2017年11月25日

おやすみ

 ちょいと冷え込んだ朝やったけど快晴快晴、気持よろしいな、ほんま。
 さて、野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシから幾つか追加を。

 豊国神社裏で大将と出会い22日までは確認出来たムシクイ、その後は見られないと。今季最後の夏鳥、11月22日が終認か。別れたすぐその後、キクイタダキ待ちのカメラマンの前に姿を現したのがムシクイ。おっ、まだ居てるじゃん!

 でもって、良く見るとなんか違和感!?帰って写真を見れば。
IMG_4883.jpg
 目の前後に黒いライン??? 
 他の写真を見れば、やっぱ普通にメボソムシクイかオオムシクイ。
IMG_4869.jpg
 光線の具合で色んな感じに見えるもんでんなぁ、実際。

 西外堀京橋口側でマガモ♂2羽♀2羽。
 北外堀では青屋門側でカワセミ♂。
 飛騨の森でルリビタキ♀型1羽。

 市民の森で前回モニターを見せてもらったアカハラになんとなく雰囲気が似てるアカハラ。
IMG_4825.jpg
 ってなところが追加ですわ。

 で、蝶は。
 前回同様青屋門前ボケの植栽場で2頭のヤマトシジミ。
IMG_4830.jpg
 結構奇麗な個体やったけど、まだ羽化してるん?

 さて、今日は何書きまひょ。
 おっ、そうそう、元山さんと出会ったとき、ちょいと話題になった東外堀。互いにカモの少なさにトライアスロン開催にあたり藻を除去したのが大きく影響してるのではと見解は一致。

 以前書いたと思いまっけど、夏に東外堀のトンボの観察数が激減って話覚えてる?
 藻の除去が原因で藻にくっ付いて、ヤゴをはじめ水棲生物も一緒に除去したんと違ゃうか、ってな内容。その後も東外堀に足を運んでまんねんけど、一向に姿を確認することはおまへんでしてん。
 それより気になるのが元射撃場側に設置された灰色のシートに覆われた物体。

 その物体からはカポッとか、ポックンとか音がしまんねん。シートには環流ビオトロン方式TBー100型の印字。なんのこっちゃと調べてみると。

 何やら有害物質を分解し水質を改善、微生物や水棲生物などを回復することによって食物連鎖の浄化作用を促進するってな装置らしいですわ。要するに水を奇麗にする装置でんな。

 あれだけ大きな堀の水、どれくらい時間掛けたら奇麗になる?
 以前も南外堀で円盤形の浄化装置や、内堀でも小屋型の浄化装置が試験的に設置された事もおましたわ。その結果や効果はどこで確認したらええんやろ?

 いずれにしても餌を求めてやって来るカモが少ないって事は単純に餌なる水草が少ないって事。水草が少ないって事はそれを利用する水棲生物が居らんようになってしまうんと違ゃいますん。

 水質を改善して水性植物が増えりゃ〜ええけど、単に水が奇麗になるだけやったら、あんまり意味ないんと違ゃうんかなぁ〜。って思うんやけど、どう思う?

 えっ、なんでっか。「何かわけの分からん話を長いことするから、ゴイサギがうたた寝しるがな」ってでっか?
IMG_4856.jpg
 しかも2羽とも。
IMG_4858.jpg

 やっぱ、そうか。書いてるワシもあんまり意味が分からんで、眠とうなってきましたわ。
 ほな皆さん、おやすみ・・・ですわ。

 
posted by ひでキング! at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181676737

この記事へのトラックバック