2015年11月29日

気ぃ引き締めて!

 太陽広場で行われていたイベントOsaka Great Santa Run、サンタの衣装を着た家族連れや若もんたち、2万人の参加者を目指すってな事やけど何人居てたんやろ、えらい人数でしたでぇ、実際何人集まったんやろぅか。
 
 ただマラソンが目的でないようなんで観察に支障はおまへんでしたが、上空のヘリコプターのうるさいのなんのって、同じうるさいんでも真夏のセミの方がよっぽどマシですわ、ほんま。

 さて、その太陽広場の向かいにある東外堀、楽しみにしてたカンムリカイツブリは・・・
「やられた〜!」やっぱ、やられましたがな、これが。どこにも居てまへんがなぁ、参ったなこりゃ〜。

 朝イチの西外堀、これまで2羽のバンを同時に確認出来ず、探すのが大変やったけど、今日は2羽を同時に確認、なんとなく「ええことありそう、これやったらカンムリカイツブリも居てるやろ」って根拠のない幸せな気分に浸ってましたんやけど・・・この落胆は大きいわ、実際。
 そのうえ、昨日東外堀から移動したと思われる内堀蓮如上人前のバンも居らんようになったし、参ったなぁ〜。
 昨日フェイント掛かられた2羽の鳥が2羽とも飛去か、滅多なこと書くもんやおまへんな、実際。

●ツグミ:大手門前や緑のリズム、豊国神社裏など各所で目立ち始め、市民の森上空から22羽の群れが配水池東のヒマラヤスギに。計28羽。
●シロハラは:教育塔裏4羽をはじめ、沖縄復帰の森、豊国神社裏で計8羽。
●アカハラ:早朝、市民の森水飲み場に2羽が現れたと。
●ルリビタキ:昨日は確認出来なんだけど、緑のリズムで♀型1羽。
●ジョウビタキ:市民の森、梅林、配水池東、豊国神社裏、大手門前で計10羽。大手門前では2羽の♂と♀1羽が激しい追っかけ合い。そのうちの♂1羽の様子が何だかおかしい。後ろ姿がこんな感じ。
IMG_5674.jpg
 右外側の尾羽が半分しかないうえ、体が傾いてまっしゃろ。どうしたんかなぁ〜と暫く観てると、
IMG_5681.jpg
 これですわ。右足が折れてるような感じに見えまっしゃろ。付け根に何か問題あるんか分かりまへんが片足立ち。大丈夫やろうか???

●エナガ:音楽堂西通路南端で3羽は確認出来たと聞く、やっぱり9時半頃。その後、市民の森と緑のリズム間の大ツツジでシジュウカラ2羽と本種6羽。これは沖縄復帰の森のグループやと思いまんねん、10時半頃。
 でもって、12時過ぎには豊国神社裏でも7羽。これは別グループ?
●ヤマガラ:沖縄復帰の森北端に1羽と、音楽堂西通路南端のエナガと共に1羽と。
●シメ:9時頃、玉造口西側の枯れ木の天辺に1羽。以前もここで同じ時間帯で確認したんでお好きな場所かも。
●アトリ:音楽堂西通路のアキニレにカワラヒワ17羽と一緒に1羽だけ。12時過ぎの豊国神社では2羽、ここでは早朝20羽前後を確認出来たと。
●カワラヒワ:上記17羽とにおいの森で2羽。
●ハイタカ:東外堀観察中にカラスに追われ南へ飛翔。その後飛騨の森でも観察され、あっちへこっちへ飛び回ってるようでんな。
●モズ:太陽広場東の森で高鳴き。
●ウグイス:愛の森、豊国神社裏で各1羽。
●アオジ:音楽堂西通路♀1羽、一番櫓で2羽。

 で、水鳥は。
●オカヨシガモ:内堀以外で観察出来計142羽と100の大台を優に突破!
●ヨシガモ:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計9羽と少ない。
●コガモ:南外堀と北外堀で計11羽。
●ヒドリガモ:各堀で観察計308羽。
●ハシビロガモ:西外堀、南外堀、北外堀で計34羽。
●ホシハジロ:各堀で観察計127羽。
●キンクロハジロ:各堀で観察計66羽。
●カルガモ:人工川、東外堀、西外堀で計20羽。
 昨日観察された、マガモ♀とオナガガモは確認出来ず。

●オオバン:西外堀、東外堀、北外堀、内堀で計62羽。
●バン:西外堀2羽。
●カイツブリ:南外堀1羽。
●ユリカモメ:東外堀で28羽が着水、第二寝屋川で38羽。
●セグロカモメ:朝イチ、西外堀観察中に「キューィキューィ、クワックワックワッ」と鳴きながら南から北へ。その後南外堀で着水の1羽。

●コサギ:人工川で1羽。
●アオサギ:北外堀1羽。
●ゴイサギ:北外堀沿いクスノキで成鳥1羽。

●キセキレイ:西外堀、南外堀で各1羽。
●ハクセキレイ:各所で計9羽。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
ハイタカ・シロハラ・アカハラ・ツグミ・ジョウビタキ・ルリビタキ・シメ・エナガ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・アトリ・アオジ・モズ・ウグイス・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
セグロカモメ・ユリカモメ・カワウ・カイツブリ・オカヨシガモ・ヨシガモ・カルガモ・コガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・ヒドリガモ・ゴイサギ・アオサギ・コサギ・ハクセキレイ・キセキレイ・

 さて、やっと蝶の話しでんな。
 とは言うても、昨日より少ないし・・・

 音楽堂西通路で、最近出場回数の多い蝶にハマってるFさんと出会う。三脚を立て何やら待っている様子。訪ねると、ムラサキシジミと。昨日は2時頃確認したと。
 21日、開翅の写真載せましたやろムラサキシジミの、多分あの個体が近くで越冬してると思いまんねん、それを待ってまんねんやろうな。暫く雑談し分かれる。
 その直ぐあと、もみじ園でヒラッと飛んでパッともみじに留まる蝶。
IMG_5629.jpg
 あっりゃ〜、ムラサキシジミじゃん、お目当ての個体かは分かりまへんが。
 Fさんに連絡をと思いきや、音楽堂西通路北詰めの階段を降りる時は既に居らんかったし、彼は携帯電話持ってないし・・・仕方おまへんな。

 ヤマトシジミは2頭のみ。
 青屋門前ボケの植栽場では多分昨日と同じベニシジミ。
IMG_5645.jpg
 昨日のアドバイスが効いたんやろか、今日はちゃんと開翅してましたで。

 早いもんで明後日からは12月、なんとなく気忙しないなぁ、ほんま。
 師は走るし、数えきれんサンタも走ってたし、あとひと月、気ぃ引き締めて頑張りまひょ!
posted by ひでキング! at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月28日

やられた〜!

