2018年09月23日

まっしぐら!

 さぁ〜、始まるでぇ、大阪城公園鷹渡り物語。
 天気予報通り朝は快晴、とはいきまへんねんなぁ、これが。東の空はすっきり晴れるも
P1010515.jpg
 真上から西の空は分厚い鱗雲。
P1010516.jpg
 その境界線がこんな感じですわ。
P1010521.jpg
 でも、スタート地点と思われる生駒山は雲ひとつなし、こりゃ〜かなり期待できまっせ〜!

 でもって、観察前に昨日の大阪近郊の鷹渡り情報を確認。高槻萩谷、奈良県、甲山など天候が回復した午後から一斉に渡ってるやおまへんか。しまった、昨日午後から粘るべきやったか・・・
 でも仕方おまへん、終わったことはどう仕様もないんで今日に期待するしかおまへんな。
 
 そんじゃ、鷹見前に撮ったチャバセネネリを見て頂き、
P1010513.jpg
 本文に入るとしまっか!

 ひでキング!号を専用駐輪場へ駐め、新たな鷹見場ミライザ裏の天端へまっしぐら。7:27。
 しばらく観察するも成果なし。
 例年観察する配水池東北東角が入れんと思ってたけど、倒木の処理が終わり通行可に。それやったらと移動し例年通りの場所で観察。

 やっぱりいつもの場所は落ち着きまんな。でも南側に立ってた大きなヒマラヤスギが倒れ直射日光が暑い。わずかな影に隠れながら仕切り直し。

 これまたしばらくすると、大阪城公園野鳥酒の会理事長、副理事長、さかなやさんが。少し遅れて会員見習いのH本氏も参戦。こりゃ〜心強い、一人やったらおしっこも行かれへんし。

 雑談しながら東の空を見つめる。18日に鷹が渡ったときの状況をさかなやさんから聞く。10数羽の観察を2度、10:05頃と10:50頃。ゴールデンタイムは10時台。

 9:58刻々と迫るゴールデンタイムを前に一同固唾をのみ双眼鏡を構える。皆の鼓動が聞こえるほど静寂した時間。東の空、生駒山頂を睨む8つの目。

 時計の針が10時を差した瞬間。「山頂電波塔の左上、3羽の鳥影」とさかなやさん。双眼鏡を覗きながら場所を確認する。
 お〜、回ってる〜。3羽の鷹が大きく弧を描き上昇!間違いなく渡りや!!!
 
 生駒山頂から徐々に旋回上昇、発見時ごま粒ほどの飛影が更に遠のく。識別なんてとてもやおまへんがな、実際。

 目を切ることなく3羽を追う。3羽は徐々に西へ移動。よっしゃ〜、こっちに来るやおまへんか!
 少〜しずつ、少〜しずつ近づく鷹、徐々に姿が鮮明に。副会長が飛影、下面の色合い、わずかに見える模様からハチクマと判断。

 その後、旋回飛翔から滑空しOBP上空を西へまっしぐら。その時はワシでもハチクマと分かる距離でしたわ。10:00〜10:06。

 その直後、東に目を戻せば同じコースを同じように上昇旋回する1羽のハチクマ。先の3羽を追いかけるようにOBP上空を西へまっしぐら。10:06〜10:09。

 10:38、東の方角生駒山稜線より下で大きな2羽と小さな1羽が絡むように飛ぶ。上昇する様子はない。大きな2羽の飛影はトビ、小さな1羽はハシブトガラス?その後上昇することなく麓へ消える。

 更なる飛翔を期待し東の空を望む。
 今度は先のハチクマよりやや南側で発見。3羽が稜線付近から徐々に上昇、その上には別の3羽が弧を描き天空を舞う。先ほどのコースとは別の城南地区上空を通過する南側コース。

 3羽ずつ徐々に高度を上げ風に乗り一気に西へまっしぐら。6羽中、4羽はハチクマと識別、あとの2羽はハチクマと思われる。11:05〜11:12。

 その後も待ち続け正午まで粘るも上空を通過する鳥の姿はなし。いったん晴れ渡った西の空が再び厚い鱗雲に覆われ今日の鷹見終了。

 皆さんお疲れさんですわ、ほんま。
 ごま粒ほどにしか見えん鷹探しにほんまおおきに!でっせ。しかもさすが副会長、鷹渡りのベテランでなきゃ〜あのハチクマは分からんかったやろうな。

 二度三度とごま粒を発見してくれた、さかなやさんも、さすがですわ。細かいとこまでよう見てるし。

 会員見習いのH本氏、慣れん鷹見でトビを見つけはったんはなかなかのもんですわ。

 みんなが協力すれば成果も上がりまんな。ワシ一人やったら成果なしやったかも。
 
 結果をまとめると。
10:00〜10:06 生駒山上空から大阪城公園の北側(OBP)上空を西へハチクマ3羽。
10:06〜10:09 上記同コースをハチクマ1羽。
11:05〜11:12 大阪城公園南側(城南地区)上空を西へ6羽。うち4羽はハチクマ、2羽もハチクマと思われるが・・・。

 渡りではおまへんが、東大阪生駒山麓付近でトビ2羽。

 大阪城公園で観察できる鷹見は基本的には本来のルートから外れるとワシは思ってまんねん。
 本来は大阪平野に入る前に北ルートは淀川沿い上空を西へ。南は生駒山脈、和泉山脈沿いに渡り西へ。
 大阪城公園(大阪平野)上空を飛翔する個体は何らかの原因でルートから外れた個体と違ゃうんかなって。いわば流れ者でっか。

 しかしいつも思うんやけど、大阪城公園上空を通過する鷹って、いつから渡ってるんやろなぁ、って。そんなことを思うと鳥見はやっぱマロン、違ゃうわ、ロマンチックでんなぁ、ほんま。

 明日もロマンを感じることが出来るやろうか。天気次第ではちょいとだけ空眺めようかな〜。
 
 鷹渡り以外の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 鷹見中、内堀水面を飛翔のカワセミ、梅林から東に飛翔のツバメ1羽。
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月22日

期待大!

 よしよし、天気予報通り昼過ぎには晴れ間がのぞき始めたな。
 朝からは小雨の予報、って事で昼までに用事を済ませ昼からサラッとひと廻りの予定、予定に合わせて晴れてくれましたがなぁ、こんな気持ちのええ事はおまへんで、実際。

 鳥見人とはあまり出会わんかと思いきや、行く先々で常連さん。今来たと言う人や朝から観察という人も。みんな気合い入ってまんなぁ、ほんま。まっ、否が応でも気合いの入る時期ですもんな。

 そんな方々から頂いた情報。
●キビタキ:市民の森♂♀、飛騨の森白斑タイプ。
●オオルリ:市民の森♀。
●サンコウチョウ:沖縄復帰の森。
●エゾビタキ:西の丸庭園。
●ヤブサメ:修道館西。
●オオタカ:市民の森では自身観察、桜広場でも観察情報。最近は市民の森と桜広場を行き来してる?
●ノスリ:今日も元射撃場で観察される。
●チョウゲンボウ:いつも通り空堀で。最近は西の丸庭園入り口東側の石垣がお気に入りの様子。

 でもって、やって来ましたで!カモ。
P1010487.jpg
 南外堀で1羽ぷっかり浮かぶヒドリガモ(交雑?)
 先週あたりからコガモかハシビロガモあたりの飛来がないかと気にかけてましたんやけどヒドリガモが今季初の越冬ガモとは。例年コガモかハシビロガモが一番ガモなんやけど・・・

 一番櫓前の松林ではマミジロ♂若鳥、二番櫓前では♀、沖縄復帰の森では♂成鳥も観察される。
 本種は20日には教育塔裏でも♂。21日は市民の森でマミチャジナイも観察され、大型ヒタキもそろそろ顔を見せ始めましたな。

 盆明けに始まった秋の渡り、ひと月あまりが経過しカモも飛来、そろそろ第2段階でっか。

 でもって、先週は休み明けに各地一斉に天空を舞った鷹、明日は朝から晴天の予報、期待せずにいられまへん。明日のブログは鷹一色といきまっか!

ほなっ、じょうきがいの鳥たち!
シジュウカラ・コゲラ・カワウ・カワセミ・カワラヒワ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ヒヨドリ・
posted by ひでキング! at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月17日

諦めたらアカン、って事?

 いやいや参りましたなぁ、実際。朝起きたら上空ドンヨリ。東の空ももちろんこの通り。
P1010447.jpg
 こりゃ〜鷹見はあきらめですわ、悔しいけど。

 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂いて、ワシの話に付き合うてもらいまひょか。

 しかし、ようもこれだけ鬱陶しい天気が続きまんなぁ、ほんま。そんでもって明日から晴れの予報でっしゃろ。なんで平日に晴れるかなぁ、実際。そのうえ、週末からまた雨の予報でんがな、愚痴りたくのうても愚痴が出ますわ。

 ままっ、ぼやいても仕方おまへん。鷹見のことはきっぱり忘れてひと廻りですわ。な〜んて思ってたら観察終盤一番櫓でKさんと出会う、いきなり上空を指さす。見上げれば比較的低い位置で3羽の猛禽が旋回してるやおまへんか!

 2羽が先行し西へ飛翔、追いかけるように数度旋回して西へ流れる1羽に狙いをつけて、パシャパシャパシャ、闇雲にシャッターを切る。
 暗い空で白い雲がバック、とてもやおまへん模様なんて。帰って思いっきり、思いっきり明るくして・・・
P1010480.jpg
 サシバや〜!!! これってサシバでっしゃろ〜!!! 11:50の出来事。

 この前に観察した梅林南端では、サンコウチョウ待ちの間に元ヘリポートでノスリが撮影される、11時頃。その上空では撮影されたトビのモニターを見せて頂く。でもって今日はチョウゲンボウはどうやったんやろ?

