2019年05月26日

今日をしっかり!

 わ〜、キツいなぁ〜、ほんま。昨日は暑くともカラッとして陰は涼しかったけど、今日はジトッとどこに居ても不快な暑さ。梅雨に入る前からこれかぁ〜、マジで夏が思いやられまんなぁ、ほんま。

 さて、今日は鳥、蝶、トンボ揃い踏みで昨日より少ないぞ。

 一昨日まとまって飛来したオオムシクイ、昨日今日と段階的に数を減らし今日は4羽。
 元へリポート、市民の森、北外堀沿い砲兵工廠門跡、飛騨の森。

 サンコウチョウ:昨日1羽が行ったり来たり?って書いたけどどうも複数羽居てる感じでんなぁ。
 市民の森と愛の森ではほぼ同時に観察され、他に梅林南端雑木林と配水池東と聞く。
 全て別個体かどうかは分かりまへんが1羽ではおまへんやろ。

 梅林南端ではコサメビタキも観察されてますわ。

 でもって、今週で最後になるかも知れんので、キビタキの写真でも。
IMG_3533.jpg
 キビタキは市民の森、音楽堂西通路。

 ってことで、夏鳥情報はこんなとこですわ。そんな中、思い思いの鳥との出会いを夢見、皆さん頑張って探してはりますわ。

 朝の5時半から登城し杜鵑を探し回る大学生君。赤い鳥との出会いを活力にし毎日頑張るSさん。期待に胸を膨らませそれぞれの想いで鳥見してまんねんなぁ、ほんま。

 ワシなんか北外堀ローソンで休憩中(ビールは飲んでまへんで)、体が重くなってゴロッと横になったら20分程熟睡でんがな。睡魔に襲われましてん、スイマヘン。お陰さんでスッキリスッキリ。

 でも、昨夜寝苦しくって寝た気にならんかったもん・・・

 チョウゲンボウは西空堀の西の丸庭園側の石垣で撮影され、その後桜門を介し豊国神社方向へ飛翔とのこと。

 最近の定番イソヒヨドリ、今日は観察開始早々(7:10)大手門に♀が現れる。その後飛騨の森でも♀を観察。その♀が人懐っこくって、わざわざ向こうから飛んできて数メートルまで近付いてきまんねん、いつも餌もらってるんやろうな?

 教育塔裏を観察中、南から飛来のコサギが人工池へ。つい先ほど別れた高校生U君が走ってきて、教育塔裏小橋にコサギ2羽が飛んで来たと。
 計3羽のコサギをこの時期に観るんは稀なこと。U君はその後内堀でも1羽観察と。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
キビタキ・サンコウチョウ・オオムシクイ・コサメビタキ・ツバメ・チョウゲンボウ・イソヒヨドリ・コゲラ・メジロ・カワラヒワ・シジュウカラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・コサギ・アオサギ・カワウ・ハクセキレイ・カルガモ・

 さて蝶でっけど。
 今朝、新たに羽化したんかな、モンシロチョウ。昨日は48頭やったけど今日は更に増加し79頭。
 どこを歩いてもってことはおまへんか、拓けた場所で多く観察出来、あっちこっちで葉にお尻をくっつけ産卵。

 東外堀沿い花壇では園芸種の花、これって昨日はイチモンジセセリが吸蜜してた花でっしゃろ、えらい蝶に人気でんな。ここで3頭が思い思いの花で吸蜜。
IMG_3545.jpg

 でもって同所で昨日のイチモンジセセリに続いて、チャバネセセリもお目見えですわ。
IMG_3548.jpg

 昨日は写真撮れんかったヒメアカタテハ、今日はもみじ園、桃園、城南地区で出会う。城南地区の個体はヨモギに産卵。でもピントずれたんで桃園で撮った写真を。
IMG_3554.jpg

 他に、自身久々のテングチョウを御座船券売所で。梅林、音楽堂西通路でも観察と聞く。
 キタキチョウ、梅林。ヤマトシジミ、東外堀沿い。アオスジアゲハとは出会わず。

 トンボも出会ったのは、シオカラトンボとコシアキトンボだけ。ただコシアキトンボも昨日の21匹から急増し55匹。実数はもっと居てまっしゃろ。

 バーベキュー屋さんに占拠されてた緑のリズム、先週辺りから徐々にテーブルの数が減り少しずつ元の状態へ。けど満開を迎えるビヨウヤナギはガッツリ伐られ楽しみが減りましたわ。

 ってことで、弓道場まえで小さな株が咲いてるんで・・・
IMG_3539.jpg

 梅雨入り前にこの暑さは気分的にも肉体的にも堪えまっけど、先を考えんと今を健康に生きる方法を考えた方がええかも知れまへんなぁ、この際。

 今日がなければ明日はおまへん。今日、今を元気に生きよう! 
 出会う鳥や蝶やトンボ、他の生き物を観てたら、そう思いましたわ。
posted by ひでキング! at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月25日

眩しい〜!

