2019年12月15日

僅か

 あっ、忘れた! 
 観察半ば、双眼鏡を持ってくるのを忘れたのに気付く。情けないのぅ、半分観察して双眼鏡使わんかったんか、なんでそれまで気付かんかったん、ってな夢見ましてん。
 でも過去に時折おましてん、慌ててるときに忘れたこと。
 
 あっ、カメラ忘れた! ワシは夢で双眼鏡忘れたけど、大将はほんまにカメラ忘れたと。

 この一週間、元山さんのブログを拝見して大きな変化はないようでっけど、ユリカモメの減少が話題に。
 そのユリカモメ、今日は東外堀から青屋門にかけて1羽。第二寝屋川から北外堀に賭けて4羽の旋回飛翔を観察。

 U君の話では北外堀で17羽が着水、内堀上を29羽が飛翔とのこと。早朝の内堀では5羽の着水をさかなやさんが観察と。

 昨日は東外堀で6羽、北外堀で26羽が着水。内堀添いのクスノキに9羽が群がり、第二寝屋川を17羽が飛翔とのこと。

 時間帯もあるんやろうけど、小さな群れが出入りしてるようでんな。それにしても過去の飛来数と比較すれば、僅かな数であることに違いおまへん。セグロカモメは第二寝屋川で2羽、U君が観察。

 先週から更に落葉が進みましたな。南外堀の桜はほぼ散り終え一部の種の紅が目立つ。
P1030745.jpg
 なんだが冬って感じでんな。

 西外堀のカモのカウントを終え西の丸庭園の天端を望む。ふっふ〜、やっぱり!
P1030744.jpg
 残り僅かなハゼの紅い葉の中にオオタカ。7:30。やっぱ冬の観察はオオタカから始まらんといけまへんな。その後9:50には天守閣上で50羽前後のカラスに取り囲まれ何とか難を逃れる本種も観察。

 8時頃、梅林ではハイタカ?と思われる猛禽がカラスに追われるのが目撃される。
 今季、オオタカ、ハイタカは単数の観察でここ数年ではチョイと寂しい状況でんな。先日、大将が塒入りを期待し、夕方飛騨の森で待ち構えるも姿を見せずと。

●シロハラ:市民の森、飛騨の森、音楽堂西通路など計7羽。
●ツグミ:飛騨の森で5羽を観察するも他所では単体が多く計16羽。
●モズ:梅林で♂♀と聞く。
●ジョウビタキ:今日は出会い少なく、市民の森♀、北外堀沿い♂。
●ウグイス:緑のリズム、北外堀沿い。
●エナガ:沖縄復帰の森で10羽前後がメジロ、コゲラ、シジュウカラと混群と聞く。
●ヤマガラ:上記エナガ観察と同時に2羽確認され、後にさかなやさんは3羽観察したたと聞く。
●カワラヒワ:沖縄復帰の森11羽、梅林2羽。
●アトリ:飛騨の森7羽。
●アオジ:音楽堂西通路2羽、一番櫓、修道館裏。

 一時群れで観察出来たカワラヒワ、西の丸庭園から群れを成して飛び出したツグミは何処へ。

●オカヨシガモ:西外堀、北外堀、東外堀、内堀で計13羽。
●ヨシガモ:南外堀♀、内堀♂と聞くも、♂は見られず。
●コガモ:南外堀、北外堀、東外堀、内堀で計25羽。
●ヒドリガモ:各外堀計125羽、内堀で1羽。
●ハシビロガモ:西外堀2羽、内堀5羽、北外堀41羽。
●ホシハジロ:各堀計91羽、うち70羽は北外堀で。
●キンクロハジロ:各外堀で計117羽。うち104羽は北外堀で。
●マガモ:西外堀7羽、内堀9羽、南外堀を飛翔の3羽。
●カルガモ:人工川11羽、西外堀2羽、内堀1羽。

●バン:観察終了間際、U君と三度出会い大手門前、西側の水際で採餌を観察。見やすいところに居てたんで見やすかったけど、見にくいところやったら見にくいやろうなぁ。って当たり前でんがな。
●オオバン:各外堀+第二寝屋川で計61羽。今季なぜか内堀での観察はなし。
●カイツブリ:西外堀1羽、南外堀では5羽が一塊。大阪城公園では5羽が集まるのは珍しい。僅かなことでっけど、何だかウレピー。

●ユリカモメ:上記延べ56羽。
●セグロカモメ:上記2羽。

●ゴイサギ:北外堀塒の木で成鳥2羽、ホシゴイ1羽。その木の隣の隣の木で成鳥1羽m、多分新たな個体。
●アオサギ:これまでのゴイサギの塒の木と新たな個体の木の間の木で2羽。
●コサギ:本丸池で3羽と聞き、人工川では残り僅かな紅葉に包み込まれた1羽。
P1030752.jpg
 いつもの指折れ君じゃなしに、足にほぼ特徴の無い個体。それが特徴かも?

●ハクセキレイ:各所で計15羽。
●キセキレイ:北外堀、内堀で。

 さぁ〜、今年もあと僅か2週間。今年を象徴する言葉は“令”、流行語大賞は“ONE TEAM”、どちらも無難ちゃ〜無難な選出でんな。
 よしっ、来年こそは流行語大賞狙うぞ〜、ってな僅かな夢・・・

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・
posted by ひでキング! at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月08日

のんびり

 曇天スタートも後半はポカポカ。今日は履かんでええわ、パッ、いやタイツ、蒸れることはおまへん。トイレも途中1回しか行かんかったし、気持ちのええ天気でしたな、ほんま。

 気持ちええんはええけど、今日はサンタ・ランの日。11時スタート?太陽広場からサンタの衣装を着た人の大行列、何年目になるんやろ。開催当初はマジでみんな走ってたけど最近はお散歩ですわ。ゆっくりまったり歩いてましたで。

 そのまったりでっけど。ピースおおさか前、枯れ葉の中で何やらもぞもぞ、足を止めて見るとスズメでんがな。

 枯れ葉に埋もれて寝てるんかと思いきや、この中で羽繕いしてましたで、何羽か集まって。
P1030729.jpg
 そんな枯れ葉の中って湿ってて虫がようさん居てるんと違ゃうん、逆に虫付くと思うんやけど、なんか理由あるんやろうか。枯れ葉に埋もれて羽繕いって。

 西外堀から西の丸庭園天端を観察、1羽のカラスと睨めっこ状態のオオタカ発見。暫く睨めっこし西の丸庭園内へ。その直後、西の丸庭園から60羽+のツグミが飛び出し西外堀上を数度旋回し北西へ飛翔。

 わおっ、昨日のカワウ、ムクドリ、カワラヒワに続き今日はツグミの群れが確認出来ましたわ。
 開園前の西の丸庭園、芝生でツグミがわんさか居てたんやろうか。

 幸先のええ観察、今日はたくさん群れが確認出来るかと思いきや、その後はシュン太郎ですわ。

●オオタカ:上記西の丸庭園、8:47。
●ツグミ:60羽の群れを含むで計67羽。
●シロハラ:飛騨の森3羽、元射撃場1羽、音楽堂西通路1羽。
●ジョウビタキ:教育塔裏♀、豊国神社裏♂。
●ウグイス:人工川、音楽堂西通路、豊国神社裏。
●エナガ:梅林8羽。
●アオジ:音楽堂西通路2羽。
 ね、観察が進むにつれ寂しい状況に。

●オカヨシガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計21羽。
●ヒドリガモ:各外堀で計93羽。
●コガモ:南外堀、内堀、人工池で計14羽。
●ハシビロガモ:各外堀で計40羽。
●ホシハジロ:各外堀で計93羽、主に北外堀。
●キンクロハジロ:各外堀で計73羽。
●マガモ:西外堀、人工池、北外堀、内堀で計21羽。
●カルガモ:南外堀、人工池、北外堀計13羽。

●オオバン:各外堀+第二寝屋川で計60羽。
●カイツブリ:南外堀、東外堀で計3羽。

●ゴイサギ:北外堀塒成鳥2羽、ホシゴイ1羽。
●アオサギ:北外堀1羽。
●コサギ:人工池1羽。

●セグロカモメ:水上バス乗り場で2羽、U君が観察。
●ユリカモメ:北外堀上空を弧を描きながら9羽。

●ハクセキレイ:やっぱり多く出会い計18羽。
●キセキレイ:南外堀、内堀。

 でもって西外堀のバン、今日も確認出来ず。でも昨日おきらく先生は観察してまんねんなぁ、さすが! 「おきらく・ごくらく日記」でアップしてはりますわ。

 明日からは15℃越えの天気が続くようでんな。しかし12月中旬に15℃越えとは・・・
 なんとも言いようおまへんな、この先も年々気温が上昇するんやろうか。寒いときは寒く、暑いときはほどほどに暑く、もう普通に戻らんのやろうか。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・カワウ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
posted by ひでキング! at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月07日

むれ

 まだ早い、まだ我慢せんと、パッチ。いやっ違ゃうわ、タイツ、履くの我慢してましてん。この時期から履いたら厳冬期にどうするねん、って我慢してたけどやっぱ履いていったら良かった。

 気温が低いうえに一日中曇り、気温上がらんし、トイレの前通るたびに・・・でもって、あんまり寒いもんやから、何が縮こまってしもうてクルミみたいにシワシワでんがな、ほんま。
 えっ、なんでっか?何を見栄張ってるねんってでっか? えっ、バレた?実はサクランボの種みたいにシワシワ・・・って、冒頭から何をアホな話してるねん!!!

 皆さん風邪引いてまへんか。今週に入って一気に冬らしい天気になりましたな。
 先週まで楽しめた紅葉も大方散ってしまい、残る紅葉は限られてきましたなぁ。
IMG_4328.jpg
 この真っ赤なもみじが散ると冬色の景色に変わりまんねんな。お〜寒っ!

 さて、気温同様お寒い観察? 
●オオタカ:大正区のIさんが、7:24頃沖縄復帰の森上を一番櫓方向への飛翔を確認。道理で、その時間西の丸庭園の石垣沿いをじっくり探してたけど居らんはずですわ。
●チョウゲンボウ:10:30頃、京橋口上を北へ飛翔の1羽を観察。
●モズ:もみじ園で高鳴き、西空堀のススキに留まる♂。
●ツグミ:梅林、飛騨の森では複数羽観察し広範囲で計12羽。
●シロハラ:大手門西、音楽堂西通路、元ヘリポート、豊国神社裏。
●ジョウビタキ:教育塔裏、南外堀沿い、青屋門前で♀。北外堀、豊国神社裏では♂。
●ウグイス:市民の森、豊国神社裏、飛騨の森でささ鳴き。
●ヤマガラ:においの森で2羽。
●アトリ:飛騨の森で10羽前後の群れが観察される。
●カワラヒワ:においの森19羽、太陽広場東の森9羽、梅林で21羽の群れ。他所計51羽。
●アオジ:豊国神社東で♂1羽。
●ムクドリ:暫く群れの観察はなかったけど、今日は北外堀観察中、飛騨の森から50羽前後の群れが飛び立つ。その後も30羽前後の群れ。

 山野の鳥はこんなところでっか。

 そんじゃ、堀の様子といきまっか。
●オカヨシガモ:6羽。
●ヒドリガモ:西外堀42羽、東外堀8羽、北外堀10羽、内堀1羽で計61羽と少ない観察。
●コガモ:南外堀12羽、内堀9羽。
●ハシビロガモ:西外堀7羽、南外堀2羽、東外堀20羽、北外堀15羽、内堀14羽の計58羽。
●ホシハジロ:西外堀5羽、南外堀3羽、東外堀2羽、北外堀84羽、内堀1羽で計95羽。
●キンクロハジロ:西外堀7羽、南外堀9羽、東外堀3羽、北外堀53羽、内堀20羽の計92羽。
●マガモ:人工川6羽、西外堀6羽、内堀8羽の計20羽。
●カルガモ:西外堀2羽、人工川5羽、内堀1羽。
 全体的に見て、ヒドリガモが少なくって、マガモが多いイメージ。

●オオバン:西外堀31羽、南外堀5羽、東外堀11羽、北外堀8羽、第二寝屋川6羽の計61羽。
●カイツブリ:南外堀2羽、東外堀1羽、西外堀1羽。
 バンは確認出来ず。ワシは出会ってまへんが、おきらく先生が観察に来てたようなんで・・・?

