2018年09月23日

まっしぐら!

 さぁ〜、始まるでぇ、大阪城公園鷹渡り物語。
 天気予報通り朝は快晴、とはいきまへんねんなぁ、これが。東の空はすっきり晴れるも
P1010515.jpg
 真上から西の空は分厚い鱗雲。
P1010516.jpg
 その境界線がこんな感じですわ。
P1010521.jpg
 でも、スタート地点と思われる生駒山は雲ひとつなし、こりゃ〜かなり期待できまっせ〜!

 でもって、観察前に昨日の大阪近郊の鷹渡り情報を確認。高槻萩谷、奈良県、甲山など天候が回復した午後から一斉に渡ってるやおまへんか。しまった、昨日午後から粘るべきやったか・・・
 でも仕方おまへん、終わったことはどう仕様もないんで今日に期待するしかおまへんな。
 
 そんじゃ、鷹見前に撮ったチャバセネネリを見て頂き、
P1010513.jpg
 本文に入るとしまっか!

 ひでキング!号を専用駐輪場へ駐め、新たな鷹見場ミライザ裏の天端へまっしぐら。7:27。
 しばらく観察するも成果なし。
 例年観察する配水池東北東角が入れんと思ってたけど、倒木の処理が終わり通行可に。それやったらと移動し例年通りの場所で観察。

 やっぱりいつもの場所は落ち着きまんな。でも南側に立ってた大きなヒマラヤスギが倒れ直射日光が暑い。わずかな影に隠れながら仕切り直し。

 これまたしばらくすると、大阪城公園野鳥酒の会理事長、副理事長、さかなやさんが。少し遅れて会員見習いのH本氏も参戦。こりゃ〜心強い、一人やったらおしっこも行かれへんし。

 雑談しながら東の空を見つめる。18日に鷹が渡ったときの状況をさかなやさんから聞く。10数羽の観察を2度、10:05頃と10:50頃。ゴールデンタイムは10時台。

 9:58刻々と迫るゴールデンタイムを前に一同固唾をのみ双眼鏡を構える。皆の鼓動が聞こえるほど静寂した時間。東の空、生駒山頂を睨む8つの目。

 時計の針が10時を差した瞬間。「山頂電波塔の左上、3羽の鳥影」とさかなやさん。双眼鏡を覗きながら場所を確認する。
 お〜、回ってる〜。3羽の鷹が大きく弧を描き上昇!間違いなく渡りや!!!
 
 生駒山頂から徐々に旋回上昇、発見時ごま粒ほどの飛影が更に遠のく。識別なんてとてもやおまへんがな、実際。

 目を切ることなく3羽を追う。3羽は徐々に西へ移動。よっしゃ〜、こっちに来るやおまへんか!
 少〜しずつ、少〜しずつ近づく鷹、徐々に姿が鮮明に。副会長が飛影、下面の色合い、わずかに見える模様からハチクマと判断。

 その後、旋回飛翔から滑空しOBP上空を西へまっしぐら。その時はワシでもハチクマと分かる距離でしたわ。10:00〜10:06。

 その直後、東に目を戻せば同じコースを同じように上昇旋回する1羽のハチクマ。先の3羽を追いかけるようにOBP上空を西へまっしぐら。10:06〜10:09。

 10:38、東の方角生駒山稜線より下で大きな2羽と小さな1羽が絡むように飛ぶ。上昇する様子はない。大きな2羽の飛影はトビ、小さな1羽はハシブトガラス?その後上昇することなく麓へ消える。

 更なる飛翔を期待し東の空を望む。
 今度は先のハチクマよりやや南側で発見。3羽が稜線付近から徐々に上昇、その上には別の3羽が弧を描き天空を舞う。先ほどのコースとは別の城南地区上空を通過する南側コース。

 3羽ずつ徐々に高度を上げ風に乗り一気に西へまっしぐら。6羽中、4羽はハチクマと識別、あとの2羽はハチクマと思われる。11:05〜11:12。

 その後も待ち続け正午まで粘るも上空を通過する鳥の姿はなし。いったん晴れ渡った西の空が再び厚い鱗雲に覆われ今日の鷹見終了。

 皆さんお疲れさんですわ、ほんま。
 ごま粒ほどにしか見えん鷹探しにほんまおおきに!でっせ。しかもさすが副会長、鷹渡りのベテランでなきゃ〜あのハチクマは分からんかったやろうな。

