2015年12月30日

鳥見納め・・・かな?

 いよいよ今年も押し迫ってきましたなぁ。皆さんの中には、故郷や旅先でこのブログを見てはる人も居てまっしゃろ。その今日の大阪城公園は・・・

 まずは市民の森で越冬中のムラサキシジミ。ワシが観察したのは、初認時の枯葉に1頭、別の枯葉に2頭の計3頭やったけど、後に出会った大将の話では6頭は確認出来たと。 まだまだ春は遠いけど、なんとか継続的に観察したもんですわ。

 で、やっと撮れましたで、地上のツグミ。
IMG_6784.jpg
 別段珍しい事もなんともおまへんが、芝生の上のツグミを年内に見ておかんと年越せまへんがな、ねぇ。でもこの1羽だけ、集団的地上採餌は年越しになりそうですわ。

 年越しと言えば豊国神社裏のコサメビタキ。
 観察終盤、豊国神社裏天端で顔なじみのカメラマンと出会いキマユムシクイを懸命に撮影。コサメビタキも同時に現れたと。本種の越年記録まであと二日でんな。

 でもって、西外堀のカンムリカイツブリ、2羽のバンも確認出来たし今年は思い残すことおまへんわ。そのうえ、そのうえでっせ、北外堀に再びメジロガモがやって来ましたがな!

 11月23日は曇天で雨が降ってきましたやろ、今日は雲ひとつない晴天、こりゃ〜ええ写真撮れるで! と思いきや遠い遠い飛騨の森の石垣の下。 仕方ない向こうに回ろうかと歩を進めると桃園側に近付いて来まんがな、これが。
 慌てて戻ってがむしゃらにパシャリパシャリ!
IMG_6872.jpg
 ところが北外堀は昼前から逆光も逆光、なんとか補正してやっとこんな感じ。

 地上ツグミにコサメビタキ、キマユムシクイ。カンムリカイツブリに2羽のバン、大きなおまけがメジロガモ、この上ない贅沢な話しでんな、実際。

 その他楽しませてくれた鳥たちは。
●オカヨシガモ:全ての堀で計125羽。
●ヨシガモ:なぜか少なく5羽。
●コガモ:西外堀、南外堀、東外堀、内堀で計13羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で計156羽。
●ホシハジロ:全ての堀で155羽。
●キンクロハジロ:全ての堀で計94羽。
●カルガモ:西外堀、北外堀、人工池で計24羽。
●メジロガモ:北外堀。

●バン:西外堀2羽。
●オオバン:全ての堀で計78羽と第二寝屋川で3羽の計81羽。
●カンムリカイツブリ:西外堀1羽。
●カイツブリ:西外堀、南外堀、東外堀で各1羽。

●カワセミ:北外堀で♀1羽。
●キセキレイ:南外堀2羽。
●ハクセキレイ:各所計14羽。

●コサギ:人工池1羽。
●ゴイサギ:北外堀沿いクスノキで成鳥3羽がお寝ん寝。

●ツグミ:各所計31羽。ただ西の丸庭園の個体数は???
●シロハラ:各所計20羽。
●ジョウビタキ:音楽堂西通路、豊国神社裏で各♀1羽。
●エナガ:沖縄復帰の森5羽、太陽広場東の森2羽。
●アオジ:音楽堂西通路、一番櫓、豊国神社裏。
●アトリ:市民の森、緑のリズム、太陽広場東の森で何でか各1羽で計3羽。
●カワラヒワ:市民の森で1羽のアトリと一緒に1羽のみ。
●モズ:もみじ園でいつものお嬢さん。
●ハイタカ:市民の森上空をカラスとお遊び。
●ウグイス:豊国神社裏2羽。

上記以外の鳥たちは。
ユリカモメ・セグロカモメ・シジュウカラ・メジロ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 はぁ〜、あれやこれやで大変やったこの1年、終わり良ければ全てよし。来年はこの勢いで上昇気運と生きたいもんでんな!

 今年も1年数限りなく覗きに来てもらっておおきにでっせ。来年またええ報告出来るように、じっくりまったり歩きますんで、よろしゅうにお願いしますわ。

 ほなっ、皆さん、ええ年迎えておくんなはれ〜。
 って、明日も居てくれるやろうかメジロガモ、気になるんで・・・
posted by ひでキング! at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月27日

取り越し苦労

 有り難いな、天気予報が外れるのも。 一日中曇って時折雨がパラつくことも、ってな予報やったけど、時折お陽さんが顔を出してましたもんな。
 この天気やったら日光の当たる時間帯やと、ひょっとしてムラサキシジミの開翅があるかも・・・と、いそいそと市民の森へ。

 越冬場所が見え始めると、ゲェッ、ウソ〜。数十人が一塊で枯葉付近を取り囲み双眼鏡で覗いてるやおまへんか! 昨日のブログ見てこんなにようさん人が集まってるん? スッゲーな〜、ブログの力って!!! 

 ワシも参加し双眼鏡を構えるも、何か様子が違う。集まってた人の帽子には野鳥のワッペン、胸や腕には名札、な〜んや、今日は定例探鳥会か。でもムラサキシジミを探してるん?と思いきや、その方向にカラの混群、それを観察してはりましてん。そりゃ〜そうですわな、ワシのブログにそんな影響力おまへんわな。

 で、気になる越冬ムラサキシジミでっけど。先に観察済みの大将から、今日は1頭のみのと。話によると、昨日夕方に確認した時点で既に1頭に減少してたと。
 何、なになに。一体何があったんやろ、野鳥に見つかったか、それとも移動したんやろうか??? 来春まで頑張ってくれるやろか、心配やなぁ、取り越し苦労やったらええんやけど・・・

 で、今日の蝶はこれで終わりやおまへん。
 11月28日以来ひと月振りに城南地区のエノキの枯葉を探ってみれば、この通り。
IMG_6728.jpg
 前回の枯葉とは形が違うし、位置も違うんで別個体のゴマダラチョウの越冬幼虫ですわ。何でか、ナメクジも一緒にお寝ん寝してるし。

 今日は先に蝶の話を済ませて、野鳥といきまっか!