●ユリカモメ:東外堀で1羽飛翔。水面から3メートルほどの高さ、着水かと思うも・・・。
●セグロカモメ:高校生U君が7:00〜7:30まで水上バス乗りで観察、6羽が上流に向かって飛翔とのこと。
 その6羽のうちの個体やろうか、10:02北外堀から東外堀へ飛翔の1羽。その後10:15には第二寝屋川で2羽が水面アタック。
IMG_4343.jpg
 なんか餌になるようなもんでも浮いてたんやろうか?
 10:54には京橋口上を西外堀沿いに南へ。ひょっとして今後出会いが増えるかも。

●ハクセキレイ:各所で計19羽と多い出会い。
●キセキレイ:西外堀1羽。
●カワセミ:南外堀1羽、内堀1羽。

●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥2羽とホシゴイ1羽。
●アオサギ:内堀と北外堀。
●コサギ:第二寝屋川を飛翔。

●カワウ:観察開始間もなく、城南地区から南西に9羽、18羽、17羽の群れが次々飛翔。
 そういやぁ〜先週も5羽前後の群れが順次、計36羽が群れを成して西へ向かって飛んでったなぁ。大阪城公園の東側で集団の塒があって、西へ(大阪湾)へ出勤途中かな?

 さぁ〜、カモに続いてカワウも群れはじめ、スズメも群れで地上採餌、久々にカワラヒワやムクドリの群れも観察したし、マヒワ辺り群れでドッと飛来して欲しいもんでんな、ほんま。

 しかしなんでっせ、これからはグッと冷え込むんでしっかりパッチ、違ゃうわ、タイツ履いて観察せんといけまへんな。でもあんまり厚手のタイツやったら、何が蒸れるから素材選びなはれや。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
スズメ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 
posted by ひでキング! at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月01日

ある意味

 居てまっしゃろ、「ある意味」や「逆に」って言葉をよく使う人。職場や友達、遊び仲間で。
 まさに今日はそんな感じの観察ですわ。

 ご存じのように今日は大阪マラソン、立ち入り禁止やその時間帯が昨年までとは違い大幅に拡大。地図ではこんな感じで表記されてますねん。
P1030718.jpg
 どうよこれ、本丸、二の丸以外殆ど入れんがな、実際。どっから入ってどう歩く???

 で、立ち入り禁止の時間帯をチェックし大幅にコース変更。
 10時からは城南地区が解除されるんで最後に回るとして、北外堀には7:30までに辿り着かんとカモのカウント出来んやろと西外堀を後回しにてひでキング!号でダッシュッ!

 7:20北外堀に到着。しかし何でんな、朝日の差し込む北外堀、あまり見ないんである意味新鮮でしたわ。
 そんでもって北外堀が終われば大阪城ホールの外側を回り込んで大阪城公園駅前へ。大阪城ホール前から駅前まで通勤時間の梅田でっせ。そりゃ〜3万人のランナーと警備やスタッフの人、それに付き添いの人もいてるから梅田どころやおまへん、ある意味、新宿かも。

 一旦外道に出て弓道場から森の宮噴水を抜けピースおおさかへ。(地図では右下のグレーの部分)そこでひでキング!号を駐める。

 そこから徒歩で沖縄復帰の森、桜広場、梅林へ。桜広場で高校生U君から連絡。「堀の観察は出来るか、今どこですかと」。「北外堀は終了、南と西外堀は10時以降に、今から梅林で東外堀のカモをカウントに行く」返事。

 梅林でU君と出会う。今日の状況や、過去のマラソン時の話などをしながら同行。
 梅林を出て豊国神社裏、本丸を観察し9:50。ええ時間や、ピースおおさかにひでキング!号を取りに行き南外堀、西外堀を観察・・・??? わっ、東外堀のカウント忘れた!!!梅林で話し込んでU君もすっかり忘れてた様子。

 南外堀、西外堀を観察し京橋口へ。地図では通れんようになってるけど、沿道に柵が設けられ京橋口から内堀沿い(黒い矢印)ランナーのコースの際は通れますねん。ゴール横の内堀沿いも。

 な〜んや、それやったら梅林から飛騨の森方向へ歩けたんや。地図では通れんようになってるんで引き返しましたがな、ほんま。

 でも、飛騨の森でトップで帰還のデニス・キメットって選手を見ることが出来ましたわ。その後2位、3位と続いてゴール。そんなつもりはなかったけど、ゴールの瞬間を目撃。ある意味ええシーンに出会えたかも。

 でもって、再度梅林に辿り着き東外堀のカモをカウント。全ての堀を観察した結果。
●オカヨシガモ:西外堀5羽、内堀2羽。
●コガモ:南外堀19羽、内堀2羽。
●ヒドリガモ:西外堀58羽、南外堀9羽、東外堀4羽、北外堀10羽。
●ハシビロガモ:西外堀6羽、南外堀4羽、東外堀9羽、北外堀6羽、内堀4羽。
●ホシハジロ:西外堀7羽、北外堀64羽。
●キンクロハジロ:西外堀7羽、南外堀10羽、東外堀4羽、北外堀25羽、内堀12羽。
●マガモ:人工池(川)6羽、本丸池4羽、西外堀3羽、内堀5羽。
●カルガモ:人工池10羽、内堀1羽。
●オオバン:西外堀28羽、南外堀1羽、東外堀3羽、北外堀9羽。
●カイツブリ:北外堀1羽、南外堀3羽、西外堀1羽。
 とまぁ、堀の鳥たちはこんな感じですわ。

 でもって、落ち着いた山野の鳥たちは落ち着いたまま変化なし。
●ジョウビタキ:北外堀でヒッヒッヒッ、桜広場、梅林、桜門前など計6羽。見たのはなぜか♂ばかり。
P1030696.jpg

●シロハラ:音楽堂西通路、豊国神社裏、梅林。
●ツグミ:梅林、元射撃場など計12羽。
●ウグイス:桜広場、豊国神社東、沖縄復帰の森など計7羽と多めの観察。
●エナガ:桜広場で6羽。シジュウカラ2羽、メジロ4羽、コゲラ1羽の混群。
●モズ:梅林で目の前に現れ・・・
P1030697.jpg
 モッピー君でした!

●アオジ:音楽堂西通路、一番櫓。
●カワラヒワ:音楽堂西通路7羽。
●チョウゲンボウ:配水池東観察中、尾羽を目一杯広げ上空でクルリと回る本種1羽、尾羽を畳んだかと思うや一直線に森ノ宮方向へ。噴水辺りでUターンしまた旋回。

 その配水池東で、うっそーマジか! 1匹のトンボが木の幹に。飛ばさんように特徴のある側胸部を・・・パシャリ!
P1030713.jpg
 やっぱアキアカネじゃ〜ん!!!

 過去、11月下旬にトンボの観察記録はおまっけど12月は初めて。本来この時期まで居るんか、それとも温暖化か?

 いやいや、今日の観察は落ち着かんと思ったけど本丸、二の丸は団体の観光客が居らんかったんでめっちゃ人少なかったし、立ち入り解除直後のエリアも一般客は居らんし、こんな人の少ない大阪城公園何年ぶりやろって感じ、ある意味落ち着いて観察出来たわ。

 観察困難な今日、こんなときこそ珍鳥飛来!ってな事が良くありまんねんなぁ、逆に。って、なんの逆?

ほなっ、上記以外の鳥たち!
シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・コゲラ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・アオサギ・ゴイサギ・コサギ・

posted by ひでキング! at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月24日

心落ち着く?!

 綺麗でんなぁ、紅葉。今は桜がピークやろうか。橙から紅、様々な色が折り重なり心を落ち着かせてくれまんなぁ、ほんま。ええ季節や!

 そんな紅葉に包まれ、
IMG_4303.jpg
 ええ写真やおまへんがヘリポート北端でハイタカ。当初はこちら向きだったとのこと。

 距離10メートルほど、カラスが近くを飛ぼうが、数名ずつカメラマンが入れ替わり撮影しようが、じっくり眺めようが全く動ぜず。それどころか「この場所気に入った」とばかりに、まったり羽繕いを始める。ええ時間でしたわ。

 観察開始早々、西外堀のカモのカウントを終え西丸庭園の石垣沿いに双眼鏡を走らせる。
 居るやおまへんか、オオタカ。向こう向きで全身スッキリではおまへんが、威圧感はおますな、やっぱり。

 今日の観察、山野の鳥はオオタカに始まりハイタカに終わる。なかなかええ感じでしゃろ。

 さて、全体的には昨日より更に少ない感じ。水鳥も今イチ増えきらん中ヒドリガモが減少、紅葉に心落ち着き、鳥も落ち着く。

●ツグミ:各所疎らで計9羽。
●ジョウビタキ:豊国神社裏♂♀、沖縄復帰の森、飛騨の森など計6羽。
●ウグイス:沖縄復帰の森、人工川、豊国神社東など計5羽。
●ヤマガラ:ピースおおさか前で2羽視認、その後3羽観察と。
●モズ:もみじ園、配水池東で高鳴き。
●ルリビタキ:久しぶりやなとヤツデを撮った飛騨の森で♀型1羽観察される。
IMG_4278.jpg

●カワラヒワ:一時群れの観察が続いたが昨日は見かけず、今日は梅林で1羽のみ。
●アオジ:音楽堂西通路♂、ハイタカの近くで鳴き声。

 ほなっ、堀の様子といきまっか!
●オカヨシガモ:西外堀、北外堀で計9羽。
●ヨシガモ:西外堀で♀1羽。
●コガモ:南外堀でたったの2羽。
●ヒドリガモ:各外堀で観察するも計67羽と昨日より更に減少。
●ハシビロガモ:各外堀で観察計54羽。
●ホシハジロ:西外堀、南外堀。北外堀で計58羽。
●キンクロハジロ:各外堀で計64羽。
●マガモ:西外堀、人工川、内堀西の丸側で計18羽。
●カルガモ:西外堀、内堀、人工川で計13羽。

●カイツブリ:南外堀2羽。
●オオバン:各外堀で観察計42羽。
 バン:じっくり探したけどワシは確認できず・・・

●ユリカモメ:北外堀3羽飛翔。
●カワセミ:人工川で7:25♀1羽。Iさんが観察。
 このIさん、登城前に谷町3丁目の交差点で出会う。毎日観察してはるIさん、大正区から40分かけて自転車で通ってると。足の運動ですわって笑ろてはるけど、ワシには出来んな、自転車で40分は。

●ハクセキレイ:各所で10羽。
●キセキレイ:内堀から北外堀へ飛翔の1羽を視認。その後西外堀で2羽観察情報。

上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・スズメ・コゲラ・ハシブトガラス・キジバト・ヒヨドリ・カワウ・

 さて蝶でっけど、観察開始時は曇天、その後徐々に晴れ間が広がるも時既に遅し。半分以上歩いた後では、ほぼ出会いはおまへんわな。心落ち着き、蝶も落ち着く。

 観察の対象となる鳥や蝶、今日は落ち着いてばっかりや、こりゃ〜イカンがな、ねっ。

●ヤマトシジミとモンシロチョウを見ただけ。
IMG_4271.jpg

 さてさて皆さん、今年も残すところ一月と一週間、気忙しい時期になり片付けものも多いし鳥見は近くの大阪城公園で済ますかって考えてる人、来週は大阪マラソンなんで気ぃ付けなはれや。

 コース設定が昨年までと違い府庁前スタートの飛騨の森ゴール。大阪城公園に帰ってきますねん。立ち入り禁止区域も時間帯も大幅に拡大してるんでホームページで調べてた方がよろしいで。

 今年はマジで適いまへんなぁ、大阪サミットでも立ち入り制限されたし。なんでもかんでも大阪城公園ですりゃ〜ええちゅうもんと違ゃうで、ほんま!って、心落ち着きまへんわ!
posted by ひでキング! at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月23日

こんな時もあるさっ!

