2017年12月17日

冬型

 昨日、所用で観察は出来ず。夕方、森ノ宮に買い物があったんで帰りにハイタカの塒入りでもと飛騨の森へ向かう。途中、市民の森で大将をはじめ10名程がツミの塒確認の為集まっていた。ハイタカは中止してワシも参戦。

 結局、ツミは現れず。昨日は10:58に市民の森でオオタカと並んでいるのを観察撮影されている。それ以後見たものはいない。
 今日も観察されず。この半月程楽しませてくれたツミは何処へ。

 ハイタカは今日も飛騨の森で塒立ちが確認された。6:41と6:43。その後豊国神社東で1羽観察される。

 今日はオオタカの確認もなし。ウタツグミ去りしあと猛禽で賑わう大阪城公園、今日はハイタカが確認されたに留まる。

 今日の最低気温は2.4℃、冷たい風が吹き更に寒く感じる。人工川では水仙。
IMG_5184.jpg
 手先足先がしびれる程冷たい朝、本格的な冬がやってきましたな。

 音楽堂西通路でアキニレに群がるカワラヒワが17羽。
IMG_5246.jpg

 市民の森水飲み場ではアトリが20羽、周囲でも観察出来40〜50羽は居る感じ。

 観察開始間もなく、馬場町口で8羽のエナガ。沖縄復帰の森でも8羽。梅林でも10羽強の群れが観察される。
 でもって、帰り際大手門前のセンダンに集まるエナガ。場所的に馬場町口の群れ?

 これならワシでも撮れるなとカメラを構えると、足下のユキヤナギに飛び込む1羽。げっ、めっちゃ近いやん。レンズをマクロに切り替え・・・
IMG_5301.jpg
 近くで見たら、めっちゃ小っちゃい嘴でんな、どこにある分かりまへんわ。

●キクイタダキ:沖縄復帰の森でエナガと共に2羽。豊国神社裏でも2羽。
●ウグイス:今日は多く教育塔裏、音楽堂西通路、市民の森、北外堀沿い、大手門前、豊国神社裏で計9羽。
●ジョウビタキ:今季少ないと思われたが人工川♂、においの森♂、太陽広場東の森♀、豊国神社裏♂2羽♀1羽、飛騨の森♂で計7羽とほぼ例年通りの越冬数。
●モズ:人工川♀、もみじ園♂。
●シロハラ:各所で観察出来計12羽。
●ツグミ:シロハラ比3分の1で4羽のみ。
●アオジ:音楽堂西通路、豊国神社裏で計3羽。

 でもって、大きな群れは確認出来ずも各所で目立ち始めたメジロ。沖縄復帰の森では樹液に集まり、豊国神社裏の山茶花でメジロバウワー。
IMG_5292.jpg
 餌が乏しくなる季節、そろそろ甘いものでカロリー摂取か。差し詰め、甘党メジロでんな。

 あっ、そうそう、天王寺に行ったら甘党まえだのみたらし団子がお勧めでっせ。甘党でないワシでもあそこのみたらし団子やったら胸焼けせずに食べられますねん。

 最近定番の人工川のカワセミ。今日も元気に川へ飛び込む。
 何やら嘴に咥え戻ったかと思えば紅葉の枯葉。狙った魚が紅葉の下に隠れたんか、見間違えたんか?何だか虚しそう・・・
IMG_5215.jpg
 カワセミは東外堀、北外堀でも確認出来計3羽。

 さて、ほなっ今季少ないカモたちといきまっか。
●ヨシガモ:内堀♂2羽、西外堀♀、東外堀♂。
●オカヨシガモ:内堀で多く19羽、南外堀、東外堀でも観察計31羽。
●マガモ:西外堀♂2羽♀1羽。
●カルガモ:西外堀2羽。
●ハシビロガモ:各外堀で計46羽。
●コガモ:南外堀33羽、西外堀1羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で計85羽。
●ホシハジロ:北外堀で192羽と多く全ての堀で計255羽。300まで行く勢いでんな。
●キンクロハジロ:各外堀で計108羽。

●オオバン:今季増減の波が激しい本種、今日は増の日?
西外堀30羽、南外堀5羽、東外堀11羽、北外堀7羽、内堀西側4羽、東側34羽、第二寝屋川18羽で計109羽。
●ユリカモメ:増えそで増えん51羽。
●カイツブリ:東外堀4羽。
●カワウ:北外堀、西外堀。京橋口上を頭部が婚姻色の1羽が北へ飛翔。

