2016年11月12日

この先・・・

 今日って11月の12日? 毎年こんなに暖かかったっけ11月って?
 年々秋の気温が高くなれば小春日和って言葉がなくなり、小夏日和になりまっせ、ほんま。

 さて、野鳥の状況は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは蝶の話を。

 先週の土曜日、11月やっていうのに多種多数の観察、翌日はヤマトシジミがたったの2頭。ここ一週間は寒い日あり、雨の日ありと蝶には厳しい気候やったんでこのまま終息を迎えるかと思いきや・・・でんがな。まぁ〜何かと姿を見せてくれましたわ、ほんま。

 ヤマトシジミは梅林の13頭をはじめ28頭。
 ウラナミシジミは梅林で3頭。
 モンシロチョウは梅林と空堀で。
 11月5日、過去最多を記録したキタキチョウは減少したとは言え22頭。
 いやぁ〜、まさかこれだけの蝶と出会えるとは思わなんだわ。

 それだけやおまへん梅林で開翅のヒメアカタテハ。
IMG_6886.jpg
 開翅の時はさすがに目立つけど、閉じたらやっぱ分かりまへんな。
IMG_6889.jpg

 青屋門前花壇ではチャバネセセリ。
IMG_6876.jpg
 翅はボロボロ、左側の触覚がおまへんし長いこと生きてるんかなぁ。

 市民の森で休憩中、ベンチの横でもぞもぞ動くムラサキシジミ。
IMG_6842.jpg
 触角を頼りにひょこひょこ歩き回り、地表にストロー伸ばしたり葉の上の水滴を飲んだり。
IMG_6847.jpg
 パッと一瞬開翅したり。
IMG_6848.jpg
 10分ほど楽しませてもらいましたわ。この後、昨季越冬した木の方向へ飛翔。今季は越冬を確認出来るやろうか。

 しかし11月も中旬でっせ、太平洋沿岸の暖帯でもないのにこの暖かさは何?
 長〜く蝶を楽しめるっちゃ〜楽しめるけど・・・この先どうなる???

 そうそう、この先で思い出したけど、どうなる・・・アメリカ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・キタキチョウ・ヒメアカタテハ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・ムラサキシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月06日

おちつかん

 あ〜落ち着かん。だんじりの賑やかなこと、例年より多い31台のだんじりが市民の森を取り囲むように走り次々太陽広場へ。実家の和泉も祭りはだんじりやったけど31台いっぺんに集まることなかったもんな。賑やかでしたでぇ、ほんま。

 そんな事や、ちょいと気になる地酒、焼肉展を覗いてみようとカミさんと合流、その前にザザッとカモのカウントだけでも。

●オカヨシガモ:西外堀21羽、南外堀8羽、東外堀51羽。北外堀4羽で計84羽。
●ヨシガモ:西外堀、東外堀で計4羽。
●コガモ:昨日より減少し南外堀で11羽。
●ヒドリガモ:西外堀159羽、南外堀5羽、東外堀210羽、北外堀6羽で計380羽。
●ハシビロガモ:南外堀の25羽が最も多く全ての外堀で計48羽。
●ホシハジロ:南外堀10羽、東外堀5羽、北外堀13羽で計28羽。
●キンクロハジロ:全ての外堀で計77羽。
●カルガモ:昨日19羽いた人工池では5羽のみ、人工川で2羽、西、東外堀で各2羽の計11羽と今日は少ない日。
●マガモ:西外堀北側で♂3羽♀4羽。

 でもって日々増加するオオバン。
 西外堀26羽、南外堀1羽、東外堀54羽、北外堀2羽、第二寝屋川1羽で計84羽と今日も増加。 いやいや、いつまで増え続けるんだか。

 カイツブリは見られず、カワセミは北外堀で1羽のみ。

 いつも出会う人工川のハシボソガラスを見て頂き
IMG_6777.jpg
 山野の野鳥といきまっか。皆さんも機会があれば写真撮っときなはれや、いつ見られんようになるかわかりまへんで。

●ハイタカ:飛騨の森で観察情報。
●ルリビタキ:早朝、飛騨の森で♀が撮影されたとのこと。
●イカル:ヘリポートで声。
 そのヘリポートで昨年は確認出来なんだクコの花が咲いてたんで、それを見て頂き、
IMG_6804.jpg
 進みまっか。

●ジョウビタキ:各所で出会い計9羽。
●シロハラ:教育塔裏、音楽堂西通路、豊国神社東、配水池東、全て茂みからの声を確認。ちょいと落ち着いた感じ?
●ウグイス:沖縄復帰の森、音楽堂西通路、豊国神社裏で。
●アオジ:人工川西で姿を確認。空堀、豊国神社東では地鳴き。
●モズ:城南地区、元射撃場、ヘリポート、梅林で高鳴き。
●エナガ:愛の森入口で5羽、京橋口で6羽。

 とまぁ、こんな感じですわ。市民の森など東側一帯は鳥見どころやおまへん。水飲み場で数人のカメラマンが昨日居ったクロツグミやマミチャジナイを待ってたけど、現れたんやろうか?

 ふむっ、レンコン炊きながらブログしてまんねんけど、なかなか上手く炊けましたわ、鷹の爪が利いてる。旨い!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
ハイタカ・ルリビタキ・イカル・シロハラ・ジョウビタキ・モズ・アオジ・ウグイス・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・ムクドリ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・コサギ・ヨシガモ・オカヨシガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・マガモ・カルガモ・コガモ・オオバン・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・

 お次は蝶の話といきまっか!
 って言うても朝から曇天、時折冷たい北風が吹くし、昨日あれだけ元気に飛び回ってた蝶がサッパリ。ウソみたい。

 陽当たりのええ城南地区では半年ズレてキリシマツツジが咲くし
IMG_6792.jpg
 どんな季節?

 今日出会った蝶は城南バス駐車場で2頭のヤマトシジミだけ。そのうち1頭はこれですわ。
IMG_6787.jpg
 羽化の時、何か引っ掛かったんか、それとも羽化のタイミングがズレたんか分かりまへんが、精一杯翅を広げてもこれじゃ〜ね〜・・・

 しかし、気温が低く活動はしてないにせよ、お休み中の蝶とも出会わんとは。どこで休んでるんやろうなぁ、ほんま。
 3日と昨日ヤマトシジミが15頭ほど飛び回ってた青屋門前のボケの植栽場をじっくり探してもお休み中の個体は見れんかったし。野鳥と一緒で塒と活動の場が違うんやろうか???

 今日は落ちおまへんで。タイトルに書いてまっしゃろ「おちつかん」って。
 
posted by ひでキング! at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月05日

グッと冷えてホット!

 天高く馬肥ゆる秋。ええ天気が続きまんなぁ、ほんま。観察開始から帰宅するまで雲ひとつない青空、気持ちええ事このうえなし。

 大手門西の柿、今年は豊作やし熟れたら野鳥が突きに来まっしゃろ。
IMG_6711.jpg

 さて、野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

●新顔
 早朝、市民の森でメジロに混じってキクイタダキ1羽が観察されましたんやけど、その後は行方不明。メジロと一緒に行動してたらまだ探しやすいけど、広〜い大阪城公園でキクイタダキたった1羽で行動してたらなかなか手強いぞ〜!

 でもって居残り組の夏鳥
●キビタキ:緑のリズムで♀型1羽の観察情報。
●メボソムシクイ:市民の森で「ビビッ」の声に頭上を見れば1羽単独でちょこまか。同じく市民の森でもう1羽ムシクイ、メボソかオオかは???
●クロツグミ:市民の森、飛騨の森各水場で♂♀各1羽ずつの観察情報。

 水辺の野鳥
●カイツブリ:南外堀で1羽。
●アオサギ:第二寝屋川の照明器上で1羽佇む。

 でもって、気になるオオバン。
 元山さんが西外堀と東外堀で計68羽を観察、その2カ所の合計はワシも同じ数。そこへ第二寝屋川で3羽、南外堀で1羽を観察したんで計72羽。

 今季オオバンの初認は10月7日、ほんのひと月前ですわ。これがあんた、いちにち1羽以上のペースで増えてまっせ。今年はあと56日にあるから130〜150羽くらいになるんかな? ってな事おまへんな。

 それとね、北外堀でカモのカウント中。
 ブゥ〜ンと上空でプロペラの音、マラソンも終わったのに何やねん!!!と上空を見れば飛行船やおまへんか。その瞬間、あっちのカモ、こっちのカモ、目の前カモが・・・
IMG_6767.jpg
 一斉に飛び立ち右往左往。あ〜、何をしてくれるねん、ここまでカモをカウントしたのに、どう責任とってくれるねん!!!っと一瞬思ったが、各外堀のカウントを終えた直後。は〜、良かった。マジで目の前真っ白になったわ。

 群れをカウントするってほんま気が気やおまへんで、終わるまで動くなよ〜って祈りながらですもんな。朝イチ大手門西でスズメの群れをカウントしたときも、
IMG_6713.jpg
 頼むから誰も近くを通るなよって祈りながら264羽をカウント。無事終えたときは意味のない充実感に浸ったりしまんねん。

 さて、蝶の話といきまっか。
 気温が上がるまでは蝶の姿はひとつもなし。場所によっては霜が降りる冷え込みよう。
IMG_6718.jpg
 そりゃ〜蝶も動きませんわな。

 体が温まったもみじ園で日向ぼっこのヤマトシジミを
IMG_6734.jpg
 見つけたのを皮切りに・・・。各所で51頭と相変わらず多い観察。

 ウラナミシジミはもみじ園、空堀で計3頭。
 モンシロチョウは6頭。

 でもってこの秋異様に多いキタキチョウ、梅林での9頭をはじめ空堀、豊国神社東など計30頭。これは過去最多更新。この30頭のうち無事に春を迎えられるんは何頭やろ、興味深いでんな。

 青屋門前花壇ではツマグロヒョウモン♂がまったり。
IMG_6754.jpg
 ツマグロヒョウモンは梅林で♀の情報、空堀でも♂を観察。

 東外堀を渡るベニシジミ。梅林方向へ飛んでったけどちゃんと辿り着いたかな?
 チャバネセセリは青屋門前花壇、梅林、飛騨の森。
 市民の森ではクロコノマチョウの観察情報。

 朝晩グッと冷え込んでなかなか布団から抜け出せんけど、大阪城公園はホットな観察が続いてまっせ!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・クロコノマチョウ・ヤマトシジミ・ウラナミシジミ・ベニシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月03日

ラストチャンス!?

