冷えたビールが五臓六腑に染み渡る。
 ビールを飲み終え腰を上げれば、おっ、お前さんも居てくれたんか。
IMG_2362.jpg
 今期初のキマダラセセリ。余りにも奇麗やったんで、もう一枚。
IMG_2366.jpg

 静かな静かな大阪城公園であっちこっち走り回り、時折しゃがんでは突然走り出す、モニターを眺めながらひとりでニヤニヤ。傍から見たら「変なオッサン」

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・モンキチョウ・スジグロシロチョウ・ゴマダラチョウ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月05日

お散歩

 午前中は雨、昼には何とか止んだんでお散歩がてらちょいと様子見。ってな事で詳しい観察情報やおまへんで。

 午前中に九州、中国、四国、午後からは近畿、東海が梅雨入りしたようでんな、西日本一気に梅雨入り。いよいよ雨続きの時期が来ましたなぁ、ほんま。でもって梅雨によく似合うといえば、色とりどりの紫陽花。
IMG_1983.jpg
 種々の花が咲き始めたけど、何ですわ、いつも言うけど冬に刈りすぎ、迫力が今イチですわ、実際。

 もうひとつ梅雨に似合うといえば、カタツムリ。
 桜広場でワルナスビが咲き始めたなぁと、しゃがんで見てると葉の上に何やら貝のようなもの・・・取りあえず写真
IMG_2001.jpg
 角度を変えて。
IMG_1999.jpg
 調べてみれば、多分キセルガイって言うカタツムリやナメクジの仲間やと思いまんねん。この写真を見れば突き刺さってるみたいでっけど、その時は気付かず葉の裏を見るのを忘れましたわ、失敗。

 カタツムリの詳しいことは全く分かりまへんが、これがもしキセルガイの仲間やったら絶滅危惧種も少なくないってことですわ。梅雨の時期は野鳥も少ないんで真剣に探してみるのも面白いかも。

 でもって、カタツムリに詳しい方、これがキセルガイか、もしそうやったら正式な名前教えておくんなはれ、です。

 この撮影後体を起こせばルリシジミがシロツメグサで吸蜜。
IMG_2003.jpg
 昨日の観察場所から20メートル程、同一個体の可能性あり。

 とまぁ、こんな感じで目に留まった面白いもので楽しませてもらったんやけど、昨日から悩んでることがおまんねん。

 昨日人工川で出会ったアオサギの幼鳥、その嘴が・・・
 説明するのは難しいんでとにかく写真を見ておくんなはれ。
IMG_1861.jpg
 これどう思いまっか?

 なんか、嘴に分厚い殻がついてて、その先が欠けて中に成鳥色した嘴がおまっしゃろ。
 幼鳥の段階では嘴の上下とも濁ったグレー、徐々に下嘴が成鳥色になりその後、上嘴が成鳥色に。ってのが普通やと思いまんねんけど、この写真見たら殻に覆われた嘴が剥がれ落ち、中には新しい嘴が形成されてるって感じでっしゃろ。

 ずーっと前にカラスの骨化した死骸を見た事がありましてな、気になる嘴の色を観察しましてん。もちろん他の部位同様白色、ってことは嘴の骨の上に薄い皮膚のようなものか黒い膜状のものが嘴を覆ってるんやなって推測したことがおまんへんけど、このアオサギの場合上嘴がかなり分厚い殻のようなもで覆われてるように見えますもんな。どうなってるんやろ???

 珍しい事や楽しいこと、何かとおますなぁ、自然界は。
 
posted by ひでキング! at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月04日

虫の日でっせ

 今週は寒暖の差が激しかったなぁ、朝イチは寒い日が続き日中は痛い程の陽射し、紫外線対策はしっかりせんといけまへんでぇ。

 さて、今朝は寒くなくお陽さんもひと休み、でもって渡りもそろそろって感じでんな、って言うか、やっぱり平日かアカショウビン。しかしなぁ、こればっかりは仕方おまへんなぁ、実際。

 公園内のイベントも今日はなし、久々に静かな静かな大阪城公園。市民の森で響き渡るオオムシクイの囀りが名残惜しいわ、実際。

 城南地区ではこの時期貴重なハクセキレイ、チビさんの姿はなく成鳥1羽のみ。
 飛騨の森ではエナガとアオバト♂を大将が観察、アオバトは西へ西へ移動しそのまま西の丸庭園へ。

 北外堀では“キンちゃん”こと越夏キンクロハジロ。
 内堀東では“ホシゴイ”ことゴイサギ若鳥。
 南外堀ではササゴイのひと鳴き。
 人工池ではアオサギ幼鳥。

まずは今日の野鳥といきまっか!
アオサギ・ゴイサギ・ササゴイ・カワウ・キンクロハジロ・オオムシクイ・ツバメ・アオバト・キジバト・コゲラ・ハクセキレイ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 でもって蝶の話を。
 その前に、間に合ったぞ〜! カシワバアジサイ。
IMG_1856.jpg
 これよ、この状態を見たかったんですわ、ほんま。それだけのことでっけど。

 ほなっ、蝶の話をば・・・
 先週、思いの外少なかったモンシロチョウ、
IMG_1931.jpg
 ひと周りして46頭と増えたには違いおまへんが、どう考えたらええんか?

 この一週間の間にもっと多く居てて徐々に減っている段階なんか、ピークの始まりでこれからまだ増えるのか、それとも今季は少なく今がピークなんか???
 いずれにしても第2化真っ最中であることには違いおまへんが。

 ヤマトシジミも各所で観察出来計14頭と徐々に個体数が増えてきましたな。
 アオスジアゲハは第2化まであとひと月以上、出会ったのは4頭のみ。
 街中何処でも多く見られるアゲハ、大阪城公園では少なくもみじ園と豊国神社裏で2頭、共に夏型。

 市民の森ではツバメシジミ♀、
IMG_1944.jpg
 久し振りに開翅状態をしっかり見たけど、こんなに黒かったっけ、ってくらい真っ黒でんな、もみじ園では♂。

 東外堀沿いでイトトンボを散策中、目に飛び込んで来た鮮やかな瑠璃色、
IMG_1884.jpg
 よっ、待ってました、ムラサキシジミが翅を広げてるやまへんか!
 数回シャッターを切ってすぐに飛び去る、と思いきや今度は堀内の浮き草に留まるやおまへんか。
IMG_1898.jpg
 こんな拓けた場所で、ましてや水面でムラサキシジミを見るのは初めて。色んな事がおまんなぁ、実際。

 この後もみじ園でも瑠璃色の蝶がパッと飛び立ちもみじの枝へ。距離があって写真ボケボケ。2日にはこの個体が確認出来たすぐ上の音楽堂西通路で大将がムラサキシジミを観察、多分同一個体でっしゃろ。

 桜広場で目線の高さから上でヤマトシジミより大きなシジミチョウ、そろそろやなと思ってたルリシジミがシロツメグサに。シャッター1回押した瞬間に・・・。 一応それと分かるけど、かなりボケてるんで・・・

 ハルジオンが咲き乱れる桃園では久々のモンキチョウ。
 
 でもって楽しみにしてた京橋口近くのヒルザキツキミソウ。
IMG_1955.jpg
 一応咲いてはいまんねんけどメチャ少ない、とても群生と言える状況でなし。この横には新設された自動販売機。メッチャ違和感。

 とまぁ、こんな感じで野鳥が淋しくなった分、蝶はちょいと様変わりしてきたって感じでんな。

 で、今日意識しながら歩いて・・・やっぱり。
 人工川で16頭のモンシロチョウを観察後すぐ横の城南駐車場へ。周囲はガッツリ草刈り、そこには蝶はおろか蛾もハチもアブも甲虫類の姿もなし。
 今日意識したのは、草刈りが行われたエリアと植物が繁茂してるエリアでの蝶の個体数の違い。

 今日最も多い観察個体数やったモンシロチョウを例にあげれば。
 先週既に草刈りされてた空堀と大手門西、この一週間で草刈りされた梅林、城南駐車場周囲、教育塔裏、東外堀沿いでは全く確認出来ず。

 クレソンが繁茂する人工川で16頭、ハルジオンが繁茂してた桃園6頭、桜広場4頭。
 下の写真、桜広場南側道路を挟んで南にある石垣沿い6頭とハルジオンが繁茂してる場所で計16頭、
IMG_1957.jpg
 これだけで今日の観察個体数の約3分の2でっせ。

 もし、草刈り作業がはかどって全域一気にガッツリ刈られてたらモンシロチョウの個体数にも変化があったかも知れまへんな。

 とまぁ、こんな結果ですわ。
 今日は6月4日虫の日、蝶の話を中心にお送りしました。ってこの時期はいつもでっけど。

  
posted by ひでキング! at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月28日

諦めまへん

 ついに、ついにやって来ましたな、この日が。 今年の渡りは例年より早かったんで終わりも早いんかな、と思いきやでんがな、これが。

 朝イチ「太陽広場東の森でホトトギス鳴く」と元山さんからメール。その後も間髪入れずにオオムシクイ、アオバト、オオヨシキリ、サンコウチョウ。でもってまたオオムシクイ、サンコウチョウ、ホトトギス。ってな具合でひっきりなしにメールが届くやおまへんか! ついに、って感じでっせ、実際。

