2015年12月12日

GE・N・TE・N

 なんという天気、暖か過ぎでっせ、ほんま。観察時の最高気温21℃、あと10日程で冬至やというのに信じられまへんなぁ、この暖かさ。 若もん風に言えば「有り得へんし」ってとこでっか。

 さて、野鳥の報告は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはこれと言って追加はおまへん。

 話すことがないんで、昨日の雨で大方散ってしもぅたけど、真っ赤な紅葉だけは奇麗やったんでその写真でも見てもらいまひょか。
IMG_6072.jpg
 でもって、気になる話を2つ3つ。

 ひと周りし最後に入った西の丸庭園、茶室前で女性バーダーとすれ違い様に会釈をし通り過ぎる。数メートル歩いて「すみません、ひでキング!さんですか」と。
「元山さんのブログにコメントしようと思ってたんですが、ひでキング!さんにお会いしたので報告を」と、豊国神社裏で見たというムシクイの特徴を教えて頂く。
 
 過去の記録頻度から言えばキマユムシクイの可能性が高い、が・・・
 残念なことに映像がない。その女性、カメラを持たず探鳥をしているとの事。周りにカメラマンがいれば撮影を願いしたのですが、その時は一人だったと。

 映像があれば・・・残念。でも立派なもんですわ。
 カメラに頼らず、あの部分にこんな模様、あそこはこんな色、動き方はどうやったなどしっかり観察してはったんで非常に解りやすい説明でしたで、ほんま。

 実はワシもそっちタイプで、カメラを構えるより先に特徴を確認しまんねん。でもって、識別出来てから撮影するタイプ。ただ識別出来なくってなんやったんやろって悩むことはありまっせ、でもワシの腕でバッチリ撮影なんて無理でんがな、目で観て確認する方が早くって確実やと思うし。あとは肉眼で観察しにくい部分は映像があるに越したことはおまへんな。

 ってな事で、数日前の不明ムシクイ、豊国神社裏に居る可能性あり。通った時は充分注意しておくんなはれ。でもって、カメラの腕に覚えのある方、キマユムシクイの特徴を予習して色んな角度で撮影しておくんなはれ! 特徴が合わんかったらとんでもない何かかも???

 で、西の丸庭園で今期初撮りのツグミの写真を見て頂き
IMG_6090.jpg

 蝶の話しでも。

 って言うても、今日出会った蝶は梅林のヤマトシジミ1頭だけ。
 でもこれまた、とんでもない情報が!

 市民の森で出会った親方と雑談中、数日前にこの付近でウラギンシジミを見たと。それとは別に白い蝶で・・・との話。詳しい説明を求めると、あのまったり口調で。

「白い蝶が地面に留まってたんっすよ。その模様が変な模様で、網目のような蜘蛛の巣のようなギザギザ模様で??? なんっすかねぇ???」っと。
 むむむっ。久し振りに川平慈英並みにうなったワシ、図鑑を広げこんな模様か?と訪ねると。「あっ、そうっす、翅の外側はハッキリ分からないっすけど、全体の模様はこんな感じっす」。っておいっ!これってイシガケチョウじゃんけ〜!!!
 写真は撮ったん?と聞けば、「仕事前の観察でカメラは持ってなかったっす」と。 あっちゃ〜、確認出来んか〜、残念。

 ってな事で、市民の森枝垂れ桜付近で白くギザギザ模様の蝶がいたらイシガケチョウの可能性あり!ですわ。

 この蝶は大阪の平野部では殆ど見掛けず都心部では尚更。足かけ10年になる蝶の観察でたった1回の記録しかおまへんねん。でもって、この蝶は成虫越冬種、何が起こるか分からん大阪城公園、ひょっとして、まさかがあっても不思議やない。
 どんな蝶かと言えば、「大阪城公園鳥だより」の「大阪城公園の蝶」に載ってまっさかいに予習してておくんなはれ!

 やぁ〜、今日はコレッ!と決め手になるあと一歩手前の観察ばっかりやったけど、ってワシが観察したわけやおまへんな。でもなんですわ、カメラがなくっても皆さんしっかり観察して色んな話し聞かせてくれはるから、珍鳥蝶と出会える可能性があって楽しみが増えるって事ですわ。

 映像があるに越したことはおまへんが、色んな可能性を頭に巡らせ、目で観る観察、やっぱりこれが原点とちゃいまっか!
 えっ、なんでっか。「今日の話は中身がよう分からんから減点や!」ってでっか。 
posted by ひでキング! at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記