2017年12月02日

ワシもお勧め!

 さぁ〜いらっしゃい、いらっしゃい!おすすめのブログでっせ〜!
 って、元山さんがお勧めしてくれはったけど、いつもと変わらん顔ぶれでっせ。

 まぁ〜、しかしえらい人でしたなぁ、ほんま。40〜50分粘って1回見ただけ、ウタツグミ。
 シロハラ、ヒヨドリ、アオバト、時折アカハラが姿を見せ気を取られてるうちにサッと現れ木の実を食べてすっと暗い木の中へ。30分に一回程度そんな事が繰り返されてる様子。

 さて、ほなっ、他の鳥たちの話を。
 まずはウタツグミの陰に隠れ、ほんまに隠れたまんま姿が見えんようになったというニシオジロビタキ、飛騨の森で何人か散策してたけど居る様子はおまへんでしたな。

 でもって、ワシが気になるもうひとつの鳥、ムシクイ。
 何気に、ムシクイやって皆さん話してまっけど、メボソムシクイにせよオオムシクイにせよ夏鳥でっせ、気にならんわけにはいきまへんでぇ、実際。

 って事で、継続的に観察されてる豊国神社裏を入念にチェック。水飲み場付近でキクイタダキ1羽、メジロ2羽と共にまずは1羽。西へ歩き天端でもう1羽、それがこれ。
IMG_4998.jpg
 やっぱ2羽は居てまんなぁ。

 ややこしいのが、この個体と絡むようにウグイスも樹上へ。ささ鳴きせんかったら勘違いしそうでしたわ、実際。
 そのウグイス、市民の森、東外堀沿い、豊国神社裏など計10羽を観察。本種としてはめっちゃ多い。

●ジョウビタキ:今季は少なく北外堀ローソン裏で♂♀。修道館西ではこの個体。
IMG_5048.jpg
 一瞬、何かな?って思いましたで、実際。
 最初見えたのが後ろ姿の背中から上。♀と思いきや、振り返ると顔が黒いやおまへんか!わっ、何や、なんやなんや・・・。

 行動も、地面を跳び回り枯葉を除けて餌を探してるって感じ。逃げても精々腰の高さの枝。これを繰り返す。普通のジョウビタキみたいに、見晴らしのええところに留まるってな事なかったもん。

 暫く追って何枚か写真を撮り、
IMG_5057.jpg
 帰って調べて見るも、やっぱ♂若鳥?良く見る♂若鳥の頭部はもっと白いでっしゃろ、個体差でこれだけ頭部が茶色い?

●ツグミ:大手門前、城南地区で複数羽、計9羽。
●シロハラ:市民の森、音楽堂西通路で計4羽。
●アカハラ:市民の森1羽。
●アオバト:市民の森1羽。
●モズ:人工川♀、音楽堂西通路♂。
●アオジ:音楽堂西通路♂♀、人工川1羽。
●アトリ:市民の森2羽、修道館裏41羽。
●カワラヒワ:においの森タイワンフウに8羽。
●キクイタダキ:上記1羽。

●ハイタカ:ウタツグミ観察中、上空を東へ通過。
 ところで、飛騨の森の2羽は変わらず塒入りしてるんやろうか。

 北外堀観察中、上空でクルリクルリと・・・
IMG_4955.jpg
 トビが輪を描く。

 ほなっ、水辺の様子といきまっか! 
 最近人工川でちょいちょい見られるカワセミ、今日も人工川で確認。なんとなく近付いても逃げへんで、ってな感じやったんで・・・
IMG_4912.jpg
 今イチやね〜。顔にお陽さんが当たったらもうちょっとええ感じやったのに。

●ヨシガモ:内堀蓮如上人前♂1羽のみ。
●オカヨシガモ:全ての堀で計28羽。何か少ない。
●マガモ:西外堀♂1羽。
●カルガモ;人工池9羽、西外堀2羽、北外堀2羽。
●ハシビロガモ:各堀で観察計34羽。
●コガモ:南外堀のみで40羽。本種としては多いし、今季最多。
●ヒドリガモ:各堀で観察計88羽。
●ホシハジロ:北外堀の137羽をはじめ西外堀以外の堀で計168羽。
●キンクロハジロ:各堀で計58羽。

●オオバン:西外堀41羽、南外堀10羽、東外堀11羽、北外堀7羽、内堀西側2羽、東側38羽、第二寝屋川桃園裏2羽で計121羽。今季最多。
●ユリカモメ:東外堀、北外堀、第二寝屋川でそれぞれ着水計43羽。

●セグロセキレイ:南外堀1羽。
●キセキレイ:北外堀1羽。
 もちろんハクセキレイも観察し、今日も3セキレイ揃い踏み。

 でもって、暫くはレギュラーを交代する様子おまへんな。
IMG_4968.jpg
 ゴイサギ。いつもの塒で1羽。
 とまぁ〜、こんな感じ。

 しかし、今日はほんまええ天気でしたなぁ。陽気に誘われ?梅林ではロウバイが咲き始めましたで。
IMG_4982.jpg

 明日も晴れの予報。全国各地から鳥見人が集結?
 ウタツグミの撮影後、サラッとひと周りしてみるのも楽しいかも。
 数時間歩けば30種以上の野鳥と出会えまっせ。お勧めしますわ!
posted by ひでキング! at 18:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ひでキングさん、初めまして。
いつもブログ拝見しております。

自分もムシクイが気になってました。
夏鳥のムシクイがなぜ今も大阪城に
いるのかと。

自分は今春からバードウォッチングを
始めたもので、秋、冬の大阪城公園も
初めて迎えます。
去年も同じだったのでしょうか。

何よりも鳥たちが無事に過ごして
ほしいものです。

Posted by ばーよし at 2017年12月03日 11:01
>ばーよし 様

コメントおおきに!です。

ムシクイ(メボソムシクイまたはオオムシクイ)は、過去の記録では12月に観察したことはおまへん。いつまで居てくれるか気になるところですねん。

冬期中大阪城公園で過去に記録があるのはキマユムシクイだけでっけど、旅鳥なんで基本的には春と秋。でも昨年(2015秋〜2016春)は越冬してるんでひょっとして・・・があるカモですわ。

冬は観察種が多い時期、大阪城公園の冬鳥をじっくり堪能しておくんなはれ。

ほなっ、今後もよろしゅうに、お願いします。


Posted by ひでキング! at 2017年12月03日 16:09
ひでキングさん、詳しいお話
ありがとうございます。

大阪城公園に来た時は気をつけて
見てみます。そろそろ旅立つかも
しれませんね。

キマユムシクイは旅鳥なんですね。
いつか観察したいです。

ムシクイ、キビタキ、ヤブサメなどなど
あんな小さい鳥達が海を渡っていくなんて
今まで全く知らなかったです、凄いですね。

鳥からも季節の移り変わりを教えて
もらえてます。





Posted by at 2017年12月03日 21:01
ほんまに驚きですわ、何百何千qも旅をしまんねんで、あの小さな体で。
その懸命さ、健気さに魅了されますんやろうなぁ、ワシらは。

これから色んな出会いがあると思いまっけど、小さな体から大きな勇気をもらい、たくさん夢を見させてもらいまひょ。
Posted by ひでキング! at 2017年12月03日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181737391

この記事へのトラックバック