 ゴールデンウィークが明け三週間が過ぎ諦めてたけど、やって来ましたなぁ、この日が。

 ってな事で、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは蝶の話など。

 蝶も、ついに、ついにこの日が、ってな期待を胸に大阪城公園で唯一の栗の木をチェック。満開で状況はよし、
IMG_1815.jpg
 周辺では姿が確認されてるしと撮影しながら暫し粘るも・・・そんな簡単に見つかりまへんわな、アカシジミ。

 先週咲き始めた人工川のカシワバアジサイ、何とか八分咲き状態を楽しむことが出来ましたわ。
IMG_1777.jpg
 欲を言えば、満開でもうちょっと房が垂れ下がってるのを見たかったんやけど。

 その人工川では数頭のモンシロチョウ。今日出会ったモンシロチョウは14頭と先週の約半数、その殆どはこんな状態でお休み中。
IMG_1802.jpg
 活動個体は僅か数頭。

 城南駐車場で今が旬のマツバゼリを撮りながら、
IMG_1807.jpg
 マグロヒョウモンでも飛んでないかなぁ、と期待するも飛騨の森で1頭の情報のみ。

 元博物館裏でシロツメグサでお休み中のキチョウが1頭。 
IMG_1832.jpg

 野鳥も蝶も確認出来なんだ梅林では、アカバナユウゲショウだけが楽しませてくれましたわ。
IMG_1825.jpg

 来週はもう6月、野鳥の渡りは終焉を迎えるやろうけど、蝶はまだまだ期待出来まっせ。
 ピークを迎えるモンシロチョウ、タテハ科の蝶も第一化の時期、アサギマダラはちょいとキツいかな、でもって前述のアカシジミ、何が起こってもおかしくない大阪城公園、諦めまへんで〜!
posted by ひでキング! at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月22日

ええ仕事

 昨日に続いて快晴快晴、日向は暑いんで日陰を選んでサラッとひと周り。
 野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、追加はおまへん。

 という事で、まずは気になるモンシロチョウ。
 昨日から一気に増加したら同じタイミングで多数羽化し、変わりなければ順次羽化し徐々に個体数が増えるって話し。結果はいかに。

 各所で観察するも偏った観察場所はなく疎らで計27頭、昨日の21頭より6頭多い観察数。って事は20も30も一気に羽化するってことは無さそうでんな、ただ同じ場所で同じ♀がいっぱい産卵した場所があるのなら結果は違ったかも知れまへんが。

 その可能性のある場所は人工川でんな。クレソンがちらほら花を咲かせ今年も多く育ちそうな予感。
 その人工川では自身今季初認のゴマダラチョウ。記録としては3度目でっけどね。

 でもって、紫陽花遊歩道では待ちに待ったあの花が3年越しに咲きましたわ。
IMG_1632.jpg
 カシワバアジサイ。
 数年前、冬にガッツリ枝を伐られ昨年一昨年と花は咲かず、やっとこさ咲きましたわ。満開にはまだ早いけど来週まで待って終わってしもうたらいかんので後悔せんように、パシャリ!
IMG_1637.jpg

 それともうひとつの課題。ボケ植栽場のツマグロヒョウモン、残念ながら今日はここで確認出来ず。
 その代わりっちゃ〜怒られるけどショウジョウトンボ♀が暑さを避けるためお尻上げて休憩中。
 IMG_1758.jpg

 ツマグロヒョウモンの観察は継続してまた書きますわ。

 その他蝶は・・・
 アオスジアゲハ・ツマグロヒョウモン・テングチョウ・
 おっ、それとタイフェスタで買ったシンハービールとタイ風揚げ春巻きを太陽広場東の森で食事中、目の前をナガサキアゲハがスーッと飛翔。これまた自身今期初。ってなとこでっか。

 でもって、昨日から頭上でよく見掛けるコシアキトンボ。東外堀では羽化して間もない♂かな。 飛び回ったら撮れんので今のうちに・・・パシャリ!
IMG_1711.jpg

 野鳥は少なくとも色々楽しませてくれるなぁ、と音楽堂西通路を歩行中、なにやら宙に浮いた物体。近付けば奇麗なクモ。
IMG_1693.jpg
 調べれば、ギンメッキゴミグモという1p程の小さなクモ。これがあんた、宙を滑るように自宅建築中でんがな。右へ左へ、
IMG_1688.jpg
 また右へ。
IMG_1695.jpg
 下へ行ってはよじ登り、
IMG_1682.jpg
 なんとまぁ、見事な糸裁き、スパイダーマン顔負けでっせ、って当たり前か。
 巣を張って餌を待つクモって考えたら、自宅兼職場でんな。やっぱり職人はええ仕事しまんな、ほんま。

 そんじゃ、ワシもこの夏は色んな生き物を観察してええ仕事するとしまっか! 
posted by ひでキング! at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月21日

そろそろ夏モード

 カラッとええ天気はええけど、暑すぎでんなぁ、実際。スッポンポンで歩きたい気分でんな、実際。

 とうとう落ち着いてしまいましたなぁ、野鳥。まだ完全に渡りが終わったわけやおまへんが、今日はムシクイの声も聞こえず、もちろん「特許許可局」の声も。
 ただ、早朝太陽広場東の森でサンコウチョウの声情報。姿を見た人は居らんかったようでっけど。

 もうここまで来たら出会い頭待ちでんな。ホトトギスにカッコウ、アカショウビン。いずれが飛来しても平日やったらトホホのホですな、来るんやったら土日に来てね。

 南外堀観察中「チィー」、周囲を探せば石垣沿いを飛翔のカワセミが真下で留まったような。回り込んで探すも姿なし、通り過ぎたかなと思ったその瞬間、亀が水中に飛び込む「おっ、もしや・・・」やっぱりそうや〜!スッポン、スッポンポンでんがな〜!!!

 以前から存在は確認してましてんけどこんなに近くで見ることはない、この機を逃せば二度と訪れんかも。
 水中を泳ぐスッポンにピントを合わせ、パシャパシャパシャ、パシャパシャパシャ。
IMG_1515.jpg
 なんとか特徴の尖った口をと、頭を出した瞬間、パシャパシャパシャ、パシャパシャパシャ。
IMG_1520.jpg
 それともうひとつの特徴、甲羅の尾部が大きく広がってるのを、パシャパシャパシャ、パシャパシャパシャ。
IMG_1524.jpg
 ヨッシャ、何とか分かりまっしゃろ。って朝イチから何を連写してるんや、ワシは。

 同じく南外堀ではササゴイが水面を見つめる。
 人工池ではコサギがダンスをするように小魚探し。
 空堀上をアオサギが。
 でもって、ゴイサギを確認出来れば大阪城公園のサギ4兄弟やったんやけど・・・

 人工川紫陽花遊歩道では数輪開花の紫陽花、でもって今見頃の花は真っ白なサラサウツギ。
IMG_1528.jpg
 間もなく赤や青、紫の花に彩られまっしゃろ。

 桜広場ではアオバトが観察されてますわ。ところで大阪城公園で冬を過ごしたアオバトはどこまで行くんやろ。夏に周辺の山で見たってな話し余り聞かんけど?

んじゃ、今日の野鳥といきまっか!
サンコウチョウ・アオバト・ツバメ・イソヒヨドリ・コゲラ・カワラヒワ・メジロ・シジュウカラ・エナガ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・ササゴイ・コサギ・アオサギ・カワセミ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・

 さて、蝶でんな。
 サラッとひと周りして観察種に大きな変化はおまへん。
 
 アオスジアゲハ5頭、テングチョウ1頭、キチョウ1頭、でもって先週話題にした青屋門前ボケ植栽場のボロボロツマグロヒョウモン、今日は確認出来ず、入れ替わって元気な♂が睨みを利かせてましたわ。
IMG_1618.jpg
 あっ、そうや。この場所で一年通して何個体のツマグロヒョウモンが入れ替わるかってのを観察するのも面白いかも。
 年に何回世代交代するかってのが分かるし、一年通してツマグロヒョウモンが好む場所かってのも確認出来るし。

 でもって、今日のこの個体の特徴は。右の後翅の中央やや下の部分がコの字型に欠損してるってのが特徴やな。明日も確認しよっと。

 観察種には大きな変化はおまへんが個体数に大きな変化が。
 先週までは一桁観察やったモンシロチョウ、今日は各所で数頭ずつ観察し計21頭と一気に増加。これが一週間かけて徐々に増えたんか今日一気に羽化したんか分かりまへん、もし明日今日より格段多く確認出来たら羽化のタイミングに大きな誤差がないって事が分かりまんな。これまた面白いでんな。

 梅林空池ではドクダミがチラチホラリ、
IMG_1621.jpg
 天守閣裏スロープで、ふむっ、見掛けん花やな。
IMG_1627.jpg
 帰宅後調べ多分、ユリ科のアリウム。ただ品種が多いんで正確な名前は分かりまへん。

 ユリ科の花が咲き始め、ドクダミも開花、モンシロチョウはピークの兆し。
 野鳥も少なくなったしそろそろ夏モードに切り替えまっか。
posted by ひでキング! at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月15日

何も飛んでまへん

 朝から結構暑かったなぁ、今日は。5月は紫外線が一番強い時期、しっかりUV対策しなはれや。

 さて、昨日ガックリきたホトトギスでっけど、ハッキリ言うてあきまへん。
 今日も飛来の確認出来ず。って言うか、昨日同様西外堀で居てたツバメのチビさん、楽しみにしてましてんけど1羽も居らず。トホホ・・・

