2017年02月25日

一歩ずつ

 朝は真冬の冷え込み、昼は春を思わせる陽気。これを端的に表現し「朝冷え昼ぽか」。使いやすくって流行りそうでんなぁ、これで今年の流行語大賞頂ですわ!

 さて、まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 ニシオジロビタキの場所で出会った知人カメラマンから。においの森トイレ西でトラツグミを撮影、直ぐさま沖縄復帰の森方向へ飛翔との事。
 最近は行動範囲が広がってる様子、移動の準備か単に餌探しか。
 ってなところでんな。

 さて、カモは減少の一途を辿り、山野の野鳥も徐々に北へ旅立つ昨今、野鳥の詳細は元山さんのブログで手に取るようにわかるし・・・ほなっ、今日のところは・・・ってな訳にはいきまへんな。

 一歩ずつ確実に春の足音。
 今朝元山さんと出会ってから、今日のブログは何書こ、蝶と出会えば蝶の話を伸ばして書きゃ〜ええけど出会わんかったらどうしよっかなぁ〜、と悩みつつ城南駐車場で初咲のカラスノエンドウを発見。
IMG_9195.jpg

 よし、初咲確認シリーズでも書こっかと、花に集中。
 目を地表に向け歩き始めると結構咲いてますわ。

 沖縄復帰の森では、先週極楽橋トイレ裏で開花を確認したスミレとは何かが違うスミレ。
IMG_9207.jpg
 数年前から群生してるんで確認したら5〜6輪開花。すぐ下にあるもみじ園では昨季、初夏から秋までほぼ毎週ツマグロヒョウモンを観察。落ち葉を捲って周辺を隈無く探せば越冬幼虫が居るかも。

 陽当たりのええ京橋口ではシロバナタンポポ。
IMG_9237.jpg
 その横では陽気に誘われ2匹のナナホシテントウ。
IMG_9227.jpg
 やっぱり昆虫が活動出来る気温まで上がってるんや、成虫越冬の蝶もどっかで日向ぼっこしてるかも知れまへんなぁ。

 各所で芽吹きはじめたタネツケバナ、飛騨の森で開花を発見。
IMG_9240.jpg
 青屋門前では、オオイヌノフグリ、コハコベに続いてヒメオドリコソウも。
IMG_9222.jpg
 数日前には雨も降ったし何かと元気に咲き始めましたわ。

 でもって待ち望んでいた梅林の「華農玉蝶」
IMG_9247.jpg
 幾つか咲いてたけど2つ程花の中に花咲いてましたわ。右上の花そんな咲き方してまっしゃろ。これが見たかったんですわ、実際。そのうえ蝶の名が付いてるってのがよろしいがな、ね〜。

 さて、おでんでもっと思ったけど、先週梅林のローソンはえらいレジ待ちやったんで今日はパス。

 おっ、そうそう梅林で思い出した。
 朝、大阪城公園野鳥酒の会々長I氏と出会い梅見酒は何時?との話。会長さんには逆らいまへん、お任せしまっせ〜!
 
posted by ひでキング! at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178900759

この記事へのトラックバック