2017年09月23日

こんなん初めて!

 スンマヘンなぁ。今日はちょいと急ぐんで野鳥はいつも通り「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはエゾビタキが飛騨の森、天守閣裏、豊国神社裏で追加情報って事と杜鵑の詳しい状況だけ。

 東外堀藤棚でカワラヒワをカウント中、市民の森から梅林へ杜鵑の飛影。東外堀沿いの木に留まる。急ぎ青屋門を潜り梅林へ。現場に到着すれば「ジロちゃん」の名付け親のカメラマンが既に捜索中、トケンの飛影をみたと。

 二人で探し東外堀沿いを何度も枝移りする鳥影を発見。その後南西へ飛翔。その時点では大きさや下面の模様から多分ツツドリ?

 その後いつもの観察コースを歩きツツドリが撮影されたと聞く桜広場へ到着。
「ジロちゃん」名付け親さんの話によると、二人して梅林で散策していた時間には既にヘリポートでツツドリとホトトギスがさかなやさんが撮影していたと。

 その後、ヘリポートでは2羽のツツドリが観察される。結果。ツツドリ2羽、ホトトギス1羽がヘリポートに集合、って事ですやん!

 ワシが現場に着いた12時前にはツツドリ1羽ともう1羽の杜鵑が追っかけ合い。ビックリクリク・クリン・クリンでんがな、実際。

 複数羽の杜鵑が狭いヘリポートに3羽でっせ、こんなん初めてですわ、実際。


 お次はトンボでっけど、曇天とあって少ない?それとも時期的にそろそろって感じ?

 人工川でシオカラトンボ♂3匹。
 南外堀でギンヤンマ。
 ウスバキトンボでさえ9匹。
 大手門前でアオモンイトトンボ♂。これだけですわ。

 そんじゃ、市民の森で咲き始めたタマスダレを見て頂き
IMG_3802.jpg
 蝶といきまっか。

 個体数は全体的に少なめ、ヤマトシジミでさえ22頭の観察。

 城南地区では殆ど出会いなく、一番櫓下でまったり羽繕いや伸びをするホシゴイを撮影しようと柵に近付けば、忙しなく飛ぶウラギンシジミ。
 留まりそうな雰囲気やったんで暫く待つ。急に姿を消したと思いきや、柵の裏側でホレ!
IMG_3751.jpg
 逆立ち歩きしながらテクテク。見たところ柵下に付いた水にストローを伸ばしてたんで吸水したんやろうな。しかし、葉の裏にも水があるやろうに、なんで?
 ひょっとして鉄分が欲しかったとか。しかし絵にならんでぇ、実際。

 でもって、まったりホシゴイはこんな感じ。
IMG_3754.jpg

 この時期にピタッと合わせて咲く彼岸花。白と赤が奇麗に並んだ
IMG_3778.jpg

 もみじ園では葛の葉で日光浴のイチモンジセセリ、その横ではツマグロヒョウモン♀。
IMG_3790.jpg
 写真は悪いけど、ツマグロヒョウモンは見映がええなぁ、ほんま。特に♀の翅の先端の模様には見入ってしまいますわ。

 飛騨の森伏見櫓跡で風にゆらゆらエノコログサの先にウラナミシジミ。
IMG_3803.jpg
 公園南側での観察が多い本種、今日は北側で観察。

 配水池東で馴染みのカメラマンと出会い雑談。その時ひらひらと枯葉が舞うように降りてきたのが・・・!・・・!・・・! アサギマダラや〜〜〜〜〜!!!
IMG_3814.jpg
 葉にぶら下がるように留まりじーっとしたまま。ちょいと飛んではまた留まりじーっと。10分、いや15分位はこんな感じやったやろうか。

 殆ど動かんアサギマダラ、しかも翅の欠損もなく奇麗な個体、そのうえ開翅状態でっせ。蝶の記録を初めて10年と2ヶ月。こんなん初めてですわ、実際。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アサギマダラ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・アゲハ・アオスジアゲハ・キタキチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181082407

この記事へのトラックバック