 ササッとひと周りするも聞こえるのはメジロとシジュウカラの囀りだけ。キジバトなんか飛ばんと地面で日乾ししてますがな、これが。
IMG_1509.jpg

 楽しませてくれたのは、
●トラツグミ:太陽広場東の森で。
●マミジロ:同じく太陽広場東の森で♂若鳥1羽。
●オオルリ:豊国神社東♀1羽。
●キビタキ:桜広場、豊国神社東で共に♂各1羽。
●ムシクイ:数羽の観察を聞くも囀りことなく識別不明とのこと。
 
 ってな面々でっかな。
 なんとかもう一踏ん張り、盛り上がって欲しいもんですな、実際。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
オオルリ・キビタキ・トラツグミ・マミジロ・ツバメ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・メジロ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・ゴイサギ・カルガモ・キンクロハジロ・

 さて、こちらも個体数は少なかったですわ、蝶。
 教育塔裏の小道で松葉に串刺しになった、と違ゃいまっせ、葉先に留まった奇麗なテングチョウ。
IMG_1464.jpg
 昨日生まれか、今日生まれか。

 においの森のイボタノキでは、クマンバチにハナアブ、アオスジアゲハにアゲハが吸蜜。
IMG_1485.jpg
 花自体はピークを過ぎたけどその方が蜜が甘いんやろうな。近付いても気にすることなく懸命に朝ご飯してましたで。

 梅林ではクロアゲハの飛翔を確認するも・・・

 ツマグロヒョウモンは昨日も居てたもみじ園で今日も♂1頭が飛び回る。先週は同所で♀も居てタンポポに吸蜜してたけど・・・草刈りされて咲いてる花は余りおまへんでしたわ。

 もみじ園以外でも豊国神社前のソテツ花壇、青屋門前のボケの植栽場でも♂。でもってボケの植栽場で居てた♂ってのがこれですわ。
IMG_1504.jpg
 この翅の欠損具合なんか見覚えおまへんか? 4月30日にボロボロの♂の写真載せましたやろ、この写真でっけど。
IMG_0754.jpg
 この♂、頑張って頑張ってまだ頑張ってるんと違ゃいまっか。「おいっ、♀は余り見掛けんけどちゃんと嫁さん見つけたんか?」

 しかし部分的には翅の鱗粉が殆ど落ちて向こうが透けて見えてまんがな。元気にスズメ追っかけてたけど、何だか痛々しかったなぁ、ほんま。

 青空はええけど、飛ぶ鳥の姿がないっていうのは淋しいもんでんなぁ。
 人工川ではシモツケが咲き始め陽射しは夏。あとはあの鳥が・・・
IMG_1466.jpg

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・クロアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・テングチョウ・ツマグロヒョウモン・
posted by ひでキング! at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月14日

何でも飛んでる

 いやぁ〜、残念。仕方おまへんな、こればっかりは。 自然相手の観察、誰にもどうすることおまへんもんなぁ、また明日に期待しまっか!
「ってなにと言うてるねん」ってでっか。 それは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き・・・ねぇ〜残念でっしゃろ。

 今日はちょいとコースを変えて音楽堂西通路は後回しにしたのが失策。いつもならワシが通る時間帯でオオヨシキリの囀りって話しでんがな、これが。

 でもね、昼に足を運んだとき元射撃場で「ギョシギョシ」が聞こえまたんや、梢にいたら全身見えるかと思いきや・・・哀しいかな、賑やかな囀りだけが響き渡りその姿を見ることは出来まへんでしたわ。っとこの時、玉造口方向でエナガの声、目をやると、わっ、危ない!
 15羽前後の群れが一直線に飛んできまんがな! 思わず身を屈めましたで実際。頭上の枝に一斉に留まり大騒ぎしながら移動していきましたわ。
 しかし偉い勢いでしたで、ほんま。ってのがワシからの追加。
 
 でもって、西外堀のツバメの一番子と思われる4羽がこれですわ!
IMG_1296.jpg
 親鳥が餌を運んできたら大賑やか、
IMG_1311.jpg
 お腹が一杯になったら、それぞれ距離をとり羽繕い、
IMG_1325.jpg
 でもってその辺りをクルッと廻って飛翔の練習。

 そりゃ〜夏鳥の姿も少ないはずですわ、同じ夏鳥のツバメの一番子が元気に飛び回ってますもんな。

 南外堀沿いでは既に一番子が観察されてシジュウカラのチビさん。
IMG_1348.jpg
 かなり大きくなったスズメのチビさん。
IMG_1359.jpg

 西の丸庭園入口ではカワラヒワのチビさんの話も。
 桜広場では雛が孵ったんかな、カラスのチビさんの声も聞こえてましたで。
 ほんまこの時期は色んなチビさんと出会えて楽しい季節でんな、みんな無事育ってくれることを祈りますわ。

 さて、蝶でっけど。
 今は端境期って感じでっかな。越冬から目覚めた成虫越冬種や第一化を迎えた蝶は次世代へ命を繋ぎ天寿を全うしたんやろうな、成虫の個体数自体は多くおまへんわ。

 モンシロチョウ、アオスジアゲハ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、全てを合わせても15頭が飛んでた程度。まっ、5月下旬から6月上旬には個体数も増えまっしゃろ。

 野鳥や蝶が少なくなった反面、増えてきたのがトンボですわ。
 個体数そのものはまだ多いとは言えまへんが、今季既に確認されてるアオモンイトトンボにシオカラトンボ、それに加えショウジョウトンボ♂を確認、梅林ではコシアキトンボも姿を見せましたで。
IMG_1395.jpg
 これから数週間は鳥見中頭上を飛び回ることが多いコシアキトンボ、必ずって言ってええ程目にすると思いますわ。意識してたらね。

 そうそう。今朝、音楽堂付近から桜広場方向へアカショウビンが飛んだとか、ツツドリの声がしたって聞いてまっけど視認、撮影者は一人もおらず、ガックリ。

 ツバメのチビさんにエナガ軍団、種々の蝶にコシアキトンボ、何でも飛びまっせ大阪城公園は! うわさ話も。 

posted by ひでキング! at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月08日

休む間がなかった連休

 いやぁ〜、人によっては10連休の長〜いゴールデンウィークも今日で終わりでんな。
 皆さんは長期遠征?それとも近場巡り?それともこだわりの一カ所観察?それぞれ楽しい思い出を作りはったと思いまっけど、今年の大阪城公園は大当たりでしたな、ほんま。数日は谷の日があったけど総体的には毎日に大賑わいって感じでしたもんな。前倒しの渡りで心配したけど、最終日の今日まで楽しませてくれましたわ。

 さて、まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはビッグな追加を。

《超人気組》
●サンコウチョウ:元山さんが書かれてる豊国神社付近の♂は後に桜広場へ、とは別に西の丸庭園迎賓館裏で♀。
●ヨタカ:西の丸庭園サンコウチョウ♀近くで飛び回り落ち着かん様子。

《手強い組》
なかなか姿を見せず少人数の観察に留まった
●マミジロ:天守閣裏♂1羽。
●マミチャジナイ:配水池東1羽。

《まだ頑張ってるか組》
●シメ:飛騨の森で観察情報。
●アオジ:梅林と豊国神社裏で。
●ツグミ:梅林で1羽。

《近くで繁殖?組》
●イソヒヨドリ:西外堀で♂が観察される。
 自宅(谷町3)近くで頻繁に囀りが聞こえるとカミさん談、近くで繁殖してる可能性あり。
●エナガ:近くで繁殖って言うか公園内で繁殖を終えチビさん連れて動き回ってるんやろうな。飛騨の森で10羽前後の群れが観察されてますわ。

《かも知れない組》
●オオムシクイ:飛騨の森で囀り情報、ただお一人さんの観察、複数人確認していれば。

《ウッソ〜、マジで!組》
●ハチクマ:10:10頃、修道館上を悠然と舞う1羽、渡りの時のように上昇し滑空するのではなく、オオタカやハイタカのようにクルクル旋回。1羽のカラスに追われ西へ飛翔。

 これってどうよっ! ゴールデンウィーク初日のマミジロ♂♀から始まりその後はヨタカ、サンコウチョウ、ジュウイチ。最終日にはムギマキにこれまたヨタカにサンコウチョウ。でもってサプライズゲストにハチクマでっせ!

