2020年01月26日

次から次へ

 良かった良かった。数日前の天気予報では土曜日が晴で日曜日は雨、昨日は仕事やったし今日雨やったらどうしよう、国際女子&ハーフマラソンもあるし・・・ってな事を思いながらここ数日仕事してましたんやけど、雨降らんでよかったわ、マラソンの影響もなかったし。

 今日出会った鳥見人は二人、高校生U君と植物に詳しいAさん。相変わらず少ないのぅ。Aさんの話によるとお隣の鶴見緑地ではレンジャクが現れたと、ひょっとして大阪城公園にもと思い駆けつけたが・・・と。

 なるほど、みんな待ちわびてたレンジャクとなればそりゃ〜駆けつけるやろ、チョイと足を伸ばして大阪城公園に来て欲しいもんでんな、ほんま。

 U君とは二度出会いそれぞれの情報を伝え合う。帰り際ラインに「探鳥会の人と出会い、音楽堂西通路で複数人の方がヒガラを観察」と。おっ〜ヒガラか、めっちゃ久しぶり。

 ここでまたまた元山さんの記録本を捲り・・・直近では2014年11月上旬とのこと。そうなんや、5年以上来てなかったんや〜。ある意味レンジャクより貴重かも。

 それと気になる事がもうひとつ。
 最近オオタカよりハイタカとの出会いが多いワシ、今日も8:22に沖縄復帰の森上空を旋回の1羽を確認、その後11:15に修道館と豊国神社の間の通路の突き当たりの天端で本種確認。

 その個体がこれ!
P1040105.jpg
 スンマヘンなぁ、下手な写真で暗らかったんで明るくしてまんねん。
 でもこの際出来映え云々やなしに、良〜く見てくんなはれお腹の部分。移動して角度は違うけど赤く見えまっしゃろ。
P1040127.jpg
 先週から気になってましてん。ボケボケの写真やからゴミ箱に行ったけど、もみじ園で撮った本種の飛翔写真、年末からよく見かけた個体とはな〜んか色合いが違うなぁ〜、って思ってましてん。

 大晦日と12日にアップした個体はお腹が白っぽいでっしゃろ。
 昨日のおきらくさんのブログにも早朝飛騨の森で本種正面からの写真が載ってまっけど、お腹が白い。これは年末からワシが良く出会ってる個体と一緒でっしゃろ。

 でもって、今日の写真はお腹が赤い。最近ハイタカはやっぱ2羽居てまっしゃろ、この状況は。同日に違いの分かる写真が撮りたいねぇ〜。

●ハイタカ:沖縄復帰の森上空と豊国神社裏天端で2度で会う。
●モズ:教育塔裏、第二寝屋川で♀。もみじ園付近で高鳴き。
●ジョウビタキ:人工池、京橋口、飛騨の森で♀。西外堀、豊国神社東で♂。
●ウグイス:豊国神社東西で3羽、市民の森、音楽堂西通路。
●エナガ:京橋口、飛騨の森で計3羽。
●ヤマガラ:沖縄復帰の森1羽。
●ヒガラ:上記、野鳥の会定例探鳥会の方々が、音楽堂西通路で観察。
●シメ&イカル:市民の森でこれまた、探鳥会の方々が各1羽観察と聞く。
●アオジ:音楽堂西通路5羽、一番櫓1羽。
●カワラヒワ:雁木坂で30羽の群れ、他所計38羽。
●アトリ:太陽広場東の森で10羽。
●シロハラ:梅林南端2羽、豊国神社東1羽。
●ツグミ:愛の森観察中、ドバト群れが飛び立ちそれにつられ数羽単位で次から次へ飛翔。あれよあれよという間に大きな群れが枯れ木に。
 勘定すれば45羽。げっ、そんなに居てたん。鳥見の70%は声って言うけど、ほんま鳴かんかったらこれだけの数のツグミに気付かんかぁ。

 ウグイスが宿る、鶯宿をご覧頂き、
P1040086.jpg
 堀の様子を。って、ウグイスがこの木に留まってるのみたことないし・・・

●オカヨシガモ:東外堀以外で17羽。
●コガモ:18羽、16羽が南外堀。
●ヒドリガモ:南外堀以外で30羽。
●ハシビロガモ:55羽。49羽が北外堀。
●ホシハジロ:106羽、6割の62羽が北外堀、南堀で33羽。
●キンクロハジロ:181羽。北外堀147羽、南外堀25羽、他の掘り数羽程度。
●マガモ:22羽。半数近くの10羽が人工川、他は北外堀以外の堀で。
●カルガモ:人工川、内堀、北外堀で計5羽。

●カイツブリ:西外堀、南外堀、東外堀で計5羽。
●カンムリカイツブリ:やや活動的?いつもほぼ寝てたけど、今日は5分ほど泳いでた。

●バン:今日も朝イチ西外堀大手門側で観察。
●オオバン:各堀+第二寝屋川で41羽とやや少ない。

●セグロカモメ:南外堀と北外堀で飛翔を観察。
●ユリカモメ:北外堀から第二寝屋川にかけて23羽が上空を舞う。

●アオサギ:北外堀で2羽。
●コサギ:人工川で1羽。
P1040056.jpg
 で、この個体。先週までの個体とは違い警戒心薄め。足を確認すれば・・・
P1040052.jpg
 おっ〜、指折れ君やおまへんか!やっぱ人懐っこい性格してるなぁ。

●ゴイサギ:昨日U君が北外堀塒と西側の木で成鳥6羽とホシゴイ2羽の計8羽を観察したと聞いてたんで、ここは慎重に探し・・・
 いつもの塒で成鳥5羽、西側の木で成鳥とホシゴイ各1羽。今日は7羽か、探し切れんかったかぁ。と思いつつ京橋口から飛騨の森側の内堀へ。

 その時、茶系の大型の鳥が極楽橋付近から青屋門方向へ。周囲で鳥が騒いでないし猛禽ではない。では何???分からん???

 悔しい思いをしてるとその鳥が戻ってくる。おっ〜そうか!ホシゴイか!そういや〜、以前山男Tさんが内堀で観察したって聞いたし、ワシも見たことあるもんなぁ〜。
 ってな事で、北外堀塒で成鳥6羽ホシゴイ1羽、内堀でホシゴイ1羽の計8羽。

●ハクセキレイ:各所計12羽。
●キセキレイ:西外堀、南外堀。
●カワセミ:東外堀。

●カワウ:沖縄復帰の森北端から元射撃場を観察。何も居らんか〜と頭を上げた瞬間、北へ向かう本種の群れ。横一列で長い編隊を組み同じタイミングで羽ばたき飛び去る。カウントしようにも全体が見えずただ後ろ姿を見送るだけ。

 過去にもカワウの群れ見たけど、10〜20羽でひとつの編隊組んでその群れがいくつも集まるってのが殆どやったけど、今日みたいに横一線であれだけ長い群れ見たことないわ、20とか30やおまへん、ほんまに横一線でしたで。

 それよりほんま次から次へ咲きまんなぁ、梅。
 上記鶯宿に続き、鳥の名の付く旭鶴。
P1040089.jpg
 これ以外にも、ワシが通りがかりに確認しただけでも、
 八重海棠、鈴鹿の関、緋の司、蓮久、日光、小緑顎、雲錦朱砂、単弁跳枝、曙枝垂れ、でもってかの有名な南高。これだけ一偏に咲くかぁ、ほんま

 でも何でんな、ここへ来てチョイと動きが見え始めたか鳥たちのプチ移動。久々のヒガラ、お隣さんのレンジャクも気になるし、次から次へと期待が高まりまんなぁ、ほんま。

 でもって今度の土曜は2月1日、これまた期待してまんがな、○ーソ○・お○ん!

ほなっ、上記外の鳥といきまっか!
スズメ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 
posted by ひでキング! at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月19日

ボ〜ッとしてても

 今日もポカポカええ天気。
 昨日書いたけど、ほんまヤバいで、梅林。昨日は咲いてなかった品種も続々開花。昨日今日の開花を確認しただけでも、八重野梅、黒雲、道知辺、緑顎、月の桂、これに年明けから開花してる寒紅に冬至。

 サッと通り抜けてワシの記憶にあるだけでこれだけの品種が花を咲かせ甘酸っぱい香りを放ってましたわ。100を越える品種があるんでまだまだこれからやろうけども、まだ1月半ば過ぎでっせ、このまま温かい日が続けば2月の中旬にピーク終えるん違ゃいまっか、ほんま暖かいな。

 穏やかな天気に穏やかな鳥たち、ボ〜ッと歩いてな〜んも写真撮ってまへんわ、はっはっは〜。
 最近、時折写真のない日がおまっしゃろ、その日はボ〜ッと歩いてまんねん。

●ハイタカ:8:55、西から来た本種がもみじ園西側の枯れ枝の留まる。直ぐに市民の森へ飛翔。話では早朝飛騨の森で狩りの様子が観察されたと聞き、9:40には配水池東で観察される。
 朝には飛騨の森、9時前に市民の森に移動し、9:40配水池東で。そんな行動パターン、広域を飛び回ってまんな。
●ツグミ:群れは確認出来ず疎らで10羽。
●シロハラ:ちょいと増えて8羽が観察される。って言うてもこの数でっけど。
●ジョウビタキ:音楽堂西通路♀、桜広場♂♀、空堀♂、大手門西♀
●モズ:梅林で1羽と聞く。
●エナガ:沖縄復帰の森南側で4羽。大体ワシが沖縄復帰の森に行くのが8時半前後、その時間帯はほぼ出会いまんな。
●ヤマガラ:上記エナガと共に2羽。ほぼエナガと同行?エナガをここで確認し暫くすれば大体出会いますわ。逆に言えばここでエナガに出会わなんだらヤマガラにも出会わんって事。
●カワラヒワ:群れとは出会わず3羽の観察。
●アオジ:音楽堂西通路、人工川、修道館裏で計7羽。
●シメ:飛騨の森で5羽、梅林1羽。
●アトリ:飛騨の森で10羽。

 今日は朝イチのオオタカは確認出来ず、その後も見聞きすることはおまへんでしたわ。

●オカヨシガモ:内堀が殆どで16羽。
●コガモ:内堀、南外堀、人工池で計25羽。
●ヒドリガモ:各外堀+第二寝屋川で観察するも24羽。
●ハシビロガモ:全ての堀で計44羽。
●ホシハジロ:東外堀以外で計67羽。
●キンクロハジロ:全ての堀で観察計158羽、主に北外堀で。
●マガモ:東外堀以外の堀で計20羽。
●カルガモ:人工川、北外堀で10羽。

●オオバン:ほぼ安定し全ての堀+第二寝屋川で計56羽。
●バン:今日も元気に朝イチ確認。今日で71日目。

●カイツブリ:南外堀で多く7羽、東外堀1羽。
●カンムリカイツブリ:かなり落ち着いた様子で北外堀のキンクロハジロに混ざって浮き寝、9日目。ひょっとして自分はキンクロハジロと思ってるんと違うんかな〜???

●キセキレイ:南外堀。
●ハクセキレイ:各所で11羽。
●カワセミ:西外堀から南外堀へ飛翔。

●ユリカモメ:東外堀1羽、北外堀5羽。
●セグロカモメ:8:11南外堀を西から東へ飛翔、その後北外堀と第二寝屋川で周回する1羽、同じヤツ?