 11月下旬でっせ、11月の。最高気温は22℃、観察終了が12:35、多分21℃くらいはあったんと違ゃうやろうか。11月の下旬でっせ、どうするこの暖かさ。
 冬は「凌ぎよいの〜」で済むけど、夏は地獄でっせ、ほんま。ワシのブログ見て笑てる場合やおまへん、何とかせんと、って何する? こんな時もあるさっ!なんて言うてる場合と違ゃいまんな。

 いやいやほんま暖かすぎですわ。デニム素材のジャンパーを着てたとは言え長袖のTシャツと半袖の厚手のポロシャツ、3枚しか着てないのに汗かいたもんなぁ、11月の下旬でっせ。

 さて、野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、やけども・・・チョイと補足。
 カモのカウント数で、むむっ、高校生U君のカウント数が少ないのではと元山さん。確かにワシも朝イチU君から北外堀のカウント数を聞いてそう思いましてん。

 出会ったのが8時過ぎ音楽堂西通路で。その時既に北外堀のカウントを終えたって事は7時半頃にカウントしたんやろ。何故そんなに早い時間で北外堀のカウントを???話を聞けば。

 今季まだ記録がないセグロカモメ、そろそろ飛来かと第二寝屋川と寝屋川の分岐点で朝イチから1時間ほど待ってたとのこと。結局確認出来ず、北外堀から東外堀へとカモのカウント。

 過去どれだけの人が大阪城公園のカモのカウントをしたか知りまへんが、朝の7時半頃の北外堀をカモの数を知る人はほぼ居らんやろ。その時点の北外堀とその後の他の堀もカウント数を元山さんに報告、で元山さんがちょっと少ない?と疑問。

 それもそのはず、元山さんも書いてはるように、カモの数は時間によって変わりまっしゃろ、ワシが南外堀を観察するんは大体8時前後、カウント中にも次々飛来して、せっかく数えたのにまた数え直しかぁ〜。ってうんざりすることも。

 本来何人か各堀に散らばって、時間を決めて一気にカウントすれば正確な数が分かりまっしゃろ。それも、数時間おきに何度かカウントしたらどの時間が少なく、どの時間帯が多いってな事が更に細かく分かるけど、それってなかなかねぇ。

 でもワシのカウント数も、ここ一週間の元山さんの記録よりは少なかったなぁ。
 参考までに高校生U君から聞いた数も加えてワシの観察数を書いとくとしますわ。
●オカヨシガモ:西外堀11羽、北外堀3羽、水上バス乗り場2羽の計16羽。
●ヒドリガモ:西外堀56羽、東外堀9羽、北外堀6羽、第二寝屋川4羽で計75羽。
●ハシビロガモ:西外堀11羽、東外堀11羽、北外堀34羽、第二寝屋川1羽の計57羽。
●ホシハジロ:西外堀3羽、北外堀44羽。
●キンクロハジロ:西外堀2羽、南外堀9羽、東外堀6羽、北外堀37羽、第二寝屋川2羽の計56羽。
●コガモ:南外堀9羽。
●マガモ:西外堀8羽、人工池1羽。
●カルガモ:人工池11羽、北外堀2羽。
●オオバン:西外堀28羽、南外堀1羽、東外堀5羽、北外堀11羽、第二寝屋川5羽の計55羽。
 ってな感じですわ。まだまだ安定した越冬数ってなわけではなさそうでんな。まっ、そんな時もあるさっ!

 それとワシからの追加は・・・
●シメ:梅林観察中、蝋梅に飛び込む1羽の鳥。スズメやシジュウカラではない。覗いてみると、シメでんがな。
IMG_4263.jpg
 地上50pほど、通路から1メートル程の枝にこの姿勢。何だかシメらしくおまへんな。まっ、こんな時もあるさっ!

●モズ:もみじ園、梅林で高鳴き。豊国神社東では♀。
●チョウゲンボウ:早朝、飛騨の森上を鳴きながら飛翔のをS本さんが観察。直ぐカラスに見つかったと。そりゃ〜そうやわなぁ。
●ジョウビタキ:元山さん梅林の追加で、城南地区、沖縄復帰の森で「ヒッヒッヒッ」。飛騨の森♂、豊国神社裏♂2羽。

 さて蝶でっけど、やっぱ暖かいと動きまんな、あっちこっちで良う見かけましたわ。
●ヤマトシジミ:ほぼ各所で観察計19頭。
●ツバメシジミ:この時期にもみじ園で新鮮な♂とそうでない♂。
●ウラナミシジミ:空堀でまだ多く居てるかのと思いきや、石垣をよじ登ってきた葛がばっさり、1頭の確認も出来ず。もみじ園で2頭の観察。
●ウラギンシジミ:青屋門前ボケの植栽場で♀と絡むもう1頭。
●ムラサキシジミ:元ヘリポートで1頭。
●モンシロチョウ:もみじ園で1頭。
●キタキチョウ:広範囲で計12頭。

 暖かくってめっちゃ穏やか、穏やかすぎて、あんた、鳥も穏やかやったらチョイと寂しいのぅ。
 ままっ、いつもいつも賑やかなことおまへん、こんな時もあるさ!
posted by ひでキング! at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月17日

暖かいのぅ、ほんま。

 この週末も暖かくってええ天気でしたなぁ、ほんま。気候も落ち着きゃ〜野鳥も落ち着くってか。チョイと寂しいけど・・・

 ままっ、盆から始まった秋の渡り、3ヶ月間色んな鳥が楽しませてくれましたな、おおきにですわ。また来春たくさん立ち寄ってね、夏鳥たちって、まだ居てまんがな、オオムシクイ。

 市民の森で大将が声と共に姿を確認。教育塔裏でもオオムシクイかメボソムシクイを視認。最低まだ2羽は居てなすな、夏鳥。

 さて、これからは大阪城公園の越冬種の季節でんな。昨季はなんとのぅ少なかったイメージやけど、今年はどうやろ。

 ワシの感じでは、昨季よりツグミは多く越冬しそうな雰囲気。昨季の同時期は殆どか出会わんかったけど今季はほぼ毎回観察、今日も西外堀沿いで10羽の群れを含め計19羽。

 水鳥ではハシビロガモが現時点では昨季同時期より多い感じ。今日も全ての堀で計86羽。真冬になるまで50羽を越えることは少ないイメージやけど、今季は何だか多そうでんな。

 そんじゃ、その他ザザッとかきまっか!
●ルリビタキ:飛騨の森で9時頃♂成鳥が撮影される。その後愛の森で♂成鳥2羽出現とのこと。
●キクイタダキ:配水池東2羽、水場で水浴び。飛騨の森1羽。
●ヤマガラ:においの森で2羽。
●エナガ:沖縄復帰の森で6羽。
●ハイタカ:早朝、配水池東でさかなやさんが撮影。
●マミチャジナイ:市民の森水飲み場で。
●ツグミ:上記19羽。
●シロハラ:市民の森、においの森など計7羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、豊国神社境内などでささ鳴き、計5羽。
●ジョウビタキ:西外堀、梅林、飛騨の森など計9羽。
●モズ:高鳴きはほぼ終わった?桜広場で♂1羽が観察される。
●アオジ:音楽堂西通路、空堀、豊国神社東で計6羽。
●イカル:飛騨の森で声、とのこと。

 堀周辺は・・・
●オカヨシガモ:西外堀、北外堀、南外堀、第二寝屋川で計35羽。
●コガモ:南外堀、内堀、本丸池で計14羽。
●ヒドリガモ:朝イチ西外堀で34羽をカウント。観察半ば京橋口で大阪城ホール方向から西外堀へ40羽ほどの群れが向かう。乾櫓を曲がった辺りで若干高度を下げる。
 帰り際、朝イチでカウントした場所には77羽の本種。何時にどこからやって来るんか解らんけどタイミング次第では観察数が大きく変わりまんなぁ、ほんま。他の堀計139羽。
●ハシビロガモ:上記86羽。
●ホシハジロ:西外堀と北外堀で計35羽。
●キンクロハジロ:西外堀、南外堀、北外堀で計47羽。
●マガモ:西外堀、人工川で計19羽。
●カルガモ:人工川、内堀で計11羽。

 観察終了間際、高校生U君から「西外堀でバン、さかなやさんと観察中」と連絡が入る。大手門前にひでキング!号を駐めてるんで帰りに向かうと二人が見る双眼鏡の先に1羽のバン。
 先週から断続的に観察されてる本種。ほぼほぼ西外堀で観察されてるんで同一個体と思いますねん。

●オオバン:南外堀、西外堀、北外堀、第二寝屋川で計42羽。増えてきましたなぁ〜。
●アオサギ:人工池と北外堀。
●コサギ:人工川で観察、その後東へ飛翔。
 ゴイサギは確認出来ず。

●カワセミ:西外堀。
●カイツブリ:南外堀。

●ハクセキレイ:各所計9羽。
●キセキレイ:西外堀大手門側、京橋口側で。

 とまぁ〜、大方この顔ぶれで冬を過ごすことになりまっしゃろ。もちろん珍客大歓迎でっせ!

ほなっ、上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

 で、思いの外出会いがあった蝶。昨日は成虫越冬種の観察はなかったけど、今日はほぼ成虫越冬種。

 今日の初蝶の出会いがなかなかのもんでしたで。
 音楽堂西通路歩行中、ツツジの枝先に青いもの。わっ、めっちゃ綺麗!
IMG_4208.jpg
 日向ぼっこ中のムラサキシジミ、しかも♂。あまりすり切れた様子もなく綺麗な個体でしたわ、ほんま。何でこんな綺麗な瑠璃色なんやろ、って、ワシら人間に見せるために、この色を選んだわけやないんやろうけど。

 北外堀沿いでカモのカウント中、目の前を横切るオレンジ。カウントを中断して行方を追う。近くに留まり・・・パシャリ!
IMG_4222.jpg
 チョイと角度が悪いけど、これまた綺麗なアカタテハ。

 飛騨の森ではウバメガシに留まるウラギンシジミ。
IMG_4225.jpg
 こちらはすり切れて鱗粉がスカスカ。でもって裏面も一応と撮ってみると、
IMG_4227.jpg
 わっ、これまたすり切れてるし、そのうえ翅の欠損。この状態でひと冬越せるんかなぁ、頑張れよ!

 一番櫓ではテングチョウの飛翔を確認。
 空堀、飛騨の森、北外堀沿いではキタキチョウ。
 11月の真ん中にこれだけ暖かいって、どうよ。成虫越冬の蝶がこれだけ見れるとは嬉しいけど・・・やっぱかなり温暖化?