 休む間もなく次々飛来、今年のゴールデンウィークはほんまゴールデンでしたな。

 さて、蝶でっけど・・・
 昨日は曇天と微熱で・・・って書いたけど、どうも様子が違いまんな。
 今日は熱もすっかり下がって朝から晴天、何かと出会えるかと思ったけど、
●アオスジアゲハ:元射撃場、もみじ園、豊国神社裏、飛騨の森で計4頭。
●モンシロチョウ:西の丸庭園と空堀で計2頭。
●キチョウ:飛騨の森で1頭。
●ヤマトシジミ:もみじ園で1頭。
●ツマグロヒョウモン:もみじ園で♂♀各1頭。
 このツマグロヒョウモン、♂はもみじ園中広範囲に飛び回り、♀はタンポポで吸蜜、一瞬♂が♀に近付き交尾かと思ったけど♂は直ぐさま飛翔、残念。
 この2頭が交尾したらすぐ上の音楽堂西通路斜面にスミレの群生があるのに・・・。

 さぁ〜、明日からは仕事でんな、なんか気が入りまへんがこのオオハナアブを見習って頑張らんといけまへんな。
IMG_1181.jpg
 こっち向いて「へっ、おおきに。またよろしゅうお願いしまっさ。」って手もみしてましゃろ。ええ仕事しまっせ!
posted by ひでキング! at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月07日

嬉しい記録

 数日前から喉はカサカサ、なんとなく熱っぽい、今朝体温を測れば平熱。朝は曇天なんでゆっくりして昼からにしようと思ったけど熱がないならサラッとひと周りするか。

 帰宅後、やっぱり調子が悪い。朝とは別の体温計で熱を測ったら37度、朝より楽やのになんで??? 良く見れば朝使った体温計、バッテリーにバツ印ついてるやんけ〜。 通りで熱っぽいはずですわ。 なもんで保冷剤頭に当てながらブログ中。

 先に書きまっけど曇天に微熱とあって気合いが入らず、蝶との出会いはアオスジアゲハ、モンシロチョウのみ。

 野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加はおまへん。

 今日は囀りも余り聞こえんし体調も今イチ、適当なところで帰るか。と思いきや、行ったら行ったらでええ事おまんな、ほんま。

 以前30年程前に大阪城公園の野鳥を観察してたという女性バーダーさんの話し覚えてる?実家は大阪、現在横浜在住で学生時代定点観察してたって人の話。
 3月6日の記事(合い言葉は・・・)に書いてまんねん。

 実はその時の記録が残ってるっていうことやったんで、良ければコピーを頂けまへんか、ってお願いてましてん。それが市民の森で出会った大将を通じて今日手元に届きましたがな、これが。女性バーダーさん、おおきに!手元におまっせ〜!

 枝垂れ桜のベンチに腰掛け「焼酎一杯グィ〜」を聞きながら(言うときまっけど呑んでまへんで)早速拝見。

 記録は1983年11月〜1984年12月の1年余り、詳細な記録にびくりぽん! 人様の記録なんで詳しい話は控えまっけど、年中カイツブリ、噂に聞いてた「ちょっと来い」のコジュケイ、「ピーチクパーチク」ヒバリの記録、等々。観察個体数から越冬種の飛来時期、渡りの時期など書き記されてますねん。大阪城公園定点観察者としてはこの上ない幸せな記録ですわ。
 大学生って言うたら二十歳前後、若い頃から野鳥に興味を持たれ記録にするなんて凄いでんな。

 1983年〜1984年って言うたら、1985年に我らが阪神タイガースが日本一になる前でっしゃろ、その頃はワシ日本一を願い懸命に甲子園で叫んでましたがな。真弓〜、バース、掛布〜、岡田〜ってな具合に。
 当時は今みたいに超満員になることは余りなく、仕事終えて車走らせ19時に到着してもライトスタンドのど真ん中で観戦出来た時代ですわ。

 時を同じくして、学生さんが当時は誰もしたことのなかった大阪城公園での野鳥の定点観察、昭和の大阪城公園の野鳥を知る人が少なくなる中、定点観察でっせ、最敬礼ですわ、実際。甲子園で大騒ぎしてたワシとは大違いでんな。

 で、前回出会ったとき連絡先のやり取りをしてなかったんで差し支えおまへんのやったら、こちらにメール頂けまっか(ワシのアドレスですねん)
→yamazaki@yahiro-net.com 
 貴重な記録を提供して頂き、ちゃんとお礼を申し上げたいと思いますんで、宜しくお願いします、です。

 さぁ〜、そうこうしてる間に何だか熱が下がってきた感じでんな、後はゆっくりしながら、じっくり読み直すとしまっか!
 晩酌の肴は「大阪城公園における鳥類個体群の周年変動」 
 
posted by ひでキング! at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月05日

比較

 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。
 
 観察開始早々、大手門西芝生エリアでハクセキレイ。
IMG_1029.jpg
 久し振りにじっくり見ると、何だかメッチャ凛々しい感じでんな。

 配水池東ではここ数日見掛けんかったんで、もう居らんやろと思ってたシロハラ。越冬中毎回当たり前のように居てたシロハラでっけど、たった1羽になると寂しいもんでんな。 っと、こんなところですわ。

 んじゃ、蝶の話を。
 例年より野鳥の飛来が早いのはこれまでの状況で皆さんお分かりやと思いまっけど、蝶はどんな具合かってのを過去の記録と簡単に比較してみまひょか。

 4月16日に初認、以後24日からは毎回10頭を超える観察が続くアオスジアゲハ、今日も各所で計16頭。
IMG_1078.jpg
 でも毎年10頭を超える時期ってこんなに長期的に続いたかなぁ、と過去の記録を調べれば・・・

 初認は例年通り4月中旬でゴールデンウィーク前までは一桁の観察、しかし今年は初認日の4月16日、17日を覗けば毎回10頭を超えてるもんな。やっぱ今年いつもと何かが違いまんなぁ。
 ちなみに例年はゴールデンウィーク明けに一気に個体数が減ってますねん、来週以降の個体数が気になるところでんなぁ、実際。

 モンシロチョウは5頭とほぼ例年並み、でもって5月20日過ぎには一気に個体数が増えるってのが過去のデータ。でも何でやろうか、4月17日に29頭ってのはどう考えてもわかりまへんな。

 ヤマトシジミもほぼ例年通り、でも1頭は寂しいな。
 キチョウはもみじ園と豊国神社裏で。
 モンキチョウは京橋口で1頭飛翔。ままっ本種は元より観察個体の多い種ではおまへんので。
 
 でもって最近観察頻度の高いクロアゲハ。昨日、一昨日と確認された配水池東をゆっくり注視して歩いていると・・・
 おっ〜、おっ〜、おっ〜出た〜!アサギマダラや!!!

 ワシの前をすり抜け今通ってきた元博物館裏へ。見失わんように目で追っかけ行方を確かめるもスクノキ周りをクルクル廻り・・・サ・ヨ・ウ・ナ・ラ・〜
 飛翔時の模様は♀でしたわ。

 まっ、アサギマダラはまだ期待出来まっしゃろ。

 各所で背を伸ばしはじめ、開花状態が分からんけど懸命に探してやっと見つけたウラジロチチコグサ?
IMG_1100.jpg
 この時期どこでも出会うクマンバチことクマバチ、
IMG_1085.jpg
 この名前って大きいからって事もあるんやろうけど、この姿勢も何だかクマに似てるような・・・

 こんな当たり前のように出会う野草や昆虫も丁寧に観察し毎年比較したら何か違いがあるんやろうなぁ。
 面白そうでんな、んじゃ、来年から。 ってのは冗談でっせ、これ以上観察対象を増やしたら頭がついていけませぇ〜ん。
posted by ひでキング! at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月04日

溢れる命

 新緑に包まれた天守閣、
IMG_0929.jpg
 そよ風というには幾分強い風が吹く教育塔裏、木々がざわめきはじめ長い尾の鳥影がもみじに。

 朝7時半、今日初めて出会った夏鳥がサンコウチョウでんがな!
 一旦目線の高さのもみじに留まるも直ぐさま長い尾をなびかせ樹冠部へ。一瞬やったけど双眼鏡でしっかり観れたんでそれで良し。

 ひと周り観察を終え1時前に様子を見に現場に足を向ければ、優に100人を超すカメラマン、朝の静けさは何処へ。

 昨日は鳥影どころか囀りさえも殆ど聞こえなかったと、日替わり定食もネタが尽きたかと思いきや、行く先々で夏鳥と出会いましたで。

●キビタキ:配水池東、音楽堂西通路、太陽広場東の森、飛騨の森、西の丸庭園で計9羽。うち♀は配水池東と西の丸庭園で。 
●オオルリ:サンコウチョウと同所で♂1羽のみ。
●センダイムシクイ:音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森、梅林、桜広場、飛騨の森で計8羽。
●エゾムシクイ:配水池東、音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森で計6羽。
●クロツグミ:市民の森で♀1羽。
●マミジロ:市民の森♀、西の丸庭園♂各1羽。
●ツバメ:沖縄復帰の森、飛騨の森、山里丸、空堀、人工川で計7羽。
 とまぁ、こんな感じ。

●アカハラ:天守閣裏4羽、西の丸庭園♂5羽。
●ツグミ:梅林1羽。
 シロハラは確認出来ず。とうとう全ての個体が旅立ったんやろうか。

●アオバト:天守閣裏で♀1羽。
●エナガ:豊国神社東で5〜6羽の団子が観察されますわ。
●オオタカ:市民の森で飛翔の観察情報。

●キンクロハジロ:南外堀♂♀各1羽、北外堀♀1羽。北外堀の個体は例年の越夏個体と思いまんねんけど、南外堀のペアはここで夏を越すつもり?
●カルガモ:南外堀で2羽。昼過ぎには人工川で水遊びをする子供の輪の中に2羽が飛来。

 アオジ、クロジ、イカル、シメとは出会いなく繁殖地へ向かったかも。

 でもって、サンコウチョウ現場近くで今期初のシジュウカラの一番子、
IMG_0893.jpg
 チビさん4羽が親鳥の給餌待ち、そこへ次から次へと餌を運ぶ親鳥2羽。大変な食欲やろうし、もう暫くは忙しいぞ。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
サンコウチョウ・キビタキ・オオルリ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・クロツグミ・マミジロ・オオタカ・ツグミ・ツバメ・アオバト・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・アオバト・キジバト・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・

 では、蝶の話でも。
 第一化のピークは過ぎたものの各所で出会い12頭のアオスジアゲハ。
 市民の森ではモンシロチョウが愛を育む。
IMG_0938.jpg
 後ひと月もすれば本種のピーク、今季はどれだけ観察出来るか楽しみですわ。

 モンシロチョウと同所でハルジオンに吸蜜のイチモンジセセリ。
IMG_0962.jpg
 今日で今季3度目の観察。例年よりペースが速いんでこれまた今後の観察が楽しみでんな。

 知人の女性バーダーさんに「昨日配水池東でツツジに留まった黒いアゲハが居てました」とモニターを見せて頂く、確認すればクロアゲハ。今日も同所で飛翔を確認するも留まることなく・・・撮影の機会はツツジが萎れるまで、チャンスは訪れるやろうか?