 やぁ〜ええ天気。時折冷たい風が吹きカモのカウント中寒かったけど、見ておくんなはれ、最高にええ天気やおまへんか。
IMG_6625.jpg
 でもってこの教育塔の天辺ではモズが高鳴き。
IMG_6614.jpg
 気持ちええことこのうえなし。

 そんでもって、これでもか!ってなくらい多くの野鳥が楽しませてくれる。
 そのお話しは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 桜広場でコマドリ♂の撮影情報。
 配水池東でコサメビタキ1羽観察情報。

 え〜、どうなってまんのん、ほんま。ノゴマ、ムギマキが過ぎ去りしあとにコマドリでっせ、11月のコマドリは初めてかも。

 さて、蝶のお話しを。
 日曜日は観察種、個体数共に多く観察出来たものの、その後朝晩急に寒くなったんでそんなに多くは出会わんやろぅ、と思いきや・・・でんがな。

 ヤマトシジミは青屋門前での14頭を始め各所で30頭。
 1頭の観察に留まったものの北外堀を飛翔のモンシロチョウ。
 アオスジアゲハは・・・大阪府警前で飛翔を確認。観察エリア対象外なんで記録には挙げまへんが。

 観察を終え帰り際に大手門西で行き交う人の頭上を舞う1頭の蝶。ひらひら地上に舞い降り近付けば、アゲハが精一杯翅を広げ日光浴。
IMG_6708.jpg
 翅はボロボロ、時折吹く風にゆらゆら揺られ力ない様子。一生懸命生きたんやな、あとはゆっくり・・・

 沖縄復帰の森で元気な蝶が目線の高さの葉に留まる。おっ、ムラサキシジミじゃん。
IMG_6678.jpg
 お陽さんに背を向けたかと思うや、一瞬で翅を広げ日光浴。
IMG_6680.jpg
 翅の欠損もなくメッチャ奇麗でんな。これから厳しい冬を越しまんねんなぁ。
 先は長いぞ、体力温存、ゆっくり過ごしや。

 今秋、久々に多く観察出来たウラナミシジミ。10月下旬に急減しもう居らんやろぅと思ってたけど、もみじ園で1頭。
IMG_6690.jpg
 空堀でも1頭で2頭を確認。

 日曜日、ピーク時並みに多かったキタキチョウ。
IMG_6702.jpg
 北外堀沿い、空堀。一番櫓前など拓けた場所で5頭の観察。

 飛騨の森ではツマグロヒョウモン♂。
 青屋門前花壇ではチャバネセセリ。
 西外堀石垣に留まるヒメアカタテハ。

 今日も多くの蝶が楽しませてくれましたわ、感謝感謝。

 来週半ばからはグッと冷え込むって天気予報、夏鳥や蝶を楽しめるのは今週末がラストチャンス!?

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラナミシジミ・ムラサキシジミ・ヒメアカタテハ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月29日

想定外

 当初の予報とは違い想定外のええ天気、風は強かったけどって、今日冬の訪れを告げる木枯らし一号が発表されましたな。
 ツワブキも見頃を迎えたし、
IMG_6466.jpg
 夏鳥が少なくなり冬鳥が増えるはずですわ。

 そんな野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは。

 城南地区を観察中、四方からエナガの声。あっちか、こっちか、とその場でクルクル廻りながら探してると、頭の上に突然現れましたがな。
IMG_6460.jpg
 メッチャ至近距離、全身入らんかったし。カウントすれば8羽が飛び交い桜の小さな蕾付近を頻りに啄む。なる程“たまちゃん”を食べてるんやなぁ。

 それと、青屋門前ボケ植栽場で蝶のカウント中、目の前をコサメビタキが。直ぐさま大阪城ホール方向へ飛んでってしまいましたけど。
でもって、北外堀でササゴイ1羽。

 ってな事で、3種を追加しておきますわ。

 そんじゃ、蝶の話を。
 先週、観察種、個体数共に減少したんでこのまま姿が見れんようになるかと思いきやでんがな、これが!

 ヤマトシジミが復活!なんと59頭を確認しましたで、週明け早々11月って言うのに。
 モンシロチョウも人工川以外で元射撃場、青屋門前、飛騨の森で計5頭。
 アオスジアゲハも2頭確認。
 キタキチョウに至っては12頭とピーク時並みでんがな。

 上記外にも・・・
 今日の初蝶は意外や意外、城南地区でべっぴんさんのツバメシジミ。
IMG_6447.jpg
 見たところ翅の状態も綺麗し、最近羽化したお嬢さん?

 チャバネセセリは青屋門前花壇、飛騨の森で計4頭。

 青屋門前ボケ植栽場はメッチャ賑やか。ヤマトシジミ10頭に混じってバトルを繰り広げるウラナミシジミ1頭。
 そのバトルを上から観戦のウラギンシジミ♂。
IMG_6548.jpg
 そこへ割り込んできたのがシオカラトンボ♀と、待ちに待ったアキアカネでんがな!
IMG_6542.jpg
 そのうえコサメビタキが現れましたやろぅ、もうどこに目を向けたらええんだか・・・ってな状態。

 いやぁ〜しかし嬉しなぁ。昨秋、アキアカネが全国的に急減してるって新聞記事、今年はなんとか大阪城公園で確認したいなぁって思ってましてん。念願叶う、ですわ。

 北外堀京橋口近くではヒヨドリジョウゴ。
IMG_6559.jpg
 これって夏頃撮影して一旦見れんようになったけど、この時期も咲くん?

 飛騨の森ランタナではツマグロヒョウモン♂がまったり開翅。
IMG_6564.jpg
 こうして見たらなんとなく可愛らしいでんな。

 豊国神社裏で常連さんのカメラマン衆と出会い、たった今ムギマキが飛んでったと。わっちゃ〜・・・
 話では修道館西で見られた個体がこちらに移動したと。その後修道館裏に戻ったとのことで足を運んで・・・なんとかひと目。

 カメラマン衆と雑談中、みのパパさんが「変わった蝶や〜」。クスノキの枝先に留まるその蝶を全員で探す。おった〜、あそこに居てるぞ!
 その蝶の正体がこれ!
IMG_6576.jpg
 ゴマダラチョウ。種としては珍しくはおまへんが近年観察数が減少傾向、それより11月を前に観察出来るってのは珍しいでんな。

 しかし感動しましたで、ムギマキが飛び去ったあととはいえ、十数人のカメラマンがゴマダラチョウで大盛り上がり。蝶に目を向けてくれるだけで感謝観感謝。

 でもって、修道館裏で多くのカメラマンがムギマキを撮影中、ワシひとり後ろ向いて怪しい蝶にカメラを向ける。その怪しい蝶、現在検証中???

 いやぁ〜ほんま、今日は天気にも恵まれ、ラストチャンス?のムギマキにも出会い、少ないと思ってた蝶も多く出会え、今年は確認出来んかったなぁ、と思ってたアキアカネも姿を見せてくれたし。今日は何から何まで想定外の一日でしたわ。
 
ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
 
posted by ひでキング! at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月23日

タイミング

 昨日同様どんよりとした天気、この土日はスッキリせん天気やったけど野鳥たちにガッツリ楽しませてもろぅたんで、良しとするか!

 城南地区で高鳴きのモズ♂を撮影後、
IMG_6396.jpg
 元山さんと出会う。「今日は涼しいなぁ」と歩み寄ってくる元山さん、えっ、ワシは肌寒く感じたけど・・・元山さんって若い?

 種々のカモが顔を揃えたもののマガモとは出会ってない元山さん。
 昨日は西外堀大手門側と北側で観察出来たが、今朝は大手門側では未確認、北側は分からないなどカモ談義。

 その後11時頃西外堀北側を観察。昨日と個体数に違いはあれど♂2羽♀3羽を確認。
IMG_6424.jpg
 帰宅後「元山裕康のこんなん出てます」を拝見すると・・・あっちゃ〜、今日もタイミングが悪かった様子。

 って事で、ワシからの追加は上記マガモの他・・・
●ハイタカ:天守閣裏観察中、飛騨の森上をカラスに追われる1羽。その後真上に来て見失う。配水池東でけたたましい本種の声。姿は確認出来ず。
●エゾビタキ:西の丸庭園で1羽の観察情報。
●コサメビタキ:修道館裏で1羽。
●カワウ:西外堀で1羽とヘリポート上を北から南へ。
●カワセミ:西外堀と南外堀。
●ササゴイ:南外堀で成鳥を野鳥の会定例探鳥会の方々が観察。
●ヤマシギ:これまた野鳥の会定例探鳥会の方々が市民の森で観察。
 ってなところですわ。

 ほなっ、蝶の話を。
 昨日同様少ない観察。
 人工川ではこれまた昨日同様2頭のモンシロチョウ。ただ今日は風があり昨日より寒かったんやろうか、
IMG_6366.jpg
 こんな感じでお休み中。

 キタキチョウはもみじ園、梅林で。
 もみじ園ではシバザクラ・・・やったらええんやけど、シバザクラの立て看板にチャバネセセリ。
IMG_6420.jpg
 おい、お前さん、余りにも絵にならんでぇ、ほんま。飛騨の森ランタナでも1頭観察。昨日と同じ個体?

 ヤマトシジミも昨日より活動が鈍く15頭。沖縄復帰の森では一枚の葉に仲良く2頭でお休み中。
IMG_6404.jpg
 羨ましいなぁ。我が家では一枚の布団どころか50pほど間空けて布団敷いてまんがな。

 帰り際、西外堀石段で日向ぼっこのツマグロヒョウモン♀。
IMG_6445.jpg
 僅かな陽射しでも浴びて体温めてまんのやろ。

 ヘリポートではウラナミシジミ2頭がパタパタ。
 毎回観察出来たもみじ園の葛がガッツリ刈られ、急に気温が下がったもんなぁ、実際。なんでこのタイミングで刈るかな?

 今日の蝶は上記5種。10月もあと一週間、渡りも終盤を迎え蝶もそろそろ越冬準備に入る時期でんな。なんでこんなタイミングなんやろ、寂しくなるなぁ。
posted by ひでキング! at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月22日

おおきに!

 一日中雲に覆われた天気、雨が降らんかっただけええっちゃ〜ええけど、さすがに肌寒いなぁ。お陽さんが恋しい。

 ここ一週間は新顔が次々飛来してまんな。
 ムギマキにジョウビタキ、アトリにビンズイ、昨日はミヤマホオジロ。いやぁ〜嬉しいちゃ〜嬉しいけど、平日ってのはちょいと悔しいな、しかし。

 観察開始から終盤まで殆どバーダーに出会わず。ふむっ、この時期にこの人数、少なすぎやで。と思いつつ桜広場で出会った大阪府南部から来られた人が「豊国神社裏でムギマキとノゴマ♂、カメラマンが大勢いてると」。 な〜るほど、ムギマキとノゴマ♂のコンビとなればこの時期最強でんな。

 現場では30名ほどのカメラマン。ムギマキチーム約20名、ノゴマチーム約10名ってとこでっか。

 そこで出会った常連さんの話では、ムギマキ、ノゴマ以外に豊国神社東だけでトラツグミにマミチャジナイ、シロハラにジョウビタキ♂、そんてもってつい先ほどオオタカが飛んでったと。ひぇ〜動ぜずしてこの顔ぶれ、そりゃ〜誰にも会いませんわ、実際。 

 そのムギマキ、2羽居てるかもとの話。ワシが見たんは♀、もう1羽は♀っぽくうっすら眉班っぽいものが見えるような個体とか。ただ2羽同時には観察出来ていないと。

 一カ所で多種の野鳥が観察出来る豊国神社裏、間違いなく今日のベストスポットでんな! 野鳥さん、おおきに!

