2015年11月01日

普通であってね

 あれよあれよと言う間に10月が終わってもうたなぁ、早いなぁ。あと二ヶ月で「明けましておめでとうさん」って言わんと聞けまへんねんでぇ、ほんま早いな、時の経つのは。

 でもって、長い長いといわれる秋の渡りもそろそろ落ち着くんやろうなぁ、これまた。この間コルリが来た、って言うてたら今日はキクイタダキでんがな。楽しいときはあっと言う間に過ぎますわ、実際。

 肌寒い朝、人工川で長く楽しませてくれてるシロバナサクラダテに朝日が、余りに奇麗やったんでついついパシャリ。
IMG_4388.jpg
 この撮影中、「チチーン」と甲高い声、ふと顔を上げれば近くでキセキレイがマッタリ。
IMG_4430.jpg
 ほんまマッタリしてましたで、数分は一歩も動かずこの状態。先週もそうやったけど今年はキセキレイと相性がええかも。ここ以外に北外堀でも1羽の出会い。

 夏鳥は市民の森でコサメビタキと地鳴きを聞いた後姿を確認出来たメボソムシクイ。○○ムシクイは北外堀沿いと南外堀沿いで。キビタキ、コマドリ、ノゴマとの出会いなし。

 でもって、入れ替わりに上記キクイタダキがやって来ましたがな。
 早朝、配水池東と山里丸で各1羽の観察情報。昼過ぎに天守閣裏でしっかり確認出来ましたわ。
 配水池東ではシメ2羽。緑のリズムでは複数人がエンベリザの「チッチッ」の声を複数人が聞いたと。ここ数日の状況ではミヤマホオジロの可能性、ただ視認情報はないので実際は不明でんな。

 ピースおおさか前では、シジュウカラ2羽、メジロ2羽、コゲラ1羽にエナガ5羽の混群。この時期はじっくり気を付けて見ときなはれや混群、中にヒガラがいてるって事も充分有り得るんで。 ヤマガラは市民の森で2羽。

 一時休息に立ち寄っているジョウビタキ、
 西外堀、南外堀、城南地区、西の丸庭園、梅林、豊国神社裏、空堀で計9羽。
 ♂4羽、♀4羽、声の確認1羽。今後もう少し個体数を増やすと思うけど越冬数はだいたい5〜8羽ぐらいかな?

 水鳥の様子は。
●オカヨシガモ:東外堀32羽。出会った親方からは、東外堀と内堀梅林側で計57羽と聞いたけどワシが観察したときは内堀はヒドリガモだけ。原因は9月30日までの予定だった内堀の遊覧船、今日立て看板に11月30日までと。お〜い、何してくれるねん、カモがやっと内堀に入ったって言うのに・・・。間違いなくこれが原因。
●ヨシガモ:いくら探しても東外堀で1羽だけ。順調に増加してたのになんで?
●カルガモ:西外堀27羽、南外堀3羽、東外堀2羽、北外堀3羽、本丸庭園池9羽で計44羽。メッチャ多い、記憶ではワシが観察してから最多個体数と違ゃうかな。
●マガモ:東外堀、本丸庭園池で計3羽。全て♀。
●コガモ:南外堀8羽。
●ヒドリガモ:東外堀301羽、西外堀68羽、南外堀3羽、北外堀76羽、内堀梅林側6羽で計464羽。わぉ、この調子やったら500の大台は時間の問題でんな。
●ハシビロガモ:南外堀14羽、北外堀19羽、東外堀2羽で計34羽。
●ホシハジロ:南外堀1羽、東外堀20羽、北外堀のホッシーは未確認。
●キンクロハジロ:南外堀12羽、東外堀23羽、北外堀9羽で計44羽。

 期待してたオナガガモの越冬は夢に終わるか、今日は未確認。

●オオバン:西外堀4羽、東外堀8羽、北外堀6羽で計18羽。内訳は違うけど昨日の元山さんの総数と一緒。
●バン:東外堀で1羽。
●カイツブリ:西外堀、東外堀で各1羽。
●カワセミ:南外堀と東外堀で各1羽。

 でもって、一時観察出来んでどうなるかと思ったハクセキレイ、各所で観察計14羽と例年通りの観察数。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!(情報含む)
コサメビタキ・メボソムシクイ・ジョウビタキ・キクイタダキ・シロハラ・シメ・オオタカ・モズ・ウグイス・エナガ・ヤマガラ・シジュウカラ・コゲラ・メジロ・ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・オカヨシガモ・ヨシガモ・カルガモ・マガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・アオサギ・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・

 さて、蝶でんな。
 最高気温23℃、そろそろ活動が鈍る頃でっけど、今か、今頃か、あとふた月で年が明ける今頃に今年初のあの蝶か!
IMG_4447.jpg
 やっと、やっと、姿を見せてくれましたわ、ヒメアカタテハ。城南駐車場を歩行中、足下から急にひらひらっと舞い上がりふわふわっと着地。ゆっくり翅を広げたところをゆっくりパシャリ!

 大阪城公園で最も多く観察出来るタテハ科の蝶が11月にやっと初認ですわ。こんな事があるんでんなぁ、ほんま。
 例えが悪いかも知れまへんが、渡り期の終わりにやっとキビタキが来た、って感じかな。それくらいの珍事でんねん。

 ヤマトシジミも観察数が減少し、ひと周りして32頭。
 先週確認出来た市民の森と緑のリズム間の大ツツジ植え込みでムラサキシジミを確認するも・・・やっぱええ写真撮れなんだわ。キセキレイとは相性ええけどムラサキシジミとは相性が悪いかも。

 青屋門前ボケの植栽場ではベニシジミ。
 北外堀、空堀では力なくふらふら舞うモンシロチョウ。

 もみじ園では近年の観察では希少種になりつつあるウラナミシジミ。
IMG_4458.jpg
 今年の秋も出会いが少なかったわ、ほんま。

 でもって、先週ちょいと触れた絶滅が危ぶまれる?アキアカネ。今日はかなり意識し北外堀と梅林で確認出来ましたわ。
 梅林で、おっとっと、踏みそうになった未成熟♂? 減少してる生き物踏んだら罰当たりまんな、マジで。
IMG_4532.jpg
 北外堀では3つのアベックが交尾。
IMG_4486.jpg
 アゾラの合間の僅かな水面に産卵してたけど、来年も観察出来るやろうか。

 普通種は普通に居てて普通種、普通でなくなったら普通種って言えんもんな。
 ヒメアカタテハやアキアカネなんかは普通種の代表みたいなもんでんがな、その普通種と出会えんようになったら悲しい事でっせ、実際。
 普通種は普通種のままであり続けて欲しいでんなぁ、ほんま。

 えっ、なんでっか?「その普通種はどこで線引きするんや」ってでっか。
 それはでんな・・・おっほん。まず、普通とは何ぞえな。って所からの説明でんな。普通の定義としては・・・なんて難しい話はワシには無理でんな。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・ヒメアカタテハ・ウラナミシジミ・ムラサキシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記