2015年10月04日

せめて

 今年の秋はええ感じで進んでまんなぁ、渡り。例年どっかで今日は空振りやな、って日がおまっけど今年は何かと楽しい観察。野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。

 さて、問題は蝶でんな。
 今秋、アサギマダラの観察情報は4回おまんねんけど、ワシは未だ出会いなし。今日はかなり期待してましたんやけど、アキマヘンなんぁ、ほんま。この調子やったら今季出会いないかも・・・

 好天とあって多くの種が活発に活動。
 ヤマトシジミは各所で観察計80頭、これは8月30日に次いで今年2番目の多い観察数。
 アオスジアゲハの第3化は終わりましたな、ひと周りして3頭だけ。

 人工池でヘクソカズラを抱え込んで朝ご飯中のチャバネセセリをパシャリ!
IMG_3519.jpg
 イチモンジセセリとの出会いなし。

 この時期、ピークを迎えるはずのウラナミシジミ、例年空堀で多く確認出来まんねんけど今季はこれまでたったの2頭、今日はもみじ園で2頭を確認。音楽堂斜面を覆うような葛、そこで羽化したんかな?

 音楽堂西通路では素早い飛翔のウラギンシジミ、青屋門前ボケの植栽場では大人しい♂がこんな感じ。
IMG_3591.jpg
 なんでかワカリマヘンが、♂しか見掛けまへんねん。♀がおらなんだら繁殖出来んし今後が心配でんなぁ実際。

 太陽広場東の森、顕彰塔近くで待ちに待ったキンミズヒキが今年も開花。
IMG_3568.jpg
 これで3年連続確認ですわ。来週ぐらいならまだ楽しめそうでんな。

 その太陽広場東の森で足下から表面は黒、裏面は焦げ茶の蝶がのらりくらりと舞い上がる。んっ、何やあれは!
 特徴を確認しながら後追い、頭を巡らせ種を絞り込むも・・・分からん。可能性としてはクロコノマチョウか??? あ〜チョットでええから留まって欲しかったなぁ。

 楽しみにしてる飛騨の森のルリマツリ、晩夏から一向に咲き具合が進まんので痺れを切らして、パシャリ!
IMG_3615.jpg
 2〜3房がこんな感じ、ホンマやったらそろそろ全体に花が咲く時期なんやけど・・・

 その飛騨の森でランタナに吸蜜のアゲハ。
IMG_3607.jpg
 このランタナも例年ならもっと色んな種の蝶が集まるんやけど、何でかなぁ、今年は訪花する蝶が殆どないし。

 梅林ではゴマダラチョウを見掛けるもほんの一瞬。

 本丸売店前のケヤキ周りをクルクル廻る蝶、全体の模様からキタテハ?ツマグロヒョウモン?でもニレ科の木やしひょっとしてヒオドシチョウ?とにかく橙地の翅に黒い模様でしたわ。何やったんやろうなぁ???

 でもって、今季観察場所が広範囲にわたるルリシジミ、今日は空堀でひらりひらり。

 例年この時期はタテハ系の蝶が多く観察出来まんねんけど今秋まだ未確認。ヒメアカタテハに至っては今年未だ観察なしでっせ、一番多く観察出来るタテハチョウ科の蝶やのに。 せめて1度だけでも確認しておきたいもんですわ、アサギマダラと共に。

 そんでもって、せめてクライマックスシリーズだけは進出してね、頼んまっせ!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・ベニシジミ・ウラナミシジミ・ウラギンシジミ・ルリシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・ 
 
posted by ひでキング! at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんわー
Kです

遅ればせながら、親方達と鳥がいないーーー
と市民のベンチで黄昏ていた夕方、どこからともなくやってきたアサギマダラをみました(^◇^;)
Posted by Kさん at 2015年10月04日 21:02
>Kさん

夕方にアサギマダラでっか。おおきに!

時間から想像して、そのアサギマダラは今晩
ホテル・オオサカ・キャッスル・パークでお泊まりかも?

はぁ〜、でもなんでワシだけ出会わんのやろ〜・・・

また、何かあれば宜しく! です。
Posted by ひでキング! at 2015年10月04日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164992106

この記事へのトラックバック