●ジョウビタキ:着実に個体数を増やし人工川♀、元射撃場♂、飛騨の森♂、梅林♂2羽♀1羽、豊国神社東♂の計7羽。
●コサメビタキ:ワシの知る限り豊国神社裏で1羽。
●キビタキ:教育塔裏、ピースおおさか前、緑のリズム、太陽広場東の森など計11羽。イケメンはピースおおさか前と桜広場で。
●コマドリ:配水池東で♀が撮影される。

●ムシクイ:メボソムシクイは教育塔裏、音楽堂西通路、市民の森、梅林で計5羽の地鳴きを確認。
 桜広場、豊国神社東、桜広場で姿を見るもメボソムシクイかオオムシクイかは???
●ウグイス:豊国神社東2羽、音楽堂西通路1羽。

●モズ:大手門西、城南バス駐車場、もみじ園、ヘリポート、太陽広場東の森、梅林などで計7カ所で高鳴き。
●ハイタカ:北外堀観察中ドバト、ムクドリ、14羽のメジロが一斉に飛び立ち飛騨の森から北外堀を介し天守閣方向へ飛翔の1羽、10:30頃。

11:25頃、梅林南端雑木林で目に付いたこの花。調べたところイヌコウジュやと思うんやけど・・・を撮影中
IMG_6347.jpg

IMG_6349.jpg
 モズの高鳴きでない、けたたましい声が頭上で。直後に天守閣裏へ飛翔のハイタカの姿。

●エナガ:京橋口、青屋門で各4羽の少群。
●カワラヒワ:北外堀を22羽がクルリと旋回。

●ハクセキレイ:各所で観察10羽。
●キセキレイ:最近は元射撃場や緑のリズムなど堀以外でも観察され今日は音楽堂西通路で1羽観察、ここではハクセキレイも見た事おまへんで、実際。南外堀でも1羽。

 堀に目を転じ
●ヒドリガモ:西外堀93羽、東外堀9羽、北外堀92羽で計194羽。200の大台まであとひと息。
●ハシビロガモ:西外5羽堀、北外堀10羽。
●コガモ:南外堀で22羽の群れ。
●キンクロハジロ:西外堀4羽、東外堀9羽、北外堀7羽。
●ホシハジロ:面白いことに東西南北各堀に1羽ずつ。
●カルガモ:東外堀1羽、北外堀4羽、西外堀8羽。
●マガモ:観察開始早々申羊櫓青下で♂2羽♀1羽。観察半ば11時頃、西外堀京橋口側で♂1羽♀4羽。石垣に生えたアメリカセンダングサ?を背伸びをして食べてましたで。
IMG_6325.jpg
 葉っぱ食べてるん?種食べてるん?種やったら痛いんと違う、細長い種の先に小さな鈎付いてるし。

●オオバン:徐々に増加し西外堀4羽、東外堀7羽で計11羽。
●ササゴイ:北外堀石垣で羽繕いの幼鳥1羽。

 でもって、梅林空音楽堂方向へヤマシギらしき飛影。市民の森、沖縄復帰の森でアオバトと思われる鳴き声の情報が寄せられましてん。

 いやいや、夏冬入り交じって賑やかになって来ましたな。

ほなっ、今日野鳥たち。
ノゴマ・ムギマキ・キビタキ・コサメビタキ・メボソムシクイ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ・トラツグミ・マミチャジナイ・オオタカ・ハイタカ・ジョウビタキ・モズ・シジュウカラ・メジロ・エナガ・カワラヒワ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・ササゴイ・カルガモ・マガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・

 やっと蝶の話に進めまんな。
 って言うても出会った種は人工川で舞うモンシロチョウ、飛騨の森ランタナで吸蜜のチャバネセセリ、29頭のヤマトシジミの3種だけ。

 天気も悪かったし肌寒かったんでさすがに活動個体は少なかったなぁ。
 先週まで全域でパタパタ飛び回り「まだ数えなアキマヘンか」のヤマトシジミでさえ観察前半は全く活動個体は確認出来ず一応にお寝ん寝状態。
IMG_6271.jpg
 でもって若干気温が上がった青屋門前で飛び回る8頭。葉の上に留まるや直ぐに翅を広げ日向ぼっこ。
IMG_6313.jpg
 今日はお陽さん照ってないで。

 ほんのり甘い香りを放つ金木犀が満開のにおいの森で、
IMG_6281.jpg
 アレチヌスビトハギの茎にぶら下がって「えらい寝かたしてるなぁ」と目に付いたヤマトシジミ。
IMG_6286.jpg
 これって寝てるんと違ゃいまんな・・・成仏しておくんなはれ。

 年によって違うけど、年間500〜1000頭くらい見てるんと違ゃうかなヤマトシジミ。枝に留まったまま死んでる個体見たんは初めてですわ。先週まで元気に飛んでカウントしてた個体でっしゃろうな。
 おおきにやで!
posted by ひでキング! at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月16日

まだまだ続く

 いやぁ〜ええ天気でしたなぁ、この週末は。野鳥も順調に飛来してるし楽しい二日間でしたわ、ほんま。でもって楽しい時間はあっと言う間でんなぁ、実際。

 さて、楽しませてくれた野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは蝶の話を。

 観察種自体は昨日と大きな変化なし、ツマグロヒョウモンとムラサキツバメが観察出来んかったくらいかな。

 ただ、昨日ノジコの空堀で多く観察出来たウラナミシジミは確認出来ず、もみじ園で3頭を確認しただけ。急にどうしたんやろ?

 そのもみじ園では取りあえず写真撮ったけどアキアカネかナツアカネか識別出来ん未成熟個体。
IMG_6147.jpg
 5匹が飛び回ってましたわ。公園内各所で見掛けるこのトンボ、いつの間にやらウスバキトンボと入れ替わりましたな。

 ヤマトシジミは81頭と昨日より少ない。まっ、目に留まる数が少なかった程度と思いますわ、実数は大きく変わりまへんやろ。

 東外堀元射撃場近くでヒラッと飛んできた蝶がよたよた葉の上を歩く、傷だらけのムラサキシジミ。様子を見てると葉っぱ3枚分くらい歩いてじわっと開翅。
IMG_6139.jpg
 ボロボロに切り取られたとは言え奇麗な瑠璃色は変わりまへんなぁ、ほんま見取れますわ、実際。 でもこの欠損具合、犯人はやっぱ野鳥か?

 市民の森枝垂れ桜ではコサメビタキ4羽、
IMG_6162.jpg
 エゾビタキ1羽
IMG_6192.jpg
 が乱舞。
 そこへメボソムシクイ、キビタキ♂、シジュウカラにメジロにスズメ。ウラギンシジミ2頭が追っかけ合い、それを横目で通過するムラサキシジミ。鳥蝶入り交じって結構な賑わい。

 まだ間に合うかキンミズヒキ。太陽広場東の森顕彰塔へ足を運び、よ〜し、今年も株が増えたなぁ。
 5年ほど前はどの花撮ろうかなんて選べんかったけど数年前から選り取り見取り。変わり映えせん撮り方やけど取りあえず。
IMG_6216.jpg
 そこへ姿を現したんがルリシジミとベニシジミ。
 昨日はルリシジミから撮ろうと思って失敗したんで今日はベニシジミから。
IMG_6210.jpg
 お次はルリシジミ、シャッターを押した瞬間サッと飛翔。間に合ったかとモニターを確認すれば・・・なんとか撮れましたな。
IMG_6220.jpg
 間一髪!

 いやぁ〜、ほんま楽しかったわ、実際。
 蝶の観察種、数は徐々に減少してくるやろうけど、10月は一年通して野鳥の種が最も多く観察出来る月。

 あと半月どんな鳥がやってきてくれるやろうか。楽しみはまだまだ続きまんな!
 
ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・アカタテハ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ルリシジミ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月15日

欲を出せば・・・

 はぁ〜ええ天気、文句の付けようがおまへんなぁ、ほんま。朝はひんやり昼間はちょい暑、汗ばんだら木陰でちょいとひと休み。

 こんな天気のええ日は、な〜んにも出会わんでもぶら〜っと歩いてるだけでOK、欲を出せば運が逃げる。

 とは言え何かと楽しませてくれるのが大阪城公園、特にこの一週間はあれやこれやと大騒ぎやったもんなぁ、実際。そんな賑わいが今日も???
 それは野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはちょいと追加を。

●オオタカ:桜門でカラスとバトルの本種を複数人観察。そこへチョウゲンボウも現れたと。
●エナガ:9時頃、沖縄復帰の森でシジュウカラ、メジロ、コゲラと共に4羽を観察。
●カワセミ:8時頃南外堀、11時頃北外堀で各1羽。大将は内堀で2羽を確認したと。4羽いるのか、内堀の2羽が南、北の各外堀に分散したか。
●カイツブリ:東外堀で1羽。ワシの記録では今季初認。

 と、まぁこんな感じ。

 では蝶の話を。
 朝はグッと冷えるんで活動個体も余り見掛けず、日中はパタパタ飛び回るヤマトシジミも一応にこんな感じで日光浴。
IMG_6073.jpg
 留まってるヤマトシジミを探してると見過ごしそうになる程見事な擬態のクスアオシャク。
IMG_6080.jpg
 久し振りにアオシャクと出会い、なんだか嬉しかったわ、ほんま。実際は写真よりずーっと奇麗でっせ。

 今イチ咲き具合に不満が残るけどそろそろ撮っとかんと枯れてしまうわ。音楽堂西通路のヨメナ(多分カンサイ)
IMG_6082.jpg
 もみじ園西側斜面下に群生がおまんねんけど、柵を乗り越えてまでは。

 緑のリズムで枯れ草をもぞもぞ歩く妙な昆虫。留まるのを待って・・・ふむっ、ホシホウジャク?
IMG_6099.jpg
 現場で見掛けた時からなんか違和感。留まってるのは珍しいんで取りあえず撮ったけど、調べてみたらこれって後翅がおまへんのと違ゃいますのん?ホウジャクが昼間こんなに大人しいんでおかしいなぁ、と思ったらそれが原因か? しかし後翅どうしたんやろ?