 歯医者に行って10時からの観察。既に暑いなぁ、ほんま。皆さん、急に暑くなったんで熱中症には充分気を付けなはれや、マジでバテるわ。

 なんや昨日はオオムシクイが爆発状態ってな事でしたんやなぁ、どこを歩いても「ジジロジジロ」って。昨日程ではおまへんが今日もほぼどこを歩いても「ジジロ」状態。

 各所計数羽程度で計15羽。昨日の約半分でこの賑わい、昨日はどんなんやったんやろ?

 8:30頃、愛の森でサンコウチョウ♀が観察され、10時頃には市民の森でも観察される。でもって、12時半頃にはまた愛の森で観察。同時って話ではないんで1羽が行ったり来たり?

 市民の森ではサメビタキが複数人に撮影され、南外堀で今季初のササゴイを発見。
 ワシが大阪城公園で観察を始めた頃は越冬ササゴイが居てたんで年中観察出来たけど、いつの間にか越冬個体が確認出来んようになりましてん。それ以後は結構稀少な種、大阪城公園では。普通種でっけど何だか嬉しい。

 キビタキは音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森、緑のリズム。ただ、音楽堂西通路は気を付けなはれや、ワシもそうでっけど何人かカラスの襲撃を受けてますよってに、怪我はおまへんが。雛が周辺に居る様子。

 本丸から桜門を抜け空堀内を西へ飛翔のチョウゲンボウ。
 イソヒヨドリは飛騨の森、京橋口で♂♀が観察される、最近の定番?
 梅林で繁殖してたコゲラ、巣立ちの瞬間を観察できたと興奮気味に話す高校生U君。あれこれ色々観察してますわ、ほんま。メッチャ感心。

 南外堀で何だか気になるカワウ。遠くって細部が確認出来んのでどうしようかなぁ?と思ってたら近くに常連のIさんの姿、撮影をお願いする。
 ひょっとしてウミウかな?と思ったけど、やっぱりカワウでしたわ。Iさん、気ぃ良う撮影して頂いて、おおきに!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
キビタキ・オオムシクイ・サンコウチョウ・サメビタキ・チョウゲンボウ・ツバメ・イソヒヨドリ・メジロ・コゲラ・シジュウカラ・エナガ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・カワウ・アオサギ・ササゴイ・

 さて蝶でんな。やっと、やっと時期らしい観察ができましたで。
 スタートが10時で気温が上がってたこともあるやろうけど、スタート地点の大手門前で既に8頭のモンシロチョウ。

 観光客を縫うように飛び回ってましたわ。でもって城南地区ではイヌガラシにモンシロチョウが、
IMG_3473.jpg
 シロツメグサにモンにモンキチョウが、
IMG_3455.jpg
 新たな命を産み落としてましたわ。

 しかし、こんな小さな1ミリにも満たん小さな物体から生命体が出てきまんねんで、不思議って言うか神秘的って言うか。

 ワシら人間も同じ。0.15ミリの卵からこんな大きな体になりまんねんで、メッチャ不思議でっしゃろ。

 でもってこれまた新たな命。東外堀沿いの花壇で今季初のイチモンジセセリ。
IMG_3486.jpg

 梅林から飛騨の森へ向かう途中、暑いんで内堀沿いの枝垂れ柳に頭を突っ込み日傘代わりに歩いてると。って言うか早ければそろそろあの蝶がと一本ずつ探してみると・・・
 おっ!BINGO〜!居てましたわ!コムラサキ!

 開閉翅しても鮮やかな紫は確認出来なんだんで♀でっしゃろ。葉に留まりちょいと大人しくしたと思えば、別の葉に。ひょっとして産卵?わおっ、メッチャ期待ででんがな!

 もし受精卵で産卵してたら7月頃には・・・コムラサキ爆発!!!???・・・ってなタイトル書きたいなぁ。

 で、ひと仕事終えアキニレ?の葉でお休みでっか。
IMG_3495.jpg
 あんまりええ写真ではおまへんが、何とか分かりまっしゃろ。

 その他今日は凄いぞ。
 アゲハ:城南地区で2頭。 アオスジアゲハ:教育塔裏、配水池東で4頭。
 アカタテハ:太陽広場東の森。 キタテハ:梅林。
 ヒメアカタテハ:飛騨の森。 ツマグロヒョウモン:人工川、大手門前。
 キタキチョウ:飛騨の森2頭。 モンキチョウ:大手門前、飛騨の森、もみじ園で計4頭。
 モンシロチョウ:各所で観察計48頭、一気に羽化しましたで!

 人工池ではウスバキトンボ。
IMG_3466.jpg
 本種は既に5月4日に観察されてますねんけど、これってやっぱ温暖化でんな。

 本種は南西諸島付近から夏に北上し分布を広げるトンボ。しかし水温が4℃以下で卵が死滅、本来本州では越冬出来んと思われてまんねんけど、初夏に大阪城公園で既に観察されてるって事は、ひょっとして大阪周辺で越冬してるんと違ゃうん?

