2015年10月25日

木枯らしと共に

 早朝の大手門前。予想通りスタート待ちのランナーでごった返してましたわ実際。そりゃ〜そうですわな、32000人も集まったら。

 西外堀のカモだけカウントしてとっとと城南地区へ。
 スタート地点への向かうルートから外れていた城南地区は静かなもの、散歩の人やジョギングの人も居らず、もちろん観光客も。閑散とした城南地区、昔はこんな雰囲気やったなぁ、とちょいと思い出にふけってると上空で「バタバタバタバタバタ」と4機のヘリコプター、やっぱこれじゃ〜落ち着きまへんわ。
 
 人工川で「チッ、チッ」と気になる声、暫く粘りアオジを確認、今季初認。こりゃ〜幸先ええなぁ。とその後に出会いを期待するも、全体的に個体数は減少気味?カモ以外。

 キビタキは市民の森、緑のリズム、梅林で計4羽、全て♀型。
 エゾビタキは昨日同様元博物館裏と南側を行ったり来たり。
 ノゴマは西の丸庭園、飛騨の森西の丸庭園下側で♂。
 コマドリは飛騨の森で♀、今日イチの人気者。同所ではヤブサメも。

 その飛騨の森ではメジロにシジュウカラ、コゲラにヤマガラ2羽
IMG_4321.jpg
 でもって、○○ムシクイで大賑わい。
IMG_4343.jpg
 今朝はもっと賑やかやったんやろうなぁ〜、ランナーで。

 地鳴きを確認出来たメボソムシクイは市民の森と飛騨の森で。
 コサメビタキ、オオルリとの出会いなし。

 ジョウビタキは東外堀、西外堀で「ヒッヒッヒ」、北外堀沿い、配水池東、飛騨の森で計6羽。
 ツグミは配水池東で1羽と聞く。

 堀に目を転じ。
 親方の話では、早朝東外堀に集中してたカモがなぜか一斉に飛び立ち分散したと。ワシがカウントしたのは多分その後。
 これまで少なかった南外堀でも86羽のヒドリガモ。
●ヒドリガモ:上記と東外堀140羽、西外堀37羽、内堀2羽の計265羽。
●コガモ:南外堀15羽。
●ヨシガモ:南外堀9羽。
 でもって既にここまで換羽の進んだ♂も。
IMG_4273.jpg
 ここまで換羽の進んだ♂が飛来したのは記憶におまへんなぁ、実際。初めてかも。

●マガモ:内堀飛騨の森側で。
●ハシビロガモ:北外堀で9羽、南外堀7羽、東外堀1羽、内堀6羽で計23羽。
●オナガガモ:東外堀で1羽のみ。
●そんで、東外堀で今季初認のオカヨシガモが2羽。
●カルガモ:西外堀22羽、北外堀2羽、南外堀1羽の計25羽。
●ホシハジロ:東外堀3羽、北外堀ホッシー1羽。
●キンクロハジロ:北外堀キンちゃん、内堀飛騨の森側5羽。

●カイツブリは内堀飛騨の森側。
●バンは東外堀1羽。
●オオバンは昨日確認出来た北外堀では未確認、東外堀、西外堀で計3羽。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
アオジ・ジョウビタキ・ツグミ・キビタキ・エゾビタキ・コマドリ・ノゴマ・ヤブサメ・メボソムシクイ・モズ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・ヨシガモ・マガモ・カルガモ・オナガガモ・オカヨシガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・バン・カイツブリ・

 ほなっ、蝶といきまっか!
 静かな静かな城南駐車場で、静かに足下からヒラッと現れたツマグロヒョウモン。
IMG_4302.jpg
 お陽さんたっぷり浴びて体暖めてこれからスタートか!って、マラソンやないっちゅうねん。

 豊国神社横の通路で、おっ、結構咲いてるな。
IMG_4373.jpg
 山茶花を撮影。その後元博物館裏で出会った人から「豊国神社裏でコロコノマチョウいましたよ」とモニターを見せて頂く。確認すれば夏型の♂。何時羽化したかはわかりまへんがまだ夏型が居てまんねんなぁ。
 この直後、大将から電話で「愛の森にコロコノマチョウ」と。おっ、2頭もいてるか。23日には桜広場でも観察情報。
 でも何でんなぁアサギマダラ同様ワシは何で出会わんのやろ・・・

