2015年12月20日

あと11日

 どうなん、一体どうなってるのん、この天気。暖か過ぎやおまへんか、実際。
 観察時の最高気温18℃、あんまり寒いのは敵いまへんけどここまで暖かくってええのん? そりゃ〜ヒメオドリコソウも咲きますわ、ほんま。
IMG_6246.jpg
 そのお隣ではムラサキカタバミまでちょいとした群生。
IMG_6247.jpg
 今冬はこんな調子なんかなぁ。何だか季節感なくなりますわ。

 さて、野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはちょいと追加。

 気になる豊国神社裏のキマユムシクイにコサメビタキ。

 西の丸庭園開門前やから8時半頃かな、通った時は姿なし、もう一度帰り際(13時半頃)に確認をと足を向ければ数人のカメラマン。共に探すも2羽のウグイスと以前から時折見られる不明ムシクイ。なんとか写真をと粘るも・・・結局不明のまま。 今年中になんとか正体を明かしたいもんですわ。

 でもって、キマユムシクイは8時半頃から13時半頃の間に時折姿を現せたと聞く。

 不明ムシクイを諦めキマユムシクイを探しつつ上を向いて歩いていると、カラスに追われる猛禽の姿。とって返し後を追う、するともう1羽猛禽が低い高度でワシを追い抜いていくやおまへんか! げっ、数十メートルの距離に2羽の猛禽!
 さぁ〜、皆さんご一緒に。ビックリクリクリ・クリンクリン!!!

 朝、元山さんと出会い、最近はハイタカが2羽居てると聞いてたんでその2羽か? うち1羽は喉の赤い♂成鳥と。

 先の1羽は上空高く舞い上がりカラスの追飛を振り切る。旋回上昇する飛翔形からハイタカ、双眼鏡では喉の赤味がハッキリクッキリ、話に聞いてた♂でんな。

 で、もう1羽は。豊国神社東を西へ東へカラスに追われしっかり見ることが出来ん。胸腹部の従班、ハイタカより体形がボテッとしてたんでオオタカ幼鳥やと思いつつカラスより小さかったような???

 で、取りあえず姿が見えたら闇雲にパシャリ、パシャリ。
 帰って写真を見たらカラスとほぼ同じ大きさ、
IMG_6283.jpg
 下面の模様や尾の形もやっぱりオオタカ幼鳥でんな。
IMG_6272.jpg
 いやぁ〜、しかしたった数十秒で2羽のタカが頭の上を飛び回るか。マジで、ビックリクリクリ・クリンクリンでっせ!

 市民の森では、木の洞に留まるシロハラ1羽、その後ろの小枝にはメジロ2羽が順番待ち。ってなんの順番かっていうと、水飲みの順番。洞に水が溜まってるんやろぅな、シロハラが数度顔を突っ込み飛び去り、次ぎにメジロ。でもって、ヤマガラが痺れを切らしメジロを追い払う。そこへ2羽のアトリが現れ、順番を待つ。
 ヤマガラって愛嬌のある顔してまっけど結構意地悪?

 結局この1週間でコサメビタキが確認された市民の森、豊国神社裏では確認出来ず。

 でもって、西外堀京橋口側でカワセミ1羽。 ってのがワシからの追加ですわ。

 さて、蝶でっけど・・・アカンわ。
 元より多くの出会いは期待してまへんでしたけど、この暖かさ、成虫越冬の蝶の姿を期待してましたんやが・・・。 それと先週確認出来た市民の森でのムラサキシジミの越冬場所、同じ枯葉、その周辺を探すも姿なし。 どこに居てるんかなぁ〜、ほんま。 なんとか年内にもう一度確認したいなぁ。

 ロウバイが満開の梅林で、
IMG_6258.jpg
 足下からパタパタと地を這いように飛ぶ蝶の姿。色や大きさ、飛翔から多分テングチョウやと思いまんねんけど、これがあんた、留まりまへんがな。普通12月やったらもっと行動が鈍くすぐに留まりまんねんけど、今日の暖かさは半端やおまへんでしたからなぁ。って事で識別出来ず。ガックリクリクリ・クリンクリン・・・ですわ。

 そんで、前回見ることが出来んかった西の丸庭園でのツグミの集団地上採餌。今日は開門と同時に入ったけど既に地上では見られず。20羽程を確認しただけ。

 なんとか年内に集団地上採餌を見たいもんですわ。
 そんでもって頑張って撮りましたで、オジロビタキ。ちょい遠かったけどお尻を揚げる独特のポーズを!
IMG_6210.jpg
 ただし、お尻しか写ってまへんが・・・
 
 今年もあと11日、見たいもんややっておきたいこと、ちゃ〜んと済ませて新年を迎えたいなぁ。
posted by ひでキング! at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記