 空堀ではウラナミシジミが13頭とまだまだ元気。
 ヤマトシジミもひと廻りして15頭と、気温次第ではまだまだ観察出来そうでんな。

 さて、今年もあと一月半でんなぁ、ほんま早いのぅ。そろそろ冬支度せんといけまへんな。
posted by ひでキング! at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月16日

チョイと急ぐんで・・・

 ひや〜、ええ天気〜。
P1030675.jpg
 これ見て、西の空のポッカリ浮いたお月さん。
 東では朝日が眩しく輝く。その朝日に向かいジョウビタキが「ヒッヒッヒッ」。何を思い鳴いてるんやろ。
P1030677.jpg

 さてさて、落ち着きを見せてきた大阪城公園の鳥たち。何をさておき気になるのが・・・ってな、だらだら書いてる時間おまへんねん、今日は。

 こんなワシでも何かと忙しぅて時間が圧してるんで堀周辺の観察だけササッと書いて、プラス出会った人の観察情報をば。

●ベニマシコ:早朝さかなやさんが空堀ススキで観察、その後西の丸庭園に入ったとのこと。
●キクイタダキ:飛騨の森、山里丸。
●ツグミ:大手門前、第二寝屋川。
●シロハラ:豊国神社裏。
●ジョウビタキ:大手門前、空堀など計7羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、豊国神社東で計3羽。
●アオジ:音楽堂西通路、豊国神社裏、空堀で計5羽。
●モズ:城南地区でバッタを咥えた♀。
★オオムシクイかメボソムシクイ:北外堀ゴイサギの塒で。

 堀の様子。
●オカヨシガモ:西外堀、北外堀、内堀で計12羽。
●コガモ:人工池、南外堀、北外堀で計10羽。
●ヒドリガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計66羽。
●ハシビロガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計71羽。
●ホシハジロ:西外堀と北外堀で計31羽。
●キンクロハジロ:東外堀以外の堀で計55羽。
●カルガモ:西外堀以外の堀で計17羽。
●マガモ:人工池、西外堀、内堀で計16羽。

●オオバン:内堀以外で計33羽。
●カイツブリ:北外堀1羽。
●カワウ:南外堀、北外堀、内堀で計5羽。

●ゴイサギ:北外堀塒で2羽の成鳥。
●コサギ:人工川1羽。
●アオサギ:南外堀を2羽が鳴きながら飛翔。

●カワセミ:北外堀1羽。
●キセキレイ:南外堀、西外堀。

上記以外の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 蝶は朝の冷え込みの割には多く観察出来。
●モンシロチョウ:空堀で求愛行動の2頭。
●ウラナミシジミ:空堀内で6頭。
●ツバメシジミ:青屋門前でお休みの1頭。
●ヤマトシジミ:青屋門前、飛騨の森で。
●ツマグロヒョウモン:空堀で♂。

 えらい愛想なしでスンマヘンが、今日はこの辺で。明日ワシの体に何事も無けりゃ〜じっくり歩きますよってに、また明日!
P1030680.jpg

posted by ひでキング! at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月10日

冬が来た

 小春日和って言うんやな、この季節のポカポカ陽気は。でも一昨日の8日は立冬で暦の上では既に冬、それやったら 小春日和とは言えんし・・・ややこしいのぅ、表現は。

 しかしええ天気が続きまんなぁ、実際。どれだけ青い空が突き抜けるねんって感じですもんなぁ、あ〜気持ちええ。

 朝はキリッと昼間はポカポカ。そんななか、冬がやって来ましたで、冬が。ワシのとっての冬。
 東外堀観察中、青屋門から真っ白な鳥が青空をバックにふ〜わふわ。ユリカモメが東外堀を一周してまた青屋門方向へ。

 なんや、東外堀の様子を伺いに来たって感じ。来週辺りは何羽かがポッカリ東外堀に浮かんでるかも。

 7日から飛来してる豊国神社裏のコマドリ♂は今日も滞在で4日目。桜広場では昨日から飛来してるキマユムシクイ。ワシが行った11時半頃は、どうやろ40人ほどでっか、コマドリには10人ほど。

 元山さんの記録本「大阪城公園の野鳥」では2007年11月18日音楽堂西通路でキマユムシクイ大阪城公園で初の記録。その時はえらいカメラマンでごったがえすやろうなぁ、と思ったけど5〜6人。

 でも今日は断然キマユムシクイの方が人気。
 地味で素早く手強いキマユムシクイより、愛想のええ男前のコマドリの方が撮影し易いんと違ゃうん?時が経てば人気も変わる? 

●オオムシクイ:市民森で1羽観察される。
★ムシクイ:オオムシクイかメボソムシクイ、飛騨の森で。
 それと上記のコマドリ、夏鳥はこの2種?3種?

●キマユムシクイ:上記桜広場。
●アカハラ:一番櫓前。
●シロハラ:市民の森、桜広場。
●ツグミ:沖縄復帰の森、市民の森、一番櫓前、梅林で計6羽。
●ジョウビタキ:各所で1羽ずつ計14羽。マジで1羽ずつ。たとえば梅林だけで1羽、緑のリズムだけで1羽、そんな感じ。
 でもって、その緑のリズムでは頭上で鳴く1羽。探してみれば、
P1030654.jpg
 マジで頭上で1羽。

●ルリビタキ:早朝、飛騨の森で♀。
●ウグイス:桜広場、豊国神社裏、飛騨の森でささ鳴き、計4羽。
●エナガ:東外堀沿い〜緑のリズム〜太陽広場東の森で7羽の群れが移動してる様子。修道館西でも7羽の群れ。
●キクイタダキ:早朝、飛騨の森で4羽観察される。
●シメ:飛騨の森、桜広場。
●モズ:城南地区、愛の森では高鳴き。梅林、もみじ園で♀。
●アオジ:音楽堂西通路、一番櫓で計6羽。
●ビンズイ:梅林で1羽。
●ハクセキレイ:ジョウビタキほど広範囲ではおまへんが、各所で14羽。
●キセキレイ:人工川で1羽。

 ほなっ、忙しくなってきた堀の様子を。
●オカヨシガモ:西外堀、東外堀、北外堀で計12羽。
●コガモ:南外堀、東外堀、北外堀、人工池で計9羽。
 減少の原因として考えられるのが人工池のアオウキクサの減少。先週までは20羽を超えてたけど今日は2羽。アオウキクサは気温が低くなると越冬のため沈むんで、餌を探して他の場所に移動したんでっしゃろ。
●ヒドリガモ:西外堀、東外堀、北外堀で計172羽。多いのは北外堀の99羽。
●ハシビロガモ:西外堀、北外堀。内堀で計56羽。大半の44羽は北外堀で。
●ホシハジロ:西外堀、北外堀で計16羽。
●キンクロハジロ:北外堀、西外堀、南外堀で計44羽。
●カルガモ:人工池、西外堀、北外堀、東外堀で計19羽。
●マガモ:西外堀と人工池で計11羽。

●オオバン:西外堀、北外堀で計28羽に加え第二寝屋川でも1羽。
●カイツブリ:自身今季初、南外堀で。昨日と5日にも確認されてるみたい。
●コサギ:人工池1羽、第二寝屋川で3羽が飛翔。
●ゴイサギ:北外堀の塒で探してると、急に飛び出すホシゴイ。わっちゃ〜、飛ばしてしもうた。
●ユリカモメ:上記東外堀で飛翔。

ほなっ、上記以外の鳥たちといきまっか!
シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・

 さっ、蝶でんな。
 朝の冷え込みで、ひょっとしてそろそろ未観察の日に・・・と思いつつ地表を睨みつつ、てくてく。
 気温が上がると意外と多い。
●ヤマトシジミ:寒い間は日光浴が目立ち、気温が上がるとパタパタと計25頭。
●ウラナミシジミ:もみじ園で日光浴の1頭。
●モンシロチョウ:北外堀、空堀で計3頭。
●アオスジアゲハ。西の丸庭園入り口。

 でもってここからは成虫越冬種。
●ウラギンシジミ:もみじ園で飛翔の1頭。
●ムラサキシジミ:同じく、もみじ園で1頭、
P1030652.jpg
 豊国神社裏でも♀1頭。

●キタキチョウ:豊国神社裏、空堀、桜広場で計6頭。
P1030670.jpg

●テングチョウ:修道館裏で。
P1030673.jpg

 でもって、哀しい知らせ。
 10月30日のマダムTさんのブログ「鳥写真マンガ」で掲載されてるアサギマダラ。梅林のガガイモの葉の裏に尾部をつけ産卵行動。

 11月3日、梅林でガガイモの葉を順にめくる。ひょっとして卵が???数枚めくると・・・お〜あった〜、アサギマダラの卵や〜!!!
IMG_4190.jpg

IMG_4195.jpg

 マダムTさんが撮影したときの卵ではないやろうけど産卵してる〜〜〜〜〜!!!
 ワシが確認したんはこの1卵だけでっけど、他にも産んでるやろうなぁ、今後が楽しみ楽しみ。

 ってな事で今日めっちゃ楽しみにしてましてん、アサギマダラが大阪城公園で孵化してるかどうかってのを。
 
 小春日和やし、ウキウキ気分で歩いてると蝶のベテランIさんと市民の森で出会い卵発見の話を。すると梅林は6日に全域綺麗ばっさり草刈りされたと・・・ガ〜ン。
 頭の中で鳴り響く除夜の鐘・・・ガ〜ン!!! 心の中に木枯らしが吹き抜ける。一気に冬が訪れましたわ。

 ウッソ〜、マジかよ〜。なんでなん、せんでええ草刈りは一生懸命して、やって欲しい公園内のゴミ拾いはあまりせんの?なぜ、どうして、なぜゆえに・・・。

 アサギマダラ産卵の貴重な記録は残せたけど、孵化までたどり着けんかったかぁ、しかも人為的な理由で。悔しいったりゃ、この上なくおまへんで実際。越冬はともかく幼虫みたかったなぁ、ほんまに。

 はぁ〜ぁ、最近の蝶はビッグ・ニュースがなくダラ〜っとしてたけど、マダムTさんのブログ見て、シャキー!ってしましたがな、実際。それがこんな結末に。

 これからは冬に突入するし成虫越冬種の越冬場所が確認出来るかどうか、ってのが蝶の楽しみでんな。

 このショックからいつ立ち直れるか分からんけど、トボトボ観察しますわ。ほなっ、また・・・
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月03日

グイッと!

