2017年03月25日

ワンチャン

 いやぁ〜今日は「ワンチャン」やと思ったけどアカンかったなぁ。鷹の渡り。
 ってこんな使い方でええんかな???

 可能性が極めて低いって時、イマドキ言葉では「ワンチャン」っていう。元は「ワン・チャンス」の略。
 1回こっきりのチャンスから来てるんやろうけど、この他に「ひょっとして」とか「もしかしたら」なんて時のも使うようですわ。

 ワシらが「ワンチャン」って言うたら「王ちゃん」こと王貞治選手の事でっしゃろ。時が変われば同じ言葉でも意味が変わりまんな、ほんま。

 さて野鳥の報告は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは鷹渡りの状況など。

 先週、実家(和泉市)でサシバと思われる1羽の猛禽が比較的低いところを旋回し北東へ飛翔したのを確認。
 そろそろ始まったなぁ、4月は遅いし今日か明日が勝負。明日は曇やし今日は鷹観察に。

 早朝、上空には薄い雲が掛かかるも観察開始9時には徐々に青空。西から東へゆっくり雲が流れ状況的には期待が持てそう。本丸西側に陣取りひたすら待ち続ける。

 西の丸庭園では何やらイベントの準備。数百人の学生が正方形に並び人文字の練習。PL学園の応援を思い出しましたわ。おっ、そういやぁ〜今日は大阪桐蔭、履正社が続けて出場でんな、これも気になる。

 開始から上空を飛ぶのはカラスのみ、5羽前後で気持ち良く風に乗る。
 暫くして2羽のコサギが北へ、東から西へ滑空する大型の鳥1羽。むむっ、方向逆やでなんやろ?ゴマ粒より小さい飛影に双眼鏡を向ける。
IMG_9854.jpg
 カワウじゃん。えらい高い所飛んでるなぁ、ほんま。でもカワウが滑空してるって事は上昇気流も発生してるか、何だか期待が膨らみなんなぁ。

 空を睨みはじめ2時間後、南側でカラスより大きい2羽飛影。トビが旋回しながら南へ南へ。その直ぐあとには北側でセグロカモメ2羽が北へ北へ。

 その後もひたすら待つがその他の鳥は姿を見せず、やがて薄い雲が掛かりはじめ、お腹が「ぐぅ〜」。11時半まで粘るも・・・高校野球が気になるし諦めるか。

 帰宅後大阪から比較的近い鳴門山の鷹渡り報告を確認すれば、サシバは3月5日に始まりピークは先週ぐらいまででんな、遅かりし。
 ハチクマのピークは昨年の記録ではゴールデンウィーク明け、でも個体数少ないしなぁ、夏鳥のピークやしなぁ・・・悩むなぁ、ほんま。

 ところで気になってた高校野球、大阪2校は無事勝利。この調子で勝ち進んだら「ワンチャン」決勝で大阪対決もおまっせ!
posted by ひでキング! at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記