 数日前、どこにでも居るアキアカネが絶滅危惧種に?って新聞記事。そういえば今季はまだ確認出来てないなぁ、と気にしつつ梅林で赤とんぼを発見。よ〜し留まれよ〜、目で追う。その前を横切ったのがアカタテハ。

 ん〜、どっちを追う? 今秋初のアカタテハか、一生大阪城公園で見れんかも知れんようになるかも知れん、アキアカネかも知れん赤とんぼか。ん〜どっちや!って悩んでる間もなく両方視界から消えてまんがな、これが。悔しい〜ったりゃありゃしない、マジで。

 柔らかな陽射しやった今日、時折木枯らしが吹き枯葉を散らし落ち葉を転がす。
 夏鳥は旅立ち、冬鳥が次々飛来。夏型の蝶も確認し、冬支度の蝶の姿も。
 木枯らし1号と共に大阪城公園も冬景色へ。
 
 ほなっ、今日の蝶ですわ。
モンシロチョウ・キチョウ・アカタテハ・クロコノマチョウ・ツマグロヒョウモン・ベニシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月24日

どうしようかなぁ?

 いやぁ〜、相変わらずええ天気で野鳥も賑やか。ええことですわ、ほんま。
 でもって、気ぃ付けておくんなはれや、明日は大阪マラソン。早朝から一部立ち入り禁止、って言うよりえらい人になりまっさかいなぁ、実際。
 スタートが終わる10時頃?には落ち着くかも。ただ過去の経験から上空のヘリコプターは暫くうるさいかも。

 さて、今日の野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 市民の森で舌打ちのウグイス。西の丸庭園でも観察との事。
 梅林、桜広場近くでアオバトの観察情報。
 ヘリポートではオオルリ。
 沖縄復帰の森ではシジュウカラ、メジロ、コゲラと共に2羽のエナガ。
 教育塔裏と飛騨の森で各2羽、計4羽のヤマガラ。
 カワラヒワは南外堀玉造口と西の丸庭園で。
 ってなとこでっかいな。

 ほなっ、蝶といきまっか。
 日中は25℃を超えたとは言え時期も時期、そう多くは出会わなんだなぁ。

 ヤマトシジミは各所で計56頭。
 モンシロチョウも広範囲で観察し計8頭。
 キチョウは依然多く、計9頭。
 アオスジアゲハは空堀でなんとか1頭。
 テングチョウは市民の森で。
 その市民の森、緑のリズム間の大ツツジ植え込みで、これを逃せば死ぬまでチャンスがないかも??? のコスカシバが選り取り見取りで吸蜜、比較的静止時間が長かったので挑戦してみて・・・これが限界。
IMG_4198.jpg
 でもって、これは蝶でも蜂でもおまへん、蛾でっせ。

 この撮影中、どっからともなくイチモンジセセリ、
IMG_4213.jpg
 ムラサキシジミ、ウラギンシジミが現れるも・・・

 もみじ園ではアメリカセンダングサ
IMG_4125.jpg
 フジバカマ
IMG_4120.jpg
 に交互で吸蜜のツマグロヒョウモン♀。なんで交互に吸蜜?ウィスキー飲むときのチェイサーみたいに。 で、どっちがウィスキー代わりでどっちが水代わり?

 この後キセキレイが枯れ木の天辺でマッタリ休憩。
IMG_4146.jpg
 キセキレイが梢でマッタリするって言うか、木に留まるのを見るのは大阪城公園で初めてかも。

 賑やかな野鳥と比較して徐々に寂しくなってきた蝶との出会い、今年はいつまで楽しめるやろうか?
 でもって、今日の蝶は上記が全てですわ。
 ほなっ、また明日・・・ってマラソンやし、行こうかなぁ、どうしようか???
posted by ひでキング! at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月18日

任務完了!

