2016年12月18日

居らんかった

 朝は4℃と冷え込むも昼間は14℃でポッカポカ、気温差が10℃。

 いつも思うんやけど、気温差10℃って時期によって様々でんなぁ。
 この時期は朝の防寒だけしっかりすれば有り難い気候やけど、夏の気温差10℃は何をしても暑いし、キツいもんなぁ、実際。
 例えば最低気温25℃最高気温35℃とか28℃〜38℃なんてのは耐え難いもん。ところで皆さんは冬が好き、夏が好き?

 教育塔裏の枇杷の木。この植物は冬が好きなようでんな。っていうか夏が嫌いって言う方がええんかな。
IMG_7821.jpg
 大雑把、冬に花を咲かせる植物は暑いのが苦手なんで種で夏を過ごし、夏に花を咲かせる植物は寒さに弱いんで種で冬を過ごすんだって。植物の専門家の話なんで人に言うても大丈夫でっせ。

 さ〜て気になるあの鳥は・・・
 昨日昼食後再確認に行った時は聖なる水で脳が支配されてたんで自身もって居らんかった、ってよう言わんかったけど今日は自身もって言いまっせ。居らんかった。

 東外堀を南から北へ歩きカモをカウント、何度も何度も見返したけど居らんかった。頭の中で繰り返される♪トモエのそろば〜ん♪のフレーズが虚しかったなぁ。(若い子は知りまへんやろうな、業界トップのそろばんメーカーのCM)
 たった半日の滞在、今度来てくれるんはいつやろトモエガモ。

 その他の顔ぶれには大きな変化はおまへんが、最近お目に掛かれなんだシメ、市民の森で2羽。ワシが行った時は1羽が長〜い水浴び、3分は間違いなくパシャパシャしてたな。「カラスの行水、シメの水浴び」長短時間差を表現することわざになりそうでんな。

●モズ:城南地区♂、もみじ園♀、市民の森♀。
●ニシオジロビタキ:においの森で元気に飛び回る。
●ウグイス:沖縄復帰の森でニシオジロビタキに負けじと広範囲を飛び回る。
●ジョウビタキ:城南地区♂♀、玉造口♀、元射撃場♂、市民の森♂、配水池東♂2羽♀1羽、梅林♂、豊国神社裏♂で計10羽。越冬数としては多い数でんな。
●ツグミ:広範囲疎らで計11羽。その他らしき少群の飛翔を各所で見掛けるも本種かシロハラか???
●シロハラ:市民の森で9羽が地上採餌、その他各所計30羽。
●エナガ:音楽堂西通路で8羽の群れ。じーっと見てたらどんどん近付いて来てついには手の届きそうな距離。頭の上に乗るんと違ゃうかなぁと思いましたで、ほんま。
IMG_7891.jpg
 楽しませてくれますわ。
 
●カワラヒワ:沖縄復帰の森でたった1羽の出会い。
●アトリ:昨日は太陽広場東の森で19羽の群れを確認したけど、今日は市民の森水飲み場で5羽。
●アオジ:人工池1羽、元射撃場1羽、音楽堂西通路4羽、豊国神社東3羽で計9羽。音楽堂西通路南側の個体、目のまわりを怪我してる?なんか変な目してましたで、なにもなけりゃ〜ええんやけど。
●ハイタカ:先輩バーダーTさんが6:40飛騨の森から朝立ちの3羽を確認。

 彩られた木々もほぼ散り終え、残り僅かなもみじでも楽しんでもらって
IMG_7825.jpg

 水鳥といきまっか!
●オカヨシガモ:全ての堀で観察計87羽。
●ヨシガモ:南外堀、東外堀、内堀で計19羽。内堀蓮如上人前ではほぼ換羽が完了したと思われる奇麗な♂の姿。
●コガモ:南外堀のみで39羽。
●マガモ:西外堀♂3羽♀1羽。
●カルガモ:人工池10羽、西外堀6羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で計153羽。
●ハシビロガモ:南外堀と北外堀で計69羽。
●ホシハジロ:西外堀以外の堀で計150羽。
●キンクロハジロ:西外堀以外の堀で計52羽と少ない。

●カイツブリ:西外堀と東外堀。
●オオバン:西外堀30羽、南外堀7羽、東外堀128羽、北外堀4羽、第二寝屋川6羽、内堀3羽で計178羽。順調に最多を更新してきたけど、ここへ来て足踏みでんな、年内に200羽突破なるか!
●ユリカモメ:東外堀48羽、第二寝屋川13羽。
●ゴイサギ:北外堀1羽。
●カワセミ:南外堀と北外堀で各1羽。
●キセキレイ:南外堀1羽。
●ハクセキレイ:各所で計9羽。

 風もなくポカポカ陽気やったんでロウバイが咲き始めた梅林辺りで
IMG_7910.jpg
 ひらひらっと蝶でも居らんかなぁと思ったけど、居らんかった。

 市民の森の越冬ムラサキシジミ、昨日同様2頭を確認。

 早いもんで今年もあと2週間切りましたな、紅葉はほぼ散り、ロウバイも咲き始め、観光客は少なくなり年末の様相を呈してきた大阪城公園。野鳥の顔ぶれも変わらず常連さんのカメラマン衆も、居らんかった。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
ハイタカ・モズ・ツグミ・シロハラ・ジョウビタキ・ニシオジロビタキ・ウグイス・エナガ・シジュウカラ・カワラヒワ・アトリ・シメ・アオジ・コゲラ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ハシボソガラス・ハシブトガラス・
カルガモ・マガモ・オカヨシガモ・ヨシガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・カイツブリ・オオバン・カワウ・ユリカモメ・ゴイサギ・カワセミ・キセキレイ・ハクセキレイ・


 
posted by ひでキング! at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ひでさん毎度っ!
定点観察の寂しい季節ですねぇ〜
春と秋の賑わいとの差が激しいですが
病室で更新楽しみにしてるので(*^^*)
今日、リハビリで今までで一番スムーズに歩けたよ〜♪
10mくらいだけどね(*^^*)
調子は波打ってるけど春に会えるの楽しみに頑張ってまっせ!
Posted by まーくん at 2016年12月21日 17:38
>まーくん

コメントおおきに!
徐々に回復してるみたいでんな、無理せず一歩一歩。
桜の咲く頃、楽しみにしてまっせ!

何をおっしゃる、定点観察の楽しいのはこの時期でんがな。
日々増減する鳥たちに色んな事を学ばせてもらう。

なんで先週まで多かったカモが今日は少ない?餌の加減?
という事は、時期的な環境の変化で近くの餌場と行き来してる?
何と食べてるん?・・・とか。

徐々に化粧が濃くなってくるカモの換羽状況とか、
書き出せば山盛りありまっせ!
そうして脳みそにシワを一本一本刻んでいきまんねん。

それがあんた、聖なる水で刻んだシワがなくなってしまいまんねんけどな。

まーくんもゆっくりでええからしっかりリハビリして、一本ずつ筋繊維を増やしておくんなはれ!

ほなっ、待ってまっせ!
Posted by ひでキング! at 2016年12月21日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178083883

この記事へのトラックバック