2018年08月16日

よう、分からんけど・・・

 近畿は上陸してないし台風一過とは言わんか。どんよりした空、気の遠くなるような暑い気温ではおまへんがジトッと暑い。飛騨の森や豊国神社裏の天端は風が吹いて涼しい?なんかよう分からん天気ですわ、今日は。

 さて、ジトッとした大阪城公園、観察もジトッとした感じ。スキッとするようなことはおまへんでしたわ。大将が太陽広場東の森でエゾムシクイ1羽を観察しただけ。あとツバメを除けば夏鳥との出会いはなし。

ほなっ、今日の鳥たち。
ツバメ・エゾムシクイ・スズメ・カワラヒワ・カワウ・メジロ・シジュウカラ・コゲラ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・

 蝶も野鳥同様、これといった種の出会いもなく観察数に大きな変化もなし。時期も時期、イチモンジセセリを2頭発見したくらいかな。
IMG_0118.jpg

 それと出会ったヤマトシジミが一様に新鮮な個体。高温期型♂はなかなかのもんでっせ、ホレ!
IMG_0130.jpg
 ねぇ〜なかなかでっしゃろ。そんなとこですわ。

ほなっ、今日の蝶たち。
モンシロチョウ・イチモンジセセリ・ツバメシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・

 で、トンボはシオカラトンボとタイワンウチワヤンマって雰囲気。
 シオカラトンボは人工川の9匹をはじめ一廻りして計12匹。人工川では交尾の番いも。

 タイワンウチワヤンマは計11匹依然多い状況。特に北外堀ローソン裏はトンボ密度が高く、半径3メートルほどの範囲にタイワンウチワヤンマが4匹、
IMG_0147.jpg
 久々のショウジョウトンボ♂1匹。
IMG_0152.jpg

 他に、セスジイトトンボ♂と交尾の番。全て合わせて8匹が狭い範囲で、なんでか分からんけど・・・多かったわ。

 青屋門前の石垣を照らす照明灯の中にぶら下がるウスバキトンボ。
IMG_0137.jpg
 こんなとこで何してるんかなぁ?と思ったら、飛び回るはええけど出られんようになってまんねん。
 このままじゃ〜羽が痛むし、指を突っ込んだらひょんな拍子に出てきて飛んでいきましたわ。
 どんな角度で抜け出せたんかよう分からんけど。

 明日から仕事ってのになんだか怪しい天気でんなぁ、実際。
 お天気ニュース見てたらえらい天気図になってまんがな、これが。日本の周辺に3つの台風と熱帯低気圧がひとつ、何がどう動いても雨でんがな、実際。
 季節の変わり目、盆明けは台風の季節とはいうものの、そんなにようさん来るか台風。今週末から来週にかけては雨、台風かぁ、ほんま。よう、分からんけど・・・

ほなっ、今日のトンボたち。
シオカラトンボ・セスジイトトンボ・タイワンウチワヤンマ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・マイコアカネ・ショウジョウトンボ・
posted by ひでキング! at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月14日

宣言!

 お盆休みとあって周辺道路は静か、公園内も観光客が若干少なく感じまんな。そりゃ〜これだけ蒸し暑かったら観光気分にはならんか。

 常連のバーダーさんも数人出会っただけ。やけどもその情報にニンマリ。
 11日から昨日までの主立った状況をササッと書くと・・・

 11日、午前中はワシが愛の森でセンダイムシクイを観察。午後からは人工川でオオタカが水浴びとのこと。

 12日、梅林南端と音楽堂西側でエゾムシクイ計3羽。桜広場でオオタカ、梅林上空をミサゴとのこと。

 13日、元山さんがセンダイムシクイを観察。午後からは沖縄復帰の森でサンコウチョウ♀、飛騨の森でコルリが観察されてますねん。

 でもって、今日は沖縄復帰の森でセンダイムシクイ、市民の森でエゾムシクイを観察。
 盆に入ってから連日夏鳥が観察される状況。こうやなったらもうええやろ「渡り始まってまっせ〜!」宣言しますわ。

