2017年10月28日

秋の長・・・

 またこれかぁ、雨。今月に入って土日の晴れはおまへんでしたなぁ、実際。

 今月の天気を調べてみると28日中、一日中晴れマークやったんはたったの七日、四分の一でっせ。。何をするにも一番ええ季節やって言うのに週末は雨で飛んでしまいましたがな、ほんま。

 明日は今日より降水確率が高く雨量も多いようなんで、強攻策に。

 ここ数日は大阪城公園越冬組のシメやイカル、アオジも飛来。加えてノビタキにムギマキ、ヤマシギなんかで偉い賑わいでんがなぁ、実際。雨の中、出会えるやろうか???

 観察開始早々、西外堀のカモをカウントを始めようとしたとき、西の丸庭園方向からハヤブサが現れる。ゆっくり飛翔し城南地区を横切り難波宮旧跡方向へ。

 今日手帳に書いた最初の鳥「ハヤブサ、西の丸から南へ飛翔」幸先ええやん。
 これに続けと西の丸庭園の樹冠を舐めるようにオオタカを探すも、そんなええ事ばかりおまへんな。

 オオタカは東外堀沿い市民の森近くでスズメやドバトを狙うのを観察される。
 でもって、今日の猛禽はこれだけやおまへんで。

 飛騨の森で大将と出会う。昨夕4:12、飛騨の森にやってきたハイタカ、一時飛去するも5:17に戻り昨季3号が塒にしていた枝に留まったと。

 今日の早朝、同じ枝にハイタカ。6:10に塒立ち。
 西の丸庭園に背を向けていた留まっていたが飛翔後方向転換し西の丸庭園へ。この行動は昨季の3号と同じとの事。3号が帰って来たか?
★大将からメールで今日も17:03に塒に入ったと。

 大将と別れ飛騨の森をあとにする。
 天守閣裏へ向かう途中、極楽橋上をミサゴが飛翔。大将に電話やと右手で双眼鏡を持ちミサゴを追う、左手に携帯電話。おっ、真上に来た、写真や〜〜〜。
 っとその時気付く。おいっ、カメラはどの手で持つんや!?!?!?
 あっちゃ〜、梅林方向へ消えて行く〜〜〜〜。はぁ〜あ。

 その後、天守閣裏で「ヒィーヒィーヒィー」の声にジョウビタキを探していると、茂みから現れたヤマシギ、数歩歩いて・・・止まれ〜!という願いも虚しく東へ飛翔。

 今日は5種を書くのにこれだけの文章でっせ。さぁ〜、覚悟しぃや長いぞ〜。

●キマユムシクイ:昨日、飛騨の森で大将が粘りに粘って撮った映像を確認しキマユムシクイと。昨日今季初認、今日も昨日と同じユキヤナギの上の木で。
●キクイタダキ:同じく飛騨の森同所で4羽。配水池東でも4羽が観察される。今季初。
●ムギマキ:飛騨の森♂若鳥。
●エゾビタキ:飛騨の森、修道館裏。
●サメビタキ:飛騨の森。
●キビタキ:豊国神社裏、城南地区、音楽堂西通路など計10羽。♂成鳥は愛の森で。
●オオムシクイ:飛騨の森で地鳴き確認。他に市民の森、音楽堂西通路でもオオムシクイかメボソムシクイ。

●ジョウビタキ:豊国神社裏、西外堀、南外堀、梅林など視認出来たのが9羽、♂4羽♀5羽。他「ヒィーヒィーヒィー」が5羽で計14羽。
●アトリ:音楽堂西通路アキニレに20羽強、市民の森5羽、緑のリズム18羽。
●イカル:音楽堂西通路で心地よい鳴き声の後視認。単調なテンポやリズムしか聞けん地鳴き時期に、あのメロディーは胸に染みまんなぁ。
●アオバト:市民の森で3羽。
●ツグミ:修道館西で1羽。
●シロハラ:配水池東で3羽。
●エナガ:音楽堂西通路9羽、豊国神社裏4羽。

