2016年10月29日

想定外

 当初の予報とは違い想定外のええ天気、風は強かったけどって、今日冬の訪れを告げる木枯らし一号が発表されましたな。
 ツワブキも見頃を迎えたし、
IMG_6466.jpg
 夏鳥が少なくなり冬鳥が増えるはずですわ。

 そんな野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは。

 城南地区を観察中、四方からエナガの声。あっちか、こっちか、とその場でクルクル廻りながら探してると、頭の上に突然現れましたがな。
IMG_6460.jpg
 メッチャ至近距離、全身入らんかったし。カウントすれば8羽が飛び交い桜の小さな蕾付近を頻りに啄む。なる程“たまちゃん”を食べてるんやなぁ。

 それと、青屋門前ボケ植栽場で蝶のカウント中、目の前をコサメビタキが。直ぐさま大阪城ホール方向へ飛んでってしまいましたけど。
でもって、北外堀でササゴイ1羽。

 ってな事で、3種を追加しておきますわ。

 そんじゃ、蝶の話を。
 先週、観察種、個体数共に減少したんでこのまま姿が見れんようになるかと思いきやでんがな、これが!

 ヤマトシジミが復活!なんと59頭を確認しましたで、週明け早々11月って言うのに。
 モンシロチョウも人工川以外で元射撃場、青屋門前、飛騨の森で計5頭。
 アオスジアゲハも2頭確認。
 キタキチョウに至っては12頭とピーク時並みでんがな。

 上記外にも・・・
 今日の初蝶は意外や意外、城南地区でべっぴんさんのツバメシジミ。
IMG_6447.jpg
 見たところ翅の状態も綺麗し、最近羽化したお嬢さん?

 チャバネセセリは青屋門前花壇、飛騨の森で計4頭。

 青屋門前ボケ植栽場はメッチャ賑やか。ヤマトシジミ10頭に混じってバトルを繰り広げるウラナミシジミ1頭。
 そのバトルを上から観戦のウラギンシジミ♂。
IMG_6548.jpg
 そこへ割り込んできたのがシオカラトンボ♀と、待ちに待ったアキアカネでんがな!
IMG_6542.jpg
 そのうえコサメビタキが現れましたやろぅ、もうどこに目を向けたらええんだか・・・ってな状態。

 いやぁ〜しかし嬉しなぁ。昨秋、アキアカネが全国的に急減してるって新聞記事、今年はなんとか大阪城公園で確認したいなぁって思ってましてん。念願叶う、ですわ。

 北外堀京橋口近くではヒヨドリジョウゴ。
IMG_6559.jpg
 これって夏頃撮影して一旦見れんようになったけど、この時期も咲くん?

 飛騨の森ランタナではツマグロヒョウモン♂がまったり開翅。
IMG_6564.jpg
 こうして見たらなんとなく可愛らしいでんな。

 豊国神社裏で常連さんのカメラマン衆と出会い、たった今ムギマキが飛んでったと。わっちゃ〜・・・
 話では修道館西で見られた個体がこちらに移動したと。その後修道館裏に戻ったとのことで足を運んで・・・なんとかひと目。

 カメラマン衆と雑談中、みのパパさんが「変わった蝶や〜」。クスノキの枝先に留まるその蝶を全員で探す。おった〜、あそこに居てるぞ!
 その蝶の正体がこれ!
IMG_6576.jpg
 ゴマダラチョウ。種としては珍しくはおまへんが近年観察数が減少傾向、それより11月を前に観察出来るってのは珍しいでんな。

 しかし感動しましたで、ムギマキが飛び去ったあととはいえ、十数人のカメラマンがゴマダラチョウで大盛り上がり。蝶に目を向けてくれるだけで感謝観感謝。

 でもって、修道館裏で多くのカメラマンがムギマキを撮影中、ワシひとり後ろ向いて怪しい蝶にカメラを向ける。その怪しい蝶、現在検証中???

 いやぁ〜ほんま、今日は天気にも恵まれ、ラストチャンス?のムギマキにも出会い、少ないと思ってた蝶も多く出会え、今年は確認出来んかったなぁ、と思ってたアキアカネも姿を見せてくれたし。今日は何から何まで想定外の一日でしたわ。
 
ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
 
posted by ひでキング! at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記