 しかし、ほんまビックリでんなぁ、オオタカにノスリにトビにサシバとは。この秋の大阪城公園は猛禽天国でんなぁ、実際。

 その他は・・・
●エナガ:北外堀沿いで1羽と、元ヘリポートで13羽の群れ。この群れが人なつっこくって手の届きそうなところを行ったり来たり。
●ヤブサメ:西の丸庭園。
●ゴイサギ:北外堀の塒から石垣へ飛翔。
●カワセミ:東外堀、北外堀で各1羽。
 ってなところですわ。

 で蝶の方は大きな変化はおまへんが、やっと姿を見せてくれましたわ、ウラナミシジミ。っていうても、撮影されたモニターを見せてもらっての確認でっけど・・・

 アオスジアゲハはやはり少なく3頭。ヤマトシジミも昨日より少ない4頭の観察。
 青屋門前花壇がちょいと賑やか、イチモンジセセリにチャバネセセリ、でもって久々のベニシジミ。
 人工川ではキタキチョウが地を這うように飛翔。

 ツバメシジミだけは個体数が増え10頭の観察。
P1010451.jpg
 教育塔裏では4頭が一箇所に。綺麗な個体やったんで今朝生まれ?でもって今日のツバメシジミはやたらイノコヅチに留まってたな。なんでやろ?ってな事考えてたら、妙なことに気がつく。

 大方の蝶って成虫で2〜3週間の寿命でっしゃろ、って事は生まれた時期に咲いてる花の蜜しか吸えんって事ですわな。初夏に生まれたら初夏の花、秋に生まれたら秋の花。

 春から秋までほぼ毎回観察できる蝶なんかでも、個体単位で考えたらそういう事ですもんな。春から秋まで色んな花が咲いても自分が生きてる時期に咲いてる数種類の蜜の味しか知らんてことでんな。それがどうなんって事はおまへんが、この写真撮ってるときに、ホッと思っただけで・・・

 そんじゃ〜トンボといきまっか!
 まずは綺麗な真っ赤なリスアカネ。西の丸庭園で撮影され、これまたモニターを見せて頂き確認。
 はぃっ?ちゃんと確認しいや、ってでっか。えっ、ま〜その〜・・・

 昨日ほど賑やかではおまへん。ギンヤンマも昨日より少なく12匹、おっ、結構居ったんや。東外堀では交尾産卵。

 シオカラトンボ♀、東外堀。
 タイワンウチワヤンマは4頭。
 アオモンイトトンボは北外堀、南外堀で共に♂。
 西外堀では久々にコシアキトンボを観察。
 これまた久々のショウジョウトンボは、北外堀で産卵行動。

 冗談抜きで来週は晴れてくれへんかなぁ、ほんま。こんな曇天続きやったらマジで鷹見する気になりまへんがな、実際のところ。

 でもなんでんな、昨年今年と東外堀では水草が除去されても諦めず産卵するギンヤンマ。
 これでもか!ってくらい除草され、わずかに残った葛の葉を利用し毎年生まれてくるウラナミシジミ。
 こんなに天気が悪ぅても前へまえへ、越冬地へ向かうサシバ。

 何事も諦めたらアカン、って事でっか。ほなっ、来週は雨でも鷹見や!って、それはちょっと・・・

 
 
posted by ひでキング! at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月16日

予定変更!

 変更の変更ですわ、今日は。
 この3連休の天気予報、土→午前中小雨、日→一日曇り、月→午前曇り午後から晴れ。当初はこんな予報でしたやろ、なもんで昨日は用事を済ませる予定をそのまま実行、今日は普段通りの観察、明日は鷹見、そんな予定してましたんやけど今朝出発するときめっちゃ晴れてまんがな、これが。

 日程を急遽変更して、今日は鷹見!って事で、8時に鷹見場へ。って言うてもお気に入りの鷹見場(配水池北東角の石テーブル)は台風の影響で立ち入り禁止、ってな事でミライザ裏の天端に陣取って鷹を待ち構える。

 大阪城公園野鳥酒の会会長、平会員のさかなやさんの激励を受け気合いを入れるも・・・
 真上の空は雲が多くも晴れ間が広がる、期待できそう。しかし出発地点(?)の東側の空が一向に晴れる気配なし。1時間ほど待って諦めましたわ。予定変更の変更で結局いつも通りひと廻り。

 野鳥の状況は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。で、元山さんは何時頃チョウゲンボウ見はったんやろ。ワシが見たんは2回、9時頃と12時半頃ですわ。

 9時頃に行ったときは、お気に入りの突き出た石から修道館側の石垣の葛の葉の中へ、そこから飛び出しお気に入りの石より北側の石垣に留まる。
 その足には緑色の大きな物体。その物体を掴み損ね石垣を転がる。急降下で追っかけ再び握りしめる。その物体ってのが、これですわ!
P1010416.jpg
 15p位あるやろうか、模様からスズメ蛾の幼虫やと思いまんねん。しかし、がっちり握ってまんなぁ、ほんま。

 この後ササッと一廻りして12時半頃にも同所で観察。
P1010442.jpg
 朝から半日同じ場所にいてたんやろうか???

 でもってワシからの追加は・・・
●ノスリ:最近毎日観察されてる本種、今日も早朝に元射撃場で観察されたとのこと。
●カワセミ:北外堀1羽。
●ヤブサメ:梅林うめみ坂1羽。
●エナガ:沖縄復帰の森1羽。

 それと種の追加ではおまへんが、コムクドリとサンコウチョウ。
●コムクドリ:愛の森と飛騨の森の間の階段付近で10羽ほどが観察される。ケチャップ姉さんは6羽は間違いないと、うち2羽は♂であったとのこと。ワシは♀2羽を見たんで♂♀各2羽、不明2羽ってなとこでんな。
●サンコウチョウ:沖縄復帰の森では一時3羽が観察され、うち1羽が市民の森に移動とのこと。
 と、メジロ、コゲラ、ハシボソガラス、カワウ。


 そんじゃ、蝶といきまっか!
 先週は台風後初の観察って事と足下も気になりじっくりとは行かんかったけど、今日は何かと出会いましたで。

●アオスジアゲハ:7頭と少ない。やっぱ羽化期に台風でっしゃろ、影響ないとは言えんやろうなぁ。
●ヤマトシジミ:こちらも13頭と台風前から大きく減少。
●モンシロチョウ:城南地区で1頭。
●モンキチョウ:台風を幼虫で乗り越えたか。羽化期を迎え5頭の観察、いずれも新鮮な個体でしたわ。鷹見中、足下のツルボで吸蜜の写真をば。
P1010397.jpg
 長いこと居てましたでぇ、よっぽどツルボの蜜がお気に入ったんやろうなぁ。

●ツマグロヒョウモン:城南駐車場で♂2頭。
●アカタテハ:修道館裏。
●ツバメシジミ:人工川1頭。
●イチモンジセセリ:北外堀沿い。
●ウラギンシジミ:豊国神社東、もみじ園。
P1010427.jpg
 とまぁ、こんなところですわ。


 ではトンボでっけど・・・。こんなん初めて、マジで初めて!
 ギンヤンマを14匹も見ましたで、マジで!
 一年通じて5匹くらいは一日で観察することおまっけど、10匹を超すのは始めてちゃいまっか。確かに最近は街中でもチラホラ見かけるんで、何処でも居てるんやなぁ、って感心してましてんけど、それにしても多い。

 特にビックリしたんが、北外堀。水面から見える水草(オオカナダモ?)が繁茂した場所で交尾産卵の番が3組。ホレ!
P1010439.jpg
 でもって、ホレホレ!
P1010435.jpg
 そんでもって、ホレホレホレ!
P1010432.jpg
 ね、これ一歩も動かんと撮ったんでっせ。どれだけ卵産んだんやろ、そんでどれだけ羽化できるんやろ。

●ウスバキトンボ:34匹と増加に転じる。
●タイワンウチワヤンマ:内堀、南外堀、北外堀で計5匹。
●マイコアカネ:人工川近くで♂1匹。

 台風21号のあと、なかなか天気が落ち着きまへんなぁ、ほんま。涼しかったり暑なったり、カラッとしたりジメジメしたり。

 休みの天気予報に合わせ色々予定組んでまんねんけど、こんなにコロコロ天気が変わったらあれもこれも予定変更ですな、実際。
 ままっ、ワシの予定が変更する位はええけど、鳥たちが予定変更!大阪城公園はパス!ってな事だけは辞めてほしいな。

 でもって、明日は鷹見の予定。変更がなければ・・・
posted by ひでキング! at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月09日

状況報告

 台風後初めての大阪城公園。
 元山さんのブログや大将からのメールで悲惨な状況やって事は承知の上。昨日は仕事やったんで今日は雨でも観察に出向く予定してましてん。って、観察って言うか状況確認って感じかな。

 全体的には思ってたより歩ける箇所が多かったな。通路脇には切り刻まれた倒木があったんで通路にあったものが撤去されたのは見て取れますわ。では、今日現在西の丸庭園を除く各エリアの状況を簡単に。

【エリア全体立ち入り禁止】
★太陽広場東の森
 大木が多数倒れ通路をふさぐ。普段は見通しのよい森も倒木の枝で全く見通しがききまへん。写真は弓道場と駐車場間から西北(太陽広場グラウンド側)を撮影。
P1010365.jpg
 普段はグラウンドまで見通せるが全く見えず。大木が倒れ暗い森が明るくなる。

★飛騨の森
 倒木は少ないものの大きな枝が通路を阻む。

【一部立ち入り禁止】
★配水池北東
 ミライザ裏から配水池東藤棚あたりまでは通行可。北東角は折れた枝が散乱し通行禁止。

★修道館と豊国神社の間
 ヒマラヤスギの大木が倒れトイレの一部崩壊状態のため、トイレ付近通行禁止。

★音楽堂西通路
 南階段から中央階段付近まで通行できまへん。この通り。
P1010360.jpg
 音楽堂側の木々が複数本倒れふさがれる。通行禁止ではおまへんが、とても通れる状態やおまへんわ。

 とまぁ、通行禁止のエリアはこんなところでっか。その他は・・・

★市民の森
 倒木数は太陽広場東の森に次いで多い感じ。大阪城公園では大きな森なんで確率から言うてもそりゃ〜そうでんな。
 水飲み場南東ではタイワンフウやクスノキなど大木が多数倒れる。倒木を避けながら歩いたら行きたい方向とは逆の場所に。

★梅林
 全体的には大きな被害なし。中央のベンチに囲まれた大きなエノキの枝が折れてましたな。

★教育塔付近
 教育塔南側の通路は倒木のため通行できず。
 その通路に繋がる教育塔裏の三つ叉通路のクスノキがこんな状態。
P1010347.jpg
 根こそぎバッタリ。
 この倒れた土の高さ、ワシの背丈を優に超え2メートルはあったんと違ゃうかな。このクラスの倒木は全体で5本程度あったかな。

 一部の建物には木が倒れかかってたようでっけど倒壊したものはなさそうでんな。大手門や一番櫓では白塗りの壁一部吹き飛ばされてたけど。
P1010344.jpg

 大雑把こんな感じですわ。
 しかしまぁ〜、これだけの木々をなぎ倒す台風って記憶におまへんなぁ、実際。確かに景色が変わりましたな。

 倒れた木々を眺めながら・・・
 市民の森のタイワンフウ、冬期には群れでアトリやカワラヒワが種を啄みに来てたけど今季はどうかな?

