2015年12月27日

取り越し苦労

 有り難いな、天気予報が外れるのも。 一日中曇って時折雨がパラつくことも、ってな予報やったけど、時折お陽さんが顔を出してましたもんな。
 この天気やったら日光の当たる時間帯やと、ひょっとしてムラサキシジミの開翅があるかも・・・と、いそいそと市民の森へ。

 越冬場所が見え始めると、ゲェッ、ウソ〜。数十人が一塊で枯葉付近を取り囲み双眼鏡で覗いてるやおまへんか! 昨日のブログ見てこんなにようさん人が集まってるん? スッゲーな〜、ブログの力って!!! 

 ワシも参加し双眼鏡を構えるも、何か様子が違う。集まってた人の帽子には野鳥のワッペン、胸や腕には名札、な〜んや、今日は定例探鳥会か。でもムラサキシジミを探してるん?と思いきや、その方向にカラの混群、それを観察してはりましてん。そりゃ〜そうですわな、ワシのブログにそんな影響力おまへんわな。

 で、気になる越冬ムラサキシジミでっけど。先に観察済みの大将から、今日は1頭のみのと。話によると、昨日夕方に確認した時点で既に1頭に減少してたと。
 何、なになに。一体何があったんやろ、野鳥に見つかったか、それとも移動したんやろうか??? 来春まで頑張ってくれるやろか、心配やなぁ、取り越し苦労やったらええんやけど・・・

 で、今日の蝶はこれで終わりやおまへん。
 11月28日以来ひと月振りに城南地区のエノキの枯葉を探ってみれば、この通り。
IMG_6728.jpg
 前回の枯葉とは形が違うし、位置も違うんで別個体のゴマダラチョウの越冬幼虫ですわ。何でか、ナメクジも一緒にお寝ん寝してるし。

 今日は先に蝶の話を済ませて、野鳥といきまっか!

 ピースおおさか前で久し振りに出会ったカラの混群。
 メジロ15羽、シジュウカラ4羽、コゲラ2羽にエナガ8羽、でもって採餌の間にひとっ風呂、
IMG_6739.jpg
 ヤマガラ3羽が入れ替わり朝風呂に入ってましたわ。
 ヤマガラは市民の森でも2羽観察され、エナガは西の丸庭園も8羽視認。

●ツグミ:集団的地上採餌は今日も観れず。南外堀沿い六番櫓近くの枯れ木に28羽をはじめ各所計91羽。
●シロハラ:各所疎らで15羽。
●ジョウビタキ:出会い少なく城南地区で♀、豊国神社裏で♂の計2羽。
●アオジ:音楽堂西通路で2羽、一番櫓で1羽。
●モズ:昨日同様もみじ園でお嬢さん、今日出会ったのはこの1羽のみ。でもって、昨日の飛騨の森のハヤニエ、昼前にはおまへんでしたわ。何時食べたんやろ、気になるなぁ。
●カワラヒワ:音楽堂西通路のアキニレに15羽の群れ。

 でもって、気になるキマユムシクイとコサメビタキ。
 昼過ぎに通り再び探鳥会のリーダーから、2種とも観察出来ましたと。
 まっ、キマユムシクイはともかく、コサメビタキは大丈夫なんかなぁ、メッチャ心配ですわ。

 こちらは心配せんでも大丈夫? 西の丸庭園のオジロビタキは相変わらずあっちへこっちへ。 赤い山茶花もええけど、多聞櫓近くで咲いてる真っ白な山茶花、
IMG_6777.jpg
 これもなかなか奇麗んで、たまにはこの花絡みで・・・って贅沢な話し?

●オオタカ:市民の森で幼鳥がドバトを追っかけ回すもなかなかゲット出来ずと。
●シメ:早朝、梅林で4羽の観察情報。
●アオバト:市民の森水飲み場で♂2羽は何度か観察されてるが、今日は♂♀各1羽と。ひょっとして3羽?4羽?

 ほなっ、水辺の鳥といきまっか!

 まずは気になる、西外堀のカンムリカイツブリ。これは一瞬でオッケー。
 2羽のバンは朝の観察時には確認出来ず、帰り際になんとか1羽は確認。

●オオバン:西外堀9羽、南外堀1羽、東外堀43羽、北外堀21羽、内堀梅林側で5羽の計79羽。

 人工川ではいつも隣の池にいるカルガモ軍団12羽、コサギが1羽。でもって、池には昨日から居座ってるコガモが3羽。
IMG_6721.jpg
●コガモ:上記以外に西外堀♂2羽、南外堀♂4羽♀13羽、内堀蓮如上人前で♂5羽♀4羽の計31羽。
●オカヨシガモ:西外堀以外の堀で計120羽。やっぱり北外堀青屋門側のアゾラで多く58羽。
●マガモ:昨日同様西外堀で♀2羽。
●カルガモ:前述の12羽と西外堀5羽、北外堀、東外堀各2羽、内堀1羽の計22羽。
●ハシビロガモ:全ての堀で疎らに計58羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で計166羽。
●ホシハジロ:北外堀の93羽を始め全ての堀で222羽。
●キンクロハジロ:全ての堀で計74羽。
●ヨシガモ:内堀蓮如上人前♂4羽♀5羽、東外堀♂1羽、北外堀♂2羽♀1羽やけど、それだけではおまへん。
 
 昨日観察した第二寝屋川のオオバンを探しに桃園北側へ。すると川面にカモの姿が見えるやおまへんか。カルガモ?と双眼鏡を構えれば、えっ、ヨシガモの♀じゃん!アラ、珍しい。するともう1羽カモの姿、なに〜、♂も居てるじゃん!!!って事で第二寝屋川♂1羽♀1羽。

 そこで気になるのが、越夏中内堀から姿を消した♂のヨシガモ“ヨッシー君”でんがな。あの特徴的な左の翼の欠損状態を確認しようと近付くのを待つもどんどん西へ。アカン、離れる一方や。
 こりゃ〜先回りやなと、ボルトを凌ぐ時速5キロぐらいの俊足を飛ばし経済新聞社手前の橋へ。よ〜し、間に合ったぞ。と、その瞬間、なんで、なんでそうなるの??? 2羽揃ってUターンしまんがな、これが。はぁ〜、この息切れはどうしてくれるん。 

 取りあえず撮れた写真で確認するかとパソコンに取り込むも、ん〜、これじゃぁ厳しいなぁ、って写真ばっかり。結局、越夏ヨッシーかどうか不明?
 姿を消して以来、越冬期には必ず帰って来てくれると、信じつつもやっぱり心配ですわ。取り越し苦労やったらええんやけど。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
オオタカ・ツグミ・シロハラ・ジョウビタキ・モズ・キマユムシクイ・コサメビタキ・オジロビタキ・シジュウカラ・メジロ・エナガ・ヤマガラ・コゲラ・カワラヒワ・アオジ・シメ・アオバト・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・マガモ・カルガモ・コガモ・オカヨシガモ・ヨシガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・ユリカモメ・セグロカモメ・ハクセキレイ・キセキレイ・ゴイサギ・コサギ・

 
posted by ひでキング! at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記