「やられた〜! そっちかよ〜」
 西外堀の観察を終え城南地区を歩行中、元山さんからメール「東外堀にカンムリカイツブリ」と。

 昨年11月8日、大阪城公園にカンムリカイツブリが西外堀に飛来。今年も来るかと11月に入って、今日こそは今度こそはと朝イチ西外堀をじっくり観てまんねけど、東外堀に来たか〜!
 前回のタイトルで「フェイント」って書いたら、今日はワシがフェイントかけられましたがな、やられた〜! 

 元山さんが観察されたあと、東外堀で数人のカメラマンがのんびり。カンムリカイツブリの場所はと訪ねると、あそこに居てますわ、と。遠い遠い梅林の下、ゆったりまったり青屋門側から元射撃場側まで広範囲で泳いでましたわ。そのうち首を縮めてお休みタイム。 はんなりした時間過ごさせてもらいましたわ、ほんま。

 でもって、東外堀のバンがいないと元山さんから聞いてたんで、隅から隅まで探すも・・・やっぱり。 ひとつ飛来しひとつ飛去か、上手いこといかんなぁ〜と思いつつ、各堀のカモをカウント。
 内堀蓮如上人前のアゾラの上で小さな影が首を振り振り、むむっ、ひょっとして・・・おぅ、バンじゃん。トウバンジャンと違ゃいまっせ、バンでっせ。 なんや、こっちに移動してたんか〜、やられた〜。

 ってな事で、野鳥全般は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。
 ワシからの追加は・・・
 恒例になった? 沖縄復帰の森(南側)でシジュウカラ、メジロ、コゲラと共に7羽のエナガ。エナガ撮影に命を掛けてはる人、時間は9時半頃には居てる思いまっけど、保証はできまへん。

 南外堀大手門付近で1羽のヤマガラ。
 アオジは教育塔裏1羽、修道館西で2羽、全て♂。
 音楽堂西通路のアキニレに2羽のアトリ。 と、こんなところですかいな。

 ほなっ、蝶でんな。
 暖かな日とは言え時期も時期、ヤマトシジミはたったの3頭。
 陽当たりのええ青屋門前ボケの植栽場では、パタパタっと足下に留まる蝶。
 枯葉の上でベニシジミ、
IMG_5552.jpg
 やけども・・・開翅せず。広げた方が体温まると思うんやけど。

 市民の森で腰の高さ飛ぶ蝶の姿発見。パッと見、色合いや大きさから擦り切れたウラナミシジミ? やとすればこの時期には珍しいんで必死で追いましたがな、実際。
 影に入っては日なたへを繰り返しやっと留まりゆっくり接近。よ〜し、動くなよ、っと確認すれば・・・やられた〜、蛾かいなぁ〜。
IMG_5543.jpg
 この時期からはフユシャクなんかの蛾が良く観られるんで間違えたらアカンなぁ、ほんま。 でもって、これは多分、クロスジフユエダシャクやと思いまんねん。

 緑のリズムではキチョウの撮影をするも、
IMG_5546.jpg
 この1頭だけ。 そろそろ越冬に入ったか?
 
 そうそう、越冬といえば・・・
 毎年冬期に確認する城南地区のエノキの根元、枯葉に隠れて・・・
IMG_5527.jpg
 ゴマダラチョウの幼虫が越冬ですわ。残念ながらこの1個体しか確認出来ず。そこら中の枯葉を探したら、もうちょっと居てると思いまんねんけど、それをやるとキリがないんで、取りあえず越冬確認。

 しかし今日はほんまええ天気でしたなぁ、ナンテンの真っ赤な実に澄み切った青空、
IMG_5605.jpg
 気持よろしいなぁ、ほんま。でもって、梅林では水仙も咲き始めてましたで。
IMG_5594.jpg
 この時期に咲く水仙は古来から日本に咲く水仙らしいでんな。
 厳冬期には花の見れん時期がおまっけど、梅が咲き誇る頃にはまた再会出来まんな。

 さぁ〜、明日の楽しみはカンムリカイツブリでんな。東外堀に居るか、はたまた他の堀に移動してるか。
 ただどこを探しても居てないやんけ〜、ってな事だけはやめて欲しいなぁ〜。そんな事があったら、「一日で飛去かいな、やられた〜!」って言わなアキマヘンし・・・
  ほなっ、また明日!


 
posted by ひでキング! at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月23日

フェイント

 朝起きれば、えっ、雨降ってないやん。雨やと思って出向かんとこぅかなぁと思ったけどカモの観察だけでも行こか。
 昨日観察は多分パスって書いたけど、フェイントかけて観察に行きますわ。

 いつもとは逆回りで西外堀を北に進み、気になるバン2羽を確認。取りあえず、北側(後から飛来した個体)のバンがこれですわ。
IMG_5198.jpg
 昨日確認した西外堀の2羽のバン、何となく個体差があるので明確にしておこうというのも一つの目的でしてん。 まっ、それはまた機会があれば紹介しますわ。
 
 で、西外堀で観察した水鳥
●ヒドリガモ:38羽
●ハシビロガモ:2羽
●ホシハジロ:1羽
●キンクロハジロ:2羽
●カルガモ:14羽
●オオバン:9羽
●バン:2羽

 アゾラで覆い尽くされた北外堀。京橋口から北東向き(大阪城ホール側)の写真がこれですわ。
IMG_5218.jpg
 青屋門側はこれよりビッシリかも。
 北外堀で確認出来た水鳥
●オカヨシガモ:38羽
●ヨシガモ:2羽
●コガモ:1羽
●ヒドリガモ:97羽
●ハシビロガモ:28羽
●ホシハジロ:36羽
●キンクロハジロ:16羽
●オオバン:15羽
 それと、カモのカウント中足下の石垣から飛び出すカワセミ。そんな所に居てたら分かりまへんがなぁ、ほんま。

 でもって、以前北外堀で観察したゴイサギの成長とホシゴイではない若鳥、成長は確認出来んかったけど、若鳥がこれですわ。
IMG_5223.jpg
 ねっ、ホシゴイとは言えん若鳥でっしゃろ。翼はほぼ単色、胸腹部の従班もぼやけてる個体ですわ。

 アゾラが南側のほんの一部だけのなった東外堀。
●オカヨシガモ:15羽
●ヨシガモ:3羽
●ヒドリガモ:153羽
●ハシビロガモ:5羽
●ホシハジロ:25羽
●キンクロハジロ:28羽
●カルガモ:2羽
●オオバン:27羽

 さぁ〜、あとは南外堀と内堀をカウントをして雨の降らんうちに帰ろ、と思いきやでんがな、これが。これがこれが、なかなか帰らせてくれんのが大阪城公園ですわ、ほんま。

 玉造口から南へ歩き、藤棚の角を西へ曲がる。三〜四番櫓跡間でホシハジロが数羽お休み中、その際に何やら赤い個体が一つ。むむっ??? ホシハジロの変色個体か??? など、悩みつつ・・・赤い個体?過去には??? もしかして・・・もしかして・・・メ・ジ・ロ・ガ・モ・・・・・・・?????
 遠いうえ、頭を翼に埋めお休み中なんでよく分からん。徐々に流され石垣の方へ。

 これりゃ〜上から見るしかないなと、早足で豊国神社裏天端へ。見失わんように時折振り返り場所を確認。汗をかき息を切らし到着。取りあえずパシャリ!
IMG_5296.jpg
 配水池東にいる大将に連絡し、二人して確認。幸い羽繕いし羽を広げた所を大将が録画。んっ、メジロガモ!

