2017年08月12日

今後も、よろしゅうに!

 さぁ〜昨日から盆休み突入でんなぁ。気合い入れて観察でんがなぁ!って「昨日ブログ書いてへんやんけ」ってでっか?

 そうでねん、昨日いつも通り6時に起きて準備して、行くぞ〜!って意気揚々家を飛び出したら小雨が降ってましてな、疲れも溜まってたし休養日にしましてん。

 昼前には雨も上がったんで気になるトンボの様子だけ、ほんの1時間程行きキイトトンボだけは確認出来ましたわ。

 でもって、今日出会った常連さんの話では、キイトトンボ以外にもアオイトトンボも確認出来たと。

 今日もキイトトンボ、アオイトトンボ、マイコアカネ♀に加えコノシメトンボ♂♀も観察報告あり。
 コノシメトンボは8月8日、8月11日にも確認されてますねん。

 上記以外は、
 クロスジギンヤンマは教育塔横の藤棚で飛び回る。
 人工川をはじめ計16匹と依然多いシオカラトンボ。
 オオシオカラトンボは人工川で♂♀、梅林♀、豊国神社裏♂。
 タイワンウチワヤンマ、各堀で計12匹。
 コシアキトンボとチョウトンボは殆ど出会えず各1匹。

 ウスバキトンボの季節がやってきた〜!
 サラッと廻ったところ、そう多くはなかったけど西の丸庭園で18匹、帰り際の大手門前で20匹と西側拓けたところで多く観察し計56匹。

 でもって、自身久々2種のイトトンボ。
 人口池裏でアオモンイトトンボ♂。
IMG_3026.jpg

 城南駐車場でムスジイトトンボ♂。
IMG_3037.jpg
 って「何が違うねん!」てでっか?

 この2種は比較的簡単に見分けが付きまんねん。

 アオモンイトトンボは
@腹部の節に青い節がない。
A尾部に節は一節だけグルリと青、その後ろの節が下半分だけ青。
B目の後ろの部分(眼後紋)が両目に青くほぼまん丸。

 お次はムスジイトトンボ、
@腹部の節が節ごとに青い。
A尾部のふた節共がグルリと青い。
B眼後紋が細長い三角形が内向きにある。(または細い棒状の模様がある)
IMG_3045.jpg

 大雑把こんなとこでっか、違いは。
 もっとややこしいのはムスジイトトンボとセスジイトトンボ。これはまたそのうちに説明しますわ。

 ってな事で、イトトンボの撮影は頭部、胸部の真横、真上、尾部の真横、真上を撮影出来たら大方識別出来ますわ。

 で、野鳥の報告は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂きましてやね(そろそろ始まりまっせ、渡り)今度は蝶の話。

 ほぼ連日、晴姫さんのブログでアップされてるルリタテハ、教育塔裏に着くなり
晴姫さんが「ひでキング!さん、リルタテハやで」と場所を教えて頂く。

 以前ゴマダラチョウが集結してた木でマッタリ吸蜜。
IMG_2987.jpg
 おおきに!晴姫さん。
 ルリタテハは、これまた以前ゴマダラチョウが集結してた音楽堂東の木でもマッタリ吸蜜。
IMG_3069.jpg
 何なんやろ、ゴマダラチョウ去りしあとルリタテハあり、でっか?

 でもってゴマダラチョウは南外堀沿い、市民の森の計2頭。
 ヤマトシジミは、太陽広場東の森で咲き始めたキツネノマゴに7頭が集結し美味しそうに吸蜜。
 
 カントウヨメナが咲き始めた音楽堂西通路で、
IMG_3055.jpg
 ムラサキシジミが2頭、両方とも撮影出来ず。

 人工川ではこれから増えるであろう、イチモンジセセリ。
IMG_3015.jpg

 ひと周り終え、大手門をくぐり抜けると何やら妙な匂い、堀を覗けばクサギが咲き始めてますやんか。臭いとは思わんけど確かにええ匂いでもおまへんなぁ。

 そこで懸命に吸蜜のチャバネセセリ。
IMG_3092.jpg
 えらい顔を突っ込んでたけど・・・臭ないん?

 しかし暑い中、誰かしら毎日観察に来られ小まめな情報を頂き、有り難いもんですわ、ほんま。
 イトトンボの識別や撮影箇所も伝授したし、常連さん、今後もよろしゅうに、お願いしまっせ!

ほなっ、今日の蝶たちといきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・ゴマダラチョウ・ルリタテハ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・
 
posted by ひでキング! at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記