●コサギ:人工川、内堀。人工川の個体は最近よく観察出来る足の特徴のない個体。
●アオサギ:人工川、北外堀沿いゴイサギの塒の木の隣で2羽。
●ゴイサギ:北外堀いつもの塒の木で成鳥5羽、アオサギの木で成鳥1羽、その西側の木で成鳥とホシゴイ各1羽で、え〜っとげっ!8羽や!もちろん今季最多。しかし8羽以上の観察ってのはいつ以来になるやろうか。
 元山さんの記録本を捲ると、2013年9月18日の13羽、それ以後は8羽以上の記録なし。
 ここまで来たら7年ぶりの二桁確認したいもんでんな。

 今冬の楽しみは、バンと先週から飛来したカンムリカイツブリの滞在記録。昨年9月20日沖縄復帰の森で姿を現したヤマガラ、現在も同所で継続的に確認され久々の越冬なるか、ってなところでっけど、これにゴイサギの観察数がどうなるか。楽しみが増えましたわ。
 ボ〜ッとして歩いてても、何かと楽しみがあるもんでんな。

ほなっ、上記以外の鳥たち!
メジロ・シジュウカラ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・カワウ・
posted by ひでキング! at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月18日

地上の鳥

 ♫風の中のスバル〜 砂の中の銀河〜 みんなどこへ行った〜♫ 

 観察中、早めにブログのネタとタイトルを決めよ、その方があとが楽やって思いながらいつも歩いてまんねんけど、今日のタイトルを決めたときからこの曲が頭から離れまへんねん。
 今日はタイトルそのまんまの観察。みんなどこへ行ってしもうたんや〜・・・。

 このタイトルにしようって切っ掛けになったんが、音楽堂西通路。
 鳥の少ない今季の大阪城公園にあって、あの細い通路にアオジ5羽、シロハラ1羽、キジバト1羽、シジュウカラ2羽、そんでもってジョウビタキ♀までが地上でぴょんぴょん跳びはねながら何や啄んでましたで。暫く楽しませてもらいましたわ、地上の鳥たちに。

 そこへ来て、頭上ではエナガ4羽、メジロ10羽ほど、ヤマガラ2羽が桜の枝を飛び回る。ハッキリ言うて、ここが一番賑やかでっせ、哀しいかな。

 さてさて、情けなくも少ない今季の鳥たち。って言うても鳥に責任があるわけやなし、その日その日出会った鳥たちの記録をする、それが目的。

 そんでもってやっぱりでしたで、西外堀のバン。
 先週連日千貫櫓下で確認し、7:20頃にはここに居てるなとほぼ行動パターンを分析。今日もと思うも見当たらず、あれ〜???

 こりゃ〜探して歩かんといかんなぁ、と思った矢先。真下からヒョコヒョコ泳いで現れる。二ヶ月以上滞在してやっと警戒心解けた?

 でもってお次は西の丸庭園天端のオオタカ。この時間に居てたり居てなんだり。
 今日はどうかと双眼鏡を向けると・・・ほ〜、こちら向きでどっしり。7:28に発見、その前に既に居てたんやろうけどね。

 近年オオタカの成鳥が特に珍しいわけでもなく、年中見られるし、居ることが確認出来りゃ〜それでええっちゃ〜ええんやけど、目を離さず見てしまいまんな。

 暫くオオタカの様子を窺う。もちろん見通しのええ所から観察してるんで相手にもワシの姿が見えてまっしゃろ。でも、ワシのことなんかな〜んも気に掛ける様子はなし。周囲をじっくり見渡しゆっくり背を向け西の丸庭園内へ飛び去る。7:33。

 いつも書きまっけど、冬の大阪城公園はオオタカから始まらんとね。

●ツグミ:市民の森、太陽広場東の森で群れが観察され各所計50羽。
●シロハラ:一向に増える気配なくたったの4羽。
●ウグイス:城南地区、市民の森など広範囲でささ鳴き計7羽。
●ジョウビタキ:音楽堂西通路♂♀、豊国神社東♂。
●エナガ:城南地区5羽、音楽堂西通路4羽。
●ヤマガラ:音楽堂西通路2羽。
●カワラヒワ:城南地区9羽。
●シメ:市民の森、東外堀沿い藤棚、西の丸庭園で計7羽。
●アオジ:音楽堂西通路5羽。

 青屋門前の木瓜をご覧頂き、
IMG_4395.jpg

 お次は堀の様子を。
●オカヨシガモ:6羽、信じられんがほんまに6羽。
●コガモ:南外堀、内堀、人工池計16羽。
●ヒドリガモ:これまた信じられんけど、たったの33羽。
●ハシビロガモ:北外堀が殆どで52羽。
●ホシハジロ:南外堀、北外堀で計62羽。ほんまに少ないで。
●キンクロハジロ:全ての堀で164羽、うち119羽が北外堀で。
●カルガモ:人工川7羽、内堀1羽。
●マガモ:人工川、北外堀、内堀で計14羽。

●バン:西外堀。
●オオバン:各堀+第二寝屋川で計60羽。

●カンムリカイツブリ:北外堀で浮き寝。初認から一週間、かなり落ち着いた様子でんな、暫く滞在しそう。保証は出来まへんが。
●カイツブリ:西外堀、南外堀、東外堀で計8羽。

 京橋口歩行中、上空に1羽のセグロカモメ。カメラで追っかけてると知らぬ間に別のセグロカモメ、ユリカモメがどっからともなく集まりカモメ柱。
IMG_4416.jpg
 これは地上の鳥やおまへん、頭上の鳥でっせ。
 この光景を見るたびに、あ〜鷹やったらなぁ、って思いまんねん。差し詰め小さいのがサシバ、大きいのがハチクマ。鷹シーズンにこの距離で飛んでくれへんかな〜。

●ユリカモメ:東外堀、京橋口、第二寝屋川で計28羽。
●セグロカモメ;京橋口、第二寝屋川計6羽。

●アオサギ:北外堀上を飛翔。
●コサギ:人工川、内堀。
●ゴイサギ:北外堀塒成鳥5羽、ホシゴイ1羽。
IMG_4399.jpg

 観察開始は曇り空、9時過ぎにはめっちゃ晴。寒いこともなんともおまへん、ネック・ウォーマー早々に外しましわた。ひと廻り終え梅林の様子を。
 先週に続き新たに数種が開花。
IMG_4423.jpg
 これは緑顎やったかな。
 しかし、まだ1月の中旬ってのにこれだけの種が咲きまっか普通。2月1日からローソン開店って聞いたけど前倒しの方がええんと違ゃうん、この調子やったら2月いっぱい持たんで、梅の花。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・コゲラ・カワラヒワ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・カワウ・キジバト・

posted by ひでキング! at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月13日

ひと足お先に

 は〜、この三連休は結構詰めたな。土曜日は歯医者後の観察やったんでじっくりってわけやおまへんでしたが、良う歩いた。雨にも遭わずって言うか今日はなんか多少冷たい風が吹いたけど、お陽さんの下では寒くは感じんかったもんなぁ、ええ天気たっや。

 しかし毎回のように書くけど、こんな天気でええのん?そろそろ1年で一番寒い時期やっちゅ〜のに、この暖かさ。

 ニュースで言うてたけど、福岡、名古屋、京都ではこの冬まだ初雪が降ってないんやって。太平洋側の名古屋はともかく、日本海に面した福岡や京都でもまだ雪が降ってないって、どうなん。
 昨日北海道の先輩バーダーから電話頂いたけど、例年1メートルは積もってるはずの札幌でも積雪10pやって言うてはったわ。
 春までに雪積もらんと夏に水不足になるって言うてたな、雪解け水が水源になるからって。

 日本中暖冬の今季、今の時期ははええとしてこの先が心配。夏にまた集中豪雨に台風が連発したら適いまへんで、実際。

 さて、今日の鳥情報は「元山康裕のこんなん出てます」をご覧頂き。ワシからの追加は・・・
●モズ:もみじ園♀、西空堀♂。
●ウグイス:人工川、音楽堂西通路、北外堀沿い、配水池東で計5羽。
 でもって、北外堀沿いで目の前の木に留まったけど写真撮れず・・・
 その直ぐあとに頭上に留まったジョウビタキでも。
IMG_4361.jpg

●カワラヒワ:音楽堂西通路アキニレ9羽。
●シメ:元射撃場、市民の森。

●キセキレイ:南外堀、内堀西側。
●アオサギ:人工川。
●ゴイサギ:成鳥5羽、北外堀塒。
 
 西外堀のバン。今日も観察開始、いの一番で確認。7時20分、昨日もほぼ同じ時間に千貫櫓下で確認。よしよし、これで行動パターンが分かったぞ。って、来週までにまた変わるかも???

 今年に入って通行禁止となった豊国神社裏、それ以外をほぼ観察し北外堀ローソンでビールとつまみを買って梅林へ。

 年末から咲いてる蝋梅、早咲きのコウテンは既に満開。後を追っかけ冬至や
IMG_4369.jpg
 寒紅がそろそろ咲き始めてますわ。
IMG_4367.jpg
 甘酸っぱい香りと天守閣をアテに、ひと足お先に梅見酒。
IMG_4365.jpg
 朝はこの西の空にまん丸いお月さんが見えてたのになぁ。
 考えてみたら不思議でんなぁ、あの青空の向こうには数えきれんほどの星が宇宙に浮かんでまんねんで。自然って凄いわ!

 あっ、そうそう。北外堀のローソンで確認したけど、今年梅林のローソンは2月1日オープンやって。
 去年は一番おでんをさかなやさんに先を越されたんで、今年は一番おでんゲットするぞ!
 ここに来る前に、ローソンおでんとビール買って開店前から座り込みや!
posted by ひでキング! at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月12日

ちょうじん!

 降水確率40%、朝から厚い雲に覆われた大阪城公園、いつ降ってもおかしくない状況ではあったけど何とか持ちこたえひと廻り。

 しかし、鳥が少なけりゃ〜人も少ないのぅ、ほんま。昨日今日と出会った鳥見人は併せてたったの5人、真夏の方が多いで、実際。

 ほぼひと廻り観察を終え北外堀ローソンでカモを覗きながらカミさんと休憩中、「この双眼鏡って何倍ですか?このカメラって遠くまで撮れるんですか?」と話しかけてくる女性。鳥見しはるんですかの問いに、石垣を観察してると。

 へぇ〜、石垣の観察。塀の観察と違ゃいまっせ、石垣でっせ。対岸の石垣に刻まれた刻印を記録したいとのこと。話を聞けば、あの緑の法被の大阪城公園ボランティアガイドの人やおまへんか。

 名刺を交換し石垣の話を伺う。
 20年間、新たな記録はないか、これまで見つからんかった刻印はないかなど、週に一度は足を運び観察に時間と費やすとのこと。来るたびに石垣から読み取る歴史の深さを感じるって言うてはりましたわ。

 名刺を拝見すれば、日本城郭検定2級合格、大阪検定1級合格、大阪の達人、大阪の鉄人って肩書き。先般、大阪の超人検定にも合格したと。わおっ、超人でっせ、超人!
 ワシの知る超人って言うたら、超人バロム1か超人ハルクしか知らんし・・・

 さて、ワシも負けんと今日の観察報告といきまっか!
●ツグミ:市民の森タイワンフウで26羽、ミライザ裏から梅林へ18羽が飛翔。そこそこの群れ+各所疎らな観察で計74羽。ひょっとして今季最多?
 でもね、今季まだ「坊さんが 屁をこいた」、関東では「だるまさんが 転んだ」かな。ツグミが地上で早足で歩いたり急に止まったりするの見てまへんわ。今日も全て飛翔が樹上での観察。
●シロハラ:気ぃ抜いたら見れまへんで音楽堂斜面、飛騨の森で各1羽。たったの2羽でっせ。
●ジョウビタキ:これまた少なく北外堀沿い♂、梅林♂、音楽堂西通路♀。
●ウグイス:市民の森で辛うじてささ鳴き。
●カワラヒワ:南外堀沿い歩行中、頭上のアキニレと堀から飛び上がる19羽の群れ。堀で何をしてるか覗いてみると。
P1040008.jpg
 そうなんや、こんなモンも食べるんや。これって、ベンケイグサ科のタイトゴメかな?いずれにしてもマンネングサの仲間でっしゃろ。
 確かに、乾いた種ばっかり食べてたら口の中パサパサになるもんなぁ、水分のあるもん食べんと。

●アトリ:音楽堂西通路で5羽。
●ヤマガラ:沖縄復帰の森2羽。
●アオジ:音楽堂西通路4羽。
●モズ:もみじ園、森ノ宮交差点付近。

 静かな静かな市民の森から緑のリズムへの向かう通路で、緑のリズムから市民の森へ飛翔の猛禽の飛影。飛び抜けた様子はないので付近を探す。

 ほんの僅かな木の間にらしき影。おっ、ハイタカや!
P1040018.jpg
 ここはズームでしょ!
P1040021.jpg
 出来映えはともかく、鋭い爪してまんなぁ、あんなんでチョイと掴まれたら逃れられまへんわなぁ、ほんま。

 さて、気になるカンムリカイツブリ。昨日のまったり浮き寝状態やったら今日も・・・。
 市民の森の観察を終え東外堀へ。ここ数年カモの少ない東外堀やったら直ぐ見つけられるやろ。と高をくくってザッと双眼鏡を流す。

 へっ、あれっ、どこにも居らん。数度見返してもやっぱり居らん。え〜、一日だけの飛来やったん?
 でも、ヤツの過去の行動から、落ち着くまではあっちの堀、こっちの堀を移動するからなぁ、こりゃ〜バンより厄介なことになりそうでんなぁ、実際。

 東外堀の観察を終え、北外堀へ。気ぃを抜かんようにじっくり探す。中央付近のキンクロハジロをカウント中。居るやんか〜!!!
P1040023.jpg
 この中に居てるの分かる?ホレ!
P1040027.jpg
 浮き寝から一瞬顔を上げた瞬間、ええタイミングで撮れましたわ。何だか寝ぼけた顔?それともまだ若い個体かな?なんとなくおぼこい感じやけど。はぁ〜兎にも角にも、滞在中。

 でもって、もうひとつの厄介者、西外堀のバン。今日は朝イチ覗いたらすんなり見つかりましたわ。
 これで今日の目的はほぼ完了!