 うっひゃ〜、メジロガモ。あれから何年になるんやろ。
 前回観たときの記憶はハッキリ覚えてますわ。
 大晦日、職場の掃除をしてるときに元山さんから「北外堀にメジロガモ!」とメール。外はしとしと冷たい雨降ってるし、掃除の途中やし、今晩は実家に帰らんと行かんので今を逃したら・・・。テキトーに掃除を済ませスコープ担いで駆けつけましてん。 元山さんの記録本では2000年12月31日北外堀に♂若鳥と書かれてますわ。 な、なんと自身15年振りの出会いですがな!!!

 その後は、雨降りの中知人やカメラマンが集結、メジロガモに乾杯!と振る舞いビール。
 盛り上がってると、南外堀露天商の中国系のおねーさんが「何か居るんですか?」と、メッチャ珍しいカモがいるとあれこれ説明。数十分後「コーヒー飲む?」と紙コップのコーヒーを人数分振る舞ってくれましたわ。
 ありがたいことですわ、ほんま。

 南外堀の水鳥
●メジロガモ:1羽
●オカヨシガモ:2羽
●ヨシガモ:15羽
●コガモ:16羽
●ヒドリガモ:32羽
●ハシビロガモ:5羽
●ホシハジロ:7羽
●キンクロハジロ:11羽
●オオバン2:2羽
●カイツブリ:4羽

 内堀は東側(梅林側のみ)
●ヨシガモ:2羽
●ヒドリガモ:4羽
●キンクロハジロ1羽

 でもってビールで盛り上がってるときに大将が「今日のタイトルは“乾杯”やな」と。うっ、図星(汗!)
 カモに乾杯とか、大阪城公園に乾杯とかそんな事を考えたましたんやけど・・・

 まさかメジロガモが飛来し、雨に遭うとは・・・ええ意味でのフェイントでんな。

上記以外の野鳥たち(情報含む)
ハイタカ(飛騨の森で獲物を捕らえ採餌)
チョウゲンボウ(配水池東ヒマラヤスギに留まる)
カワセミ(北外堀と東外堀で視認)
キセキレイ(南外堀と北外堀)
ハクセキレイ(各堀で観察)
オジロビタキ(西の丸庭園では確認されず配水池東で観察との事、移動したか?)
 
posted by ひでキング! at 18:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月22日

余計なお世話?

 世のバードウォッチャーご夫婦、「私はあの鳥が観たいから山へ行こ、いや俺はあの鳥の写真が撮りたいから河川敷に行くぞ。」なんて喧嘩してまへんか、今日は11月22日、良い夫婦の日でっせ、夫婦仲良う鳥見しておくんなはれや。

 えっ?ワシでっか。うちは大丈夫、今日はカミさんは友人と出かけてたんで喧嘩のしようがおまへんでしたし。

 さて、野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加はおまへん! ってな事で今日は・・・失礼します!

 いやいや、蝶の話しでんな。
 昨日より天気が悪いこともあって、出会った蝶はにおいの森のベニシジミと常連のヤマトシジミだけ。

 最近蝶にハマってるベテランバーダーFさんと梅林で出会い「昨日はベニシジミ、ツマグロヒョウモン、テングチョウ、ヒメアカタテハがいてたけど今日はアカンなぁ」と。(ってな事で、昨日の追加をここで書き加えますわ)

 そのFさん、六甲山系で撮影した蝶のファイルを取り出し「この蝶は随分待ってやっと撮れた。ベニシジミを求め出かけたけど大阪城の方がようさん居てるやん」など夏の思い出を語り始めかなりの入れ込みよう、この分やったら来季は蝶観察の戦力アップ間違いなしでんな。ありがたいことですわ。

 毎回ヤマトシジミが観察出来るボケの植栽場、今日はパタパタではなく葉の上で目一杯翅を広げ日光浴。
IMG_5110.jpg
 翅の黒い縁取りが細いんで♂でんな。
 でもって、極楽橋トイレ前で、むむっ、ななななな、なに〜!!! まっまっまっ、まさか、と思いつつ写真を撮ったあと這いつくばって翅裏面の模様を確認したこの蝶、
IMG_5161.jpg
 やっぱヤマトシジミか・・・。 って言うのはでんな、ヤマトシジミには幾つか近縁種がいてて、その中にシルビアシジミってのがいてまんねん。大阪城公園ではまだ記録はおまへんが。
 開翅の色がヤマトシジミにしては余りにも碧が濃いんでひょっとしてと思ったんやけどなぁ〜、アカンか。
 良く見ればヤマトシジミの特徴である、後翅の外縁下側に黒班がありますもんな。で、この個体は低温期型の♀ですわ。暑い間は♀の翅表は限りなく黒に近く、低温期型は多少、碧い色が入りまんねんけどここまで奇麗な青い個体はちょいと珍しいかも。

 いつもいつも、ヤマトシジミ、ヤマトシジミっていう理由の一つがこれですわ。裏面の模様がちょっと違うだけで初記録種になりますもん。

 とまぁ、こんな感じやけど・・・ちょっと寂しいから、野鳥の話をば。
 元山さんが書かれてる城南地区で出会ったエナガ、
IMG_5082.jpg
 なんか上から目線でんな。
 でもってヤマガラは採餌に一生懸命。
IMG_5066.jpg
「写真撮るからポーズとりや、はいチーズ」
IMG_5067.jpg
 なんというタイミング、撮るの分かったん?
 その他コゲラ、シジュウカラ、メジロと大賑わいで9時半過ぎに沖縄復帰の森で出会う。ちょっとずつ森ノ宮駅方向へ移動してるみたい。

 最近出会わなんだルリビタキ。愛の森の個体がコレ。
IMG_5155.jpg
 豊国神社東の個体は見頃の山茶花の枝に留まり絶好のチャンスやったけど、柵内に入るのは良ろしくないんで写真はまたええのが撮れたときに。

 でもって、最後に咲くのを待ちわびてた時期外れのオシロイバナ。
IMG_5115.jpg
 ボケの植栽場近くで前から蕾があるの確認してましてん。

 明日は雨なんで多分観察はパスかな、でも昨日今日と色々楽しめましたわ、ほんま。

 良い夫婦の日を仲良く過ごせましたかいな?喧嘩で終わってしもぅたご夫婦もいてまっしゃろ、そんな時はこのブログをネタに大笑いして仲良くしておくんなはれや。
 えっ、「余計なお世話じゃ」ってでっか。 んっ、確かに・・・
 
 
 
posted by ひでキング! at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月21日

輝き

 ひゃ〜、最高にええ天気でんなぁ、ほんま。タカ撮影の練習と思って撮ったユリカモメ、使う気は毛頭おまへんでしたんやが余りにも奇麗な青空なんでやっぱ使おっ。
IMG_5008.jpg
 しかし、真っ青な空にユリカモメの純白、輝いてますなぁ。んっ、奇麗!