 教育塔裏のクスノキの大木、昨夏は大量に樹液を出し多数のハナムグリやコガネムシ、ゴマダラチョウを集めてたし、大阪城公園初のカブトムシを観察できた木。

 そんな木々との思い出が頭をよぎりましたわ。まっ、しかしこればっかりは仕方おまへん、倒れた木は起き上がらんし過去の思いでは胸にしまっておくとしまっか。
 この先また色んな出会いがあってそれが今後の思い出になりますもんな。

 来週以降、様変わりした大阪城公園の生き物(野鳥、蝶、トンボ)を記録して、台風前と後の比較をするのもこれまた観察。ってな事で今日の観察種はササッと書きまっせ!

《野鳥》
●オオタカ:市民の森、西の丸庭園で観察される。
●ノスリ:元ヘリポート、元射撃場付近で毎日観察とのこと。今日は元ヘリポートで複数人撮影。
●ツミ:沖縄復帰の森で複数人が撮影とのこと。
●チョウゲンボウ:空堀で今日も観察される。

●コサメビタキ:教育塔裏、空堀、豊国神社東、桜広場。
●ヤブサメ:梅林南端雑木林。
●キビタキ:豊国神社東♀型。
●サンショウクイ:配水池東でお気楽先生が観察と聞く。
●エゾムシク:市民の森。倒れた楠の頭頂部を跳ね歩く、位置的にはほぼ目線。一時は地面に降りて跳んでましたわ。

●カワセミ:南外堀で2羽。
●アオサギ:北外堀。
●カルガモ:北外堀。

 他は・・・シジュウカラ・コゲラ・メジロ・キジバト・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

《蝶》
●アオスジアゲハ:1頭のみ。先週増加しピークを迎えるかと期待したけどアキマヘン。台風の影響か羽化期が大きく変化したか?
●モンシロチョウ:城南地区でボロボロ個体1頭。
●ツバメシジミ:人工川、梅林、豊国神社東。
●ヤマトシジミ:城南地区、北外堀沿い、飛騨の森、梅林。
●イチモンジセセリ:城南地区2頭。
●チャバネセセリ:青屋門前花壇。

《トンボ》
●シオカラトンボ:人工川、城南地区。
●コフキトンボ:人工川♂。
●ショウジョウトンボ:北外堀♂。
●ウスバキトンボ:空堀、大手門。
●ギンヤンマ:西外堀2匹。

 こんな感じですわ。まだまだ、まともに歩ける状態やおまへん、特に市民の森や教育塔裏など通路に倒木が横たわってるんで観察時には充分気をつけておくんなはれや。

 でもって、こんな状況かつ雨の中観察に来てはった常連さん、色んな情報おおきに!
 まだまだ渡りはこれからなんで、これからもよろしゅうに、たのんまっせ〜!
 
posted by ひでキング! at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月02日

次から次へと

 まぁ〜次から次へと色々出てきまんなぁ、ほんま。嫌になってきまっせ、実際。って、野鳥やおまへんで。

 昨日、盆明けに治療を終えた箇所の状態を確認のため、予約していた歯医者へ。別に違和感もなくやっと通院が終わると思ってたら、一昨日別の場所のかぶせがとれましたがな、これが。

 新たにとれた箇所が虫歯になっており風を当てるとやっぱり凍みる。念のため麻酔をしますね〜、ってこの麻酔が疲れますわ、ほんま。どんなけ口開けとかんといかんねん、精神的にぐったり。一晩寝てすっきりしたけど、なんで歯医者に行くと疲れるん?

 しかしなんでこんなに次から次へと治療箇所が増えるん、年中歯医者行ってますわ、実際。
 
 さて、野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は・・・

 北外堀でカワセミ。
 同じく北外堀、冬期中塒やった木で「よ〜帰ってきたなぁ」のゴイサギ。
IMG_0270.jpg

 市民の森でエナガ、エゾムシクイ。飛騨の森でオオルリ♀。でもって、コゲラにメジロにカワウ。
 お〜、結構次から次へと出てきてまんがな。ってなところが追加ですわ。

★メールにて追加情報あり。って事で追加の追加。
●種の追加としてはチョウゲンボウが空堀、サンコウチョウは市民の森、でもって今季初のエゾビタキも教育塔裏、豊国神社裏に到着!

●それと、個体数が定かでなかったコルリ、結局薬局飛騨の森♂若鳥1羽、♀2羽、桜広場に♀2羽、修道館裏で♂♀各1羽、西の丸庭園に♂1羽、♂若鳥1羽、配水池東♂♀各1羽で、げ〜計11羽じゃん!!!
コルリのウェーブデーじゃんか!!!   ほんま次から次へと飛来しまんな!

 でもって、楽しみにしてたトンボ、梅林のマユタテアカネ。29日には戻ってた、とのことやったんで期待したけどアキマヘン。またどっかへ行ったんか、それとも大雨の影響で・・・

 その他トンボはこれと言って変わった様子もなくって言うか、少なく。
 シオカラトンボ・タイワンウチワヤンマ・アオモンイトトンボ・ウスバキトンボ・マイコアカネ・ってなところですわ。

 今度は蝶でんな。
 やっぱ少ないなぁ、アオスジアゲハ。先週より増えたとはいえ11頭。まっ、出会った個体一様に新鮮やったんで羽化期には入ってるんやろうけど今イチ個体数がねぇ〜。もうしばらく様子見みまっか。

 野鳥同様9月、10月は多くの種が観察できる蝶。次々から次へと姿を現し・・・
 盆明けから3週連続でキマダラセセリ、
IMG_0231.jpg
 そんでもって、イチモンジセセリに、
IMG_0236.jpg
 チャバネセセリ。
IMG_0259.jpg
 今日も3セセリ、ゲット!

 人工池裏では久々のツマグロヒョウモン。
IMG_0235.jpg
 しかも♀。昨季は初夏からほぼ毎週観察できた本種、今期はめっちゃ少ない。

 ヤマトシジミが行く先々で次から次へと47頭と一気に増加、まだまだこれからでんな。
 やっぱ小さいな、ツバメシジミ。もみじ園で隣り合わせの2頭を撮影したけど、なんの花か調べんといかん小さな花に留まる個体、
IMG_0255.jpg
 でもって、イネ科の葉に留まる個体。
IMG_0257.jpg
 イネ科の葉っぱなんで細いって事は想像つきまっしゃろ、その細い葉に留まってこの大きさでっせ、かなり小さいでっしゃろ。

 北外堀で飛翔を確認したルリタテハ、次から次へ現れ配水池東、豊国神社裏でも観察情報。本種3頭の観察は稀。

 極楽橋トイレ前ではウラギンシジミ。青屋門前ではベニシジミ。配水池でゴマダラチョウ。次から次へようさん出てきましたがな、これが。ってな事を思いながら帰り間際にはアゲハの飛翔を確認。

 次から次へと発生する台風、今週半ばには本州直撃の予報。これを何とか乗り切って来週からは野鳥が次から次に飛来してほしいもんでんな!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ルリタテハ・ゴマダラチョウ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月26日

まだ、アカンかぁ。

 元山さ〜ん、ご心配にはおよびまへんへしたでぇ〜、ちゃ〜んと写真撮れましたで〜。この通り!
IMG_0219.jpg
 ご心配頂いてたようで恐縮です。
 現地に行けば大将が探鳥中、一緒に探し直ぐに見つかりましたわ。これが大阪城公園初のトンボ、マユタテアカネ。

 お隣には最近の常連さん、マイコアカネも。
IMG_0203.jpg

 いやいや、ここへ来てこんな出会いがあるとは。
 観察前半、夏の間も熱心にトンボや蝶も観察してはる常連さんの女性バーだーさんと出会う、先週はアキアカネを撮影、昨日はこのマユタテアカネを発見。脱帽でんな、実際。

 野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、チョイと寂しい状況でんなぁ、ほんま。ワシからの追加は飛騨の森でオオルリ♀の観察情報。ってとこですわ。

 でもって、このままトンボといきまっか!って言うても上記以外に変わったこともなく、真夏にピークを迎えるタイワンウチワヤンマ、シオカラトンボが若干減少、その代わりウチワヤンマが東外堀で2匹。

 ウスバキトンボと思われるトンボが西の丸庭園の芝生で多数飛んでたと聞く。
 北外堀では久々のアオモンイトトンボ♀。盛夏前にはよく見かけるけど真夏はあまり確認出来んのはそんな生態なん?

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・ウチワヤンマ・タイワンウチワヤンマ・ウスバキトンボ・マユタテアカネ・マイコアカネ・コノシメトンボ・アオモンイトトンボ・

 今度は蝶やけど・・・
 おかしい、なんかおかしいぞ〜、今年は。そろそろ一年で最も多く観察できるアオスジアゲハ、今日はたったの4頭ですわ。おかしいぞ〜、これは。
IMG_0171.jpg
 これまでの観察で盆明けから徐々に増加、8月下旬から9月上旬にかけてドッと増えるはずの本種、なんだかそんな気配おまへんもんなぁ、実際。どうなってるんやろ?
 まっ、たまたま今日は少なくって次回の観察時には一気に増えてるかもしれまへんが、なんだかおかしいなぁ〜???

