2016年07月02日

ワシの名は

 夏が来た〜! ってまだ梅雨明けてへんし。

 しかし急にこんなに暑なりまっか、普通。一昨日までは雨降りで時間帯によっては肌寒くさえ感じたのに、いきなりでんな。各所でクマゼミが鳴き始めるし、盛夏の花サルスベリも咲き始めましたわ。
IMG_2991.jpg
 でもなんでんな、ワシの中では海の日の頃に初咲ってのがこの花のイメージ、大阪城公園ではでっせ。それが年々早くなってるような気がしてたまりまへんねん、実際。

 先週あたりからちらほら飛び始めたウスバキトンボ、今日は各所で確認52匹。
 なんでこのトンボの話しかって言うと・・・

 このトンボは南方で羽化し夏の間海を渡り本州に上陸。北上しつつ産卵を繰り返す、ある意味渡りをするトンボ。大阪城公園では7月中旬頃に飛来しまんねんけど、今年はやっぱり早い。
 気温の上昇が年々早くなってるんとちゃいまっか。と言う事と、もうひとつ。

 産卵した卵は水温4℃で死滅するって言われてますねん。通常冬期中の本州周辺の水温は4℃を下回るので基本的には本州で羽化することはおまへんねん。しかし近年温暖化の影響で本州南部の温暖な地域で冬期中でも4℃以上の水温が保たれているならばウスバキトンボは本州で羽化してる可能性があるって事でっしゃろ。ひょっとして大阪城公園でも。

 トンボの詳しいことは分かりまへんが、このトンボの北限が北上してるとすればこれまた温暖化の指標になるんとちゃいまっか。

 ひとつの生き物を観察してるだけで色んな事が分かる、生き物を知れば地球の環境が分かる、環境が分かれば温暖化対策に参考になる。 ええこと言うなぁ、今日のワシ。 暑さで頭がおかしなったんかな? ほなっ、また明日!

 って違ゃいまんな。今日の様子を。
 各所で目立ったのはシジュウカラの二番子達、あちらこちらでお強請り声。あと2週間もすればセミの声にかき消されまっしゃろうな。

 各所上空ではツバメが舞い、18羽。南外堀では空中で給餌の姿も。
 イソヒヨドリとの出会いはなし。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
カワウ・アオサギ・ツバメ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カルガモ・キンクロハジロ・

 では蝶の話をば。
 ひでキング!号で馬場町口に入った途端、おっ、いきなりかっ!ヒメアカタテハが地上ででパタパタ。
IMG_2927.jpg
 先週今季初認の本種がいきなり今日の初蝶。こりゃ〜ええことあるかも。

 人工川でこのクサガメと遊んでいると、
IMG_2943.jpg
 目の前にジャン、ゴマダラチョウが水を飲みにワシの目の前に。
IMG_2935.jpg
 こんな時ってアキマヘンな。慌ててもうて全然ピント合わんし。

 アオスジアゲハは各所で観察計36頭。やっぱり増えてきましたなぁ、7月中に40頭越えが実現するかも。
 モンシロチョウは16頭と大きな変化なし。
 ヤマトシジミも13頭でほぼ横ばい。
 ツマグロヒョウモン、3頭と出会うもやっぱり♂ばっかり。街中では♀をよく見掛けるんやけどなぁ、なんでやろ。

ほなっ。今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ツマグロヒョウモン・ヒメアカタテハ・ゴマダラチョウ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・

 でもって、今日は野鳥や蝶より忙しかったんがトンボ。前述のウスバキトンボに加え、東外堀ではここひと月程毎回観察のショウジョウトンボ♂。
IMG_2969.jpg
 例年より多く先週までは♂だけで5匹、今日は3匹やったけど同所でこの数は多い方ですわ。

 東外堀ではその他、ギンヤンマ、タイワンウチワヤンマ、チョウトンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボかムスジイトトンボか?  人工川ではシオカラトンボにオオシオカラトンボ。各所でコシアキトンボ。

 さぁ〜、気温も暑し、気持ちも熱し、ワシの名はアツシやおまへん「ヒデキ」でっせ!
  
posted by ひでキング! at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記