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 と、その前に・・・
 野鳥をはじめ蝶や花、その他諸々じっくり見て歩くとホッコリするシーンや目を覆いたくなるもの、厳しい自然の掟なんか色んな物が目に飛び込んで来まんねんなぁ、ほんま。今日は食物連鎖の一部を二部編成で見ましたがな、これが。

 青屋門前ボケの植栽場、陽当たりの良いこの場所はカタバミも結構自生していて毎回複数のヤマトシジミが観察出来るんでゆっくり見て回る。
 案の定、ひらひらと数頭が飛び交い1頭がタンポポ属の花に留まる、写真でもと思ったその瞬間、花が揺れヤマトシジミが消える。なになに、異次元ポケットにでも入ったんか???と、しゃがみ込めば・・・これですわ。
IMG_5020.jpg
 カマキリに捕獲され美味しそうにムシャムシャ。厳しいのぉ〜、自然は。
 ってのが第1部。

 でもって、第2部は。
 音楽堂西通路歩行中、雑木林に飛び込む飛影、探せば暗い林にモズ♂の姿。えらい暗いところ居てるなぁ〜、と、その嘴には虫の姿。大きさや足の長さなどから多分カマキリ。上記のカマキリではおまへんが。 ってのが、第2部。

 もちろん小鳥が虫、タカがハト、カラスがスズメ、今日のようにカマキリやクモが蝶や蛾を食べてる場面は何度も見てまっけど、一日に草食の昆虫が肉食の昆虫に食べられ、肉食の昆虫が野鳥に食べられる場面に出くわしたのは記憶におまへんわ。 
 都市のど真ん中にある大阪城公園でも生態系のほんの一部やけど確認出来るんやなぁって、しみじみ思いましたわ、マジで。

 って、長い前置きやったけど野鳥の追加でんな。
 上記モズ♂以外に、梅林でも♂1羽。
IMG_5042.jpg
 でもって、太陽広場東の森でも♂1羽。
IMG_5002.jpg
 このモズも最初はツツジの茂みに居てましてん、この頃は暗いところがお好きなモズ?
 西空堀では高鳴きの♀1羽。そういえば今日は高鳴きはこれ1回しか聞いてまへんな。そろそろ縄張り確定?

 沖縄復帰の森ではイチョウの天辺にヤマガラ1羽。
 飛騨の森、梅林ではツグミが各1羽。
 南外堀ではプリプリのお尻を向けたカイツブリ1羽。
 北外堀でカモのカウント中、オオバンの目の前をコバルトブルーの糸を引いたようにカワセミが第二寝屋川方向へ。
 
 ってなところですわ。 

 ほなっ、蝶といきまっか。
 個体数はともかく暖かいんでなんか出会うやろと、テキトーな気分で音楽堂西通路を歩行中、雑木林の縁に留まりそうで留まらん小型で茶系の蝶。これを見失うと今日の蝶運はないかもと、じっくり目で追う。通路を横切りツツジに留まったと思うと・・・ヨッシャ〜、念願の瑠璃色、バッチリ撮れたぞ〜!!!
IMG_4923.jpg
 少々鱗粉が落ちてまっけど、それを差っ引いてもこの輝きでっせ!
 いつも書いてまっけど、この瑠璃色はオオルリやコルリの非やおまへん、サイコーの輝きでっしゃろ。

 ご機嫌ルンルンで、太陽広場東の森へ。とうとう始まった東側道路沿いの駐車場工事を尻目にサルスベリ群生地へ。パタパタっと、チョットだけ素早く飛び回る蝶の姿。留まるのを待ちウラギンシジミ♂発見。
IMG_4966.jpg
 これ、どこに居てるか分かりまっか?写真中央やや左の葉っぱの上に枯葉色の何かが留まってまっしゃろ。これがそうでんねん。

 遠くからしか確認出来かったけど、良く見たら枯葉に見えますなぁ。
 ウラギンシジミは成虫越冬、冬の暖かい日に「チョイと日向ぼっこでも」と開翅しても分からんように枯葉色になったんやろうか。 野生生物の対応能力って凄いなぁ、ほんま。

 極楽橋トイレ前では2頭のキチョウ。もみじ園でもチョットだけ元気な1頭のキチョウ。
 陽当たりのええ北外堀ではゆらゆらとモンシロチョウ。

 穏やかな天気でメッチャ気持ちのええ観察、一方厳しい自然の営みを目の辺りにして・・・なんというか複雑な気分でんなぁ、実際。

 ただ一つだけ言えることは、日々懸命に生きてる彼らやから命が輝き、ワシらを魅了させるんやろうなぁ、ほんまに。
 おっ、今日はええ締め括りになったなぁ。
 えっ、「そのひと言が要らん」ってでっか?
 
posted by ひでキング! at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月19日

晩秋

 え〜、こんな天気予報やったかぁ、今日は?
 昨夜のニュース番組では午前6時には雨が上がり、その後は雨雲が抜けスッキリ晴れって言うてたと思うし、今朝の新聞も12時には晴れマークでっせ、観察終わったのが13:15、空は厚い雲に覆われたままやったし。 まっ、雨に遭わんかっただけでも良しとしまっか。

 でもって、ひでキング!は見た!
 以前、モズのお嬢さんがハヤニエのバッタ?をパクリっと食べた瞬間を見たって書きましたやろ、今日はね、串に刺すところを見ましたんや、これが。

 西外堀で草むらから何かが飛び出したなと思ったら石垣の枯れ木に留まる1羽のモズ♂、嘴には何やら長い物体。餌咥えてるわっと思った瞬間、目の前にある枝先にそれを刺しましてん。おっ〜、これが世に言う「ハヤニエ」や!