●オカヨシガモ:西外堀、東外堀、北外堀で計23羽と昨日から急減。
●コガモ:南外堀が殆どで東外堀、北外堀、内堀で計39羽。
●ヒドリガモ:各外堀計40羽。
●ハシビロガモ:これまた急減、各外堀計20羽。
●ホシハジロ:全ての堀で計103羽。
●キンクロハジロ:全ての堀で計151羽。
●マガモ:西外堀、人工川、北外堀、内堀で計21羽。
●カルガモ:殆ど人工川で他所計13羽。

 カモは上記以外に、高校生U君が内堀で
 オカヨシガモ26羽、コガモ16羽、ヒドリガモ4羽、ハシビロガモ11羽、ホシハジロ6羽、キンクロハジロ16羽を観察するも、ワシが行ったときには清掃ボートが「ブ〜ン」。ほぼ確認出来ず。

 ボートが走ってる前でカモが飛び回って逃げてるのになんとも思わんか、ほんま。清掃は結構やけど、手漕ぎにしたら???

●オオバン:各堀+第二寝屋川で計55羽。
●バン:上記西外堀で。昨年11月9日からの滞在なんで、え〜っと64日目でっか。

●カンムリカツブリ:上記北外堀で確認。今日で2日目。
●カイツブリ:各外堀で計6羽。

●ユリカモメ:水上バス乗り場、北外堀、桃園付近で計49羽。
●セグロカモメ:U君が第二寝屋川で成鳥9羽と若鳥1羽を観察。ワシは南外堀着水の1羽、7:45〜7:58。

●カワウ:U君が第二寝屋川で100羽+の着水を観察、その直ぐに西へ飛翔し5分後に53羽が戻り着水と。そろそろ本種の群飛が観察出来る時期でんな。
●アオサギ:内堀、人工川。
●コサギ:最近は内堀西側で観察が主。
●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥4羽。

●ハクセキレイ:13羽。
●キセキレイ:北外堀1羽。
●カワセミ;東外堀1羽。

 観察種としては少ないまんまでっけど、堀の観察してたら何だかちょっとずつ変化がありそうな雰囲気でんな。カモの増減が顕著に表れたり、カンムリカイツブリもやって来たし。あれこれつぶさに観察してたら色んな出会いがあるかも。

 今日は超人と出会うことが出来たし。ワシも頑張って「ちょうじん」に挑戦しようかな。
 で、どっちの超人にしよう?「鳥人」「蝶人」???

ほなっ、上記以外の鳥たち。
スズメ・シジュウカラ・メジロ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・

 
posted by ひでキング! at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月11日

会いたかったよ〜ん!!!

 歯医者のち観察。
 数ヶ月に一度のメンテナンス、特に問題ないし。別に行かんでええっちゃ〜行かんでええんやろうけど、痛いの疼くのって症状が出てからやったら通院の頻度が高くなるんで、こまめにチャックした方がええかなって感じ。

 でもね、行って良かった。通院してる歯医者は比較的大きい方、衛生士さんも治療医さんも大勢居てますねん。そんな中、以前看てもらった「あなたに触ってもらうんなら、どんな痛みでも我慢するよ!」って思う別嬪さんの衛生士さん。も〜、会いたかったよ〜ん!!!

 出掛ける前、高校生U君から連絡で「東外堀にカンムリカイツブリ」と。今冬も来てくれたか〜、ほぼ諦めてたのに。ほんま生き物の行動ってどうなってるんかなぁ、ちゃ〜んと来てくれるんや。って、同じ個体かは分かりまへんが。

 ってな事で、いつもより大幅に遅れ大方主に堀周辺の観察。でも、高校生U君、おきらく先生と出会い全般情報を入手!

●オオタカ:六番櫓付近で枝止まりの本種をU君が観察。
●ハイタカ:沖縄復帰の森でおきらく先生と出会い、配水池東で撮影と映像を見せて頂く。やっぱ凜々しいなぁ、猛禽さんは。その後、飛騨の森上空をカラスの追飛をかわし上昇するのを飛翔を観察。
 おきらく先生に東外堀のカンムリカイツブリの話をし、その時点でワシはバンの確認が出来てなかったんで、是非探して!?とお願いして別れる。
●モズ:本丸池で♀。
●ツグミ:市民の森、大手門西など計16羽。
●シロハラ:市民の森、飛騨の森、豊国神社東で計8羽。
●ウグイス:北外堀沿い、豊国神社東で計3羽。
●ジョウビタキ:音楽堂西通路で♀。
●エナガ:沖縄復帰の森、蓮如上人碑文で計8羽。
●シメ:市民の森、飛騨の森で計5羽。
●アトリ:市民の森で5羽。
●アオジ:音楽堂西通路、修道館裏、豊国神社東で計7羽。
●ヤマガラ:沖縄復帰の森で2羽。

 最近ちょいちょい観察されるアオバト、イカルとは出会えず。
 それからね、豊国神社裏でっけど、石垣の補修工事って事で二番櫓跡から修道館まで天端沿い通路は通行禁止。3月31日まで。これって毎年恒例の・・・

ほなっ、今度は堀の様子といきまっか!
●オカヨシガモ:西外堀、南外堀、東外堀、内堀で計69羽とめっちゃ増加。
●コガモ:北外堀以外の堀で計37羽とこれまた多い観察。主に南外堀。
●ヒドリガモ:内堀以外で計48羽と少ないまま。
●ハシビロガモ:各堀で観察計48羽。極端に増減しまへんな、本種は。
●ホシハジロ:北外堀で58羽と多く各堀計108羽。
●キンクロハジロ:これまた北外堀で83羽と多く各堀計142羽。
●マガモ:西外堀、内堀、南外堀で計19羽。♂11羽♀8羽。
●カルガモ:人工川で多く10羽、他所計17羽。

●オオバン:全ての堀+第二寝屋川で計52羽。
●バン:さすがっす、おきらく先生。北外堀観察中二度目の出会い、西外堀でしっかり観察と。ご本人曰く、「さすがも何もタイミングなんで・・・」と言うが集中力、執念がなければなかなか。ワシなんか超テキトーなんで・・・。

●セグロカモメ:第二寝屋川と北外堀と行ったり来たりの若い個体。
●ユリカモメ:北外堀で多く青屋門側で11羽が着水、伏見櫓跡近くでも28羽が着水。北外堀沿い電柱で23羽。計62羽は間違いおまへん。

●コサギ:山男Tさんが内堀で観察と聞く。
●ゴイサギ:これまた山男Tさんが内堀でホシゴイ、北外堀塒では成鳥4羽を視認。

●カイツブリ:南外堀、東外堀、西外堀計6羽。
●カンムリカイツブリ:心躍らせ東外堀を観察。カモの少ない東外堀やったら直ぐに見つかるやろと思うも。え〜、朝だけ飛来して既にどっかに行ってしもぅたん???見当たらんし。
 端から端までじっくり探し・・・居った〜、青屋門から50メートルほど南側、梅林の石垣下で寝てるし。
 一瞬顔を挙げてまた寝るし。えらい落ち着きようでんなぁ、初日から。これやったら、暫く居てくれるかも???
 いやぁ〜、ほぼ諦めてた今季のカンムリカイツブリ、会いたかったよ〜ん、ほんま。

 今季どこも鳥が少ないって聞きまっけど、こまめに足を運べば何かしら出会いがあるかも。こまめに通う歯医者でも嬉しい出会いもあったし・・・うふふっ。

ほなっ、上記以外の鳥たち
ハクセキレイ・キセキレイ・シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・カワウ・カワセミ・
posted by ひでキング! at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月05日

悩ましい奴

 長いような短いような正月休みも今日で終わり。早いなぁ、ほんま。
 まっ、休みの間ええ天気が続き何をするにも気持ちよく出来たんで、ええ正月っちゃ〜ええ正月やったんかも。

 さて、穏やかだった正月の鳥たち、今日も特に大きな変化はおまへん。ただ例によって例の如く。毎冬一度は悩ませてくれるアメリカンなヒドリガモ。

 第二寝屋川桃園裏で14羽のヒドリガモの中に1羽アメリカンな奴。
 昨年1月13日も同所でも同じように怪しいアメリカンな奴。結局ヒドリガモとの交雑やったんやけど、その時は10羽の中に交雑個体が1羽。

 しかし同じような時期に同じ場所で同じような個体が飛来するかね?不思議でんなぁ、ほんま。同一個体やったらめっちゃビックリでっせ!しかし悩ましい奴ですわ、実際。

 大阪城公園に来られたら第二寝屋川桃園裏、覗いてみはったらひょっとして居てるかも。悩ましいでっせ!?

 そんなカモの様子から・・・
●オカヨシガモ:北外堀、内堀で計6羽。内堀の御座船が昨日から営業開始、年末と3日の観察では西側陸地で多く休んでたけど今日はカワウが1羽のみ。やっぱ影響大でんな。
●コガモ:南外堀で半数以上の14羽、内堀、北外堀計24羽。
●ヒドリガモ:各堀で観察するも66羽、突出して多い堀はなくほぼ平均的。
●ハシビロガモ:これまた疎らで全ての堀で観察、計46羽。
●ホシハジロ:北外堀で44羽と半数以上の観察、全ての堀+第二寝屋川で計71羽。
●キンクロハジロ:南外堀、東外堀、北外堀で計計98羽、内77羽は北外堀。御座船運休中は内堀でも観察できたが。
●マガモ:人工川、西外堀、内堀で計17羽。♂10羽、♀7羽。
●カルガモ:人工川で6羽のみ。

●カイツブリ:西外堀1羽、南外堀5羽。
●オオバン:全ての堀+第二寝屋川で計51羽。
●バン:観察開始一番で西外堀全域を探すも見当たらず、帰りに覗けばいとも簡単に・・・。マジで悩ましい奴。

●ユリカモメ:着水、飛翔など併せて計67羽。北外堀、東外堀、第二寝屋川で。
●アオサギ:人工川、城南地区上を南へ飛翔の1羽。
●ゴイサギ:北外堀いつもの塒の木で成鳥2羽の若鳥1羽、その隣の木で成鳥2羽が観察され計5羽。

●ハクセキレイ:各所計14羽。
●キセキレイ:南外堀。

 さて、山野の鳥でっけど、水鳥より更に変化おまへんで、実際。
●ツグミ:教育塔上で21羽が飛翔し三々五々散っていく。他所計28羽。
●シロハラ:市民の森、元射撃場、豊国神社裏。
●ウグイス:人工川、元射撃場、飛騨の森、内堀沿い、豊国神社東から裏にかけて5羽の計9羽と多い観察。
●ジョウビタキ:北外堀、梅林、一番櫓、豊国神社裏で♂。元ヘリポート、元射撃場で♀。
●エナガ:南外堀沿い東側の藤棚で6羽。
●ヤマガラ:沖縄復帰の森で2羽。
●カワラヒワ:城南地区アキニレで34羽の群れがまったり、その他計38羽。
●シメ:梅林、修道館裏、一番櫓で計4羽。
●アオジ:音楽堂西通路、一番櫓で計4羽。

 でもって昨年末、がっかりやった朝イチの西の丸庭園のオオタカ。
 今朝、バンを探して西外堀を観察中、一応西の丸庭園の天端をザザッとチェック。ほんなら居てるやおまへんか!ずっしりどっしり!

