2015年10月11日

締め括りは

 大正解!ってほどではおまへんが、昨日書いたように観察時間をずらしていつもより2時間程遅れて観察開始。
 城南地区でヤマトシジミがひらひら舞い、モンシロチョウが人工川のミゾソバで吸蜜。正直ホッとしましたわ、ほんま。

 でもって、やっとこさ、やっとこさアサギマダラと出会えましたわ。配水池東でkくん、親方と出会い談笑中、内堀からスッーと現れたアサギマダラ、斜面に向かってゆっくり飛翔。やっぱ貫禄と可憐さを備えてまんなぁ、優雅なもんですわ。
 その後も暫く談笑、その間2度姿を見せてくれましたわ。やっと出会えたアサギマダラ、傍らにはお愛想良しのノゴマ♂、今日はもうこれでよろしいやろ、ってな訳にはいきまへんな。

 ではでは、野鳥の報告を。
 昨日と大きな変化はおまへんが、上記配水池東で談笑中、アサギマダラやおまへんがオオタカ幼鳥が何度も姿を見せてくれましたわ。梅林方向から天守閣方向へ飛翔したかと思うと暫くしてドバトを追っかけ内堀に急降下、捕獲に失敗すれば数十羽のカラスに追われ市民の森へ一時避難。その様子を観察中、何か問題でも?とダイサギがカラスの群れの中を平然と南へ飛び去る。 懸命に逃げるオオタカ、それを尻目に舞うダイサギ、これってどう表現したらええのん???

 オオルリは豊国神社東で♂若鳥と♀、飛騨の森でも♂若鳥。
 キビタキ、大きく変わらず城南地区、音楽堂西通路、ヘリポート、豊国神社東などで計9羽。♂成鳥は豊国神社東、天守閣裏で。
 コサメビタキは個体すを減らし、豊国神社ウラと元博物館裏で計3羽。
 元博物館南ではエゾビタキの情報も・
 
 早朝、西空堀のススキで2羽のオオヨシキリが観察されたが、モズが現れ1羽を見失ったとのこと。10月半ばでオオヨシキリ、大阪城公園では稀な記録のうえ、同所で2羽となると珍記録。

 徐々に賑わいを見せる堀のカモ、昨日を大きな変化はなく、
●オナガガモ:東外堀で4羽を観察。越冬期中稀に飛来する本種、4羽の飛来は珍しい。
●ヒドリガモ:東外堀と北外堀で計68羽。うち60羽は東外堀。
●コガモ:東外堀4羽。
●ヨシガモ:北外堀で3羽。
●ハシビロガモ:北外堀5羽。
●ホシハジロ:北外堀で越夏の個体の他♂1羽。東外堀でも♀1羽が飛来。正真正銘の渡り個体でんな。
●キンクロハジロ:北外堀1羽、これは越夏のキンちゃんですわ。
●カルガモ:人工池、北外堀で計13羽。

 北外堀でカモの観察中、チィーの声に石垣をなめるように探せばカワセミがこちら向き。大きなアオギリの葉の上で留まってましたんやけど、お腹のオレンジが枯葉の色そのもの、水中の魚には枯葉かカワセミか判断出来んやろうな。

 とまぁ、ワシの連休はこんな感じですわ。楽しくもあり、ガックリもあり、でもって最後はやっぱ楽しい締め括り。人生もそうあって欲しいもんですわ、実際。

では、今日の野鳥を。
オオタカ・ノゴマ・キビタキ・オオルリ・エゾビタキ・コサメビタキ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・メボソムシクイ・オオヨシキリ・カワラヒワ・コゲラ・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・キジバト・ハシブトガラス・
カワウ・ヨシガモ・オナガガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・カワセミ・ハクセキレイ・ダイサギ・アオサギ・

で、蝶は。
アサギマダラ・モンシロチョウ・キチョウ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記