 以前も書いたと思うけど、刺す瞬間を実際見た事はなかったワシ、今日初めて見なしたがな、ほんま。
 大きさや雰囲気からして獲物は多分ミミズ、ヌルってしたからか知らんけど、なかなか上手くさせず、結構時間掛かってましたで、これが。
 面白いったりゃ、ありゃしまへんなぁ、ほんま。

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ちょいとワシから追加を。

●早朝、梅林と飛騨の森でシメの観察情報。最近はバラバラで行動してるみたい。
●内堀、梅林中央口付近でカモのカウント中、背後から突然「見た、今の?」と声をかけられる。振り返れば大将が空に指を差し「ハヤブサ」と。悔しいかなカモをカウントしてましたがな、これが。
●その内堀には石垣にキセキレイ、本種は南外堀でも1羽。
●北外堀では前回同様ゴイサギ成長がアゾラ越しに水面を見つめる。すぐ横にはその様子を見つけめるゴイサギ若鳥。若鳥って言うてもホシゴイではおまへんで。そこまで翼に白斑はなく全体的にはベタッとした淡いブルーグレーっぽい色、ところどころ斑模様って感じ。
 何となく「障害物のあるときはこうして獲物を待つんやぞ」って、教わってたような・・・
●沖縄復帰の森、市民の森ではヤマガラ各1羽。
●東外堀では着水のユリカモメが1羽。
IMG_4860.jpg
 第二寝屋川沿い桃園裏で今季撮り忘れてたクサギが今頃!
IMG_4878.jpg
 諦めてたけど良かったと、天を仰げば8羽のユリカモメ。

●西外堀ではマガモ、頭部に緑の斑模様が出てたんで♂ともう1羽♀と思われる2羽が仲良く石垣沿いで採餌。

 ってな所ですわ。

 でもって、元山さんが書いてはる東外堀のオナガガモの♂がこれでんねん。
IMG_4850.jpg
 13日は♀型やったんで別個体でっしゃろ。エクリプス個体やったとしても、まさか一週間でここまで換羽は進まんやろうし。

 そんで、蝶でっけど・・・。やっぱり天気が悪いと活動しまへんな。青屋門前花壇でベニシジミを1頭見つけただけ。
IMG_4867.jpg
 ヤマトシジミの姿もなし。

 昨日の雨をきっかけに蝶の観察状況もゴロッと変わるかも知れまへんなぁ、実際。

 オジロビタキも飛来し、冬の使者ユリカモメが上空を舞う。落葉も進みジョウビタキの橙色が妙に目立つ。 
IMG_4890.jpg

 楽しいはずの大阪城公園でっけど、晩秋ってのはなんだかもの悲しいなぁ。なんでやろ。

 

 
 
posted by ひでキング! at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月15日

予感?

 午前中は降ったり止んだりハッキリせん天気でしたなぁ、ほんま。まっ、所用で外出、帰宅したのがちょうど正午、空も晴れ渡ってきたしカモの様子だけでも。

 堀を観察出来るコースを歩き飛騨の森でK君とじゅんさんに出会う、K君の手にはあのカモ図鑑、カモ談義に花が咲く。その後は同行してもらい3人してカモの勉強会。

●オカヨシガモ:東外堀、南外堀、北外堀、内堀梅林側で計49羽。
●ヨシガモ:上記と同じ堀で計24羽。
●マガモ:西外堀で♂1羽♀2羽。
●カルガモ:西外堀13羽、東外堀2羽で計15羽。
●コガモ:南外堀8羽、内堀梅林側で22羽の計30羽。
●ヒドリガモ:各堀で観察するも計290羽。
●ハシビロガモ:内堀以外の各堀で計46羽。
●ホシハジロ:南外堀、東外堀、北外堀、内堀で計19羽。
●キンクロハジロ:各堀で観察計49羽。

 前回観察出来たオナガガモは確認出来ず。
 バンは東外堀西外堀とも確認出来ず、見落としかそれとも飛去したか。
 この2種以外は観察出来たけど気になるのがヒドリガモ。2日前は400羽を超えてたのに今日は290羽、何が影響してるかわかりまへんが、一気に減少しましたな。

 と、ひと周りしてカウント中、K君とじゅんさんは、あの羽根の色があれか、♂の特徴はこれ、♀の特徴はあの部分やなとカモ図鑑を広げ識別の勉強。偉いなぁ。現場で実物を前に確認するのが一番ですもんな。

 他の野鳥は。
ハクセキレイ・キセキレイ・ゴイサギ・アオサギ・シロハラ・コゲラ・シジュウカラ・メジロ・ジョウビタキ・ウグイス・アオジ・ハシブトガラス・スズメ・

 で、蝶は・・・
 気温が24℃まで上がったこともありサラッと廻っただけでも5頭のキチョウ。
IMG_4809.jpg

 豊国神社裏で久し振りに出会ったFさん、噂では最近は蝶にはまってると聞いてたんで蝶の話題を振ってみれば・・・
 六甲山系に足を運び蝶の撮影に勤しんでたと。探鳥力の優れたあの人の口から次々繰り出される蝶の名前、何となく不思議な感じ。

 その後いったん別れ一番櫓前でキタテハを発見、数十メートル先にはFさんの姿「キタテハが居てますよ」の声に飛んできましたわ。かなりはまってる様子でんな。

 それにしても、今日出会った皆さんは観察熱心ですわ、ほんま。雨降りの朝から撮影に来られ「ジョウビタキしか出会わんかったわ、殆ど雨宿り」という常連さん。飛騨の森では、夕方に用事があるけど晴れてきたんで時間の許す限りと数時間の観察。それに引き替えワシなんかええ加減なもんですわ、実際。

 カモの様子といいつつ、実のところコンビニでハンバーガーとビールを買って昼飯が目的? ままっ、一応堀をひと周りしてカウントだけはしましたんやけど・・・

 上記以外に出会った蝶。
ヤマトシジミ・モンシロチョウ・

 観察を終えた頃には夕日が南外堀を染めてましたわ。
IMG_4812.jpg
 この堀で今シーズンも多くのカモが楽しませてくれまんねんな。

 でもって周りの人は皆、氏原さんのカモ図鑑を購入したって聞きますわ。
 この冬、大阪城公園はカモ観察が熱くなる予感???

 
posted by ひでキング! at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月13日

語源?

 そうでんねん、ビックリしましたがな、ほんま。
 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂きましてやね・・・

 ビックリしまっしゃろ、ハヤブサがオオタカに一撃でっせ!
 オオタカを双眼鏡で追ってたワシ、突然猛追する飛影が現れ2羽が接触、その瞬間オオタカの上、追ってきた鳥の足辺りで何かが飛び散りましたんや。初めは糞でもしたんかいなぁ、と思ったら落下せずに飛び散りましてん、木の葉が舞うように。その後、後から来た鳥を双眼鏡で追ってなんとか先の尖った翼を確認。後は元山さんが書かれているようなことですわ。

 オオタカは成長やったんで、今後大阪城公園でオオタカの成長を見っけたら、背中から上尾筒辺りを観察しておくんなはれ、襲われた痕跡があるかも知れまへん。

 んじゃ、ワシからの追加を書かせてもらいますわ。
 自身今期初のユリカモメを観察した東外堀で、暫く出会わなんだオナガガモ、これがその個体ですわ。
IMG_4800.jpg
 まだ氏原さんのカモ図鑑を買ってないんで、♀型としときまっせ。エクリプスなのか♀なのか、はたまた今年生まれの個体なんかは判断出来まへんさかいに。

 沖縄復帰の森ではシジュウカラ5羽、メジロ5羽、コゲラ1羽、ヤマガラ1羽、エナガ5羽、その他大勢で大賑わい。

 市民の森で大将と出会いイカル12羽を確認と。その話の最中、20〜30羽のアトリが樹冠部へ、その後市民の森トイレ裏でもアトリの群れ。多分先の群れが移動したと思いますわ。