 以前観察出来た場所より北側。位置的には府庁側に面し西外堀の中央付近でんな。そこから西の丸庭園を望めば、ずっしりどっしり!が確認出来るかも。時間はやっぱり7:30頃。
 居場所を変えるやなんて、悩ましい奴でんなぁ、ほんま!

 さ〜て明日からまたお仕事でんな、体が慣れるまで、悩ましい仕事はしたくおまへんな。

ほなっ、上記以外の鳥たち!
シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

 
posted by ひでキング! at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月04日

ゆりかご

 三が日が明けてもええ天気。暖かくて過ごしやすいけど夏が思いやられまんなぁ、ほんま。
 このまま高い気温が続くんやろうか、めっちゃ心配でんな、実際。

 さて、落ち着いて欲しくないけど落ち着きすぎるほど落ち着いてる大阪城公園の鳥たち、突発的な珍鳥や人気鳥が飛来せん限り大きな変化はないやろ。明日も晴の予報、野鳥の観察は明日にして今日は思い切って蝶の観察をしよう!

 何をこの時期にアホな事言うてんねんって言う声も聞こえそうやけど、なんのなんの、毎年冬期中に確認出来るゴマダラチョウの越冬幼虫や、年末の12月に観察されたムラサキツバメにムラサキシジミ、その付近で越冬してへんかと周辺をチェック。

 とにかくゴマダラチョウの越冬でんな。
 毎年観察出来る城南地区のエノキの根元、12月からちょいちょい覗いてまんねんけど野鳥観察で先を急がんと、と思うとゆっくり枯れ葉をチェックする気になれまへんねん。でも今日は時間をかけてエノキ周辺をじっくり探す。

 ほ〜やっぱり居てるじゃん!
P1030926.jpg
 ゴマダラチョウ1号発見!

 ひでキング!号でゆっくり園内を廻りエノキを探す。いつもは歩く通路の際にもエノキ、意識せんとなかなか気付きまへんなぁ、ほんま。ボーッと歩いてんじゃねぇよ!って、チコちゃんに叱られそうですわ、実際。

 ひでキング!号を駐め、根元をチェック!
P1030933.jpg
 本日2号のゴマダラチョウ。城南地区だけで2匹確認。この調子やと・・・

 でもって、市民の森で本日の3号!
P1030940.jpg
 いやいや、ええ感じと違ゃうん!!!
 その後は飛騨の森、梅林、豊国神社裏などエノキを求め園内を廻るも見つけることが出来ず。

 でもなんでっせ、ゴマダラチョウの幼虫を探してると、それ以外に色んな昆虫が越冬してましたわ。
 一番多かったんが、モリチャバネゴキブリ(多分)枯れ葉めくったら大概居てましたわ。そんでもって、これはツヅレサセコオロギ(多分)、
P1030943.jpg

 その他には枯れ葉色の中に鮮やかなミドリ。
P1030948.jpg
 ツヤアオカメムシ(これまた多分)。
 これ以外にも、まともに写真撮れんぞ、って言うくらい小さな虫たち。蛾かハバチの幼虫、エノキの幹にはシャクガと思われる幼虫、でもって長いはずのナメクジもまん丸くなってたし、キセルガイの姿も。

 大阪平野のど真ん中、大都市のど真ん中、大阪城公園。コンクリートジャングルにも拘わらず色んな生き物が暮らしてまんねんなぁ、ほんま。活動の鈍いこの時期でもチョイと意識するだけで何種類も確認出来るんやもん。

 大阪城公園は多くの生き物たちの「ゆりかご」ワシは常々そう思ってまんねん。
 今日は思い切って蝶の観察して良かった。今後も野鳥の状況によっては、思い切って蝶やそれ以外の生き物に目を向けたら楽しい何かが待ってるかも???


  
posted by ひでキング! at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月03日

初登城!

 いや〜皆さん、明けましてお目でとうさん、でんがなぁ、ほんま。
 旧年中は何かとお世話になり、ほんまおおきに!今年も更にお世話になりたく存じます、ですわ、ほんま。
P1030920.jpg

 しかし毎年思いまんねんけど、正月休みってのは、あっと言う間でんなぁ、実際。特に何をしたわけではおまへんが今日で三が日が終わり、あと2日休んだら仕事ですわ。有意義やったんか、だらだら過ごしたんか・・・。

 初登城の今日、有意義な鳥見やったんか、だらだら歩いただけなんか。
 
●ツグミ:ところどころ群れと出会い計27羽と少しずつ多くなる、って言うてもこの数でっけど。
●シロハラ:教育塔裏、豊国神社裏など疎らで計6羽。
●ウグイス:もみじ園、緑のリズム、豊国神社裏。
●ジョウビタキ:今日は多く出会い豊国神社裏、沖縄復帰の森など計9羽。♂6羽♀3羽。
●ヤマガラ:沖縄復帰の森で「ニーニー」の声。
●エナガ:ワシが見たんは豊国神社裏で2羽、その他雁木坂、本丸池、沖縄復帰の森、城南地区など2〜3羽程度が広範囲で観察され計11羽。
●カワラヒワ:広範囲で数羽程度の観察計23羽。
●アオジ:音楽堂西通路、豊国神社裏、一番櫓で計5羽。
●アオバト:東外堀水際で水を飲む、その後緑のリズム付近へ飛翔、♀。
●モズ:空堀、音楽堂西通路。

 山野の鳥はこんな感じでっか。猛禽さんとの出会いはなく何だか物足らんって言うか、寂しい感じでんな。

 ほなっ、堀の様子を。
●オカヨシガモ:内堀と北外堀で計17羽。
●コガモ:主に南外堀で20羽。
●ヒドリガモ:西外堀以外で27羽。
●ハシビロガモ:南外堀以外の堀で計44羽。
●ホシハジロ:信じられまへんで、17羽、たったの17羽でっせ。越冬ガモで一番少ない17羽、これってマジで?若い子風に言えば、あり得へんし??? って、実際あるやん。
●キンクロハジロ:北外堀の73羽が主で全ての堀で計103羽。
●マガモ:人工池と西外堀以外の堀で計17羽。
●カルガモ:人工池、内堀で計4羽。
 しかし少ないわ、ぜ〜んぶあわせて249羽でっせ。マジで少ないなぁ。

●カイツブリ:西外堀、南外堀、東外堀で計8羽。
●オオバン:各堀+第二寝屋川で計55羽。
 バンは確認出来ず。

●セグロカモメ:修道館上を東から西へ飛翔。
●ユリカモメ:東外堀10羽、北外堀7羽、内堀で22羽。

●アオサギ:北外堀上を飛翔。
●コサギ:内堀で2羽。
●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥2羽、あと一歩で成鳥の若鳥1羽。

●カワセミ:東外堀1羽。
●ハクセキレイ:各所計9羽。

 ええ天気やった三が日、ポカポカ陽気の梅林では満開の蝋梅で蜜を集めるミツバチの姿も。
P1030925.jpg
 今年は(今年も?)静かなスタートやった大阪城公園の鳥たち、この1年どんな生き物たちがどんなドラマを見せてくれるやろうか、楽しい1年であってほしいもんでんな。

ほなっ、上記以外の鳥たち!
カワウ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・コゲラ・

posted by ひでキング! at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月31日

ええ正月迎えておくんなはれ!

 本日11:45今年の観察終了!!!
 皆さん、今年も1年間幾度となく覗きに来て頂き、おおきに!ですわ、ほんま。

 鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。
 帰宅後、山男Tさんから連絡で、京橋口でアトリ5羽と。

 いやぁ〜今年も色々おましたなぁ、ほんま。
 忘れもしまへん、あれでっしゃろ〜、これでっしゃろ〜、でもってアレですわ。ほんま、あれこれ色んな事がおましたなぁ、書き出したらキリがおまへん。
 って、な〜んにも書いてないがな!!! って、時間が無くってなかなかゆっくり振り返ることで来まへんでしてん。お暇なときにブログ読み返しておくんなはれ。

 今年もアホなことばっかり書いたけど、そんなネタを提供してくれるんは、大阪城公園の生き物たち。毎回色んな事がおますわ、ほんま。

 来年もまた色んな話題を提供してくれることでっしゃろ。そんな生き物たちに感謝感謝ですわ。

 今年1年おおきに! 来年もよろしゅう〜お願いしまっせ!
 ほなっ、ええ正月迎えておくんなはれ〜! 

P1030850.jpg
posted by ひでキング! at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月29日

KE・I・KA・I

 はぁ〜、一昨日仕事も終了、昨日大方用事を済ましスッキリスッキリ。心軽やか、軽快な足取りで楽しい鳥見。

 昨日辺りから空気も冷たく早朝は手先足先のちめたい(冷たい)事。手袋越しに息を吹きかけ指先を温めながら双眼鏡のピントを合わす。

 でもって、今季初。ちめたい空気やったんでパッ、いやっタイツデビューですわ。年末のこんな時期までタイツ履かんかったんは久しぶりと違ゃうやろうか。いつやったか忘れてしまいましたわ。

 その時はパッチやったかタイツやったかも。
 その履き物の特徴は英語やったかな? それやったらタイツや!
 でも厚手でラクダ色やったし。 それやったらパッチやぞ!
 その割には、伸縮性があって膝伸びることなかったし。 それやったらタイツや、間違いない!
 しかしその履き物と腹巻きはセットで親父履いてたし、そんなん完璧にパッチや、保証するわ!

 ってな感じで、コーンフレークと最中のネタを軽快なリズムでやり取り。M−1優勝おめでとうさん、ミルクボーイ。ワシの好きなタイプの漫才、笑わせてもらいましたわ。

 さて、軽快に歩きながらササッと一廻り。って、軽快に歩けるほど少ない???
 音楽堂西通路観察中、エナガの群れに遭遇。多くはなく6羽の群れ。その時1羽が「ピリリリッ・ピリリリ」と警戒音。それってワシ?

 その割りには近付いてくるなぁ、と真上の枝の1羽を眺めてると、市民の森からハイタカがおピースおおさか方向へ。なるほど。暫くして警戒を解きゆっくり移動を始める。8:30。
 その後、市民の森から緑のリズムへの飛翔が観察される、9:23。
 
 2週連続で早朝から観察出来た西の丸庭園のオオタカ、もちろん今日も・・・。あれ〜居てへんし。結局今日はオオタカの姿を見ることなし。

 暫く出会わなんだモズ、人工川で♀。内堀で高鳴き、この時期に?1羽の♂が枯れ枝に留まる、それを追うようにもう1羽。なるほど、場所取りでチョイとした小競り合い。
 しかし、今季モズは少ないのに違う場所で越冬したら?