 一番櫓と梅林ではルリタテハ。人工川ではキマダラセセリ。ゴマダラチョウも梅林で。そんなとこかな、あとはこれと言ってっ感じですわ。

 朝は影が長くなり、夕方は日の暮れるのがずいぶん早くなりましたな。もみじ園ではアキノノゲシも咲き始め、
IMG_0174.jpg
 ゆっくり、少しずつ季節が進んでるって感じでんな。
 一気に秋にってほしいけど、まだまだそんなわけにはいきまへんなぁ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・アオスジアゲハ・ルリタテハ・ゴマダラチョウ・キマダラセセリ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
 
posted by ひでキング! at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月19日

加速度

 いやいや、盆明けからなんと気持ちのええ天気やおまへんか。カラッとしてて夜中は窓を開けてて寒いくらい、日中も木陰に入れば汗もかかんし、このまま秋に向かってほしいところでっけど、それがなかなかねぇ〜。

 さて、秋に向かうと言えば・・・渡りでんな。
 昨日は愛の森でコルリの♂♀。夕方には市民の森水飲み場にオオタカ成長が降りる。なんとも賑やかになってきましたなぁ、実際。

 でもって、今日は。
●コルリ:西の丸庭園入って直ぐに♂と聞く。
●センダイムシクイ:音楽堂西通路、太陽広場東の森。
●エゾムシクイ:元ヘリポート、太陽広場東の森。
●コサメビタキ:元ヘリポート。
●サンコウチョウ:太陽広場東の森、愛の森。

 どうでっか、夏鳥がこれだけ揃ってまっせ、この時期に。言うことおまへん!
 そのうえ、市民の森で杜鵑とのことでっけど、これはまだ未確認って事で公にしてまへん。って、充分公やがな、ねぇ〜。

 昨日のオオタカやろうか、刻印石広場西の天端でおとなしいオオタカ。カラスにちょっかい入れられてもその場を離れず、この状態。
P1010322.jpg
 15分は間違いなくいてましたわ。さすが大人、少々のことではビクともしまへんな。

 空堀でチョウゲンボウも観察され、久々にカメラマンが10名ほど待ち構える。
 太陽広場東の森ではヤマガラも観察され、賑やかになってきましたでぇ〜、冗談抜きに。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
コルリ・サンコウチョウ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・コサメビタキ・オオタカ・チョウゲンボウ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシブトガラス・スズメ・カワウ・カルガモ・

 蝶に大きな変化はおまへんって言うか、めっちゃ少ないし。この時期そろそろ増え始めても良さそうなアオスジアゲハはたったの1頭。

 継続的に観察のアゲハはほぼいつもの場所で3頭を観察。
 モンシロチョウをはじめ、シロチョウ科は確認できず。
 ヤマトシジミは11頭。

 今日の収穫は、大阪城公園で観察できる3セセリが撮影できましてん。
 まずはイチモンジセセリ、
P1010314.jpg
 お次は、チャバネセセリ、
P1010299.jpg
 でもって、キマダラセセリ。
P1010290.jpg
 こうして見たら、なかなか可愛いもんでんな。

 今日ではおまへん、昨日でっけど愛の森でアサギマダラが観察され、こちらもそろそろ渡りが始まってる様子でんな。

ほなっ、今日の蝶たち。
アゲハ・アオスジアゲハ・ヤマトシジミ・キマダラセセリ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・

 カラッとした暑さにこの真っ赤なボディーはなんとも涼し気でんなぁ、ほんま。
P1010313.jpg
 マイコアカネ。毎回観察し今日も5頭、全て♂。

 コノシメトンボは雌雄観察される。
 タイワンウチワヤンマ、シオカラトンボはやや数を減らし、もっと増えても良さそうなウスバキトンボも全くその気配なく2匹のみ。

 でもね、昨日は近年減少してるって言われてるアキアカネが撮影されてますねん。今年も来てくれたんか、おおきに! 何とか毎年確認できて安心してまんねんけど個体数がねぇ〜・・・。

 気温も落ち着きここ数日で一気に秋に向かったって感じでんな。
 秋の渡りも順調、アサギマダラも渡りはじめ、アキアカネが姿を見せてくれる。
 このまま加速度的に秋に向かうで〜、って責任持てまへんが!

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・コシアキトンボ・タイワンウチワヤンマ・コノシメトンボ・マイコアカネ・ウスバキトンボ・
 
posted by ひでキング! at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月16日

よう、分からんけど・・・

 近畿は上陸してないし台風一過とは言わんか。どんよりした空、気の遠くなるような暑い気温ではおまへんがジトッと暑い。飛騨の森や豊国神社裏の天端は風が吹いて涼しい?なんかよう分からん天気ですわ、今日は。

 さて、ジトッとした大阪城公園、観察もジトッとした感じ。スキッとするようなことはおまへんでしたわ。大将が太陽広場東の森でエゾムシクイ1羽を観察しただけ。あとツバメを除けば夏鳥との出会いはなし。

ほなっ、今日の鳥たち。
ツバメ・エゾムシクイ・スズメ・カワラヒワ・カワウ・メジロ・シジュウカラ・コゲラ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・

 蝶も野鳥同様、これといった種の出会いもなく観察数に大きな変化もなし。時期も時期、イチモンジセセリを2頭発見したくらいかな。
IMG_0118.jpg

 それと出会ったヤマトシジミが一様に新鮮な個体。高温期型♂はなかなかのもんでっせ、ホレ!
IMG_0130.jpg
 ねぇ〜なかなかでっしゃろ。そんなとこですわ。

ほなっ、今日の蝶たち。
モンシロチョウ・イチモンジセセリ・ツバメシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・

 で、トンボはシオカラトンボとタイワンウチワヤンマって雰囲気。
 シオカラトンボは人工川の9匹をはじめ一廻りして計12匹。人工川では交尾の番いも。

 タイワンウチワヤンマは計11匹依然多い状況。特に北外堀ローソン裏はトンボ密度が高く、半径3メートルほどの範囲にタイワンウチワヤンマが4匹、
IMG_0147.jpg
 久々のショウジョウトンボ♂1匹。
IMG_0152.jpg

 他に、セスジイトトンボ♂と交尾の番。全て合わせて8匹が狭い範囲で、なんでか分からんけど・・・多かったわ。

 青屋門前の石垣を照らす照明灯の中にぶら下がるウスバキトンボ。
IMG_0137.jpg
 こんなとこで何してるんかなぁ?と思ったら、飛び回るはええけど出られんようになってまんねん。
 このままじゃ〜羽が痛むし、指を突っ込んだらひょんな拍子に出てきて飛んでいきましたわ。
 どんな角度で抜け出せたんかよう分からんけど。

 明日から仕事ってのになんだか怪しい天気でんなぁ、実際。
 お天気ニュース見てたらえらい天気図になってまんがな、これが。日本の周辺に3つの台風と熱帯低気圧がひとつ、何がどう動いても雨でんがな、実際。
 季節の変わり目、盆明けは台風の季節とはいうものの、そんなにようさん来るか台風。今週末から来週にかけては雨、台風かぁ、ほんま。よう、分からんけど・・・

ほなっ、今日のトンボたち。
シオカラトンボ・セスジイトトンボ・タイワンウチワヤンマ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・マイコアカネ・ショウジョウトンボ・
posted by ひでキング! at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月14日

宣言!

 お盆休みとあって周辺道路は静か、公園内も観光客が若干少なく感じまんな。そりゃ〜これだけ蒸し暑かったら観光気分にはならんか。

 常連のバーダーさんも数人出会っただけ。やけどもその情報にニンマリ。
 11日から昨日までの主立った状況をササッと書くと・・・

 11日、午前中はワシが愛の森でセンダイムシクイを観察。午後からは人工川でオオタカが水浴びとのこと。

 12日、梅林南端と音楽堂西側でエゾムシクイ計3羽。桜広場でオオタカ、梅林上空をミサゴとのこと。

 13日、元山さんがセンダイムシクイを観察。午後からは沖縄復帰の森でサンコウチョウ♀、飛騨の森でコルリが観察されてますねん。

 でもって、今日は沖縄復帰の森でセンダイムシクイ、市民の森でエゾムシクイを観察。
 盆に入ってから連日夏鳥が観察される状況。こうやなったらもうええやろ「渡り始まってまっせ〜!」宣言しますわ。

 でもって、今日は確認できなんだけどカワウの六三郎、11日は午後から、12日も確認され、7日には10時前にいつもの蓮如上人前で撮影されてますねん。結局時間帯はバラバラで気の向くままほぼ毎日来てる?って感じでんな。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
センダイムシクイ・エゾムシクイ・メジロ・カワラヒワ・シジュウカラ・カワウ・ツバメ・カルガモ・コゲラ・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・スズメ・

 今度は蝶でんな。
 大きく変わった様子はおまへん、各種個体数も少なく今イチ盛り上がりに欠けまんなぁ。ってな事で、久しぶりに撮ったベニシジミ、
P1010266.jpg
 緑のリズムで元気なウラギンシジミ
P1010264.jpg
 の写真を見て頂き。

今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 でもってトンボでっけど。
 昨夏は継続的に観察されたアオイトトンボ、今期は数度の情報のみ。何とか出会えんかと探してみると・・・おっ、居ったじゃん!
P1010230.jpg
 その口には、縞々の細長いもの。やっぱこれってヒトスジシマカ?以前はマイコアカネが食べてたし、トンボの好物?って言うか、藪に多いんやろうな、ヒトスジシマカは。

 北外堀ではコフキトンボ♂、一応撮影したけど遠い写真なんでブレボケ。
 市民の森ではコノシメトンボのほぼ正面顔。
P1010256.jpg
 この撮影中、今日何度か出会った中学生?もヒトスジシマカに射されながら共に撮影。うまく撮れたんやろうか?

 話を聞けば東大阪から自転車で登城とのこと。おいっ、この暑いのに。
 図書館で大阪城公園の生き物をまとめた本と出会い、大阪市内の公園にこんなに多くの生き物が居るとはビックリ!と。
 野鳥をはじめ蝶、トンボ、その他昆虫、植物に至るまで生き物全般に興味をしてしてましたわ。

 嬉しいことやおまへんか、実際。この暑い中、自転車漕いで来て蚊に刺されながら生き物観察。感心感心。

 渡りも始まったことやし、夏休みが終わるまでには夏鳥も増えまっしゃろ、事故に遭わんように頑張りなはれや!

