2017年07月23日

今日もまた

 厚い雲に覆われ陽射しが遮られる、少々湿気を含んでまっけど風が心地よい。
 
 しかし何でんな、昨日はサッパリでしたなぁ、阪神。以前も阪神の頑張れ!ネタを書いて大負けしたし、そのうちこのブログで阪神ネタ書いたらその日は負けるで、ってな噂が広まったらいかんので、シーズンの大勢が決するまで阪神ネタは書かんようにせんときまへんな、ほんま。

 さて、野鳥は。昨日聞こえたような・・・と書いたカワセミ、やっぱり居てましたわ、南外堀で。先週辺りから居着いてるような感じ。

 観察早々、大手門上空を北から南へ飛翔のアオサギ2羽、人工川では1羽、その後南から飛来し東外堀ヘリポートの石垣に留まる1羽。計4羽のアオサギ。

 こんなもんかな、あとはツバメ、スズメ、シジュウカラ、ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・

 ★やっぱ今日も追加情報:豊国神社東で確認されたオオタカ、その後沖縄復帰の森で撮影されたと。
 今後どうなるんやろうか、年中大阪のど真ん中でオオタカが観察出来るって事に・・・???

 トンボは昨日の観察種に加え、人工川でショウジョウトンボ♂、ジャングルと化した梅林でオオヤマトンボ。
 昨日増加に転じたコシアキトンボ、今日は8匹と激減。天気悪かったんで枝で休憩?

シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・コシアキトンボ・ショウジョウトンボ・チョウトンボ・オオヤマトンボ・タイワンウチワヤンマ・ギンヤンマ・ウスバキトンボ・

 さて、蝶でっけど・・・っとその前に。
 教育塔裏でゴマダラチョウ観察中、うえ〜、うっそ〜マジで!
IMG_2578.jpg
 これってカブトムシの♀と違ゃいますのん。
IMG_2572.jpg
 ねっ、間違いないと思いまんねんけど。

 わ〜、びっくりっしたなぁ、ほんま。長年歩き回ってるけどカブトムシは初めてですわ。
 どっからやって来たんか、それとも飼われてた個体が逃げ出したんか分かりまへんが、大阪平野のど真ん中の公園にカブトムシが居るとは誰も思いまへんでぇ、実際。

 今日もまた初めての出会い。これがあるから辞められまへんねん。

 人工川近くで一輪だけ咲いてたタチイヌノフグリを見て頂き
IMG_2581.jpg
 爽やかに話を進めまっか。

 先にも書いたように今日は曇天、蝶の活動が鈍く観察数は昨日より大幅に少なく、
 アオスジアゲハ13頭、アゲハ1頭、モンシロチョウ2頭、ヤマトシジミ16頭、ツバメシジミ6頭、ベニシジミ2頭ってな具合。
 
 昨年はほぼ毎回同じ場所で観察出来たツマグロヒョウモン、今季は断続的で場所も疎ら。今日は人工池南でエノコログサで静止の1頭のみ。
IMG_2591.jpg

 7月1日、大手門前で初認のウラナミシジミ、それ以来の観察で桜門(空堀)で2頭が追っかけ合い。
IMG_2616.jpg
 この翅の状態から察するにかなりお年寄り、初認個体と同時期に羽化したのかも。

 でもって最大の関心事、ゴマダラチョウ。
 先週の吸汁確認後、樹液が目立つ木に注意を払い、教育塔裏カブトムシの木に3頭と少なめ、音楽堂東の木には・・・わおっ〜この状態。
IMG_2601.jpg
 樹液のあるところ、根元から樹上まで19頭。
IMG_2602.jpg
 他所では確認出来ず計21頭。これは過去最多数ですわ。

 ここ数年、多い日でも指折り片手で事足りてましたんやが、今季は急増。大阪城公園や周辺のゴマダラチョウが集合?

 この観察中、「ゴマダラチョウですか?」と声を掛けられる。振り返れば爽やかなイメージの青年。聞けば学生さん。

 昆虫観察か?と訪ねると、基本は野鳥、でも昆虫にも興味があると。
 いやいや、嬉しいやおまへんか、野鳥や昆虫に興味を持つ学生さんはたくさん居るやろうけど、自然たっぷりの山野ではなく夏休みに大阪城公園で観察でっせ。

 秋の渡りにはまだ早し、でも思いもよらんブトムシとの出会い、樹液に集まるゴマダラチョウにハナムグリ、色んな生き物を観察しながらコルリやヤブサメ、キビタキにオオルリなんかの出会いを楽しみに足を運んでおくんなはれ!

posted by ひでキング! at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記