 それやったらこの時期のこの暑さは納得出来ますわ、納得したくはおまへんが。

 コシアキトンボもモンシロチョウ同様一気に羽化し21匹を確認。ワシが見ただけの数でっせ。
 人工川ではシオカラトンボ。

 ダンダンギキョウがだんだん成長し、そのうちだんだん見られんようになったらいかんので撮っておこうと思ったもみじ園で、
IMG_3468.jpg
 低空低速飛行のオオヤマトンボ。

 スズメやシジュウカラのチビさんも一段と賑やかになり、キジバトのチビさんも確認。蝶が卵を産み命をつなげば、生まれたばかりのコシアキトンボが頭上で舞う。

 この時期の大阪城公園は新たな命で輝いてますわ。わぁ〜、眩しい〜〜〜〜!
posted by ひでキング! at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月19日

一時休養?

 曇天の昨日から打って変わって五月晴れ。陽射しは暑いが木陰は涼しい、最高の天気。
 昨日は咲いてなかった人工川のシモツケ、天気がええと咲くもんでんな、
IMG_3432.jpg
 幾つかこんな感じで花咲かせてましたわ。
 でもって、この小さなハナアブ撮りたかったんですわ、やっと撮れた。名前調べたら多分、ミナミヒメヒラタアブ♀で間違いないと思いますねん。

 しかし天気がええと何だかええ事ありそうな気がするけど・・・。
 って、ほんまにそんな気がしただけでしたわ。
 
 昨日より更に少なく夏鳥はツバメ以外キビタキ♂を音楽堂西通路で1羽見ただけ。でもって緑のリズム上を5羽のアオバトが飛翔。それ以外は大阪城公園留鳥組だけ。マジで、とうとうこの日が・・・

 市民の森で出会った大阪城公園野鳥酒の会会長の面々も、な〜んも居らん、はっはっは〜。と笑うしかない状況。水飲み場でシジュウカラのチビさんが1羽。

 見てると水浴びをしたそうやけど水に浸かるのが怖い様子。水を飲むように嘴を水に浸けひょいっと後退り。何度か繰り返し覚悟を決めたかのようにザッブ〜ン。
IMG_3444.jpg
 って言うても、この深さでっけどな、溺れることはおまへん。
 そこへスズメのチビさんが現れる。自分より大きなスズメを威嚇して追い払う気の強さ。さっきまで動かん水にえらい警戒してたのに大胆な行動に出まんな、ほんま。

 こうしてひとつずつ色んな事を覚えていくんやろうなぁ、立派な大人になりなはれや!

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
キビタキ・アオバト・ツバメ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・アオサギ・カルガモ・

それと、マルガモ親子は内堀で親1羽、雛5羽が観察され、南外堀では親1羽、雛3羽をワシが観察。

 では蝶やけど・・・昨日もそうやったけど、やっぱ少ないなぁ。天気がええからかなり期待してたけど・・・何でかなぁ???

 もみじ園で元気なヒメアカタテハを見つけるも飛び回ってとてもやおまへん写真なんて・・・
 ってな事で近くに咲いてたヒナキキョウソウでも。
IMG_3438.jpg

 人工川でパタパタ飛んでたかと思うと、ピタッとこの状態で急に静止のアオスジアゲハ。
IMG_3435.jpg
 日向ぼっこしてるんやったら翅を広げまっしゃろ、何もせんと翅を振るわせることのなくこの状態は何やろ、あまり見かけんなぁ。

 梅林で大将から、さっきそこでツマグロヒョウモンの♂と聞く。別れた後出会ったのがこれ。
IMG_3453.jpg
 多分この個体でっしゃろ。これまた大人しい個体でしたわ。

 これ以外は、モンシロチョウ6頭、アゲハ3頭だけ。シジミチョウはヤマトシジミサイズの蝶を何度も見かけるも止まらんので識別出来ず。

 トンボは人工川と東外堀沿いでシオカラトンボ。梅林や音楽堂で頭上を飛ぶコシアキトンボ。市民の森ではオオヤマトンボと思われる大型のトンボが目撃される。

  野鳥去りしあと、トンボが賑わうって感じでっか。でも、ちょっとだけ休ませて、これから暑くなるし。

 
posted by ひでキング! at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月18日

あれから・・・

「あれから・・・」。どう今日のタイトル、なんか小説みたいで格好よろしいな。
 で、内容は???

 出会う鳥見人、皆口を揃えて「な〜んも居らん」と。とうとうやって来たか。
 あれから。あの日、センダイムシクイが飛来してからひと月半あまり、とうとうこの日がやって来た。春の渡りは終わってしまったのだろうか。

 市民の森でマミジロ♂が撮影され、西の丸庭園でミゾゴイが観察される。が、しかしムシクイの囀りもキビタキのぐぜりも耳にすることはない。嵐のように過ぎ去ったひと月半、春は終わってしまったのか。

 どう、こんな感じで。ええ感じ?
 いや〜、マジで静かでしたで、ほんま。この一週間はサンコウチョウにジュウイチで大賑わいでしたんやろ、ちょっとはおこぼれに預かれるかと思ったけど、アカンかったわ。
 まっ、5月も半ばを過ぎたからな、多くは期待出来まへんな。ただ、まだ何があるか分かりまへん、もう暫くは気ぃ抜いたらアキマヘンでぇ。

 エナガ、スズメに続いて森ノ宮駐車場付近と梅林ではシジュウカラの一番子が観察される。この後はメジロやコゲラ、ツバメのチビさんも姿を見せてくれまっしゃろ。新たな命との出会いを楽しみつつ、残り少ない夏鳥の飛来を待つとしまっか。

 人工川で目に付いたホナガカワヂシャを撮影し、
IMG_3388.jpg
 体を起こせばここでは久しぶりのコサギ。
 足に注視、越冬期中よく見かけた指折れ個体。久しぶりに顔を見せてくれたんはええけど、お前さんは繁殖はせんのか?