 日中は汗ばむ陽気、今年は秋晴れが続きまんなぁ、気持ちええ事この上おまへんで、実際。でもって、毎回毎回色んな野鳥が楽しませてくれますわ。

 昨日に続き天守閣裏でムギマキ♂でちょっとしたフィーバー状態。
 朝から確認出来数時間おきにちょこっと現れるとのこと。ワシが行った1時頃、タイミング良く配水池東北側でその姿を見せてくれるやおまへんか。なかなかの男前、あれだけのイケメンはちょっと居てまへんで、ほんま。

 キビタキは各所で出会い、音楽西通路、市民の森、飛騨の森、豊国神社東、配水池東から天守閣裏にかけて計9羽。それ以外に例の「プリップリッ」の声を教育塔裏、沖縄復帰の森、においの森で確認し、それを合わせると計12羽。イケメンは市民の森のみ。

 昨日2羽居たオオルリの姿はなし。

 地鳴きで識別出来たメボソムシクイはにおいの森と沖縄復帰の森の2羽。
 識別出来んかった○○ムシクイは音楽堂西通路、沖縄復帰の森、市民の森、飛騨の森、豊国神社裏で計6羽。
 でもって、これは地鳴きしたにおいの森のメボソムシクイ。
IMG_3994.jpg
 満開の金木犀の中で大はしゃぎ?

 コサメビタキとの出会いは少なく教育塔裏、市民の森、元博物館裏で計3羽。
 エゾビタキは元博物館裏で1羽のみ。
 サメビタキは・・・出会わず。

 市民の森でK氏ご夫妻と談笑中、クロツグミ♂若鳥、マミチャジナイが頭上に現れる。

 飛騨の森で舌打ちが聞こえたと思ったら案の定ウグイスが・・・あの木何やったかなぁ、確認するの忘れた。
 ヤマガラは教育塔裏、沖縄復帰の森で計2羽。
 エナガとの出会いはなし。

 六番櫓付近、教育塔裏、元射撃場、梅林、音楽堂付近でモズの高鳴き。

 水辺に目を転じ。
 観察開始早々西外堀で昨日と違った光景。
 もちろんオオバンの確認をと堀を覗き目に飛び込んで来たのが5羽のヒドリガモ。やっぱりこの時期は日々状況が変わりまんなぁ、実際。
 でもって、その近くにオオバン発見。更に、石垣沿いで小さな鳥の姿、良く見ればバンの幼鳥やおまへんか!

 近くで観察とトイレ側(西側)に移動すれば、「おいっ、お前危ないぞ、早くこっちへ来いよ」と言わんばかりに、オオバンがバンの元へ歩み(泳ぎ)寄り、ヒドリガモの居る場所へ誘導してましたで。
IMG_3909.jpg
 何かほ乳類みたいな行動でしたなぁ、ほんま。朝イチから心が和みましたわ。
 と、この観察中、「チィーチィー」数度カワセミの声を聞くも姿は・・・

 南外堀を観察中、セグロセキレイが大手門、千貫櫓を飛び越え西の丸庭園方向sへ飛翔。
 ハクセキレイは西外堀、南外堀など各堀をはじめ計6羽を確認。
 キセキレイは南外堀で2羽が追っかけ合い、東外堀で1羽、内堀蓮如上人前で1羽の計5羽。
 昨日はサメ3兄弟が出そろい、今日は3セキレイ、さて明日は???

 西外堀のバンは昨日東外堀で確認出来た個体やろ、と思いつつ東外堀へ。するとなんと東外堀でも居てるやおまへんか! やっぱ2羽居てるんかな? でも2羽とも幼鳥やし移動してるんかなぁ??? こりゃ〜同時観察作戦実行せんと確認出来んぞ〜。

 でもって、これまた初認以来西外堀で継続的に確認出来るオオバンも東外堀で1羽。これは昨季の観察例から言って新たに飛来したと考えてもおかしくおまへん。
 昨季は最多81羽を記録した本種、今季はそれを上回るか楽しみですわ。

 コガモ:南外堀7羽、東外堀3羽、内堀蓮如上人前3羽の計13羽。
 ヒドリガモ:上記西外堀と東外堀で計199羽。200まであとひと息。
 ヨシガモ:東外堀、南外堀で計3羽。
 オナガガモ:東外堀で一生懸命探して1羽。その後親方に聞き2羽居てたと。
 ハシビロガモ:東外堀1羽、北外堀12羽の計13羽。
 キンクロハジロ:東外堀3羽、北外堀越夏のキンちゃん1羽。
 ホシハジロ:確認出来ず、ただ飛騨森側からしか観察してないんで手前の石垣に居てた可能性大。
 カルガモ:人工池5羽、西外堀北側で23の計28羽。
 
ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
ムギマキ・キビタキ・エゾビタキ・コサメビタキ・メボソムシクイ・クロツグミ・マミチャジナイ・ウグイス・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・モズ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・バン・オオバン・アオサギ・コサギ・ヨシガモ・オナガガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・キンクロハジロ・カルガモ・カワセミ・セグロセキレイ・キセキレイ・ハクセキレイ・

 さて、蝶でっせ。
 とその前にひと息入れて今日の花といきまっか。
 陽当たりのええ所では目いっぱい花を広げ、ハナアブに人気のツワブキ。
IMG_4030.jpg

IMG_4023.jpg
 沖縄復帰の森、大手門芝生エリア西側なんかで暫く楽しめそうですわ。

 ほなっ、いきまっせ、蝶。
 教育塔裏から人工川へ抜ける小道、足下に何やら留まったかと思ったら・・・なんと、なんとなんと、ムラサキツバメやおまへんか!!!
IMG_3931.jpg
 こんな事があって良いのだろうか! 今日の初蝶がムラサキツバメでっせ!
 今日はもうこれでよろしいわ、今日の蝶の話はこれで終い。

 ってな事はおまへんで。
 ムラサキツバメの兄弟分?ムラサキシジミも市民の森で2頭の出会い。配水池東でもらしい飛影を見掛けるも確認出来ず。 

 梅林でも足下でヨロヨロの蝶の姿。良く見ればウラギンシジミやおまへんか。
IMG_4085.jpg
 よちよち歩き、ちょいと飛んだかと思えばまたヨチヨチ、大丈夫かいなぁ。あの素早しっこいウラギンシジミがこんなに元気ないのは、ちょいと心配。
 でもって、元気そのもののウラギンシジミは沖縄復帰の森、市民の森でも観察。

 飛騨の森では久々のテングチョウを確認すれば、年々個体数が減少してるウラナミシジミがシロツメグサで吸蜜。
IMG_4070.jpg
 原因はなんやろうなぁ、最近は空堀以外でも葛が繁茂してて各所で出会ってもええ筈やのに???

 キチョウが一気に目立ち始め、各所計14頭。記憶では多分過去最多ですわ。

 蝶に詳しい人やったら分かってはるやろうけど、ここに書いたウラナミシジミ以外の蝶は全て成虫越冬種、彼らと出会うだけで季節の進み具合を感じますわ、ほんま。

 秋が深まるにつれ、水鳥が増加し野鳥の状況が変わり、成虫越冬種の蝶が目立ち始めてきましたなぁ。
 これをもって、楽しかったこの2日間の任務完了致しました!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・ムラサキシジミ・ムラサキツバメ・テングチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
 
posted by ひでキング! at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月17日

緊急発進!!!

 昨夜就寝前、携帯で天気予報を確認、午前中は雨の予報。はぁ〜仕方ないな、雨には勝てんし土曜日は溜まった用事を済ますとするか。

 6時半起床。
 え〜、うっそ〜。この上ない爽やかな朝やんけ〜。・・・ん〜でも用事を片付けんと後が大変やし、今日は用事済ませて明日ガッツリ観察とするか。

 朝からパソコンと睨めっこしながら、調べ物や書類の整理、時折外の様子を見ながら「ええ天気やなぁ〜」でも後を考えれば我慢我慢、またパソコンと睨めっこ。でもって、時折外の様子を見ながらここ一週間の元山さんのブログを再確認。
 ジョウビタキ飛来にバンが2羽、ツグミ到着、ムギマキ初認。カモも順調に飛来。ん〜、もう辛坊たまら〜〜〜ん、蝶も気になるし・・・

 自称大阪城公園バカ、この時期の休日に観察に出向かんで何が大阪城公園バカじゃ、日々一刻と変わる飛来状況、そのうえ土日は元山さんは観察に来れんとの事。わしが報告せんで誰がするねん! と思った瞬間
 ♪タッタカターン タカタッタ タッタカタッタターン♪と、サンダーバードのテーマソングが頭をよぎりましたで、実際。 ってな事で、用事を途中で放ったらかして、緊急発進!!!

