2017年09月09日

見習わなアキマヘンな

 まずは、3日のブログに書いた蓮如上人前から空堀へ飛び込んだ謎の鳥の話。
 今日さかなやさんと出会い、先週の謎の鳥を撮影しておられ、写真を拡大したところオオヨシキリと判明。

 でもって、今日は西空堀のススキ辺りでオオヨシキリが観察されたとのこと。同一個体かは???

 飛騨の森ではエゾビタキ。愛の森ではオオタカも観察されてますわ。
 あとは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧いただければ、今日の野鳥はほぼほぼ分かりまっしゃろ。

 ほなっ蝶の話を。
 盛夏中は観察種の少ない蝶、先週までは夏の尾を引いて少ない観察やったけど、今日は個体数は少なくも観察種が徐々に増加。過去の観察から9月中旬から約ひと月間は野鳥同様蝶の観察種も多い時期でんねん。

 個体数の多い蝶はヤマトシジミ、ひと周りして57頭。
 イチモンジセセリ5頭、チャバネセセリ5頭と今イチ伸び悩み。

 人工川では久々のモンシロチョウ。
 豊国神社裏ではキタキチョウとシロチョウ科もぼちぼち姿を見せる。

 アオスジアゲハは9頭とやはり例年より少ない観察数。
 アゲハは4頭と時期相応ってとこでっか。

 でもって、よくぞ留まってくれたもんですわ。これ!
IMG_3569.jpg
 ナガサキアゲハ夏型♀。
 大阪城公園内では殆どが漆黒の翅の♂、♀が観察されるのは稀、そのうえ静止の写真を撮れるってなことは滅多におまへん。有り難いことですわ、ほんま。

 漆黒のナガサキアゲハは飛騨の森、においの森、水上バス乗り場でも観察情報。
 いやいや計4頭の観察ってアゲハと一緒じゃん。

 市民の森では瑠璃色のムラサキシジミ。
IMG_3563.jpg
 梅林でも飛翔を観察。

 東外堀藤棚近くで、足下にスーッと現れ着地、テクテク歩くゼンマイ仕掛けのゴマダラチョウ。
IMG_3578.jpg

 梅林青屋門側ではツマグロヒョウモン♀が目の前を横切り、南端の雑木林ではクロコノマチョウを大将が観察。

 と、こんな感じで今日の蝶は12種を観察。秋の蝶は結構面白い!


 お次はトンボの話でんな。
 先週、もう出会えんかもって書いたマイコアカネ。なんのなんの先週よりグッと増え7匹、うち♀2匹。そりゃ〜そうでんな、マイコアカネは赤とんぼの仲間(アカネ属)初秋に多いのは不思議やおまへんな。

 ウスバキトンボはまた増加し各所計49匹。
 チョウトンボは空堀を舞い、人工川ではクロスジギンヤンマがシオカラトンボを追っかける。

 東外堀沿いではセスジイトトンボ♀。
IMG_3555.jpg
 これが意外と今季初。初夏に内堀や東外堀内でイトトンボを多く見掛けまっけど近付けんので確認出来って事もおまっさかい。

 セスジイトトンボの撮影が終わったら撮るから大人しくしておいてね、っと足下で待っててくれたオオウンモンクチバ。
IMG_3558.jpg
 モンシロチョウが開翅した位の比較的大型の蛾。目立つ場所やのにじーっとしててくれて、おおきに!

 徐々に盛り上がりを見せる野鳥でっけど、観察種としてはともかく個体数は少ないなぁ、実際。鳥の渡りは谷の日かな。

 ふむっ、鳥の・・・谷? とり・たに? 鳥谷・・・バンザ〜イ、バンザ〜イ!
 鳥谷選手2000本安打おめでとう!

 阪神の生え抜きでは2人目の偉業、でもって2004年の今日、9月9日から休むことなく試合に出続ける体力と精神力。今年5月24日には顔面に死球を受け鼻骨を骨折したにも拘わらず、翌日には代打で出場しサードゴロにも全力疾走。

 ちょっとは見習わなあきまへんなぁ、ほんま。
 さ〜て、今後も毎週登城、2000回ブログを目標に歩くとしまっか!

ほなっ、今日のトンボたち!
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・セスジイトトンボ・クロスジギンヤンマ・タイワンウチワヤンマ・コシアキトンボ・チョウトンボ・マイコアカネ・ウスバキトンボ・

 
posted by ひでキング! at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180938924

この記事へのトラックバック