 ピースおおさか前で久し振りに出会ったカラの混群。
 メジロ15羽、シジュウカラ4羽、コゲラ2羽にエナガ8羽、でもって採餌の間にひとっ風呂、
IMG_6739.jpg
 ヤマガラ3羽が入れ替わり朝風呂に入ってましたわ。
 ヤマガラは市民の森でも2羽観察され、エナガは西の丸庭園も8羽視認。

●ツグミ:集団的地上採餌は今日も観れず。南外堀沿い六番櫓近くの枯れ木に28羽をはじめ各所計91羽。
●シロハラ:各所疎らで15羽。
●ジョウビタキ:出会い少なく城南地区で♀、豊国神社裏で♂の計2羽。
●アオジ:音楽堂西通路で2羽、一番櫓で1羽。
●モズ:昨日同様もみじ園でお嬢さん、今日出会ったのはこの1羽のみ。でもって、昨日の飛騨の森のハヤニエ、昼前にはおまへんでしたわ。何時食べたんやろ、気になるなぁ。
●カワラヒワ:音楽堂西通路のアキニレに15羽の群れ。

 でもって、気になるキマユムシクイとコサメビタキ。
 昼過ぎに通り再び探鳥会のリーダーから、2種とも観察出来ましたと。
 まっ、キマユムシクイはともかく、コサメビタキは大丈夫なんかなぁ、メッチャ心配ですわ。

 こちらは心配せんでも大丈夫? 西の丸庭園のオジロビタキは相変わらずあっちへこっちへ。 赤い山茶花もええけど、多聞櫓近くで咲いてる真っ白な山茶花、
IMG_6777.jpg
 これもなかなか奇麗んで、たまにはこの花絡みで・・・って贅沢な話し?

●オオタカ:市民の森で幼鳥がドバトを追っかけ回すもなかなかゲット出来ずと。
●シメ:早朝、梅林で4羽の観察情報。
●アオバト:市民の森水飲み場で♂2羽は何度か観察されてるが、今日は♂♀各1羽と。ひょっとして3羽?4羽?

 ほなっ、水辺の鳥といきまっか!

 まずは気になる、西外堀のカンムリカイツブリ。これは一瞬でオッケー。
 2羽のバンは朝の観察時には確認出来ず、帰り際になんとか1羽は確認。

●オオバン:西外堀9羽、南外堀1羽、東外堀43羽、北外堀21羽、内堀梅林側で5羽の計79羽。

 人工川ではいつも隣の池にいるカルガモ軍団12羽、コサギが1羽。でもって、池には昨日から居座ってるコガモが3羽。
IMG_6721.jpg
●コガモ:上記以外に西外堀♂2羽、南外堀♂4羽♀13羽、内堀蓮如上人前で♂5羽♀4羽の計31羽。
●オカヨシガモ:西外堀以外の堀で計120羽。やっぱり北外堀青屋門側のアゾラで多く58羽。
●マガモ:昨日同様西外堀で♀2羽。
●カルガモ:前述の12羽と西外堀5羽、北外堀、東外堀各2羽、内堀1羽の計22羽。
●ハシビロガモ:全ての堀で疎らに計58羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で計166羽。
●ホシハジロ:北外堀の93羽を始め全ての堀で222羽。
●キンクロハジロ:全ての堀で計74羽。
●ヨシガモ:内堀蓮如上人前♂4羽♀5羽、東外堀♂1羽、北外堀♂2羽♀1羽やけど、それだけではおまへん。
 
 昨日観察した第二寝屋川のオオバンを探しに桃園北側へ。すると川面にカモの姿が見えるやおまへんか。カルガモ?と双眼鏡を構えれば、えっ、ヨシガモの♀じゃん!アラ、珍しい。するともう1羽カモの姿、なに〜、♂も居てるじゃん!!!って事で第二寝屋川♂1羽♀1羽。

 そこで気になるのが、越夏中内堀から姿を消した♂のヨシガモ“ヨッシー君”でんがな。あの特徴的な左の翼の欠損状態を確認しようと近付くのを待つもどんどん西へ。アカン、離れる一方や。
 こりゃ〜先回りやなと、ボルトを凌ぐ時速5キロぐらいの俊足を飛ばし経済新聞社手前の橋へ。よ〜し、間に合ったぞ。と、その瞬間、なんで、なんでそうなるの??? 2羽揃ってUターンしまんがな、これが。はぁ〜、この息切れはどうしてくれるん。 

 取りあえず撮れた写真で確認するかとパソコンに取り込むも、ん〜、これじゃぁ厳しいなぁ、って写真ばっかり。結局、越夏ヨッシーかどうか不明?
 姿を消して以来、越冬期には必ず帰って来てくれると、信じつつもやっぱり心配ですわ。取り越し苦労やったらええんやけど。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
オオタカ・ツグミ・シロハラ・ジョウビタキ・モズ・キマユムシクイ・コサメビタキ・オジロビタキ・シジュウカラ・メジロ・エナガ・ヤマガラ・コゲラ・カワラヒワ・アオジ・シメ・アオバト・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・マガモ・カルガモ・コガモ・オカヨシガモ・ヨシガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・ユリカモメ・セグロカモメ・ハクセキレイ・キセキレイ・ゴイサギ・コサギ・

 
posted by ひでキング! at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月26日

皆さんのお陰

 なんや、思ったより暖かいな。天気予報では寒気が入ってグッと冷え込むって言うてたけど穏やかでええ天気でしたがな、ね。

 さて、気になる種々の野鳥たち、その報告は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはちょいと色んなお話しを。