 でもって、同じく市民の森ではあちらこちらで「ツィー」と。アトリが飛来した木の近くから次々に「ツィー」と、飛び出すツグミの仲間、その数22羽。悔しくも飛影だけで模様は一切確認出来ず。
 その後、飛騨の森でも数羽が「ツィ−」と。これまた姿は確認出来ず。

 しかしあの「ツィー」というのはほんま悩ましいなぁ。メッチャ詳しい人やったらあの声でツグミやシロハラ、アカハラの判断で出来るらしいけど、ワシには全くでんな。

 頭の中にある囀り以外のツグミは「ケーケー」、シロハラは「ジャッ、ジャッ」ですもん。あの「ツィー」と言う鳴き方は何か呟いてるんかなぁ、なんやろ。
 むむっ、「ツィー」と、呟く??? なになに、ひょっとしてツィート(tweet)の語源はツグミたちの鳴き声? という事は・・・世界初のツイッターは遡ること数千万年前のツグミたち???

 昨日、嬉しい出会いのあった蝶、さすがに今日は殆ど出会わずヤマトシジミだけ。
IMG_4787.jpg
 でもって、ヤマトシジミの語源は二枚貝のヤマトシジミが語源って知ってた?
 貝のヤマトシジミの中の色が蝶のヤマトシジミの開翅の色に似てるからやって。蝶の師匠、村上さんに教えてもらった豆知識。 
 
 

 

  
posted by ひでキング! at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月12日

冷たくもアツイぜ!

 今が一番中途半端に季節? 
 朝は薄雲に覆われ肌寒く、正午を過ぎた頃からメッチャ天気、朝晩は時期相応の気温手先は冷たかったけど日中は10月より暑いぜって感じ? 中途半端な気候ですわ、実際。

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は・・・

●ツグミ:市民の森で「ケーケー」の声、直後に出会った大将の話では姿を確認したと。
●キセキレイ:人工川と北外堀で。この2羽、今秋の定番?
●オオタカ:市民の森で幼鳥が確認され、六番櫓近くで成長の撮影情報(南外堀側から)。
●アトリ:太陽広場東の森で10羽強が観察され、その後東外堀沿いを歩行中ほぼ同数の群れの飛翔を視認。
●ルリビタキ:市民の森で♀型。
●シメ:愛の森で1羽の観察情報。
●イカル:修道館西で2羽と聞く。今季初認?
●アオバト:桜広場で親方が観察。
●ハイタカ:早朝、NHK前を建物より低い位置で旋回飛翔、その後2羽のカラスに見つかり上昇しつつ南へ飛翔。 
●カワセミ:北外堀で♂1羽を視認。今冬は久々に越冬が期待出来るかも。

 とまぁ〜、こんな所ですわ。 んじゃ、蝶の話しでも。
 上記のように正午までは薄雲に覆われ肌寒かったせいもあるんやろ、多くの出会いはおまへんでしたな。

 とは言え、何かと出会いの多い青屋門前の花壇。今日も元気にヤマトシジミが7頭。 もうそろそろ見納めかな? 2頭のベニシジミがあっちへ
IMG_4715.jpg
 こっちへ昼前ご飯に大忙し。
IMG_4718.jpg
 同所ではモンシロチョウ、でもって、「はぁ〜疲れた、チョット休ませて」と擦り切れボロボロのウラナミシジミ。
IMG_4723.jpg
 背中のオレンジ色のものは花粉やろうか、体毛が抜け落ち弾くことすら出来んのかな?

 城南地区では薄陽を浴びようと懸命に翅を広げるイチモンジセセリ。
IMG_4656.jpg
 これまでは2010年の11月10日が一番遅い記録。遅くまで観察出来たって言う記録更新。この場合、最遅記録更新って言うの???

 ここまでは成虫越冬でない蝶の話し。
 で、こっからは成虫越冬種の話しでっけど・・・
 今秋、多数観察されてるクロコノマチョウ、今週に入ってからも2件の観察情報。期待に胸を膨らませ・・・膨らんだままどうしたらええのん。ワシは今日も出会えんかったし。

 豊国神社東に足を踏み入れた瞬間、目の前を3頭のキチョウがひらひら舞う。他所計6頭の出会い。 見る限り翅の欠損もなく元気に飛翔、以前書いたと思うけど、この時期が一年の最終羽化期でこの個体群が越冬すると思いまんねん。

 豊国神社東のキチョウを記録しようと手帳を開いた瞬間、これまた目の前を黒地にオレンジ班の中型の蝶。留まる事を祈りつつ目で追い・・・。よっしゃ〜!
IMG_4748.jpg
 アカタテハがクヌギの幹へ。カメラを構え開翅を待つこと数分、ちょっとカメラを持ち替えたその瞬間スーッと開いてすぐにピタッ! えっ、それはないやろ〜お前さん。 
 でもって、気を取り直してまた数分。このタイミングで持ち替えたらさっきみたいになるんで、もう数十秒我慢し・・・よし、素早く持ち替えよ、とその時パッと開いてパッと閉じるアカタテハ。 これを数度か繰り返し、まっ、こんな事もあるさ!とその場を後にする。 モニターを確認すればこのカットが30枚程。はぁ〜、一枚だけでも開翅の写真が・・・

 梅林では遠くに留まるキタテハを双眼鏡で確認するもチョット近寄っただけでひらひら。

 多くの個体は観察出来んかったけど、成虫越冬の元気な姿を観察出来て今日は満足。なんでかって、成虫越冬個体と出会えたって事はでんな、冬の間も出会う可能性があるって事でっしゃろ。
 今冬は野鳥だけやなしに蝶の越冬記録が報告出来るかも知れまへんなぁ、楽しみにしてておくんなはれや! って、責任は持てまへんが・・・

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・キチョウ・キタテハ・アカタテハ・ベニシジミ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・

 と、今日はこれで終わりやおまへん。
 積極的って訳ではおまへんが、識別出来る範囲で記録してるトンボやけど、今日東外堀沿いで、むむっ、と川平慈英並みにうなり、クゥ〜っと奇声を発しましたがな、これが。 なな、なんとこの時期にムスジイトトンボを確認でっせ、マジで!
IMG_4695.jpg
 風に揺られまともな写真やおまへんが、一応特徴である横長の眼紋は見えまっしゃろ。過去にアカネ属のトンボはこの時期にも観察してまっけど、イトトンボは初めて。

 イチモンジセセリ、セスジイトトンボの最遅記録の観察出来てほんまに充実しましたで今日は。
 冷たい風が吹く中、色んな出会いに気持ちだけは熱いぜ!

 
 
posted by ひでキング! at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月08日

マジで怪しからんヤツ

 今日は朝から一日雨、観察には行ってまへんので報告やおまへんが、全くもって怪しからん!!!