 いよいよ終盤でっか、秋の渡りも。これまで楽しませてくれた夏鳥が徐々に減り、冬鳥や漂鳥たちの姿が多くなる。ここ一週間はキクイタダキが人気やったけど今日は配水池で4羽のみ。連日10羽前後観察されてたけど、どっか行ったみたい。

 その代わりちゃ〜なんでっけど、桜広場でニシオジロビタキが確認され、一時カメラマンが集結。その後姿を現さんようになると、一人また一人と姿を消す。

 音楽堂西通路ではルリビタキ♂♀が観察され、クロジの♂も発見。秋の渡りって終わっても越冬の鳥たちが楽しませてくれるからよろしいな、春の渡りは終わったら暑いだけやけど。

●キビタキ:緑のリズム、配水池東、共に♀型、
●ムギマキ:豊国神社東で♂若鳥。
●オオムシクイ:市民の森、飛騨の森。
 でもって、飛騨の森の個体がこれ。
IMG_4176.jpg
★オオムシクイかメボソムシクイ:緑のリズム2羽、梅林、京橋口。
 夏鳥はこんなところですわ。

 入れ替わって楽しませてくれたんが・・・
●ニシオジロビタキ:上記桜広場。
●ルリビタキ:音楽堂西通路♂♀。
●クロジ:音楽堂西通路♂。
●アオジ:音楽堂西通路、緑のリズム。
●キクイタダキ:配水池4羽。
●ジョウビタキ:ワシが確認出来ただけで、南外堀♀、沖縄復帰の森♂♀、もみじ園♀、豊国神社裏♂、一番櫓前♂、空堀♂、に加え西外堀、北外堀で「ヒィヒィヒィ」が3羽の計10羽。多分もっといてまっしゃろ。
●シロハラ:城南地区で地上の1羽、沖縄復帰の森1羽、市民の森2羽。
●ウグイス:北外堀沿い、豊国神社裏でささ鳴き。

●ヤマガラ:沖縄復帰の森2羽。
●モズ:桃園♀、梅林♀、空堀♀。飛騨と人工川で高鳴き。

 さて、まだまだカウントが嫌にやるほどの数やない水鳥の様子といきまっか。
●ヒドリガモ:西外堀、北外堀計83羽。
●コガモ:人工川23羽。
●ハシビロガモ:北外堀5羽。
●ホシハジロ:北外堀7羽。
●キンクロハジロ:17羽。
●オカヨシガモ:北外堀1羽。
●マガモ:西外堀♂4羽♀5羽、内堀♂♀各1羽。
●カルガモ:人工川9羽、西外堀2羽、内堀1羽。
●オオバン:西外堀3羽、北外堀3羽。

●カワセミ:北外堀青屋門側♂1羽、京橋口側では2羽が追いかけ合い、1羽は第二寝屋川へ。
●ハクセキレイ:各所計12羽。
●ゴイサギ:先週、塒下の券売所の解体工事の影響でどうなるかと思いきや、北外堀飛騨の森側の石垣で成鳥1羽が水面を見つめ、塒の木ではホシゴイがこの通り。
IMG_4167.jpg
 はぁ〜、公園内に留まってくれて良かった。券売所は跡形もなくすっきり、これで彼らも落ち着いて冬を過ごせるやろう。

上記以外の鳥たち。
カワラヒワ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

 さて、蝶にこれっと言った大きな変化はおまへんが・・・
 先週からの一週間、何度かアサギマダラが観察され昨日も梅林で大将が観察。本種11月に入ってからの観察は過去におまへん。やっぱ温暖化の影響で渡りの時期が遅くまで続いてるんやろうか?

●ヤマトシジミ:各所計14頭とそろそろ元気がなくなってきましたな。
●ツバメシジミ:豊国神社裏♀。
●モンシロチョウ:北外堀、空堀。
●チャバネセセリ:東外堀沿い花壇2頭。

 同じく東外堀沿い花壇では、今秋パッと増えてスッと減少したウラナミシジミ、
IMG_4165.jpg
 これを含め3頭しか確認出来んかったけど、どうなんかなぁ?来春。
 葛が繁茂したまま結構残ってるもんなぁ、このまま春まで放っておいてくれたら早い時期から多く発生するんと違うかなぁ。春には殆ど見る事おまへんが秋には多く観察できまっしゃろ。
  大阪城公園のどっかで越冬してるんか、他の場所から入ってくるんか???

●ツマグロヒョウモン:梅林、人工川で共に♂。
●アオスジアゲハ:久々に空堀で。

●テングチョウ:梅林1頭。先週は多く見かけたけど・・・
●キタキチョウ:これまた先週から大きく数を減らし3頭。
 この成虫越冬の2種、秋らしい肌寒い気温になってきたんでそろそろ公園内のどっかでお寝んね?

 一日の寒暖差が大きくなってきてるんで、風邪ひかんようにしなはれや。放射冷却ってヤツでっか。
 そうなると紅葉が進みまんな。色付く種々の葉に絡めて何の鳥が似合うかなぁ????
 焼き鳥!!! やっぱ、秋は紅葉狩り、焼き鳥アテにグイッと楽しもう〜!!!
posted by ひでキング! at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月27日

賑やかでっせ〜!

 暗い朝。早朝は厚い雲に覆われるも9時を過ぎた頃から徐々にお陽さんが顔を出す。広がる青空と共に賑やかになる大阪城公園の鳥たち。

 やっぱ晴れるとスカッとしまんな。でも、なんでなん?
 2つの元台風の影響でまた大きな豪雨災害、何で同じ所ばっかり集中的に雨が降るん、なんか納得出来んなぁ、ほんま。

 夏冬漂鳥が入り交じり、大賑やかな大阪城公園。今日もまた・・・
 そろそろ来るやろうと大勢が期待してたキクイタダキ、今日初の目見え。一番櫓前松林の高い枝に2羽。

 早朝に観察され、ワシが行った11時半頃には60人くらいは居てましたな。今日イチの人気もんでんな、間違いなく。

 昨日まで人気を独占してた天守閣北側のムギマキ、今日は♂若鳥が早朝観察されるもキクイタダキの人気には勝てず。

●ムギマキ:天守閣北♂若鳥。
●キビタキ:市民の森、梅林で♀型。
●オオルリ:ピースおおさか♂若鳥。
●コサメビタキ:人工川。
●ノゴマ:飛騨の森の♂♀に加え、梅林青屋門近くのツツジの植え込みで♂の観察情報。
★ムシクイ:梅林2羽。

 帰って調べよ、っと市民の森で撮ったあまり見かけん花、調べても???サッパリ???
IMG_4103.jpg
 この花が咲く近くで大将と出会い、そろそろウタツグミが来るかも???!!!と粘る。連絡が無いってことは・・・。
 でも朝から、クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラ、アオバトが観察出来たと。その後はイカルが10羽+、アサギマダラもと。

●イカル:市民の森10羽+。
●アオバト:市民の森1羽。
●クロツグミ:市民の森♂1羽♀2羽、音楽堂西通路♀、飛騨の森♂。
●マミチャジナイ:市民の森3羽。
●シロハラ:市民の森3羽、梅林1羽。
●アカハラ:天守閣北。
●トラツグミ:飛騨の森。

●キクイタダキ:上記一番櫓前2羽。ひょっとして3羽?
●アトリ:音楽堂西通路アキニレで、カワラヒワ10羽の中に1羽。
●ジョウビタキ:めっちゃ多いで。人工川、沖縄復帰の森♀。京橋口、豊国神社裏♂。空堀、南外堀、西外堀など「ヒィヒィヒィ・カタカタカタ」の声を合わせ11羽。これからまだ増えまっせ。

 ところで「ヒィヒィヒィ」のあとの「カタカタカタ」ってタイプライターの打音に似てまへん、鳥見を始めた時からそう思ってますねんけど。若い子は分かるかなぁ〜タイプライター?

●ヤマガラ:ピースおおさかで2羽観察される。
●モズ:元射撃場♀、梅林♂♀、沖縄復帰の森、太陽広場東の森では高鳴き。

 そんじゃまっ、そろそろ見頃を迎えたツワブキを見て頂き、
IMG_4100.jpg
 堀の様子、水辺の鳥といきまっか!

●ヒドリガモ:西外堀48羽、北外堀18羽、東外堀2羽。西外堀ではアメリカ〜ンな?毎年悩ませてくれるタイプの1羽。
●ハシビロガモ:北外堀13羽。
●マガモ:西外堀♂1羽♀2羽。
●コガモ:人工池のみで26羽。
●キンクロハジロ:北外堀10羽。昨日は元山さんが4羽を観察。ゆっくり増えてまんな。
IMG_4117.jpg

●カルガモ:人工池で9羽、北外堀1羽。

 ザリガニ捕りの親子連れが居なくなった人工川、誰に邪魔されることなくフレンドリーなカワセミ1羽。
IMG_4092.jpg
 何度かダイブを繰り返し朝ご飯ゲット。石にペシペシ打ち付け・・・ゴックン!
 カワセミは南外堀でも1羽。

●セグロセキレイ:人工池。
●キセキレイ:北外堀。
●ハクセキレイ:西外堀、南外堀など計7羽。
 やっぱセキレイ3兄弟は揃ってないとね。

●オオバン:西外堀、北外堀各1羽。
●コサギ:人工池1羽。先週確認出来た指折れ君。

 でもって北外堀のゴイサギ。塒下の券売所、柵をして解体工事?ついこの間建てたとこやろ、何でまた壊すん?せっかく成鳥2羽が居着いたのに・・・。

 えらい賑やかでっしゃろ〜。これが10月の大阪城公園ですわ。

上記以外の鳥たち。
カワラヒワ・メジロ・シジュウカラ・スズメ・コゲラ・カワウ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて蝶でんな。
 曇ってる間は全く見かけず、今日はゼロか?と思いつつ歩を進め、お陽さんが顔を出し始めるとこちらもそこそこ賑やか。

●ヤマトシジミ:先週よりは大きく減少するも41頭と少ないわけではおまへん。
●ツバメシジミ:梅林で♂1頭。
●ウラナミシジミ:纏まった観察はなく空堀、東外堀沿い花壇で各1頭のみ。
●チャバネセセリ:東外堀沿い花壇3頭。
●モンシロチョウ:北外堀1頭。
●キタキチョウ:あっちでひらひらこっちでひらひら計17頭。皆ちゃんと越冬出来るんやろうか。
●ウラギンシジミ:豊国神社東で1頭。
●ヒメアカタテハ:配水池東2頭、豊国神社裏1頭。
●テングチョウ:今季あまり見なんだけど豊国神社裏と一番櫓で観察。いずれも綺麗な個体。
●アゲハ:豊国神社東1頭。
 でもって、文頭のアサギマダラ、市民の森で1頭。

 個体数は少なくも多種の鳥たち、ゆっくりじっくり歩けば意外な出会いがあるかも・・・
 
posted by ひでキング! at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

性?

 ほんま天気予報には振り回されまんなぁ、実際。
 昨日の予報では、温帯低気圧に変わった元台風20号の影響で強い雨が降るかも?ってな予報。

 それやったら、溜まった用事を済ましスッキリしようと思い朝はゆっくりめに起きる、新聞を広げ朝飯食ってる間に急に外が明るくなる。目で活字を追うも頭の中は秋晴れに映える天守閣。
 ネットでその後の天気を確認すれば、なに〜晴れるやんけ〜!!!

 予定してた用事を後回しにし早く行かんと! これって鳥見人の性?大阪城公園バカの性?
 ってな事でいつもより1時間遅れの観察。カラッと爽やかかなと思いきや結構暑い。とにかくササッとひと廻り。

 でもって、野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。ワシからの追加はこれといっておまへん。

●カワラヒワ:音楽堂西通路、ミライザ裏。
●コゲラ:沖縄復帰の森、太陽広場東の森。
●エナガ:沖縄復帰の森で9羽。でももっと居てたやろうな。
●コサギ:人工池1羽。これが久々の指折れ個体。近くで足を撮影出来たんで載せまっせ。
P1030562.jpg
 ねっ、後ろに向くはずの指が前に折れ曲がってまっしゃろ。まっ、数年前から確認してるんで生きて行くには影響ないんやろ。

 さて蝶でっけど、特に変わった様子はおまへん。強いて言えば、ウラギンシジミが目立ったかな。
 音楽堂西通路、もみじ園、市民の森の樹冠部で飛び回ってましたな、いずれも忙しない飛び方でなかなか留まらん。♂1頭を確認出来ただけですわ。

 その他は。
●ツマグロヒョウモン:東外堀沿い花壇、空堀。共に♂。
●アゲハ:元射撃場。
●アオスジアゲハ:北外堀。
●チャバネセセリ:東外堀沿い花壇。
●ウラナミシジミ:ほぼ空堀ともみじ園で計38頭。
●ヤマトシジミ:継続して多く90頭。
●キタキチョウ:広範囲で12頭。
●モンシロチョウ:空堀、北外堀、東外堀沿い花壇。
 でもって東外堀沿いの花壇。1メートルちょっとあった背丈の花が先週末にはガッツリ刈られ70〜80pに。何の花か気になってたんで今日、手入れに来てた造園業者のお姉ちゃんに尋ねると、「ガウラ」という花らしい。

 調べてみると、アカバナ科の花で北アメリカ原産の植物で和名はヤマモモソウ、ハクチョウソウって言うらしいですわ。
 でもって、そのハクチョウソウのハクチョウは、白鳥ではなく白蝶って書くんやって。道理でモンシロチョウが訪花に来てたわけや。 って、長いフリなやなぁ〜・・・まだありまっせ。

 その刈られたガウラの茎に、この間の日曜日に見っけましてん、コレ!
P1030575.jpg
 セズジスズメって名の蛾の幼虫。小さいものはちょいちょい見かけまっけど、ここまで大きくなったのを見るんは久しぶりですわ、ほんま。綺麗でっしゃろ〜。

 大きな体に小さい頭。その先端の牙?で新芽をムシャムシャ食べてますねん。これ近づいて警戒したら、ピタッと動かんようになりまんねんで。

 でもって、警戒解いたらまた食べ始めまんねん。ここまで大きくなるのにどれくらい掛かるんやろうなぁ、誰に見つかることなくちゃんと成虫になって欲しいもんですわ。
 
 野鳥の一番楽しい時期に蛾の幼虫の話するのって・・・鱗翅目(主に蝶)に興味のあるワシの性?
posted by ひでキング! at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月20日

やっぱリアルでしょ!