 二度三度とごま粒を発見してくれた、さかなやさんも、さすがですわ。細かいとこまでよう見てるし。

 会員見習いのH本氏、慣れん鷹見でトビを見つけはったんはなかなかのもんですわ。

 みんなが協力すれば成果も上がりまんな。ワシ一人やったら成果なしやったかも。
 
 結果をまとめると。
10:00〜10:06 生駒山上空から大阪城公園の北側(OBP)上空を西へハチクマ3羽。
10:06〜10:09 上記同コースをハチクマ1羽。
11:05〜11:12 大阪城公園南側(城南地区)上空を西へ6羽。うち4羽はハチクマ、2羽もハチクマと思われるが・・・。

 渡りではおまへんが、東大阪生駒山麓付近でトビ2羽。

 大阪城公園で観察できる鷹見は基本的には本来のルートから外れるとワシは思ってまんねん。
 本来は大阪平野に入る前に北ルートは淀川沿い上空を西へ。南は生駒山脈、和泉山脈沿いに渡り西へ。
 大阪城公園(大阪平野)上空を飛翔する個体は何らかの原因でルートから外れた個体と違ゃうんかなって。いわば流れ者でっか。

 しかしいつも思うんやけど、大阪城公園上空を通過する鷹って、いつから渡ってるんやろなぁ、って。そんなことを思うと鳥見はやっぱマロン、違ゃうわ、ロマンチックでんなぁ、ほんま。

 明日もロマンを感じることが出来るやろうか。天気次第ではちょいとだけ空眺めようかな〜。
 
 鷹渡り以外の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 鷹見中、内堀水面を飛翔のカワセミ、梅林から東に飛翔のツバメ1羽。
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月22日

期待大!

 よしよし、天気予報通り昼過ぎには晴れ間がのぞき始めたな。
 朝からは小雨の予報、って事で昼までに用事を済ませ昼からサラッとひと廻りの予定、予定に合わせて晴れてくれましたがなぁ、こんな気持ちのええ事はおまへんで、実際。

 鳥見人とはあまり出会わんかと思いきや、行く先々で常連さん。今来たと言う人や朝から観察という人も。みんな気合い入ってまんなぁ、ほんま。まっ、否が応でも気合いの入る時期ですもんな。

 そんな方々から頂いた情報。
●キビタキ:市民の森♂♀、飛騨の森白斑タイプ。
●オオルリ:市民の森♀。
●サンコウチョウ:沖縄復帰の森。
●エゾビタキ:西の丸庭園。
●ヤブサメ:修道館西。
●オオタカ:市民の森では自身観察、桜広場でも観察情報。最近は市民の森と桜広場を行き来してる?
●ノスリ:今日も元射撃場で観察される。
●チョウゲンボウ:いつも通り空堀で。最近は西の丸庭園入り口東側の石垣がお気に入りの様子。

 でもって、やって来ましたで!カモ。
P1010487.jpg
 南外堀で1羽ぷっかり浮かぶヒドリガモ(交雑?)
 先週あたりからコガモかハシビロガモあたりの飛来がないかと気にかけてましたんやけどヒドリガモが今季初の越冬ガモとは。例年コガモかハシビロガモが一番ガモなんやけど・・・

 一番櫓前の松林ではマミジロ♂若鳥、二番櫓前では♀、沖縄復帰の森では♂成鳥も観察される。
 本種は20日には教育塔裏でも♂。21日は市民の森でマミチャジナイも観察され、大型ヒタキもそろそろ顔を見せ始めましたな。

 盆明けに始まった秋の渡り、ひと月あまりが経過しカモも飛来、そろそろ第2段階でっか。

 でもって、先週は休み明けに各地一斉に天空を舞った鷹、明日は朝から晴天の予報、期待せずにいられまへん。明日のブログは鷹一色といきまっか!