 約ひと月前、何気に付けたチャンネルでCGと人形のコラボのサンダーバードがやってましてな、見入ってしまいましたがなぁ、これが。その後、原作の人形のサンダーバードも放映、もちろん見ましたで。幼稚園か小学校に入りたての頃、夕方テレビにかじりつきましたもんなぁ、格好ええもん。

 友達とお前は何号が好きやねん、3号や、宇宙まで行くんやで。 俺は5号やな、一年中宇宙で暮らすねんぞ。な〜んて、よく言い合いしましたわ。一番人気は1号やったかな、ちなみにワシは2号が好きでんねん。4号など色んな物を緊急現場に運びつつ、現場でも大活躍。何と言っても、あの出動する発射台がよろしいがな。椰子の木並木が両サイドに倒れ・・・ はっ、何でっか?「サンダーバードの話はええから、早よ野鳥の話せんか!」ってでっか。まっ、そりゃそうでんな、でなきゃ、何のために緊急はしたか分かりまへんもんな。

 観察開始はちょうど正午、いつも通りのコースを歩き始め教育塔でキビタキ♀型に○○ムシクイ。地鳴きせんかったんでメボソムシクイかオオムシクイかは???同様に飛騨の森でも○○ムシクイ。

 キビタキは上記以外に、元射撃場、飛騨の森、豊国神社裏、配水池東天守閣裏で計9羽。♂は天守閣裏と元射撃場で。でもって、雰囲気だけのキビタキの写真を。
IMG_3831.jpg

 オオルリは少なく、飛騨の森で♂幼鳥、緑のリズムで♂若鳥。

 エゾビタキは梅林と元博物館南で。
 コサメビタキは豊国神社裏で3羽と聞く。
 でもってコサメビタキと同所でサメビタキが2羽の話。この2羽はベテランの大先輩女性バーダーKさんが確認されたんで、まず間違いおまへんやろ。しかし、元々飛来数の少ないサメビタキが同所で2羽、ひゃぁ〜こういう事があるからこの時期は外せまへんねんなぁ、実際。

 でもって、今日イチの人気はムギマキ。天守閣裏で午前中は♂若鳥に加え♂成鳥も確認出来たと。白い眉毛がハッキリ確認出来たと複数人。それとは別に飛騨の森で♀を観察との話し。 これまたひゃ〜、ムギマキが3羽。やっぱこの時期は外せん。

 ムギマキ観察察中、クロツグミ♂、ハイタカが地上のドバトに急降下するなど、午前中はかなり賑やかだった様子。ワシが行った3時半頃は10人程のカメラマンが「出てきませんわ」って粘ってはったけど・・・

 シロハラは豊国神社裏で1羽。
 元博物館前で、なんでかエナガ1羽だけ。
 ジョウビタキは豊国神社裏で♀1羽が確認され、飛騨の森で「ヒィヒィヒィ」
 
 モズは音楽堂付近、配水池東、豊国神社東で高鳴き。
 カワラヒワは北外堀西端、砲兵工廠跡門から15羽が天満橋方向へ飛翔。

 堀の様子は。
 日々増加するヒドリガモ。東外堀で173羽、北外堀ではたったの1羽。
 ヨシガモ、東外堀で4羽。
 ハシビロガモ、東外堀10羽、北外堀3羽。
 コガモ、南外堀5羽、東外堀7羽。
 オナガガモ、東外堀5羽。元射撃場付近で3羽と青屋門側で2羽。本種が複数個体長期間滞在するのは稀、ひょっとして今冬は越冬するかも???
 ホシハジロ、北外堀で越夏の1羽のみ。先週他の個体を確認したけど何処へ。
 キンクロハジロ、北外堀に越夏の1羽と東外堀に2羽。
 カルガモ、人工池に5羽、西外堀に13羽。