 同所では飛翔のアゲハ、梅林ではテングチョウ。
 西の丸庭園入口では左の後翅の大半が欠損したベニシジミ、通りで飛び方がおかしいはず。

 修道館西でシロツメグサに留まるツバメシジミ♀、
IMG_1002.jpg
 このシチュエーションなら産卵か、と思いきや、この体勢のまま動かず。暫くして飛んで行きましたわ。心身共に疲れた様子やったけど大丈夫かな?

 既に確認されてるスズメの一番子たちはいたるところで。
IMG_0924.jpg
 梅林では地面に降りて羽根をプルプルさせてるチビさんも居てたな。

 シジュウカラのチビさんも姿を現し、久々にエナガ団子も観察され、モンシロチョウは世代交代の準備。
 5月の大阪城公園は命が溢れかえってますわ!

posted by ひでキング! at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月01日

満員御礼!

 さぁ〜今年も3分の1が終わり今日から5月、前倒しで心配されたゴールデンウィークもここまでは順調、でもって今日は・・・

 腰抜かしたらアキマヘンでぇ。
 ヨタカ、ジュウイチ、サンコウチョウ! どやっ!しかもジュウイチは3羽でっせ!

 市民の森で2羽のジュウイチ、その20メートル横でサンコウチョウ、ただ2種とも超手強い。場所を教えてもらって揺れる葉の間からやっと姿が見合え隠れする程度。

 でもって、早朝の飛騨の森でジュウイチが確認され、それを探し歩いてたカメラマンがヨタカを発見。ヨタカは6:58分まで居てたがカラスに追われ行方不明。6:59にひと足違いで駆け付けたカメラマンは自宅でのモーニングコーヒーを悔やんでましたわ。

 それ以外の野鳥も各所で出会い「何これは!」状態。
●コルリ:西の丸庭園♂。
●キビタキ:沖縄復帰の森、市民の森、太陽広場東の森、梅林、飛騨の森、豊国神社裏、配水池東、西の丸庭園で計14羽。♀は西の丸庭園、沖縄復帰の森、太陽広場東の森、豊国神社裏。
●オオルリ:市民の森♂1羽♀2羽。太陽広場東の森♂1羽、飛騨の森♀1羽、梅林♀1羽、配水池東♀1羽、西の丸庭園♀1羽。♂より♀が多くなってきましたな。
●センダイムシクイ:沖縄復帰の森3羽、市民の森3羽、太陽広場東の森1羽、梅林1羽、配水池東1羽、西の丸庭園1羽。
●エゾムシクイ:沖縄復帰の森2羽、市民の森2羽、飛騨の森2羽、配水池東1羽、西の丸庭園3羽。
●コサメビタキ:太陽広場東の森、飛騨の森。

 沖縄復帰の森で。ぐぜりっぽく「ギギギ、ギョギョギョ、ギョシギョシギョシ」
 探しに探して真下から樹冠部に留まるオオヨシキリ。同じ樹冠に留まるならお隣の元射撃場に留まって〜な・・・

●マミジロ:早朝の緑のリズムで♂1羽。
●クロツグミ:マミジロ同様緑のリズムで♂1羽、西の丸庭園♀1羽。
●アカハラ:梅林、飛騨の森、元博物館裏、西の丸庭園で計11羽。
●シロハラ:音楽堂西通路、西の丸庭園で計2羽。
 ツグミの姿は確認出来ず。全ての個体が旅立ったか。

●エナガ:元射撃場2羽、飛騨の森でチビさん軍団の声に囲まれ正確な数は分かりまへんが3羽は確認出来ましたわ。
●シメ:飛騨の森で声を聞いたと報告を受ける。
●イカル:上記同様飛騨の森で声。
●アオジ:梅林、豊国神社裏、配水池東で。
●カワラヒワ;各所で数羽程度の観察。

●オオタカ:配水池東で飛翔の情報。
●ツバメ:今日は少なく空堀で2羽。

●カルガモ:西外堀、北外堀。
●キンクロハジロ:南外堀雌雄各1羽と北外堀♀1羽。
 でもって、北外堀では冬期中最多4羽を確認出来た椎の木でゴイサギ1羽がまったり。
IMG_0866.jpg
 天気もええし気持ち良かったんかな、眼を細めまどろんでましたで。

 いやいや、今季の渡りは留まることおまへんなぁ。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
ヨタカ・ジュウイチ・サンコウチョウ・コルリ・キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・オオヨシキリ・クロツグミ・マミジロ・アカハラ・シロハラ・オオタカ・ツバメ・シメ・イカル・アオジ・カワラヒワ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・
カワウ・カルガモ・キンクロハジロ・ゴイサギ・ハクセキレイ・

 さて、野鳥同様順調な蝶は。
 各所で舞うアオスジアゲハは計15頭。
 モンシロチョウは少なく6頭のみ。
 キチョウは豊国神社裏
 ヤマトシジミ:ちらりほらり目立ち始め計7頭。
 早朝の人工池で朝ご飯。
IMG_0834.jpg
 舌なめずりならぬ、ストローなめずり。

 昨日初撮りのニワゼキショウ、一気に咲き始めたん?あちらこちらで目に付きましたわ。去年まで気が付かなんだもみじ園では群生も。
IMG_0854.jpg
 撮影後振り返れば今季2度目のイチモンジセセリ。
IMG_0852.jpg

 梅林では目の前とスーッと横切るツマグロヒョウモン♀。
 アゲハは市民の森、北外堀沿い、豊国神社裏、西の丸庭園。

 でもって、西の丸庭園入口でええ感じに咲いてたトベラの写真を撮って、
IMG_0867.jpg
 園内へレッツ・ゴー!

 迎賓館裏で漆黒の蝶が目の前を行き過ぎる、と思いきや引き返してきまんがな。
 ツツジ周りを舞うクロアゲハ。暫く観てると、おっ、もう1頭現れましたがな! 
 つかず離れず一定の距離を置き、見えない赤い糸で結ばれたようにクルクル回り始める2頭、えっ、何でっか?「何で見えへんのに赤い糸って色が分かるん?」ってでっか。 あっ、ほんまや。目に見えない絆でんな。

 蝶の観察を始め間もなく10年、2頭同時にクロアゲハを見たんは初めて、ここ以外にも桜広場でも飛翔の1頭。

 東外堀沿いではアオモンイトトンボも♀も姿を見せ始めましたな。
IMG_0848.jpg
 今日のアオモンイトトンボは♂5匹に♀2匹。

 ゴールデンウィーク前半は言うことの無し、満員御礼!ってな感じでんな。

posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月30日

何から何まで

 昨日とは打って変わって暖かく気持ちのええ天気、水鳥が去った外堀同様静かな朝ですわ。
IMG_0711.jpg
「って、静かな朝はイカンやろ!」 ままっ、そう慌てなはんな、まずはそろそろ咲いてもええやろと心待ちにしてたアカバナユウゲショウの写真でも見もろぅてやね、
IMG_0723.jpg

 今日の賑わいを一気に書きまっせ!
●キビタキ:教育塔裏、音楽堂西通路、市民の森、緑のリズム、梅林、豊国神社裏で計10羽全て♂。多分これの2倍?3倍?は居てるんと違ゃうやろうか。
●オオルリ:キビタキよりかなり少なく市民の森♂♀、太陽広場東の森♀、飛騨の森♂。
●コサメビタキ:梅林で1羽。
 この春やっとコサメビタキに出会いましたわ。

●エゾムシクイ:豊国神社裏、市民の森、飛騨の森、配水池東で計6羽。
●センダイムシクイ:沖縄復帰の森、太陽広場東の森、梅林で計4羽。
 センダイムシクイ結構粘ってまんな、そろそろメボソムシクイが来てもええ時期、3ムシクイ揃い踏みで囀り聞けるかも。

●マミジロ:配水池東で♂。
●アカハラ:梅林で5羽、元射撃場で1羽。
●シロハラ:そろそろ終認を迎えそうな4羽のみ。
●ツグミ:シロハラより終認が早いかも、たったの1羽。

●コルリ:弓道場トイレ前、配水池東、天守閣裏、全て♂。
●ノゴマ:弓道場前のコルリの近くで♀。

●クロジ:太陽広場東の森で♀、市民の森で♂。
●アオジ:教育塔裏で2羽。
●シメ:梅林で2羽。見ての通り嘴はすっかりな鉛色。
IMG_0793.jpg

●オオタカ:沖縄復帰の森で飛翔の1羽が観察される。
●ツバメ:大手門前、空堀、沖縄復帰の森など計6羽。

●キンクロハジロ:南外堀1羽、北外堀昨年の越夏♀1羽。
●カルガモ:西外堀2羽。
●ゴイサギ:久々に確認。西外堀京橋口から西へ飛翔の1羽。
●アオサギ:早朝人工池で。
●ハクセキレイ:市民の森で2羽。

 でもって帰り際に出会ったU夫妻から「レンジャクが5羽飛んでたと大将から聞いたよ」と。赤か黄かは分かりまへんが。

ほなっ、今日の野鳥達といきまっか!
キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・コルリ・ノゴマ(♀)・マミジロ・クロツグミ・アカハラ・シロハラ・ツグミ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・ツバメ・オオタカ・コゲラ・クロジ・アオジ・シメ・カワラヒワ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カルガモ・キンクロハジロ・ゴイサギ・アオサギ・ハクセキレイ・

 さ〜てと、ほなっ蝶といきまっか!
 昨日は気温が低かったこともあり殆ど出会えんかったけど、今日は気温の上昇と共にヒラヒラパタパタ。一昨日はアサギマダラも確認されてるんで気合い入れて行きまっせ〜!