 でもって、もみじ園で撮ったコメツブツブクサに似た花、
IMG_3394.jpg
 確かこの花は???一応名前の確認をと「コメツブツブクサに似た花」でググってみると、なんと過去のワシのブログにヒットしましたがな!!!
 でもって、名前はクスダマツメクサ。なんでも書いとくと役に立つもんでんなぁ、ほんま。

 この撮影後、もみじ園付近で繁殖したスズメの群れに突っ込むチョウゲンボウ。失敗し一旦東に飛翔したがUターン。

 ひょっとして尾羽に黒班の黒っぽちゃんかなと撮影、帰って拡大。
IMG_3399.jpg
 どう見ても黒班がおまへんなぁ、一時空堀と内堀梅林側でよく見かけた個体とは別物ですわ。
 ところで黒っぽちゃんは何処へ?

 でもってマルガモ親子は。
 内堀で親1羽、雛5羽。南外堀親1羽、雛3羽。

 ってな事で、渡りの関する情報は今日はほぼなし、では今日の鳥たちといきまっか!
マミジロ・ミゾゴイ・チョウゲンボウ・アオバト・ツバメ・エナガ・カワラヒワ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・カルガモ・コサギ・アオサギ・
 

 さて、こうなると蝶に期待するしかおまへんが、これがまた少ない状況ですわ、ほんま。
 4月21日から長〜く咲いてる、においの森のカラタネオガタマ、
IMG_3391.jpg
 例年2週間程で終わってしまうけど、今年は何だかだらだらと長いこと咲いてますわ。この木の向かいにある虫に人気のイボタの木。ここでアオスジアゲハを見つけるも、この1頭を含め5頭のみ。

 人工川裏で見頃を迎えたサラサウツギを撮影し、
IMG_3377.jpg
 足下からモンシロチョウが舞う。ここでは撮れんかったんで、京橋口で満開のヒルザキツキミソウでマッタリお休みの写真をどうぞ。
IMG_3413.jpg
 自分で言うのもなんでっけど、柔らかくってええ感じで撮れてまんなぁ、まさに春って感じ!

 梅林でヒメアカタテハが観察され、モンキチョウを確認。
 人工川ではゴマダラチョウの飛翔を確認。ひょっとしてあの越冬してた幼虫やろうか?
 ヤマトシジミは3頭、キタキチョウは1頭と少ない状況。

 今年は盛り上がった春の渡り、でも蝶の方は今イチやなぁ。
 あれから・・・。昨秋のあの台風から何だか調子が狂ってるような???
posted by ひでキング! at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月12日

有終の美は?

 今日は反省会でも祝賀会でもおまへん、春の渡りも終盤を迎え夏に向けての対策ってとこでっか、名付けて、今年の夏はどうしよう会???

 大型連休を過ぎて山の日と谷の日が交互にやって来る、三日前は山の日、一昨日は谷の日、昨日は山の日、となると・・・

 市民の森で大将や大阪城公園野鳥酒の会の面々と出会い暫く歓談。登城したバーダーが次々現れ大将に情報を求める。
「一昨日は谷の日、今日は山の日、今日は谷の日でっせ」と皆さんに伝える大将だが・・・

 今日は朝から飛騨の森でサンコウチョウが観察されるも西へ移動し、京橋口→西の丸庭園へ入ったと。暫し時間が経ち、また飛騨の森へと。

 今日の人気者はこのサンコウチョウ。他に梅林南端で♀が観察されたと聞く。
 豊国神社裏ではミゾゴイが通路の真ん中にポツンと居たと。現場に居た山男Tさんが居合わせた酒の会会長に撮影を依頼、そのモニターを見せて頂く、見事な飛翔写真???

