2018年02月17日

静と動

 これ皆さん、ワシのブログなんか見てる場合やおまへんで、ほんま。

 えらいこっちゃでんがなぁ、ゆづりん。オリンピック66年振りの連覇、そのうえ昌磨君とワンツーフィニッシュでんがな、これが!ちろん日本初の快挙!

 技術的なことやメンタル面なんか細かいことは分かりまへんが、昨年11月9日に足首の靱帯損傷、その後試合に出ることなくこのオリンピックでぶっつけ本番でっしゃろ。それでぶっちぎりの一番でっせ、ゆづりん。

 世界初の4回転フリップを成功させた昌磨君、ループは失敗したもののフリップは見事に着氷、初のオリンピックで銀メダル。って、どんな技かよう分からんけど、とにかく4回転しましたんや。

 他の競技でも続々とメダルを獲得、開幕から一週間、徐々に盛り上がって来ましたなぁ。

 でもって、注目してておくんなはれや、カーリング。メダルに手が届くかどうか分かりまへんが、なんか気になりまんねんなぁ、あの競技。

 氷や雪の上でスピード、技、距離を競うのが主な冬季オリンピックにあってあの静と動の競技、敢えて相手に点を取らせたりスト−ンの配置を考え速度を調整したり、なかなか見応えおまっせ、実際。周囲の人は分からんとか何が面白いんって言うけど、なんか最後まで見てしまいますわ。

 さてさて、今日の報告でんな。
 まずは久々にヒット!
 沖縄復帰の森観察中、大将から電話で「おきらくさんから連絡があり豊国神社東でヒレンジャクを観察、沖縄復帰の森に飛んだ」と。何羽かと聞くと1羽と。

 おいっ、沖縄復帰の森で1羽のヒレンジャクを探せって。キッツなー、実際。
 とにかくゆっくり探し歩き、過去観察した玉造口や通ってきた見通しのええ枯れ木など舐めるように探すも見当たらず。
 
 その後東外堀観察中、以前オオタカがよく観察された元ヘリポート南の避雷針近くの木にらしき飛影がふたつ、枯れ枝に留まる。

 大きさや形、特徴的な換羽らしきものが見えるも、風で他の鳥の羽が逆立ってるだけなのかも・・・など思いながら距離を詰める、って言うても堀を挟んでるんでかなり遠い。

 姿を確認する前に市民の森方向へ飛翔、その時あの「チリリ・チリリ」のか細い声。まず間違いおまへんやろ、2羽は。

 それを追い市民の森へ。そこでおきらくさんと出会い朝撮影出来たとモニターと見せて頂く。
 群れでの飛来ではなく2羽なんで居着いてくれるかは分かりまへんが、兎にも角にも久々の新顔ですわ。

 でもって、オオタカ?ハイタカ?がよう鳴くな。
 沖縄復帰の森で、「キョキョキョ」の声。その時市民の森からオオタカがカラスを引き連れやって来る。一旦林に入るも直ぐさま玉造方向から緑のリズム方向へ。
 その時、声の方向から飛び出すハイタカ、カラスに追われにおいの森を介し森ノ宮噴水方向へ。9:25。

 この出来事の前に大将と出会い、市民の森でよく鳴くオオタカ♀を撮影したとモニターを見せてもらう。上記飛来した個体でっしゃろ。

 その後市民の森で9:55、鳴きながらカラスの追われるオオタカ、それがこれ!
IMG_7154.jpg
 分かり難いけど大きさからさっきの♀でっしゃろ。
 
 この後も同じく市民の森で「キョキョキョ」と鳴き、カラスに追われるオオタカ。10:25。
 東外堀観察中、市民の森から沖縄復帰の森へカラスに追われるオオタカ、10:45。

 内堀梅林側を観察中、配水池東から降下し豊国神社方向へ飛翔のオオタカ。でもこの個体はこれまで見た個体とは明らかに大きさが違ったなぁ、大将の話では♂♀居るって事なんで、♂かな?