 10月28日に発見された昆陽池の矢ガモ、その後保護されひと安心と思いきや埼玉県でも同様の事件。誰がそんな事するんや!ほんまに! 兎にも角にも元気で良かったと思うも束の間。
 再び昆陽池で矢バト、そのうえ首のないカラスが発見された、と。

 何を考えてるんじゃ! この犯人は!
 何を思って何のためにやったんか知らんけどカモやカラス、ハトに何の罪があるんじゃ!!!

 一時でも早く犯人捕まって真意を知りたいわ、ほんま。
 どんな理由があって野鳥に傷を負わせ命を奪ったか分からんけど、しっかり罪を償って欲しいもんでんな。

 ワシには何も出来まへんが、一日も早い事件解決を祈るしかおまへん。

  
posted by ひでキング! at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月07日

いつの間にか

 種々の木がそれぞれの色を醸しだし、大阪城公園も秋色に彩られてきましたな。
IMG_4607.jpg
 都市のど真ん中ににある公園で季節の移ろいを楽しめる、なかなかええもんでっせ、ほんま。

 野鳥も顔ぶれがゴロッと変わり、賑わいも配水池東から市民の森へ。
 早朝の市民の森ではアオバト♂2羽♀2羽、ルリビタキ♀、シメ2羽、キクイタダキ2羽と個体数はともかく多くの種で賑わったようでんな。ワシが出会ったのはキクイタダキだけでっけど。
 天守閣裏ではルリビタキ♂、♀。でもって配水池東ではまだノゴマ♂、ええ加減に越冬地行かんと風邪引くでぇ、週明けからはグッと冷えるってことやし。

 ジョウビタキは各所で出会い計10羽。梅林横の坂道を登ってると梅林側にジョウビタキ♂、
IMG_4586.jpg
 内堀側でコゲラが隠れん坊。
IMG_4603.jpg
 ちょいと遊ばせてもらいましたわ。

 緑のリズムと一番櫓ではアオジ。配水池東で「チチ、チチチ」とエンベリザの声、ワシには珍しく30分程粘るも姿どころが影すら確認出来ず。ミヤマホオジロかカシラダカか、ホオジロかはたまたクロジやろうか。
 しかしあの地鳴きは気になりまんなぁ、ほんま。でもってワシ好きでんねんホオジロの仲間が。

 教育塔裏、音楽堂斜面、市民の森、愛の森、豊国神社東ではウグイスの笹鳴き。視認出来たんは音楽堂斜面だけ。

 飛騨の森ではハイタカの飛翔が観察され、その後豊国神社裏で枝止まりと聞く。
 同じく飛騨の森では2羽のエナガ、ドバトが飛び込んだ木から30羽前後のアトリが飛び出したと。

 もみじ園でモズの♀、でもって嘴の基部がまだ黄色いので若鳥でんな。
IMG_4547.jpg
 で、このお嬢さんがモズらしい行動をしましてん。顔の前に緑色の塊がおまっしゃろ、ボケボケの写真で見にくいと思いまっけど。でもって、この角度では撮り難いなぁとゆっくり前に廻り撮った写真がこれ。
IMG_4552.jpg
 あの緑の塊がなくなってまっしゃろ。この写真を撮る前にこのお嬢さんがパクリ!っと美味しそうに食べましてん。あの物体は葉っぱやおまへん、虫でしたんや(多分バッタ)。世に言う「ハヤニエ」ってヤツですわ。
 何時串刺しにしたか分かりまへんが、串に刺さってる獲物を食べるのを実際に見たんは初めてですわ。過去にヘビと格闘するモズを見たことはありまっけど。
 諸説あるものの明確な答えが解明されていない「ハヤニエ」。謎の行動を目の当たりに出来てラッキーですわ、ほんま。

 賑やかと言えば堀のカモたち。
●オカヨシガモ:南外堀、東外堀、北外堀、内堀梅林側で計21羽。えっ、減ってるし。
●ヨシガモ:北外堀で1羽のみ。
●マガモ:東外堀♂1羽♀2羽、西外堀♂1羽♀3羽で♂はモテモテ状態。
●カルガモ:東外堀と北外堀で各2羽。何でかメッチャ減ってるし。
●コガモ:南外堀で11羽。
●ヒドリガモ:全ての堀で402羽。先週までの飛来状況から500羽を超えると思ってたけど・・・。移動の群れが一時的に集中しただけやろうか。
●ハシビロガモ:南外堀、東外堀、北外堀、内堀で計39羽。
●ホシハジロ:南外堀、東外堀、北外堀で計14羽。
●キンクロハジロ:南外堀、東外堀、北外堀で計28羽。

 やっぱ、オナガガモは一時的に飛来したでけって感じ。

●オオバン:西外堀9羽、東外堀10羽、北外堀5羽で計24羽。
●バン:東外堀で1羽のみ。西外堀の個体とは相性が悪いかも。
●カイツブリ:南外堀で2羽。

 カワセミは内堀梅林側で♂1羽。
 キセキレイは南外堀1羽、北外堀1羽、内堀で2羽の計4羽。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!(情報含む)
ノゴマ・ルリビタキ・アオバト・シメ・キクイタダキ・アトリ・シロハラ・アオジ・ハイタカ・ウグイス・コゲラ・モズ・エナガ・ジョウビタキ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・アオサギ・オカヨシガモ・ヨシガモ・マガモ・カルガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・カワセミ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・

 さて、蝶でんな。
 時期も時期、天気も天気、ままっ、大きな期待はせんかったけどそのまんまでんな。
 ただ4日から6日までコロコノマチョウが飛騨の森、太陽広場東の森、緑のリズムで撮影されてますねん。この話を聞けばやっぱ期待しまんなぁ、実際。で、注意しながら歩いてましてんけど・・・やっぱ期待は期待のままで終わりましたがな、これが。

 でも、近年観察個体が少ない本種、晩秋に多く観察されてるって事は越冬個体も多いって事?この冬はいつもと違う何かが起こるかも。ただ心配は枯葉除去作業、今日も奇麗に掃除してたもんなぁ、ほんま。枯葉はゴミやおまへん、植物にとては貴重な栄養源でっせ。

 城南地区に敷き詰められた桜の落ち葉、いわば枯葉の絨毯ですわ、これを熊手で奇麗にかき集めてたもんなぁ、ほんま。管理者には風情っちゅうもんがないんか、マジで! スンマヘンなぁ、いつの間にかぼやきになってしもうて。
 ぼやきだしたら止まらんので、この辺にしときますわ。青屋門前の残り咲きのセイタカアワダチソウで吸蜜のベニシジミ、
IMG_4579.jpg
 ヤマトシジミ
IMG_4580.jpg
 の写真を見て頂き、

今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・ムラサキシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・ 
 
