2018年12月16日

常連さん、おおきに!

 最低気温2.5℃、この冬一番の冷え込みと違ゃいまっか。早い時間は霜がびっしり、足下にはいつの間にか水仙が咲いてますなぁ。
IMG_1165.jpg
 そろそろ冬本番でっか。

 昨日は愛想のうてスンマヘンでしたなぁ。師も走る忙しい年の瀬、ワシもたまには走ることもおますわ。さてさて、今日の様子といきまっか!

 あっ、そうそうその前に昨日いくつか珍しい事って書きましたやろ、ビックリするほどってな事はおまへんが、その話を。

 第二寝屋川(桃園裏)でキンクロハジロとホシハジロ計12羽の群れ、その横では一塊になったオオバン13羽。
 これまでも第二寝屋川でオオバンや数羽程度のカモの観察はおまっけど、オオバンが一塊で13羽、カモの群れってのは初めて、今後第二寝屋川でカモの群れが当たり前になる時が来るカモ?

 それと、おかしな行動の2羽のハシブトガラス。隣り合わせた2羽が地面に落ちたカラスの羽を足で押さえつける、でもって羽軸を残し羽をむしり取ってましてん。何をやってたんだか???
 ってな事ですねん。鳥の少ない時期は色んな行動が気になりまんなぁ、ほんま。

 ほなっ、今日の話でんな。
 北から飛翔のアオサギが教育塔裏の枯れ木に留まる。その後人工川へ移動。
 追うように人工川へ行くと先ほどのアオサギが2羽のハシボソガラスに挟まれ睨めっこ。カラスがチョッカイを入れるも、ひょいとかわすアオサギ。
IMG_1213.jpg
 暫く様子を見てるとだんだんエスカレートし、アオサギが怒る!
IMG_1217.jpg
 これを数度繰り返し、落ち着かんアオサギは人工池に移動。ゆっくり採餌。

 そこにはここで久々のコサギが既に陣取る。とはいえお互い気にすることなく仲良くお食事。
 コサギの足の特徴を確認し、昨日の本丸池の個体とは別個体。

 人工川でサギに遊んでもらい、カンムリカイツブリが待つ玉造口へ。その途中、南外堀沿いのアキニレに群がる19羽のカワラヒワ。さくらの枯れ木には5羽のエナガ。

 皆さんあんまり行かんと思うけど、城南地区面白いで、暇なとき一度行っておくんなれ。何か楽しいことがあるかも、保証は出来まへんが。

 でもって、今日で6日目のカンムリカイツブリ。羽繕いしたり潜っては浮き上がり、なかなか落ち着いた様子。
IMG_1270.jpg
 余程のことがない限り暫く居てくれそうな感じ。

 沖縄復帰の森で枝止まりのハイタカ。枝止まりは久々、カメラを向けては見取れる。
IMG_1302.jpg
 暫くそんなことをしながら楽しませてもらってると・・・げっ〜!!!まさか〜!!! このハイタカの上に弧を描く2羽のハイタカ!!! 

 おいっ、何がどうなってるねん。これってワシはいったい何したらええねん、頭の中で「ボーッと生きてんじゃねぇよ」の声が響く。

 とにかく写真や!?って言うてもどの個体をどう撮ったらええねん、3羽やぞ!
 そうや!3羽がフレームに収まった瞬間を撮ったらええんや!って、どの個体にピント合わせたえらええねん? アカン、そんなの待ってたら飛んでる2羽はどっか行ってしまう。

 とにかく飛翔の1羽ずつを撮影や!ってな事で、飛翔の1羽ずつを・・・パシャリ!
IMG_1318.jpg
 でもって、もう1羽パシャリ!
IMG_1321.jpg
 どう?出来映えはともかく、羽の抜け具合の違いがわかりまっしゃろ。1羽は低い高度のまま森ノ宮方向へ。もう1羽は暫く旋回上昇し難波宮跡方向へ。でもって、枝止まりの1羽はずっしりマッタリ。8:45〜8:58の出来事。