 でもって、南外堀でカイツブリ1羽、自身今期初。
 オオバンは相変わらず西外堀で1羽。
 バン幼鳥は東外堀で1羽。

 いやぁ〜、やっぱこの時期は外せまへんわ、ほんま。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!(情報含む)
ハイタカ・ムギマキ・キビタキ・オオルリ・クロツグミ・エゾビタキ・サメビタキ・コサメビタキ・シロハラ・ジョウビタキ・モズ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・○○ムシクイ・
カワウ・アオサギ・コサギ・カイツブリ・ヨシガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・オナガガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・バン・ハクセキレイ・

 さて、こちらも気になる蝶。先週はアサギマダラウィークでしたんでな、願わくば今日も・・・と思いつつやっぱ無理か、10月も半ばになるとさすがに出会わんなぁ。

 これと言って特別変わった事はおまへんが、城南駐車場でムラサキシジミ。
 ツツジの植え込み沿いに忙しなく飛び回りヨモギの葉に何度も留まるもヤマトシジミが追っ払ってましたな。それもその筈?城南駐車場沿いのツツジの植え込みだけでヤマトシジミが15頭、そりゃ〜場所取りに懸命になりますわ。

 そのヤマトシジミは各所計54頭。やっぱヤマトシジミのピークは10月???
 モンシロチョウは時期相応の4頭。
 キチョウは多く計7頭。新鮮な個体が殆どやったけど、この個体たちが越冬ってのにはまだ早いか、次世代が11月半ばから後半にかけて羽化し、その個体群が越冬かな?

 緑のリズムではベニシジミが5頭。セイタカアワダチソウで3頭が吸蜜。うち2頭が並んだんで。
IMG_3847.jpg
 しかし、蝶って個体差がおまんなぁ、実際。

 もみじ園では力なく地上に留まるチャバネセセリ。
 とは逆に同所で飛び回るツマグロヒョウモン♂。
 配水池東でウラギンシジミ、飛翔を見る限り表面が白っぽく見えてんで♀か?

 でもって、今日の花は・・・っていつから花のコーナーが出来たんやろ。
 ずーっと前に教育塔南で咲いてるで、と聞き探したけど無知なワシには確認出来なんだヒヨドリジョウゴ。 京橋口を出たところで、これかなって撮影し帰宅後調べたら・・・ビンゴー!
IMG_3861.jpg
 群生って事はおまへんでしたが、幾つか咲いてましたわ。

 刻々と進む季節、日々色付く木々の下を歩きながら、
IMG_3869.jpg
 時が過ぎていきまんねんなぁ、ほんま。でもって、片付けものは溜まる一方。
 ワォ、何とかして用事片付けんと!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・モンキチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ムラサキシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月11日

締め括りは

 大正解!ってほどではおまへんが、昨日書いたように観察時間をずらしていつもより2時間程遅れて観察開始。
 城南地区でヤマトシジミがひらひら舞い、モンシロチョウが人工川のミゾソバで吸蜜。正直ホッとしましたわ、ほんま。

 でもって、やっとこさ、やっとこさアサギマダラと出会えましたわ。配水池東でkくん、親方と出会い談笑中、内堀からスッーと現れたアサギマダラ、斜面に向かってゆっくり飛翔。やっぱ貫禄と可憐さを備えてまんなぁ、優雅なもんですわ。
 その後も暫く談笑、その間2度姿を見せてくれましたわ。やっと出会えたアサギマダラ、傍らにはお愛想良しのノゴマ♂、今日はもうこれでよろしいやろ、ってな訳にはいきまへんな。

 ではでは、野鳥の報告を。
 昨日と大きな変化はおまへんが、上記配水池東で談笑中、アサギマダラやおまへんがオオタカ幼鳥が何度も姿を見せてくれましたわ。梅林方向から天守閣方向へ飛翔したかと思うと暫くしてドバトを追っかけ内堀に急降下、捕獲に失敗すれば数十羽のカラスに追われ市民の森へ一時避難。その様子を観察中、何か問題でも?とダイサギがカラスの群れの中を平然と南へ飛び去る。 懸命に逃げるオオタカ、それを尻目に舞うダイサギ、これってどう表現したらええのん???