 えっ、なんでっか。「蛾と花の話はええから蝶の話を早よせぃ」てでっか。
 おっ、そうでしたな。

 体が温まったヤマトシジミ、各所でパタパタ計99頭。北外堀砲兵工廠跡門前ではオシロイバナで吸蜜の個体も。
IMG_6105.jpg
 おいっ、お前さん、その花の蜜は早朝か夕方やろ、昼間は萎んでるし。

 最近レギュラーのウラナミシジミの写真をば・・・と思いきや、撮り忘れた(汗)。
 ノジコで大賑わいの空堀での23頭を始め計31頭。

 継続的に観察のチャバネセセリは5頭と少なくも安定。
IMG_6109.jpg
 イチモンジセセリの姿は見られず。

 梅林でアカタテハを一瞬見掛けるも・・・。トイレで用を足した直後、気が緩んで見失いましたわ。
 ツマグロヒョウモンは梅林と豊国神社東で♀各1頭。
 ウラギンシジミは5頭と時期相応。青屋門前ボケ直裁場では追っかけ合いの♂2頭。

 二番櫓跡ではムラサキシジミにムラサキツバメの観察情報。ゲッ、同所でダブルムラサキ!
 豊国神社東でルリシジミ、ゆっくり羽を広げかけたんでカメラを構えると風が吹き、ひらひら〜。

 ルリシジミの横でセイタカアワダチソウに留まるベニシジミ、ルリシジミを撮ってから次ぎに撮ろうと思ってましたんやが・・・ルリシジミを見失いベニシジミに目を戻すと・・・はれっ、居てへん・・・ガックリ。

 やっぱ欲を出すと運が逃げますわ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・アカタテハ・ツマグロヒョウモン・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ルリシジミ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ムラサキツバメ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
 
 
posted by ひでキング! at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月10日

黄色い日

 人工川で最近お決まりのウラナミシジミと
IMG_5976.jpg
 そろそろ咲き始めたなぁ、撮っとこか、
IMG_5972.jpg
 とミゾソバを撮影し歩き始めるとやって来たのが元山さん。

「コウライウグイスの撮影者が修道館裏にいてるねん、ゴメン急ぐわ!」と足早に去っていく。あのスピードやったら競歩でメダル獲れまっせ、実際。

 その詳しい話は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからちょいとばかり追加を。

 秋のノゴマ、土曜日から修道館裏で♀が観察されてまっけど、配水池東では♂もお目見え。
 ヘリポート堀側の柵近くでノビタキ幼鳥。
 太陽広場東の森ではシジュウカラ、メジロ、コゲラと共に4羽のエナガ。
 北外堀では1羽のハシビロガモ。
 西外堀北側(乾櫓下)で一昨日に続いてカルガモと一緒に5羽のマガモ。

 ってなところですわ。

 ほなっ、蝶の話を。
 教育塔裏小道でチラッと動いた茶色い蝶、一見してムラサキシジミ。ラッキーなことに寒い朝やったんで直ぐさま開翅。
IMG_5966.jpg
 朝日を浴びたムラサキシジミの瑠璃色、こりゃ〜やっぱりたまりまへんなぁ、実に奇麗!

 ヤマトシジミは79頭と一昨日の約半数、気温が下がったうえ日曜日未明に大雨やったんでそんな事が影響してるかも。

 ウラナミシジミも同様に数を減らし15頭。気温が下がって気持ちええのは嬉しいけど、蝶を見つけるのが難しくなってきまんなぁ、嬉悲し。

 においの森で静かに佇む蝶に近付けば、疲れた様子のルリシジミ。
IMG_5993.jpg
 一昨日同所で見掛けたときは元気いっぱいに飛び回ってたけど、寒いんかなぁ、それとも雨にやられたんかなぁ。

 チャバネセセリは例年相応の観察数でっけど、やっぱり少ないイチモンジセセリ。今年は貴重な写真なるかも知れんので取りあえず。
IMG_5985.jpg
 今日は2頭のみ。この時期になったらもう増えることはないやろ。

 青屋門前ボケ植栽場で元気に飛び回るウラギンシジミ♂。
IMG_6039.jpg
 腰の高さに剪定されたボケの葉に留まろうと試みるも、その度ヤマトシジミに邪魔されてましたわ。一昨日も同じ行動してたなぁ。ヤマトシジミって小さくって頼んない顔してるけど、結構気ぃ強いでんな。

 北外堀のローソン街カフェでひと息ついて、後半戦開始。

 イネ科やカヤツリグサ科の植物が鬱蒼と茂る桃園、ひらひらっと現れる黄色い蝶、この大きさ、ひょっとして・・・
 おっ、ラッキー! 目の前に留まった黄色い物体に近付けば・・・やっぱりツマグロキチョウや〜!
IMG_6046.jpg
 この個体10分ほどこの状態で動かず、その後ひらりと舞い第二寝屋川へ消えていきましたわ。じっくり撮影出来たんはええけど、開翅の写真が撮りたかったなぁ、と引きずりながら観察を続ける。

 約20分後、一昨日のブログを見て豊国神社東にツマグロキチョウを探しに来て2頭は同時撮影出来たと蝶友から電話。
 げぇ〜まだ居てたんか〜!(同一個体かは不明でっけど)しかも2頭〜!
 昨年まで一度も記録がなかった本種、稀に流されて珍蝶記録ってのはあるけど3日間で2度の観察、しかも個体数が増えるってどういうこっちゃ、実際。

 公園内のどこかで繁殖?いやいや食餌食草のカワラケツメイやアレチケツメイは公園内にはおまへんし・・・。 やっぱ近くで羽化して飛来してるんやろうなぁ。

 一昔前、当時話題のクロマダラソテツシジミを確認したんは2008年8月24日、元博物館前のソテツで。食餌食草のソテツがあったんでその後暫く継続的に観察出来たけど、今回は条件が違うもんなぁ、どこでどうなってるんだか???

 ところで蝶に興味の有る人やったらもう知ってはると思うけどそのクロマダラソテツシジミが大阪で復活してるって話し。

 9月21日には桜宮で確認、先週2日には銀橋で確認されもうひと息ってところまで来てるんやけど、大阪城公園では未確認。

 一昨日玉造にお住まいのバーダーさんの話では。
 数日前、深夜戸締まりをしようとしたら網戸にクロマダラソテツシジミが留まってたと。

 げっ、玉造って言うたら大阪城公園より東でんがな、先週は大阪城公園より北の銀橋で確認されてるのに・・・なんで、なんでなんで。大阪城公園過ぎてもぅてるんか!

 9月上旬に大阪でクロマダラソテツシジミ復活を知ってからひと月余り、落ち着かんの何のって。

 その間ミヤマカラスアゲハ、リュウキュウムラサキ、ツマグロキチョウと珍蝶が次々飛来、今日も飛騨の森でアサギマダラが確認され今季3度目の記録ってのに、なんで飛来の可能性が高いクロマダラソテツシジミは来てくれへんの〜!!!

 しかし今日はえらい日でしたな、朝のコウライウグイスに始まり観察半ばからはツマグロキチョウ。全くもって黄色い一日でしたわ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロキチョウ・ツマグロヒョウモン・アサギマダラ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ルリシジミ・ムラサキシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・

posted by ひでキング! at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月08日

順鳥順蝶

 わぁ〜湿っぽいなぁ、またあの暑いに夏に逆戻りかぁ、たまらんで、実際。でも明日以降は気温も下がるって予報、今日一日の辛抱でんな。

 さて全体的な個体数は少なくも順調に進む渡り、一昨日はヨシガモ、昨日はオオバンと新顔が続々飛来、今日は・・・

 修道館裏でノゴマ♀。斜面のツツジの茂を出たり入ったりと。

 市民の森、太陽広場東の森で「ツィ〜」の声。そういえば早朝飛騨の森でマミチャジナイを観察って聞いたなぁ。あっちこっち飛び回ってるんやろうか。

 梅林でアリスイと聞くも、一瞬の出来事で撮影者は居ないとのこと。

 ノゴマにマミチャジナイ、今日も新顔がお目見えでっせ。

 どこを歩いても、って感じで出会うキビタキ。水上バス乗り場、太陽広場東の森、音楽堂付近、市民の森、豊国神社裏、配水池東など計15羽。♂6羽♀型9羽。

●コサメビタキ:人工川、京橋口、配水池東。
●メボソムシクイ:人工川2羽、緑のリズム1羽。
●モズ:ヘリポート、梅林中央、音楽堂付近で高鳴き。

 西の丸庭園はイベントで入園せず、ひょっとしたらオオルリやエゾビタキくらいは居てるのかも。

 日々個体数が増える水鳥、昨日元山さんが観察された東外堀のオオバン、今日は3羽に。

 西外堀北側(乾櫓下)でカルガモ10羽と共にマガモ5羽が羽繕い。オオバン同様個体数が増えるやろうか。
 カルガモは東外堀、北外堀、内堀でも観察し計19羽。

 一昨日初認されたヨシガモ、今日は北外堀で1羽観察。

●ヒドリガモ:西外堀5羽、東外堀2羽、北外堀25羽で計32羽。
●コガモ:南外堀2羽、北外堀1羽。

●カワセミ:観察早々西外堀で2羽は交差するように飛翔。塒からご出勤かな。
●キセキレイ:西外堀で1羽。
●ハクセキレイ:西外堀、城南駐車場、もみじ園、青屋門前で計4羽。

ほなっ、今日の野鳥ちといきまっか!
ノゴマ・マミチャジナイ・アリスイ?・キビタキ・コサメビタキ・メボソムシクイ・モズ・メジロ・シジュウカラ・コゲラ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・アオサギ・カルガモ・マガモ・コガモ・ヒドリガモ・ヨシガモ・キンクロハジロ・オオバン・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・
 
 さて、この秋野鳥より賑やかな蝶でんな。
 先週大阪城公園初のリュウキュウムラサキは確認出来ず。まっ、いつまでも居てくれる環境やおまへんやろ。

 公園内全域でパタパタ飛び回るヤマトシジミ、先週を更に上回り147頭と今季最多記録更新。
IMG_5790.jpg
 人工川では交尾の番も、恋の季節でんなぁ。ところでこの先まだまだ増えるん?カウント大変なんですけど・・・

 でもって、城南駐車場で違和感のあるヤマトシジミ、取りあえず写真撮ったけど・・・
IMG_5828.jpg
 何の変哲もないヤマトシジミ。個体差なんやろうな、全ての黒班が大きいんでなんか違和感。

 最近のレギュラー出演のウラナミシジミ。広範囲で観察出来28頭。
IMG_5872.jpg
 もみじ園では地を這うように飛翔の1頭がワシの靴に留まる。何だか嬉しかったわ。