 さて、咲き始めたツワブキでひと息入れて
IMG_4226.jpg
 先へ進みまっか。

●オカヨシガモ:西外堀♂1羽、東外堀4羽。
●ヨシガモ:西外堀京橋口側で♀かエクリプス個体1羽。
●コガモ:南外堀9羽。
●ヒドリガモ:西外堀139羽、南外堀3羽、北外堀11羽、内堀2羽。西外堀や北外堀では繁茂する藻の上で採餌、藻の姿が確認出来ん東外堀ではやっぱり居てまへんわ。
●ハシビロガモ:西外堀9羽、北外堀2羽。
●ホシハジロ:北外堀3羽。
●キンクロハジロ:西外堀2羽、南外堀1羽、北外堀19羽。
●マガモ:西外堀♂3羽。
●カルガモ:人工川でまったり大人しい2羽。
IMG_4229.jpg
 南外堀4羽。
●オオバン:西外堀17羽、南外堀1羽、東外堀11羽、北外堀7羽、内堀1羽で計37羽。
●コサギ:久々に人工川で。個体識別のため足に注目するも歩き回り餌をパクパク。雨降りやし今日は断念。
●アオサギ:教育塔裏の小橋で1羽。ここじゃ〜珍しなぁ〜。
●チュウサギ:もみじ園観察中、南から現れ一旦市民の森をクルリと回り北へ飛翔。
●ゴイサギ:先週と同じく北外堀塒で
IMG_4281.jpg
 毎度毎度、失礼します。

●カワセミ:北外堀2羽。先週もビックリしたけど、飛騨の森側でなく北通路側の石垣に留まってるんでひょっとしたら至近距離で見れるかも。
●ユリカモメ:飛騨の森上空を2羽が飛翔とモニターを見せて頂く。今季初認。

 一週間程、大阪城公園より東の寝屋川上をセグロカモメが飛んでるのを見たんで期待して第二寝屋川を覗いたけど・・・

 気を取り直して、桃園で数輪咲いてたアカバナユウゲショウ撮影し。
IMG_4278.jpg
 ちょいとした疑問。夏とは何だか葉の様子が違うような・・・。植物も越冬態ってのがあって越冬するとき日光を受けやすくするため葉を大きくしたり、角度を変えたりするんやって。皆色んな事考えて生きてまんねんなぁ、実際。ワシなんか、な〜んにも考えんとボ〜ッと過ごしてるだけですわ。

 残念ながら昨日初認されたマヒワ、アオジの姿は確認出来ず。教育塔裏と空堀でアオジらしき地鳴きが聞こえたけど・・・

 あっ、そうそう。観察終盤豊国神社裏で「今何が出てるんですか、東京から来たんですけど」と、どう見ても中学生くらいの少年から声を掛けられる。

 ひとりで来たんか?との問いに、「おばあちゃんと大阪まで来て別行動」と。
 東京ではまだ冬鳥が確認出来んと言ってたんで、飛騨の森のキマユムシクイ、キクイタダキの話をすればスマホの地図見ながらどう行けば?と。

 まだ居てるか大将。電話をすればまだ飛騨の森でキクイタダキの観察中だと。事情を説明し、少年にスマホで道順を示す。

 数十分後、大将に電話。無事少年と出会えキクイタダキを撮影しているとのこと。
 ええ写真撮れたんやろうか? 大阪城公園でええ思いで作って帰ってや!
 でもって、大将おおきに!

ほなっ、上記以外の鳥たちといきまっか!
スズメ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・シジュウカラ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ハクセキレイ・カワウ・ 

 でもって、蝶でんな。
 先週唯一確認出来た青屋門前ボケ植栽場に期待を掛けるも・・・
 居てたのはセスジスズメの幼虫だけ。
IMG_4274.jpg
 実にカラフルでんなぁ、実際。ついつい撮ってしまいましたがな。

 天守閣裏のヤマシギで悔しい思いをしてトボトボ歩き始めると、足下からひらっと地味な大きい蝶、おっ〜、クロコノマチョウや〜!

 今度こそどっかに留まれ〜!と言う願いが届き天守閣裏柵内の斜面に留まる。よっしゃ〜、と思うも・・・アカ〜ン、やっぱ留まったらアカ〜ン。枯葉に混じってどこに留まったか全然分からん〜。

 暫く探すも結局見つけること出来まへんでしたわ。近くで写真撮れると思ったのに〜。

 折角ようさん(たくさん)野鳥が来てくれてるっていうのに、雨続きではね〜。
 秋の長雨、観察に行けんときはワシの長〜いブログでテキトーに時間潰しておくんなはれ。

 
 
posted by ひでキング! at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181416537

この記事へのトラックバック