ほなっ、じょうきがいの鳥たち!
シジュウカラ・コゲラ・カワウ・カワセミ・カワラヒワ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ヒヨドリ・
posted by ひでキング! at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月17日

諦めたらアカン、って事?

 いやいや参りましたなぁ、実際。朝起きたら上空ドンヨリ。東の空ももちろんこの通り。
P1010447.jpg
 こりゃ〜鷹見はあきらめですわ、悔しいけど。

 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂いて、ワシの話に付き合うてもらいまひょか。

 しかし、ようもこれだけ鬱陶しい天気が続きまんなぁ、ほんま。そんでもって明日から晴れの予報でっしゃろ。なんで平日に晴れるかなぁ、実際。そのうえ、週末からまた雨の予報でんがな、愚痴りたくのうても愚痴が出ますわ。

 ままっ、ぼやいても仕方おまへん。鷹見のことはきっぱり忘れてひと廻りですわ。な〜んて思ってたら観察終盤一番櫓でKさんと出会う、いきなり上空を指さす。見上げれば比較的低い位置で3羽の猛禽が旋回してるやおまへんか!

 2羽が先行し西へ飛翔、追いかけるように数度旋回して西へ流れる1羽に狙いをつけて、パシャパシャパシャ、闇雲にシャッターを切る。
 暗い空で白い雲がバック、とてもやおまへん模様なんて。帰って思いっきり、思いっきり明るくして・・・
P1010480.jpg
 サシバや〜!!! これってサシバでっしゃろ〜!!! 11:50の出来事。

 この前に観察した梅林南端では、サンコウチョウ待ちの間に元ヘリポートでノスリが撮影される、11時頃。その上空では撮影されたトビのモニターを見せて頂く。でもって今日はチョウゲンボウはどうやったんやろ?

 しかし、ほんまビックリでんなぁ、オオタカにノスリにトビにサシバとは。この秋の大阪城公園は猛禽天国でんなぁ、実際。

 その他は・・・
●エナガ:北外堀沿いで1羽と、元ヘリポートで13羽の群れ。この群れが人なつっこくって手の届きそうなところを行ったり来たり。
●ヤブサメ:西の丸庭園。
●ゴイサギ:北外堀の塒から石垣へ飛翔。
●カワセミ:東外堀、北外堀で各1羽。
 ってなところですわ。

 で蝶の方は大きな変化はおまへんが、やっと姿を見せてくれましたわ、ウラナミシジミ。っていうても、撮影されたモニターを見せてもらっての確認でっけど・・・

 アオスジアゲハはやはり少なく3頭。ヤマトシジミも昨日より少ない4頭の観察。
 青屋門前花壇がちょいと賑やか、イチモンジセセリにチャバネセセリ、でもって久々のベニシジミ。
 人工川ではキタキチョウが地を這うように飛翔。

 ツバメシジミだけは個体数が増え10頭の観察。
P1010451.jpg
 教育塔裏では4頭が一箇所に。綺麗な個体やったんで今朝生まれ?でもって今日のツバメシジミはやたらイノコヅチに留まってたな。なんでやろ?ってな事考えてたら、妙なことに気がつく。

 大方の蝶って成虫で2〜3週間の寿命でっしゃろ、って事は生まれた時期に咲いてる花の蜜しか吸えんって事ですわな。初夏に生まれたら初夏の花、秋に生まれたら秋の花。

 春から秋までほぼ毎回観察できる蝶なんかでも、個体単位で考えたらそういう事ですもんな。春から秋まで色んな花が咲いても自分が生きてる時期に咲いてる数種類の蜜の味しか知らんてことでんな。それがどうなんって事はおまへんが、この写真撮ってるときに、ホッと思っただけで・・・

 そんじゃ〜トンボといきまっか!
 まずは綺麗な真っ赤なリスアカネ。西の丸庭園で撮影され、これまたモニターを見せて頂き確認。
 はぃっ?ちゃんと確認しいや、ってでっか。えっ、ま〜その〜・・・

