2017年01月22日

中途半端やな〜

 朝刊の天気予報では一日曇マーク、降水確率午前30%午後40%。めっちゃ微妙。昼までやったら大丈夫やろと傘を持たずにレッツ・ゴー!

 観察開始から約30分、人工川でポツリポツリ。うっそ〜、もう降ってきたん、なんでかなぁ、ほんま。 数分間木の陰で雨を凌ぎ雨足が弱まったところで先へ進む。

 城南駐車場を歩行中、市民の森方向からスーッと現れたチョウゲンボウ、本町通り沿いのKKRホテル側壁でスロ−ダウン、留まるところがないんでそのまま南へ飛翔。8:37。
 本種は14日にも本丸から城南地区へ飛翔のが観察されてるんで同じ個体かな?

 その後再び雨足が強まり城南駐車場のローソンで雨宿り。20分後東の空が明るくなり雨が止んだんで観察再開。と思いきや西の空は真っ黒け。
IMG_8703.jpg
 進むべきか、10メートル進んで立ち止まり、帰るべきか、今歩いた距離をもどり、進むべきかとまた進む、やっぱ帰るべきかとまた戻る。ひとりで南外堀沿いを行ったり来たり。チャイニーズ系の観光客は「あのオッサン何やってるんやろ?」

 結局帰ることに決め教育塔まで戻るも西の空が明るくなる。やっぱササッと廻るか。

 南外堀の観察を終えコガモがたったの10羽。今季の観察傾向から南外堀以外では殆ど見られん本種、自身昨日の観察では南外堀のみで21羽、めっちゃ減ってるやん。

 東外堀、北外堀ではホシハジロは増加中、各堀ではキンクロハジロも徐々に増加。一方、コガモやオカヨシガモは徐々に減少傾向。厳冬期で餌場を換えたんか、それともそろそろ移動が始まってるんやろうか。毎年1月はこれで悩みまんねん。

 ってな事を考えながら、においの森へ。
 5名ほどのカメラマンがニシオジロビタキとトラツグミ待ち。着いた途端、ニシオジロビタキがいつも通り元気な姿を見せてくれたんはええけど、
IMG_8731.jpg
 トラツグミはついさっきまで地面に降りてたと。あっちゃ〜今季はトラツグミに縁がおまへんわ。

 最近は熱血!タイガース党を観てないからかなぁ、あと10日で各球団キャンプ・イン。タイガースのキャンプ情報番組は毎日チェックせんとあかんな。嫁さんチャンネル譲ってくれるかなぁ?

 においの森を後にしたところでまたまた雨足が強まり結局帰ることに。
 今日の観察は南側一帯だけ。出会った鳥は。

●ジョウビタキ:大手門西♀、音楽堂西通路♂。
●チョウゲンボウ:城南地区飛翔。
●ツグミ:大手門西、城南地区で計6羽。
●シロハラ:大手門西1羽、城南地区9羽。
●モズ:においの森♂。
●アオジ:南外堀沿い1羽。
●カワラヒワ:南外堀沿いアキニレで5羽。
●メジロ:沖縄復帰の森5羽。
●ハクセキレイ:西外堀1羽、城南地区5羽、沖縄復帰の森1羽。
●イカル:元射撃場観察中、市民の森から心地よい「お菊二十四〜」
●ソウシチョウ:音楽堂事務所東で2羽の観察情報。

●オカヨシガモ:南外堀♂2羽♀1羽。
●ヨシガモ:南外堀♂1羽♀2羽。
●マガモ:西外堀♂2羽。
●カルガモ:人工川9羽、南外堀1羽。
●コガモ:前述通り南外堀10羽。
●ハシビロガモ:西外堀4羽、南外堀3羽。
●ヒドリガモ:西外堀2羽、南外堀3羽。
●ホシハジロ:南外堀10羽。
●キンクロハジロ:西外堀27羽、南外堀23羽。
 越冬ガモはなんとか全種観察出来ましたな。

●ウミアイサは東外堀もみじ園側から近距離で撮影出来たとカメラマン。
●オオバンの総数はわかりまへんが、西外堀と南外堀で計23羽。
●カイツブリ:南外堀1羽。
 とまぁ、南側一帯ではこんな感じですわ。

 その他、シジュウカラ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 降ったり止んだり、雨に振り回されて中途半端な観察。ブログもなんか中途半端やし・・・
posted by ひでキング! at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178505493

この記事へのトラックバック