2016年11月12日

この先・・・

 今日って11月の12日? 毎年こんなに暖かかったっけ11月って?
 年々秋の気温が高くなれば小春日和って言葉がなくなり、小夏日和になりまっせ、ほんま。

 さて、野鳥の状況は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは蝶の話を。

 先週の土曜日、11月やっていうのに多種多数の観察、翌日はヤマトシジミがたったの2頭。ここ一週間は寒い日あり、雨の日ありと蝶には厳しい気候やったんでこのまま終息を迎えるかと思いきや・・・でんがな。まぁ〜何かと姿を見せてくれましたわ、ほんま。

 ヤマトシジミは梅林の13頭をはじめ28頭。
 ウラナミシジミは梅林で3頭。
 モンシロチョウは梅林と空堀で。
 11月5日、過去最多を記録したキタキチョウは減少したとは言え22頭。
 いやぁ〜、まさかこれだけの蝶と出会えるとは思わなんだわ。

 それだけやおまへん梅林で開翅のヒメアカタテハ。
IMG_6886.jpg
 開翅の時はさすがに目立つけど、閉じたらやっぱ分かりまへんな。
IMG_6889.jpg

 青屋門前花壇ではチャバネセセリ。
IMG_6876.jpg
 翅はボロボロ、左側の触覚がおまへんし長いこと生きてるんかなぁ。

 市民の森で休憩中、ベンチの横でもぞもぞ動くムラサキシジミ。
IMG_6842.jpg
 触角を頼りにひょこひょこ歩き回り、地表にストロー伸ばしたり葉の上の水滴を飲んだり。
IMG_6847.jpg
 パッと一瞬開翅したり。
IMG_6848.jpg
 10分ほど楽しませてもらいましたわ。この後、昨季越冬した木の方向へ飛翔。今季は越冬を確認出来るやろうか。

 しかし11月も中旬でっせ、太平洋沿岸の暖帯でもないのにこの暖かさは何?
 長〜く蝶を楽しめるっちゃ〜楽しめるけど・・・この先どうなる???

 そうそう、この先で思い出したけど、どうなる・・・アメリカ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・キタキチョウ・ヒメアカタテハ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・ムラサキシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177640396

この記事へのトラックバック