 昨日ほど賑やかではおまへん。ギンヤンマも昨日より少なく12匹、おっ、結構居ったんや。東外堀では交尾産卵。

 シオカラトンボ♀、東外堀。
 タイワンウチワヤンマは4頭。
 アオモンイトトンボは北外堀、南外堀で共に♂。
 西外堀では久々にコシアキトンボを観察。
 これまた久々のショウジョウトンボは、北外堀で産卵行動。

 冗談抜きで来週は晴れてくれへんかなぁ、ほんま。こんな曇天続きやったらマジで鷹見する気になりまへんがな、実際のところ。

 でもなんでんな、昨年今年と東外堀では水草が除去されても諦めず産卵するギンヤンマ。
 これでもか!ってくらい除草され、わずかに残った葛の葉を利用し毎年生まれてくるウラナミシジミ。
 こんなに天気が悪ぅても前へまえへ、越冬地へ向かうサシバ。

 何事も諦めたらアカン、って事でっか。ほなっ、来週は雨でも鷹見や!って、それはちょっと・・・

 
 
posted by ひでキング! at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月16日

予定変更!

 変更の変更ですわ、今日は。
 この3連休の天気予報、土→午前中小雨、日→一日曇り、月→午前曇り午後から晴れ。当初はこんな予報でしたやろ、なもんで昨日は用事を済ませる予定をそのまま実行、今日は普段通りの観察、明日は鷹見、そんな予定してましたんやけど今朝出発するときめっちゃ晴れてまんがな、これが。

 日程を急遽変更して、今日は鷹見!って事で、8時に鷹見場へ。って言うてもお気に入りの鷹見場(配水池北東角の石テーブル)は台風の影響で立ち入り禁止、ってな事でミライザ裏の天端に陣取って鷹を待ち構える。

 大阪城公園野鳥酒の会会長、平会員のさかなやさんの激励を受け気合いを入れるも・・・
 真上の空は雲が多くも晴れ間が広がる、期待できそう。しかし出発地点(?)の東側の空が一向に晴れる気配なし。1時間ほど待って諦めましたわ。予定変更の変更で結局いつも通りひと廻り。

 野鳥の状況は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。で、元山さんは何時頃チョウゲンボウ見はったんやろ。ワシが見たんは2回、9時頃と12時半頃ですわ。

 9時頃に行ったときは、お気に入りの突き出た石から修道館側の石垣の葛の葉の中へ、そこから飛び出しお気に入りの石より北側の石垣に留まる。
 その足には緑色の大きな物体。その物体を掴み損ね石垣を転がる。急降下で追っかけ再び握りしめる。その物体ってのが、これですわ!
P1010416.jpg
 15p位あるやろうか、模様からスズメ蛾の幼虫やと思いまんねん。しかし、がっちり握ってまんなぁ、ほんま。

 この後ササッと一廻りして12時半頃にも同所で観察。
P1010442.jpg
 朝から半日同じ場所にいてたんやろうか???

 でもってワシからの追加は・・・
●ノスリ:最近毎日観察されてる本種、今日も早朝に元射撃場で観察されたとのこと。
●カワセミ:北外堀1羽。
●ヤブサメ:梅林うめみ坂1羽。
●エナガ:沖縄復帰の森1羽。

 それと種の追加ではおまへんが、コムクドリとサンコウチョウ。
●コムクドリ:愛の森と飛騨の森の間の階段付近で10羽ほどが観察される。ケチャップ姉さんは6羽は間違いないと、うち2羽は♂であったとのこと。ワシは♀2羽を見たんで♂♀各2羽、不明2羽ってなとこでんな。
●サンコウチョウ:沖縄復帰の森では一時3羽が観察され、うち1羽が市民の森に移動とのこと。
 と、メジロ、コゲラ、ハシボソガラス、カワウ。


 そんじゃ、蝶といきまっか!
 先週は台風後初の観察って事と足下も気になりじっくりとは行かんかったけど、今日は何かと出会いましたで。

●アオスジアゲハ:7頭と少ない。やっぱ羽化期に台風でっしゃろ、影響ないとは言えんやろうなぁ。
●ヤマトシジミ:こちらも13頭と台風前から大きく減少。
●モンシロチョウ:城南地区で1頭。
●モンキチョウ:台風を幼虫で乗り越えたか。羽化期を迎え5頭の観察、いずれも新鮮な個体でしたわ。鷹見中、足下のツルボで吸蜜の写真をば。
P1010397.jpg
 長いこと居てましたでぇ、よっぽどツルボの蜜がお気に入ったんやろうなぁ。

