2018年06月23日

どうやろうか?

 何とか持ちましたな、雨。時折小雨がぱらつくも大方傘を使わずひと回り、でもって出会った鳥見人はたったの二人。
 そりゃ〜そうですわな、この時期に雨の予報、大阪城公園で鳥見だ!って気合いの入ってるバーダーはほぼ居てまへんやろ。

 今日出会ったうちの一人が、おきらくさん。ワシのイメージでは、大阪城公園中の木を一本ずつ上から下までじっくり見るタイプ。でもって何か居ればとにかく撮影。

 今日は人工池で出会い、「大将にも出会わんかったし誰にこの写真見てもらおうかと思ってましてん」とスマホのモニターを見せていただく。
 一番櫓近くで撮ったという独り立ちをしたような幼鳥。大阪城公園内で繁殖してるスズメやシジュウカラ、エナガやコゲラではおまへん、上面が茶褐色、下面が白濁色、ほぼ模様なし。光の加減で目の上に白いラインや目の前に黒い筋状の模様?が見えたり見えなんだり。なんなんやろ???

 もう一人は、梅林で出会った昆虫も観察の対象とされているKさん。出会う度に、観察の報告や大阪城公園周辺の情報を話していただく。
 今日の大阪城公園は特に変わった様子なく、と言うより少ない状況とのこと。ままっ、この時期は仕方おまへんな。
 近くの観察場ではハチの観察をされており、昨年の出現状況と比較してはりましたわ。比較的身近な昆虫、そんな生き物観察は飽きることおまへんな。

 でもって、今日の内堀。
 気になるのがもちろん、足輪のカワウ。8時頃、おきらくさんと出会った時の話では、まだ確認出来なかったと。ワシが言った11時頃。ウォーターフェンスでまったり。
P1000414.jpg
 午前中の遅い時間帯にやってくるんやろうか。でもってどこからやってくるんやろうか?
 もし大阪城公園以外で見かけたらご一報をよろしくお願いします。

 それと、不思議な不思議な交雑ガモ親子、じっくり探したけど見つけられず。謎のまま終わってしまいましたな。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
ツバメ・シジュウカラ・スズメ・カワラヒワ・メジロ・コゲラ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・カルガモ・コサギ・アオサギ・オオタカ?・不明幼鳥・

 そんじゃ、蝶の話を。
 雨降り前って事で大方期待せんかったけど、思いの外ようさん居てましたで。
 先週減少傾向やったモンシロチョウ、人工川の13頭を始め各所で観察計38頭と息を吹き返す。
P1000286.jpg
 留まった個体見たら結構新鮮な個体が多い。第2化がまだ続いてる?

 先週まで多く観察できたモンキチョウ、梅林で2頭の観察にとどまる。
 その梅林ではベニシジミが2頭。
P1000380.jpg
 ハルジョオンに埋もれてなかなかええ感じ?
 そんでもって、同じく梅林でルリシジミ。
P1000374.jpg
 何となく大人しいって感じの蝶でっしゃろ、結構好きな蝶かも。

 アオスジアゲハは12頭、アゲハは2頭。こんなところでんな、今日の蝶は。

 トンボは先週まで多かったコシアキトンボが13匹、シオカラトンボが1匹。明日天気が回復すりゃ〜、もうちょっといろいろ姿を現しまっしゃろ。

 梅雨まっただ中、どんよりした空気が公園中を包み込む、暗い景色の中クチナシ、
P1000331.jpg
 タイザンボクの真っ白い花は
P1000335.jpg
 なんだか、気が明るぅなりますな。

 でもって、思ってんねけど。足輪のカワウ、いつも足輪のカワウとか、「636」のカワウって書くより名前つけたらどうかなぁって思ってますねん。
 青い足輪の「636」ってことで「青野 六三郎」ってのはどうやろ?ただ、第一発見者がワシではおまへんので勝手につけられまへんな。

 もしこの個体の第一発見者の方がこのブログを見てはったら命名案の件で、是非ご連絡おくんなはれ。よろしゅうに!
 
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183619110

この記事へのトラックバック