 大将や酒の会の面々からその他情報を頂く、その内容は・・・
●サンコウチョウ:上記飛騨の森♂、梅林南端♀。
●ミゾゴイ:豊国神社裏で観察された後行方不明。
●オオルリ:沖縄復帰の森、配水池東共に♂。
●キビタキ:沖縄復帰の森、市民の森、で♂。人工川裏、配水池東、梅林で♀。
●コサメビタキ:もみじ園。

●オオムシクイ:音楽堂西通路、市民の森。
●メボソムシクイ:市民の森、梅林。
●エゾムシクイ:飛騨の森2羽。
●センダイムシクイ:教育塔裏、沖縄復帰の森、市民の森、飛騨の森で計5羽。
 今日も4ムシクイ確認。

●アオバト:ミライザ裏やさくら広場で数羽観察された後、市民の森で6羽の飛影。その後市民の森数カ所で「アオ〜」の寂しい声が響く。
●アカハラ:飛騨の森2羽。
●イソヒヨドリ:京橋口で♂♀が観察される。9:00。
●エナガ:市民の森で5羽観察、その後水飲み場で水浴び。
●ウグイス:飛騨の森でええ声で囀ってたと大将。

 その他、市民の森で杜鵑の飛影を自身や他複数人が目撃するも識別に至らず。

●キンクロハジロ:南外堀♂1羽。
 マルガモ親子、昨日同様南外堀親鳥1羽雛3羽、内堀親鳥1羽雛6羽。

 はてさて、今日は山の日?谷の日?

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
ミゾゴイ・サンコウチョウ・オオルリ・キビタキ・オオムシクイ・メボソムシクイ・エゾムシクイ・センダイムシクイ・コサメビタキ・イソヒヨドリ・アカハラ・ウグイス・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・アオバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キンクロハジロ・カワウ・

 でもって蝶でっけど、その前にアオスジアゲハが食樹とするクスノキが今満開、風のないときにいずれと思ってたんで今日は絶好のチャンス!
IMG_3353.jpg
 やっと撮れましたわ、小さい花なんでなかなか撮れまへんでしてん。

 で、そのアオスジアゲハ、すくの木ではなくにおいの森のイボタの木で2頭が吸蜜。
IMG_3369.jpg
 この木は色んな虫に人気がおまんなぁ、アオスジアゲハ以外に、クマバチ、アハナブ、今季初めて見たハナムグリも蜜を求めて花に顔埋めてましたわ。

 でもって、市民の森で雑談中、ふらっと現れたんがゴマダラチョウ。
IMG_3373.jpg
 もちろん今季初観察。

 音楽堂西通路ではクロアゲハの♀も観察されたとのこと。若干遅いけど蝶もそろそろエンジンかかってきましたなぁ。

 でもって、少〜しずつではおまっけどトンボもちょいちょい確認出来てまんねん。
 人工川ではシオカラトンボ♂に続いて♀も確認。
 東外堀ではギンヤンマも観察され、においの森で上のアオスジアゲハを撮影中、ひょっこり姿を見せたオオヤマトンボ、
IMG_3364.jpg
 数秒留まって飛んでったけど、枝止まりの本種は初めて。じっくり見たらやっぱデカいな。

 大型連休から一週間、ようやく生活のリズムが戻ってきたような・・・
 あと僅かとなった春の渡り、有終の美はどの鳥が飾るやろうか???
posted by ひでキング! at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月11日

祝賀会?

 元山さ〜ん、これでっせ、これが紫蘭でっせ〜。
IMG_3335.jpg
 数日前の元山さんのブログで、ひでキング!に聞こって書いてはったんで、今日お会いしたら伝えようと思ってたけどお休みのようやってんで、ここでお伝えしますわ。

 以前は緑のリズムで目立ったけど今はバーベキュー屋さんになってまっしゃろ、なもんで一番わかりやすいところが、飛騨の森の西側かな。観察時ご覧ください。

 さて、今日は朝イチ歯医者に行って10時に観察スタート。
 いきなり教育塔裏で20名程のカメラマン。その中には大阪城公園野鳥酒の会会長、さかなやさんも。サンコウチョウ?と訪ねると、無言でうなずき、自転車のボックスからビールが出てくる。

 サンコウチョウに加え、人工川からは「キョロッチー・キョロッチー」とマミジロの囀り。でもって、今季初認のサメビタキも同所で観察と。

 観察開始即ビール??? 一応悩んだけど、昨日の様子やったらまっ、ええか。こんなときもある、今日はここで腰を下ろすかと冷たいビールを流し込む。
 目の前では長い尾をひらめかせたサンコウチョウ、後ろからは「キョロンチー」。旨い!幸せ!

 昨日は8時から反省会やったけど、今日は祝賀会やと、会長の笑い声が響き渡る。
 さかなやさんの持ってきたプレミアモルツは「祝」の入った祝令和バージョン、さすが用意がええな。

 2本目の栓を開けた瞬間さかなやさんが、今日は多いよ、飛騨の森でキビタキ6羽、豊国神社裏でムギマキ、でもって市民の森ではジュウイチが2羽・・・っておい!それを早よ言うてよ、ビール飲んでる場合やおまへん、グビッと2本目を飲み干して、歩を進める。

 はぁ〜、新緑がまぶしい〜。
IMG_3317.jpg
 で、気合いを入れ直して・・・

●サンコウチョウ:上記教育塔裏の他、梅林南端雑木林、市民の森で全て♂。
●ジュウイチ:市民の森2羽、うち1羽は沖縄復帰の森へ移動と聞く。
●サメビタキ:教育塔裏。
●マミジロ:人工川。
●キビタキ:飛騨の森♂5羽♀1羽、教育塔裏♂2羽、豊国神社裏♂3羽。
●ムギマキ:豊国神社裏♂若いタイプ。午後には教育塔裏へ移動とのこと。