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・コフキトンボ・タイワンウチワヤンマ・チョウトンボ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・コノシメトンボ・アオイトトンボ・マイコアカネ・
 
posted by ひでキング! at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月11日

対照的

 暑いなぁ〜、夏ってこんなに暑いもんなん?たまらんなぁ、実際。
P1010220.jpg
 と言わんばかりの、この表情のアオサギのチビさん。
 とは対照的に西外堀ではカルガモが、今日は夏らしいええ天気でよろしいなぁ。
P1010221.jpg
 と涼しげに水面をスイスイ。

 あんまり暑ぅてこんなことしか考えられまへんわ、ほんま。
 でもなんでんな、先の台風一過朝は若干爽やかな風を感じまんねんけど、ワシだけ?

 今日は土曜日で祝日、大方の企業さんは今日から盆休みでっしゃろ。皆さんはいつまで?
 その盆休み初日に「始まった〜」って書き出したかったけど、なかなかそうはいきまへんな。大将を始め、出会った常連さん一様に「な〜んにも」。

 愛の森でセンダイムシクイ1羽確認。ただし本種は7月にも数度観察されその個体が滞在してるのか、別個体が飛来したのか。
 前者であれば「7月の個体滞在中」、後者であれば「始まった〜」、対照的な表現になるけど・・・

 今日はアオサギとよく出会う。
 観察序盤おきらくさんと出会い、飛騨の森、本丸池で見たと聞く。その時点ではワシも人工川で1羽。その後東外堀で1羽、北外堀で2羽同時、第二寝屋川を飛翔の1羽、内堀ウォーターフェンスに1羽と延べ8羽。2羽は間違いおまへんが実際は何羽?

 でもって、先週久々に姿を現した内堀蓮如上人前のカワウの六三郎、10:30に到着し20分ほどは待ったけど今日は確認できず、再び旅に出たか?

 六三郎が確認できなんだ蓮如上人前と西外堀でカワセミの観察情報。
 それと、おきらくさんが観察前に大阪城公園北西にある大手前病院屋上でカラスに囲まれるオオタカを観察。観察エリア外なんで参考までに。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
カルガモ・アオサギ・センダイムシクイ・メジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・カワセミ・ツバメ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・

 今日は先にトンボの不思議な行動?
 先週は不思議って事はおまへんが、タイワンウチワヤンマとチョウトンボのチョイとしたテリトリーの攻防戦を紹介したけど、今日もタイワンウチワヤンマの話。

 先週同様北外堀で水面の枝先に留まる1匹。でも腰を丸めたこの姿勢なんなんやろ?
P1010211.jpg
 尾部が汚れてるんで産卵する時に水中に尾っぽを突っ込み汚れたかと思ったがこれは♂。♂が産卵するわけないし、なんなんやろこの姿勢。何らかの理由で尾部が汚れて気持ち悪くって変な姿勢になってるんやろうか?
 でもって良く見てると・・・
P1010213.jpg
 この扇状突起(団扇のような突起)が内外にゆっくり動いてまんねん、写真では分からんやろうけど。それって呼吸の時の動き?拍動?それともバイオリズムってヤツ?

 ワシら人間は意識せんでも呼吸をし心臓が脈を打つ、それは皆さん知ってはるやろうけど、もう一つ無意識下で1分間に6〜8回拡張と収縮繰り返すバイオリズムってのがありますねん。昆虫も同じようにそんなリズムがあるんやろうな。

 そりゃ〜そうでんな、バイオリズム(Bio Rhythm)って生物の周期的な反復って事でっしゃろ。人間以外でももちろんありますわな。
 
 今日の個体は先週の活発な個体とは対照的で、そんな微妙な動きが観察できるほどなおとなしい個体でしたわ。

よっしゃ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・タイワンウチワヤンマ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・マイコアカネ・ギンヤンマ・

 では最後に蝶でんな。
 教育塔裏を歩行中、足下から急に飛び出した漆黒の蝶、ナガサキアゲハかと思うも短い尾状突起が見える。ワオッ〜、クロアゲハじゃん!!!
P1010175.jpg
 ここではナガサキアゲハよりず〜っと稀少で夏型のこんな綺麗な個体は滅多に見れまへんで、実際。

 翅の表裏をしっかり撮影したかったけどアキマヘン、裏に廻るたびにヒラッと舞い、留まったところに近づけばまたヒラッと。結局このカットしか撮れまへんでしたわ。

 ナガサキアゲハよりひとまわり小さいんで迫力に欠けまっけど、漆黒のアゲハはなんか惹かれまんなぁ、実際。

 でもって、この撮影の後これまた足下に現れたのがクロアゲハとは対照的な小さな小さなツバメシジミ。ワシの小指の爪より小さい個体。
P1010178.jpg
 今日はこの個体を入れて3個体見たけど、みな小さな個体。夏のこの時期ツバメシジミって、みな小さいん?

 大きなクロアゲハと小さなツバメシジミ、先週の活発な個体と今日のおとなしいタイワンウチワヤンマ、滞在中か渡り開始か微妙なセンダイムシク。今日は色んな面で対照的な観察でしたわ。
 
 渡り開始の報告はいつになるか。明日か明後日か、はたまたその翌日か。それとも盆明けか?

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・クロアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キタキチョウ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
 
posted by ひでキング! at 15:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月05日

話題満載!!!

 もう、もうアカンって〜、命に関わる猛暑日に熱帯夜は〜。いつまで続くん、マジで、そろそろ足下から溶けてきてまっせ、ワシ。

 しかし、ようこんな暑い中色んなことして生きてまんなぁ、鳥や蝶やトンボたち、感心しますわ、実際。
 さてさて、その色んな話といきまっか!

 雁木坂(梅林と内堀間の坂)歩行中、内堀側でメジロの群れ。チビさんの姿も確認でき、しばらく観察。すると1羽の口元に何やら白い物体、よく見ると・・・
P1010136.jpg
 分かりまっか?これ、芋虫かなんかの糸でっしゃろ。木から引き千切りどうするつもり?
 春にこんな光景よく見るけど・・・まさか、巣材集め?今、営巣中?この暑いのに?

 マジでどうなんやろう、8月に入ってメジロはまだ繁殖するんやろうか、逆算して巣立ちは8月下旬??? 2016年8月15日には梅林で巣立ち前の雛を草むらで発見、親鳥が給餌するのを観察したことあるけど、盆には生まれてたしなぁ、今からってどうなんやろぅ???

 メジロの観察を終え内堀蓮如上人前石垣側をチェック。すると、するとでんがな!
 今メジロを観察した真下で、カワウが居てまんがな! よく見ると右足に銀の足輪!
P1010167.jpg
 多分、青野六三郎やけど肝心の左足に青の「636」を確認せんと。何とか写る場所に移動し、
P1010142.jpg
 あ〜、下二桁の「36」がやっと確認できる程度。あっちへこっちへ移動、シャッターを切ってはモニターをチェック。 よしっ!これやったら何とか分かるやろう。
P1010164.jpg
 上二桁の「63」が見えまっしゃろ。きれいに「636」とはいかんかったけど、番号が分かればそれでOK! 先の写真とこの写真で「636」。
 何処に行ってたんや心配したで、よう帰ってきてくれたな六三郎。

 でもって、今日やおまへん、3日の金曜日でっけど。市民の森水飲み場でヤマガラが観察撮影とのこと。渡り鳥やおまへんが、山では動きが出始めてるって感じでんな。

ほなっ、今日の鳥たち。
カワウ・メジロ・ツバメ・シジュウカラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・アオサギ・ハシブトガラス・

 そんじゃ、蝶の話を。
 教育塔裏でトンボなどを散策中、常連さんと出会う。樹液の出てる木にゴマダラチョウが吸汁してると聞いたと。しばらく探すと、ほんに1頭カナブンと仲良く吸汁。

 その後しばらく雑談し分かれる。すぐ後ろから、ムラサキシジミ居てますと。踵を返し・・・
P1010039.jpg
 ほぉ〜久しぶり。今期は春の確認は少なく心配してたけど今年も大阪城公園で繁殖してくれたか(多分)おおきに!

 沖縄復帰の森ではこの暑いのにウラギンシジミ♂が下草に留まって日光浴。わっ、めっちゃ開いてる。カメラを構えると・・・はぁ〜あ。
 その代わりっちゃ〜なんでっけど、城南駐車場のルリシジミでも。
P1010069.jpg

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ゴマダラチョウ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ウラギンシジミ・ツバメシジミ・ルリシジミ・ヤマトシジミ・
 
 さて、夏真っ盛りはトンボ真っ盛り。
 例年より若干遅れてシオカラトンボがピークを迎える。人工川では13匹、他所含め計17匹。
 
 北外堀では今期少ないチョウトンボがワシの前で・・・もちろん・・・
P1010090.jpg

 シオカラトンボ同様この時期がピークのタイワンウチワヤンマが12匹。
 北外堀では、上のチョウトンボが堀の枝先に留まるタイワンウチワヤンマに「そこどいて、留まりたいんですけど」とちょっかいを入れる。
P1010102.jpg
 シカトするタイワンウチワヤンマ。しかし同種、別個体が近づけば血相を変えて追っ払う。で、その間にちゃっかりのチョウトンボ。
P1010099.jpg
 しかし、主が帰ってくると「あれっ、帰ってきたん?」とあっさり場所を明け渡す。
P1010100.jpg
 でもって、「そこに留まりたいんですけど」
P1010097.jpg
 これを何度となく繰り返す。5分ぐらい遊んでもろうたけど、暑くってこれ以上は。

 真っ赤に染まったマイコアカネ。ぱっと飛んで、しまった!と思ったらすぐ元の場所へ。でもって口元には、
P1010114.jpg
 分かる、縞々の細長い足が見えてまっしゃろ。これってヒトスジシマカ?兎にも角にも飛んだ瞬間に捕まえたってことでんな。電光石火のごとく早かったで、しかし。

 いやいや、命に関わる暑さって事でサラッと歩いてサッと帰ろと思ったけど、命をかけた生き物たちが色んな営みを見せてくれたら、なかなか前に進みまへんなぁ、実際。 そのうち乾涸らびてしまいますわ、ほんま。ね〜。

 今日は書くことなかったら100回を迎え超盛り上がりを見せる、高校野球の話でもと思ったけど飛んでもおまへん。大阪城公園の生き物は話題満載でんがな!