 オオルリは豊国神社東で♂若鳥と♀、飛騨の森でも♂若鳥。
 キビタキ、大きく変わらず城南地区、音楽堂西通路、ヘリポート、豊国神社東などで計9羽。♂成鳥は豊国神社東、天守閣裏で。
 コサメビタキは個体すを減らし、豊国神社ウラと元博物館裏で計3羽。
 元博物館南ではエゾビタキの情報も・
 
 早朝、西空堀のススキで2羽のオオヨシキリが観察されたが、モズが現れ1羽を見失ったとのこと。10月半ばでオオヨシキリ、大阪城公園では稀な記録のうえ、同所で2羽となると珍記録。

 徐々に賑わいを見せる堀のカモ、昨日を大きな変化はなく、
●オナガガモ:東外堀で4羽を観察。越冬期中稀に飛来する本種、4羽の飛来は珍しい。
●ヒドリガモ:東外堀と北外堀で計68羽。うち60羽は東外堀。
●コガモ:東外堀4羽。
●ヨシガモ:北外堀で3羽。
●ハシビロガモ:北外堀5羽。
●ホシハジロ:北外堀で越夏の個体の他♂1羽。東外堀でも♀1羽が飛来。正真正銘の渡り個体でんな。
●キンクロハジロ:北外堀1羽、これは越夏のキンちゃんですわ。
●カルガモ:人工池、北外堀で計13羽。

 北外堀でカモの観察中、チィーの声に石垣をなめるように探せばカワセミがこちら向き。大きなアオギリの葉の上で留まってましたんやけど、お腹のオレンジが枯葉の色そのもの、水中の魚には枯葉かカワセミか判断出来んやろうな。

 とまぁ、ワシの連休はこんな感じですわ。楽しくもあり、ガックリもあり、でもって最後はやっぱ楽しい締め括り。人生もそうあって欲しいもんですわ、実際。

では、今日の野鳥を。
オオタカ・ノゴマ・キビタキ・オオルリ・エゾビタキ・コサメビタキ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・メボソムシクイ・オオヨシキリ・カワラヒワ・コゲラ・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・キジバト・ハシブトガラス・
カワウ・ヨシガモ・オナガガモ・コガモ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・オオバン・カワセミ・ハクセキレイ・ダイサギ・アオサギ・

で、蝶は。
アサギマダラ・モンシロチョウ・キチョウ・ヤマトシジミ・
posted by ひでキング! at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月10日

マジで心配

 やっぱ肌寒いなぁ、曇ってると。でもって懐はもちろん、なんか心まで寒おまんなぁ、今日は。
「元山裕康のこんなん出てます」やと、野鳥は賑やかでっけど蝶は信じられんような状況でっせ、マジで!

 観察開始早々、南外堀沿いで翅を重ね合わせお休み中のヤマトシジミを発見。今朝は寒いからもうちょっと暖かくなったらゆっくり朝ご飯食べや。
IMG_3641.jpg
 歩を進めいつものコースを。城南地区でヤマトシジミ、緑のリズムでヤマトシジミ、青屋門前ボケの植栽場で元気に飛び回るヤマトシジミ、梅林でヤマトシジミ。
 はぁ〜、ヤマトシジミだけ??? 何で他の蝶は居てないの???

 9月下旬から10月中旬までは野鳥同様、蝶の観察種が最も多い時期、せやのになんでヤマトシジミしか居らんの?
 一日中曇り空で気温が上がらんかったとは言え20℃は越えてまっせ、こんなことは初めて。確かに各所で草刈りされ、あっちもこっちもスカスカになってたけどもやね、何かしら蝶が飛んでるはずやと思うんやけど・・・

 って事で今日出会った蝶はヤマトシジミ16頭、それと辛うじて帰り際に西の丸庭園入口でアオスジアゲハと出会っただけ。ほんまどうなってるんやろ、心配になってきましたわ。

 という事で、今日は殆どネタおまへん。たまには野鳥の写真を見て頂き。
IMG_3686.jpg
 チョットだけ花の写真を。

 先週あたりから空堀で目立ってきたミゾソバ。ほんのりピンク色の花の群生が見まっしゃろ、空堀で。それがコレですわ。
IMG_3654.jpg
 って、空堀に入ったわけやおまへんで、これは人工川で撮ったもの。昨年より広範囲で確認、以前書いたシロバナサクラダテもそうでっけど、花も毎年状況が変化するんで歩いててもほんま飽きまへんわ。
 でもって、この花の撮影中目の前で、おっ、これは、もしかして・・・
IMG_3647.jpg
 お尻向きでハッキリ分かりまへんが、多分クサカゲロウの幼虫やと思いますねん。小さいけど怪獣みたいで面白いでんな。