 まずは残念ながら、豊国神社裏のコサメビタキ、キマユムシクイとは出会いなし。って言うか他の野鳥も少なかったような・・・
 で、これだけ暖かかったらどっかで咲いてるやろうと思ってたカラスノエンドウ、豊国神社裏で咲いてたんで悲しさ紛れの写真をどうぞ!
IMG_6665.jpg

 お次に気になるカンムリカイツブリは元山さんが書かれてるように元気いっぱい。でもって、昨日最多個体を更新したオオバン、ワシも気になりましてん北外堀のボート。

 前回、青屋門側のアゾラで120羽のオカヨシガモって書きましたやろ、その場所にボートが入りオオカナダモが引き上げられてましたんや、トラックに満載。
 このオオカナダモはオオバンの大好物?ちょいと潜ってはホレ、この通り。
IMG_6647.jpg
 これをヒドリガモが横取り、ってのがここ最近の冬の風物詩。もしオオカナダモが大きく減少したらオオバンの個体数に影響しまっしゃろうな、元山さんも書いてはりまっけど。

 大層に掃除なんてせんでも、オオバンようさん連れてきたら労力を使わず一掃してくれるんとちゃいまっか、実際。
 
 もみじ園でモズのお嬢さんがパッチリ目玉でおはようさん。
IMG_6575.jpg
 秋にハヤニエの昆虫をパクリっと食べてたお嬢さんやろうか。
 そうそう、ハヤニエと言えば・・・
 
 京橋口から飛騨の森に入ってすぐに地上から飛び出すモズの♂。少し離れた所に留まり嘴には緑色の物体。それを小枝にブスッ! おっ、またハヤニエの瞬間や!

 もちろんモズが飛び去ったあと何かを確認しましたがなぁ。それがコレですわ!
IMG_6655.jpg

IMG_6657.jpg
 アオクサカメムシかな? 明日の楽しみがまたひとつ増えましたな。

 しかし今年はほんま、よう出会いますわハヤニエのシーンに。今日なんか出来たてホヤホヤでっせ、実際。

 で、蝶でっけど。 大ニュース!!!
 23日に1頭の休眠個体を確認出来た市民の森のムラサキシジミ。なな、なんとなんと、24日には大将が10頭を観察!!! 大ニュース!!!

 24日の11時過ぎ、開翅の1頭を発見。その1頭が日光浴を終え枯葉に紛れるとそこには別に3頭居てたと。あれっ?と思い前回確認出来た休眠場所を確認すれば、そこには2頭。別の場所に4頭の休眠個体。計10頭を観察・・・ワシと違ゃいまっせ大将がでっせ。

 でもって、今日はと言えば・・・
 まずは13日に始めたて確認出来た1頭の枯葉には
IMG_6602.jpg
 今日も1頭。

 でもって、ちょいと見にくいけど、凹んだ枯葉の両端に三角形の角が見えまっしゃろ。上手く撮せんかったけど右向きに2頭、左向きに2頭の計4頭がここで休眠してますねん。
IMG_6613.jpg
 分かりまっか?
 でもって、写真撮ったけど暗くって見えんから載せまへんけど、別の場所で3頭を確認。今日は8頭の休眠個体が確認出来ましたわ。
 も〜、嬉しいやら楽しいやら何が何だか・・・

 春や秋のムラサキシジミの活動期でも一日で8〜10頭も確認出来まへんで、実際。それがあんた、この年の瀬に群れで観察出来るかぁ?ほんま、ビックリですわ。

 皆さんのお陰で、今年はええ年が越せそうですわ、おおきに!
 ほなっ皆さん、ええ年迎えておくんなはれ! って、まだだ早いな。
posted by ひでキング! at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月23日

シチュエーション

 午前中は何かとか持ちそうやな、雨。取りあえず水鳥の観察だけでもと、いつもとは逆に西外堀を北に向かいサラッと堀をひと周り。 ふむっ、このパターン?

 ちょうどひと月前、11月23日と一緒のシチュエーションやな。雨が降りそうなんで逆回りに歩いて南外堀でメジロガモ!ってな事やったし、今日も・・・ふふふっ。

 さて、気になる西外堀のカンムリカイツブリと2羽のバン。

 カンムリカイツブリは今日も元気!ってのはええけど、じみ〜に広範囲を動き回り、なかなか近くで写真撮れまへんねん。まともな写真撮れたら載せますな。

 タイミング次第で2羽を同時に観れたり1羽も観察出来んかったりのバン、大手門側で1羽を見つけ、もう1羽を散策中、げっ、何この大きさは!
IMG_6327.jpg
 めっちゃデッカい鯉でっしゃろ。って言うても大きさが分かりまへんわな。
 何か指標にするもんはとカルガモが近付くのを待って、ほれ!
IMG_6333.jpg
 どう見てもカルガモの倍はおまっしゃろ。めっちゃデカかったでっせ。
 結局バンは1羽のみ。

 でもって、久々にマガモ♀2羽。石垣に登って何してたんやろ、落ちてる種子でも食べてたん? 歩きにくそうによじ登ってましたで。

 で、西外堀の鳥は
●コガモ:♂2羽。
●マガモ:♀2羽。
●ハシビロガモ:8羽。
●ホシハジロ:1羽。
●キンクロハジロ:10羽。
●カルガモ:7羽。
●オオバン:10羽。
●カイツブリ:2羽。
●カンムリカイツブリ:1羽。
●キセキレイ:2羽。

 京橋口を横目に北外堀へ。
 ひと月前は大部分を占めてたアゾラ、今ではすっかり減少し青屋門側に少し残るだけ。

 京橋口付近にカモは殆ど居らず伏見櫓付近ではホシハジロの群れ。
IMG_6382.jpg
 青屋門側のアゾラではオカヨシガモがこんな感じで120羽。
IMG_6387.jpg
 ひと月経てばシチュエーションが変わるもんでんなぁ、ほんま。当時はまだ少なかったホシハジロがトータル239羽。ヒドリガモに大きく差を付け今日のカモの優占種。
 
 ほぼ毎回観察のゴイサギ、今日は石垣で見掛けんなぁ、だとすれば・・・やっぱり。
 西側の砲兵工廠の門跡横にある木の中でお休み中。
IMG_6375.jpg
 左の個体の翼の色はブルーが濃いので成鳥?でもって右側の個体は何だかハッキリせん色でんなぁ。成鳥か若鳥かは???