●ハクセキレイ:各所で計8羽。
●キセキレイ:南外堀2羽、北外堀1羽。
●セグロセキレイ:南外堀1羽。

 今週は最高気温が10℃そこそこで冬型の気圧配置。アトリやカワラヒワが群れを成し、ホシハジロは群れで浮き寝。気候に合わせ鳥たちも真冬の様相。
 でもって、年末に向けワシの懐も冬型の気圧配置。って、年中冬型でっけど。

★追加情報
 只今大将よりメールで、市民の森でオオタカにハイタカ、でもって3時半頃にツミも姿を現したとのこと。
 いやぁ〜、暫くは3種のハイタカ属に楽しませてもらえそうでんな!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
ハイタカ・モズ・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・ウグイス・アオジ・エナガ・メジロ・カワラヒワ・アトリ・キクイタダキ・シジュウカラ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・アオサギ・オカヨシガモ・ヨシガモ・マガモ・カルガモ・コガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・ユリカモメ・カワセミ・ハクセキレイ・キセキレイ・セグロセキレイ・
 
posted by ひでキング! at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ひできんぐさん、こんばんわ。

大阪城公園、今年は猛禽類がよく
観察されるのですね。
自分は秋頃、一度だけオオタカに会う
ことができました。

猛禽類がこんな都市公園で
観察できるとは驚きです。

自分もこの日曜日、数週間ぶりに
大阪城公園に行きました。
残念ながらツミには会えませんでした。

森ノ宮方面ではインフラ整備で
木が伐採されてましたが、緑を減らして
ほしくないと思いました。
鳥に興味がなければ何とも思わなかった
でしょう…

バードウォッチングを始めてみて、
立場が変われば物の見方や考えも変わる、
今年はこんな一年でした。

ムシクイはひできんぐさんが確認された
12月始めには旅立ったのでしょうね。

もしかしたら、キマユが越冬しているかも!?しれないので引き続き観察したい
です。

もしかして、ひょっとして、今日、予期せぬ出会いが待っているかもと思うと胸が踊りますね。

飛騨の森にて、前に来たときは高い枝の上で
しか見れなかったツグミが、6羽ほどの集団で地面で採餌していたり、ツグミと違う鳴き声がして、近くを探したらシメがいました。

数週間で景色も鳥も様変わりしていて
…いや、1日でも違うんでしょうね。

飛騨の森であまり人を恐れず、長い間
カメラ目線をくれたシロハラがいました。

この愛嬌のある鳥も、ロシア沿岸や中国北東部から遥々ここまで飛来してきたかと思うと
非常に感慨深いものがあります。

自分はみたらし団子の独特の甘さが
苦手なんですが、まえだに行った際には
注文してみようと思います。





Posted by ばーよし at 2017年12月19日 22:09
>ばーよし 様

お返事遅れてすんまへん。ゆっくりパソコンに向き合う時間がおまへんでしてん。

今年はほんま、3種の鷹が楽しませてくれてますわ。
大阪城公園の環境が彼らに適しているのか、周りの環境が悪いのかは分かりまへんが 、とにかく越冬してくれることを願う次第で。

ムシクイ、今頃は越冬地で春の渡りに備え人知れず英気を養ってることでっしゃろ。来春また出会えるのを楽しみとしますわ。

ひょっとして、もしかして・・・
何があるか分からん大阪城公園、小まめに足を運びはったら、ほんまにとんでもない出会いがあるかも。
最近は特にツミの観察頻度が高まってるんで、出会える事を祈念してまっせ。

でもって、伐採。
何を目的で木を伐るのか、そこが知りたい。
おっしゃるように、視点が変われば今まで気にしなかったことが妙に気になり、腹立たしくさえ思えまっしゃろ。

大阪城公園ではそんな事が繰り返し行われてますねん。それにめげず、鳥たちは懸命に生きる、そこにまた魅力を感じますねんなぁ、これが。

観察を続けていれば一日として同じ日はおまへん、紅葉が日増しに色濃くなるように。

これから長〜い鳥見人生、じっくりゆっくり楽しんでおくんなはれ!

でもって、甘党まえだ、お持ち帰り出来まっせ。
Posted by ひでキング! at 2017年12月21日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181866079

この記事へのトラックバック