●ヤマガラ:7:42ノースロップの森で2羽、8:07沖縄復帰の森で2羽。
●ツグミ:ちょっとずつ増え各所計27羽。地上では観察出来ずほぼクスノキで。
●シロハラ:疎らでたったの4羽。疎らすぎでんな。
●ジョウビタキ:元射撃場♀、北外堀沿い♂、豊国神社裏から修道館裏に賭けて♂1羽♀2羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、修道館西。
●アオジ:音楽堂西通路、豊国神社裏、空堀で計9羽。
●シメ:豊国神社裏、沖縄復帰の森。 
●エナガ:上記音楽堂西通路6羽、その前にはノースロップの森で7羽。多分同じ群れ。
 山野の鳥は大きな変化なく、こんな感じですわ。

 ほんなら、堀の様子といきまっか!
 今季初! 今季初でっせ! って、タイツと違ゃいまっせ、パッチとも違ゃいまっせ。
 西外堀でオナガガモ! しかも、♂2羽に♀1羽。
P1030820.jpg
 ねっ、この横にもう1羽♂が居てましてん。
 観察終盤U君から連絡、西外堀でオナガガモと。その後出会い、当初Yさんが♂1羽を発見し堀内を移動。その先にはもう1羽♂と♀1羽を確認と。

 暫く観察しバンも確認。そのバンでっけど、石垣に茂った草の上に乗っかって葉っぱ?種?を採餌。そんなところに昇ってメシ食うんや。

●オカヨシガモ:南外堀、東外堀、内堀で計34羽。
●ヨシガモ:南外堀♀2羽、内堀♂1羽♀1羽。
●コガモ:一昨日の元山さんの観察には届かずも北外堀以外の堀で計51羽と多い観察、南外堀では半数以上の29羽。
●ハシビロガモ:全ての堀で計38羽。
●ヒドリガモ:ハシビロガモより少ない34羽。西外堀で10羽のみ、これが減少の原因か。
●ホシハジロ:東外堀以外の堀で計68羽。
●キンクロハジロ:全ての堀で計119羽。
●マガモ:今日は少なく11羽。♂5羽♀6羽。
●カルガモ:人工川と西外堀で計8羽。

 そんでもって、内堀の御座船。正月の3日まで休業、ってな事で内堀西側の陸地ではカモやカワウがまったり休憩。
P1030804.jpg
 これが本来の姿。御座船が軽快に運行してる期間はお目にかかれん光景でんな。

●カイツブリ:西外堀、南外堀、東外堀で計6羽。
●バン:西外堀1羽。
●オオバン:全ての堀+第二寝屋川で観察するも少なく計44羽。

●セグロカモメ:早朝北外堀で1羽が着水と聞く。ワシは8:30に東外堀から飛翔の1羽が城南地区へ、10:10北外堀上を飛翔の1羽を観察。同じ個体がぐるぐる回る?
●ユリカモメ:今日は、っていうか、今日も少なくたったの2羽。北外堀では6羽の着水が観察される。
 でもって先週のユリカモメの疑問、覚えてる?畳んだ羽根の左右どっちが上になるの?って疑問。
 今日、いとも簡単に解決しましたわ。

 まずは東外堀で着水の1羽の写真。
P1030796.jpg
 これ、右が上でっしゃろ。この時点で先週(羽根が)左上の個体とは違うんで個体差か?
 でもってこの個体が堀内をプチ移動。軽快に追っかけて着水したところを・・・パシャリ!
P1030797.jpg
 これ左上になってまっしゃろ。ってことで答えは・・・その時次第!
 羽根を畳んだの時の状況で左右どちらが上になるかは決まってないようでんな。
 ワシなんか胡座かいたり足組んだとき、決まった足が上でないと違和感あるけどなぁ、収まりが悪いって言うか、座りにくいって言うか。

●ゴイサギ:北外堀塒成鳥2羽。
●アオサギ:北外堀1羽、本丸池1羽。
●コサギ:本丸池1羽。

●カワセミ:西外堀1羽。今季本種は少ないか。
●ハクセキレイ:12羽。
●キセキレイ:南外堀、東外堀。
●セグロセキレイ:U君が西外堀で観察。

 ってな事で、少ない寂しいって言うてるわりには、あれこれ書くことおましたな。思いの外、軽快にキーボード叩けましたわ。書くことないときって手が進まずコーヒーばっかり飲んでるもん。

 年末年始の休暇、帰省でっか鳥見遠征でっか。明日は天気が悪く路面が悪くなるし、最近はわけの分からんあおり運転する輩もいてるんで、運転には充分警戒して怪我、事故のないように。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
カワラヒワ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

posted by ひでキング! at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月22日

あと、ひとふんばり。

 今日は一年で最も日照時間の短い冬至、それを実感するような・・・って朝から一日どんより。いつお陽さん昇ったか、いつ沈んだのかも全くわかりまへん。っていうか、暗い一日で今何時?の世界でんな、今日は。

 日中も気温が上がらず肌寒い一日、出会ったバーダーはU君とさかなやさんのたった二人。夏でもトンボ探しの常連さんが5〜6名居てるっちゅ〜のにこの状況はなに???

 観察の時間帯で大体U君と出会うのは8時半頃に城南地区、10時半頃に北外堀。それまでの観察状況を話し合い再び観察に戻る。

 さかなやさんと出会うのは不定期。出会うときもあれば出会わん時も、でもって場所もバラバラ。
 今日は観察半ば過ぎ飛騨の森で出会う。ワシがまだ歩いてない梅林、豊国神社裏などの状況を聞くも、ほぼ何も居ない様子。堀もひと通り観察したし北外堀ローソンで二人して休憩。

 ビールを飲みながらあれこれ談義。ビール一杯のつもりが寒いなぁ、ワンカップを“チン”してもらい談義が続く。
 途中、元山さんからメール「キビタキ繁殖の木はニセアカシヤ?周囲の木とは木肌が違ったような?」と。

 さかなやさんと別れ帰り際にキビタキ繁殖の木の確認に。その途中、東外堀沿いのツツジの植え込みから大型の鳥が飛び出す。

 何!なになにあれは??? 
 大阪城ホールを方向へ懸命に羽ばたくその鳥を双眼鏡で追う。わおっ、チョウゲンボウや!
 まさか茂みからチョウゲンボウが飛び出すやなんて思ってもいまへんやん、ビックリでんがな実際。

 でもって、その茂みの隣の茂みでは安堵の表情?それともまだ緊張状態?のスズメの群れ。
P1030788.jpg
 大阪城公園でスズメの群れに突っ込むチョウゲンボウやハイタカを幾度となく見てまんねんけど、その危険を感じたスズメって一言も鳴くことなく安全な場所に隠れまんねん。普段、ちゅんちゅくジュンジュン賑やかなスズメが。

 この撮影時も待った動かず鳴くこともなくこの状態。やっぱまだ緊張してたんやろか。

 そうそう、キビタキ繁殖の木、確認したけどニセアカシアに間違いおまへんでしたわ。でも何ですわ、茂みから飛び出すチョウゲンボウ。さかなやさんと出会い、元山さんからのメールがなかったら見ることできんかったもんな、お二人さんおおきに!

 さて、今日もでっせ今日も。7:30西外堀のカモのカウントを終え西の丸庭園の天端を望む。
 居てまんがな、これが。しかも、しかもでっせ、皆さん。先週の写真見てくんなはれ、紅い葉は散ってもうてるけど、同じ枝に留まってまんねんで、見比べておくんなはれ。
P1030778.jpg
 若干角度は違うけど、同じようにカットして載せてますんで、良〜く見比べてや。暫くは同時刻、同所、同枝で確認出来るかも。

 飛騨の森でさかなやさんと出会い雑談中、東から西へハイタカが舞う。この鳥の少ない時期に、三鷹とはありがたい。

●ツグミ:広範囲で20羽と少しずつ増えてる感じ。
●シロハラ:あまり目立たず4羽。
●ジョウビタキ:元射撃場で♀1羽、出会ったのはこれのみ。
●ウグイス:城南地区、音楽堂西通路。
●アオジ:音楽堂西通路2羽。
●エナガ:最低4羽。城南地区果物販売露天商前でメジロ12羽、シジュウカラ1羽、コゲラ1羽の混群が西へ向かう。
●ヤマガラ:沖縄復帰の森北側で1羽。
●カワラヒワ:城南地区アキニレで37羽が莢を啄む。
●シメ:大手門前で1羽、U君情報。
 それと、上記3猛禽。

 何だか寂しい状況のカモたち。もうちょっと多くてもええんやけどなぁ〜・・・。
●オカヨシガモ:北外堀、内堀で計7羽。
●コガモ:南外堀、第二寝屋川で計11羽。
●ヒドリガモ:西外堀、北外堀、東外堀で29〜73羽。ってのも朝イチ観察時の西外堀では8羽、帰り際昼頃には52羽。その差44羽。これね、東外堀観察中9:30〜9:35にかけて5羽程度も群れが西の丸庭園方向へ順次飛翔、大体50羽前後。この約50羽が西外堀に着水したんやろ。
 今季過去数度同じ事がおましてん。大阪城公園のヒドリガモは東からやって来る。
●ハシビロガモ:東外堀が主で66羽。これもまた新たな・・・?
●ホシハジロ:北外堀が主で59羽、やや少なめ。
●キンクロハジロ:各堀計93羽、主に北外堀。
●マガモ:めっちゃ多く各堀+人工川で計29羽。
●カルガモ:人工川が主で計12羽。

●オオバン:各外堀+第二寝屋川で計52羽。
●バン:U君、さかなやさんが西外堀で観察するも、ワシは・・・
●カイツブリ:南外堀、東外堀で計4羽。

●セグロカモメ:南外堀、第二寝屋川で各1羽が着水。
●ユリカモメ:東外堀で5羽が着水。数分後その5羽を含み17羽がその場で飛翔。これまた数分後、西から11羽、1羽が東外堀へ。
 で、このユリカモメの翼、左が上になってまっしゃろ。
P1030782.jpg
 これって個体によって違うんやろうか、それとも全てのユリカモメが左上なんやろうか。それとも♂は左上(左前)♀が右上(右前)?着物やあるまいし・・・。

●ゴイサギ:北外堀いつもの塒で成鳥4羽、先週確認出来たその隣の隣の木でも成鳥1羽の計5羽。
昨日はホシゴイから成長へ向かう段階の若鳥が観察出来たとU君。ってことは、今季これ以外に典型的なホシゴイが観察出来てるんで計6羽が飛来してることに。
●アオサギ:先週同様、ゴイサギの隣の木で2羽、城南地区飛翔の1羽、内堀1羽。
●コサギ:人工川2羽。

●ハクセキレイ:各所計13羽。
●キセキレイ:南外堀1羽。

 なんやかんや言うて今年もあと10日でっせ、早いなぁ〜ほんま。大方の人は今週で仕事納めでっしゃろ、あと一週間ひとふんばりでんな。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
スズメ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・

 
posted by ひでキング! at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月15日

僅か

 あっ、忘れた! 
 観察半ば、双眼鏡を持ってくるのを忘れたのに気付く。情けないのぅ、半分観察して双眼鏡使わんかったんか、なんでそれまで気付かんかったん、ってな夢見ましてん。
 でも過去に時折おましてん、慌ててるときに忘れたこと。
 
 あっ、カメラ忘れた! ワシは夢で双眼鏡忘れたけど、大将はほんまにカメラ忘れたと。

 この一週間、元山さんのブログを拝見して大きな変化はないようでっけど、ユリカモメの減少が話題に。
 そのユリカモメ、今日は東外堀から青屋門にかけて1羽。第二寝屋川から北外堀に賭けて4羽の旋回飛翔を観察。

 U君の話では北外堀で17羽が着水、内堀上を29羽が飛翔とのこと。早朝の内堀では5羽の着水をさかなやさんが観察と。

 昨日は東外堀で6羽、北外堀で26羽が着水。内堀添いのクスノキに9羽が群がり、第二寝屋川を17羽が飛翔とのこと。

 時間帯もあるんやろうけど、小さな群れが出入りしてるようでんな。それにしても過去の飛来数と比較すれば、僅かな数であることに違いおまへん。セグロカモメは第二寝屋川で2羽、U君が観察。

 先週から更に落葉が進みましたな。南外堀の桜はほぼ散り終え一部の種の紅が目立つ。
P1030745.jpg
 なんだが冬って感じでんな。

 西外堀のカモのカウントを終え西の丸庭園の天端を望む。ふっふ〜、やっぱり!
P1030744.jpg
 残り僅かなハゼの紅い葉の中にオオタカ。7:30。やっぱ冬の観察はオオタカから始まらんといけまへんな。その後9:50には天守閣上で50羽前後のカラスに取り囲まれ何とか難を逃れる本種も観察。