 この撮影後、足下の石垣からカワセミが飛び出す。なんか以前もこんなシチュエーションがあったような・・・

 そんじゃ、北外堀の鳥は。
●オカヨシガモ:124羽。
●ヒドリガモ:47羽。
●ハシビロガモ:3羽。
●ホシハジロ:114羽。
●キンクロハジロ:23羽。
●オオバン:21羽。
●カワセミ:1羽。
●ゴイサギ:2羽。

 一時ヒドリガモ天国やった東外堀でっけど何だか淋しくなりましたな。
●オカヨシガモ:8羽。
●ヨシガモ:♂3羽。
●ヒドリガモ:73羽。
●ハシビロガモ:24羽。
●ホシハジロ:71羽。
●キンクロハジロ:3羽。
●オオバン:47羽。
 でもって、パンおじさんに群がるユリカモメ61羽。

 これまで堀沿いで、あれ〜こんな所にあったん?
 全く気付かんかった山茶花
IMG_6418.jpg
 寒椿の咲く
IMG_6424.jpg
 南外堀では
 ひと月前の賑わいは何処へやら・・・。ぜ〜んぶのカモ合わせて43羽、その内訳は。
●オカヨシガモ:6羽。
●コガモ:♂3羽、♀9羽。
●ヒドリガモ:4羽。
●ハシビロガモ:3羽。
●ホシハジロ:11羽。
●キンクロハジロ:7羽。
 でもって、オオバン1羽。

 内堀。“太閤さんが乗ってた”が売りの金の御殿船、11月末の営業休止以後徐々にカモが定着。
 梅林側は
●オカヨシガモ:12羽。
●ヨシガモ:♂3羽、♀3羽。
●コガモ:♂2羽。
●ヒドリガモ:23羽。
●ホシハジロ:2羽。
●キンクロハジロ:15羽。
●オオバン:2羽。

 西の丸庭園側
●オカヨシガモ:1羽。
●ハシビロガモ:4羽。
●ヒドリガモ:11羽。
●ホシハジロ:4羽。
●キンクロハジロ:4羽。

 まっ、こんな感じですわ、堀の様子は。

 で、気になる豊国神社裏のキマユムシクイとコサメビタキ。
 キマユムシクイは視認オッケー! 
 コサメビタキは修道館裏で撮影されたモニターを見せて頂き、これまたオッケー! ところで、越年記録のない本種、あと9日で初記録となりまっけど居てくれるかな?

 西の丸庭園のオジロビタキ。人っ子ひとりいない迎賓館横で待つこと数十秒、元気に飛び回り撮影不能。

 今年中になんとか見たいツグミの集団的地上採餌、前回は開門同時に行って観れなかったんで今日は11時過ぎに。地上で採餌してたのは19羽のハシブトガラスに4羽のハシボソガラス、西側の通路で76羽のスズメ。ツグミは周囲の木々を飛び回る。結局観れず終い。

 午後からは冷たい雨がシトシト、シチュエーション的にはひと月前のメジロガモが飛来したときと同じ、観察コースも同じやったんで最後にツクシガモ!トモエガモ!ってな期待してたけど・・・そんなええことばっかりおまへんな。

 ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
オオタカ・ツグミ・シロハラ・アオバト・キクイタダキ・アトリ・カワラヒワ・ジョウビタキ・キマユムシクイ・コサメビタキ・オジロビタキ・シジュウカラ・メジロ・ウグイス・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・ヨシガモ・オカヨシガモ・マガモ・カルガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・ユリカモメ・セグロカモメ・ゴイサギ・アオサギ・カワセミ・ハクセキレイ・キセキレイ・

 とっとっと、これで終わりとちゃいまっせ!

 今冬の楽しみ、越冬ムラサキシジミ。
 市民の森で大将と出会いいきなり「居てまっせ」と。慌てて越冬場所の枯葉を確認すると、ほんに、居てまんがな。ワ〜イ、ウレピーな〜!

 日曜日は暖かかったんで開翅していたとメールでその写真が送られてきましたわ。話によると、天気が良く活動出来る気温になると移動し日光浴、今日みたいに天気が悪く気温の低いときは枯葉に紛れて休眠しているとの事ですわ。

 シチュエーション的には天気のええときは周囲を探し、天気の悪いときは越冬場所の枯葉を探す、っと言うことでんな。
 
posted by ひでキング! at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月20日

あと11日

 どうなん、一体どうなってるのん、この天気。暖か過ぎやおまへんか、実際。
 観察時の最高気温18℃、あんまり寒いのは敵いまへんけどここまで暖かくってええのん? そりゃ〜ヒメオドリコソウも咲きますわ、ほんま。
IMG_6246.jpg
 そのお隣ではムラサキカタバミまでちょいとした群生。
IMG_6247.jpg
 今冬はこんな調子なんかなぁ。何だか季節感なくなりますわ。

 さて、野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはちょいと追加。

 気になる豊国神社裏のキマユムシクイにコサメビタキ。

 西の丸庭園開門前やから8時半頃かな、通った時は姿なし、もう一度帰り際(13時半頃)に確認をと足を向ければ数人のカメラマン。共に探すも2羽のウグイスと以前から時折見られる不明ムシクイ。なんとか写真をと粘るも・・・結局不明のまま。 今年中になんとか正体を明かしたいもんですわ。

 でもって、キマユムシクイは8時半頃から13時半頃の間に時折姿を現せたと聞く。

 不明ムシクイを諦めキマユムシクイを探しつつ上を向いて歩いていると、カラスに追われる猛禽の姿。とって返し後を追う、するともう1羽猛禽が低い高度でワシを追い抜いていくやおまへんか! げっ、数十メートルの距離に2羽の猛禽!
 さぁ〜、皆さんご一緒に。ビックリクリクリ・クリンクリン!!!

