2017年07月22日

心のどこかで

「わかった、わかったって。もう起きるがなぁ、そないうるそう言わんでも。」
 目覚まし時計がなる前にセミに起こされまんなぁ、ほんま。

 重たい瞼を擦りつつ、目覚める前にみた夢を思い出す。
 雨上がりの湿った石と土の間にネッチョリ光るナメクジのような物体。じっくり見れば、体長10p程、頭は丸く、体に黒班。カラフルでウミウシのような色合い。げっ、何だこの物体は!!!

 今年は空梅雨やった大阪、雨上がりの観察は少なくオオミスジコウガイビルとの出会いがなかったんで、心のどっかで出会いたいって思ってるんやろうか。

 セミの大合唱にかき消され、ろくすっぽ鳥の声聞こえまへんわ。
 今日出会った野鳥は・・・
 ツバメ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・ヒヨドリ・カワウ・ゴイサギ。南外堀でカワセミの声が聞こえたような・・・

 ★追加情報・・・人工川でオオタカ成鳥

 さて、蝶の話といきまっか。
 先週、吸汁を多く確認出来たゴマダラチョウ、今日も教育塔裏で9頭が吸汁。人工川、梅林では飛翔を確認。夏の花サルスベリを撮影した
IMG_2495.jpg
 太陽広場東の森では産卵行動のゴマダラチョウ。産卵後サルスベリの葉でひと休み。
IMG_2502.jpg
 幹は猿が滑るけど、葉の上は滑りまへんねんな。

 で、やっぱ気になるのが卵、確認しようと産卵場所をチェック。周辺の葉を探していると・・・なにっ、そんなことないやろ〜。エノキに巻き付いたヘクソカズラの葉に卵らしきもの。
IMG_2504.jpg
 まさか、そんなことないやろ〜。帰宅後調べてみるとやっぱゴマダラチョウの卵でない。何の卵かなぁ〜???

 卵を探してる途中、エノキの葉の裏に、おっ、幼虫や!
IMG_2517.jpg
 ってこれ分かる。写真の中央に若干色の濃い物体がいてるの。これまた帰宅後調べてみるも、やっぱゴマダラチョウの幼虫でない。

 心のどっかで、そうあって欲しいなぁ、っと思ったんやけど。

 桃園ではベニシジミがアレチギシギシに産卵。
IMG_2539.jpg
 草むらの中やし、あの葉の裏に産まれた卵はさすがに探せまへんわ。

 例年この時期は断続的で数頭しか出会わんツバメシジミ、今季は継続的に観察。今日も11頭とこの時期としては多い個体数。
IMG_2492.jpg
 なかなかのイケメンでっしゃろ。新鮮やし産まれて間もないか。

 飛騨の森ランタナではアゲハがあっちの花、こっちの花に飛び移りゆっくりブランチ。
IMG_2544.jpg
 徐々に近付いてきてワシのハナに、ってな事はおまへんで。

 人工池では素早い飛翔のウラギンシジミ。

ほなっ、今日の蝶たちといきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ゴマダラチョウ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・ウラギンシジミ・

 で、トンボの観察種に大きな変化なし。ただ減少を続けてたコシアキトンボ、60匹とまた増加。何だか増減の波がなかなか掴めまへんわ、実際。

今日出会ったトンボたち
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・ウチワヤンマ・タイワンウチワヤンマ・ギンヤンマ・コシアキトンボ・チョウトンボ・ウスバキトンボ・

 さぁ〜、いよいよ夏休みに入りましたなぁ、って社会人には関係おまへんが。
 今から盆までは猛暑が続きまっけど暑さに負けんと頑張っておくんなはれや。

 頑張ると言えば、阪神の新助っ人ロジャースやったっけ、昨日は2ホーマーで5打点、何か期待持てそうな雰囲気でんなぁ。頑張ってや!

 毎夏、高校野球に甲子園を明け渡し、遠征中は大きく負け越し良くて五分の阪神、今年はやってくれまっせ! って、心のどっかで思ってまんねんけど・・・

posted by ひでキング! at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180416880

この記事へのトラックバック