2016年05月04日

溢れる命

 新緑に包まれた天守閣、
IMG_0929.jpg
 そよ風というには幾分強い風が吹く教育塔裏、木々がざわめきはじめ長い尾の鳥影がもみじに。

 朝7時半、今日初めて出会った夏鳥がサンコウチョウでんがな!
 一旦目線の高さのもみじに留まるも直ぐさま長い尾をなびかせ樹冠部へ。一瞬やったけど双眼鏡でしっかり観れたんでそれで良し。

 ひと周り観察を終え1時前に様子を見に現場に足を向ければ、優に100人を超すカメラマン、朝の静けさは何処へ。

 昨日は鳥影どころか囀りさえも殆ど聞こえなかったと、日替わり定食もネタが尽きたかと思いきや、行く先々で夏鳥と出会いましたで。

●キビタキ:配水池東、音楽堂西通路、太陽広場東の森、飛騨の森、西の丸庭園で計9羽。うち♀は配水池東と西の丸庭園で。 
●オオルリ:サンコウチョウと同所で♂1羽のみ。
●センダイムシクイ:音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森、梅林、桜広場、飛騨の森で計8羽。
●エゾムシクイ:配水池東、音楽堂西通路、市民の森、太陽広場東の森で計6羽。
●クロツグミ:市民の森で♀1羽。
●マミジロ:市民の森♀、西の丸庭園♂各1羽。
●ツバメ:沖縄復帰の森、飛騨の森、山里丸、空堀、人工川で計7羽。
 とまぁ、こんな感じ。

●アカハラ:天守閣裏4羽、西の丸庭園♂5羽。
●ツグミ:梅林1羽。
 シロハラは確認出来ず。とうとう全ての個体が旅立ったんやろうか。

●アオバト:天守閣裏で♀1羽。
●エナガ:豊国神社東で5〜6羽の団子が観察されますわ。
●オオタカ:市民の森で飛翔の観察情報。

●キンクロハジロ:南外堀♂♀各1羽、北外堀♀1羽。北外堀の個体は例年の越夏個体と思いまんねんけど、南外堀のペアはここで夏を越すつもり?
●カルガモ:南外堀で2羽。昼過ぎには人工川で水遊びをする子供の輪の中に2羽が飛来。

 アオジ、クロジ、イカル、シメとは出会いなく繁殖地へ向かったかも。

 でもって、サンコウチョウ現場近くで今期初のシジュウカラの一番子、
IMG_0893.jpg
 チビさん4羽が親鳥の給餌待ち、そこへ次から次へと餌を運ぶ親鳥2羽。大変な食欲やろうし、もう暫くは忙しいぞ。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
サンコウチョウ・キビタキ・オオルリ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・クロツグミ・マミジロ・オオタカ・ツグミ・ツバメ・アオバト・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・アオバト・キジバト・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・

 では、蝶の話でも。
 第一化のピークは過ぎたものの各所で出会い12頭のアオスジアゲハ。
 市民の森ではモンシロチョウが愛を育む。
IMG_0938.jpg
 後ひと月もすれば本種のピーク、今季はどれだけ観察出来るか楽しみですわ。

 モンシロチョウと同所でハルジオンに吸蜜のイチモンジセセリ。
IMG_0962.jpg
 今日で今季3度目の観察。例年よりペースが速いんでこれまた今後の観察が楽しみでんな。

 知人の女性バーダーさんに「昨日配水池東でツツジに留まった黒いアゲハが居てました」とモニターを見せて頂く、確認すればクロアゲハ。今日も同所で飛翔を確認するも留まることなく・・・撮影の機会はツツジが萎れるまで、チャンスは訪れるやろうか?

 同所では飛翔のアゲハ、梅林ではテングチョウ。
 西の丸庭園入口では左の後翅の大半が欠損したベニシジミ、通りで飛び方がおかしいはず。

 修道館西でシロツメグサに留まるツバメシジミ♀、
IMG_1002.jpg
 このシチュエーションなら産卵か、と思いきや、この体勢のまま動かず。暫くして飛んで行きましたわ。心身共に疲れた様子やったけど大丈夫かな?

 既に確認されてるスズメの一番子たちはいたるところで。
IMG_0924.jpg
 梅林では地面に降りて羽根をプルプルさせてるチビさんも居てたな。

 シジュウカラのチビさんも姿を現し、久々にエナガ団子も観察され、モンシロチョウは世代交代の準備。
 5月の大阪城公園は命が溢れかえってますわ!

posted by ひでキング! at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記