 何もかも前倒しになってる今季大阪城公園、越冬個体やろうか、今年生まれの個体やろうか? 音楽堂西通路、太陽広場東の森、東外堀沿いでテングチョウ。
IMG_0739.jpg
 これだけ気温が上がってるのに今イチ元気がなく、開翅しても表面は擦れた感じやし・・・。
 本来なら第一化は5月中旬、なんかちゅう〜と半端な感じでっしゃろ。

 アオスジアゲハは第一化から継続的に多数観察、各所計11頭。
 モンシロチョウは4頭。
 キチョウは梅林で2頭。
 ヤマトシジミは沖縄復帰の森、梅林で計3頭。
 アゲハは豊国神社東、修道館西で各1頭。
 でもって、今季出会いの頻度が非常に高いクロアゲハ、豊国神社東で中速飛行。でもって留まることなく・・・。ツツジが咲いてるうちに何とか写真撮りたいんやけど・・・。

 例年よりひと月程早く初認を迎えたツマグロヒョウモン。
 早く産まれた早ええけど繁殖相手居てたんかなぁ、子孫を残すことなくそのままってな事ならんかったらええんやけど。
IMG_0754.jpg 
 ボロボロでっしゃろ。

 そんでもって、毎回何かと早咲の花と出会う今日この頃、今日はニワゼキショウが数輪満開。
IMG_0824.jpg
 これって絶対早いよな。ゴールデンウィーク明けて野鳥が落ち着いてからやもんな、毎年。

 それとでんな、4月17日市民の森と緑のリズム間の大ツツジで2匹のトンボの飛翔を確認してますねん(断定は出来んけど色形、時期からいってショウジョウトンボ♀かな?)。
 2011年からの記録で過去最速は2013年4月28日のクロスジギンヤンマ。トンボの初認までいつもより早かったんですわ。

 でもって、市民の森で出会った大将が4月24日に撮ったとホソミオツネントンボのモニターを見せてもらう。このトンボは成長越冬種、ヤゴでなくトンボの形で越冬しまんねん。もちろん大阪城公園初記録のトンボ、この春は楽しいこといっぱい!

 今日は青屋門前ボケの植栽場で今期初のアオモンイトトンボを確認。
IMG_0758.jpg
 本種は過去最速が2012年の5月9日、これまた10日早い初認でんがな、実際。

 前倒しの渡りといい、種々の蝶の最速記録、花々の早咲き、何から何まで早いのはちょいと気になりまっせ、マジで。
posted by ひでキング! at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月29日

突入!

 いよいよ突入しましたな、ゴールデンウィーク。皆さんの連休はゴールデンでっか、それと何日か仕事があるんでシルバーでっか、それとも連休関係なしで仕事のブロンズでっか。

 しかし寒かったなぁ、今日は。昼前にお陽さんが顔を出すまで寒いのなんのって、マジで冷たかったなぁ、ほんま。でもって、懐も寒いし・・・
 ワシは日程的にはゴールデンでっけど懐具合はブロンズですわ、はっはっは〜、如何に金を使わず連休を過ごそうか。

 さてまずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからちょいと追加を。

●配水池東で数人のカメラマン、斜面にコルリ♂、その上にはオオルリ♂とキビタキ♂♀。一カ所で3種の人気者。
●アオジ:もみじ園、梅林、豊国神社裏で。
●イソヒヨドリ:元博物館裏の石垣で観察情報。
 ってなとこでっかいな。
 
 でもって、先週団子になってたエナガのチビさん達。今日は元射撃場で成鳥2羽、チビさん4羽までは確認出来ましたわ。それぞれがバラバラで枝を突いてみたり親鳥の給餌を受けてみたり、律儀に「おはよ〜ごじゃいましゅぅ」と挨拶をしにワシの前に現れたり。
IMG_0657.jpg
「よっ、おはようさん、元気に飯食ってるか。お前が大きくなれるのも父ちゃん、母ちゃんが頑張ってるからやぞ」。このチビさんの奥では餌探しの親鳥。
IMG_0651.jpg
 忙しのぅ飛び回ってましたわ。

 おっ、チビさんで思い出しましたわ。
 観察終盤に合流したカミさんが、教育塔付近でスズメの一番子と出会い写真が撮れたと大喜び。毎年気にはしてまんねんけど、ゴールデンウィーク初日に一番子は初めて、スズメの巣立ちまで前倒しか今年は。

 さて、蝶でっけど。
 これまで順調に確認出来てたって言うか、初認が早かった蝶、今日のこの寒さではさすがに活動個体は少ないな。観察出来たんはアオスジアゲハ3頭にヤマトシジミ1頭。

 このアオスジアゲハ、16日の初認の個体やろうか。同じ青屋門前ボケの採植場で居てましたんやけど。
IMG_0697.jpg
 人工川紫陽花遊歩道では先週の真っ赤な花に続いて、ピンクのタニウツギが目立ち始めましたな。
IMG_0630.jpg
 一輪だけでっけどバイカウツギも咲いてましたで。いつも書きまっけど今年は何かも早いなぁ、ほんま。

 野鳥はいうまでもなく、花はいつも紹介してまっしゃろ、蝶ではツマグロヒョウモンにイチモンジセセリが既に観察されてるし。両種ともゴールデンウィーク前に初認を向かえるのは初めて、でもって昨日大将から市民の森で撮影とアサギマダラの写真が送られてきましてん。

 過去春に観察出来た年は早くてもゴールデンウィーク明けてから、それが既に飛来でっせ、ほんま今年はどうなってるんだか・・・

 さぁ〜、大型連休半ばに天気が愚図つくようでっけど総体的には天気良さそうでんな、ガッツリ楽しむとしまっか! 
posted by ひでキング! at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月24日

神話崩壊?

 「酔〜たか、呑み直しは効きまっせ」観察終盤大将から電話。 何!今日はまだ呑んでないし観察中や! と思いきや良く聞けば「ヨタカ、の話聞きました?」と、報告の電話。 こりゃ失礼(謝)、ありがとうさんです。

 この電話があったのが12:05、西の丸庭園中程にいたワシが現場の桜広場に到着したのが12:30頃、その間に大阪城公園中のバーダー、カメラマンが集結。100人は優に超し次から次へ入れ替わる、一体何人来てたんやろ。 さすがヨタカは人気者でんなぁ。

 さて、最近ウワサになってる、元山さんのブログタイトルで「爆発」「乱舞」を使うと翌日は谷の日ってな話、昨日今日で神話崩壊って感じでんな。

●コルリ:早朝音楽堂西通路で良く囀っていたと。ただ場所が場所、暗い斜面で見るのがやっと。後の話では3羽居るとのこと。
●コマドリ:早朝元博物館裏で♀の撮影者ありと聞く。
●ヤブサメ:配水池東、太陽広場東の森、西の丸庭園。
●キビタキ:一昨日より減ったものの、配水池東、市民の森、豊国神社裏、ヘリポート、梅林南端雑木林、配水池東、西の丸庭園で計10羽。ワシの知る限り全て♂。
●オオルリ:音楽堂西通路♂、市民の森♂♀計3羽。
●センダイムシクイ:豊国神社裏、音楽堂西通路、市民の森。

 でもって、タニウツギ(園芸品種)が咲き始めた教育塔裏で
IMG_0542.jpg
 エゾムシクイ。他では元射撃場、市民の森、梅林で「ヒーツーキー」。この響きが好きでんねんワシ。新緑に囲まれこの声を聞いてるだけで何も要りまへんわ。

●金曜日群れが飛来したと思われるアカハラ:梅林2羽、西の丸庭園4羽、天守閣裏1羽で計7羽。越冬してた元射撃場では見掛けず。
●クロツグミ:西の丸庭園♂2羽、市民の森♂2羽。
●シロハラ:各所で観察計12羽。
●ツグミ:もみじ園と梅林でたったの3羽に。
●ビンズイ:市民の森で早朝観察情報。

 でもって昨日大人気やったエナガ団子。今日ワシが出会った5羽は全て成鳥。南外堀東沿いで出会った3羽、1羽は南外堀を越え一番櫓付近へ、2羽は沖縄復帰の森方向へ。

●オオタカ:西の丸庭園迎賓館裏。クロツグミと共に観察との事。
●アオバト:沖縄復帰の森で早朝♂3羽♀1羽の観察情報。
●シメ:もみじ園、市民の森、梅林で計4羽。
●アオジ:人工川、梅林、極楽橋天端で計3羽。
●アトリ:市民の森で地上採餌の1羽。
●カワラヒワ:音楽堂西通路、市民の森、梅林、極楽橋天端、空堀で計5羽。