 はぁ〜、何をやっても気持ちのええ季節、チョイと汗ばむ陽気やったけど暑くなし寒くなし。

 さ〜て、今日は市民の森で元山さんと出会ったし、野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂って・・・あれ?パソコンの調子が悪そう。ってな事でササッと箇条書きでワシの方から。

●コノハズク:元山さんも緊急報告で書いて張りまっけど、わしにも連絡が。何かと現れまんなぁ、ほんま。
●ノゴマ:飛騨の森で♂。落ち気のない個体ってな事で18日から観察されてる個体やろうか?
●ノジコ:早朝から3羽が空堀で観察される。カメラマンの増減を繰り返し、ワシが行ったときの12時頃には20名ほどが空堀を覗く。
 でもって、ノジコが啄んでたって聞くミゾソバでも見て頂きまひょか。
IMG_4074.jpg
 って、空堀に入って撮ったわけやおまへんで、人工川にも咲いてまんねん。

●エゾビタキ:ミライザ裏、梅林2羽、修道館裏で計4羽。
●サメビタキ:市民の森で1羽。
●コサメビタキ:空堀太鼓櫓付近。
●キビタキ:ワシの知る限り5羽。♂1羽♀型4羽。市民の森、梅林南端、沖縄復帰の森、音楽堂西通路、一番櫓。
●オオルリ:ピースおおさか南♂♀♂若鳥。太鼓櫓付近♂若鳥。配水池東♂若鳥。
●メボソムシクイ:音楽堂西通路、太陽広場東の森。
★メボソムシクイかオオムシクイ:音楽堂西通路、市民の森2羽。
 夏鳥はこんな所でっか。

●ジョウビタキ:飛騨の森、空堀、梅林で♂、配水池東で♀。
●ツグミ:太陽広場東の森で元山さん観察。
●シロハラ:音楽堂雑木林で自身観察。
●ヤマガラ:早朝は豊国神社裏で3羽を大将が観察。その後、ワシは教育塔裏でEさんは市民の森で。大将の話によると夕方には、キンモクセイが満開の
IMG_4078.jpg
 ピースおおさかに戻るらしい。塒はその辺り?

●エナガ:京橋口でとりあえず1羽。
●モズ:教育塔裏♀。梅林♀。飛騨の森影は見えるも雌雄識別は無理。全て樹頂で高鳴き。
●オオタカ:7:20、西外堀のカモをカウント中、頭上で「バサッ」。西の丸庭園へ。真上でっせ、真上。カモをカウントしてる場合やおまへんがな!

 大将とH本さんが修道館と豊国神社の間でイカルの声を確認とのこと。

 いやいやさすがに10月は賑やかでんな。種の個体数は少なくも観察種が多い。
 そんじゃ、山野の鳥たち同様賑やかになってきた堀の様子といきまっか!

●ヨシガモ:南外堀4羽。一見して♂と分かる固体1羽。
●ヒドリガモ:早朝大手門側で42羽、観察半ば京橋口側で67羽。むむっ、移動した?別の群れ?ってことで帰りにもう一度大手門側をカウントすることに。
 ひと廻りして大手門で42羽、ひでキング!号に乗って速攻で京橋口に向かい67羽、オッ!やっぱ別の群れや。ってな事で西外堀で109羽、北外堀7羽、東外堀2羽。
●コガモ:人工池21羽、南外堀1羽。
●ハシビロガモ:北外堀4羽、西外堀1羽。
●カルガモ:人工池3羽、北外堀1羽。

●オオバン:北外堀1羽。
●ゴイサギ:北外堀塒1羽。
●アオサギ:西外堀1羽。

●ハクセキレイ:各所で目立ちはじめ計8羽。
●キセキレイ:北外堀から第二寝屋川へ飛翔の1羽。

 これ以外にも、ここ一週間で、
 シメが市民の森で、コマドリが配水池北の階段付近で、キンクロハジロ、オカヨシガモも観察され、何かしら毎日初認種が飛来してまっせ、10月恐るべしでんな。

★追加情報
 大将からメールで、昼から西の丸庭園でニシオジロビタキとのこと。わぉ〜、恐るべし西の丸庭園。

ほなっ、上記以外の鳥たち。
キジバト・ヒヨドリ・スズメ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 では昨日一人で盛り上がった蝶といきまっか!でも言うときまっせ、今日は盛り上がるとこおまへんので・・・

●アオスジアゲハ:豊国神社1頭。
●モンシロチョウ:沖縄復帰の森、梅林など計5頭。この時期から交尾相手探すの大変やぞ。
●キタキチョウ:空堀、豊国神社裏など計9頭。この時期やとこのまま越冬か。
●ツマグロヒョウモン:東外堀沿い花壇、空堀で計3頭。♂2頭♀1頭。
●ウラナミシジミ:もみじ園10頭、空堀でノジコを探すふりをしつつ15頭を観察、他所計28頭。
●ツバメシジミ:もみじ園1頭。
●ヤマトシジミ:各所カタバミ付近では10頭単位で観察し計110頭の大台超え。
●ベニシジミ:久々の本種を梅林で。
IMG_4086.jpg

 さ〜て、いよいよ決勝トーナメントでんな、ラグビー。何とか勝って進む季節同様、前に進んで欲しいもんでんなぁ。
 でもってプロ野球日本シリーズ、昨日はソフトバンクが下克上の勢いそのままに快勝、巨人の反撃なるか?!

 どっちも気になるけど何とかならんかぁ、しかし。何で同時刻に放送すんねん、どっちかずらして欲しかったなぁ、ほんま。ワシはアキマヘンねん、スポーツ番組を録画して後で見るっての、やっぱリアルタイムでしょ〜。

 野鳥も蝶もそうでっけど、やっぱ現場でリアルで楽しむのが一番ですもんな!
posted by ひでキング! at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月19日

目が離せん

 観光客はもちろん、散歩の人、鳥見人も少ない市民の森。
 いつも通りのコースを歩き石畳の通路から中央に続く通路を歩く。拓けた場所に差し掛かった瞬間、数メートル先の茂みからバサバサっと飛び出す大きな茶色い鳥。後ろ姿しか見えんかったけど状況的にヤマシギ?

 東に飛んでくその物体を目で追いつ足早に追う。その時、ヤマシギや!っとY野さんの声。
 ワシは後ろ姿しか見えんかったけどY野さんは「サメビタキ撮ってたら急に飛び出したんでビックリ。横から飛影を確認したで、ヤマシギや。」と。やっぱそうなんや。

 しかしヤマシギの警戒距離ってどのくらいなんやろ、って言うか胸辺りまで繁茂した草むらに隠れてたら知ってても探しようおまへんわなぁ、実際。

 でもって、Y野さんが撮影してたサメビタキがコレ!
P1030541.jpg
 これ以外にももう1羽市民の森で居てたった聞いてますわ。

 サメ3兄弟で最も出会いやすいのがコサメビタキ。今日はコサメビタキとは出会わず、上のサメビタキと空堀で確認したエゾビタキ。コレって逆に珍しいパターンかも?

 ヤマシギをしっかり見ることが出来ず、やや不満を抱えたまま市民の森をほトボトボ。
 ここに来る前に出会った大将が、においの森でアサギマダラを観察と。そろそろ時期も終わるし今年は縁が無かったか、ガックリやなぁ〜ほんま。

 その矢先・・・ふふっ、もしや・・・やっぱそうじゃん。
 ヤマシギを見逃してから十数分後、柔らかく羽ばたいては風に乗りふわっと浮かぶ大型の蝶。その蝶がゆらりゆらりワシの方へ。

 手の届くところまで寄ってきたかと思うと、顔をかすめゆっくり後ろへ。振り返ればワシの周囲をゆっくり回り「こっちへおいで」と天使の誘い。

 でもってゆっくり・・・パ・シャ・リ!
P1030548.jpg
 周辺に繁茂したヨウシュヤマゴボウがお気に入り?ぶら下がっては飛び、訪花すればまた舞う。

 ワシには風なんてこれっぽっちも感じんかったけど、彼が舞うには充分な風があったんやろ。しかし優雅な飛翔でしたわ、ほんま。

 この蝶が海を越え遙か数千qの旅に出るって考えたら涙出てきまんなぁ、ほんま。しかもふわふわ飛んで風に流され、「俺って何処に行ってるん? 目的地周辺に到着しました?」ってなええ加減なカーナビやなしに、ちゃ〜んと行きたいところに行って越冬しまんねんで、自力で。
 ふらふら公園内を歩いてるワシとは大違いでんな、ほんま。

●キビタキ:いよいよ少なくなり5羽。沖縄復帰の森、音楽堂西通路、ミライザ裏、桜広場、においの森。♂は沖縄復帰の森。
●オオルリ:ピースおおさか南で♂、♀、♂若。
●サメビタキ:上記市民の森2羽。
●エゾビタキ:上記空堀1羽。
●メボソムシクイ:音楽堂西通路、市民の森、飛騨の森。
★ムシクイ:音楽堂西通路で上記と共に1羽、鳴かんかったんでメボソムシクイかオオムシクイ。

●シロハラ:市民の森1羽。もちろん樹冠部で。
●ジョウビタキ:六番櫓♂、梅林南端で♀。

●モズ:高鳴きを梅林、東外堀沿い、大阪城ホール前で。飛騨の森、配水池東、豊国神社東で♀。結局何羽居るかは???
●エナガ:沖縄復帰の森で10羽の群れ。
●ヤマガラ:においの森で3羽。

 でもって賑やかになってきた堀の様子。
 大手門前で高校生U君と出会い。南外堀でヨシガモ7羽。一見して♂と分かるの個体が1羽と。
 北外堀ではハシビロガモも4羽確認出来たとのこと。

 昨日元山さんから「17日に北外堀でオオバンが確認された」とメールを頂く。
 今日は大将、高校生U君も確認、一昨日の個体が滞在してる可能性大。

●コガモ:人工池20羽、南外堀7羽。
●ヒドリガモ:西外堀91羽、北外堀3羽。
●マガモ:内堀♂、西外堀♂♀。
●カルガモ:北外堀1羽。

 人工川ではジジッっと飛び回るセグロセキレイ。今季初。
P1030525.jpg

●ハクセキレイ:南外堀、城南地区、飛騨の森、豊国神社裏で計10羽。
●カワセミ:東外堀元射撃場桜の木で1羽。
●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥2羽。

 主だったところはこんな感じでっか。これ以外の鳥たちは・・・
シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・

 でもってやっと出会えたアサギマダラの蝶は・・・
●アオスジアゲハ:今年なんだか煮え切らんかった本種、そろそろ終わりでっけど1頭は寂しいのぅ。
●キタキチョウ:人工川、元射撃場、においの森、配水池東。そろそろ越冬場所を探してるのか?
●モンシロチョウ:元射撃場で飛翔の1頭。
●ツマグロヒョウモン:もみじ園、東外堀沿い花壇で♂。
P1030551.jpg
 同色やったんで真下に居てても全く分かりまへんでしたわ。