 そのもみじ園では久々のツマグロヒョウモン♂、結構擦り切れてたんで羽化後かなり時間が経った個体でっしゃろ。豊国神社東では奇麗な♂。

 沖縄復帰の森で、おっ、久し振りじゃん! キタテハ。
IMG_5838.jpg
 すぐに翅を閉じたんで横に廻ってしっかりパシャリ!
IMG_5847.jpg
 本種は3月6日以来の観察って事は越冬個体、今年生まれの個体は今日が初でんな。昨年から観察頻度がグッと下がった本種、なんか理由があるはず。

 太陽広場東の森で素早い飛翔のジミ〜な蝶、ムラサキシジミかと思いきや、尾状突起があるやまへんか! ムラサキツバメじゃん!
 飛び回った挙げ句、タイサンボクの樹冠部へ消える。まっ、本種やムラサキシジミは今後も出会う機会がおまっしゃろ。

 ウラギンシジミは青屋門前、もみじ園、桜広場、豊国神社境内で計5頭。
 
 9月中旬以降個体数が増加中のキタキチョウ、今日も12頭で多い観察。遠い写真でっけどこんな感じ。
IMG_5867.jpg

 でもって、豊国神社裏でキビタキ撮影中のカメラマン衆の間を通り抜けるキタキチョウ? ここで登場したのが・・・むむっ、と川平慈英。 どう見てもキタキチョウより小さい、ひょっとして・・・

 豊国神社東の通路を南から北へ、一瞬通路に留まったところを双眼鏡で確認。ウオッ!後翅に二本線有るじゃん!!! 地を這うように飛ぶその蝶を追いやっと留まったところを・・・パシャパシャパシャ!
IMG_5903.jpg
 やっぱりツマグロキチョウやまへんか!!! 10秒ほど蜜を吸って桜広場へ飛翔。

 昨秋、大和川で不明の大量発生した本種、その後に注目し年明け正月3日に実家(和泉市)で確認、3日後の1月6日大阪城公園豊国神社裏に出現、これが初認記録。
 3月上旬にはもみじ園でも撮影され2度目の記録。でもって今日が3度目の記録ですねん、公園内で自身確認したんは初めて。

 オ〜・マイ・ゴッド! マジでオ〜・マイ・ゴッドでっせ、今年の蝶は。

 順調を通り過ぎるほど順調な蝶、野鳥も順調に飛来してるし、この秋は順鳥順蝶。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・キタテハ・ツマグロヒョウモン・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロキチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ムラサキツバメ・ルリシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・ 
 
posted by ひでキング! at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月02日

台風の影響?

 台風の影響かぁ? なんとかなりまへんかこの暑さ、蒸し暑いことこのうえおまへんなぁ、実際。盆明け本格的に渡りが始まってひと月半、もう10月ってのに有り得へん暑さでっせ、ほんま。そのうえまた台風が来るっていうやおまへんか、もう勘弁して欲しいなぁ、マジで。 でもその台風の影響で???

 こんな蒸しっぽい時は市民の森で見頃を迎えた爽やかなタマスダレを見て頂き、
IMG_5740.jpg
 本文に入りまっか。

 さて日々何かと楽しませてくれる野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは蝶の話を。

 この蒸し暑さで花期を勘違いしたのか、城南地区では梅雨に咲くコクチナシが幾つか咲いてましたで。ヤマトシジミが向こうに留まったんで絡めて・・・
IMG_5715.jpg
 って余りええ感じやおまへんので、奇麗な花をば。
IMG_5718.jpg
 そのヤマトシジミ昨日を大きく上回り134頭、もちろん今季最多。
 
 ウラナミシジミは観察数は減少したものの計27頭、
IMG_5728.jpg
 観察範囲が更に拡大し北外堀沿いでも確認。でもって帰宅途中府警本部前でも、えらい所まで来てるなぁと思った瞬間目の前をテングチョウが・・・ 残念ながら観察対象エリア外。

 においの森ではトイレ前で大人しいチャバネセセリ、ついついパシャリ。
IMG_5730.jpg

 アオスジアゲハはピークを過ぎ4頭と控え目。
 アゲハは3頭確認。梅林では梅の枝先に纏わり付く1頭、地色がやたら濁った個体。何か気になるなぁ〜。

 愛の森では昨日に続きクロコノマチョウが撮影されるも自身出会わず。
 豊国神社東ではルリタテハの観察情報。

 昨日3頭観察のツマグロヒョウモン♀、今日も飛騨の森で1頭、梅林で1頭、でもって植え替えられた青屋門前の花壇で吸蜜の1頭で計3頭。
IMG_5760.jpg
 しかし、♂だけやったら♂だけやし、♀だけやったら♀だけやし、何か意味あるんかなぁ?

 昨日未観察やったウラギンシジミ、太陽広場東の森、青屋門前、豊国神社裏で計3頭。
 
 ツツドリで賑わう桜広場で久し振りに登城のカミさんと落ち合う。来るのを待ちわびたとカミさんと蝶に詳しい甘辛686さん。梅林でこんな蝶を撮影したが何か分からないと。モニターを見せて頂き図鑑を捲る。 げぇ〜まさか〜・・・。

 モニターは開翅状態、図鑑では閉翅の裏面しか載ってまへんが表裏に差のない模様であればリュウキュウムラサキの可能性。複数人目撃したが撮影したのは甘辛さんだけと。

 その後梅林で大捜査線を敷くも・・・

 その画像が「お城と淀川の鳥撮り記」に掲載されてますわ。
 それを手掛かりに調べたところリュウキュウムラサキ。本種は分布域別に変異が大きいので各型があり、本個体は大陸型♀の可能性が高いと思いますねん。
 画像の個体は擦り切れているのでそれを考慮した上でっけど。

 近年では昨年に徳島、一昨年に高知で確認と新聞、ブログ。共に9月20日前後、台風の影響で飛来したかもと。

 いやぁ〜超珍鳥蝶出現!ほんまビックリでんなぁ。
 鳥見人として言うたらいかんかも知れんけど、ツツドリやノビタキどころではおまへんで、実際。

 6月にはスジグロシロチョウ、9月にはミヤマカラスアゲハ、でもってリュウキュウムラサキ。大阪城公園初記録種が続々現れる今年の蝶、これって台風の影響???

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
リュウキュウムラサキ・クロコノマチョウ・アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ルリタテハ・ツマグロヒョウモン・ツバメシジミ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・

posted by ひでキング! at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月01日

識別

 引き続き賑わってまっせ、大阪城公園は。
 昨日の元山さんのブログで、ヨタカ、ツツドリ、ノビタキ。結果から言ってノビタキは観察者なし。

 桜広場西端(内堀側)では、お昼寝ヨタカがゆっくりまったり、東端(ヘリポート側)ではツツドリの若鳥が羽繕いなど、これまたゆっくりまったり。

 このツツドリ、現場ではふむっ、ひょっとしてホトトギス?という疑問も抱いたけど帰宅後じっくり写真を見直し大きさなどからやっぱりツツドリ。ツツドリは西の丸庭園でも成鳥が観察され2羽滞在。 

●キビタキ:人工川♀型、極楽橋元駐車場天端♂、桜広場♂、西の丸庭園♀型など計7羽。
●オオルリ:桜広場♂若鳥。
●コサメビタキ:梅林、豊国神社裏。
●エゾビタキ:梅林、西の丸庭園。
●メボソムシクイ:人工川2羽。

●オオタカ:飛騨の森。
●モズ:人工川で高鳴き、飛騨の森でも観察者あり。
●エナガ:極楽橋元駐車場天端4羽、桜広場ヘリポート側でツツドリが去りし後シジュウカラメジロと混群で現れる。

●ヒドリガモ:北外堀4羽。
●カワセミ:南外堀1羽。

 全体的な個体数は少なく、ノビタキに会えんかったんは残念でっけど桜広場だけでヨタカにツツドリは贅沢な話しでんな、実際。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
ツツドリ・ヨタカ・キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・エゾビタキ・メボソムシクイ・オオタカ・モズ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・コゲラ・カワラヒワ・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・
カワウ・カルガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・アオサギ・カワセミ・ハクセキレイ・

 さて、蝶でっけど。
 雨上がりの観察、多くの出会いは期待出来んなぁ、なんて思ってたけどなんのなんの。

 観察開始早々、大手門西芝生エリアの松の葉の上でお寝ん寝中?のヤマトシジミ発見。
IMG_5457.jpg
 おいっ、もう雨上がってるで、8時やしそろそろ起きんと。
 そのヤマトシジミ、とうとう来ましたがな、ピーク。各所計92頭。もちろん今季最多。
 でもしっくりこんなぁ、観察を始めた頃は残暑厳しい8月下旬から9月上旬がピーク、でも5年ほど前9月にゲリラ豪雨が立て続けに降った年辺りからひと月ほどピークがずれてるような??? 

 でもってこの秋注目のウラナミシジミ、空堀をはじめ沖縄復帰の森、もみじ園、青屋門近くなど広範囲で計35頭とこれまた今季最多。
 東外堀沿いのアメリカセンダングサで吸蜜の写真を見て頂き、
IMG_5577.jpg
 もみじ園ではこの花に5頭が入れ替わり立ち替わり吸蜜に訪れ、
IMG_5530.jpg
 ツバメシジミヤマトシジミも。

 でもってジガバチまで。
IMG_5532.jpg
 このジガバチは蜜が目的やなく幼虫がイモムシやアオムシを食べるんでそれを狙いに来ましたんやろ。

 暫く出会わなんだツマグロヒョウモン、久し振りやなぁと思ったら♀でんがな!
 ♀となれば尚のこと久し振り。飛騨の森のランタナで2頭の♀。
IMG_5589.jpg
 梅林でも1頭。
IMG_5606.jpg
 ♂の観察なしで♀だけで3頭は珍しいなぁ、ほんま。

 愛の森ではクロコノマチョウが、梅林ではアカタテハも観察されてますねん。
 
 イチモンジセセリも若干個体数が増え4頭。
 チャバネセセリは7頭で依然イチモンジセセリより多く観察。

 雨上がりでボサーッと歩いて、野鳥も蝶も余り出会わんと思ってたけど結構な出会いでしたでぇ、実際。ツツドリとホトトギスで悩むし、ボサーッとしてたらアキマヘンな、ほんま。
 
 でもね、それには理由が・・・
 皆がツツドリを撮影中、後ろ向いてひとりだけこれを撮影してましてん。
IMG_5672.jpg
 蛾、蛾でっせ。久し振りに大型の蛾を見ましたわ、大阪城公園で。

 以前はウンモンスズメやシモフリスズメなんかのスズメガの仲間をちょいちょい見掛けましたんやけど最近はサッパリ。ツツドリもええけど、この期を逃すとまたいつなるか分からんし・・・

 ってな事で頭が蛾に行ってましてん。でもって、時間かけて調べてまんねんけど・・・。形状や模様はムクゲコノハに似てまんねんけど、後翅の白い部分が違うし???  識別って難しいでんなぁ、ほんま。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・ツマグロヒョウモン・アカタテハ・コロコノマチョウ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツバメシジミ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月25日

驚き桃の木・・・

 今日は大方曇の予報やったけど、なんのなんの。朝イチ東の空、雲が掛かってるけど薄く高い雲、お陽さんも充分照ってるし条件としてはええ方でっしゃろ。
IMG_5359.jpg
 さぁ〜、どっからでもかかって来いや〜!