 ひゃ〜、なかなかのモンでっしゃろ。昨日は真っ赤なツツジを載せたんで、今日は飛騨の森で真っ白に輝くツツジの写真を見ておくんなはれ。
IMG_0609.jpg
 木洩れ日に輝く真っ白なツツジ、上に乗っかり昼寝したい気分でしたで、実際。

 でもって堀に浮かぶ水鳥は、
●南外堀で潜水を繰り返すキンクロハジロ9羽。
●西外堀大手門からバン1羽を確認し真下を覗き込めばもう1羽。おっ、まだ2羽居てたんや!この話が観察開始早々の7:15。
 観察半ばに西外堀北側を京橋口から覗けば、げっ、こっちにも1羽。やけども、これまでの行動範囲や観察個体数から朝の2羽のうち1羽が泳いできたと思いますわ。

ほなっ、取りあえず今日の野鳥といきまっか!
ヨタカ・オオタカ・キビタキ・オオルリ・コルリ・コマドリ(♀)・ビンズイ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・クロツグミ・アカハラ・シロハラ・ツグミ・ウグイス・シメ・アトリ・アオジ・カワラヒワ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・アオバト・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・バン・キンクロハジロ・ハクセキレイ・ツバメ・コゲラ・ヤブサメ・

 で、蝶でっけど。
●第一化を迎えたアオスジアゲハ、順調に出会い各所計14頭。
 でもって、極楽橋トイレ前のニセアカシアはほぼ満開状態、甘い香りを周囲に漂わせクマンバチやアオスジアゲハを呼び寄せる。
IMG_0594.jpg
 舞台は整いましたな、あの鳥の飛来は近いかも???

●モンシロチョウ:産卵や交尾といった繁殖行動は見られんけど広域で疎らに計11頭。
●ヤマトシジミは出会いが悪く、極楽橋トイレ前で2頭のみ。
●昨日の個体でっしゃろうな、ベニシジミ。
IMG_0553.jpg
 昨日の花の3ッツ横の花で日向ぼっこ。

●配水池東と豊国神社裏でお決まりのキチョウ。
●クロツグミを求め入園した西の丸庭園、アゲハ1頭にクロツグミ待ちの間に優雅に舞うクロアゲハ。結局クロツグミは見れんかったけどクロ繋がりで良しとしまっか!
 
 でもって、撮っておきたかった西の丸庭園のコデマリ、
IMG_0615.jpg
 これで目的達成!今日はこれで充分ですわ。
 と、この時携帯電話が鳴る。「酔〜たか、呑み直しは効きまっせ」。

 
posted by ひでキング! at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月23日

言うことなし?

 とうとう巣立ちましたな、エナガ。ワシが市民の森に到着したときエナガ団子を求め数十人のカメラマン、遠目に見てたらカメラマン団子状態でしたで、実際。

 まずは連日乱舞のお話し「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。ワシからの追加は。

 11:46、Mさんご夫婦?から電話で「西外堀でオオヨシキリの囀り」と。詳しい場所を聞けば、ピークを迎えたなと、このシロバナマンテマを撮影した
IMG_0516.jpg
 西外堀北側沿いやおまへんか。ほんの20分程前どの角度で写真撮ろうかなぁ、って悩みに悩んでた場所でんがな。この時既に頭上に居てたんやろうか。あと20分、あと20分撮影に時間かけたら聞けたのに〜〜〜〜。って花の写真に20分かけまへんわな、普通は。

 ひと周りし、豊国神社と修道館の間で飯食おっと石段に腰をおろした瞬間、大きな茶色い物体が目の前を飛び去るやおまへんか! おっ、オオタカじゃん!
 頭上を通過し南外堀沿いに二番櫓方向へ。でもって、もちろんオオタカに乾杯!

 教育塔裏、豊国神社裏、桜広場でアオジ。
 とまぁ、こんな感じでんな。

 ほんならワシは野鳥以外の話しでも。
 先週から咲き始めた南外堀沿い、東外堀沿いのノダフジ、あえて写真撮ってまへんけどええ感じで咲いてますわ。でもって何で写真撮ってないかというとでんな。

 フジってさ、長〜い房が垂れ下がるのが特徴の植物と違ゃいますのん?それが冬の間にバッサリ伐られてますねん。迫力も何もあったもんやおまへんで、実際。
 そのうえ、東外堀沿いのノダフジは標本木でっせ、桜や梅の標本木はバッサリ伐らんやろ、何を考えてるんだか!

 と、カリカリしながら城南地区を歩く。種々咲き始めたツツジの中で最も目に付くのがキリシマツツジ。
IMG_0490.jpg
 赤がキツすぎるっていうか、なかなか上手く撮れまへんなぁ、この花は。

 先週、城南地区をはじめ各所で観察出来たモンシロチョウ、今日は疎らで11頭。繁殖相手を求め公園外に飛散したか。

 先週7頭やったアオスジアゲハ、今日は各所で観察計12頭。

 市民の森、緑のリズム間の大ツツジ植え込みで咲き始めたハハコグサ、何やら小さな虫が留まってたんでこの花にき〜めた!
IMG_0506.jpg
 このサイズの虫にしてはまったりした動き方、見たところカメムシの仲間???

 その横ではタチイヌノフグリもええ感じで咲き始め、
IMG_0504.jpg

 そのまた横で、ここでよく見掛けるツチバチかと思いきや体色が違う。でも穴に潜っていく・・・???
IMG_0496.jpg
 腹部がかなり膨れてるように見えるんでひょっとして女王蜂?

 青屋門前花壇でそろそろベニシジミが出てきても、と思ったその瞬間、
IMG_0514.jpg
 マジで現れましたがな、ビックリぽん! 
 奇麗な個体なんで最近産まれ?東外堀をひとっ飛びすれば梅林。
 先週まではベニシジミの食餌食草のスイバが梅林にたくさん生えてましたんやけど、今日の梅林はスッキリぽん! ガッツリ草刈りされてますわ。 
「おい、お前さん、緑のリズムに行ったらアレチギシギシが生えてるから頑張って行っといで、でもってええ嫁さん探しや」

 梅林ではキチョウ、豊国神社裏でアゲハ。
 桜広場でひらひら舞いエノキの枝先に留まるテングチョウ。
 桃園でツマグロヒョウモン♀。
 オオタカで乾杯した豊国神社裏石段でクロアゲハ。もう一回乾杯!

 次々飛来する野鳥、観察毎に今季初認の蝶、種々の花が咲き始め新緑が目に浸みる大阪城公園。な〜んも言うことおまへんな、草刈り以外!
posted by ひでキング! at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月17日

前倒し

 朝は雨の予報、今日はゆっくり寝て買い物、用事を片付けよう。って決めてたのに・・・

 朝飯食ってパソコンを開く、モニターと睨めっこしながら時折表の様子を。ふむ、思ったより雨降ってないな、って言うか殆ど止んでる? キーボードを叩きながら、表を見る。何だか晴れてきたなぁ・・・。 昼飯食ってレッツ・ゴー!

 じっくり観察ってわけでおまへんが少々気になる越冬種の終認と蝶の出現数。
 足早で歩きひと周り、バーダーの数も昨日の10分の1? 20分の1? ってな感じメッチャ少ない。目に留まった程度の観察やけど出会った夏鳥をば。

●キビタキ:教育塔裏、沖縄復帰の森、配水池東で3羽、全て♂。
●オオルリ:沖縄復帰の森♂1羽。
●センダイムシクイ:市民の森、飛騨の森で囀り。
●ツバメ:内堀極楽橋を横切る。
 これだけですわ。じっくり探したらもっと居てたかも知れまへんが。

 大阪城公園における冬鳥
●シロハラ:各所計15羽。
●亜種ツグミ:城南地区、飛騨の森、配水池東で各1羽。
●シメ:飛騨の森、梅林で声を確認。
●イカル:飛騨の森1羽。
●アオジ:配水池東、元射撃場で計2羽。両方♂。
 てな感じで少ない観察。

 堀のカモたち
●バン:昨日2羽確認出来たが今日は1羽のみ。西外堀。
●キンクロハジロ:北外堀、南外堀で計7羽。
●ヒドリガモ:南外堀2羽。
●ホシハジロ:西外堀1羽。
●マガモ:人工池で♂1羽♀1羽。
●カワウ:西外堀、南外堀、北外堀出来5羽。
●カルガモ:西外堀1羽、北外堀2羽。
 冬の間最多個体数記録で楽しませてくれたオオバン、とうとう確認出来ず。

 留鳥組
●エナガ:教育塔付近、音楽堂西通路、飛騨の森で計6羽。
●シジュウカラ:各所で。
●メジロ:沖縄復帰の森で囀り。
●コゲラ:飛騨の森。
●カワラヒワ:人工川と音楽堂西通路で。
●ハクセキレイ:北外堀で1羽のみ。
●キジバト:何でやろ、メッチャ多かったで。各所で計101羽。市民の森林床ではではシロハラに取って代わったように多く20羽前後を数カ所で。
●ムクドリ:各所計28羽。
●ハシボソガラス:城南地区、元博物館裏。
●スズメ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、言わずもがなぁ〜。

 でもって、イソヒヨドリ。朝9時頃自宅近くで囀りが聞こえましてん。その個体かどうかは分かりまへんが、西外堀多聞櫓下で♂1羽。

 過去には周辺で繁殖と思われる行動。大阪城公園内で採餌し頻繁に運んだ経緯もありまんねん。主に見られる時期は秋から春、でも近くで繁殖してて夏でも飛来してることもあるもんなぁ、実際。 これってやっぱ留鳥???
 