●ツバメシジミ:沖縄復帰の森で開翅のシックな♀。
●ウラナミシジミ:30頭。においの森、空堀で殆ど。
●ヤマトシジミ:各所計53頭。
●アサギマダラ:上記2頭。

 いよいよ冬が来まんなぁ。夏鳥が徐々に旅立ち、カモたちが冬を越すためはるばる北の国から大阪城公園に。

 でもっていよいよでんな、プロ野球日本シリーズ。巨人は言うにあらず特にソフトバンクファンでもおまへんが、プロ野球ファンとしては気になりまんがな。

 明日は史上初のベスト8進出のラグビー。これまた因縁の南アフリカ戦でんがな。
 
 季節がは進み秋が深まる。野鳥の顔ぶれが入れ替わり、スポーツ界も注目の対戦が目白押し。
 あと暫くは共に目が離せまへんでぇ〜!
posted by ひでキング! at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月13日

台風明け

 度重なる台風、広域で大きな被害がまた。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方、避難所生活を強いれた方が一日も早い日常を取り戻せるよう願ってやみまへん。

 台風一過、早朝は晴れるも時間と共に雲に覆われる。北風が吹き抜け、チョイと寒いくらいの天気。
 避難所生活の方々の健康を案じますわ。大変やと思いまっけど体調をしっかり管理し復旧にあたっておくんなはれ。

 夏冬入り交じり秋の渡りも佳境を迎えた大阪城公園。平日は賑やかな様子でっけど台風明けの今日も継続して大賑やか。

●ノゴマ:早朝から梅林南端で若い♂、昼前には愛の森で♂成鳥1羽。
●ノビタキ:空堀西の丸庭園側で1羽撮影される。
●キビタキ:一時より少なくなるも♂4羽、♀型10羽、プリップリッの声1羽で計15羽。
 教育塔裏、沖縄復帰の森、もみじ園、梅林、飛騨の森など。
●オオルリ:そろそろ終わりか?ピ−スおおさかで♂若鳥2羽、飛騨の森でも♂若1羽。
●エゾビタキ:元射撃場からもみじ園へ飛翔の1羽、飛騨の森1羽。
●コサメビタキ:飛騨の森、梅林。
●メボソムシクイ:人工川、緑のリズム、梅林。共に地鳴きと姿を確認。
★教育塔裏で姿だけ。メボソムシクイかオオムシクイ。

 梅林でノジコと思われる声が確認されるも姿を見たものはなし。

●クロツグミ:さくら広場で♀。
●マミチャジナイ:これまた桜広場で。
●シロハラ;飛騨の森で2羽。

●モズ:六番櫓、人工川。配水池東、梅林。で高鳴き。飛騨の森では♀。
●チョウゲンボウ:梅林上空をカラスに追われ数度観察される。
●イソヒヨドリ:豊国神社東で♂。
●エナガ:沖縄復帰の森で6羽、豊国神社東で11羽の群れ。
 残念ながらヤマガラは確認出来ず。越冬を期待したが。
●カワラヒワ:沖縄復帰の森3羽、緑のリズム20羽前後、京橋口12羽と群れが目立ち始める。

●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥とホシゴイ。
●アオサギ:北外堀と内堀。
●ヒドリガモ:西外堀9羽、内堀1羽。
●コガモ:南外堀6羽、人工池11羽。
●マガモ:内堀♂2羽♀3羽。
●カルガモ:西外堀、人工池、内堀計5羽。

他の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・ハシブトガラス・キジバト・ハクセキレイ・カワウ・
ヒヨドリ:沖縄復帰の森から豊国神社方向へ概算70羽の群れが波を打つ。

 台風明けで気温も低くなったせいか、蝶の姿は少なく。
モンシロチョウ・キタキチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月06日

勘弁して!

 結果から言うてアキマヘン。
 朝のうちに用事を片付け12時15分から鷹見開始。開始早々東の空高〜い高〜いところに鷹の飛影。

 極端なM字飛行でなく小文字程度の浅いm字飛行。大きさや雰囲気はハヤブサでない。上空はかなり風が強かったんやろうか、羽ばたくことなく高度を下げることなく一直線に西へ飛翔。

 移動に合わせ一瞬腰を上げた瞬間・・・どこや、どこに行ったんや!結局識別出来ず。
 その後、チョウゲンボウがえらいスピードで市民の森へ滑り込む。やっぱ風きついんや。
 チョウゲンボウは11時半に飛騨の森上でも観察されてますねん。

 ひたすら待ち続けること2時間、いつもならオオタカやトビくらいは確認出来るが、今日は梅林を行き交うカワラヒワ、上空で風乗りをして遊ぶカラスが観察出来た程度。

 後に午前中一番櫓で1時間ほど頑張った人に出会い話を聞くも、全く・・・とのこと。
 来週はもう10月の中旬、おおさか付近の上空では鷹が群れをなすことはおまへんやろ。
 今年の鷹見は単発個体では数羽観察されるも、群れでの通過は確認できずって事かな。こればっかりは仕方おまへん、自然相手に遊ばせてもろうてるんやから。

 肩を落とし帰る途中大将から電話、「飛騨の森でオジロビタキ、と。“ニシ”ではなくただのオジロ、と。」そりゃ〜行かんと!

 駆けつければ今日のバーダー全員集合!? 元山さんも自宅から駆けつけ状況確認。
 ワシは見てまへんけど、撮影された方のモニターを幾つかベテランバーダーさんたちが確認。間違いないとのこと。

 でもって、暫く待ってみるも・・・
 ってな事で、何をしに行ったんだか、今日は。
 お土産なし、土産話もない内容でっけど、明日以降の飛騨の森はどうなるのかが気になるところでんな。

 何の愛想もない書き込みになったけど、また来週でんな。って、また台風かよ〜???
 もぅ〜勘弁して!
posted by ひでキング! at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月05日

諦めんで!

 日向は少々暑いも木陰は涼し、乾いた空気が木立をすり抜け微かに薫秋の果実。

 って、先週はにおいの森でほんのりキンモクセイの香りがしてたんで楽しみにしてたらもう終わったん、これっぽちもにおいせんし花も見当たりまへんがな、これが。そのうえほんのり香ってきたんがチョイと鼻をつく銀杏の香り。おいおい、なんてこった、キンモクセイの代わりに銀杏はおまへんやろ、実際。

 あ〜、でも気持ちよろしいなぁ、ほんま。何をやるにもサイコーの秋、サイコーの天気、サイコーの鳥見日和。そんなサイコーな一日の鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂きワシからは追加はおまへん。

 ってことで、蝶の話しでんな。まずは悔しい話をば。
 数日前、市民の森でアサギマダラが観察される。今日出会ったS氏の話では。
 水飲み場前の枝垂れ桜の植え込みで足下に留まる、その後ベンチ裏の樫の木に暫くぶら下がってたと。

 えっ〜、アサギマダラでっせ、アサギマダラ。あのアサギマダラが目の前で観察出来るってのに、ようもそんなに落ち着いて話せまんなぁ、ほんま。今季ワシはまだ大阪城公園でみてないってのに、マジで悔しいでんなぁ、実際。
 でも、そこは大人の振る舞いでんがな「へ〜、アサギマダラが、いつの話でっか、どんな様子でしたん?」ってな具合で至って落ち着いたように詳細を求めたんやけどもやね・・・心中は。

 さっ、今日の話でんな。
 先週ちょこっと触れたけどツバメシジミがアレチヌスビトハギ周辺で多いなぁ、ってな話。やっぱこの秋は多いわ。

 今日と廻りして14頭。6月頃シロツメグサがピーク時には当たり前の観察数でっけど秋にしては多い観察。大阪城公園のツバメシジミ、これまでは繁殖にアレチヌスビトハギを利用せんかったけど、それを利用出来るって知ったんやろうか?となれば、来年以降秋も多く観察出来るってことでんな。

 そうなったら難儀なんはヤマトシジミとの識別でんがな、実際。今日のヤマトシジミは52頭、ツバメシジミと足して66頭は識別したけど、飛び回って識別出来んかった蝶は数知れず。何とか一瞬で飛翔中のヤマトシジミとツバメシジミを識別出来るポイントはおまへんやろうかね〜。

 そんでもって、この秋は多くみられるやろうって書いたウラナミシジミ、先週に続いて広範囲で計14頭。沖縄復帰の森では交尾の番も。
P1030498.jpg
 おいっ、何邪魔してるねんヤマトシジミ!
 この交尾で産卵される子孫は今年羽化するんかな?時期的にはキツいけど、気温次第では11月中旬に観察出来るかも。

 太陽広場東の森では7頭が固まりイヌダテで吸蜜。
P1030507.jpg
 ここにはイヌダテ、イノコヅチ、カタバミが群生し、茶色に白一文字の小さな蛾、シロオビノメイガも多く観察。
P1030506.jpg
 他に目立ったのが小っちゃい小っちゃいホソミナミヒラタアブが一杯。あっちこっちで宙に浮いてましたわ。

 こんな小さな生き物たちが大きな地球を支えてくれてまんねんなぁ、ほんま。いつも思うけどこの小さな生き物たちの邪魔にならんように生きていかんといけまへんねんなぁ、ワシらはって。

 今日出会った蝶の殆どがシジミチョウ、東外堀花壇で出会ったヒメアカタテハのデカいこと!
P1030511.jpg
 花に埋もれて日向ぼっこでっか、人間で云うたら浴槽に花を浮かせた、ハーブバスってところでっか。めっちゃ気持ちええやろうなぁ〜。

 他には、梅林南端でゴマダラチョウ。梅林、豊国神社裏でアゲハ。5頭のアオスジアゲハ。4頭のキタキチョウ。チャバネセセリが3頭。

 現在17:40、気になる我らが阪神タイガースのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第一戦、5回で7−1と大量リードを許した時点でほぼ諦めブログを書き始めたわけたけど、8回終了で7−8と逆転。

 リーグ戦最終6連勝、逆転3位で勝ち取ったクライマックスシリーズの切符。大量リードで諦めてけど、まさかの逆転でんがな! やっぱ諦めたらあきまへんなぁ。

 ワシも諦めまへん!明日は、鷹見でラストチャンスに賭けて、アサギマダラもゲットするぞ〜!
 って、早くアップして試合見んと・・・・・!!!
posted by ひでキング! at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月28日

も〜ぅ、ヤダッ!