 朝、元山さんと出会い、最近はハイタカが2羽居てると聞いてたんでその2羽か? うち1羽は喉の赤い♂成鳥と。

 先の1羽は上空高く舞い上がりカラスの追飛を振り切る。旋回上昇する飛翔形からハイタカ、双眼鏡では喉の赤味がハッキリクッキリ、話に聞いてた♂でんな。

 で、もう1羽は。豊国神社東を西へ東へカラスに追われしっかり見ることが出来ん。胸腹部の従班、ハイタカより体形がボテッとしてたんでオオタカ幼鳥やと思いつつカラスより小さかったような???

 で、取りあえず姿が見えたら闇雲にパシャリ、パシャリ。
 帰って写真を見たらカラスとほぼ同じ大きさ、
IMG_6283.jpg
 下面の模様や尾の形もやっぱりオオタカ幼鳥でんな。
IMG_6272.jpg
 いやぁ〜、しかしたった数十秒で2羽のタカが頭の上を飛び回るか。マジで、ビックリクリクリ・クリンクリンでっせ!

 市民の森では、木の洞に留まるシロハラ1羽、その後ろの小枝にはメジロ2羽が順番待ち。ってなんの順番かっていうと、水飲みの順番。洞に水が溜まってるんやろぅな、シロハラが数度顔を突っ込み飛び去り、次ぎにメジロ。でもって、ヤマガラが痺れを切らしメジロを追い払う。そこへ2羽のアトリが現れ、順番を待つ。
 ヤマガラって愛嬌のある顔してまっけど結構意地悪?

 結局この1週間でコサメビタキが確認された市民の森、豊国神社裏では確認出来ず。

 でもって、西外堀京橋口側でカワセミ1羽。 ってのがワシからの追加ですわ。

 さて、蝶でっけど・・・アカンわ。
 元より多くの出会いは期待してまへんでしたけど、この暖かさ、成虫越冬の蝶の姿を期待してましたんやが・・・。 それと先週確認出来た市民の森でのムラサキシジミの越冬場所、同じ枯葉、その周辺を探すも姿なし。 どこに居てるんかなぁ〜、ほんま。 なんとか年内にもう一度確認したいなぁ。

 ロウバイが満開の梅林で、
IMG_6258.jpg
 足下からパタパタと地を這いように飛ぶ蝶の姿。色や大きさ、飛翔から多分テングチョウやと思いまんねんけど、これがあんた、留まりまへんがな。普通12月やったらもっと行動が鈍くすぐに留まりまんねんけど、今日の暖かさは半端やおまへんでしたからなぁ。って事で識別出来ず。ガックリクリクリ・クリンクリン・・・ですわ。

 そんで、前回見ることが出来んかった西の丸庭園でのツグミの集団地上採餌。今日は開門と同時に入ったけど既に地上では見られず。20羽程を確認しただけ。

 なんとか年内に集団地上採餌を見たいもんですわ。
 そんでもって頑張って撮りましたで、オジロビタキ。ちょい遠かったけどお尻を揚げる独特のポーズを!
IMG_6210.jpg
 ただし、お尻しか写ってまへんが・・・
 
 今年もあと11日、見たいもんややっておきたいこと、ちゃ〜んと済ませて新年を迎えたいなぁ。
posted by ひでキング! at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月13日

「感謝!」

 ありがとうございま〜す。感謝感謝ですわ、ほんま。

 昨日の豊国神社裏の不明ムシクイ、キマユムシクイに間違いおまへんでしたわ。
 昨日教えて頂いた女性バーダーさんに感謝ですわ、おおきに!

 実は昨日彼女と出会った西の丸庭園に入る前、豊国神社裏を通りましたんやけどムシクイの存在に全く気付かず。でもって、帰りに再び訪れたけど、これまた見つけられず。ってな事で、今日はルートを変えて早めに豊国神社裏へ。

 通路中程でアオジ、ウグイスを確認し何やらもう1羽が忙しなく動く。ここは見失うわんようにじっくり目で追い・・・まずはしっかり確認。数カ所ある特徴を確認し、んっ、間違いないやろ。で、それを確実にするために撮影ですわ。
 しかし、これがまたあんた、木の中に入ったり出たりでメチャ動くのなんのって。居合わせたカメラマンの人に、しっかり撮っておくんなはれやとお願いしもってワシも挑戦ですわ。でもってなんとか撮れた写真がこれ!
IMG_6121.jpg
 特徴の全てが分かる写真やおまへんが、他の写真を含め特徴を確認出来たんで間違いおまへんわ。

 場所や行動なんかは昨日教えてもらった情報のまんま、ほんま感謝感謝ですわ!

 で、居合わせたカメラマンの人、実は以前西外堀のバンの探索に付き合ってくれた人なんですわ。その人から、早朝飛騨の森でウソを観察とモニターを見せて頂く、お腹は赤くなかったんで多分♀と。 これまた有り難い情報をおおきにです!ほんま。

 そんでもって、市民の森水飲み場では「ケチャップ姉さん」がコサメビタキを撮影。

 これがまたアトリと一緒に写ってまんがな。夏鳥と冬鳥のコラボ、ええ感じの写真でしたでぇ、ほんま。このまま越冬するかは???