 8時頃、梅林ではハイタカ?と思われる猛禽がカラスに追われるのが目撃される。
 今季、オオタカ、ハイタカは単数の観察でここ数年ではチョイと寂しい状況でんな。先日、大将が塒入りを期待し、夕方飛騨の森で待ち構えるも姿を見せずと。

●シロハラ:市民の森、飛騨の森、音楽堂西通路など計7羽。
●ツグミ:飛騨の森で5羽を観察するも他所では単体が多く計16羽。
●モズ:梅林で♂♀と聞く。
●ジョウビタキ:今日は出会い少なく、市民の森♀、北外堀沿い♂。
●ウグイス:緑のリズム、北外堀沿い。
●エナガ:沖縄復帰の森で10羽前後がメジロ、コゲラ、シジュウカラと混群と聞く。
●ヤマガラ:上記エナガ観察と同時に2羽確認され、後にさかなやさんは3羽観察したたと聞く。
●カワラヒワ:沖縄復帰の森11羽、梅林2羽。
●アトリ:飛騨の森7羽。
●アオジ:音楽堂西通路2羽、一番櫓、修道館裏。

 一時群れで観察出来たカワラヒワ、西の丸庭園から群れを成して飛び出したツグミは何処へ。

●オカヨシガモ:西外堀、北外堀、東外堀、内堀で計13羽。
●ヨシガモ:南外堀♀、内堀♂と聞くも、♂は見られず。
●コガモ:南外堀、北外堀、東外堀、内堀で計25羽。
●ヒドリガモ:各外堀計125羽、内堀で1羽。
●ハシビロガモ:西外堀2羽、内堀5羽、北外堀41羽。
●ホシハジロ:各堀計91羽、うち70羽は北外堀で。
●キンクロハジロ:各外堀で計117羽。うち104羽は北外堀で。
●マガモ:西外堀7羽、内堀9羽、南外堀を飛翔の3羽。
●カルガモ:人工川11羽、西外堀2羽、内堀1羽。

●バン:観察終了間際、U君と三度出会い大手門前、西側の水際で採餌を観察。見やすいところに居てたんで見やすかったけど、見にくいところやったら見にくいやろうなぁ。って当たり前でんがな。
●オオバン:各外堀+第二寝屋川で計61羽。今季なぜか内堀での観察はなし。
●カイツブリ:西外堀1羽、南外堀では5羽が一塊。大阪城公園では5羽が集まるのは珍しい。僅かなことでっけど、何だかウレピー。

●ユリカモメ:上記延べ56羽。
●セグロカモメ:上記2羽。

●ゴイサギ:北外堀塒の木で成鳥2羽、ホシゴイ1羽。その木の隣の隣の木で成鳥1羽m、多分新たな個体。
●アオサギ:これまでのゴイサギの塒の木と新たな個体の木の間の木で2羽。
●コサギ:本丸池で3羽と聞き、人工川では残り僅かな紅葉に包み込まれた1羽。
P1030752.jpg
 いつもの指折れ君じゃなしに、足にほぼ特徴の無い個体。それが特徴かも?

●ハクセキレイ:各所で計15羽。
●キセキレイ:北外堀、内堀で。

 さぁ〜、今年もあと僅か2週間。今年を象徴する言葉は“令”、流行語大賞は“ONE TEAM”、どちらも無難ちゃ〜無難な選出でんな。
 よしっ、来年こそは流行語大賞狙うぞ〜、ってな僅かな夢・・・

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・
posted by ひでキング! at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月08日

のんびり

 曇天スタートも後半はポカポカ。今日は履かんでええわ、パッ、いやタイツ、蒸れることはおまへん。トイレも途中1回しか行かんかったし、気持ちのええ天気でしたな、ほんま。

 気持ちええんはええけど、今日はサンタ・ランの日。11時スタート?太陽広場からサンタの衣装を着た人の大行列、何年目になるんやろ。開催当初はマジでみんな走ってたけど最近はお散歩ですわ。ゆっくりまったり歩いてましたで。

 そのまったりでっけど。ピースおおさか前、枯れ葉の中で何やらもぞもぞ、足を止めて見るとスズメでんがな。

 枯れ葉に埋もれて寝てるんかと思いきや、この中で羽繕いしてましたで、何羽か集まって。
P1030729.jpg
 そんな枯れ葉の中って湿ってて虫がようさん居てるんと違ゃうん、逆に虫付くと思うんやけど、なんか理由あるんやろうか。枯れ葉に埋もれて羽繕いって。

 西外堀から西の丸庭園天端を観察、1羽のカラスと睨めっこ状態のオオタカ発見。暫く睨めっこし西の丸庭園内へ。その直後、西の丸庭園から60羽+のツグミが飛び出し西外堀上を数度旋回し北西へ飛翔。

 わおっ、昨日のカワウ、ムクドリ、カワラヒワに続き今日はツグミの群れが確認出来ましたわ。
 開園前の西の丸庭園、芝生でツグミがわんさか居てたんやろうか。

 幸先のええ観察、今日はたくさん群れが確認出来るかと思いきや、その後はシュン太郎ですわ。

●オオタカ:上記西の丸庭園、8:47。
●ツグミ:60羽の群れを含むで計67羽。
●シロハラ:飛騨の森3羽、元射撃場1羽、音楽堂西通路1羽。
●ジョウビタキ:教育塔裏♀、豊国神社裏♂。
●ウグイス:人工川、音楽堂西通路、豊国神社裏。
●エナガ:梅林8羽。
●アオジ:音楽堂西通路2羽。
 ね、観察が進むにつれ寂しい状況に。

●オカヨシガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計21羽。
●ヒドリガモ:各外堀で計93羽。
●コガモ:南外堀、内堀、人工池で計14羽。
●ハシビロガモ:各外堀で計40羽。
●ホシハジロ:各外堀で計93羽、主に北外堀。
●キンクロハジロ:各外堀で計73羽。
●マガモ:西外堀、人工池、北外堀、内堀で計21羽。
●カルガモ:南外堀、人工池、北外堀計13羽。

●オオバン:各外堀+第二寝屋川で計60羽。
●カイツブリ:南外堀、東外堀で計3羽。

●ゴイサギ:北外堀塒成鳥2羽、ホシゴイ1羽。
●アオサギ:北外堀1羽。
●コサギ:人工池1羽。

●セグロカモメ:水上バス乗り場で2羽、U君が観察。
●ユリカモメ:北外堀上空を弧を描きながら9羽。

●ハクセキレイ:やっぱり多く出会い計18羽。
●キセキレイ:南外堀、内堀。

 でもって西外堀のバン、今日も確認出来ず。でも昨日おきらく先生は観察してまんねんなぁ、さすが! 「おきらく・ごくらく日記」でアップしてはりますわ。

 明日からは15℃越えの天気が続くようでんな。しかし12月中旬に15℃越えとは・・・
 なんとも言いようおまへんな、この先も年々気温が上昇するんやろうか。寒いときは寒く、暑いときはほどほどに暑く、もう普通に戻らんのやろうか。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・カワウ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
posted by ひでキング! at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月07日

むれ

 まだ早い、まだ我慢せんと、パッチ。いやっ違ゃうわ、タイツ、履くの我慢してましてん。この時期から履いたら厳冬期にどうするねん、って我慢してたけどやっぱ履いていったら良かった。

 気温が低いうえに一日中曇り、気温上がらんし、トイレの前通るたびに・・・でもって、あんまり寒いもんやから、何が縮こまってしもうてクルミみたいにシワシワでんがな、ほんま。
 えっ、なんでっか?何を見栄張ってるねんってでっか? えっ、バレた?実はサクランボの種みたいにシワシワ・・・って、冒頭から何をアホな話してるねん!!!

 皆さん風邪引いてまへんか。今週に入って一気に冬らしい天気になりましたな。
 先週まで楽しめた紅葉も大方散ってしまい、残る紅葉は限られてきましたなぁ。
IMG_4328.jpg
 この真っ赤なもみじが散ると冬色の景色に変わりまんねんな。お〜寒っ!

 さて、気温同様お寒い観察? 
●オオタカ:大正区のIさんが、7:24頃沖縄復帰の森上を一番櫓方向への飛翔を確認。道理で、その時間西の丸庭園の石垣沿いをじっくり探してたけど居らんはずですわ。
●チョウゲンボウ:10:30頃、京橋口上を北へ飛翔の1羽を観察。
●モズ:もみじ園で高鳴き、西空堀のススキに留まる♂。
●ツグミ:梅林、飛騨の森では複数羽観察し広範囲で計12羽。
●シロハラ:大手門西、音楽堂西通路、元ヘリポート、豊国神社裏。
●ジョウビタキ:教育塔裏、南外堀沿い、青屋門前で♀。北外堀、豊国神社裏では♂。
●ウグイス:市民の森、豊国神社裏、飛騨の森でささ鳴き。
●ヤマガラ:においの森で2羽。
●アトリ:飛騨の森で10羽前後の群れが観察される。
●カワラヒワ:においの森19羽、太陽広場東の森9羽、梅林で21羽の群れ。他所計51羽。
●アオジ:豊国神社東で♂1羽。
●ムクドリ:暫く群れの観察はなかったけど、今日は北外堀観察中、飛騨の森から50羽前後の群れが飛び立つ。その後も30羽前後の群れ。

 山野の鳥はこんなところでっか。

 そんじゃ、堀の様子といきまっか。
●オカヨシガモ:6羽。
●ヒドリガモ:西外堀42羽、東外堀8羽、北外堀10羽、内堀1羽で計61羽と少ない観察。
●コガモ:南外堀12羽、内堀9羽。
●ハシビロガモ:西外堀7羽、南外堀2羽、東外堀20羽、北外堀15羽、内堀14羽の計58羽。
●ホシハジロ:西外堀5羽、南外堀3羽、東外堀2羽、北外堀84羽、内堀1羽で計95羽。
●キンクロハジロ:西外堀7羽、南外堀9羽、東外堀3羽、北外堀53羽、内堀20羽の計92羽。
●マガモ:人工川6羽、西外堀6羽、内堀8羽の計20羽。
●カルガモ:西外堀2羽、人工川5羽、内堀1羽。
 全体的に見て、ヒドリガモが少なくって、マガモが多いイメージ。

●オオバン:西外堀31羽、南外堀5羽、東外堀11羽、北外堀8羽、第二寝屋川6羽の計61羽。
●カイツブリ:南外堀2羽、東外堀1羽、西外堀1羽。
 バンは確認出来ず。ワシは出会ってまへんが、おきらく先生が観察に来てたようなんで・・・?

●ユリカモメ:東外堀で1羽飛翔。水面から3メートルほどの高さ、着水かと思うも・・・。
●セグロカモメ:高校生U君が7:00〜7:30まで水上バス乗りで観察、6羽が上流に向かって飛翔とのこと。
 その6羽のうちの個体やろうか、10:02北外堀から東外堀へ飛翔の1羽。その後10:15には第二寝屋川で2羽が水面アタック。
IMG_4343.jpg
 なんか餌になるようなもんでも浮いてたんやろうか?
 10:54には京橋口上を西外堀沿いに南へ。ひょっとして今後出会いが増えるかも。

●ハクセキレイ:各所で計19羽と多い出会い。
●キセキレイ:西外堀1羽。
●カワセミ:南外堀1羽、内堀1羽。

●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥2羽とホシゴイ1羽。
●アオサギ:内堀と北外堀。
●コサギ:第二寝屋川を飛翔。

●カワウ:観察開始間もなく、城南地区から南西に9羽、18羽、17羽の群れが次々飛翔。
 そういやぁ〜先週も5羽前後の群れが順次、計36羽が群れを成して西へ向かって飛んでったなぁ。大阪城公園の東側で集団の塒があって、西へ(大阪湾)へ出勤途中かな?