 でもって、今日は確認できなんだけどカワウの六三郎、11日は午後から、12日も確認され、7日には10時前にいつもの蓮如上人前で撮影されてますねん。結局時間帯はバラバラで気の向くままほぼ毎日来てる?って感じでんな。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
センダイムシクイ・エゾムシクイ・メジロ・カワラヒワ・シジュウカラ・カワウ・ツバメ・カルガモ・コゲラ・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・スズメ・

 今度は蝶でんな。
 大きく変わった様子はおまへん、各種個体数も少なく今イチ盛り上がりに欠けまんなぁ。ってな事で、久しぶりに撮ったベニシジミ、
P1010266.jpg
 緑のリズムで元気なウラギンシジミ
P1010264.jpg
 の写真を見て頂き。

今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 でもってトンボでっけど。
 昨夏は継続的に観察されたアオイトトンボ、今期は数度の情報のみ。何とか出会えんかと探してみると・・・おっ、居ったじゃん!
P1010230.jpg
 その口には、縞々の細長いもの。やっぱこれってヒトスジシマカ?以前はマイコアカネが食べてたし、トンボの好物?って言うか、藪に多いんやろうな、ヒトスジシマカは。

 北外堀ではコフキトンボ♂、一応撮影したけど遠い写真なんでブレボケ。
 市民の森ではコノシメトンボのほぼ正面顔。
P1010256.jpg
 この撮影中、今日何度か出会った中学生?もヒトスジシマカに射されながら共に撮影。うまく撮れたんやろうか?

 話を聞けば東大阪から自転車で登城とのこと。おいっ、この暑いのに。
 図書館で大阪城公園の生き物をまとめた本と出会い、大阪市内の公園にこんなに多くの生き物が居るとはビックリ!と。
 野鳥をはじめ蝶、トンボ、その他昆虫、植物に至るまで生き物全般に興味をしてしてましたわ。

 嬉しいことやおまへんか、実際。この暑い中、自転車漕いで来て蚊に刺されながら生き物観察。感心感心。

 渡りも始まったことやし、夏休みが終わるまでには夏鳥も増えまっしゃろ、事故に遭わんように頑張りなはれや!

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・コフキトンボ・タイワンウチワヤンマ・チョウトンボ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・コノシメトンボ・アオイトトンボ・マイコアカネ・
 
posted by ひでキング! at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月11日

対照的

 暑いなぁ〜、夏ってこんなに暑いもんなん?たまらんなぁ、実際。
P1010220.jpg
 と言わんばかりの、この表情のアオサギのチビさん。
 とは対照的に西外堀ではカルガモが、今日は夏らしいええ天気でよろしいなぁ。
P1010221.jpg
 と涼しげに水面をスイスイ。

 あんまり暑ぅてこんなことしか考えられまへんわ、ほんま。
 でもなんでんな、先の台風一過朝は若干爽やかな風を感じまんねんけど、ワシだけ?

 今日は土曜日で祝日、大方の企業さんは今日から盆休みでっしゃろ。皆さんはいつまで?
 その盆休み初日に「始まった〜」って書き出したかったけど、なかなかそうはいきまへんな。大将を始め、出会った常連さん一様に「な〜んにも」。

 愛の森でセンダイムシクイ1羽確認。ただし本種は7月にも数度観察されその個体が滞在してるのか、別個体が飛来したのか。
 前者であれば「7月の個体滞在中」、後者であれば「始まった〜」、対照的な表現になるけど・・・

 今日はアオサギとよく出会う。
 観察序盤おきらくさんと出会い、飛騨の森、本丸池で見たと聞く。その時点ではワシも人工川で1羽。その後東外堀で1羽、北外堀で2羽同時、第二寝屋川を飛翔の1羽、内堀ウォーターフェンスに1羽と延べ8羽。2羽は間違いおまへんが実際は何羽?

 でもって、先週久々に姿を現した内堀蓮如上人前のカワウの六三郎、10:30に到着し20分ほどは待ったけど今日は確認できず、再び旅に出たか?

