2016年02月06日

春の兆し

 この一週間でグッと春に近付いた感じがしまんなぁ、穏やかな空気に柔らかな陽射し、早春に咲く柊南天も黄色い花を綻ばせ
IMG_7921.jpg
 観察中、あちらこちらで春を感じましたわ。

 野鳥の報告は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加はおまへん。

 ってな事で、感じた春の話をちょいと。
 冬期中、公園内で見ることの出来る色は常緑広葉樹の深い緑色だけ、1月下旬にチラホラ咲き始た梅、今日は梅林全体がうっすら色付いたって感じ。一気に春めいてきましたで。
 でもって、中央広場ではお愛想良しのジョウビタキがほれこの通り。
IMG_7956.jpg
 案の定、梅見客の人気者ですわ。

 西外堀ではコガモ♂5羽が1羽の♀を囲む。「ピリッピリッ」と鳴きながら頭を上げてお尻を上げ求愛行動。
 人工池では他のカルガモから離れた場所でアベックがまったり。
IMG_7916.jpg

 鳴き声が変わり始めたスズメも市民の森で2羽がまったり。
IMG_7932.jpg
 色付く自然と共に野鳥の行動も徐々に変わってきましたわ、実際。

 カモをはじめ越冬してくれた鳥たちは少なくなり淋しいけど、移動途中に色んな鳥が立ち寄ってくれまっしゃろ。これからは別れの時期でもあり出会いの時期。

 さて、あれやこれやというてる間に越冬を終えそうなムラサキシジミ。前回(1月30日)に2頭に減ってた個体が3頭に増えてましたわ、摩訶不思議?
 大将の話によると、1月31日から3頭に増えたとのこと。いつ、どの場所との移動を繰り返してるんやろ。

 ちなみに増えた1頭は、最初の休眠個体1頭が確認出来た枯葉。ここでは最低1頭が継続的に観察出来てますねん。この枯葉に別の1頭が加わったって事ですわ。
IMG_7923.jpg
 見えまっか?翅全体はひとつの個体にしか見えんけど、写真中央に顔が2つ、触角も2組確認出来まっしゃろ。 しかし仲良うお寝ん寝してまんなぁ、ほんま。

 これって、♂と♀やろぅか。お互いの体で温め合いながら寒い冬を越す、なんともマロンチック、あっ、違ゃうわ、ロマンチックでんな。 昆虫なんで実際は仮死状態やと思いまんねんけど、それをいっちゃ〜浪漫を語れまへんがな、ねぇ。

 そんで、もうひとつ春を感じたのが人工川。上の段の水場で繁茂する新緑が目に飛び込んで来ましたんやがな、これが。 で、なにかいなと近付けば・・・
IMG_7909.jpg
 これって、セリと違ゃいますのん? 間違ってたらゴメンナサイやで。
 このセリと思われる葉っぱがビッシリ、この通り。
IMG_7914.jpg
 朝日を浴び鮮やかな緑でしたでぇ、ほんま。 この色を見るだけで命を感じましたわ、実際。

 でもって、セリと言えば・・・大阪城公園では希少種のキアゲハ。
 セリ科の植物を食餌食草とするんで大阪府下では一般的な蝶でっけど何でか大阪城公園では少ないんやなぁ、これが。
 このセリと思われる植物が初夏まで継続的に元気に自生してくれたら、ひょっとしてキアゲハが大爆発! ってな事にならんかなぁ〜、な〜んて思いながら歩いてましてん、今日一日。

 大阪城公園内各所で何かしら春を感じた今日、何が一番春かっていえば、ワシの頭かも???
posted by ひでキング! at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173580182

この記事へのトラックバック