 今日ワシが出会った野鳥はこんなもんですわ。

 でもって、長きにわたり楽しませてくれたアカハラ、亜種ハチジョウツグミ、キマユムシクイとの出会いはなし。

 さて蝶でんな。
 昨日までは早朝気温がグッと下がり、活動個体との出会いは少なかったけど今日は昼からの観察、湿度も高く生暖かい風、一気に増えましたで。

 まずは各所で観察出来たモンシロチョウ。
 城南地区で観察が最も多く計29頭。4月としては多い個体数でんな。ピークを過ぎたシロバナの馬酔木で吸蜜の写真をば。
IMG_0384.jpg
 でもってこの直後、頭上で2頭のアオスジアゲハが絡み合う。世に言う求愛行動ってやつでんな。
IMG_0389.jpg
 クスノキはわんさかあるんで一杯卵産んでや。この2頭を含め計7頭。

 沖縄復帰の森でヒオドシチョウを撮影中、
IMG_0426.jpg
 近くに黒いアゲハが飛んでましたよとK川さん。一応撮影したがとモニターを見せて頂くも闇夜にカラス状態、暗い木の陰に入った瞬間シャッターを切ったようですわ。拡大しやっぱり写って・・・と思いきや、クロアゲハの短い尾状突起だけが写ってまんがな。よっしゃ、確認!
 クロアゲハはツツジによく訪花するんで暫くチャンスがおまっせ、と伝え分かれる。

 その数分後、音楽堂西通路に咲くツツジにクロアゲハが居てるやおまへんか!慌てても無駄、飛び回り写真は・・・
 その時、K川さんが現れ、スマホで撮ったと手に乗ったヒオドシチョウのモニターを見せて頂く。わ〜羨まし〜。

 もみじ園では足下からパッと飛び立つ蝶。しまったと思いも元の場所に戻りパンポポで吸蜜のツマグロヒョウモン♂。
IMG_0439.jpg

 城南駐車場では、えっ、もう産まれたん。
IMG_0406.jpg
 イチモンジセセリが過去最速の初確認。

 同じく城南地区ではキチョウ、ヤマトシジミも数カ所で計5頭、極楽橋天端ではエノキの樹冠部でテングチョウ。

 しかし、ツマグロヒョウモンにイチモンジセセリとは・・・
 やっぱ今年は何から何まで前倒しでんな、実際。

 来週にはマジで杜鵑にヨタカ、サンコウチョウにアカジョウビン?
 蝶ではアサギマダラにアカシジミ? ってな事になるかも???

 
posted by ひでキング! at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月16日

第二陣

 ここ数日、渡りの谷の日が続いたようでっけど第二陣が動き出したようでんな。
 野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加はおまへん。

 でもって、蝶は。
 数日前から街中でも見られるようになったアオスジアゲハ、アゲハ。市民の森、、緑のリズムでテングチョウを確認。豊国神社と修道館の間で昨日今日と連日翅の欠損が著しい越冬個体と思われるヒオドシチョウが撮影されましたわ。 
IMG_0367.jpg
 そろそろ蝶も第二陣が動き始めた感じでんな。

 でもって、木曜日に発生した熊本地震、規模の大きな余震が未だ続き日毎被害が拡大。
 一日も早く余震が収まり復旧作業が進むよう祈る次第ですわ。

posted by ひでキング! at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月10日

なんちゅ〜か

 まずはリベンジ。昨日上手く撮れなんだ城南地区のマツバウンラン、今日はなんとかまともに撮れましたで、
IMG_0217.jpg
 でもって、もみじ園でもちらりほらり。
IMG_0242.jpg
 そのもみじ園で「よくお会いしますね」と声を掛けられる。ベンチに腰をかけた犬の散歩のご夫婦。???どこかであったか???と鈍い頭を巡らせる。
 そういえばほぼ毎回緑のリズムのベンチでお見かけするご夫婦、これまで話をしたこともなかったが、自宅近くで見掛けたのでと声を掛けて頂いた。

「ブログいつも楽しみにしていますと」。げっ、何でワシのブログ知ってるん?内心不思議やなぁと思いつつ、ワシも有名になったなぁ!!!???

 でもって野鳥の状況は、何じゃこの春は!って感じ。
 説明はなし、って言うか状況を書き出したら渡り終わってしまうくらい書きたいこといっぱい、なもんで箇条書き。
 予め言っておきまっけど、日替わり定食の春の渡り、今日はコマドリ居てまへん。
 では、一気に行きまっせ!
●コルリ:西の丸庭園から飛騨の森に現れ4人が撮影、その後は行方不明。
●ノゴマ:西の丸庭園と飛騨の森間(開かずの門辺りで)♂1羽。
●オオルリ:音楽堂西通路、配水池東、ヘリポート、西の丸庭園入口計4羽、全て♂。
●キビタキ:音楽堂西通路♂、配水池東♂、市民の森♂♀各1羽。
●ヤブサメ:市民の森2羽、音楽堂西通路3羽。
●クロツグミ:沖縄復帰の森♂1羽。
●センダイムシクイ:市民の森、豊国神社裏で囀り。
●クロジ:早朝10羽前後を市民の森で観察と大将。その後分散したんやろうな。配水池東♂、音楽堂西通路♂、市民の森♂2羽など各所で。
●ルリビタキ:修道館裏で♂若鳥、配水池東と桜広場、市民の森で♀。
 とまぁ、移動飛来組はこんな所ですわ。

 でもって元博物館裏で、探鳥会リーダーのSさんが親子連れのバーダーさんと何やらお話し中。通りがかれば、これ何の羽根は分かりますか?と訪ねられる。
 親子バーダーさんの手には豊国神社東で落ちていたとビニール袋2つに入れ分けられた斑模様の羽根がビッシリ。ヤマシギですかねぇ〜と。

 ヤマシギは昨日豊国神社裏で飛翔、音楽堂付近で観察情報と行動範囲的にはヤマシギの可能性。でもって、今日豊国神社東でオオタカ幼鳥の観察情報もあり、ひょっとして・・・。帰宅後羽根図鑑で調べてみますと。

 んじゃ、越冬組といきまっか!
●オオタカ:幼鳥豊国神社東。
●ジョウビタキ:空堀西で♀。
●アトリ:市民の森、飛騨の森で。
●イカル:市民の森1羽・
●アオバト:沖縄復帰の森♂1羽。
●アオジ:天守閣裏♂2羽。
●シメ:もみじ園、元射撃場、ヘリポート、極楽橋元駐車場天端、配水池東で計8羽。
●カワラヒワ:音楽堂西通路、梅林など。
●キクイタダキ:市民の森1羽。
●エナガ:城南地区、音楽堂西通路、市民の森、飛騨の森。
●ヤマガラ:音楽堂西通路。
●ウグイス:豊国神社裏で囀り。
●亜種ツグミ:各所で計25羽。移動組が飛来し増えた様子。
●シロハラ:各所で計44羽。
●亜種ハチジョウツグミ:コルリ、ノゴマ待ちのカメラマン多数の為地上では確認出来ず、樹上で確認。

 でもって、地上ではキランソウが顔を出し始めましたわ。
IMG_0277.jpg

 早朝市民の森でサンショウクイの鳴き声を大将が確認。

 で、お次は堀の様子を。
●カルガモ:西外堀、人工川。
●オカヨシガモ:東外堀♂1羽。
●ヒドリガモ:南外堀5羽、北外堀3羽。
●コガモ:南外堀♂♀各2羽。
●ホシハジロ:南外堀2羽、東外堀1羽。
●キンクロハジロ:南外堀5羽、北外堀11羽、西外堀4羽、内堀東4羽。

●コサギ:人工川1羽、豊国神社上を北へ飛翔の1羽。
●アオサギ:城南地区を飛翔の1羽。
●バン:西外堀1羽。
●オオバン:西外堀2羽、北外堀3羽。
●カワウ:各堀で計8羽。
●カワセミ:西外堀1羽。

 ハクセキレイ、キセキレイは出会わず。

 いやぁ〜、この状況どう思いまっか?ワシにはどうにもこうにも説明出来まへんなぁ・・・実際。なんちゅ〜か本中華、あっ、メッチャ腹が減ったんで今日は中華にしよう!

ほなっ、今日野鳥たちといきまっか!
オオルリ・コルリ・キビタキ・ノゴマ・クロツグミ・ヤブサメ・クロジ・センダイムシクイ・キビタキ・ルリビタキ・オオタカ・亜種ハチジョウツグミ・亜種ツグミ・アカハラ・シロハラ・アオバト・ヤマガラ・エナガ・シジュウカラ・シメ・イカル・アオジ・キクイタダキ・アトリ・カワラヒワ・ジョウビタキ・メジロ・ウグイス・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カルガモ・オカヨシガモ・コガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・カワウ・アオサギ・コサギ・カワセミ・サンショウクイ(声)
posted by ひでキング! at 19:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記