 六三郎が確認できなんだ蓮如上人前と西外堀でカワセミの観察情報。
 それと、おきらくさんが観察前に大阪城公園北西にある大手前病院屋上でカラスに囲まれるオオタカを観察。観察エリア外なんで参考までに。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
カルガモ・アオサギ・センダイムシクイ・メジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・カワセミ・ツバメ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・

 今日は先にトンボの不思議な行動?
 先週は不思議って事はおまへんが、タイワンウチワヤンマとチョウトンボのチョイとしたテリトリーの攻防戦を紹介したけど、今日もタイワンウチワヤンマの話。

 先週同様北外堀で水面の枝先に留まる1匹。でも腰を丸めたこの姿勢なんなんやろ?
P1010211.jpg
 尾部が汚れてるんで産卵する時に水中に尾っぽを突っ込み汚れたかと思ったがこれは♂。♂が産卵するわけないし、なんなんやろこの姿勢。何らかの理由で尾部が汚れて気持ち悪くって変な姿勢になってるんやろうか?
 でもって良く見てると・・・
P1010213.jpg
 この扇状突起(団扇のような突起)が内外にゆっくり動いてまんねん、写真では分からんやろうけど。それって呼吸の時の動き?拍動?それともバイオリズムってヤツ?

 ワシら人間は意識せんでも呼吸をし心臓が脈を打つ、それは皆さん知ってはるやろうけど、もう一つ無意識下で1分間に6〜8回拡張と収縮繰り返すバイオリズムってのがありますねん。昆虫も同じようにそんなリズムがあるんやろうな。

 そりゃ〜そうでんな、バイオリズム(Bio Rhythm)って生物の周期的な反復って事でっしゃろ。人間以外でももちろんありますわな。
 
 今日の個体は先週の活発な個体とは対照的で、そんな微妙な動きが観察できるほどなおとなしい個体でしたわ。

よっしゃ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・タイワンウチワヤンマ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・マイコアカネ・ギンヤンマ・

 では最後に蝶でんな。
 教育塔裏を歩行中、足下から急に飛び出した漆黒の蝶、ナガサキアゲハかと思うも短い尾状突起が見える。ワオッ〜、クロアゲハじゃん!!!
P1010175.jpg
 ここではナガサキアゲハよりず〜っと稀少で夏型のこんな綺麗な個体は滅多に見れまへんで、実際。

 翅の表裏をしっかり撮影したかったけどアキマヘン、裏に廻るたびにヒラッと舞い、留まったところに近づけばまたヒラッと。結局このカットしか撮れまへんでしたわ。

 ナガサキアゲハよりひとまわり小さいんで迫力に欠けまっけど、漆黒のアゲハはなんか惹かれまんなぁ、実際。

 でもって、この撮影の後これまた足下に現れたのがクロアゲハとは対照的な小さな小さなツバメシジミ。ワシの小指の爪より小さい個体。
P1010178.jpg
 今日はこの個体を入れて3個体見たけど、みな小さな個体。夏のこの時期ツバメシジミって、みな小さいん?

 大きなクロアゲハと小さなツバメシジミ、先週の活発な個体と今日のおとなしいタイワンウチワヤンマ、滞在中か渡り開始か微妙なセンダイムシク。今日は色んな面で対照的な観察でしたわ。
 
 渡り開始の報告はいつになるか。明日か明後日か、はたまたその翌日か。それとも盆明けか?

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・クロアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キタキチョウ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
 
posted by ひでキング! at 15:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月05日

話題満載!!!

 もう、もうアカンって〜、命に関わる猛暑日に熱帯夜は〜。いつまで続くん、マジで、そろそろ足下から溶けてきてまっせ、ワシ。

 しかし、ようこんな暑い中色んなことして生きてまんなぁ、鳥や蝶やトンボたち、感心しますわ、実際。
 さてさて、その色んな話といきまっか!

 雁木坂(梅林と内堀間の坂)歩行中、内堀側でメジロの群れ。チビさんの姿も確認でき、しばらく観察。すると1羽の口元に何やら白い物体、よく見ると・・・
P1010136.jpg
 分かりまっか?これ、芋虫かなんかの糸でっしゃろ。木から引き千切りどうするつもり?
 春にこんな光景よく見るけど・・・まさか、巣材集め?今、営巣中?この暑いのに?

 マジでどうなんやろう、8月に入ってメジロはまだ繁殖するんやろうか、逆算して巣立ちは8月下旬??? 2016年8月15日には梅林で巣立ち前の雛を草むらで発見、親鳥が給餌するのを観察したことあるけど、盆には生まれてたしなぁ、今からってどうなんやろぅ???