 

posted by ひでキング! at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月01日

普通であってね

 あれよあれよと言う間に10月が終わってもうたなぁ、早いなぁ。あと二ヶ月で「明けましておめでとうさん」って言わんと聞けまへんねんでぇ、ほんま早いな、時の経つのは。

 でもって、長い長いといわれる秋の渡りもそろそろ落ち着くんやろうなぁ、これまた。この間コルリが来た、って言うてたら今日はキクイタダキでんがな。楽しいときはあっと言う間に過ぎますわ、実際。

 肌寒い朝、人工川で長く楽しませてくれてるシロバナサクラダテに朝日が、余りに奇麗やったんでついついパシャリ。
IMG_4388.jpg
 この撮影中、「チチーン」と甲高い声、ふと顔を上げれば近くでキセキレイがマッタリ。
IMG_4430.jpg
 ほんまマッタリしてましたで、数分は一歩も動かずこの状態。先週もそうやったけど今年はキセキレイと相性がええかも。ここ以外に北外堀でも1羽の出会い。

 夏鳥は市民の森でコサメビタキと地鳴きを聞いた後姿を確認出来たメボソムシクイ。○○ムシクイは北外堀沿いと南外堀沿いで。キビタキ、コマドリ、ノゴマとの出会いなし。

 でもって、入れ替わりに上記キクイタダキがやって来ましたがな。
 早朝、配水池東と山里丸で各1羽の観察情報。昼過ぎに天守閣裏でしっかり確認出来ましたわ。
 配水池東ではシメ2羽。緑のリズムでは複数人がエンベリザの「チッチッ」の声を複数人が聞いたと。ここ数日の状況ではミヤマホオジロの可能性、ただ視認情報はないので実際は不明でんな。

 ピースおおさか前では、シジュウカラ2羽、メジロ2羽、コゲラ1羽にエナガ5羽の混群。この時期はじっくり気を付けて見ときなはれや混群、中にヒガラがいてるって事も充分有り得るんで。 ヤマガラは市民の森で2羽。

 一時休息に立ち寄っているジョウビタキ、
 西外堀、南外堀、城南地区、西の丸庭園、梅林、豊国神社裏、空堀で計9羽。
 ♂4羽、♀4羽、声の確認1羽。今後もう少し個体数を増やすと思うけど越冬数はだいたい5〜8羽ぐらいかな?

 水鳥の様子は。
●オカヨシガモ:東外堀32羽。出会った親方からは、東外堀と内堀梅林側で計57羽と聞いたけどワシが観察したときは内堀はヒドリガモだけ。原因は9月30日までの予定だった内堀の遊覧船、今日立て看板に11月30日までと。お〜い、何してくれるねん、カモがやっと内堀に入ったって言うのに・・・。間違いなくこれが原因。
●ヨシガモ:いくら探しても東外堀で1羽だけ。順調に増加してたのになんで?
●カルガモ:西外堀27羽、南外堀3羽、東外堀2羽、北外堀3羽、本丸庭園池9羽で計44羽。メッチャ多い、記憶ではワシが観察してから最多個体数と違ゃうかな。
●マガモ:東外堀、本丸庭園池で計3羽。全て♀。
●コガモ:南外堀8羽。
●ヒドリガモ:東外堀301羽、西外堀68羽、南外堀3羽、北外堀76羽、内堀梅林側6羽で計464羽。わぉ、この調子やったら500の大台は時間の問題でんな。
●ハシビロガモ:南外堀14羽、北外堀19羽、東外堀2羽で計34羽。
●ホシハジロ:南外堀1羽、東外堀20羽、北外堀のホッシーは未確認。
●キンクロハジロ:南外堀12羽、東外堀23羽、北外堀9羽で計44羽。

 期待してたオナガガモの越冬は夢に終わるか、今日は未確認。

●オオバン:西外堀4羽、東外堀8羽、北外堀6羽で計18羽。内訳は違うけど昨日の元山さんの総数と一緒。
●バン:東外堀で1羽。
●カイツブリ:西外堀、東外堀で各1羽。
●カワセミ:南外堀と東外堀で各1羽。

 でもって、一時観察出来んでどうなるかと思ったハクセキレイ、各所で観察計14羽と例年通りの観察数。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!(情報含む)
コサメビタキ・メボソムシクイ・ジョウビタキ・キクイタダキ・シロハラ・シメ・オオタカ・モズ・ウグイス・エナガ・ヤマガラ・シジュウカラ・コゲラ・メジロ・ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カイツブリ・オカヨシガモ・ヨシガモ・カルガモ・マガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・バン・オオバン・アオサギ・ハクセキレイ・キセキレイ・カワセミ・

 さて、蝶でんな。
 最高気温23℃、そろそろ活動が鈍る頃でっけど、今か、今頃か、あとふた月で年が明ける今頃に今年初のあの蝶か!
IMG_4447.jpg
 やっと、やっと、姿を見せてくれましたわ、ヒメアカタテハ。城南駐車場を歩行中、足下から急にひらひらっと舞い上がりふわふわっと着地。ゆっくり翅を広げたところをゆっくりパシャリ!

 大阪城公園で最も多く観察出来るタテハ科の蝶が11月にやっと初認ですわ。こんな事があるんでんなぁ、ほんま。
 例えが悪いかも知れまへんが、渡り期の終わりにやっとキビタキが来た、って感じかな。それくらいの珍事でんねん。

 ヤマトシジミも観察数が減少し、ひと周りして32頭。
 先週確認出来た市民の森と緑のリズム間の大ツツジ植え込みでムラサキシジミを確認するも・・・やっぱええ写真撮れなんだわ。キセキレイとは相性ええけどムラサキシジミとは相性が悪いかも。

 青屋門前ボケの植栽場ではベニシジミ。
 北外堀、空堀では力なくふらふら舞うモンシロチョウ。

 もみじ園では近年の観察では希少種になりつつあるウラナミシジミ。
IMG_4458.jpg
 今年の秋も出会いが少なかったわ、ほんま。

 でもって、先週ちょいと触れた絶滅が危ぶまれる?アキアカネ。今日はかなり意識し北外堀と梅林で確認出来ましたわ。
 梅林で、おっとっと、踏みそうになった未成熟♂? 減少してる生き物踏んだら罰当たりまんな、マジで。
IMG_4532.jpg
 北外堀では3つのアベックが交尾。
IMG_4486.jpg
 アゾラの合間の僅かな水面に産卵してたけど、来年も観察出来るやろうか。

 普通種は普通に居てて普通種、普通でなくなったら普通種って言えんもんな。
 ヒメアカタテハやアキアカネなんかは普通種の代表みたいなもんでんがな、その普通種と出会えんようになったら悲しい事でっせ、実際。
 普通種は普通種のままであり続けて欲しいでんなぁ、ほんま。

 えっ、なんでっか?「その普通種はどこで線引きするんや」ってでっか。
 それはでんな・・・おっほん。まず、普通とは何ぞえな。って所からの説明でんな。普通の定義としては・・・なんて難しい話はワシには無理でんな。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
モンシロチョウ・ヒメアカタテハ・ウラナミシジミ・ムラサキシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記