 ってな事で、今日はオオタカと5回も出会いましたがな。
 オオタカと出会うにはもみじ園を挟んで東と西辺りがええかも。でもって、その前にオオタカとハイタカの声の違いを予習しておきなはれや、聞き慣れんからややこしいでぇ。

●ハイタカ:上記沖縄復帰の森。塒立ちは3号が6:44。4号が6:26。
●モズ:朝イチ沖縄復帰の森で♂の観察情報、ワシはもみじ園でこの♂。
IMG_7152.jpg
 多分この個体でっしゃろ。

●シロハラ:各所で14羽。
●ツグミ:6羽。 アカハラとは出会わず。
●ジョウビタキ:南外堀沿いで♀、空堀、配水池など広範囲で♂7羽。
●ウグイス:内堀沿い植え込みで地鳴き。
 そういや〜、大将が15日に森ノ宮ローソン付近で稚拙な囀りを聞いたと。今季の初鳴きでんな。

●イカル:飛騨の森で9羽が観察され、市民の森で声。
●エナガ:西外堀沿い、飛騨の森、沖縄復帰の森、市民の森、豊国神社裏で計14羽。2羽か4羽で行動。
●キクイタダキ:変わらず配水池東で4羽。
●アトリ:市民の森で地上採餌の145羽。木の幹に隠れて数えんのもあったんでもっと居てまっしゃろ。
●カワラヒワ:緑のリズムで65羽が地上採餌。これまた木の幹に隠れてた個体も居るんで・・・
●アオジ:音楽堂西通路で6羽。

 ほんなら、青屋門で撮影した春(コハコベ)をご覧頂き
IMG_7164.jpg

 堀の様子といきまっか!
●オカヨシガモ:先週から徐々に減少し20羽、うち18羽は内堀。
●マガモ:人工池、内堀西側で各♂♀1羽。
●カルガモ:人工池で17羽。
●コガモ:南外堀のみで43羽。
●ヒドリガモ:46羽再び減少。
●ハシビロガモ:北外堀61羽。
●ホシハジロ:南外堀151羽、西外堀3羽、東外堀87羽、北外堀213羽、内堀8羽で計462羽。先週を上回り今季最多更新。
●キンクロハジロ:南外堀69羽、西外堀4羽、東外堀14羽、北外堀104羽、内堀1羽で計192羽。200に届かず。

●オオバン:内堀20羽、西外堀19羽と続き他の堀、第二寝屋川計62羽。
●カイツブリ:東外堀4羽。
 でもって、北外堀でカンムリカイツブリって聞いてたけど東外堀でも〜!
 IMG_7158.jpg
 ってカワウでんな。
 でもって、北外堀のカンムリカイツブリはこれ。
IMG_7167.jpg
 遠くから観察する時、見間違えないように注意しましょう!

●アオサギ:人工川1羽。
●ゴイサギ:今日は成鳥2羽と
IMG_7170.jpg
 ホシゴイ1羽。

●セグロカモメは北外堀で3羽飛翔との事。ユリカモメは確認出来ず。
●ハクセキレイ9羽。キセキレイ・セグロセキレイは確認出来ず。

 待ちに待った新顔、ヒレンジャクが飛来し、オオタカは飛び回る。林床ではアトリにカワラヒワが大賑わい。
 水鳥の大部分を占めるホシハジロ、キンクロハジロ殆ど浮き寝。野鳥の静と動、なかなか楽しいもんですわ。でもって氷上の静と動も楽しんでおくんなはれ!

★今日のハイタカ塒入り情報
3号は17:22。4号は警戒心が強く落ち着かないとのこと、飛騨の森へは17:38に戻ったと。

 で、見た?女子カーリング。OARを10:5で下し4勝1敗、10チーム総当たりで上位4チームが準決勝進出、予選半ばで暫定2位。ええ感じでんがなぁ、実際。 このまま突き進め〜!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
オオタカ・ハイタカ・ヒレンジャク・イカル・モズ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・キクイタダキ・エナガ・アトリ・カワラヒワ・アオジ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・コゲラ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・マガモ・カルガモ・オカヨシガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・セグロカモメ・ハクセキレイ・ゴイサギ・アオサギ・
posted by ひでキング! at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182442403

この記事へのトラックバック