 7:55に鷹見開始、待てど暮らせどらしき飛影は全く無し。ふ〜んおかしいなぁ・・・
 8:40、梅林上を1羽の猛禽の影、双眼鏡を構える、チョウゲンボウが太陽広場方向へゆっくり飛翔。一旦照明灯に留まるもすぐに飛翔。取りあえず猛禽1種GETやな。

 その後も待ち続けるも・・・おかしいなぁ、空気は上昇してるで、ほら。
IMG_5364.jpg
 何の鳥のどこの羽か分かりまへんがふわふわ舞い上がってたし。

 時間と共に諦めムード。残念10:10に諦めましたわ。その後観察中、気になり上を向きながら歩いたけどやっぱ鷹の飛影なし。
 観察終了後、大将に連絡を取る。空が気になったけど何にも飛ばんかったと。

 何でなんやろうなぁ、ほんま。年々早くなってると言われる鷹の渡り、大阪を通過するのがお彼岸前とはちょいと早過ぎやおまへんか。

 さて、いつものコースを逆回りし配水池東でカメラマンがオオルリ♂を撮影中、ひょっこっと現れたのがツツドリやおまへんか!目標を変更しカメラを構える。枝を小移りはするも大きく移動せず結構まったり。ワシのウデでも、
IMG_5408.jpg
 一応分かりまっしゃろ。

 この撮影中ひらりと現れた漆黒の蝶、クロアゲハがツツジに留まりこれまたまったり。
IMG_5381.jpg
 鷹の渡り一本勝負のつもりやったけど諦めてすぐにツツドリとクロアゲハ、合わせ技で一本としまっか!

 徐々に進む渡り、10時過ぎ西の丸庭園申羊櫓跡南で2羽のアリスイ。その後1羽は乾櫓付近へ、もう1羽は西の丸庭園を出て飛騨の森方向へ飛翔との事。

 西の丸庭園ではハイタカも。9月も終盤を迎え秋の渡り第二弾ってとこでっか。

●オオルリ:配水池東♂、市民の森♂♀、飛騨の森♂。
●キビタキ:配水池東♀型、梅林南端♂、市民の森♂♀、飛騨の森♂。
●メボソムシクイ:山里丸、飛騨の森。
●コルリ:西の丸庭園♀。
●コサメビタキ:配水池東、豊国神社裏、桜広場。
●ヤブサメ:豊国神社東。
●エゾビタキ:飛騨の森。

●オオタカ:飛騨の森。
●エナガ:修道館前8羽。
●モズ:西の丸庭園♂2羽。

●キンクロハジロ:昨日確認出来た♂は見られず、越夏♀1羽。
●ヒドリガモ:北外堀2羽。
●カワセミ:北外堀、東外堀各1羽。

 でもって、緑のリズムに足を踏み入れた途端ビックリ仰天!!!
 アオサギが立ってるやおまへんか!
IMG_5442.jpg
 近くに人は居らんかったとは言えアオサギが緑のリズムに。慌てる様子も警戒する様子もなくのっそのっそと歩いてるし、
IMG_5438.jpg
 時折羽繕いをするほどまったり。
IMG_5450.jpg
 長年歩いてるけど、緑のリズムでアオサギが歩いてるのって言うか、こんな大型の鳥が歩いてるの、始めて見ましたわ、実際。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
アリスイ・キビタキ・オオルリ・キビタキ・エゾビタキ・コサメビタキ・メボソムシクイ・コルリ・ヤブサメ・ツツドリ・ハイタカ・オオタカ・チョウゲンボウ・モズ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・
カワウ・カルガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・カワセミ・アオサギ・

 さて、蝶といきまっか。
 鷹の渡りは仕方ないとして、昨日初認のアサギマダラ、立て続けに確認出来るかと期待してたけど・・・

 日毎増え続けるって言うか昨日より気温がグッと上がったんであっちこっちで飛び回ってましたわ、ウラナミシジミ。
 空堀の21頭を始め広範囲で計25頭。とうとう飛騨の森まで範囲を広げましたで。
 伏見櫓跡のニラの花で吸蜜の写真をどうぞ。
IMG_5435.jpg

 鷹見中、何してるん遊んだろか。と2頭のゴマダラチョウが時折様子を見に来てくれるも、カメラを構えたらすぐに飛び立ちますねん。何というイケずなヤツ。

 ヤマトシジミは計63頭と気温が上がればやたら元気。
 観察種は昨日より少なかったけど、クロアゲハのお陰でご機嫌ご機嫌。

 それとね、昨日大将からメールでH[ash]がミヤマカラスアゲハを撮影したって。
 早速、H[ash]さんのブログ「大阪城公園撮り散歩」を確認。彼岸花に絡んだええ写真でんがなぁ、実際。もちろん大阪城公園初記録。

 しかし何でんなぁ、ミヤマカラスアゲハって深山に居てるんでっしゃろ、ここは大阪平野ど真ん中でっせ、驚き桃の木サンショウクイっと違うゃわ、山椒の木でんがな。アオサギは緑のリズムで歩いてるし・・・

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・クロアゲハ・ゴマダラチョウ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・モンシロチョウ・キタキチョウ・
 
posted by ひでキング! at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月24日

今日もまた

 さぁ〜気合い入れて鷹見でっせ! 
 前回同様鷹見場へ一目山、ところが、ところがでんがな、前回より風が強く山頂を覆ってた雲があっと言う間に真上に。仕方おまへんなぁ、早々に諦め明日に懸けるとしまっか。

 でもね、でもねでもね・・・
 鷹見場到着早々ツインタワー21方向から小さな影が南へ向かうのが見えましてん、双眼鏡を構えれば、うぉ〜アサギマダラや! アサギマダラが飛んでる!

 生駒山系の山並みをバックに飛翔を追う。力強く羽ばたき、時折力なくふわふわ風に乗り、また力強く。それを何度も繰り返し南へ南へ。
 ビルの看板と重なり見失ったけど、感動しまんなぁ、実際、目頭が熱ぅなった来ましたで。
 何週間、いや何ヶ月かけて南の国に辿り着くんやろ。最長2500qの旅、幾多の障害を乗り越えて必ず目的地に到着しろよ!

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはその他の蝶の様子を。

 と、その前に、涼しくなって蚊が少なくなってから撮ろうと思ってた市民の森のヤブランをご覧頂き、
IMG_5334.jpg
 改めて蝶の話をば。

 って言うても曇天で早朝は半袖では寒いくらいの天気、活動個体は少なかったな。その中でも元気やったんがウラナミシジミ。
 鷹見場へ向かう途中、空堀でお寝ん寝?
IMG_5258.jpg
 近付いてもピクリとも動かんかったなぁ、あの忙しい蝶が。
 もみじ園では交尾個体を含む5頭を確認。
IMG_5305.jpg
 で、この交尾中やけど。左の個体の後ろ足?が尾部辺りに接触しもぞもぞ、何やってるんやろ。
 以前もチャバネセセリの交尾中、♀と思われる個体が相手の尾部を刺激するかのように後ろ足でバシバシ叩いてたのを観察したし。蝶の交尾は長時間にわたるんで終始観察出来んけど交尾中こんな行動が各蝶で行われてるんやろうか?

 帰り際、空堀沿いを歩けば8頭が忙しなく飛び回る。留まったかと思うやすぐ開翅、
IMG_5355.jpg
 薄い雲に遮られた日光を体いっぱいに浴びてましたわ。今季は順調に増加し計15頭。

 空堀ではツバメシジミ、イチモンジセセリ、チャバネセセリも葛の葉の上で日光浴。差し詰め「スーパー銭湯 葛葉の湯」ってとこでっか。

 城南地区ではこれまた9月に入り順調に姿を見せてくれるルリシジミ。
IMG_5289.jpg
 イワダレソウの品種改良のフィラで朝ご飯。その後は日光浴で体を温める。
IMG_5293.jpg
 こちらは「大衆浴場 城南の湯」。飯食って風呂入ったら寝るしかおまへんで、実際。

 ヤマトシジミは計40頭と低い気温の割には多く目につく。
 モンシロチョウは人工川でひらひら。
 アオスジアゲハはグッと減り11頭。

 天気が悪ぅても何かと楽しませてくれますわ、実際。
 今日もまた鷹の渡りは確認出来なんだけど、明日早朝は晴その後は下り坂の予報、朝イチが勝負でんな。どうなるこっちゃ分かりまへんが、とにかくええ方に予報が外れることを願って、

今日の蝶といきまっか!
アサギマダラ・アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ルリシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・

 
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月22日

気になるヤツら

さっ、まず今日の野鳥たちといきまっか!
メボソムシクイ・カワラヒワ・メジロ・エナガ・シジュウカラ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・コゲラ・ハシブトガラス・
カワウ・カルガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・ササゴイ(若鳥)・ハクセキレイ・カワセミ・アオサギ・

 結果から言ってこの通り。ワシが確認出来た夏鳥は飛騨の森で「ビビッ」と聞こえたメボソムシクイ、北外堀でササゴイの若鳥だけですねん。

 ってのも、出がけに空を見れば天気予報と違って思いの外晴れてるやおまへんか。昨日の元山さんのブログでは「ツツドリ3羽」。気になるけど、それよりこの時期限定の気になるヤツが現れるかも?と、いつも通りの観察をパスし鷹見に変更。

 大手門前に到着するや一目散に鷹見場へ。7:50鷹見開始。
 東の空は山頂に雲が掛かるも
IMG_5182.jpg
 北の空は晴れる気配。
IMG_5183.jpg
 低い雲は北西に流れ、高い雲はゆっくり東へ。

 低い雲辺りでクルクル舞うサシバにハチクマ、さ〜どっからでもかかって来んかいっ! と期待に胸を膨らませ待つこと10分、20分・・・1時間。徐々に東の雲が勢力を増し一面雲に覆われる。結局9:10に諦め週末に夢を繋ぐことに。