●オオムシクイ:飛騨の森、豊国神社東。
●メボソムシクイ:市民の森。
●エゾムシクイ音楽堂西通路。
●センダイムシクイ:教育塔裏、市民の森。
 へっへ〜、4ムシクイの囀り確認!
 っと、夏鳥はこんなところですわ。昨日から一変今日はそこそこの賑わいでっせ。

●チョウゲンボウ:上空で観察された後、空堀の石垣で確認されたとのこと。
●ハヤブサ:豊国神社上を旋回11:00。
●アオバト:さくら広場。
●エナガ:市民の森で1羽。でもってその1羽がこんな行動。
IMG_3331.jpg
 最低1分はこんな姿勢。回り込んでみると体を傾け尾羽を目一杯広げる。あのちょこまかするエナガがこんなに大人しいのは珍しいなぁ。これって虫干しなんやろうな、ハトやムクドリでは良く見るけどエナガは初めて。

●キンクロハジロ:南外堀♂1羽。
 気になるマルガモ親子、南外堀では親鳥1羽にには3羽。内堀は親鳥1羽に雛6羽。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
サンコウチョウ・ジュウイチ・マミジロ・サメビタキ・オオムシクイ・メボソムシクイ・エゾムシクイ・センダイムシクイ・チョウゲンボウ・ハヤブサ・エナガ・カワラヒワ・コゲラ・メジロ・シジュウカラ・キジバト・アオバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・カワウ・キンクロハジロ・カルガモ・ハクセキレイ・

 さて、蝶でんな。教育塔裏で落ち着かんで良かった。
 先へ進んでまもなく、人工川東で足下からひらっと舞ってスーと飛翔するモノクロの蝶。その模様はアディダスの三本マーク。

 見失うことなくゆっくり追って、ヨッシャ〜!コミスジや!
IMG_3313.jpg
 第一化の時期やけどえらい翅が傷んでるなぁ、早くに羽化したんやろうか?それとも鳥に狙われたんやろうか。

 そうそう、狙われたで思い出した。
 教育塔裏で会長が撮影したサンコウチョウ、蝶を咥えてるとモニターを見せて頂く、おもいっきり拡大してもらって・・・ひょっとしてクロコノマチョウ???

 翅の形や透けて見える模様から多分そうやと思いまんねん。それ以外にもう1頭捕まえたと。
 あっちゃ〜、自然界の厳しいのは仕方ないとして、捕まる前に確認したかったなぁ。

 その後も人工池で今季初のツマグロヒョウモン。
IMG_3316.jpg
 梅林、城南駐車場でも確認、全て新鮮な♂。

 今イチ増えきらんアオスジアゲハ、梅林で吸蜜の1頭をはじめ、
IMG_3347.jpg
 たったの4頭。やっぱ少ないなぁ。

 その他、モンシロチョウ、キタキチョウ、モンキチョウ、ヤマトシジミ、アゲハを確認するも黒色系アゲハとは今日も出会わず。でもってそろそろあの蝶が渡ってくる頃、注意せんといけまへんな。

 さ〜、明日は反省会か祝賀会か。とにかく朝から歩いてみますわ。
posted by ひでキング! at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月06日

切り替え

 「お〜い、お〜い」。朝からなんやねん、おっさん。
 連休最後の今日、ビルに反響した大きなおっさんの声で目が覚める。目覚めの悪い朝やなぁ、ほんま。

 「ホ〜ホケキョ・ケキョ・キョキョキョキョ・・・・」と裏の林から聞こえるウグイスや、表現できん複雑なキビタキの囀りで目が覚める。その声を求め家を出ると目の前には日本海の澄み切った青、さざ波の音にウミネコの賑わい。

 3日から5日まで海を渡って佐渡島へ。連日爽快な目覚めでしてん。やのに今日は「お〜い」でっせ、同じ日本とは思えんなぁ、ほんま。

 しかし旅行に行ったんは何十年ぶりやろ。カミさんの友人が数年前佐渡島に移住、カミさんと共に遊びに行ったけど、ええとこでんなぁ、ほんま。

 鳥見が目的ではおまへんが野生のトキと2度の出会い、感動ですわ、実際。水が張られた田んぼにはトキをはじめ、ダイサギやアオサギ。山に入ればアカゲラの小気味のええドラミングにツツドリが「ボ〜、ボボ〜ボボ〜」。トビが頭上を舞い眼下には日本海。普通に歩いてるだけでも充分鳥見ですもん。

 ってな事で、一年で最も盛り上がるゴールデン・ウィークに大阪城公園を留守にしたけど、何だかあまりって言うか、ほぼ盛り上がらんかったようでんな。気になって気になって仕方かなかったけど、ワシとして、「は〜良かった」の世界。

 さて、今日の野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。
●飛騨の森天端でひょっこり姿を見せてくれたイソヒヨドリ。
IMG_3297.jpg
 何だか今イチ綺麗なブリーになりきれてない♂。