 さぁ〜、カモに続いてカワウも群れはじめ、スズメも群れで地上採餌、久々にカワラヒワやムクドリの群れも観察したし、マヒワ辺り群れでドッと飛来して欲しいもんでんな、ほんま。

 しかしなんでっせ、これからはグッと冷え込むんでしっかりパッチ、違ゃうわ、タイツ履いて観察せんといけまへんな。でもあんまり厚手のタイツやったら、何が蒸れるから素材選びなはれや。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
スズメ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 
posted by ひでキング! at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月01日

ある意味

 居てまっしゃろ、「ある意味」や「逆に」って言葉をよく使う人。職場や友達、遊び仲間で。
 まさに今日はそんな感じの観察ですわ。

 ご存じのように今日は大阪マラソン、立ち入り禁止やその時間帯が昨年までとは違い大幅に拡大。地図ではこんな感じで表記されてますねん。
P1030718.jpg
 どうよこれ、本丸、二の丸以外殆ど入れんがな、実際。どっから入ってどう歩く???

 で、立ち入り禁止の時間帯をチェックし大幅にコース変更。
 10時からは城南地区が解除されるんで最後に回るとして、北外堀には7:30までに辿り着かんとカモのカウント出来んやろと西外堀を後回しにてひでキング!号でダッシュッ!

 7:20北外堀に到着。しかし何でんな、朝日の差し込む北外堀、あまり見ないんである意味新鮮でしたわ。
 そんでもって北外堀が終われば大阪城ホールの外側を回り込んで大阪城公園駅前へ。大阪城ホール前から駅前まで通勤時間の梅田でっせ。そりゃ〜3万人のランナーと警備やスタッフの人、それに付き添いの人もいてるから梅田どころやおまへん、ある意味、新宿かも。

 一旦外道に出て弓道場から森の宮噴水を抜けピースおおさかへ。(地図では右下のグレーの部分)そこでひでキング!号を駐める。

 そこから徒歩で沖縄復帰の森、桜広場、梅林へ。桜広場で高校生U君から連絡。「堀の観察は出来るか、今どこですかと」。「北外堀は終了、南と西外堀は10時以降に、今から梅林で東外堀のカモをカウントに行く」返事。

 梅林でU君と出会う。今日の状況や、過去のマラソン時の話などをしながら同行。
 梅林を出て豊国神社裏、本丸を観察し9:50。ええ時間や、ピースおおさかにひでキング!号を取りに行き南外堀、西外堀を観察・・・??? わっ、東外堀のカウント忘れた!!!梅林で話し込んでU君もすっかり忘れてた様子。

 南外堀、西外堀を観察し京橋口へ。地図では通れんようになってるけど、沿道に柵が設けられ京橋口から内堀沿い(黒い矢印)ランナーのコースの際は通れますねん。ゴール横の内堀沿いも。

 な〜んや、それやったら梅林から飛騨の森方向へ歩けたんや。地図では通れんようになってるんで引き返しましたがな、ほんま。

 でも、飛騨の森でトップで帰還のデニス・キメットって選手を見ることが出来ましたわ。その後2位、3位と続いてゴール。そんなつもりはなかったけど、ゴールの瞬間を目撃。ある意味ええシーンに出会えたかも。

 でもって、再度梅林に辿り着き東外堀のカモをカウント。全ての堀を観察した結果。
●オカヨシガモ:西外堀5羽、内堀2羽。
●コガモ:南外堀19羽、内堀2羽。
●ヒドリガモ:西外堀58羽、南外堀9羽、東外堀4羽、北外堀10羽。
●ハシビロガモ:西外堀6羽、南外堀4羽、東外堀9羽、北外堀6羽、内堀4羽。
●ホシハジロ:西外堀7羽、北外堀64羽。
●キンクロハジロ:西外堀7羽、南外堀10羽、東外堀4羽、北外堀25羽、内堀12羽。
●マガモ:人工池(川)6羽、本丸池4羽、西外堀3羽、内堀5羽。
●カルガモ:人工池10羽、内堀1羽。
●オオバン:西外堀28羽、南外堀1羽、東外堀3羽、北外堀9羽。
●カイツブリ:北外堀1羽、南外堀3羽、西外堀1羽。
 とまぁ、堀の鳥たちはこんな感じですわ。

 でもって、落ち着いた山野の鳥たちは落ち着いたまま変化なし。
●ジョウビタキ:北外堀でヒッヒッヒッ、桜広場、梅林、桜門前など計6羽。見たのはなぜか♂ばかり。
P1030696.jpg

●シロハラ:音楽堂西通路、豊国神社裏、梅林。
●ツグミ:梅林、元射撃場など計12羽。
●ウグイス:桜広場、豊国神社東、沖縄復帰の森など計7羽と多めの観察。
●エナガ:桜広場で6羽。シジュウカラ2羽、メジロ4羽、コゲラ1羽の混群。
●モズ:梅林で目の前に現れ・・・
P1030697.jpg
 モッピー君でした!

●アオジ:音楽堂西通路、一番櫓。
●カワラヒワ:音楽堂西通路7羽。
●チョウゲンボウ:配水池東観察中、尾羽を目一杯広げ上空でクルリと回る本種1羽、尾羽を畳んだかと思うや一直線に森ノ宮方向へ。噴水辺りでUターンしまた旋回。

 その配水池東で、うっそーマジか! 1匹のトンボが木の幹に。飛ばさんように特徴のある側胸部を・・・パシャリ!
P1030713.jpg
 やっぱアキアカネじゃ〜ん!!!

 過去、11月下旬にトンボの観察記録はおまっけど12月は初めて。本来この時期まで居るんか、それとも温暖化か?

 いやいや、今日の観察は落ち着かんと思ったけど本丸、二の丸は団体の観光客が居らんかったんでめっちゃ人少なかったし、立ち入り解除直後のエリアも一般客は居らんし、こんな人の少ない大阪城公園何年ぶりやろって感じ、ある意味落ち着いて観察出来たわ。

 観察困難な今日、こんなときこそ珍鳥飛来!ってな事が良くありまんねんなぁ、逆に。って、なんの逆?

ほなっ、上記以外の鳥たち!
シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・コゲラ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・アオサギ・ゴイサギ・コサギ・

posted by ひでキング! at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月24日

心落ち着く?!

 綺麗でんなぁ、紅葉。今は桜がピークやろうか。橙から紅、様々な色が折り重なり心を落ち着かせてくれまんなぁ、ほんま。ええ季節や!

 そんな紅葉に包まれ、
IMG_4303.jpg
 ええ写真やおまへんがヘリポート北端でハイタカ。当初はこちら向きだったとのこと。

 距離10メートルほど、カラスが近くを飛ぼうが、数名ずつカメラマンが入れ替わり撮影しようが、じっくり眺めようが全く動ぜず。それどころか「この場所気に入った」とばかりに、まったり羽繕いを始める。ええ時間でしたわ。

 観察開始早々、西外堀のカモのカウントを終え西丸庭園の石垣沿いに双眼鏡を走らせる。
 居るやおまへんか、オオタカ。向こう向きで全身スッキリではおまへんが、威圧感はおますな、やっぱり。

 今日の観察、山野の鳥はオオタカに始まりハイタカに終わる。なかなかええ感じでしゃろ。

 さて、全体的には昨日より更に少ない感じ。水鳥も今イチ増えきらん中ヒドリガモが減少、紅葉に心落ち着き、鳥も落ち着く。

●ツグミ:各所疎らで計9羽。
●ジョウビタキ:豊国神社裏♂♀、沖縄復帰の森、飛騨の森など計6羽。
●ウグイス:沖縄復帰の森、人工川、豊国神社東など計5羽。
●ヤマガラ:ピースおおさか前で2羽視認、その後3羽観察と。
●モズ:もみじ園、配水池東で高鳴き。
●ルリビタキ:久しぶりやなとヤツデを撮った飛騨の森で♀型1羽観察される。
IMG_4278.jpg

●カワラヒワ:一時群れの観察が続いたが昨日は見かけず、今日は梅林で1羽のみ。
●アオジ:音楽堂西通路♂、ハイタカの近くで鳴き声。

 ほなっ、堀の様子といきまっか!
●オカヨシガモ:西外堀、北外堀で計9羽。
●ヨシガモ:西外堀で♀1羽。
●コガモ:南外堀でたったの2羽。
●ヒドリガモ:各外堀で観察するも計67羽と昨日より更に減少。
●ハシビロガモ:各外堀で観察計54羽。
●ホシハジロ:西外堀、南外堀。北外堀で計58羽。
●キンクロハジロ:各外堀で計64羽。
●マガモ:西外堀、人工川、内堀西の丸側で計18羽。
●カルガモ:西外堀、内堀、人工川で計13羽。

●カイツブリ:南外堀2羽。
●オオバン:各外堀で観察計42羽。
 バン:じっくり探したけどワシは確認できず・・・

●ユリカモメ:北外堀3羽飛翔。
●カワセミ:人工川で7:25♀1羽。Iさんが観察。
 このIさん、登城前に谷町3丁目の交差点で出会う。毎日観察してはるIさん、大正区から40分かけて自転車で通ってると。足の運動ですわって笑ろてはるけど、ワシには出来んな、自転車で40分は。

●ハクセキレイ:各所で10羽。
●キセキレイ:内堀から北外堀へ飛翔の1羽を視認。その後西外堀で2羽観察情報。

上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・スズメ・コゲラ・ハシブトガラス・キジバト・ヒヨドリ・カワウ・

 さて蝶でっけど、観察開始時は曇天、その後徐々に晴れ間が広がるも時既に遅し。半分以上歩いた後では、ほぼ出会いはおまへんわな。心落ち着き、蝶も落ち着く。

 観察の対象となる鳥や蝶、今日は落ち着いてばっかりや、こりゃ〜イカンがな、ねっ。

●ヤマトシジミとモンシロチョウを見ただけ。
IMG_4271.jpg

 さてさて皆さん、今年も残すところ一月と一週間、気忙しい時期になり片付けものも多いし鳥見は近くの大阪城公園で済ますかって考えてる人、来週は大阪マラソンなんで気ぃ付けなはれや。

 コース設定が昨年までと違い府庁前スタートの飛騨の森ゴール。大阪城公園に帰ってきますねん。立ち入り禁止区域も時間帯も大幅に拡大してるんでホームページで調べてた方がよろしいで。

 今年はマジで適いまへんなぁ、大阪サミットでも立ち入り制限されたし。なんでもかんでも大阪城公園ですりゃ〜ええちゅうもんと違ゃうで、ほんま!って、心落ち着きまへんわ!
posted by ひでキング! at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月23日

こんな時もあるさっ!

