2019年07月28日

足早な夏

 台風一過・・・夏らしく蒸し暑くなりましたなぁ、って違和感。
 やっぱ、台風一過涼しくなりましたなぁ、が一般的でっしゃろ。昨日の続いて・・・最近は変な天気が続きまんなぁ、実際。

 この後、野暮用で出掛けんといかんのでちゃちゃっと書きまっせ!

 やっぱ天気の加減でんな、野鳥はともかく蝶とトンボは。次から次へようさん出てきましたで、ほんま。どっちから書く? 蝶より先のトンボと出会ったんでトンボから行きまっか!

 観察のスタート地点の大手門前。
 オレンジ色のトンボが20匹、もっと居てるかと思い堀を覗けば目の前にお休み中のウスバキトンボは1匹。皆、朝ご飯探して飛び回ってるのにお前さんはまだ寝てるんか?

 その横ではお目覚め前?のアオモンイトトンボ。
P1030163.jpg
 アオモンイトトンボは人工池でも2匹。ウスバキトンボはひと廻りして27匹。

 シオカラトンボは主に人工川で10匹。♂7匹♀3匹。
 オオシオカラトンボは人工池で♂2匹♀1匹。
 
 コシアキトンボは息を吹き返し、39匹と先週を上回る。
 チョウトンボは少なく人工池で1匹のみ。

 オオヤマトンボは内堀で。ギンヤンマは東外堀でコシアキトンボとテリハリ紛争。
 タイワンウチワヤンマは存在感を示し11匹。

 昨日も書いたけど、そろそろ多く観察出来てもおかしくないマイコアカネは今日も出会わず。
 トンボはこんなところですわ。

 勢いで言うたらトンボに圧され気味の蝶でっけど、今季初のウラナミシジミ発見!
P1030196.jpg
 これで五分に持ち込んだやろ。って、なんの勝負や?

 一時観察数を減らしたツバメシジミ、今日は5頭の観察。でもってアレチヌスビトハギに産卵行動、卵を探したけど見つけきれまへんでしたわ。シロツメグサでの産卵は何度の観察したけど、ハギ類の産卵は初見ですわ。

 青屋門前では睨みをきかせたツマグロヒョウモン♂。
P1030200.jpg
 ウスバキトンボにはもちろん、ワシにもアタックしてきましたで。気が強いのぅ。

 南外堀沿いでは身動きひとつせんアゲハ。
P1030179.jpg
 ワシがここに居る間の2〜3分はこのまんま。翅を開閉するわけでもなくこのまんま。まだお寝んね中?

 アオスジアゲハはやっぱ今イチ増えきらず10頭のみ。
 その他、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キタキチョウ、ベニシジミってところでっか。

 でもって、野鳥でっけど、セミの声にかき消され小鳥の声は殆ど聞こえず。そんな中、おきらく先生が市民の森でコサメビタキを撮影したと聞く。さすが、ワシら集中力が違いまんな。

 昨日成鳥が確認できなんだ南外堀のカルガモ、今日は成鳥1羽、雛1羽を確認。ホッとしまんな、実際。

 スズメやシジュウカラの2番子?3番子?あっちこっちで姿を見かけ、内堀蓮如上人前では2羽の大きくなったツバメのチビさんが2羽。
P1030207.jpg
 もう親離れしてまっしゃろ、これだけ大きくなったら。初めて経験する長〜い旅の前に入念に羽繕い。
 あと暫くここで過ごして遙か南の国に旅立つんやろうなぁ。各地ではもうツバメの集団塒入りが始まってるみたいやし。

 今年の大阪城公園の夏は早かったなぁ、ほんま。
 ほんの10日前まではキビタキ一色。
 その後は南外堀で7羽のカルガモの雛、これまた不思議。どこで繁殖してたんやろぅ?

 でもって、今週後半はもう8月でっせ。言うてる間にコルリや!ヤブサメや!ってな事に。

 この夏はほんま早かったなぁ、ってまだ梅雨明けたとこやし・・・!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
コサメビタキ・カワウ・カルガモ・シジュウカラ・スズメ・ハシブトガラス・キジバト・ヒヨドリ・ツバメ・
 
posted by ひでキング! at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記