●ツマグロヒョウモン:城南駐車場で♂2頭。
●アカタテハ:修道館裏。
●ツバメシジミ:人工川1頭。
●イチモンジセセリ:北外堀沿い。
●ウラギンシジミ:豊国神社東、もみじ園。
P1010427.jpg
 とまぁ、こんなところですわ。


 ではトンボでっけど・・・。こんなん初めて、マジで初めて!
 ギンヤンマを14匹も見ましたで、マジで!
 一年通じて5匹くらいは一日で観察することおまっけど、10匹を超すのは始めてちゃいまっか。確かに最近は街中でもチラホラ見かけるんで、何処でも居てるんやなぁ、って感心してましてんけど、それにしても多い。

 特にビックリしたんが、北外堀。水面から見える水草(オオカナダモ?)が繁茂した場所で交尾産卵の番が3組。ホレ!
P1010439.jpg
 でもって、ホレホレ!
P1010435.jpg
 そんでもって、ホレホレホレ!
P1010432.jpg
 ね、これ一歩も動かんと撮ったんでっせ。どれだけ卵産んだんやろ、そんでどれだけ羽化できるんやろ。

●ウスバキトンボ:34匹と増加に転じる。
●タイワンウチワヤンマ:内堀、南外堀、北外堀で計5匹。
●マイコアカネ:人工川近くで♂1匹。

 台風21号のあと、なかなか天気が落ち着きまへんなぁ、ほんま。涼しかったり暑なったり、カラッとしたりジメジメしたり。

 休みの天気予報に合わせ色々予定組んでまんねんけど、こんなにコロコロ天気が変わったらあれもこれも予定変更ですな、実際。
 ままっ、ワシの予定が変更する位はええけど、鳥たちが予定変更!大阪城公園はパス!ってな事だけは辞めてほしいな。

 でもって、明日は鷹見の予定。変更がなければ・・・
posted by ひでキング! at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月09日

状況報告

 台風後初めての大阪城公園。
 元山さんのブログや大将からのメールで悲惨な状況やって事は承知の上。昨日は仕事やったんで今日は雨でも観察に出向く予定してましてん。って、観察って言うか状況確認って感じかな。

 全体的には思ってたより歩ける箇所が多かったな。通路脇には切り刻まれた倒木があったんで通路にあったものが撤去されたのは見て取れますわ。では、今日現在西の丸庭園を除く各エリアの状況を簡単に。

【エリア全体立ち入り禁止】
★太陽広場東の森
 大木が多数倒れ通路をふさぐ。普段は見通しのよい森も倒木の枝で全く見通しがききまへん。写真は弓道場と駐車場間から西北(太陽広場グラウンド側)を撮影。
P1010365.jpg
 普段はグラウンドまで見通せるが全く見えず。大木が倒れ暗い森が明るくなる。

★飛騨の森
 倒木は少ないものの大きな枝が通路を阻む。

【一部立ち入り禁止】
★配水池北東
 ミライザ裏から配水池東藤棚あたりまでは通行可。北東角は折れた枝が散乱し通行禁止。

★修道館と豊国神社の間
 ヒマラヤスギの大木が倒れトイレの一部崩壊状態のため、トイレ付近通行禁止。

★音楽堂西通路
 南階段から中央階段付近まで通行できまへん。この通り。
P1010360.jpg
 音楽堂側の木々が複数本倒れふさがれる。通行禁止ではおまへんが、とても通れる状態やおまへんわ。

 とまぁ、通行禁止のエリアはこんなところでっか。その他は・・・

★市民の森
 倒木数は太陽広場東の森に次いで多い感じ。大阪城公園では大きな森なんで確率から言うてもそりゃ〜そうでんな。
 水飲み場南東ではタイワンフウやクスノキなど大木が多数倒れる。倒木を避けながら歩いたら行きたい方向とは逆の場所に。