 11月下旬でっせ、11月の。最高気温は22℃、観察終了が12:35、多分21℃くらいはあったんと違ゃうやろうか。11月の下旬でっせ、どうするこの暖かさ。
 冬は「凌ぎよいの〜」で済むけど、夏は地獄でっせ、ほんま。ワシのブログ見て笑てる場合やおまへん、何とかせんと、って何する? こんな時もあるさっ!なんて言うてる場合と違ゃいまんな。

 いやいやほんま暖かすぎですわ。デニム素材のジャンパーを着てたとは言え長袖のTシャツと半袖の厚手のポロシャツ、3枚しか着てないのに汗かいたもんなぁ、11月の下旬でっせ。

 さて、野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、やけども・・・チョイと補足。
 カモのカウント数で、むむっ、高校生U君のカウント数が少ないのではと元山さん。確かにワシも朝イチU君から北外堀のカウント数を聞いてそう思いましてん。

 出会ったのが8時過ぎ音楽堂西通路で。その時既に北外堀のカウントを終えたって事は7時半頃にカウントしたんやろ。何故そんなに早い時間で北外堀のカウントを???話を聞けば。

 今季まだ記録がないセグロカモメ、そろそろ飛来かと第二寝屋川と寝屋川の分岐点で朝イチから1時間ほど待ってたとのこと。結局確認出来ず、北外堀から東外堀へとカモのカウント。

 過去どれだけの人が大阪城公園のカモのカウントをしたか知りまへんが、朝の7時半頃の北外堀をカモの数を知る人はほぼ居らんやろ。その時点の北外堀とその後の他の堀もカウント数を元山さんに報告、で元山さんがちょっと少ない?と疑問。

 それもそのはず、元山さんも書いてはるように、カモの数は時間によって変わりまっしゃろ、ワシが南外堀を観察するんは大体8時前後、カウント中にも次々飛来して、せっかく数えたのにまた数え直しかぁ〜。ってうんざりすることも。

 本来何人か各堀に散らばって、時間を決めて一気にカウントすれば正確な数が分かりまっしゃろ。それも、数時間おきに何度かカウントしたらどの時間が少なく、どの時間帯が多いってな事が更に細かく分かるけど、それってなかなかねぇ。

 でもワシのカウント数も、ここ一週間の元山さんの記録よりは少なかったなぁ。
 参考までに高校生U君から聞いた数も加えてワシの観察数を書いとくとしますわ。
●オカヨシガモ:西外堀11羽、北外堀3羽、水上バス乗り場2羽の計16羽。
●ヒドリガモ:西外堀56羽、東外堀9羽、北外堀6羽、第二寝屋川4羽で計75羽。
●ハシビロガモ:西外堀11羽、東外堀11羽、北外堀34羽、第二寝屋川1羽の計57羽。
●ホシハジロ:西外堀3羽、北外堀44羽。
●キンクロハジロ:西外堀2羽、南外堀9羽、東外堀6羽、北外堀37羽、第二寝屋川2羽の計56羽。
●コガモ:南外堀9羽。
●マガモ:西外堀8羽、人工池1羽。
●カルガモ:人工池11羽、北外堀2羽。
●オオバン:西外堀28羽、南外堀1羽、東外堀5羽、北外堀11羽、第二寝屋川5羽の計55羽。
 ってな感じですわ。まだまだ安定した越冬数ってなわけではなさそうでんな。まっ、そんな時もあるさっ!

 それとワシからの追加は・・・
●シメ:梅林観察中、蝋梅に飛び込む1羽の鳥。スズメやシジュウカラではない。覗いてみると、シメでんがな。
IMG_4263.jpg
 地上50pほど、通路から1メートル程の枝にこの姿勢。何だかシメらしくおまへんな。まっ、こんな時もあるさっ!

●モズ:もみじ園、梅林で高鳴き。豊国神社東では♀。
●チョウゲンボウ:早朝、飛騨の森上を鳴きながら飛翔のをS本さんが観察。直ぐカラスに見つかったと。そりゃ〜そうやわなぁ。
●ジョウビタキ:元山さん梅林の追加で、城南地区、沖縄復帰の森で「ヒッヒッヒッ」。飛騨の森♂、豊国神社裏♂2羽。

 さて蝶でっけど、やっぱ暖かいと動きまんな、あっちこっちで良う見かけましたわ。
●ヤマトシジミ:ほぼ各所で観察計19頭。
●ツバメシジミ:この時期にもみじ園で新鮮な♂とそうでない♂。
●ウラナミシジミ:空堀でまだ多く居てるかのと思いきや、石垣をよじ登ってきた葛がばっさり、1頭の確認も出来ず。もみじ園で2頭の観察。
●ウラギンシジミ:青屋門前ボケの植栽場で♀と絡むもう1頭。
●ムラサキシジミ:元ヘリポートで1頭。
●モンシロチョウ:もみじ園で1頭。
●キタキチョウ:広範囲で計12頭。

 暖かくってめっちゃ穏やか、穏やかすぎて、あんた、鳥も穏やかやったらチョイと寂しいのぅ。
 ままっ、いつもいつも賑やかなことおまへん、こんな時もあるさ!
posted by ひでキング! at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月17日

暖かいのぅ、ほんま。

 この週末も暖かくってええ天気でしたなぁ、ほんま。気候も落ち着きゃ〜野鳥も落ち着くってか。チョイと寂しいけど・・・

 ままっ、盆から始まった秋の渡り、3ヶ月間色んな鳥が楽しませてくれましたな、おおきにですわ。また来春たくさん立ち寄ってね、夏鳥たちって、まだ居てまんがな、オオムシクイ。

 市民の森で大将が声と共に姿を確認。教育塔裏でもオオムシクイかメボソムシクイを視認。最低まだ2羽は居てなすな、夏鳥。

 さて、これからは大阪城公園の越冬種の季節でんな。昨季はなんとのぅ少なかったイメージやけど、今年はどうやろ。

 ワシの感じでは、昨季よりツグミは多く越冬しそうな雰囲気。昨季の同時期は殆どか出会わんかったけど今季はほぼ毎回観察、今日も西外堀沿いで10羽の群れを含め計19羽。

 水鳥ではハシビロガモが現時点では昨季同時期より多い感じ。今日も全ての堀で計86羽。真冬になるまで50羽を越えることは少ないイメージやけど、今季は何だか多そうでんな。

 そんじゃ、その他ザザッとかきまっか!
●ルリビタキ:飛騨の森で9時頃♂成鳥が撮影される。その後愛の森で♂成鳥2羽出現とのこと。
●キクイタダキ:配水池東2羽、水場で水浴び。飛騨の森1羽。
●ヤマガラ:においの森で2羽。
●エナガ:沖縄復帰の森で6羽。
●ハイタカ:早朝、配水池東でさかなやさんが撮影。
●マミチャジナイ:市民の森水飲み場で。
●ツグミ:上記19羽。
●シロハラ:市民の森、においの森など計7羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、豊国神社境内などでささ鳴き、計5羽。
●ジョウビタキ:西外堀、梅林、飛騨の森など計9羽。
●モズ:高鳴きはほぼ終わった?桜広場で♂1羽が観察される。
●アオジ:音楽堂西通路、空堀、豊国神社東で計6羽。
●イカル:飛騨の森で声、とのこと。

 堀周辺は・・・
●オカヨシガモ:西外堀、北外堀、南外堀、第二寝屋川で計35羽。
●コガモ:南外堀、内堀、本丸池で計14羽。
●ヒドリガモ:朝イチ西外堀で34羽をカウント。観察半ば京橋口で大阪城ホール方向から西外堀へ40羽ほどの群れが向かう。乾櫓を曲がった辺りで若干高度を下げる。
 帰り際、朝イチでカウントした場所には77羽の本種。何時にどこからやって来るんか解らんけどタイミング次第では観察数が大きく変わりまんなぁ、ほんま。他の堀計139羽。
●ハシビロガモ:上記86羽。
●ホシハジロ:西外堀と北外堀で計35羽。
●キンクロハジロ:西外堀、南外堀、北外堀で計47羽。
●マガモ:西外堀、人工川で計19羽。
●カルガモ:人工川、内堀で計11羽。

 観察終了間際、高校生U君から「西外堀でバン、さかなやさんと観察中」と連絡が入る。大手門前にひでキング!号を駐めてるんで帰りに向かうと二人が見る双眼鏡の先に1羽のバン。
 先週から断続的に観察されてる本種。ほぼほぼ西外堀で観察されてるんで同一個体と思いますねん。

●オオバン:南外堀、西外堀、北外堀、第二寝屋川で計42羽。増えてきましたなぁ〜。
●アオサギ:人工池と北外堀。
●コサギ:人工川で観察、その後東へ飛翔。
 ゴイサギは確認出来ず。

●カワセミ:西外堀。
●カイツブリ:南外堀。

●ハクセキレイ:各所計9羽。
●キセキレイ:西外堀大手門側、京橋口側で。

 とまぁ〜、大方この顔ぶれで冬を過ごすことになりまっしゃろ。もちろん珍客大歓迎でっせ!

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

 で、思いの外出会いがあった蝶。昨日は成虫越冬種の観察はなかったけど、今日はほぼ成虫越冬種。

 今日の初蝶の出会いがなかなかのもんでしたで。
 音楽堂西通路歩行中、ツツジの枝先に青いもの。わっ、めっちゃ綺麗!
IMG_4208.jpg
 日向ぼっこ中のムラサキシジミ、しかも♂。あまりすり切れた様子もなく綺麗な個体でしたわ、ほんま。何でこんな綺麗な瑠璃色なんやろ、って、ワシら人間に見せるために、この色を選んだわけやないんやろうけど。

 北外堀沿いでカモのカウント中、目の前を横切るオレンジ。カウントを中断して行方を追う。近くに留まり・・・パシャリ!
IMG_4222.jpg
 チョイと角度が悪いけど、これまた綺麗なアカタテハ。

 飛騨の森ではウバメガシに留まるウラギンシジミ。
IMG_4225.jpg
 こちらはすり切れて鱗粉がスカスカ。でもって裏面も一応と撮ってみると、
IMG_4227.jpg
 わっ、これまたすり切れてるし、そのうえ翅の欠損。この状態でひと冬越せるんかなぁ、頑張れよ!

 一番櫓ではテングチョウの飛翔を確認。
 空堀、飛騨の森、北外堀沿いではキタキチョウ。
 11月の真ん中にこれだけ暖かいって、どうよ。成虫越冬の蝶がこれだけ見れるとは嬉しいけど・・・やっぱかなり温暖化?

 空堀ではウラナミシジミが13頭とまだまだ元気。
 ヤマトシジミもひと廻りして15頭と、気温次第ではまだまだ観察出来そうでんな。

 さて、今年もあと一月半でんなぁ、ほんま早いのぅ。そろそろ冬支度せんといけまへんな。
posted by ひでキング! at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月16日

チョイと急ぐんで・・・

 ひや〜、ええ天気〜。
P1030675.jpg
 これ見て、西の空のポッカリ浮いたお月さん。
 東では朝日が眩しく輝く。その朝日に向かいジョウビタキが「ヒッヒッヒッ」。何を思い鳴いてるんやろ。
P1030677.jpg

 さてさて、落ち着きを見せてきた大阪城公園の鳥たち。何をさておき気になるのが・・・ってな、だらだら書いてる時間おまへんねん、今日は。

 こんなワシでも何かと忙しぅて時間が圧してるんで堀周辺の観察だけササッと書いて、プラス出会った人の観察情報をば。

●ベニマシコ:早朝さかなやさんが空堀ススキで観察、その後西の丸庭園に入ったとのこと。
●キクイタダキ:飛騨の森、山里丸。
●ツグミ:大手門前、第二寝屋川。
●シロハラ:豊国神社裏。
●ジョウビタキ:大手門前、空堀など計7羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、豊国神社東で計3羽。
●アオジ:音楽堂西通路、豊国神社裏、空堀で計5羽。
●モズ:城南地区でバッタを咥えた♀。
★オオムシクイかメボソムシクイ:北外堀ゴイサギの塒で。

 堀の様子。
●オカヨシガモ:西外堀、北外堀、内堀で計12羽。
●コガモ:人工池、南外堀、北外堀で計10羽。
●ヒドリガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計66羽。
●ハシビロガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計71羽。
●ホシハジロ:西外堀と北外堀で計31羽。
●キンクロハジロ:東外堀以外の堀で計55羽。
●カルガモ:西外堀以外の堀で計17羽。
●マガモ:人工池、西外堀、内堀で計16羽。

●オオバン:内堀以外で計33羽。
●カイツブリ:北外堀1羽。
●カワウ:南外堀、北外堀、内堀で計5羽。

●ゴイサギ:北外堀塒で2羽の成鳥。
●コサギ:人工川1羽。
●アオサギ:南外堀を2羽が鳴きながら飛翔。

●カワセミ:北外堀1羽。
●キセキレイ:南外堀、西外堀。

上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 蝶は朝の冷え込みの割には多く観察出来。
●モンシロチョウ:空堀で求愛行動の2頭。
●ウラナミシジミ:空堀内で6頭。
●ツバメシジミ:青屋門前でお休みの1頭。
●ヤマトシジミ:青屋門前、飛騨の森で。
●ツマグロヒョウモン:空堀で♂。

 えらい愛想なしでスンマヘンが、今日はこの辺で。明日ワシの体に何事も無けりゃ〜じっくり歩きますよってに、また明日!
P1030680.jpg

posted by ひでキング! at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記