 メジロの観察を終え内堀蓮如上人前石垣側をチェック。すると、するとでんがな!
 今メジロを観察した真下で、カワウが居てまんがな! よく見ると右足に銀の足輪!
P1010167.jpg
 多分、青野六三郎やけど肝心の左足に青の「636」を確認せんと。何とか写る場所に移動し、
P1010142.jpg
 あ〜、下二桁の「36」がやっと確認できる程度。あっちへこっちへ移動、シャッターを切ってはモニターをチェック。 よしっ!これやったら何とか分かるやろう。
P1010164.jpg
 上二桁の「63」が見えまっしゃろ。きれいに「636」とはいかんかったけど、番号が分かればそれでOK! 先の写真とこの写真で「636」。
 何処に行ってたんや心配したで、よう帰ってきてくれたな六三郎。

 でもって、今日やおまへん、3日の金曜日でっけど。市民の森水飲み場でヤマガラが観察撮影とのこと。渡り鳥やおまへんが、山では動きが出始めてるって感じでんな。

ほなっ、今日の鳥たち。
カワウ・メジロ・ツバメ・シジュウカラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・アオサギ・ハシブトガラス・

 そんじゃ、蝶の話を。
 教育塔裏でトンボなどを散策中、常連さんと出会う。樹液の出てる木にゴマダラチョウが吸汁してると聞いたと。しばらく探すと、ほんに1頭カナブンと仲良く吸汁。

 その後しばらく雑談し分かれる。すぐ後ろから、ムラサキシジミ居てますと。踵を返し・・・
P1010039.jpg
 ほぉ〜久しぶり。今期は春の確認は少なく心配してたけど今年も大阪城公園で繁殖してくれたか(多分)おおきに!

 沖縄復帰の森ではこの暑いのにウラギンシジミ♂が下草に留まって日光浴。わっ、めっちゃ開いてる。カメラを構えると・・・はぁ〜あ。
 その代わりっちゃ〜なんでっけど、城南駐車場のルリシジミでも。
P1010069.jpg

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ゴマダラチョウ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ウラギンシジミ・ツバメシジミ・ルリシジミ・ヤマトシジミ・
 
 さて、夏真っ盛りはトンボ真っ盛り。
 例年より若干遅れてシオカラトンボがピークを迎える。人工川では13匹、他所含め計17匹。
 
 北外堀では今期少ないチョウトンボがワシの前で・・・もちろん・・・
P1010090.jpg

 シオカラトンボ同様この時期がピークのタイワンウチワヤンマが12匹。
 北外堀では、上のチョウトンボが堀の枝先に留まるタイワンウチワヤンマに「そこどいて、留まりたいんですけど」とちょっかいを入れる。
P1010102.jpg
 シカトするタイワンウチワヤンマ。しかし同種、別個体が近づけば血相を変えて追っ払う。で、その間にちゃっかりのチョウトンボ。
P1010099.jpg
 しかし、主が帰ってくると「あれっ、帰ってきたん?」とあっさり場所を明け渡す。
P1010100.jpg
 でもって、「そこに留まりたいんですけど」
P1010097.jpg
 これを何度となく繰り返す。5分ぐらい遊んでもろうたけど、暑くってこれ以上は。

 真っ赤に染まったマイコアカネ。ぱっと飛んで、しまった!と思ったらすぐ元の場所へ。でもって口元には、
P1010114.jpg
 分かる、縞々の細長い足が見えてまっしゃろ。これってヒトスジシマカ?兎にも角にも飛んだ瞬間に捕まえたってことでんな。電光石火のごとく早かったで、しかし。

 いやいや、命に関わる暑さって事でサラッと歩いてサッと帰ろと思ったけど、命をかけた生き物たちが色んな営みを見せてくれたら、なかなか前に進みまへんなぁ、実際。 そのうち乾涸らびてしまいますわ、ほんま。ね〜。

 今日は書くことなかったら100回を迎え超盛り上がりを見せる、高校野球の話でもと思ったけど飛んでもおまへん。大阪城公園の生き物は話題満載でんがな!

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・ギンヤンマ・コシアキトンボ・タイワンウチワヤンマ・チョウトンボ・ベニイトトンボ・マイコアカネ・コノシメトンボ・ウスバキトンボ・
 
posted by ひでキング! at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記