2015年11月21日

輝き

 ひゃ〜、最高にええ天気でんなぁ、ほんま。タカ撮影の練習と思って撮ったユリカモメ、使う気は毛頭おまへんでしたんやが余りにも奇麗な青空なんでやっぱ使おっ。
IMG_5008.jpg
 しかし、真っ青な空にユリカモメの純白、輝いてますなぁ。んっ、奇麗!

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 と、その前に・・・
 野鳥をはじめ蝶や花、その他諸々じっくり見て歩くとホッコリするシーンや目を覆いたくなるもの、厳しい自然の掟なんか色んな物が目に飛び込んで来まんねんなぁ、ほんま。今日は食物連鎖の一部を二部編成で見ましたがな、これが。

 青屋門前ボケの植栽場、陽当たりの良いこの場所はカタバミも結構自生していて毎回複数のヤマトシジミが観察出来るんでゆっくり見て回る。
 案の定、ひらひらと数頭が飛び交い1頭がタンポポ属の花に留まる、写真でもと思ったその瞬間、花が揺れヤマトシジミが消える。なになに、異次元ポケットにでも入ったんか???と、しゃがみ込めば・・・これですわ。
IMG_5020.jpg
 カマキリに捕獲され美味しそうにムシャムシャ。厳しいのぉ〜、自然は。
 ってのが第1部。

 でもって、第2部は。
 音楽堂西通路歩行中、雑木林に飛び込む飛影、探せば暗い林にモズ♂の姿。えらい暗いところ居てるなぁ〜、と、その嘴には虫の姿。大きさや足の長さなどから多分カマキリ。上記のカマキリではおまへんが。 ってのが、第2部。

 もちろん小鳥が虫、タカがハト、カラスがスズメ、今日のようにカマキリやクモが蝶や蛾を食べてる場面は何度も見てまっけど、一日に草食の昆虫が肉食の昆虫に食べられ、肉食の昆虫が野鳥に食べられる場面に出くわしたのは記憶におまへんわ。 
 都市のど真ん中にある大阪城公園でも生態系のほんの一部やけど確認出来るんやなぁって、しみじみ思いましたわ、マジで。

 って、長い前置きやったけど野鳥の追加でんな。
 上記モズ♂以外に、梅林でも♂1羽。
IMG_5042.jpg
 でもって、太陽広場東の森でも♂1羽。
IMG_5002.jpg
 このモズも最初はツツジの茂みに居てましてん、この頃は暗いところがお好きなモズ?
 西空堀では高鳴きの♀1羽。そういえば今日は高鳴きはこれ1回しか聞いてまへんな。そろそろ縄張り確定?

 沖縄復帰の森ではイチョウの天辺にヤマガラ1羽。
 飛騨の森、梅林ではツグミが各1羽。
 南外堀ではプリプリのお尻を向けたカイツブリ1羽。
 北外堀でカモのカウント中、オオバンの目の前をコバルトブルーの糸を引いたようにカワセミが第二寝屋川方向へ。
 
 ってなところですわ。 

 ほなっ、蝶といきまっか。
 個体数はともかく暖かいんでなんか出会うやろと、テキトーな気分で音楽堂西通路を歩行中、雑木林の縁に留まりそうで留まらん小型で茶系の蝶。これを見失うと今日の蝶運はないかもと、じっくり目で追う。通路を横切りツツジに留まったと思うと・・・ヨッシャ〜、念願の瑠璃色、バッチリ撮れたぞ〜!!!
IMG_4923.jpg
 少々鱗粉が落ちてまっけど、それを差っ引いてもこの輝きでっせ!
 いつも書いてまっけど、この瑠璃色はオオルリやコルリの非やおまへん、サイコーの輝きでっしゃろ。

 ご機嫌ルンルンで、太陽広場東の森へ。とうとう始まった東側道路沿いの駐車場工事を尻目にサルスベリ群生地へ。パタパタっと、チョットだけ素早く飛び回る蝶の姿。留まるのを待ちウラギンシジミ♂発見。
IMG_4966.jpg
 これ、どこに居てるか分かりまっか?写真中央やや左の葉っぱの上に枯葉色の何かが留まってまっしゃろ。これがそうでんねん。

 遠くからしか確認出来かったけど、良く見たら枯葉に見えますなぁ。
 ウラギンシジミは成虫越冬、冬の暖かい日に「チョイと日向ぼっこでも」と開翅しても分からんように枯葉色になったんやろうか。 野生生物の対応能力って凄いなぁ、ほんま。

 極楽橋トイレ前では2頭のキチョウ。もみじ園でもチョットだけ元気な1頭のキチョウ。
 陽当たりのええ北外堀ではゆらゆらとモンシロチョウ。

 穏やかな天気でメッチャ気持ちのええ観察、一方厳しい自然の営みを目の辺りにして・・・なんというか複雑な気分でんなぁ、実際。

 ただ一つだけ言えることは、日々懸命に生きてる彼らやから命が輝き、ワシらを魅了させるんやろうなぁ、ほんまに。
 おっ、今日はええ締め括りになったなぁ。
 えっ、「そのひと言が要らん」ってでっか?
 
posted by ひでキング! at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168272732

この記事へのトラックバック