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・ギンヤンマ・コシアキトンボ・タイワンウチワヤンマ・チョウトンボ・ベニイトトンボ・マイコアカネ・コノシメトンボ・ウスバキトンボ・
 
posted by ひでキング! at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月29日

なんでもよろしい

 なんや、えらい足早な台風でしたな。夜中3時にトイレに起きたついでに外を見れば結構な風と雨、1時間後気になり外を覗けば風は収まり強い雨。いつも通り6時に起きたら普通の雨。やっぱ今日は雨か???

 と思いつつ30分おきに外を見ればだんだん明るくなってくるやおまへんか。こりゃ〜イカンと慌てて準備し8時55分観察開始。

 とは言うても何か変わったことがあることもなく、南外堀に飛んできたコサギを確認したくらい、北外堀のササゴイは確認できず。

今日の鳥たち、ってほどたくさん出会ってないけど、とりあえず。
カワウ・ハシブトガラス・キジバト・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ツバメ・コサギ・

 昨日観察時間が大きく変わったから?と書いたコシアキトンボの観察数。時間の問題やおまへんな、実際に少ない。今日は2匹しか見てへんし。台風の影響なんかもあるんやろうか。

 一気に姿を現したウスバキトンボ、今日も昨日とほぼ同じ19匹。ただ昨日は観察場所が大手門前に偏ってたけど、今日はもみじ園、大手門前、青屋門前。空堀など広域で観察。
 人工川では葉に留まりお休みの個体。
P1010023.jpg
 昨日今日と天気悪いんで休んでる個体が大いんやろうか、おおかた飛んでる姿しか確認できんけど。

 その他の種にも変化なく、
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・マイコアカネ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・タイワンウチワヤンマ・

 そんでもって、蝶やけど。昨日よりさらに少ない状況。
 市民の森では小枝が散乱してたんでやっぱ強い台風やったてのを実感。この時期の蝶は少ないけどここまで少ないのは台風の影響?

ヤマトシジミ・ツバメシジミ・モンシロチョウ・アオスジアゲハ・アゲハ・ウラギンシジミ・

 で、以前気になるって書いたモンシロチョウの羽化のタイミング。
P1010025.jpg
 13年から昨年まで観察数の波を調べてみると。

 例年4月から5月中旬までは2016年4月17日の29頭を除き一桁の観察が続くんで書きまへんで、5月下旬から徐々に増え始め。

【2013年】
6月16日が最多で133頭。その後7月7日に50頭を切りゆっくり減少。8月には一桁に。
【2014年】
6月1日が最多で193頭。その後徐々に減少し7月中旬に20頭前後に。7月下旬には一桁台。
【2015年】
5月31日の62頭が最多。その後減少し7月下旬に一桁台。
【2016年】
4月17日に29頭と多く観察。その後いったん減少し6月4日の46頭が最多。7月中旬には10頭前後に。
【2017年】
6月4日の90頭が最多。徐々に減少し7月下旬には20頭を切りその後一桁台に。
【2018年】
5月下旬までは順調に徐々に増加、6月30日に51頭で最多。その後は減少し、昨日は6頭、今日は1頭。

 大雑把でっけど過去5年と今年のこれまでの経過を書き出すとこんな感じ。

 観察数の波としては2017年までは5月下旬か6月上旬にその年のピークを迎える。けど今年はひと月遅れて6月30日が最多でっしゃろ。なんか大きく波が変動してまんなぁ、実際。

 それと気になるのが2015年から最多観察数が大きく減少してまっしゃろ、これがなんでか分かりまへんねん。確かに昨年あたりから人工川のクレソンが減少しそこでの観察数も減少してるけど、それにしても観察数に倍以上も差があるのが気になる。

 モンシロチョウに限らず成虫の活動期だけが全てやなく、越冬期の環境も関係してくるんで一概に食草だけの問題ではおまへんやろ。
 まっ、何年も観察してたらある年だけ異様な特徴を示すこともおまっしゃろ。そんな変化を記録してまんのやからね。

 現時点では波の大きな山は6月上旬の一回だけでっけど、この先10年、30年後にはもう一つ大きな波ができたり、期間が長くなったりするかもしれまへん。当たり前がそうでなくなる時が来るかも。それもこれも、記録を残して初めて分かること。

 今後何か観察しようと思ってはる方、自然に生きる生き物やったらなんでもよろしいで、長く興味を持てる生き物を観察したら全ての生き物につながりますわ、ほんま。もちろん地球の自然環境にも繋がるし。

 なんでもよろしい、無理のないよう、ちょっとづつ、少しずつ・・・
 
 
posted by ひでキング! at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月28日

ピーク

 ピーク過ぎた?梅雨明けから続いた猛暑日と熱帯夜、あの酷暑のピークは過ぎた?

 昨日あたりから台風の影響?で湿気はあるもの気温は落ち着き風が吹けば若干涼しく感じる。昔から梅雨明け10日って言いまっけど、今年は梅雨明け3週間でしたもんなぁ、実際。マジでキツかったわ。

 5年ぶりに国内最高気温を更新って、そんなもん更新していりまへんわ、ほんま。野鳥や蝶、トンボの観察種の更新やったら大歓迎でっけど、ねっ。

 先の豪雨災害といい、今回の東から西へ進む台風といい、やっぱこれまでの常識は役に立たん気象状況になってますなぁ。そのうち、西から上ったお陽様が、東へ沈むみっせ、冗談抜きに・・・

 さて、今日の観察でっけど。実は昨夕、ヤボ用で実家へ、帰ってきたんが昼過ぎ、明日は1日雨ってことなんで13:45からキッチリ3時間さらっと散歩。

 この時期なんで野鳥に大きな変化なし、ただ最近では珍しくなったササゴイを北外堀で。
P1010008.jpg
 羽繕いしたり頭掻いたりまったり過ごしてましたわ。

って事で、今日の野鳥たち。
ササゴイ・ツバメ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・コゲラ・

 で、蝶でっけど。
 教育塔裏で逆立ち?の、アオスジアゲハ??? と近づけば・・・
P1000967.jpg
 あっりゃ〜、見事に体の部分だけ食べられてまんがな、こんな亡骸は初めてですわ。南無〜。
 ピークを過ぎたアオスジアゲハも6頭と大きく減少。モンシロチョウも減少。盛夏は蝶も寂しくなる季節。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キタキチョウ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 でトンボはといえば・・・
 これまで多い観察が続いていたコシアキトンボ、時間帯も影響あるかもしれんけど一廻りしてたったの8匹。
 もみじ園ではピークに入って毎回観察のウチワヤンマ、同じ木にぶら下がってたウスバキトンボの写真をまず見て頂き。
P1000988.jpg
 このウスバキトンボ、ある日突然増えまんねん。今日はもみじ園で1匹、大手門前で19匹の群れを観察。毎年でっけど7月下旬に一気に増加、一時減少したかなぁと思ったらまた一気に増加。

 コシアキトンボもそうでっけど、観察数の多いトンボのピークって言うか羽化のタイミングって言うか、飛来のタイミングって言うか、増減のパターンを掴み切れまへんねんなぁ、これが。

 でもって観察対象外の生き物、これが今ピークでんな、蝉。ほぼクマゼミでっしゃろ大阪城公園園では。
 人工川裏の木でやたら多いなぁ、と見上げたら・・・ホレ!
P1000984.jpg
 隣の枝にもホレ!
P1000983.jpg
 でもって幹の裏側にもホレ!
P1000986.jpg
 さすがにカウントはしてまへんけど、一本の木に下から上までこれだけ蝉が留まってるのを見た記憶・・・おまへんわ・・・多分。 夏真っ盛りでんな!

 で、夏真っ盛りと言えば・・・
 今年100回を数える夏の高校野球、全国各地次々と代表が決まり、俄然盛り上がってきましたなぁ。8月5日に開幕、盆明けにはベスト8も決まり盛り上がりはピークを迎えまっしゃろ。ワシにとっては高校野球が夏のピーク。その頃には疲れがピークの阪神タイガース、成績の話は止めときまひょか・・・

ほなっ、今日のトンボたち。
ウスバキトンボ・シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・ウチワヤンマ・タイワンウチワヤンマ・マイコアカネ・コシアキトンボ・
 
posted by ひでキング! at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月21日

期待通り?

 全然違うな、暑さが。
 日々、コンクリートジャングルを駆け回ってるけど大阪城公園内との暑さが全然違ゃいますわ。

 なんて言うかな、木々の中を歩いてると風が冷やっこくって気持ちがええ。同じ陰でもビル陰は風が生温〜いもん、めっちゃ気持ち悪い。大方の人はそう感じると思いまんねんけど、なぜ木を伐る、意味がわからん。

 7月1日、内堀沿いで撮影に成功したコムラサキが居てた枝垂れ柳、その時は葉の中に体が隠れるほど枝が伸びて中は涼しかったのに今日はこの状態ですわ。
P1000951.jpg
 何を考えてるんだか。枝垂れ柳は枝が垂れてるから枝垂れ柳でっせ。これやったら垂れてるんか枝が細いだけの木なんかわかりまへんがな。

 その内堀の梅林中央口付近、竹の杭が突き出ててそこにトンボが1匹。おっ、○○○サナエか?と思ったけど、帰って写真拡大したらウチワヤンマでしたわ。
P1000955.jpg
 遠いから双眼鏡ではなかなか確認できず。写真の力ってすごいでんな。

 でもって、北外堀ではタイワンウチワヤンマが交尾をしたり、テリトリー確保で大忙し。
 これは東外堀でまったり個体を撮った写真でっせ。
P1000949.jpg 

 マイコアカネや
P1000881.jpg
 ベニイトトンボも姿を現し、ウスバキトンボも海を渡ってやって来ましたわ。

 大阪城公園に真夏が来たっ!って感じでんがな、実際。えっ、そんなもん、ず〜っと前から来とるわ、ってでっか? 確かに・・・今年はね。

そんじゃ、今日のトンボ。
シオカラトンボ・オオシカラトンボ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・ウチワヤンマ・タイワンウチワヤンマ・ベニイトトンボ・マイコアカネ・チョウトンボ・

 でもって、出会わんかったわ。めっちゃ期待してたんやけど。コサメビタキ。
 観察中、おきらくさん、大将と出会うも今日は確認できてないとのこと。ただ沖縄復帰の森でセンダイムシクイが観察される。

 長らく観察されていない青野六三郎。
 今日蓮如上人前についたのが10:42、あと8分で来なければ諦めよう、とヤキモキしがなら待ち続けた8分、姿を現すことはおまへんでしたわ。

 六三郎、六三郎は何処へ。そしてまた出会えるのだろうか。はたまた大阪から遠く離れた場所で確認されるのだろうか???

