2015年12月09日

とんでもない!

 やられた〜! 今日のネタは暖冬で書き始めようと思ってたら、先の元山さんに使われてしもぅた、やられた〜!

 でもって、なんで暖冬の書き出しにしようと思ったかというとね、水仙が満開の梅林で、
IMG_6023.jpg
 いくら暖かくっても、蝶はもう成虫越冬種以外は居らんやろと思い気を抜いて歩いてると、おっ、ヤマトシジミかと思いきや、大きさや飛翔形が違う、この飛び方はまさかウラナミシジミ? 留まったところに抜き足忍び足で歩み寄る。 ところがほれ、今度は正真正銘のヤマトシジミが近付き飛び立ちましたがな、ほんま。

 でも諦めず、じーっと待つこと数分(大して待ってまへんが)やっと留まり慌ててパシャリ!
IMG_6021.jpg
 またすぐに飛び出しもたんでこんな写真でっけど、一応ウラナミシジミ♀って確認出来ましてん。

 このウラナミシジミ、基本的には死滅?する種。
 本州では南部の暖地で成虫越冬し、その個体が春を迎え繁殖、徐々に北上しつつ生息域を拡大するしまんねん。
 大阪市内での越冬はワシは知りまへん、もちろん大阪城公園で越冬どころか、12月9日に観察ってのも始めて、これまでの記録では2010年11月14日が一番遅い記録。

 これってやっぱり暖冬の影響あるって考えてしまいまっしゃろ。
 ってな事で、書き出しは暖冬って思ってたんやけど、やられた〜! という事ですわ。 お分かりいただけましたらろぅか。

 それ以外にも暖冬を感じたのは、青屋門前ボケの植栽場ではふた足程早く満開の二輪。
IMG_6011.jpg
 って、これはここ数年12月に数輪咲きますわ。多分枝伐り後、暖かくなってるのが要因やと思いますねん。

 そんな陽気に誘われてか、人工川ではカルガモがテクテク。
IMG_5957.jpg
 大阪城公園ではカルガモが地上を歩くのは珍場面でっせ!

 そんでもって、もちろん野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」で確認しておくんなはれ。

 そうでんねん。「っておいっ、いきなり何言い出すねん」ってでっか。
 いやいや、分からんかったんですわ、ムシクイ。ヤマガラ3羽と一緒に2羽居てましてん、途中メジロ、シジュウカラの群れとドッキング、どこに居るやら何やらでごっちゃ混ぜになってしもぅて気付けばメジロとシジュウカラだけになってましてん・・・

 元山さんも書いてはるけど、大手門付近から西の芝生エリア、教育塔付近ではほぼ毎回ヤマガラが居てるんで同行してる可能性あり。付近でヤマガラを見たときは周りを良〜く探してくんなはれ、とんでもない○○○○ムシクイや! ってな事もあるか知れまへんので・・・。 

 しかしなんでんなぁ、いつもいつも何かありますなぁ、大阪城公園は。
 未確認ムシクイにウラナミシジミ。大阪城公園初のムシクイやったり、ウラナミシジミが越冬、って事になれば、とんでもない記録になりまっせ!!!
 ほなっ、また!

 

 

 
posted by ひでキング! at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169577796

この記事へのトラックバック