2017年09月03日

時期尚早?

 昨日同様最高の天気、しかし日中は暑いなぁ、実際。

 さて、今日は後悔せんように早めに待ち構えてましたんやけどな、鷹の渡り。
 毎年お彼岸前後に半日張り込んでましたんやけど、どうもタイミングが悪く「遅かったか〜」と悔やんでましてん。なもんで今年は早めに対策を練ってましたんやけど、やっぱまだ早かったか。

 でもなんでっせ、全国鷹渡りネットワークでは昨日、京都や高槻で10羽前後が渡り信州では47羽、岐阜でも23羽が観察されてまんねんで。今日出会ったバーダーさん話では少ないものの伊吹山でも昨日確認出来たとの事。

 8時半、鷹見場に到着。上空には薄い雲、その下に流れる厚い雲は北東から西南へ。分かり易く言えばホテル・ニューオオタニ側からNHK方向へ。最高の風でっしゃろ。例え1羽でもこの風に乗って滑空せんかなって思ってたんやけど・・・早かったかな。

 ってな事で、今日は一部しか歩かず。野鳥情報は出会った方の情報なんで悪しからず。

●オオルリ:配水池東で♂成鳥、♂若鳥、♀の3タイプ。
●キビタキ:飛騨の森、一番櫓で、共に♀型。♂は3日前から市民の森で確認され昨日も居たと聞く。出会ったバーダーさんは今日も帰りに確認するっと言っておられたが・・・
●エゾムシクイ:配水池東1羽、豊国神社東と裏で各1羽。
●コサメビタキ:豊国神社東、愛の森。
●ヤブサメ:桜広場。
●サンコウチョウ:昨日は市民の森で確認されたってようでっけど、今日は市民の森では確認出来ず。早朝、豊国神社東から西へ移動の個体が観察されたとのこと。
●ツバメ:東外堀で。

 蓮如上人前で数人が見た鳥。オオヨシキリかコヨシキリか、はたまたムシクイかセンニュウか?ってな鳥が空堀の草むらに入り込んだと。共通点は眉班があるって事だけでんな。なんやったんやろ???

 昨日は桜広場でエゾビタキが撮影され徐々に観察種も増えてきましたな。
 
 今月ピークの鷹の渡り、いつ大阪城上空を通過するか、楽しみですわ。

 
posted by ひでキング! at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180869249

この記事へのトラックバック