ほなっ、今日の鳥たち。
カワウ・ツバメ・シジュウカラ・センダイムシクイ・メジロ・コゲラ・スズメ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カルガモ・エナガ・

 さて、蝶の話でんな。
とは言うても何か変化があるってな事はおまへん。緑のリズムでウラギンシジミ、今期これまで観察頻度が少ないなぁ、と思ってたツマグロヒョウモンは3頭出会い期待に応えてくれる。

 アオスジアゲハ、モンシロチョウはそろそろ減少の時期、入れ替わって徐々にほんまにゆっくりヤマトシジミが増え始めますわ。

 しかし何でんなぁ、マイコアカネやツマグロヒョウモン、センダイムシクイなんかは期待に応えてくれるけど、あきまへんなぁ、阪神は・・・。

 交流戦明けの広島3連戦、オールスター明けの3連戦。ともに開幕と同じ気持ちで新たなスタートを切らん試合でっせ、しかも首位広島と宿敵巨人、それがあんた2カードとも甲子園で3連敗でんがな。

 例年やったら夏の甲子園までは何とか期待持てたけど、今年はここまでかな?
 高校野球で甲子園を明け渡したら、ほぼ負け越しで帰ってくるやろうし、勝負所の9月はいつも弱いし。こっちはなかなか期待通りにはいきまへんなぁ、実際。

ほなっ、今日の蝶たち。
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ツマグロヒョウモン・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・
posted by ひでキング! at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月14日

 39.2度、びっくりしましたで、実際。って言うて今日の最高気温と違ゃいまっせ、わしの体温ですわ。

 昨日、朝から熱っぽいなぁ〜と思いつつ仕事に励む。昼過ぎに確信、熱あるわ!大したことないやろと思ってたら夕方には顔が熱り頭が浮いた感じ、でも倦怠感はなし。帰って体温測ったら39.2度、びっくりですわ。39度を超える熱なんかは18の時風疹にかかって以来、あのときは40度越えが続いたもんなぁ、しんどかったわ。

 でもって、ひと晩明けたら36.8度、熱が一気に冷めてますやん。何という回復力、やっぱ若いのぅ、ワシは。

 でもってマジでこんな日は珍しい。バーダーとは一人も出会わず、ひとまわりしてでっせ、ってなことで今日は観察中、一言もしゃべる事おまへんでしたもん。こんな日は珍しい。 

 蓮如上人前に到着したんが10:20、この時点で青野六三郎の姿はなし。あと30分もすればやって来るかと思うも、この暑さの中ボ〜ッと待つのはちょいと辛いんで・・・その後どうなったかは???

 修道館裏の天端ではイソヒヨドリの幼鳥。
P1000852.jpg
 よほど暑いんやろ、えらい口開けて体の熱冷ましてましたわ。

 そういやぁ、梅林では木のてっぺんに留まったアオサギの幼鳥?も、えらい口開けてのど振るわせてましたで、思いっきり熱冷ましてまんのやろ。
P1000815.jpg
 そないに暑いんやったら、木陰で休んだら?

ほなっ、今日の鳥たち。
ツバメ・イソヒヨドリ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・カワウ・カルガモ・アオサギ・

 そんで、蝶でっけど。
 先週はアオスジアゲハが一気に増加し48頭観察したけど今日は26頭と一気に減少。でもってあの忙しないアオスジアゲハが人工川でまったり状態。

 なんぼ朝やっていうても、この時期でっせ、体は充分温まってまっしゃろ。においの森でもこんな感じ。
P1000789.jpg
 においの森では、さらに時間が経過し気温も上がってるのにこのまったり状態。
P1000799.jpg
 アオスジアゲハ界に何か変化が起きてるんやろうか?

 教育塔裏ではルリシジミ、東外堀沿いではこの時期は観察頻度の少ないテングチョウ。
 おかしいなぁ、春から初夏にかけて観察頻度の高いはずのテングチョウがその時期に観察できず、例年少ないこの時期に観察?テングチョウ界でも何か起こってるのか?

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・テングチョウ・ルリシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 ではトンボのお話。
 高水位で継続的な観察が続くコシアキトンボ、今日はこれまた多く計67匹をあちらこちらで。
 シオカラトンボ、オオシオカラトンボは人工川で。チョウトンボは水面近くではなく、寿幹部を飛び回る、計4匹。

 タイワンウチワヤンマが目立ち始め計5匹。
 ウチワヤンマは市民の森の枝先にホレ!
P1000804.jpg
 南外堀では産卵してましたわ。無事に育ってくれたらええのにね。

 猛暑日の予報やった今日、な〜んにも期待せんと歩いてたけど、イソヒヨドリのチビさんや久々にテングチョウと出会う。じっくり歩いたら何かと出会いがあるもんでんな。

 ひと晩で体の熱は冷めたけど、観察熱は冷まさんようにせんとあきまへんな!

ほなっ、今日のトンボ!
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・ウチワヤンマ・タイワンウチワヤンマ・コシアキトンボ・チョウトンボ・
 
 
posted by ひでキング! at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月08日

やっと

 やっと、やっとこさ天気が回復しましたなぁ。
 シトシト降る2〜3日の雨はよくあるけど、4〜5日も大雨が降るってな経験は記憶におまへんわ、実際。ワシらが暮らす大阪市では交通機関に影響が出たくらいでっけど、西日本各地では土砂崩れに冠水など甚大な被害が出てることろも。

 犠牲になった方のご冥福を祈りつつ、被害に遭われた地域の方々の一日も早い復旧を願います、です。

 観察に大きな変化はおまへん。青野六三郎をいつもの場所(蓮如上人前)で確認できたくらいですわ。

ほなっ、今日の鳥たち。
カワウ・アオサギ・ツバメ・シジュウカラ・メジロ・エナガ・スズメ・コゲラ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシボソガラス・ハシブトガラス・

出会った蝶。
モンシロチョウ・アオスジアゲハ・アゲハ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・ベニシジミ・

トンボ。
ウチワヤンマ・タイワンウチワヤンマ・シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・コシアキトンボ・コフキトンボ・
posted by ひでキング! at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月01日

長〜い目で!

 昨日見てくれた?前回のブログのコメント。まだの人はまずそちらをご覧いただき・・・
 そういうことで昨日は更新できず、今日はカミサンのノートパソコン借りて書きますわ。

 昨日よりカラッととしてるんはええけど暑すぎまっせ、実際。梅雨明けたんかぁ、ほんま。あんまり暑うてショウジョウトンボが逆立ちしてまんがな、ほれ!
P1000513.jpg
 これ、トンボが暑いときに取る行動。お陽さんにお尻向けて日光の当たる部分を減らし暑さを避けるってわざ。ワシらなんかそんなことやったら血管切れてまうわ、マジで。

 で、トンボは上記ショウジョウトンボとシオカラトンボ、オオシオカラトンボ、コシアキトンボ、チョウトンボってとこですわ。

 野鳥に別段大きな変化はおまえへんが、市民の森でオオタカの観察情報。

 で、気になる青野六三郎。昨日は内堀蓮如上人側にある沈んだ枝先に2羽のカワウ。それがあんた、羽繕いや羽を広げ乾かしてるんはええけど肝心の足がはっきり見えまへんがな、難儀なことに。

 今日こそはと意気込んだけど、この状態。
P1000552.jpg
 昨日の枝先どころか、内堀にカワウ居てまへんがな、これが。昨日は水面の枝先に2羽のカワウ、石垣側の葉の茂った枝にゴイサギの若鳥が居てたんやけどなぁ、残念。

 他の堀に何羽か居てたけどどっかに居てるんかなぁ???ってなことで、昨日今日と六三郎の確認は出来ず。

★追加情報
 夕方東外堀上空をコアジサシが飛翔とのこと。久しぶり〜、今後気をつけよっと。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
カワウ・アオサギ・カルガモ・オオタカ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・ツバメ・ハクセキレイ・スズメ・シジュウカラ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・

 さて、蝶でんな。
 相変わらず多いなぁ、モンシロチョウ。昨日は51頭、今日は42頭とこの時期としては多い観察数。アオスジアゲハも羽化期なんかそうでないんか分からん観察数で19頭。この二種、今後も注視せんといかんなぁ。
 都心部でも最も普通に見られる蝶、長〜い目で見たら大きな変化があるかもしれまへんもんな。

 人工川で目の前に現れた小さな蝶、後ろの紫陽花に絡めて撮ったけど、どう?
P1000462.jpg
 今日はこのキマダラセセリとの出会いを皮切りに多種の蝶と出会いましたで。
 
 南外堀沿いでは2頭のゴマダラチョウ。梅林ではツマグロヒョウモン♂。
 モンキチョウも元気に5頭。人工川と豊国神社裏ではアゲハ。

 元射撃場では漆黒の巨大な蝶、ナガサキアゲハ。その後もみじ園でも2頭が追っかけ合う姿を、うち1頭は元射撃場の個体でっしゃろ。

 ヤマトシジミはもちろんのこと、梅林ではベニシジミ。
 音楽堂西通路では小さめのルリシジミ。
P1000490.jpg

 もみじ園ではすり切れてるけど、元気いっぱいのヒメアカタテハ。
P1000500.jpg

 でもって、やっとやっと、やっとこさですわ。写真と撮れたん。
 内堀沿いを歩行中、ひらっと頭の上を舞う茶色の蝶。ワシの横にはゆらりゆらりと枝垂れ柳。一気にテンションが上がる。期待に胸を膨らませ・・・

 よっしゃ〜、コムラサキや〜!!! 
 ここは慌てず落ち着いて・・・パシャパシャパシャ。
P1000527.jpg
 お〜、ちゃんと撮れてる〜! こうなったら開翅もと欲の出るのが人間の性?と思うや翅を開閉。
P1000533.jpg
 わ〜い、メッチャ嬉しい。暑うて体はヘロヘロやけど、ハートはビンビン!
 
