2017年12月24日

ワシのクリスマス・プレゼント

 メリー・クリスマス!でんな、今日は。皆さんケーキ食べてまっか?
 なんか聞いた話、関西ではクリスマス前に苺が急騰するって。何でかってケーキに使う苺の量が半端やないらしい。

 二段重ねのケーキの間に、これでもかっ!ってくらい苺挟んでもちろん上には苺。関西の常識でっけど、関東ではそんなに苺使わんへんらしいですわ。
 やっぱケーキの上には苺でっしゃろ。

 さて、気になるのはやっぱり昨日の不明個体。今日は誰ひとり確認出来ず。
 ただ昨夕、不明鳥が飛び込んだ穴にイタチが入り込み飛び出し石垣の枝に留まったのを複数人が目撃。

 昨日撮影された写真やその時の大きさなどからオオコノハズクと断定。
 もちろん大阪城公園初記録。このうえないクリスマスプレゼントになりましたわ。 識別に携わって頂いた方々、おおきに!

 でもって、オオコノハズクが避難した石垣の隙間がこれ!
IMG_5481.jpg
 ここに約5時間隠れてましてん。
 でもって、この隙間の大きさがやたら気になったというさかなやさん、なんとか大きさを測りたいと早朝5時に目覚め作戦を練り実行。

 計測方法は別として、逆三角形の上辺約20p、向かって右側の辺約20p、向かって左側のへん約23pとのこと。

 なんで気になったかって言うと。当初トラフズクかと思われたがトラフズクは体長約40p、翼長は約1メートル、あの穴に入るかどうかって気になったらしいですわ。色んな疑問があり色んな観察方法がありまんねんなぁ、ほんま。

 では今日の様子といきまっか1
 ハイタカは6:48、6:49に2羽とも塒立ち。そのうちの1羽やろうか、緑のリズムあたり上空を飛翔1羽を定例探鳥会の皆さんが観察。

 オオタカ、ヘリポート跡避雷針西の枯れ木で大人しく周囲を見つめる。9:20。その後市民の森方向へ飛翔。

 ツミ、二番櫓跡方向から飛翔し沖縄復帰の森上を時計と逆回りに2周まわり東外堀方向へ。8:20。その後、オオタカ観察中に沖縄復帰の森方向へ飛翔。
 めっちゃ早いんで撮影どころか双眼鏡でも追えまへんで。

 って事で、今日も3ハイタカ属が楽しませてくれたわけやけど、これだけやおまへん。

 東外堀観察中、元射撃場から市民の森へ飛翔のハヤブサ。市民の森上を大きく旋回し桜広場へ向かったかと思えば急降下。10:50。
 餌を捕まえたかと気になりつつ東外堀を青屋門へ向かい歩を進める。

 その8分後、梅林青屋門側から2羽のカラスに追われたハヤブサ、足にはドバトを掴み懸命に逃げる。さすがのハヤブサもドバトを掴んでるとカラスに追いつかれますな。
 南端の雑木林あたりに逃げ込んだ様子やけど、どうなったかは???

 他の鳥たちは。
●シロハラ:5羽。
●ツグミ:5羽。
●ジョウビタキ:人工川、元射撃場跡。
●アオジ:人工川、音楽堂西通路。
●アトリ:市民の森、太陽広場東の森など計18羽。
●カワラヒワ:音楽堂西通路、太陽広場東の森計12羽。
●モズ:もみじ園♂。
●エナガ:沖縄復帰の森、市民の森計11羽。
●キクイタダキ:市民の森、桜広場各1羽。

 では、昨日同様北外堀塒のゴイサギをご覧頂き、
IMG_5401.jpg
 今日はもう1羽で計2羽。

 堀の様子を。
●オカヨシガモ:内堀で12羽。
●ヨシガモ:内堀3羽。
●マガモ:西外堀♂2羽♀1羽。
●カルガモ:人工池、西外堀計6羽。
●ハシビロガモ:各堀計42羽。
●ヒドリガモ:各堀計56羽。
●コガモ:南外堀12羽、内堀2羽、西・東外堀各1羽。
●ホシハジロ:全ての堀で279羽。うち177羽は北外堀で浮き寝。
●キンクロハジロ:全ての堀で計63羽。

●オオバン:全ての堀で計101羽に加え第二寝屋川で14羽。
●カイツブリ:東外堀3羽。

 でもって、今季第二寝屋川以外での観察は確認出来てないセグロカモメ、南外堀で着水の1羽。
IMG_5458.jpg
 なんだかめっちゃ嬉しい。この撮影後、直ぐに東から飛翔し写真の個体の上でUターンし東へ去る1羽。
IMG_5460.jpg
 公園内での観察はなんでないんかなぁ〜、と思ってた矢先に2羽を観察。何だか、めっちゃ、めっちゃ嬉しい!

●ユリカモメ:東外堀、第二寝屋川で計56羽。
●カワセミ:人工川、北外堀。
●ハクセキレイ:各所で9羽。
●キセキレイ:南外堀1羽。  セグロセキレイとは出会わず。

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
オオタカ・ハイタカ・ツミ・ハヤブサ・シロハラ・ツグミ・ジョウビタキ・ウグイス・モズ・キクイタダキ・アトリ・アオジ・カワラヒワ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・マガモ・カルガモ・コガモ・ハシビロガモ・オカヨシガモ・ヨシガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・ユリカモメ・セグロカモメ・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・ゴイサギ・
 
 そんじゃ、皆さんって、今日はもうちょいお付き合い願いまっせ。

 以前城南地区で見っけたゴマダラチョウの越冬幼虫、前回とは違う2個体をまた確認。
IMG_5415.jpg
 分かりまっか?くるまった枯葉に2個体いてるの。写真じゃ分かり難いかも知れまへんが、大きさが違いまっしゃろ。

 越冬前の栄養摂取量に違いがあったんやろうか。でもって、越冬後ちゃんと同じように成長し蛹になるんやろうか。とにかくこれからが勝負の冬、あと半年弱頑張ってや!

 それともうひとつ。
 ゴマダラチョウの越冬幼虫を探してたら、なんと、なんとなんと、あの生物も越冬してるやおまへんか! 言うときまっけど、オオミスジコウガイビルと違ゃいまっせ。これですわ。
IMG_5426.jpg
 カタツムリの仲間キセルガイ。夏に何度か紹介したと思いまっけど覚えてる?
 どんな形で越冬するなんて考えた事おまへんが、枯葉にくっ付いてゴマダラチョウみたいに越冬しまんねんな。これは結構嬉しかったですわ、ほんま。

 いやいや、昨日今日とほんまビックリの二日間でしたわ、実際。
 昨日の不明個体はオオコノハズクと判明。今日はハイタカ属3種にハヤブサ、そのうえゴマダラチョウの越冬幼虫にキセルガイの越冬態。

 帰り際にはカモに詳しく、是非一度お会いしたかった方と出会いカモのイロハを教えて頂いたし、今年のクリスマスはこのうえないプレゼントが待ってましたわ。

 ほなっ、今年もあと一週間、皆さん頑張って行きまひょ!

 
posted by ひでキング! at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記