2018年10月13日

たまには、ええかも?

 これぞ秋、これぞ渡り、これぞ鳥見。今日は最高の鳥見日和でんなぁ、ほんま。
 こんな気持ちのええ天気はなかなかおまへん。朝はちょいと寒いも日中は暑くもなく寒くもなく、サイコー!のはずやけどもやね・・・

 昨日仕事前に、あれ?これって、ひょっとして、ちょいとまずい?と思ったらあれよあれよという間に、へっぴり腰に。腰を伸ばして歩けん状況でんがな、マジで。

 先週、棚卸し明けの週明けスタートで何かとドタバタ、そのうえ土曜出勤で腰に疲れがたまってたんやろうなぁ、今週明けからあまりええ状態やなかったんで日々予防をしたてんやけど、とうとう来ましたわ。

 昨晩なじみの整骨院に駆け込んで痛みを伴いながら普通に歩けるようになり、何とかひと廻り。観察後、念のため今日も整骨院に。

 なんでかなぁ、一生懸命仕事頑張っても疲れは溜まるが金は貯まらん、っときたもんだっ、とくら、ほんま。 ほなっ、今日は! ってな事おまへんな。

 さて、今日は蝶からいきまっせ!
 朝はちょい寒やったし、ちゃんと出会えるか心配したけどそんなことはおまへんな。いつも通りちゃんと出会いましたわ。

 先週から気温や湿度がグッと下がりどうなるかと思ったヤマトシジミ、ひと廻りして43頭で現時点では台風や気温の変化による影響はなさそうでんな。

 今一番お気に入りのスポットは、東外堀沿い青屋門近くにある花壇。大抵チャバネセセリ、
P1010693.jpg
 イチモンジセセリにヤマトシジミ、時折ベニシジミやウラナミシジミ、でもってこのツマグロヒョウモン。
P1010700.jpg
 4〜5種はまとまって観察できますねん。僅か数メートルの花壇で。楽ちん観察でっせ。

 それと今季はもうアカンかぁ。と半ば諦めてたアサギマダラ確認しましたで〜!写真無いけど。
 10:40。お陽さんが頭の上に昇りはじめ、気温もグッと上がる、散歩を楽しむ人が増え始めた沖縄復帰の森。南から北へ向かうワシの視界に飛び込んできた、ひとひらの蝶。

 暗い森を抜けお陽さんを浴びた瞬間、浅黄色の斑な蝶が人をかき分けワシの方に向かってくるやおまへんか!
 双眼鏡で観察するもどんどん近づき肉眼でもわかる距離。ワシの横をすり抜け、更に南へ。飛翔高度は目線の高さ。こりゃ〜追っかけるやろ、普通わ!

 舗装通路から飛び出し森を駆け抜ける、木の根につまずく、その瞬間思い出してしまった。腰いたい〜!!! ここで追っかけるのを断念、カメラを構えるも時既に遅し。体勢を立て直したときには姿はおまへん。

 でも良かった、マジで。今日明日確認出来なんだらほぼ出会うチャンス無いもんなぁ、マジで良かったわ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アサギマダラ・ツマグロヒョウモン・モンシロチョウ・キタキチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・

 よっしゃ、こっから野鳥でっせ!
 気になるのは一昨日から確認されてる空堀のコヨシキリ。過去空堀に飛来した鳥の例からいって昼前後には見られなくなることが多い、なもんで、今日は順番変えて空堀からの観察。

 7:20頃、数人の常連さんが既にカメラを構える。状況を聞くとススキの中に鳥影は見えるも種の特定には至らん状況。よっしゃ、頑張ろか!

 数分後、ススキの中で鳥影。確かに良く動き手強そうなヤツ。誰も気づかぬ間に石垣を覆う葛の葉に潜り込み、また元の場所へ。と思いきや今度は手前の石垣の葛の中に。

 何度か見える場所に現れ双眼鏡で確認するのが精一杯。コヨシキリには間違いおまへん。ただ写真は・・・

 でもって、これまた気になるノゴマ。一昨日からコヨシキリと同所で観察とのことでっけど、ワシは確認してまへん。その後どうなったかは?

 実のところ、ワシまだノスリ見てまへんねん。いつも元ヘリポートを観察する時間は正午前後、その頃には・・・ってな具合ですねん。って事で今日はそのまま東へ進みノスリ観察。

 到着時、常連さんご夫婦が観察。木屑の山の上にずっしり腰を下ろすノスリ。
P1010675.jpg
 時折、飛び降りジャンピングし土をたたく。何か気になることでも。初認からひと月以上、妙に落ち着いてるのはええけど、なんだか普通でない感じ。大丈夫かなぁ、ちょいと心配。

 気になる場所の観察を終え大満足。さて、この後どこを歩くかと悩みつつ足が勝手に梅林へ。
 その梅林はヒタキ天国。ひとつの柵内にキビタキとコサメビタキがセットで、って感じ。

●キビタキ:梅林、市民の森、沖縄復帰の森、豊国神社東、さくら広場、飛騨の森、沖縄復帰の森、太陽広場東の森、などで計15羽。♂6羽♀6羽、ピリップリッの声3羽。
●コサメビタキ:豊国神社東、さくら広場、梅林、極楽橋元駐車場、もみじ園、沖縄復帰の森で計7羽。
P1010694.jpg

●エゾビタキ:空堀太鼓やぐら下。
●オオルリ:さくら広場♂若鳥。
●ヤブサメ:市民の森。
●クロツグミ:市民の森♂。
●メボソムシクイ:飛騨の森、太陽広場東の森、市民の森、大手門西。

●オオタカ:今日の塒立ちは5:40。大将、お疲れさん。
●モズ:本丸、城南地区で高鳴き。大阪城ホール前でも高鳴きの♀。

 雁木坂歩行中、東外堀から飛騨の森方向へ大型のカモ7羽が飛翔。識別は出来ず、悔しい〜。
 そういやぁ〜今季は場だか越冬ガモが定着せんなぁ。

 これまでにヒドリガモ、コガモが観察されるも単日の観察、継続的やおまへんもんなぁ。ってな事を思いながら観察最後の西外堀で、おっ、ヒドリガモ!
P1010713.jpg
 3羽で仲良く泳いでるのはええけど、これまた今日限り?明日も居てるかなぁ?

 ちなみに昨年の10月14日の記録では、キンクロハジロ4羽、ヒドリガモ37羽、ハシビロガモ5羽、やっぱ今年は遅いなぁ、実際。

 今日はコース順を変えての観察。そのお陰でちゃんとコヨシキリも確認出来たし、ノスリもじっくり観れたし、アサギマダラとも出会えたし、たまには順番入れ替えるのもええかもしれまへんな。
 ってな事で、報告番も入れ替えて書いたんけやけど、どう?

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
コヨシキリ・エゾビタキ・コサメビタキ・キビタキ・オオルリ・クロツグミ・メボソムシクイ・ヤブサメ・オオタカ・ノスリ・モズ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ゴイサギ・カワウ・ハクセキレイ・カルガモ・ヒドリガモ・

★追加情報
梅林:ノジコ、サメビタキ、ノビタキ、エゾセンニュウ。 
空堀:ノゴマ♀。
豊国神社東:トラツグミ。
市民の森:ヤマシギ。
南外堀:コガモ、ヨシガモ。
posted by ひでキング! at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184673305

この記事へのトラックバック