 昨年は12月20日まで豊国神社裏で確認されたと記録してますわ、今季はどうかなぁ、越冬するんかなぁ?これまた気になりまんな、実際。

●オジロビタキ:西の丸庭園迎賓館横の山茶花で今日も元気。
●ツグミ:開門すぐの西の丸庭園、芝生上は本種で一杯と聞くもワシが行った10時半頃は周囲の木々で計48羽芝生では確認出来ず。他所では3羽で計51羽。
●シロハラ:西の丸庭園をはじめ計11羽。
●ジョウビタキ:出会い少なく城南地区で♂1羽、豊国神社裏で雌雄各1羽と聞く。
●モズ:西の丸庭園沿いから堀で奇麗な♂1羽。
●アオジ:豊国神社東と裏で計3羽。
●エナガ:修道館裏で9羽、シジュウカラ、メジロと混群。
●アトリ:市民の森水飲み場で5羽が降りてくる。その他豊国神社裏でも。
●キクイタダキ:同じく市民の森水飲み場で1羽の情報。
●ハヤブサ:11:00天守閣裏から2羽のカラスの追われOBP方向へ飛翔。その足には何やら物体。行き先を観察すれば、ツインタワー21の西棟の上から2番目の赤色灯へ。足下に嘴を近付ける様子が窺えたので餌を食べてまんねんやろ。

 オオタカ、ハイタカらしき飛影が各所で観察される。最近は両種ともよく観察され行動範囲もかなり広い、どこにどちらが現れるとは言えんので終始ご注意くだされ。

 では、最近毎回観察出来るゴイサギ成鳥の写真を見て頂き、
IMG_6153.jpg

 水辺の鳥といきまっか。
●オカヨシガモ:依然多く西外堀以外の堀で計123羽。9割方は北外堀京橋口付近で。
●ヨシガモ:西外堀以外の堀で観察出来るも何でか少なく計10羽。
●カルガモ:今季は多い本種、西外堀33羽、人工池11羽の計44羽。
●コガモ:南外堀のみで22羽。
●ハシビロガモ:各堀で観察33羽。
●ヒドリガモ:昨日から大きく減少し178羽。なんでやろ?
●ホシハジロ:徐々に増加を続けていた本種、各堀で観察計179羽。今日に限ってはヒドリガモを抜きトップに躍り出ましたな。
●キンクロハジロ:一向に増加せず各堀計47羽。どうしたんやろ。

●バン:西外堀で1羽のみ。
●オオバン:微妙に増減の本種、今日は各堀で観察出来るも昨日より少なく63羽。
●カイツブリ:北外堀、南外堀で各1羽。
●カンムリカイツブリ:上記ウソの撮影カメラマンに教えて頂き早朝は西外堀にいたと。帰り際にワシも確認。

 ほなっ、今日野鳥といきまっか!
コサメビタキ・キマユムシクイ・オジロビタキ・ハヤブサ・モズ・アトリ・カワラヒワ・キクイタダキ・ツグミ・シロハラ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・アオジ・ウグイス・ジョウビタキ・シメ・ウソ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カイツブリ・カンムリカイツブリ・カワウ・カルガモ・オカヨシガモ・ヨシガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・カワセミ・ハクセキレイ・ゴイサギ・コサギ・ユリカモメ・セグロカモメ・

 蝶に目を転じ・・・
 昨日のブログを見て、イシガケチョウの越冬なら確認にと、遠路はるばる?駆け付けてくれはった人が居てまんねん。その人から昼前に「残念ながらイシガケチョウは確認出来んかったけど、ムラサキシジミの越冬(休眠中)個体を確認」と電話。急ぎ市民の森に駆け付け教えて頂く。
 こりゃ〜見つけられんわ、これどこに居てるか分かる?
IMG_6166.jpg
 まっ、写真が悪いのもあるけど、よくぞ見つけはりましたわ。ワシやったら絶対によう見つけまへんな、マジで。
 写真中央にギザギザになってない枯葉っぽいものが斜めにおまっしゃろ、その部分が翅の外縁ですわ。 

 で、久し振りにお会いしたんで暫く立ち話。そこへ昆虫好きの常連さんが現れ、もみじ園でベニシジミ、キタテハ、ヤマトシジミを観察撮影と情報を頂く。
 ワシなんか、今日は蝶と出会ってないし・・・

 やぁ〜、昨日今日は有り難いお話しばっかり。ひと言「感謝!」ですわ、ほんま。
 
posted by ひでキング! at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月12日

GE・N・TE・N

 なんという天気、暖か過ぎでっせ、ほんま。観察時の最高気温21℃、あと10日程で冬至やというのに信じられまへんなぁ、この暖かさ。 若もん風に言えば「有り得へんし」ってとこでっか。

 さて、野鳥の報告は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはこれと言って追加はおまへん。

 話すことがないんで、昨日の雨で大方散ってしもぅたけど、真っ赤な紅葉だけは奇麗やったんでその写真でも見てもらいまひょか。
IMG_6072.jpg
 でもって、気になる話を2つ3つ。

 ひと周りし最後に入った西の丸庭園、茶室前で女性バーダーとすれ違い様に会釈をし通り過ぎる。数メートル歩いて「すみません、ひでキング!さんですか」と。
「元山さんのブログにコメントしようと思ってたんですが、ひでキング!さんにお会いしたので報告を」と、豊国神社裏で見たというムシクイの特徴を教えて頂く。
 
 過去の記録頻度から言えばキマユムシクイの可能性が高い、が・・・
 残念なことに映像がない。その女性、カメラを持たず探鳥をしているとの事。周りにカメラマンがいれば撮影を願いしたのですが、その時は一人だったと。

 映像があれば・・・残念。でも立派なもんですわ。
 カメラに頼らず、あの部分にこんな模様、あそこはこんな色、動き方はどうやったなどしっかり観察してはったんで非常に解りやすい説明でしたで、ほんま。

 実はワシもそっちタイプで、カメラを構えるより先に特徴を確認しまんねん。でもって、識別出来てから撮影するタイプ。ただ識別出来なくってなんやったんやろって悩むことはありまっせ、でもワシの腕でバッチリ撮影なんて無理でんがな、目で観て確認する方が早くって確実やと思うし。あとは肉眼で観察しにくい部分は映像があるに越したことはおまへんな。

 ってな事で、数日前の不明ムシクイ、豊国神社裏に居る可能性あり。通った時は充分注意しておくんなはれ。でもって、カメラの腕に覚えのある方、キマユムシクイの特徴を予習して色んな角度で撮影しておくんなはれ! 特徴が合わんかったらとんでもない何かかも???

