2016年11月03日

ラストチャンス!?

 やぁ〜ええ天気。時折冷たい風が吹きカモのカウント中寒かったけど、見ておくんなはれ、最高にええ天気やおまへんか。
IMG_6625.jpg
 でもってこの教育塔の天辺ではモズが高鳴き。
IMG_6614.jpg
 気持ちええことこのうえなし。

 そんでもって、これでもか!ってなくらい多くの野鳥が楽しませてくれる。
 そのお話しは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 桜広場でコマドリ♂の撮影情報。
 配水池東でコサメビタキ1羽観察情報。

 え〜、どうなってまんのん、ほんま。ノゴマ、ムギマキが過ぎ去りしあとにコマドリでっせ、11月のコマドリは初めてかも。

 さて、蝶のお話しを。
 日曜日は観察種、個体数共に多く観察出来たものの、その後朝晩急に寒くなったんでそんなに多くは出会わんやろぅ、と思いきや・・・でんがな。

 ヤマトシジミは青屋門前での14頭を始め各所で30頭。
 1頭の観察に留まったものの北外堀を飛翔のモンシロチョウ。
 アオスジアゲハは・・・大阪府警前で飛翔を確認。観察エリア対象外なんで記録には挙げまへんが。

 観察を終え帰り際に大手門西で行き交う人の頭上を舞う1頭の蝶。ひらひら地上に舞い降り近付けば、アゲハが精一杯翅を広げ日光浴。
IMG_6708.jpg
 翅はボロボロ、時折吹く風にゆらゆら揺られ力ない様子。一生懸命生きたんやな、あとはゆっくり・・・

 沖縄復帰の森で元気な蝶が目線の高さの葉に留まる。おっ、ムラサキシジミじゃん。
IMG_6678.jpg
 お陽さんに背を向けたかと思うや、一瞬で翅を広げ日光浴。
IMG_6680.jpg
 翅の欠損もなくメッチャ奇麗でんな。これから厳しい冬を越しまんねんなぁ。
 先は長いぞ、体力温存、ゆっくり過ごしや。

 今秋、久々に多く観察出来たウラナミシジミ。10月下旬に急減しもう居らんやろぅと思ってたけど、もみじ園で1頭。
IMG_6690.jpg
 空堀でも1頭で2頭を確認。

 日曜日、ピーク時並みに多かったキタキチョウ。
IMG_6702.jpg
 北外堀沿い、空堀。一番櫓前など拓けた場所で5頭の観察。

 飛騨の森ではツマグロヒョウモン♂。
 青屋門前花壇ではチャバネセセリ。
 西外堀石垣に留まるヒメアカタテハ。

 今日も多くの蝶が楽しませてくれましたわ、感謝感謝。

 来週半ばからはグッと冷え込むって天気予報、夏鳥や蝶を楽しめるのは今週末がラストチャンス!?

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラナミシジミ・ムラサキシジミ・ヒメアカタテハ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177523637

この記事へのトラックバック