2016年05月05日

比較

 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。
 
 観察開始早々、大手門西芝生エリアでハクセキレイ。
IMG_1029.jpg
 久し振りにじっくり見ると、何だかメッチャ凛々しい感じでんな。

 配水池東ではここ数日見掛けんかったんで、もう居らんやろと思ってたシロハラ。越冬中毎回当たり前のように居てたシロハラでっけど、たった1羽になると寂しいもんでんな。 っと、こんなところですわ。

 んじゃ、蝶の話を。
 例年より野鳥の飛来が早いのはこれまでの状況で皆さんお分かりやと思いまっけど、蝶はどんな具合かってのを過去の記録と簡単に比較してみまひょか。

 4月16日に初認、以後24日からは毎回10頭を超える観察が続くアオスジアゲハ、今日も各所で計16頭。
IMG_1078.jpg
 でも毎年10頭を超える時期ってこんなに長期的に続いたかなぁ、と過去の記録を調べれば・・・

 初認は例年通り4月中旬でゴールデンウィーク前までは一桁の観察、しかし今年は初認日の4月16日、17日を覗けば毎回10頭を超えてるもんな。やっぱ今年いつもと何かが違いまんなぁ。
 ちなみに例年はゴールデンウィーク明けに一気に個体数が減ってますねん、来週以降の個体数が気になるところでんなぁ、実際。

 モンシロチョウは5頭とほぼ例年並み、でもって5月20日過ぎには一気に個体数が増えるってのが過去のデータ。でも何でやろうか、4月17日に29頭ってのはどう考えてもわかりまへんな。

 ヤマトシジミもほぼ例年通り、でも1頭は寂しいな。
 キチョウはもみじ園と豊国神社裏で。
 モンキチョウは京橋口で1頭飛翔。ままっ本種は元より観察個体の多い種ではおまへんので。
 
 でもって最近観察頻度の高いクロアゲハ。昨日、一昨日と確認された配水池東をゆっくり注視して歩いていると・・・
 おっ〜、おっ〜、おっ〜出た〜!アサギマダラや!!!

 ワシの前をすり抜け今通ってきた元博物館裏へ。見失わんように目で追っかけ行方を確かめるもスクノキ周りをクルクル廻り・・・サ・ヨ・ウ・ナ・ラ・〜
 飛翔時の模様は♀でしたわ。

 まっ、アサギマダラはまだ期待出来まっしゃろ。

 各所で背を伸ばしはじめ、開花状態が分からんけど懸命に探してやっと見つけたウラジロチチコグサ?
IMG_1100.jpg
 この時期どこでも出会うクマンバチことクマバチ、
IMG_1085.jpg
 この名前って大きいからって事もあるんやろうけど、この姿勢も何だかクマに似てるような・・・

 こんな当たり前のように出会う野草や昆虫も丁寧に観察し毎年比較したら何か違いがあるんやろうなぁ。
 面白そうでんな、んじゃ、来年から。 ってのは冗談でっせ、これ以上観察対象を増やしたら頭がついていけませぇ〜ん。
posted by ひでキング! at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175176327

この記事へのトラックバック