 で、西の丸庭園で今期初撮りのツグミの写真を見て頂き
IMG_6090.jpg

 蝶の話しでも。

 って言うても、今日出会った蝶は梅林のヤマトシジミ1頭だけ。
 でもこれまた、とんでもない情報が!

 市民の森で出会った親方と雑談中、数日前にこの付近でウラギンシジミを見たと。それとは別に白い蝶で・・・との話。詳しい説明を求めると、あのまったり口調で。

「白い蝶が地面に留まってたんっすよ。その模様が変な模様で、網目のような蜘蛛の巣のようなギザギザ模様で??? なんっすかねぇ???」っと。
 むむむっ。久し振りに川平慈英並みにうなったワシ、図鑑を広げこんな模様か?と訪ねると。「あっ、そうっす、翅の外側はハッキリ分からないっすけど、全体の模様はこんな感じっす」。っておいっ!これってイシガケチョウじゃんけ〜!!!
 写真は撮ったん?と聞けば、「仕事前の観察でカメラは持ってなかったっす」と。 あっちゃ〜、確認出来んか〜、残念。

 ってな事で、市民の森枝垂れ桜付近で白くギザギザ模様の蝶がいたらイシガケチョウの可能性あり!ですわ。

 この蝶は大阪の平野部では殆ど見掛けず都心部では尚更。足かけ10年になる蝶の観察でたった1回の記録しかおまへんねん。でもって、この蝶は成虫越冬種、何が起こるか分からん大阪城公園、ひょっとして、まさかがあっても不思議やない。
 どんな蝶かと言えば、「大阪城公園鳥だより」の「大阪城公園の蝶」に載ってまっさかいに予習してておくんなはれ!

 やぁ〜、今日はコレッ!と決め手になるあと一歩手前の観察ばっかりやったけど、ってワシが観察したわけやおまへんな。でもなんですわ、カメラがなくっても皆さんしっかり観察して色んな話し聞かせてくれはるから、珍鳥蝶と出会える可能性があって楽しみが増えるって事ですわ。

 映像があるに越したことはおまへんが、色んな可能性を頭に巡らせ、目で観る観察、やっぱりこれが原点とちゃいまっか!
 えっ、なんでっか。「今日の話は中身がよう分からんから減点や!」ってでっか。 
posted by ひでキング! at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月09日

とんでもない!

 やられた〜! 今日のネタは暖冬で書き始めようと思ってたら、先の元山さんに使われてしもぅた、やられた〜!

 でもって、なんで暖冬の書き出しにしようと思ったかというとね、水仙が満開の梅林で、
IMG_6023.jpg
 いくら暖かくっても、蝶はもう成虫越冬種以外は居らんやろと思い気を抜いて歩いてると、おっ、ヤマトシジミかと思いきや、大きさや飛翔形が違う、この飛び方はまさかウラナミシジミ? 留まったところに抜き足忍び足で歩み寄る。 ところがほれ、今度は正真正銘のヤマトシジミが近付き飛び立ちましたがな、ほんま。

 でも諦めず、じーっと待つこと数分(大して待ってまへんが)やっと留まり慌ててパシャリ!
IMG_6021.jpg
 またすぐに飛び出しもたんでこんな写真でっけど、一応ウラナミシジミ♀って確認出来ましてん。

 このウラナミシジミ、基本的には死滅?する種。
 本州では南部の暖地で成虫越冬し、その個体が春を迎え繁殖、徐々に北上しつつ生息域を拡大するしまんねん。
 大阪市内での越冬はワシは知りまへん、もちろん大阪城公園で越冬どころか、12月9日に観察ってのも始めて、これまでの記録では2010年11月14日が一番遅い記録。

 これってやっぱり暖冬の影響あるって考えてしまいまっしゃろ。
 ってな事で、書き出しは暖冬って思ってたんやけど、やられた〜! という事ですわ。 お分かりいただけましたらろぅか。

 それ以外にも暖冬を感じたのは、青屋門前ボケの植栽場ではふた足程早く満開の二輪。
IMG_6011.jpg
 って、これはここ数年12月に数輪咲きますわ。多分枝伐り後、暖かくなってるのが要因やと思いますねん。

 そんな陽気に誘われてか、人工川ではカルガモがテクテク。
IMG_5957.jpg
 大阪城公園ではカルガモが地上を歩くのは珍場面でっせ!

 そんでもって、もちろん野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」で確認しておくんなはれ。

 そうでんねん。「っておいっ、いきなり何言い出すねん」ってでっか。
 いやいや、分からんかったんですわ、ムシクイ。ヤマガラ3羽と一緒に2羽居てましてん、途中メジロ、シジュウカラの群れとドッキング、どこに居るやら何やらでごっちゃ混ぜになってしもぅて気付けばメジロとシジュウカラだけになってましてん・・・

 元山さんも書いてはるけど、大手門付近から西の芝生エリア、教育塔付近ではほぼ毎回ヤマガラが居てるんで同行してる可能性あり。付近でヤマガラを見たときは周りを良〜く探してくんなはれ、とんでもない○○○○ムシクイや! ってな事もあるか知れまへんので・・・。 

 しかしなんでんなぁ、いつもいつも何かありますなぁ、大阪城公園は。
 未確認ムシクイにウラナミシジミ。大阪城公園初のムシクイやったり、ウラナミシジミが越冬、って事になれば、とんでもない記録になりまっせ!!!
 ほなっ、また!

