2017年06月18日

ア・ツ・い・日

 今日は書きまへんで、野球の話は。昨日あれから満塁ホームラン打たれましたやんか。終盤に大差付けられたら具の音もでまへんな。

 その替わりっちゃ〜なんでっけど、トラ模様の蛾、ヒメアトスカシバ(多分)の写真でも見て頂き。
IMG_1839.jpg
 今日の話といきまっか。

 薄雲がかかり昨日より陽射しは弱いもののちょいと蒸しっぽくなったか。地味〜に応えまんな。

 野鳥に大きな変化なく、
 シジュウカラ・メジロ・コゲラ・エナガ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・カルガモ・ゴイサギ・アオサギ・
 
 今日は先にトンボの話をしまっか。
 って言うても確認出来たんはシオカラトンボとコシアキトンボだけ。

 コシアキトンボは昨日より少なく55匹。朝から曇ってたんで皆休憩して見掛けんかっただけやろうか。
IMG_1867.jpg
 こんな感じで。

 さて、蝶の話といきまっせ。
 アオスジアゲハは昨日より少なく9頭。
 同じくアゲハもグッと減って1頭のみ。繁殖相手を求めて大阪城公園を離れたか、見掛けなんだだけか。

 市民の森で休憩中、頭上をナガサキアゲハが通過。樹冠部を飛んでたんで追跡出来ず。

 青屋門前ではツマグロヒョウモン♂。
 ベニシジミは過去最多の15頭。梅林で12頭とめっちゃ多い。
IMG_1843.jpg

 ツバメシジミも21頭で今季最多。これもまた梅林で多く15頭。
 ヤマトシジミは昨日より多いものの全体で10頭。

 モンシロチョウは昨日より多く65頭。朝から地味〜に暑かったんで早くから活動?人工川で既に15頭、他所では桃園、大手門西で多く観察。

 でもって、ここからですわ。大変なんが。
 今日イチの観察場所は梅林。そこではベニシジミやツバメシジミだけでなく久々のキタキチョウ。
IMG_1902.jpg

 モンキチョウも多く梅林だけで9頭を観察。
 桃園では普通型、
IMG_1888.jpg
 白色型が大人しく吸蜜してたんで、ここぞとばかり・・・。
IMG_1886.jpg

 梅林観察中、またモンキチョウか。あれこっちにも、ってな具合で歩いてると、ちょいと小さめの個体が目前を舞う。まっ、そんなヤツも居てるやろ、と双眼鏡を覗く。 むむっ、久々に川平慈英が登場!

 特徴の前翅先端の模様(黒地に透けた丸班)が見えない。むむっ、ひょっとしてツマグロキチョウか?!

 他のモンキチョウより飛翔が遅く狭い範囲で草むらを縫うように飛ぶ。通路を回り込み見失わんように同じ場所をグルグル追っかける。こりゃ〜留まる様子ないな、こうなったら適当にシャッター切るか!

 何度も何度もシャッターを切るが全く捉えられず。なんとか姿を捉えたピンボケの1枚、やっぱり前翅先端の模様はツマグロキチョウや〜。
 
 他に写ってないか確認すれば、直前の1枚にも姿が。ふむ、ふむふむ・・・こっちの写真ではモンキチョウの特徴やし・・・。結局20分程暑い梅林でモンキチョウを追っかけ回したって事に。

 いやいや、参りましたなぁ、実際。でも過去最多の19頭を確認出来たし、同日に普通型、白色型の写真も撮れたし。梅林を去る前には求愛飛翔も撮れたし。
IMG_1929.jpg
 それはそれで良しとしまっか!

 蒸し暑くなった今日、暑い梅林で熱くなり、熱いプロポーズも確認。
 ほんま、暑い一日でしたわ。

ほなっ、今日の蝶たちといきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180082263

この記事へのトラックバック