2018年09月30日

直前もやっぱり。

 こんちわ、ひでキング!でっせ〜。
 前回のブログから一週間、あっという間でしたなぁ。って、違ゃいまんねんな、これが。

 金曜日から何度天気予報をチェックしても土日はいち日中雨マークでしたやろ、なもんで昨日「このタイミングしかない!」って雨に濡れながらの観察やったけど、なんのこっちゃおまへんがな。

 今朝は観察中ポツリとも雨降りまへんし、これやったら、昨日のうちに用事片付けたら良かった。ブログの後、用事片付けて台風対策でんがなぁ、参りましたなぁ〜、実際。

 さて、昨日は雨とあって出会う鳥たちも少なかったけど、今日も少ないで。やっぱ嵐の前は静かでんな。

 雨に遭っちゃ〜いかんと、比較的早足で観察。人工川付近で「キキキキ」とけたたましい声が頭上から、見上げれば数羽のカラスに囲まれたチョウゲンボウ。
P1010589.jpg
 クルクル回り追いつ追われつ体制が入れ替わる。カラスの数は6羽、一気に飛び出せば逃げ切れるやろうけど、なんでかクルクル回る。

 その時もう1羽小さな影。わぉ〜、チョウゲンボウや!
P1010591.jpg
 近くに居てて救援に来たん?って、さほど争ってる様子はなかったけど。

 しばらく2羽のチョウゲンボウと6羽のカラスのバトルが続き、チョウゲンボウが1羽ずつ西へ飛翔。7:30〜7:34。
P1010592.jpg
 チョウゲンボウは以前から複数羽観察の話は聞いてたけど、実際観たら結構迫力おまんなぁ、小ぃそうても、やっぱり猛禽でんな。

 でもって、影しか見えんで模様ははっきりせんかったけど、この2羽のうち1羽は空堀の個体やろうか、それとも空堀とは別の個体が2羽やろうか、興味深いでんな。

 全体的には少ない観察数でっけど、種としてはそこそこと違ゃうやろうか。書き出してみまっせ!
●オオタカ:5:42塒立ち、その後梅林上をハトを追いかけミライザ裏へ。大将観察。
●ノスリ:今日も早朝観察される。
●ツツドリ:梅林で早朝観察される。
●キビタキ:梅林♂、緑のリズム♀型、豊国神社裏♂2羽♀型3羽。
P1010626.jpg
●コサメビタキ:緑のリズム、梅林。
●エゾビタキ:梅林。

●モズ:梅林。
●エナガ:シジュウカラ2羽と同行の1羽、梅林。
●ヒヨドリ:10羽の群れが追って門学園方向から青屋門方向へ。渡りのグループ?
 ってな事で、山野の鳥は梅林が面白そう。

 で、その梅林で話には聞いたことはおまっけど、はじみてみましたわ、薄い色のツユクサ。
P1010610.jpg
 普通のツユクサは青いでっしゃろ、
P1010606.jpg
 色の違い一目瞭然。調べたらウスイロツユクサって事らしいけど、なんや説明がややこしくってツユクサと別物かツユクサの個体差の範囲内かよう分かりまへんわ。

 でも、ちょいとした群れで咲いてましたで。初めて見たんで新鮮でなかなかよろしい。

●カワセミ:北外堀2羽。
●ゴイサギ:北外堀飛騨の森側石垣で1羽。
●カルガモ:西外堀、第二寝屋川。

 他の鳥たちは。
キジバト・ムクドリ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・カワウ・ハシブトガラス・カワラヒワ・

 雨に降られることのない観察って事で、蝶もぼちぼち確認出来ましたわ。
●ヤマトシジミ:各所計23頭。前回の台風以後めっちゃ少なかったけどまた回復。でもまた台風でんな。頑張れ!ヤマトシジミ。
●ベニシジミ:青屋門前花壇。
●ツバメシジミ:もみじ園でイヌタデに訪花。
●チャバネセセリ:青屋門前花壇で7頭と多く他所計9頭。
●イチモンジセセリ:東外堀藤棚1頭。
●アゲハ:梅林で飛翔の1頭。
●キタキチョウ:桜広場で飛翔の1頭。

 トンボは、ウスバキトンボを確認しただけ。

 さてさて、これからが大変ですわ。用事済ませて台風対策。っていうても、これと言って何をどうすることはおまへんのやけど、なんとなく、なにかしら、なんでもええから、なんかやっとかんと落ち着きまへんもんな。皆さんも、しっかり対策しておくんなはれや!

 ほなっ、今度こそ、来週でっせ!
posted by ひでキング! at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184557459

この記事へのトラックバック