 朝から一日曇りの予報、鷹見は諦め歩き回るかと思うも、観察開始から暫くは晴れ。どうなってるんだかねぇ〜、最近の天気予報は。

 小鳥を探すにも空が気になり、空を見上げればトンボが飛んでるし、草むらでは蝶が気になり、何もかも中途半端な観察。とりあえず見聞きした話をザザッと・・・

●サンコウチョウ:沖縄復帰の森。昨日地上採餌の個体が居たと聞く、その後直ぐにその個体?地上に降りたり低い枝で蛾?を追ってアクロバティックな飛翔で楽しませてくれましたわ。
●マミジロ:早朝沖縄復帰の森で、♂の若いタイプ?♀??? ♂成鳥でないのは間違いないと聞く。
●クロツグミ:市民の森♂。
●キビタキ:一番櫓、梅林南端、市民の森などなど計15羽。♂7羽♀型8羽。
●オオルリ:市民の森、梅林南端、配水池東、豊国神社東で計6羽。♂2羽♂若鳥2羽♀2羽。
●エゾビタキ:緑のリズム、梅林南端、西の丸庭園に入り口。
●コサメビタキ:梅林全域で7羽と聞き他所で2羽の計9羽。
●ヤブサメ:緑のリズム、市民の森、さくら広場。
●メボソムシクイ:梅林。
★ムシクイ:市民の森。 
●ツバメ:市民の森大ツツジで3羽。高いところではなく夏に見かける程度の高度で周回しながら餌を探す? 夏鳥はこんなところでっか。

●ミサゴ:観察開始早々の7:15、西の丸庭園上を西へ飛翔の1羽。
●オオタカ:観察終了間際の12:05頃。六番櫓付近で数十羽のムクドリが数カ所から飛び出し計100羽ほどが馬場町方向へ飛翔。カラスが騒ぎドバトも右往左往。何か出たかと思うや否や、高校生植田君から南外堀を東へカラスに追われる成鳥1羽と連絡が入る。
●コガモ:その植田君が南外堀で8羽観察。
●ヤマガラ:今月何度か観察されてる本種、断続的でっけど沖縄復帰の森で確認されてまんな。

他の鳥たち。
一番櫓付近から14羽のヒヨドリが波を打ちながら沖縄復帰の森へ。そろそろヒヨドリも渡るか。
シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・カワウ・カルガモ・ゴイサギ・アオサギ・

 例年この時期に京橋口出て直ぐのところで見かけたヒヨドリジョウゴ、今年は見かけんなぁと思ったら教育塔南数カ所で群生。
P1030437.jpg
 諦めかけてたけど出会えて良かった。そういやぁ〜随分前、野草の師匠に教えてもらったのも教育塔南でしたわ。

 で、蝶でっけど・・・
 観察終盤一番櫓でさかなやさんと出会い雑談、その時漆黒の蝶の飛影が!
 見失うも暫くすれば頭上に姿を現す。何度も頭上を周回、撮影は無理、しっかり観て・・・クロアゲハ!

 はぁ〜今年は黒色系アゲハの観察が少ないんでって言うか、ほぼ無い状況。例年お彼岸辺りに多く観察できるんやけど今年はお彼岸過ぎてもうたがなぁ、ほんま。

 しかも一週間遅れで彼岸花がピークやし・・・
P1030461.jpg
 彼岸花って言うたら思い出しますわ黒色系アゲハ、モンキアゲハと初めて出会ったときのこと。

 豊国神社東でキビタキ待ちのカメラマンが数人、その先には数輪の彼岸花。そこに現れたのが漆黒の翅の中央に真っ白な班のあるモンキアゲハが真っ赤な彼岸花に訪花。

 走り出して近くで写真をと思うもキビタキ撮影の邪魔に。あれから10年ほどになりまっか。
 当時は蝶に興味を持った人も少なかったんで自粛したけど、今やったら理解してくれるかな、キビタキよりモンキアゲハの方が大阪城公園では稀少って事を。

 そんでもって早朝7:33、空に双眼鏡を向けつつ歩いてると南外堀上を南から豊国神社裏へ消える蝶の飛影。逆光で色や模様は分からんかったけど形や飛び方はアサギマダラと思ったけど、しっかり見られん状況。記録にはとても挙げられまへんわ。

 観察開始早々の西外堀沿いから、城南地区、空堀、東外堀沿い花壇と広範囲で観察出来たウラナミシジミ。
P1030439.jpg
 各所で葛が繁茂してるし、久々に多い出会いが期待出来そうな感じでんな。

 そんで、あまり除草されてないアレチヌスビトハギ。その周囲で小型のシジミチョウがパタパタ。飛び回って確認出来てないけどツバメシジミかな?

 以前アレチヌスビトハギに産卵行動してたし、今日も観察。このまま除草されんかったらえらい増えるんと違ゃいまっか。そうなったら大変ですわ。ヤマトシジミもこれから増えるし、とんでもなく識別に苦労しまんがな、実際。
P1030453.jpg
 これだけ大人しかったら苦労せんけど。

今日の蝶は。
アオスジアゲハ・アゲハ・キタキチョウ・クロアゲハ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・ツバメシジミ・チャバネセセリ・
 
でもって、出会ったトンボは。ウスバキトンボ・シオカラトンボ・オオシオカラトンボ。

 さ〜て、明日の予報は雨でっけど信用してええのん?いずれにしても野暮用で観察に行けるかどうか分かりまへんねんけど晴れたら悔しいなぁ、ほんま。

 今季はまだ鷹の渡り確認出来てないし、アサギマダラも自身大阪城公園で見てないし、あ〜だこ〜だって言うてる間にあと三日で10月でっせ、ほんま。

 こうなったら来週に期待して、鷹渡りもアサギマダラもワンチャンスに賭けまっか!って、来週また台風? も〜ぅ、ヤダッ!(嫌だ!)
 
posted by ひでキング! at 16:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

悩まされた連休

 あれよあれよという間に上空が真っ暗、観察を終え足早に帰宅。
 帰ってニュースを見てびっくり。台風17号の影響で九州では甚大な被害、延岡市では竜巻と思われる突風が発生したとのこと。

 午後からは温帯低気圧に変わったとのことでっけど、予断を許せん強風に豪雨。
 被害に遭われた地域の方の、いち早い復旧と共に今後大きな被害が出ることのないよう願うのみでんな。

 朝、携帯で天気を確認し晴マークが並ぶ。普通観察から鷹見に変更。到着時の東の空はこんな感じ。
IMG_4043.jpg
 上空には青空、低い位置には厚い雲が横たわり南から北へ強い風に流される。

 でもって先に言うときまっけど、鷹見の成果はなし。
 観察中も強い風が吹いたし、やっぱり台風の影響のあるうちは飛びまへんわな、鷹も。上昇しても強い風に流され「あれ〜、ワシ(鷹やけどここはワシ(自分のこと)でっせ)は一体どこに飛ばされるねん」ってな事で、とんでもない方向に行ってしもたら、元も子もおまへんもんな、ほんま。

 それと夜中には大阪城公園でも結構な風が吹いたみたいでんなぁ、市民の森では小枝がポキポキ折れてたって聞くし、空堀のススキもホレ!
IMG_4047.jpg
 全部なぎ倒されてますもん。秋にススキが楽しめるやろうか?

 そんじゃ、ほぼ常連さんに聞いた報告でっけど・・・
●キビタキ:豊国神社裏♂・東♂♀型、飛騨の森♀型、太陽広場東の森♀型、緑のリズム♀型、音楽堂西通路♀型、教育塔裏で♀型で計12羽。
●オオルリ:修道館と豊国神社の間で♂若鳥。
●コサメビタキ:豊国神社東、配水池東。
●エゾビタキ:豊国神社東、ミライザ裏、飛騨の森、もみじ園。
 それと、早朝市民の森でホトトギス観察者ありと聞く。
 夏鳥はこんなところですわ、台風に悩まされたこの連休、大きな変化はなかったてことでんな。

●チョウゲンボウ:配水池東で観察される。
●エナガ:沖縄復帰の森3羽、飛騨の森6羽。
 
 他の鳥たちは、シジュウカラ、カワラヒワ、コゲラ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、キジバト、ハシブトガラス、カワウ、カルガモ。
posted by ひでキング! at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月22日

コロコロ変わる

 しかし、コロコロ変わるなぁ〜天気、って言うか天気予報。半日に1回予報が変わってるんと違ゃいまっか、ほんま。しょっちゅう(頻繁に)確認せんと鳥見の予定が立ちまへんがなぁ、実際。鷹見がピークを迎える時期って言うのに・・・

 でもって人生で初めて見ましたわ。ラグビーのキック・オフからノー・サイドまで。ラグビーにはあんまり興味おまへんので見たことなかったけど、金曜日の開幕ロシア戦、晩酌のアテに観戦。

 いきなりロシアにトライされてどうなるかと思ったけど、その後は松島光太郎の3トライ含む4トライで30−10で完勝。あの肉弾戦は凄いな!トライの瞬間思わず「よっしゃ〜!」って叫びましたがな、ほんま。

 それととうとう決まってしまいましたな、セ・リーグの優勝が。な〜んか原さんが監督に就任した時点で嫌〜な予感してましてん。実績のある監督だけに。
 過去12年の監督成績でリーグ優勝7回、うち2回は日本一。12年間の任期中Bクラス(4位以下)は一度だけ。それにワールド・ベースボール・クラシックではイチローを率い世界一に導いたのは記憶に刻まれてまっしゃろ。

 この豊富な経験を持った原さんが監督となりゃ〜、やっぱ巨人かな?ってな嫌〜な予感してましてん。何がどう違いまんのやろうなぁ、他の監督と。やっぱ選手の信頼度が高いとか采配面とか、それに求心力があるんやろうなぁ、何かが違いまんのやろ。

 そんで大阪市西区の靱公園では、大坂なおみが東レ・パンパシフィックで初優勝に大手、行ってないけど盛り上がってまっしゃろうなぁ〜、地元大阪での開催やし。

 って、おいっ、いつまで体育会系の話してるねん!しかもラグビーや野球やテニスってコロコロ変わるし、早よっ、鳥情報書かんかえっ!ってでっか。 そりゃそうでんな。

 先週、帰宅後飛騨の森でやっぱ居てたようでんな、ヨタカ。翌日の元山さんのブログで知りましたわ。その後もここ一週間はホトトギス、マミチャジナイ、一昨日にはノビタキ、でもって昨日は修道館裏でムギマキの♀が観察されてまんねん。

 ハチクマが上空を通過し、ヒドリガモも飛来したようでんな。そんでもって、ヤマガラも降りてきたってな事ですやん。この一週間で一気に様子が変わってきましたなぁ、これからが忙しいぞ、秋の渡りは!顔ぶれがコロコロ変わりまっせ。

●キビタキ:豊国神社裏♂♀型、市民の森♂♀型、飛騨の森♀型、梅林南♀型と白斑タイプの計8羽。
●オオルリ:飛騨の森で♀。一時より減少。
●コサメビタキ:修道館裏、一番櫓、飛騨の森で計6羽。
●エゾビタキ:市民の森、飛騨の森、豊国神社東、修道館裏で計6羽。
 
 でもって昨日観察されたムギマキの♀、一番櫓前でキビタキ♀型2羽と並んで撮影される。モニターを見せ頂き、キビタキ♀型よりやや喉にオレンジが見えるも自身もってムギマキ!とは・・・

 飛騨の森では、北外堀沿いの茂みからヤブサメと思われる個体が飛び出すのが目撃される。
 豊国神社東から梅林南端へ杜鵑が飛翔と。

●オオタカ:豊国神社裏の天端で早朝観察される。
●チョウゲンボウ:内堀東を南から北へ飛翔。
●モズ:飛騨の森で。
●ゴイサギ:北外堀成鳥1羽。
●コサギ:水上バス乗り場で3羽が西へ飛翔、その後2羽が追いかけるように西へと聞く。

ほなっ、その他の鳥たち!
カルガモ・アオサギ・カワウ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・

 でもって蝶でっけど観察数、個体数共に今イチ。何か今年はおかしいなぁ〜???
 ってな事を思いながらトボトボ歩き、マダムTさんからは市民森で、酒の会副会長からは豊国神社裏でアサギマダラの目撃情報。

 こっちもそろそろ本格的に始まりそうでんな、渡りが。ぼちぼち白いタオルもって歩かんといけまへんな。

 現時点では明日の天気は昼までは晴マーク、曇りが2日続いたんでここぞとばかり渡るやろうか、鷹。って、今気合い入れてもコロコロ変わるもんなぁ、天気。

 明日は明日の風が吹くか、って台風は来んといてね。

ほなっ、今日の蝶たち!
アサギマダラ・アオスジアゲハ・ツバメシジミ・アゲハ・ヤマトシジミ・ウラナミシジミ・チャバネセセリ・

posted by ひでキング! at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記