 後に常連さんHご夫妻と出会う、さくら広場(梅林南端)でハイタカを撮影とモニターを見せて頂く、8時頃から9時までの間に撮影とのこと。さくら広場から沖縄復帰の森へ移動したと思われる。

 その後、合流したカミさんが10:40にさくら広場蓮如上人碑文の前でハイタカと。どこの個体かは分かりまへん。

 いやぁ〜しかしビックリでんなぁ、ほんま。あっちこっちキョロキョロせんでも上向いてるだけで3羽のハイタカでっせ。視野の中で3羽の鷹が見れるやなんて、鷹の渡りの時以外おまへんで、実際。

●オオタカ:早朝、市民の森水飲み場で撮影される。その後9:45には元ヘリポート南で。
●モズ:元射撃場メタセコイヤ天辺で♂。
●シロハラ:市民の森、、緑のリズム。
●ツグミ:もみじ園、北外堀沿い。
●カワラヒワ:上記城南地区、においの森5羽、音楽堂西通路7羽。
●アトリ:京橋口で数羽の観察情報。
●エナガ:上記城南地区5羽。
●ウグイス:音楽堂西通路、豊国神社東各2羽で計4羽。
●アオジ:音楽堂西通路、豊国神社裏計5羽。
●シメ:豊国神社東口の枯れ木で1羽。
●ジョウビタキ:音楽堂西通路♂1羽。

 ほなっ、堀の様子といきまっか!昨日より少ない観察でしたな。
●オカヨシガモ:東外堀、北外堀、内堀で計22羽。
●カルガモ:内堀1羽。
●マガモ:西外堀♂♀、内堀♂2羽。
●コガモ:東外堀以外の堀で計30羽。
●ヒドリガモ:南外堀以外の堀と第二寝屋川で計57羽。
●ハシビロガモ:西外堀以外の堀で計51羽。今季最多?
●ホシハジロ:西外堀以外の堀と第二寝屋川で計234羽。
●キンクロハジロ:東外堀以外の堀で計100羽。これって昨日も100羽やったやろ、えらい偶然でんなぁ、ほんま。

●カンムリカイツブリ:南外堀6羽目。
●カイツブリ:南外堀、北外堀各1羽。今日は少ないでんな。
●オオバン:全ての堀+第二寝屋川で計68羽。

●ユリカモメ:東外堀2羽着水、北外堀上を8羽が飛翔。
●セグロカモメ:青屋門上を北に飛翔の1羽。

●ゴイサギ:北外堀塒1羽。
●コサギ:人口池。
●アオサギ:教育塔裏→人工川→人口池。

●カワセミ:北外堀1羽。
●ハクセキレイ:10羽の観察。
 ヨシガモ、キセキレイは今日は出会わず。

 なんだか少ない状況が続きまんなぁ、悲しいかな。常連のバーダーやカメラマンもさすがに少ないでんなぁ。そんな中、常連の鳥たち、ハイタカが一遍に3羽現れるし、アオサギとカラスの小競り合いも見れたし、何かと楽しませてくれますわ。

 そんでもって、ハイタカのモニターを見せて頂いた常連バーダーのHご夫妻の奥様が、「12月4日、季節外れの暑さになった日に撮ったこの蝶、ひょっとしてクロマダラソテツシジミでしょうか?」とモニターを遡る。なになに、あの蝶が大阪城公園に戻ってきた?とドキドキしながら待って見せて頂いた画像。間違いおまへん!クロマダラソテツシジミやおまへんか!!!

 昨夏から大阪で復活し今か今かと待ちながら夏の間歩き続けてましたんやけど、この時期か!12月にクロマダラソテツシジミか!不意打ちもええとこですわ。いやぁ〜ビックリ。

 2009年10月28日を最後に大阪城公園から姿を消した伝説の蝶(ワシの中では)、一目見たかったけど仕方おまへん。来期はガッツリ気合い入れて探すとしまっか!
 鳥もバーダーも常連さん、おおきに!

ほなっ、上記以外の鳥たちといきまっか! 
スズメ・キジバト・ムクドリ・メジロ・シジュウカラ・コゲラ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
posted by ひでキング! at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185210070

この記事へのトラックバック