●山男Tさんが、豊国神社裏でシロハラ。この2種かな追加は。

 で、蝶でっけど。
 気温が上がってあっちもこっちもと思ったけど意外と少なく4種の観察のみ。
 今日イチの蝶は、教育塔裏で日向ぼっこのアゲハ。
IMG_3251.jpg

 人工川、飛騨の森でアオスジアゲハ。
 梅林と空堀でキタキチョウ。
 人工川梅林でモンシロチョウ。これだけですねん。

 でもね、人工池で2匹のシオカラトンボ。本種は昨日も梅林で観察され、4日には梅林でウスバキトンボも確認されてますねん。

 この先野鳥は徐々に少なくなるけど、蝶やトンボが忙しくなる時期。ちょいとばかりモードを切り替えて観察せんといけまへんな、ほんま。

 でもって、あっと言う間やった長〜い10連休も今日で終わり、明日から仕事なんでこれまた切り替えんといけまへんな。

 それより、どっぽり浸かった佐渡島の大自然の空気からコンクリートジャングルの大阪モードに切り替えるんが一番大変かも。なんたって「お〜い、お〜い」でっせ。

 
posted by ひでキング! at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月02日

後ろ髪が・・・

 やっとゴールデンウィークらしい爽やかな天気になりましなぁ、は〜気持ちええ。
 連休スタートは、なんじゃこりゃ〜ってくらい寒くって、その後は曇天。昨日、一昨日は雨でしたやろ、やっぱゴールデンウィークは快晴でなくっちゃ。

 で、今日の野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をごらん頂きって、何かと現れまんなぁ、この春は。そのうえワシからも追加ですわ。

●サンコウチョウ:市民の森でジュウイチと聞きいそいそ歩を進めカメラマン数十名が樹冠を見上げる。居てそうな雰囲気と思いきや、サンコウチョウとのこと。やや尾の短い♂と。
●ヤブサメ:飛騨の森で。
●コサメビタキ:音楽堂西通路樹上で囀り?表現できん。
●アオバト:市民の森で♀が観察される。
●イソヒヨドリ:豊国神社裏で♂若鳥が10名程のカメラマンに囲まれるも気にすることなく懸命に採餌。
●エナガ:弓道場北側で成鳥3羽幼鳥5羽が観察され、愛の森でも成鳥1羽幼鳥3羽。
●ハクセキレイ:太陽広場東の森で。
●ゴイサギ:第二寝屋川を成鳥1羽が飛翔と聞く。

 いやいやどうなってまんのやろう。マジで大きな谷の日がなく日々何か楽しめるんと違ゃいまっか。後半が見物でんな。

 でもって蝶でっけど・・・
 居らんわけではおまへんねんで、今日もヤマトシジミの令和初の交尾を確認したし、
IMG_3235.jpg

 アカバナユウゲショウが咲いてた梅林で
IMG_3239.jpg
 ベニシジミやモンシロチョウ、キタキチョウも複数観察。

 サンコウチョウ近くでアカタテハ。
 アゲハはツツジ廻りで飛び回り。
 アオスジアゲハもクスノキの新緑と見事にシンクロ。

 種もそこそこ確認してまんねんけど、どう言うたらええんか自分の中でバッ!っと湧き上がるモンがおまへんねんなぁ、なんやろ。

 先週はナガサキアゲハの飛翔が確認されてまんねんけど何だか観察頻度が少ないような・・・
 教育塔裏で咲き始めた梅花ウツギにヒオドシチョウ。
IMG_3227.jpg

 セイヨウジュウニヒトエがそろそろ終わりそうな沖縄復帰の森のツツジにクロアゲハ。
IMG_3232.jpg
 
 でもって、どっからともなくひらひら舞ってくるアサギマダラ。連休中にそんな光景に出会いたいなぁ、ほんま。

 ってあっ、いやでもね。実は明日から3日間大阪城公園を空けることになりますねん。大阪城公園通いを始めてこの時期に3日間も空けるのは始めて。坊主頭のワシでも後ろ髪引かれる思いで、ちょっとだけ海を渡って旅に出ますわ。

 その間、元山さん情報や皆さんの情報網を駆使して大阪城公園で目ぇいっぱい鳥見を楽しんでおくんなはれ。
 ほなっ、行ってきまっさ〜!!!
posted by ひでキング! at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月01日

令和の抱負 

 やって来ましたなぁ、新時代「令和」。
 報道各局、昨日の天皇さんの退位の儀、今日は即位の儀で持ちきり。でもって昨夜の「令和元年」を祝う全国の行事が報道されてまんなぁ。

 平成時代の日本は戦争もなく平和な30年。昭和時代に変化した生活様式が更に加速し便利な時代へ。あっという間に新しいモンがどんどん出てきましたもんなぁ、ほんま。
 その反面、経済の乱高下が著しく現在でも決して安定したとは言えん状況。一端事が起これば、反動の速度が速いって言うか直ぐに影響が出てきますもんなぁ、庶民の生活に。