★梅林
 全体的には大きな被害なし。中央のベンチに囲まれた大きなエノキの枝が折れてましたな。

★教育塔付近
 教育塔南側の通路は倒木のため通行できず。
 その通路に繋がる教育塔裏の三つ叉通路のクスノキがこんな状態。
P1010347.jpg
 根こそぎバッタリ。
 この倒れた土の高さ、ワシの背丈を優に超え2メートルはあったんと違ゃうかな。このクラスの倒木は全体で5本程度あったかな。

 一部の建物には木が倒れかかってたようでっけど倒壊したものはなさそうでんな。大手門や一番櫓では白塗りの壁一部吹き飛ばされてたけど。
P1010344.jpg

 大雑把こんな感じですわ。
 しかしまぁ〜、これだけの木々をなぎ倒す台風って記憶におまへんなぁ、実際。確かに景色が変わりましたな。

 倒れた木々を眺めながら・・・
 市民の森のタイワンフウ、冬期には群れでアトリやカワラヒワが種を啄みに来てたけど今季はどうかな?

 教育塔裏のクスノキの大木、昨夏は大量に樹液を出し多数のハナムグリやコガネムシ、ゴマダラチョウを集めてたし、大阪城公園初のカブトムシを観察できた木。

 そんな木々との思い出が頭をよぎりましたわ。まっ、しかしこればっかりは仕方おまへん、倒れた木は起き上がらんし過去の思いでは胸にしまっておくとしまっか。
 この先また色んな出会いがあってそれが今後の思い出になりますもんな。

 来週以降、様変わりした大阪城公園の生き物(野鳥、蝶、トンボ)を記録して、台風前と後の比較をするのもこれまた観察。ってな事で今日の観察種はササッと書きまっせ!

《野鳥》
●オオタカ:市民の森、西の丸庭園で観察される。
●ノスリ:元ヘリポート、元射撃場付近で毎日観察とのこと。今日は元ヘリポートで複数人撮影。
●ツミ:沖縄復帰の森で複数人が撮影とのこと。
●チョウゲンボウ:空堀で今日も観察される。

●コサメビタキ:教育塔裏、空堀、豊国神社東、桜広場。
●ヤブサメ:梅林南端雑木林。
●キビタキ:豊国神社東♀型。
●サンショウクイ:配水池東でお気楽先生が観察と聞く。
●エゾムシク:市民の森。倒れた楠の頭頂部を跳ね歩く、位置的にはほぼ目線。一時は地面に降りて跳んでましたわ。

●カワセミ:南外堀で2羽。
●アオサギ:北外堀。
●カルガモ:北外堀。

 他は・・・シジュウカラ・コゲラ・メジロ・キジバト・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

《蝶》
●アオスジアゲハ:1頭のみ。先週増加しピークを迎えるかと期待したけどアキマヘン。台風の影響か羽化期が大きく変化したか?
●モンシロチョウ:城南地区でボロボロ個体1頭。
●ツバメシジミ:人工川、梅林、豊国神社東。
●ヤマトシジミ:城南地区、北外堀沿い、飛騨の森、梅林。
●イチモンジセセリ:城南地区2頭。
●チャバネセセリ:青屋門前花壇。

《トンボ》
●シオカラトンボ:人工川、城南地区。
●コフキトンボ:人工川♂。
●ショウジョウトンボ:北外堀♂。
●ウスバキトンボ:空堀、大手門。
●ギンヤンマ:西外堀2匹。

 こんな感じですわ。まだまだ、まともに歩ける状態やおまへん、特に市民の森や教育塔裏など通路に倒木が横たわってるんで観察時には充分気をつけておくんなはれや。

 でもって、こんな状況かつ雨の中観察に来てはった常連さん、色んな情報おおきに!
 まだまだ渡りはこれからなんで、これからもよろしゅうに、たのんまっせ〜!
 
posted by ひでキング! at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月02日

次から次へと

 まぁ〜次から次へと色々出てきまんなぁ、ほんま。嫌になってきまっせ、実際。って、野鳥やおまへんで。

 昨日、盆明けに治療を終えた箇所の状態を確認のため、予約していた歯医者へ。別に違和感もなくやっと通院が終わると思ってたら、一昨日別の場所のかぶせがとれましたがな、これが。

 新たにとれた箇所が虫歯になっており風を当てるとやっぱり凍みる。念のため麻酔をしますね〜、ってこの麻酔が疲れますわ、ほんま。どんなけ口開けとかんといかんねん、精神的にぐったり。一晩寝てすっきりしたけど、なんで歯医者に行くと疲れるん?