 先週開花を確認した太陽広場東の森顕彰塔近くのキンミズヒキ、これまた去年の2株より数が増えて6株確認。
IMG_3670.jpg
 この調子やったら明日はもちろん、来週まで楽しめるかも。

 しかし、何で蝶が少ないんやろ、マジで心配。明日は昼から晴、時間ずらして出発しようか???
 
posted by ひでキング! at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月04日

せめて

 今年の秋はええ感じで進んでまんなぁ、渡り。例年どっかで今日は空振りやな、って日がおまっけど今年は何かと楽しい観察。野鳥の方は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。

 さて、問題は蝶でんな。
 今秋、アサギマダラの観察情報は4回おまんねんけど、ワシは未だ出会いなし。今日はかなり期待してましたんやけど、アキマヘンなんぁ、ほんま。この調子やったら今季出会いないかも・・・

 好天とあって多くの種が活発に活動。
 ヤマトシジミは各所で観察計80頭、これは8月30日に次いで今年2番目の多い観察数。
 アオスジアゲハの第3化は終わりましたな、ひと周りして3頭だけ。

 人工池でヘクソカズラを抱え込んで朝ご飯中のチャバネセセリをパシャリ!
IMG_3519.jpg
 イチモンジセセリとの出会いなし。

 この時期、ピークを迎えるはずのウラナミシジミ、例年空堀で多く確認出来まんねんけど今季はこれまでたったの2頭、今日はもみじ園で2頭を確認。音楽堂斜面を覆うような葛、そこで羽化したんかな?

 音楽堂西通路では素早い飛翔のウラギンシジミ、青屋門前ボケの植栽場では大人しい♂がこんな感じ。
IMG_3591.jpg
 なんでかワカリマヘンが、♂しか見掛けまへんねん。♀がおらなんだら繁殖出来んし今後が心配でんなぁ実際。

 太陽広場東の森、顕彰塔近くで待ちに待ったキンミズヒキが今年も開花。
IMG_3568.jpg
 これで3年連続確認ですわ。来週ぐらいならまだ楽しめそうでんな。

 その太陽広場東の森で足下から表面は黒、裏面は焦げ茶の蝶がのらりくらりと舞い上がる。んっ、何やあれは!
 特徴を確認しながら後追い、頭を巡らせ種を絞り込むも・・・分からん。可能性としてはクロコノマチョウか??? あ〜チョットでええから留まって欲しかったなぁ。

 楽しみにしてる飛騨の森のルリマツリ、晩夏から一向に咲き具合が進まんので痺れを切らして、パシャリ!
IMG_3615.jpg
 2〜3房がこんな感じ、ホンマやったらそろそろ全体に花が咲く時期なんやけど・・・

 その飛騨の森でランタナに吸蜜のアゲハ。
IMG_3607.jpg
 このランタナも例年ならもっと色んな種の蝶が集まるんやけど、何でかなぁ、今年は訪花する蝶が殆どないし。

 梅林ではゴマダラチョウを見掛けるもほんの一瞬。

 本丸売店前のケヤキ周りをクルクル廻る蝶、全体の模様からキタテハ?ツマグロヒョウモン?でもニレ科の木やしひょっとしてヒオドシチョウ?とにかく橙地の翅に黒い模様でしたわ。何やったんやろうなぁ???

 でもって、今季観察場所が広範囲にわたるルリシジミ、今日は空堀でひらりひらり。

 例年この時期はタテハ系の蝶が多く観察出来まんねんけど今秋まだ未確認。ヒメアカタテハに至っては今年未だ観察なしでっせ、一番多く観察出来るタテハチョウ科の蝶やのに。 せめて1度だけでも確認しておきたいもんですわ、アサギマダラと共に。

 そんでもって、せめてクライマックスシリーズだけは進出してね、頼んまっせ!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・キチョウ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・ベニシジミ・ウラナミシジミ・ウラギンシジミ・ルリシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・ 
 
posted by ひでキング! at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記