 さ〜て、ここは大阪城公園のど真ん中、どっち向いて歩こ。昼から雨の予報やし中途半端な観察になるなぁ、実際。と悩んだ挙げ句、カモの確認にと北側から攻めることに。

 飛騨の森からは北外堀で6羽のヒドリガモ。
IMG_5202.jpg
 それと越夏キンクロハジロにカルガモ1羽。

 京橋口からは西外堀でハシビロガモ1羽に6羽のカルガモ。
 2種の越冬ガモは初認から継続的に滞在中でんな。

 11時頃、パラッと雨が来たんで慌てて帰宅したものの・・・
 結局雨降ってないんと違うん、それやったらもっと時間かけて歩いたら良かったぁ。ってな事でササッとテキトーに歩いたんで夏鳥とは出会わず。

 週末には夏鳥わんさか、上空を目が廻るほどの鷹が渡った〜、な〜んて報告したいなぁ〜。

 ほなっ、お次は蝶の話を。
 鷹と共に気になるヤツは、やっぱアサギマダラでしょ。
 鷹見中、天空を舞う姿や内堀から目前を急上昇する姿も見られるし、公園内の枝にぶら下がってるって事もあるんでかなり意識しながら歩いたけど・・・はぁ〜。

 ただアサギマダラはこれからが本番、まだ諦めてまへんで〜。
 その他蝶は、テキトーに歩いた割には多く出会いましたな。
 
 恐るべしもみじ園では前回に続きキマダラセセリにイチモンジセセリ。キタキチョウが舞い、足下から飛び立つアカタテハ。横向いて歩いてたら急に目の前に現れるやおまへんか!まさか通路に居てたとは・・・

 ウラナミシジミは広範囲で確認出来、これまでのもみじ園や空堀以外に大手門前でも観察。
IMG_5237.jpg
 このまま順調に各所で観察出来るようになったらええんやけど。
 大手門前ではツバメシジミも。
IMG_5246.jpg

 南外堀沿いではヤブガラシで吸蜜のゴマダラチョウ。
IMG_5227.jpg
 ヤブガラシでの吸蜜は余り見掛けんなぁ。

 今日は天気に振り回され、そのうえ気になるヤツらとの出会いはひとつもなかったけど週末に懸けるとしまっか!

 そんでもってサシバ、ハチクマ。アサギマダラより気になるヤツがあと一歩のところまで。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・アカタテハ・ゴマダラチョウ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月19日

のんびり

 嫌な天気が続きまんなぁ、ほんま。今年の台風はのんびりしすぎでっせ、実際。
 いつやったか10号でっか、Uターンするし今回の16号も13日に発生って事なんで、かれこれ一週間になりまんがな、今夜遅くには九州に上陸の予報、気ぃ付けておくんなはれや。

 さっ観察開始、大手門前に到着すれば。「整列、ひでキング!様のおな〜り〜」とスズメが石段に集まり整列するやおまへんか!
IMG_5096.jpg
 お〜、苦しゅう〜ない。ってなもんですわ。なかなか気持ちのええもんでんな。

 さて、一週間と言えばツツドリ。全てが同じ個体とは言えんけど今日も教育塔裏で幼鳥が撮影され、これで一週間でんな。一昨日、ヘリポートで観察した成鳥は昨日から現れたオオタカに場所を陣取られその後姿を見せんとのこと。

 でもって、今日もヘリポート北側でオオタカが睨みを利かせてましたで。
IMG_5131.jpg

 飛騨の森ではコルリの♀。初認が10日、これまた長期滞在で9日目。
 コルリより長期滞在はサンコウチョウ。初認は8月18日、それ以後毎週観察、その間断続的な情報も。もちろんずーっと一緒の個体かは分かりまへんが、種としての継続記録ではひと月以上。

 かなかな新顔が現れんけど、一昨日には西の丸庭園でヨタカの報告、一日で居らんようになったようでっけど。それとハシビロガモでっしゃろ。
 昨日は東外堀でマガモの♀が観察され、配水池東で今季2度目?のホオジロ。
 まっ、ゆっくりとではおまっけど、進んでるっちゃ〜進んでるか。
 
 ところで今日の状況はといえば・・・
●キビタキ:人工川♀型、配水池東♀型、元射撃場と梅林で「プリップリッ」の声。
●コサメビタキ:飛騨の森と豊国神社裏。
●ツツドリ:上記教育塔裏→六番櫓→西の丸庭園空堀へ移動とのこと。
●サンコウチョウ:ヘリポート→豊国神社東→修道館裏へ移動と聞く。
●エゾムシクイ:人工川、配水池東。

 その人工川で一昨日まで確認出来ず今年は見れんかなと思ってたシロバナサクラダテ、今日やっと1本咲いてたんでご覧くだされ。
IMG_5098.jpg

 オオルリは寂しいかな姿なし。
 今日のカモはカルガモと越夏キンクロハジロのみ。 
★追加情報。
 3時半頃、西外堀でヒドリガモ2羽今季初認、ハシビロガモ3羽。カモも続々到着してまっせ!

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
ツツドリ・サンコウチョウ・キビタキ・コサメビタキ・コルリ・エゾムシクイ・オオタカ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・コゲラ・エナガ・スズメ・カワウ・アオサギ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて蝶でっけど。
 観察開始から暫くは曇天とあって活動個体は余り見掛けず。薄日の差し始めたもみじ園で日向ぼっこのヤマトシジミ見つければ・・・
IMG_5106.jpg
 ムラサキシジミとツバメシジミが居てたよと聞く。
 キタキチョウ3頭が飛び回り、今日唯一のイチモンジセセリもちょこまかちょこまか、キマダラセセリも日向ぼっこに現れ、
IMG_5110.jpg
 ウラナミシジミも2頭が追っかけ合い。ウラナミシジミは広範囲で計16頭、内12頭は空堀で。
 これぜ〜んぶ、もみじ園でっせ。 もみじ園恐るべし。

 市民の森で目の前をワッと横切る黒い蝶、ワシの周りをゆったり飛翔のクロアゲハ。この個体右の尾状突起及び後翅下部が欠損してるんで今度出会えばすぐに分かりまっしゃろ。

 最後に歩いた豊国神社東でオオニシキソウ、と思うけど鋸歯がないんで悩みつつ撮影したオオニシキソウと思う写真を見て頂き、
IMG_5167.jpg
 雨がポツポツ。

 こりゃ〜のんびりしてられん、ササッと歩いてなんとか傘を使わず観察終了。

 あと数日は台風の影響で荒れ模様、早くスカッと秋晴れにならんかなぁ、実際。
 今年の秋は台風も野鳥ものんびりかぁ???

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・クロアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ムラサキシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

確実に

 なんで、なんでこんな蒸し暑いのよ、ほんま。秋の気配どころか夏に逆戻りでんがな、何とかして〜って言いたなりまんなぁ、実際。最高気温32.1℃、湿度は早朝92%その後は平均80%ほど、これってやっぱ夏でんがな。

 さて野鳥の報告でんな。
 大まかには昨日の元山さんの観察と大きな変化なし。やけども・・・

 朝イチ大手門前でアオモンイトトンボを撮影後体を起こせば大手門横の塀の上に見慣れん影。
IMG_4970.jpg
 クルッと回り込みパッシャッと撮影。最近よく見られてるイソヒヨドリ、写真を見る限り♂若鳥でんな。
IMG_4974.jpg
 その後城南地区で本町通り沿いのNTTの建物から2羽のイソヒヨドリが鳴きながら豊国神社方向へ、1羽は元の建物へ。戻った個体は♂の若鳥。写真の個体でっしゃろ。もう1羽の雌雄成若は不明。

 音楽堂西通路で大型の鳥影がうろうろ。
 ヒヨドリより大きい、ほぼハトの大きさやけどかなりスマート・・・ツツドリ?と暫く探し毛虫を食べる成鳥発見。

 後にヘリポートで出会ったカメラマン達から成鳥の写真を見せて頂く。行ったり来たりなかなか撮影出来ないと。

 一昨日は梅林に成鳥、ヘリポートで幼鳥。昨日はヘリポートで幼鳥ってことでっけど、今日は音楽堂付近とヘリポートを行き来してると思われる成鳥1羽、ほんなら幼鳥は何処へ?

 市民の森でサンコウチョウ。真下から1羽確認、直ぐさま音楽堂方向へ飛んでったけど、その時は2羽で仲良く。大きさ形は全く同じ。サンコウチョウ2羽が同行???

●キビタキ:市民の森、配水池東、梅林で計4羽、全て♀型。
●オオルリ:市民の森♂1羽♀1羽。
●エゾムシクイ:市民の森1羽。
●コルリ:飛騨の森♀1羽。
●コサメビタキ:人工川、配水池東、豊国神社裏。
●エナガ:大手門西芝生エリアで5羽の群れと市民の森で。
●カワセミ:西外堀1羽。
●ハクセキレイ;西外堀ともみじ園で。

 でもって、教育塔天辺でモズが高鳴き。
 これまた、そんでもって西外堀北側でハシビロガモご一行様到着!!!って言うても3羽でっけど。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
ツツドリ・サンコウチョウ・キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・エゾムシクイ・コルリ・イソヒヨドリ・モズ・エナガ・メジロ・シジュウカラ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カルガモ・ハシビロガモ・キンクロハジロ・アオサギ・コサギ・カワセミ・ハクセキレイ・

 さて、何かと面白い今年の蝶の話しでんな。って言うても毎回何かあるわけではおまへんで。

 今季少ないイチモンジセセリとチャバネセセリ、観察開始早々大手門で両種と出会う。取りあえずクサギで朝ご飯中のチャバネセセリの写真を撮って。
IMG_4976.jpg
 今日の初蝶が2種のセセリ、この調子やったらメッチャ増えてるかも、という期待も虚しくイチモンジセセリは3頭、チャバネセセリはこの1頭だけ。

 教育塔裏から人工川への小道、足下で見っけたのが、わぉ! ホシミスジじゃん! ウレピー!
IMG_5055.jpg
 まだ閉翅(裏面)の写真撮れてないんで暫く待つと、数分おきに数度ゆっくり開閉、閉じたところをパシャリ!っと一発で決まらんのがワシのテクニックでんがな。15分位粘ってこんなもん。
IMG_5044.jpg
 この間どれだけ蚊に餌を与えたことやら。

 本種は8月11日に人工川で撮影、その後15日に教育塔裏でらしき飛影を確認、それ以来のひと月以上出会わんかったんやけど、過去の記録から複数と居るとは考えにくく同一個体ってのが自然な考えですわ。だとすれば本種は成虫でひと月以上生きてるって事でんな。

 翅の状態から命からがら生き延びて様子が窺えまんがな、何だか涙出てきそうですわ、実際。

 もみじ園と空堀では、なんとか刈られずに済んでる葛に纏わり付くようにウラナミシジミが計14頭。この状況やったら今年は多く確認出来るかな。

 そのもみじ園では、久々に撮影出来たセスジイトトンボ。
IMG_5087.jpg
 本種は夏季中堀内の浮き草のや藻の上でしか確認出来んかったんでプチ・ウレピー! 