 しかしなんでこんなに次から次へと治療箇所が増えるん、年中歯医者行ってますわ、実際。
 
 さて、野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は・・・

 北外堀でカワセミ。
 同じく北外堀、冬期中塒やった木で「よ〜帰ってきたなぁ」のゴイサギ。
IMG_0270.jpg

 市民の森でエナガ、エゾムシクイ。飛騨の森でオオルリ♀。でもって、コゲラにメジロにカワウ。
 お〜、結構次から次へと出てきてまんがな。ってなところが追加ですわ。

★メールにて追加情報あり。って事で追加の追加。
●種の追加としてはチョウゲンボウが空堀、サンコウチョウは市民の森、でもって今季初のエゾビタキも教育塔裏、豊国神社裏に到着!

●それと、個体数が定かでなかったコルリ、結局薬局飛騨の森♂若鳥1羽、♀2羽、桜広場に♀2羽、修道館裏で♂♀各1羽、西の丸庭園に♂1羽、♂若鳥1羽、配水池東♂♀各1羽で、げ〜計11羽じゃん!!!
コルリのウェーブデーじゃんか!!!   ほんま次から次へと飛来しまんな!

 でもって、楽しみにしてたトンボ、梅林のマユタテアカネ。29日には戻ってた、とのことやったんで期待したけどアキマヘン。またどっかへ行ったんか、それとも大雨の影響で・・・

 その他トンボはこれと言って変わった様子もなくって言うか、少なく。
 シオカラトンボ・タイワンウチワヤンマ・アオモンイトトンボ・ウスバキトンボ・マイコアカネ・ってなところですわ。

 今度は蝶でんな。
 やっぱ少ないなぁ、アオスジアゲハ。先週より増えたとはいえ11頭。まっ、出会った個体一様に新鮮やったんで羽化期には入ってるんやろうけど今イチ個体数がねぇ〜。もうしばらく様子見みまっか。

 野鳥同様9月、10月は多くの種が観察できる蝶。次々から次へと姿を現し・・・
 盆明けから3週連続でキマダラセセリ、
IMG_0231.jpg
 そんでもって、イチモンジセセリに、
IMG_0236.jpg
 チャバネセセリ。
IMG_0259.jpg
 今日も3セセリ、ゲット!

 人工池裏では久々のツマグロヒョウモン。
IMG_0235.jpg
 しかも♀。昨季は初夏からほぼ毎週観察できた本種、今期はめっちゃ少ない。

 ヤマトシジミが行く先々で次から次へと47頭と一気に増加、まだまだこれからでんな。
 やっぱ小さいな、ツバメシジミ。もみじ園で隣り合わせの2頭を撮影したけど、なんの花か調べんといかん小さな花に留まる個体、
IMG_0255.jpg
 でもって、イネ科の葉に留まる個体。
IMG_0257.jpg
 イネ科の葉っぱなんで細いって事は想像つきまっしゃろ、その細い葉に留まってこの大きさでっせ、かなり小さいでっしゃろ。

 北外堀で飛翔を確認したルリタテハ、次から次へ現れ配水池東、豊国神社裏でも観察情報。本種3頭の観察は稀。

 極楽橋トイレ前ではウラギンシジミ。青屋門前ではベニシジミ。配水池でゴマダラチョウ。次から次へようさん出てきましたがな、これが。ってな事を思いながら帰り間際にはアゲハの飛翔を確認。

 次から次へと発生する台風、今週半ばには本州直撃の予報。これを何とか乗り切って来週からは野鳥が次から次に飛来してほしいもんでんな!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ルリタテハ・ゴマダラチョウ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記