 一方、鳥たちは平成だろうが令和だろうが関係なし、いつも通り淡々と逞しく生活してましたで。

 緑のリズムで心地よい声に足が止まる、樹冠を見上げ探してるとキビタキが喉を膨らませ大きな囀り。ワシの向かい側にはK川さんも樹冠部を見上げている。

 でもって立ち話をしていると、昨日豊国神社裏で知人と立場話しをしていると急に現れたのがミゾゴイと。モニターを見せて頂き、ほんに!
 直ぐさまカラスに追われたとのこと。平成最後にミゾゴイが撮れたとニコニコ顔。

 その後、飛騨の森でY田さんと狛犬のところで出会う。さっきまでコマドリが居ったと。
 ツツジの植え込みに何か居ると粘ってると、ひょっこりはんとコマドリ。その瞬間、西の丸庭園開かずの門に向かうタクシーが「ドンッ」と、何かにぶつかりビックリして西の丸庭園に飛び込んだと。

 その場を確認すれば・・・なるほど、縁石に黒い欠片が。タクシーの剥がれた塗装が縁石に。
 そりゃ〜ビックリするやろぅ。

 でもって、そのY田さんから、早朝飛騨の森からさくら広場方向へミゾゴイが飛んでったと聞いたとのこと。そうなんや、昨日のミゾゴイまだ居てるんや。

 観察終盤、豊国神社裏で再びK川さんと出会う。先のミゾゴイの話をすれば。
 今さっき、配水池東でこれを撮ったとミゾゴイのモニター。昨日今日とえらいタイミングよろしいなぁ。ご本人は、平成最後と令和の最初にミゾゴイを撮影と、ニコニコ顔×2。この出来事は一生の思い出になりまっしゃろ。

 でもってK川さんの話では、昨日配水池東でメボソムシクイの囀りと。3ムシクイが揃ったかぁ、あっという間にそんな時期になりましたな。

●ミゾゴイ:上記通り昨日は豊国神社東で、今日は配水池東で撮影される。
●キビタキ:教育塔裏、豊国神社裏、緑のリズム、飛騨の森、配水池東で計6羽。♂5羽♀1羽。
●オオルリ:豊国神社裏♂1羽♀1羽。元ヘリポート北端で♂。
●コルリ:音楽堂西通路で2羽と聞く。自身微かに囀りを確認。
●コマドリ:上記飛騨の森狛犬から西の丸庭園へ移動の1羽。
●センダイムシクイ:市民の森、愛の森、梅林など計6羽。
●エゾムシクイ:沖縄復帰の森、愛の森など計5羽。
●ツバメ:各所疎らで6羽。

●マミチャジナイ:修道館裏付近で1羽。
●アカハラ:城南地区、豊国神社裏、配水池東で。
●シロハラ:天守閣裏、沖縄復帰の森、豊国神社裏。
●アオジ:梅林で3羽をはじめ計5羽。

●モズ:人工川。
●エナガ:緑のリズム5羽。
●ハクセキレイ:自身久々に太陽広場東の森で。

 そんじゃ、水鳥といきまっか。
●ヨシガモ:元山さんや他の人がちょいちょい観察してるけど一向に見つけられんかったワシ、今日は内堀西側で♂♀がマッタリ休憩してるの見たけど、なんでまだ居てるん?
●マガモ:飛騨の森天端歩行中、北から♂♀が飛来、♂は北外堀へ着水♀は天端堀沿いに降り立つ。暫く歩いて西へ飛翔、追っかけるように♂も飛び立つ。
●カルガモ:内堀、人工池で計4羽。
●コガモ:南外堀で昨日同様2羽。
 昨日まで確認出来た南外堀のキンクロハジロ、平成と共に去って行きましたわ。現時点では昨日が終認。

●ゴイサギ:北外堀塒で。暫くは若鳥が続いてたけど今日は成鳥1羽。
●コサギ:北外堀を西へ飛翔。

 皆さん、平成締めくくりの鳥見はどないでしたん?でもって、令和最初の鳥見はええ事おましたか?

 大阪城公園は雨に終わり雨に始まりましたわ。こればっかりは、天気だけはどうしようもおまへんもんなぁ、実際。で今日、雨の中歩いてて思いましてんけど。
 人間の生活はどんどんスピーディーで便利になりまっけど直ぐに廃れるもんなぁ。でも鳥たちは日々淡々と昔ながらの生活してまんねんなぁ。ええもんは昔から変わらんって言うけどマジでそう思いますわ。

 彼らの生活は「シンプル・イズ・ベスト」これが一番!
 よっしゃー、令和時代のワシの抱負は「シンプル・イズ・ベスト」。

 えっ、なんでっか?「その前に、お前のブログをもっとシンプルにしてや」ってでっか?
 え〜、それはちょっと〜・・・。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
コマドリ・コルリ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・ツバメ・オオルリ・キビタキ・アカハラ・マミチャジナイ・シロハラ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・アオジ・コゲラ・スズメ・キジバト・ハシブトガラス・モズ・ムクドリ・
カワウ・カルガモ・マガモ・コガモ・コサギ・ゴイサギ・ミゾゴイ・ハクセキレイ・ヨシガモ・
posted by ひでキング! at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記