 豊国神社裏では久々のツバメシジミと出会うもピタパタ飛び回り撮影不能。
 帰り際大手門前でお疲れさんと、これまた久々のモンキチョウがお見送り。
IMG_5094.jpg
 おおきに!って、このモンキチョウもこの状態で全く動かず、お前さんこそお疲れさんと違うゃか?

 蒸し暑く夏に逆戻りした感の天気やけど、モズの高鳴き、ハシビロガモの到着、確実に季節は進んでまんねんなぁ、ほんま。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・モンキチョウ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・ホシミスジ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ベニシジミ・ルリシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・
posted by ひでキング! at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月11日

ええ感じでんな

 広島東洋カープおめでとう! 
 2位ジャイアンツを直接下して15ゲームの大差を付け25年振りの優勝。82勝の内42勝が逆転勝ち、昨日の試合も見事な逆転での勝利。カープファンには申し分のない試合でしたやろ。

 しかし情けないな我らが阪神タイガース、今年は広島のお得意さんでしたがな、差し詰め阪神銀行ってとこでっか。阪神も頑張らんと11年優勝から遠ざかってまんねんやろ、気が付けば四半世紀振りの優勝ってな事になりかねまへんでぇ、実際。ワシが生きてる内に優勝出来るやろうか。

 さて昨日に引き続き賑やかな野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。

 そろそろ咲き始めたニラの花を見てもろぅてやね、
IMG_4868.jpg
 蝶の話といきまっか!

 昨日71頭を確認したヤマトシジミ、今日は84頭と今季最多。若干遅れのピークがやってきたって感じでっか。

 第3化の時期が気になるアオスジアゲハ、9月に入って徐々に増え今日は18頭。今後の観察数に注視しつつ最終的な羽化期の波を判断するとしますわ。

 昨日1頭だけしか出会わんかったモンシロチョウ、ほぼ変わらず2頭の観察。
 
 最近ワシの中で何かと話題のキタキチョウ、昨日から大きく数を増やし今日は7頭を観察。元博物館裏では合歓の若木に産卵の個体も。
IMG_4914.jpg
 石垣の隙間から生えてたんで伐られへんかなぁ、心配。

 ウラナミシジミは空堀ともみじ園で9頭を確認。

 もみじ園で先週イチモンジセセリを撮影したガガイモが咲き始めてましたわ。写真を撮ろうと思ったその時! ええタイミングでホシヒメホウジャク(多分)が吸蜜に。
IMG_4865.jpg
 ガッツリ粘ってやっと撮れましたわ。

 でもって、イチモンジセセリは城南地区で2頭。
 チャバネセセリは1頭の観察のみ。 今年はこの2種の数が異様に少ないなぁ?
 もみじ園ではベニシジミも。
 
 ウラギンシジミは緑のリズム、配水池東で。
 ゴマダラチョウは市民の森で2頭。

 昨日余りええ写真が撮れなんだルリシジミ、梅林で昨日よりはマシな写真撮れたんで取りあえず。
IMG_4873.jpg

 秋の気配を感じ、そろそろ姿を現すやろうなぁ、と思ってたテングチョウ、飛騨の森で一瞬留まるも・・・

 その飛騨の森でアゲハがランタナでまったり吸蜜。
IMG_4900.jpg
 夏型は迫力あって落ち着いてて優雅でんなぁ、ほんま。

 2種のセセリ以外は順調な観察やなぁ、とご機嫌で帰路へ。

 千貫櫓を抜け大手門へ向かう途中、石垣と塀の間にアゲハが留まってるやおまへんか。何をしてるんやろと双眼鏡で捕らえた瞬間。
 えっ、キアゲハじゃん!!! もちろん今期初でっせ〜!
IMG_4957.jpg
 この写真では分かり難いけど双眼鏡で見たときは開翅状態、最大の識別点である前翅基部の特徴をハッキリクッキリ確認。

 暫く様子を見てましたんやけど、翅を羽ばたかせることなくずーっとこの状態。よっぽど美味しい何かがあるんやろうか、それともストロ−が抜けんようになったんやろうか。大股開いてえらい踏ん張ってるみたいやけど。

 ここまではええ感じで進んでる渡り、明日の夕方から週末まで愚図つくってな天気予報なんで暫くは現状維持って感じかな。でも雨上がりは更に季節も進みまっしゃろ。同様に渡りが進むことを祈るとしまっか!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・キアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・テングチョウ・ゴマダラチョウ・ウラナミシジミ・ウラギンシジミ・ルリシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・
posted by ひでキング! at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月10日

加速

 気持ちええ朝、日中強い陽射しも影は涼しく季節が加速したって感じでんな、実際。

 徐々に進む秋の渡り、今日の進み具合は如何なものか。

 観察開始早々育塔裏でいきなりキビタキ♂。高い木の樹上を飛び回り追っかけるだけで精一杯。
●キビタキ:上記他、沖縄復帰の森、豊国神社裏、桜広場、配水池東、飛騨の森、弓道場など計12羽。♂成鳥は教育塔裏、市民の森、桜広場、配水池、豊国神社裏。弓道場で。
●オオルリ:市民の森♀と若鳥、桜広場♂、飛騨の森♀。早朝配水池東で♂1羽と♀型5羽が乱舞と。想像でっけど、今朝大阪城公園に到着したオオルリ御一行さんが各所に分散したんと違ゃいまっか。
●コサメビタキ:西の丸庭園の6羽を始め市民の森、飛騨の森、豊国神社裏で計11羽。多分もとおいてまっしゃろ。
●コルリ:飛騨の森で♀、西の丸庭園で若鳥。
●ヤブサメ:早朝飛騨の森でコルリと共に観察との事でっけど、その後行方不明に。
●エゾムシクイ:市民の森で2羽。
●サンコウチョウ:昼頃には沖縄復帰の森と市民の森で。早朝は豊国神社裏で観察との事やったけど昼過ぎには確認出来ず。

●オオタカ:北外堀観察中、カラスに追われ飛騨の森から飛び出す猛禽。後ろ姿はオオタカやと思うんやけど??? その後飛騨の森で出会った方にさっきオオタカが飛び出したと。方向、時間、ワシが見たのとピッタリ一致。
●エナガ:豊国神社東でシジュウカラ、コゲラと共に2羽。
●カワラヒワ:市民の森で4羽、修道館西7羽、その他各所で「キリキリコロコロ」

●キンクロハジロ:今日はちゃ〜んと北外堀で確認。
●カルガモ:西外堀7羽。
●カワセミ:北外堀1羽・内堀西の丸庭園側で1羽。
●でもって、久々のハクセキレイ:西外堀でトンボを撮影中「ツィツィン・ツィツィン」残念ながら姿は確認出来ず。 一昨年までは繁殖期中、チビさんを引き連れて来てましたんやけど、昨年からチビさんの姿が見えず。夏の間は殆ど出会わんかったんですわ。

 とまぁ、賑やかになってきましたで!

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
コルリ・キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・サンコウチョウ・ヤブサメ・エゾビタキ・オオタカ・エナガ・シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・スズメ・コゲラ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・ハクセキレイ・カワセミ・カワウ・アオサギ・カルガモ・キンクロハジロ・

 さっ、そろそろ咲き始めたタマスダレを見て頂き
IMG_4710.jpg
 蝶といきまっか!

 朝イチの活動個体が少なくなったのは気温が下がったから?
 大手門前から人工川までは蝶の姿なし、ここでは居るやろと目を凝らしナガバオモダカに留まるモンシロチョウを確認。 今日のモンシロチョウはこの1頭だけ。

 その横には頭に血が登りそうな姿勢でウラギンシジミ♀。
IMG_4661.jpg
 ウラギンシジミは沖縄復帰の森、青屋門前、空堀でも確認。

 あっ、そうか! 人工川行く前にシオカラトンボの朝ご飯の写真撮って帰宅後餌を確認。そしたら・・・
IMG_4654.jpg
 これ分かりまっか? 翅の班の模様からチャバネセセリ。
 今日の一番蝶はチャバネセセリ? チャバネセセリは城南地区でも2頭。しかし厳しいのぅ、自然は。

 でもってやっぱりイチモンジセセリの姿はなし。何だかおかしいなぁ、ほんま。
 その代わりっちゃ〜大変失礼やけど、沖縄復帰の森でキマダラセセリを確認。

 ゴマダラチョウは飛騨の森、内堀で。面白いのは空堀の個体。
 アキニレ?に一瞬留まりそのまま降下。内堀の水面に浮き上がった藻の上で吸水中背後から迫り来るミシシッピーアカミミガメ(通称ミドリガメ)がゴマダラチョウを狙いパクリ! とはいかず、間一髪で飛び上がる。 サンコウチョウには捕まるけど亀には捕まりまへんねんな。

 ツマグロヒョウモンは城南駐車場とボケ植栽場で。でもってこれまた面白い行動が。
 ボケ植栽場の♂。近くにホバリング状態のウスバキトンボが4匹。気の強い本種が果敢に追い払うのはええけど・・・あっちを追っ払えばこっちが戻り、こっちを追っ払えばあっちが帰って来。イタチごっこの蝶とトンボ。

 さっ、京橋口近くで今年もちゃ〜んと咲いてくれたヒヨドリジョウゴの写真を見て頂き、
IMG_4733.jpg
 先に進みまっか!

 西の丸庭園焔硝蔵裏、ミヤギノハギでルリシジミ。
 IMG_4777.jpg
 他数カ所でらしき飛影を見掛かるも確認出来たんはこの1頭だけ。

 同所ではウラナミシジミも2頭。ウラナミシジミは元射撃場、空堀でも確認出来計10頭。西の丸庭園以外ではいずれも近くの葛に纏わり付く。

 市民の森を観察中頭上を舞う漆黒の蝶。おっ、ナガサキアゲハや!
 盛夏とは違い飛翔もゆったり。これやったら写真撮れるかもと早足で後を追い、ニレ科の葉の上に留まったところを・・・パシャリ、パシャリ、パシャリ、パシャリ!
IMG_4721.jpg
 ままっ、何とか分かりまっしゃろ。 でもってこの個体後翅の外側が欠損。これもサンちゃんの仕業??? 
 飛騨の森でも1頭のナガサキアゲハ。場所も遠いし翅の欠損がなかったんで別の個体でんな。

 いやぁ〜野鳥に負けじと蝶も各所で楽しませてくれましたわ、ほんま。

 今朝到着したと思われるオオルリ、キビタキ、コサメビタキ。秋の蝶ウラナミシジミやウラギンシジミも個体数が増え大阪城公園の秋は加速しましたで!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ゴマダラチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ルリシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・キマダラセセリ・

posted by ひでキング! at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記