 

 

 
posted by ひでキング! at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月06日

一段と

 晴天って訳にはいかんかったけど、一時はお陽さんが顔を出し、風もなく穏やかでしたなぁ。南外堀に映る紅葉、
IMG_5771.jpg
 ってあれ、殆どおまへんな。でも先週アップした音楽堂西通路の紅葉が一段と色濃く浮き上がって見えましたで。
IMG_5804.jpg
 奇麗なもんですなぁ、ほんま。

 で、今日は先に言うときますわ。蝶とは出会ってまへんので悪しからず。
 ってな事で、まずは「元山裕康のこんなん出てます」の追加で・・・

 市民の森でハイタカの飛影。
 アオジは音楽堂西通路♂♀各1羽、一番櫓で地鳴き。
 山里丸でシメ1羽と、豊国神社裏でアカハラの観察情報。
 ってなとこですわ。

 さてさて、何を話しまひょか・・・
 あっ、そうや。元山さんも書かれてまっけどカンムリカイツブリ、よくぞ帰って来てくれたもんですわ、ほんま。同じ個体か分からんけど。
 昨季も再三飛去しては飛来し、観察毎に一喜一憂したもですわ。今季はどうやろうか、ずーっと居ててほしいんやけどなぁ・・・

 それと、これまた元山さんが書かれてる北外堀のゴイサギ。成若が書いてないんで多分この成鳥を観察しはったと思いまんねんけど、
IMG_5852.jpg
 ワシが観察した12時前、前にも書いたホシゴイでない若鳥、今日も成鳥と一緒に居てましたで。

 以前よりブルーグレーの部分が一段と色濃く、頭部や翼の斑模様が目立つようになってましたな。三毛猫みたいな模様やし一瞬何かいなぁって思いましたわ、ほんま。
IMG_5842.jpg
 ね〜、どう見てもホシゴイって感じやおまへんやろ。

 で、じーっと見てたら移動を始め手前(右側)の石垣に足をかけるも急な角度で歩くのを断念、バタバタと羽ばたいたかと思ったら反対方向へ飛んで移動。慌ててシャッターを切って数枚撮れたまともな写真がこれですわ。殆どはボケボケ。
IMG_5874.jpg
 真後ろから撮れた飛翔写真を見れば、面白いでっせ〜、羽の色の違いが。
 初列風切と三列風切はブルーグレー、次列風切は濃い茶褐色。初列大雨覆は若干グレーの入った茶褐色、大雨覆はブルーグレー。若鳥から成長への換羽順序は個体のよって違いがあるやろうけど、大まかにはこんな感じで換羽するんやろうなぁ。面白いわ〜、ほんま。
 えっ、何でっか「だったらその写真見せろよ」ってでっか。 それがあんた、ピンボケでんがな、何とか部位が分かる程度で・・・
 これからは一段と換羽が進み、冬が終わる頃には成鳥が2羽って事になるんやろうなぁ。

 梅林ではロウバイが咲き始め、
IMG_5923.jpg
 長い冬の到来を感じますわ、ほんま。

 再び飛来したカンムリカイツブリ、ゴイサギの成長段階の観察、この冬は一段と楽しめそうですわ。

 
 
posted by ひでキング! at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月01日

うららか

 なんともまぁ、うららかな天気でんなぁ、ほんま。そこへもってきて音楽堂西通路では真っ赤に染まった紅葉。
IMG_5692.jpg
 北外堀沿いでは黄金色の輝く銀杏。
IMG_5749.jpg
 澄み切った青空の下、気持ちええ事このうえおまへんなぁ、実際。
 鳥たちは気持良さそうにマッタリ過ごしたし、幸せいっぱい胸いっぱいですわ。

 で、野鳥の状況は「元山裕康のこんなん出てます」を見て頂いて、ワシからは・・・

 市民の森で暗い木の中を移動するエナガ5羽。
 音楽堂西通路と一番櫓でアオジの地鳴き。
 北外堀沿いのクスノキではいつも通りゴイサギ成鳥。
 ってなところですかな。

 でもって、市民の森のウグイスやけど。
 緑のリズムとの間にある大ツツジの植え込みで、小さな植え込みに2羽は入り込んでましたで、別に追っかけ合いなんかしてる様子もなく。
IMG_5722.jpg
 繁殖期でもないのに1メートル以内に2羽を確認、ちょっと記憶におまへんなぁ。

 極楽橋元駐車場天端では、パンおじさんが居ないから?自力で餌を食べるユリカモメ。
IMG_5750.jpg
 毎年この時期に見掛けるクスノキに群がる行動。これってやっぱり実を食べてまんねんな。中央の飛び立った個体の嘴、良〜く見ておくんなはれ、なんや小さなもん咥えてまっしゃろ、これ楠の実と違ゃいますのん。
 体が大きいうえ水かきの付いた足では枝に留まりにくいんやろうな、でもホバリングしながら小さな実を咥える方がもっと難しそうな・・・

 とまぁ、こんな感じでサラッとひと周りしたのはええけど、ほんまガックリでっせバン。3羽とも居らんようにるとは。

 で、蝶は・・・
 ヤマトシジミがパタパタ5頭。
 緑のリズムで、日曜日と同じ個体かな?前回撮影の7〜8メートル離れた所で越冬体勢?
IMG_5702.jpg
 気持良さそうに寝てまんまぁ、ほんま。ってこれって寝てるんかな???
posted by ひでキング! at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記