 暑さのあまり途中で帰ろうと思ったけど、こんな事があるから帰れまへんねんなぁ、実際。最近の阪神と一緒ですわ。

 交流戦セ・リーグで最下位、借金が膨らみ順位を下げて通常のリーグ再開。
 首位広島にいきなり3連敗、一時は単独最下位。こりゃ〜あかんわ、このままズルズル行くで、今年はここまでかと思ったらDNA線で打線爆発。ヤクルト戦でも打線の勢いそのままに3位に浮上。

 阪神も観察と一緒で、長〜い目で見んといけまへんな。

ほなっ、今日の蝶ですわ。
アゲハ・アオスジアゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ツマグロヒョウモン・コムラサキ・ヒメアカタテハ・ゴマダラチョウ・ベニシジミ・ルリシジミ・ヤマトシジミ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月24日

日頃の行い

 梅雨真っただ中ってのにえらいええ天気になりましたなぁ、ほんま。2日間ほとんど雨に遭わず観察できたんはラッキーとしか言いようおまへんで、実際。日頃の行いやろうなぁ、これは。

 でもって、みんな盛り上がってるかい〜!・・・イェ〜ィ! 「夏が来る前に頭沸いたんか、おまえは」ってでっか?
 いえいえそんなことはおまへんで、ワールドカップでんがな、サッカーの。

 初戦は世界ランク16位のコロンビアを撃破。試合開始早々、相手チームがレッドカードで一人退場、実質10人:11人の試合、2−1で勝ったけど、そんなモンなんかなぁ?一人多くって丸一試合でっしゃろ、もっと点取れんのやろうか。サッカーの事はよう分かりまへんが・・・

 まっ終わったことはどうでもええ、今夜セネガルと第2戦。出場チーム中、最も低いランク61位の日本、今大会は番狂わせが続出してるんで勢いに乗って1次リーグトップ通過といきまひょか!
 ほなっ、今日は・・・

 って、違ゃいまんな。ここからが本番でんな。
 静かな静かな大阪城公園、観察開始から暫く曇っててシジュウカラの声も聞こえん状況。ここまで静かかぁ、ほんま。

 まっ、この時期は散歩やから、と思いつつ歩を進め沖縄復帰の森に入った瞬間、「ツ・キ・ヒ ホィホィホィ」の一声。むむっ、サンコウチョウ???

 あまり綺麗なメロディーやなかったんで100%の自信なし。暫くして再度「ツ・キ・ヒ ホィホィホィ」を連呼。間違いないサンコウチョウでんがな!!!

 もみじ園トイレ裏から間違いなく聞こえる。ワシにしては珍しく30分は待ったけど姿は確認できず。ままっ、この静かな大阪城公園でサンコウチョウの声が聴けただけで十分楽しめましたわ。

 暫く粘ったおかげでナガサキアゲハと出会えたし、やっぱ日頃の行いでっしゃろ。
 しかし、デカいって言うかゴツいっていうか、夏型の♂はめっちゃ迫力おまんなぁ、実際。

 内堀の足輪のカワウ、今日も蓮如上人前で。
 観察開始早々、大手門西上を南から西へゴイサギ飛翔、内堀蓮如上人前ではゴイサギの若鳥。幼鳥やおまへんで、風切にちょいと青っぽい色でてたし、ホシがあまり目立たんかったし、何年目か分かりまへんが若鳥ですわ。
 その大手門西側で帰り際、ツバメのチビさんが給餌待ち。このチビさん含め4羽のチビさんと1羽の成鳥。
IMG_0052.jpg

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
サンコウチョウ・ゴイサギ・ツバメ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・カワウ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 今日はさほど大きな変化のないトンボから。
 コシアキトンボは43匹と大きく増加したみたいやけど、昨日は雨降り前で少なかっただけ。例年と観察数が大きく変わってるわけではおまへん。
 それと、人工池でシオカラトンボ♂。

 そんじゃ、風のないときにしか撮れん満開のマツバゼリを見ていただき、
IMG_0036.jpg

 蝶の話といきまっか!
 前述のようにもみじ園トイレ前でナガサキアゲハ、人工川でも大将が観察と。
 アゲハは5頭と時期相応でっしゃろ。
 アオスジアゲハ、ひと周りして29頭とガッツリ増える。
 でもって、モンシロチョウも40頭と先週を上回る。
IMG_0031.jpg
 なんだかこの2種のピークというか羽化期が昨年あたりからちょいとズレてきてるような???
 まっ、時間のあるときじっくり精査してまた紹介しますわ。

 梅林で昨日出会った昆虫も観察のKさん、今日もほぼ同じ時間に梅林で出会う。
 梅林中央広場から南側だけで9頭のベニシジミと。さすがよう見てはりますわ。北側から来たワシはベニシジミは1頭のみ。
 大体そうですねん、ベニシジミは梅林の南側で多く観察でき北側では滅多に見まへん。ってのも、南側にはスイバが多く自生しまっけど、北側ではほぼほぼ見かけまへん。その違いですわ。

 桃園裏第2寝屋川沿いではメッチャ日光浴のツマグロヒョウモン♂。
IMG_0032.jpg
 今年はなんだか本種が少ないなぁ、ちょいと気になってますねん。
 
 天気が良ければそこそこ見れるモンキチョウ、一時よりが少なくなるも7頭と時期相応ですわ。
 そのモンキチョウがネジバナに留まったんで写真をと思ったけど・・・飛んでった。
 なもんで、ネジバナだけ載せまっせ。
IMG_0045.jpg
 そんでもってこの横に咲いてたんが、ほれ!
IMG_0046.jpg
 白いネジバナ。その横にはさらに捻れの効いた、ほれ!
IMG_0050.jpg
 大阪城公園で白いネジバナ見たん初めてですわ。調べてみたら突然変異で白い花が咲くらしいでっけど、赤み(ピンクが)全くなかったら白花のネジバナって別の品種になるらしいですわ。

 でもって、突然変異って種にとって必要な現象って知ってた。単に突然出現しただけでなくその裏に深〜い話がおまんねん。それは、またいずれ。

 日頃の行いでんぁ、ほんま。梅雨の真っただ中ってのに、雨にも遭わずなかなかええ観察できましたがな、これが。
 サッカー、今夜のセネガル戦も選手全員の日頃の行いが良かったらええ結果でまっしゃろ。詳しい話は知りまへんが、チーム内でなんだか不協和音???

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・ツマグロヒョウモン・
posted by ひでキング! at 16:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月23日

どうやろうか?

 何とか持ちましたな、雨。時折小雨がぱらつくも大方傘を使わずひと回り、でもって出会った鳥見人はたったの二人。
 そりゃ〜そうですわな、この時期に雨の予報、大阪城公園で鳥見だ!って気合いの入ってるバーダーはほぼ居てまへんやろ。

 今日出会ったうちの一人が、おきらくさん。ワシのイメージでは、大阪城公園中の木を一本ずつ上から下までじっくり見るタイプ。でもって何か居ればとにかく撮影。

 今日は人工池で出会い、「大将にも出会わんかったし誰にこの写真見てもらおうかと思ってましてん」とスマホのモニターを見せていただく。
 一番櫓近くで撮ったという独り立ちをしたような幼鳥。大阪城公園内で繁殖してるスズメやシジュウカラ、エナガやコゲラではおまへん、上面が茶褐色、下面が白濁色、ほぼ模様なし。光の加減で目の上に白いラインや目の前に黒い筋状の模様?が見えたり見えなんだり。なんなんやろ???

 もう一人は、梅林で出会った昆虫も観察の対象とされているKさん。出会う度に、観察の報告や大阪城公園周辺の情報を話していただく。
 今日の大阪城公園は特に変わった様子なく、と言うより少ない状況とのこと。ままっ、この時期は仕方おまへんな。
 近くの観察場ではハチの観察をされており、昨年の出現状況と比較してはりましたわ。比較的身近な昆虫、そんな生き物観察は飽きることおまへんな。

 でもって、今日の内堀。
 気になるのがもちろん、足輪のカワウ。8時頃、おきらくさんと出会った時の話では、まだ確認出来なかったと。ワシが言った11時頃。ウォーターフェンスでまったり。
P1000414.jpg
 午前中の遅い時間帯にやってくるんやろうか。でもってどこからやってくるんやろうか?
 もし大阪城公園以外で見かけたらご一報をよろしくお願いします。

 それと、不思議な不思議な交雑ガモ親子、じっくり探したけど見つけられず。謎のまま終わってしまいましたな。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
ツバメ・シジュウカラ・スズメ・カワラヒワ・メジロ・コゲラ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・カルガモ・コサギ・アオサギ・オオタカ?・不明幼鳥・

 そんじゃ、蝶の話を。
 雨降り前って事で大方期待せんかったけど、思いの外ようさん居てましたで。
 先週減少傾向やったモンシロチョウ、人工川の13頭を始め各所で観察計38頭と息を吹き返す。
P1000286.jpg
 留まった個体見たら結構新鮮な個体が多い。第2化がまだ続いてる?

 先週まで多く観察できたモンキチョウ、梅林で2頭の観察にとどまる。
 その梅林ではベニシジミが2頭。
P1000380.jpg
 ハルジョオンに埋もれてなかなかええ感じ?
 そんでもって、同じく梅林でルリシジミ。
P1000374.jpg
 何となく大人しいって感じの蝶でっしゃろ、結構好きな蝶かも。

 アオスジアゲハは12頭、アゲハは2頭。こんなところでんな、今日の蝶は。

 トンボは先週まで多かったコシアキトンボが13匹、シオカラトンボが1匹。明日天気が回復すりゃ〜、もうちょっといろいろ姿を現しまっしゃろ。

 梅雨まっただ中、どんよりした空気が公園中を包み込む、暗い景色の中クチナシ、
P1000331.jpg
 タイザンボクの真っ白い花は
P1000335.jpg
 なんだか、気が明るぅなりますな。

 でもって、思ってんねけど。足輪のカワウ、いつも足輪のカワウとか、「636」のカワウって書くより名前つけたらどうかなぁって思ってますねん。
 青い足輪の「636」ってことで「青野 六三郎」ってのはどうやろ?ただ、第一発見者がワシではおまへんので勝手につけられまへんな。

 もしこの個体の第一発見者の方がこのブログを見てはったら命名案の件で、是非ご連絡おくんなはれ。よろしゅうに!
 
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記