2019年05月18日

あれから・・・

「あれから・・・」。どう今日のタイトル、なんか小説みたいで格好よろしいな。
 で、内容は???

 出会う鳥見人、皆口を揃えて「な〜んも居らん」と。とうとうやって来たか。
 あれから。あの日、センダイムシクイが飛来してからひと月半あまり、とうとうこの日がやって来た。春の渡りは終わってしまったのだろうか。

 市民の森でマミジロ♂が撮影され、西の丸庭園でミゾゴイが観察される。が、しかしムシクイの囀りもキビタキのぐぜりも耳にすることはない。嵐のように過ぎ去ったひと月半、春は終わってしまったのか。

 どう、こんな感じで。ええ感じ?
 いや〜、マジで静かでしたで、ほんま。この一週間はサンコウチョウにジュウイチで大賑わいでしたんやろ、ちょっとはおこぼれに預かれるかと思ったけど、アカンかったわ。
 まっ、5月も半ばを過ぎたからな、多くは期待出来まへんな。ただ、まだ何があるか分かりまへん、もう暫くは気ぃ抜いたらアキマヘンでぇ。

 エナガ、スズメに続いて森ノ宮駐車場付近と梅林ではシジュウカラの一番子が観察される。この後はメジロやコゲラ、ツバメのチビさんも姿を見せてくれまっしゃろ。新たな命との出会いを楽しみつつ、残り少ない夏鳥の飛来を待つとしまっか。

 人工川で目に付いたホナガカワヂシャを撮影し、
IMG_3388.jpg
 体を起こせばここでは久しぶりのコサギ。
 足に注視、越冬期中よく見かけた指折れ個体。久しぶりに顔を見せてくれたんはええけど、お前さんは繁殖はせんのか?

 でもって、もみじ園で撮ったコメツブツブクサに似た花、
IMG_3394.jpg
 確かこの花は???一応名前の確認をと「コメツブツブクサに似た花」でググってみると、なんと過去のワシのブログにヒットしましたがな!!!
 でもって、名前はクスダマツメクサ。なんでも書いとくと役に立つもんでんなぁ、ほんま。

 この撮影後、もみじ園付近で繁殖したスズメの群れに突っ込むチョウゲンボウ。失敗し一旦東に飛翔したがUターン。

 ひょっとして尾羽に黒班の黒っぽちゃんかなと撮影、帰って拡大。
IMG_3399.jpg
 どう見ても黒班がおまへんなぁ、一時空堀と内堀梅林側でよく見かけた個体とは別物ですわ。
 ところで黒っぽちゃんは何処へ?

 でもってマルガモ親子は。
 内堀で親1羽、雛5羽。南外堀親1羽、雛3羽。

 ってな事で、渡りの関する情報は今日はほぼなし、では今日の鳥たちといきまっか!
マミジロ・ミゾゴイ・チョウゲンボウ・アオバト・ツバメ・エナガ・カワラヒワ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・カルガモ・コサギ・アオサギ・
 

 さて、こうなると蝶に期待するしかおまへんが、これがまた少ない状況ですわ、ほんま。
 4月21日から長〜く咲いてる、においの森のカラタネオガタマ、
IMG_3391.jpg
 例年2週間程で終わってしまうけど、今年は何だかだらだらと長いこと咲いてますわ。この木の向かいにある虫に人気のイボタの木。ここでアオスジアゲハを見つけるも、この1頭を含め5頭のみ。

 人工川裏で見頃を迎えたサラサウツギを撮影し、
IMG_3377.jpg
 足下からモンシロチョウが舞う。ここでは撮れんかったんで、京橋口で満開のヒルザキツキミソウでマッタリお休みの写真をどうぞ。
IMG_3413.jpg
 自分で言うのもなんでっけど、柔らかくってええ感じで撮れてまんなぁ、まさに春って感じ!

 梅林でヒメアカタテハが観察され、モンキチョウを確認。
 人工川ではゴマダラチョウの飛翔を確認。ひょっとしてあの越冬してた幼虫やろうか?
 ヤマトシジミは3頭、キタキチョウは1頭と少ない状況。

 今年は盛り上がった春の渡り、でも蝶の方は今イチやなぁ。
 あれから・・・。昨秋のあの台風から何だか調子が狂ってるような???
posted by ひでキング! at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186015735

この記事へのトラックバック