2016年06月11日

変なオッサン

 昨日までと違って湿気の多い蒸し暑さ、梅雨が明けたらまた蒸し暑い夏が来まんなぁ、そう思わせる嫌ぁ〜な暑さ。公園内は静寂に包まれ時折シジュウカラ、エナガの声が聞こえる程度。

 市民の森4羽、沖縄復帰の森で5羽、エナガのチビさんグループに囲まれる。ちょいと幸せな気分。
 巣立ちからひと月以上、しっかりした顔つきでシッポと同じくらいの大きなイモムシを咥え大奮闘、成長具合にひと安心。

 早朝、アオサギ3羽とダイサギ1羽が城南地区上空を北東へ飛翔、大将が観察。
 といったところでんな、野鳥は。静かなもんですわ。

取りあえず、今日の野鳥といきまっか!
アオサギ・ダイサギ・カワウ・シジュウカラ・エナガ・メジロ・カワラヒワ・ツバメ・コゲラ・カルガモ・キンクロハジロ・ムクドリ・ヒヨドリ・キジバト・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて、静かな大阪城公園でひとり大騒ぎしましたで、マジで。

 まずはにおいの森。
 目の前をサッと横切るムラサキシジミ、その瞬間別のムラサキシジミが顔をかすめ飛ぶやおまへんか!
 げっ、同所に2頭のムラサキシジミ。越冬期中しか記憶におまへんな、珍しい。

 市民の森枝垂れ桜で足下にこれまたムラサキシジミ。奇麗な瑠璃色を見せてくれたんで当然パシャリ!
IMG_2112.jpg
 でもって裏面もキッチリ撮れたんで。
IMG_2119.jpg
 この撮影後、封鎖されたトイレ前でも開翅の1頭確認。なんと4頭のムラサキシジミ。これまた記憶におまへんなぁ。

 クルッと折り返すように東側道路沿いを歩いていると、ムムッ、ムムムッ、ムムムムッ、っと久々に川平慈英なみに、いやっ川平慈英を凌ぐ唸り声を上げたワシ。

 その視線の先にはモンシロチョウより大きな白い蝶、暗い市民の森、飛翔形が明らかにモンシロチョウではない、時折見える白い翅に黒い線。まさか!!!

 市民の森中を飛び回る白い蝶を追いかけ、とにかく写真をと強引にと撮った写真がこれ!
IMG_2196.jpg
 やっぱり、やっぱりスジグロシロチョウやんけ〜!!!

 市民の森広範囲を飛び回り、ムラサキシジミと出会った枝垂れ桜ベンチをクルクル廻る。腰をかけてた男性が、「はぁ〜何してんねん、このオッサン」と言わんばかりにワシを見る。視線を感じたワシは「おはようございます」と愛想笑いをし蝶を追いかかる。

 体操や太極拳をしている人の間を縫うように追いかけ緑のリズムへ。
 やっと留まったタンポポ、蝶も腹を空かせてたんやろ、懸命に吸蜜ですわ。切れる息をこらえて・・・パシャリ、パシャリ!
IMG_2299.jpg
 やっとまともな写真撮れましたわ。 その後は緑にリズム内でアブラナ科に留まっては、
IMG_2341.jpg
 飛翔し。
IMG_2351.jpg
 おっ、こっちに向かってきた!
IMG_2344.jpg
 ってな具合で小一時間遊んでもらいましたわ。

 えっ、なんでっか。「なんでそんなに長い説明してるねん、よっぽど何も居らんかったんか」ってでっか。 いやいや、このスジグロシロチョウ、大阪城公園初記録ですねん。

 数十年前までは大阪市内でも確認されてまんねんけど、今はではメッチャ稀少な種、大阪平野を取り巻く低山地帯では普通に居てるって事でっけど。
 7月が来れば蝶の記録をはじめ早10年、新たな出会いはまだまだありまっせ!

 はぁ〜、疲れた。緑のリズムから太陽広場東の森を抜け大阪城ホール前のローソンへ。冷えたビールが五臓六腑に染み渡る。
 ビールを飲み終え腰を上げれば、おっ、お前さんも居てくれたんか。
IMG_2362.jpg
 今期初のキマダラセセリ。余りにも奇麗やったんで、もう一枚。
IMG_2366.jpg

 静かな静かな大阪城公園であっちこっち走り回り、時折しゃがんでは突然走り出す、モニターを眺めながらひとりでニヤニヤ。傍から見たら「変なオッサン」

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・モンキチョウ・スジグロシロチョウ・ゴマダラチョウ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記